泣ける笑える感動する!スポーツ漫画おすすめランキング

スポンサーリンク
スポンサーリンク

スポーツ漫画おすすめランキング

7位タイ.テニスの王子様

 

 

スポーツ漫画「テニスの王子様」がおすすめの理由

中学生の頃テニスを趣味でやっていたのですがテニスの王子様を読み始めて本格的に始めようと思えるきっかけになりました。諦めない姿や有言実行する姿がとても印象的で私もやるからには一番になろうと思える漫画でした。(20代女性)

主人公の越前リョーマがテニスを通じて仲間やライバル達とテニスバトルを繰り広げるところが好きです。現実にはあり得ない技を使うところが日常を忘れさせてくれます。ライバル校のキャラクターも魅力的で、読んでいて楽しくなります。(30代男性)

 

 

7位タイ.湾岸ミッドナイト

 

 

スポーツ漫画「湾岸ミッドナイト」がおすすめの理由

乗る人を不幸にさせる悪魔のZの異名を持つ車に魅せられた青年が、首都高を舞台に次から次へと現れる腕自慢のライバル達との勝負を経て成長していくという漫画です。 登場人物それぞれが車にかけるさまざまな思いや理由がありとても人間らしく、ただの車の漫画ではない人間ドラマのようなところがお勧めの理由です。(30代男性)

主人公が乗るZはいわくつきの車で、その車に色々な人が魅了されていくストーリーが胸を打ちます。 また都心を舞台にしているのでスタイリッシュさも漫画の中でも感じとれます。スーパーカーがバトルをしているのも夢があってオススメです。(20代男性)

 

 

7位タイ.はじめの一歩

 

 

スポーツ漫画「はじめの一歩」がおすすめの理由

いじめられっ子の主人公が強いとは何かを探すためにボクシングを始めるのですが、漫画を読むにつれてボクシングを知らない人でも自然と興味を持ったり、ギャグセンスがとってもたかくめちゃくちゃ笑いがでる漫画だからみんなに読んでもらいたいです。(20代男性)

友情・努力・勝利と少年漫画の王道を地で行く汗臭いスポ根で、完全に男子向けかと思いきや、登場人物ひとりひとりにドラマがあり女性でも楽しめる。 ギャグのレベルも高く、それがストイックなテーマの中にもうまく調和しているから(20代女性)

 

 

7位タイ.あひるの空

 

 

スポーツ漫画「あひるの空」がおすすめの理由

バスケットで不利とされる身長の低いバスケットボールプレイヤーが主人公の漫画。面白いところは背が低いけどスーパープレーヤーではなく、背が低いのは圧倒的に不利で守備面で損をしながらも、他の選手のバックアップによって唯一の武器であるシュートが活きるという正に日本人のためのバスケット漫画であるところが魅力。(20代男性)

バスケットボールが題材となっているあひるの空ですが、とてもリアルに描かれている漫画でただ上手い人や学校にフォーカスを当てるのではなく、敗者の心情や背景をしっかりと描いているのでキャラクターごとにしっかりと個性が見えて共感もできますし、読みやすいと感じる漫画だからです。(20代男性)

 

 

7位タイ.ボールルームへようこそ

 

 

スポーツ漫画「ボールルームへようこそ」がおすすめの理由

アニメ化もされた社交ダンスの漫画です。平凡な主人公が社交ダンスと出会い、様々な人々と出会い経験を経て成長していくのですが、社交ダンスを知らない人でも、やってみたいと思わせる程、繊細克つ緻密なタッチで描かれています。キャラクターの一つ一つの言葉が非常に心に残る作品です。(40代男性)

他と違う目の付け所で、普段焦点の当たらない学生の競技ダンスが舞台です。 本当の初心者が独特の感性と努力で結果を残すストーリーでリアルだけどファンタジー感があり、描写一つ一つが美しくで躍動感があります。キャラも個性派が多いので、会話1つ1つも楽しくて面白い漫画です。(20代女性)

 

 

4位タイ.黒子のバスケ

 

 

スポーツ漫画「黒子のバスケ」がおすすめの理由

1番大切なのは技術でもセンスでもなく、仲間との絆。そんなことを教えてくれる漫画です。創部間もないバスケ部が仲間を信じて、ウィンターカップで優勝を目指す様子は読んでいて気持ちが入ります。 そしてバスケ漫画ですが、出てくるバスケの技が、バトル系のような名前で、ただのバスケ漫画と違うところも面白いです。(20代女性)

スラムダンクは存在感があるキャラが多かったが、本作は逆に存在感が無い黒子が影となり、存在感の無さを逆手にとったプレーをして圧倒していく、時には目立つプレイも行うのですが、それを他メンバーにより目立つプレーをさせ上書きする事で影の薄さを取り戻すシーンは引き込まれました。(30代男性)

黒子のバスケの魅力は、バスケシーン以外に、中学時代のバスケ仲間とのキズナや、高校で出会った仲間との日々をきっかけに変化する人間関係や、キャラの成長の様子が描かれていることです。もちろん、バスケシーンも迫力があり魅力満載ですが、キャラ同士の絆の強さに感動します。(20代女性)

 

 

4位タイ.アイシールド21

 

 

スポーツ漫画「アイシールド21」がおすすめの理由

日本ではマイナーなスポーツであるアメリカンフットボールをテーマにした作品ですが、知識ゼロから楽しめるように解説を交えながら描かれています。また作品のテーマの一つである、凡人対天才は努力する意味について深く考えさせられます。(20代男性)

パシリをさせられまくっていたセナが、その瞬発力と走力を生かしアメフトの世界で活躍するという話です。絵が上手でアメフトのシーンでは臨場感があります。 またルールがわからなくてもわかりやすい解説が掲載されておりアメフト未経験者にも大変おススメです。(30代男性)

アメフトの紹介漫画としてとても優秀。 長所、短所のはっきりした各キャラクターがそれぞれの持ち味を駆使して闘っていく姿がとても面白いです。 最初は恐る恐るやっていた主人公のセナが一人前のアメフトプレイヤーになった頃にはすっかりアメフトのファンになっていました。(40代男性)

 

 

4位タイ.弱虫ペダル

 

 

スポーツ漫画「弱虫ペダル」がおすすめの理由

主人公がオタクで秋葉原まで自転車で長距離往復しているうちに尋常な脚力を身に付けた事がきっかけで自転車競技にのめりこむ、という最初の設定が面白いです。作者の画力の高さ故自転車競技の迫力があり、大変引き込まれます。(30代男性)

キャラクターの見た目とは裏腹に意外とスポ根漫画です。 キャラクターはすごい奇抜です!SFかな?って思うぐらいです。でも、仲間意識とか、駆け引きとか一対一の対決とかすごいスポ根でハラハラドキドキでどんどん読み進みますよ。(20代女性)

自転車競技に詳しくなくても読めます。もちろん用語も出てきますが、キャラがわかりやすく説明してくれるのですごく入りやすいです。世界観に入りやすいので、感動して涙する場面がたくさんあるので、ぜに読んでもらいたいです。(30代女性)

 

 

3位.ベイビーステップ

 

 

スポーツ漫画「ベイビーステップ」がおすすめの理由

この漫画は、テニス未経験者の中学生がプロテニス選手になるまでを描いた作品になっています。 主人公は、成績学年トップの秀才中学生です。 勉強一筋で異常なほどのまじめさと几帳面さをもったキャラクターです。 プロテニス選手を目指す学校一番の美少女との出会いから、テニスの世界を知ることになり、テニスの世界で成長していく様子が描かれています。 ありきたりなスポーツ漫画とも少し違う感覚を味わえる作品で気づけば次の展開を期待したくなるストーリー性は、とても面白かったです。(30代男性)

主人公がものすごく真面目で一つ一つノートに書いてそれができるように努力してさっきなにがいけなかったのか次はこうその次はとなにからなにまでノートに書き詰めていきプロテニスプレイヤーになるのですが自分もこんな人生を送っていけばなにか変わってただろうかと思い生き方が変わって前の自分と今の自分では全然違うので本当に読んで損はないという事です。(20代男性)

テニスを全くしたことない主人公の丸尾栄一郎が、試行錯誤を重ねながら練習を積み重ね、試合を戦い抜いていく姿がとても面白いからです。 また、一つ一つの出来事を主人公が経験としてかみ砕いて吸収していく様子や、ヒロインの鷹崎奈津との恋愛など丁寧に描かれているので、見ていて感情移入がしやすいのも理由のひとつです。 単純にテニス漫画として読むよりも、私たちの社会の中でも非常に役に立つようなことも書いてあるので、ぜひおすすめしたいと思っています。(30代男性)

テニス物なのにフィジカルも大きな強みもない主人公エーちゃんがもちまえの根気や分析能力を駆使して闘っていくのがおもしろい。 高校から始めて卒業時にプロになっているのでまごうことなき天才なんですが、あまり天才に見えない等身大な感じがいいです。(40代男性)

 

 

2位.ハイキュー!!

 

 

スポーツ漫画「ハイキュー!!」がおすすめの理由

悪人が1人も出てこない!みんな自分の夢や目標に向かって形は違えど努力していて見ていてとても晴れやかな気持ちになります。どんな壁にぶち当たっても目を背けず前に進む主人公を見ていると、理由をつけて逃げる自分がカッコ悪いと思えて、頑張ろうと思えます。(20代女性)

男子高校バレー部を描いた漫画ですが、大人が読んでもすごく面白いです。青春の中には主人公が成長していく姿や仲間との戦いがあり読むたびにドキドキします。バレーの躍動感が上手に描かれており読んでいて世界観に引き込まれます。(20代女性)

作者がバレーボールをよく知って書いている。必殺技のオンパレードで非現実的な路線ではなく、練習・努力とそれを回収するストーリー、感動させられる名台詞群にぐっと来ること多数あり。それぞれのキャラクターも個性があって惹かれます。(40代男性)

リアルなバレーボールの描写で、バレーボールを知らない人でも楽しめます。 バレーボール特有の動きが絵の中で上手く表現されていて、バレーボール経験者や観戦が好きな人であれば、その動きが頭の中で再現できるところが素晴らしいです。 キャラクターに悪役は登場せず、それぞれの成長はストーリーに共感できます。(20代男性)

お話としては高校のバレーボール部で主人公(実質2人)がそれぞれの思いを胸にしつつ全国大会制覇、そして更にその先を目指すという典型的な流れですが他の漫画だとあまり深く切り込まれなさそうな主人公チームの控え選手や関係者、試合で当たった相手校の選手達の心情をきちんと描写しているのみながらず観戦しているモブにあたるようなキャラにまで名前を与えているくらい徹底した丁寧な描写がおすすめです。また心情描写はわかる!と共感できるまたは自分とは違う視点でもなるほど納得できる!とリアルに感じていい大人でも勉強になる台詞、シーンが盛りだくさんです。(30代女性)

背が低いですが運動神経抜群の男の子と天才セッターと呼ばれる男の子がコンビを組んで、バレーで全国制覇を目指す物語です。バレーの試合のシーンはとても迫力があります。また個性的なメンバーが多く、それぞれの持ち味を生かした描写がとても面白いです。(30代女性)

スポーツ漫画というと取っ付き難い印象がありましたが、ハイキュー!!は絵が綺麗・ストーリーの展開がわかりやすい・キャラクター1人1人のエピソードや設定がしっかりしています。ライバルである他校の個々のキャラクターのエピソードも盛りだくさんで見逃せません。(30代女性)

主人公の日向が中学時代に惨敗した相手である影山のリベンジのために高校入学したが、そこには影山も入学しており、最初は反発していたものの、徐々にコンビネーションを高め、大会に勝ち進んでいく、というストーリー。友情・努力が全面に出ている青春漫画です。(30代男性)

バレーボールを題材にした漫画であり、架空の技とかではなくフォーメーションや攻撃方法を工夫するなど、現実に基づいた試合内容を描いているので、みていて親近感が湧き、自分も試合に熱中できます。また、キャラも一人一人個性的で自分の好きなキャラとかを見つけて楽しめるため、女性にもオススメです。(20代女性)

私がお勧めする漫画は「ハイキュー」という少年漫画です。 この、ハイキューという漫画は、バレーボールに勤しむ少年、少女の活躍と葛藤、努力と成長を描いたスポーツ漫画です。 ここに登場する身長は低いがバレーボールが大好きな、エーススパイカーを目指す少年の頑張る姿がとても印象的で私自身ももっと頑張ろうとエールをもらえる作品です。(20代女性)

 

 

1位.SLAM DANK スラムダンク

 

 

スポーツ漫画「SLAM DANK スラムダンク」がおすすめの理由

出てくるキャラクターがかっこよくて、大好きです。個性が強くて、印象に残るキャラクターばかりです。ストーリー展開も引き付けられる感じで、どんどん読み続けられました。バスケットボールに詳しくなり、授業の体躯の時間も楽しく過ごせるようになりました。(30代女性)

この漫画がおすすめの一番の理由は、ストーリーを通じて様々なことが学べるところです。 何かに打ち込むことからえられるものや、仲間の大切さなど、多くの事を学びました。 また、イケメンの選手が多いので、目の癒しにもなります。もちろんストーリーの面白さも言うことなしです。(30代女性)

有名なバスケットのスポーツマンガですが、主人公の桜木花道が成長する姿に引き込まれます。マンガの中では数々の名言が出てきますが、スポーツをしている人はもちろんしていない人の心にもぐさりと刺さること間違いなしです。(20代男性)

バスケ漫画の決定版。なんといっても登場人物がみんなかっこいい。 主人公のいる湘北や何度か戦うことになる神奈川勢だけでなく、一度しか試合のないインターハイ勢のキャラクターまで丁寧に描かれていて感動です。 変に超人じみてたりせず(天才はけっこういますが)、全員かっこ悪い人間らしい部分も持ちながら、バスケやその他のシーンシーンで憧れさせて貰いました。(40代男性)

誰もが知る名作の一つです。バスケ初心者ながら不良の高校生が一目惚れによりバスケットを始めるがみるみる力をつける成長漫画。名シーンは数え切れないほどあり、これを読んでバスケットを初めた人も数多くいる。何回読み返しても楽しい伝説の漫画。(20代男性)

描写がリアル。本当に作品にのめり込める。音がなくてもセリフがなくても、絵の描写だけでその瞬間の音や動きや臨場感が伝わる。誰もが知っている有名な作品だが、改めて素晴らしい作品だと思う。 また、キャラクターがとても魅力的。(30代女性)

私は学生時代バスケット部だったのでそこからスラムダンクを読み始めたのですが同じバスケットの漫画なのでとても勇気をもらいました。たくさんの良い名言が言われておりその言葉を現実に受け止め毎日の練習を頑張りました。スポーツをしてる人にはとてもためになると思います。(20代女性)

バスケットボールの漫画なのですが、私自身バスケットボールのルールとか全然わからないのですが、このスラムダンクはルールとか分からなくても凄く面白いです。アニメ化もされておりアニメも漫画も見たのですがストーリー性が凄く面白くて、感動の場面もありお勧めです。(20代女性)

バスケットボールを日本に広めた名作です。背だけがものすごく高い不良がバスケットボールを通じて技術だけではなく人間的に成長する話です。一番山場である最後の相手高校である山王高校との試合は感動すら覚えました。(30代男性)

スポーツジャンルの漫画は、かなり膨大な数があると思いますが、その中でもトップレベルのスポーツ漫画がスラムダンクです。バスケットボールの漫画ですが、ルールをあまり知らなくても楽しめる内容になっています。登場人物、ストーリー展開とも素晴らしいです。(40代男性)

オススメのマンガは?と言われて一番に浮かぶのが『スラムダンク』です。子供の頃に読んだマンガですが、今読んでも熱くなるし泣けます。これを読んだらバスケットボールをやりたくなる!不朽の名作といってまちがいないと思います。(30代女性)

バスケットボールのルールも知らなかった主人公が成長していく様子を応援したくなる漫画です。 主人公だけでなく、他の仲間の過去だったり、そこからどう立ち直っていったかも描かれており、一人一人のストーリーをとても大事にしていると思います。 所々に笑いもありますが、最後は試合を通して涙ありの漫画なので、ぜひ読んでいただきたいと思います。(30代女性)

とにかく青春時代を思い出させてくれる漫画! スラムダンクをみてバスケをはじめた人は多いんじゃないかと思います。 (私自身その一人です) 主人公の不器用ながら周りの信頼を得ていく成長過程、ライバルとの熱いやり取り、なんといっても有名な感動のチームメイトとの名シーン! 何度読んでも泣ける、青春スポーツ漫画の代表作です☆(30代男性)

高校生の青春時代にバスケットボールと恋愛に青春をささげた熱い物語なんですが、一人一人の感情、孤独、策士、理由などの描写が 試合の中や外で10代に抱える気持ちが強く描かれているので気持ちに熱が入ってくる漫画だからです。(30代女性)

不良でありながらずば抜けた運動神経の持ち主の主人公、桜木花道がバスケットに真剣に取り組んで、試合ごとにどんどん成長していくところがおすすめです。バスケット初心者ながらも基礎をひとつひとつ自分のものにして、どんな相手にも全力で挑む姿がとてもかっこいいです。(30代女性)

バスケット漫画で 売れて人気がでたのは スラムダンクしかない! これ以前も以降もないと思う。当時スラムダンクを見てバスケットボールというスポーツを始めた人がたくさんいたはず。今もなお人気があり、テレビ番組のアメトークでもスラムダンク芸人というコーナーがあるほどだ!(30代男性)

バスケットボールの試合を楽しめるのはもちろん、登場人物の言葉が全て心を揺さぶるような名言ばかりです。特に「諦めたらそこで試合終了」という言葉は、人生で困難なことに直面したときに、立ち向かう勇気をくれる言葉です。(20代女性)

この 漫画を読んでいると、自分が若い頃に戻ったような気分になれるのでとても大好きです 。漫画と言うと恋愛ものがとても多いですが、 純粋にスポーツに集中している若者たちの様子が、非常にリアルに描かれていて 、気持ちよく読むことができます。(40代男性)

思春期の歯痒さを時に切なく時に熱く感じます。努力をすれば報われることもこの漫画から学びました。初めて読んだ小学生時代、読み返した中学時代、大人になってから更に読み返してその度に感じるものが深くなり何歳になっても読みたい漫画です。(20代女性)

不良だった主人公・桜木花道がバスケットを通じてプレイヤーとしてだけでなく、人間としても成長していく姿に感動させられました。 チームメイトやライバル校のキャラクターにも、それぞれのストーリーがきちんと描きこまれていてとても丁寧に作られています。 試合のシーンも激しい動きと、要所で時が止まったような、静と動の対比表現で没入してしまいます。(20代男性)

バスケのストーリーの漫画ですが、バスケのルールを全く知らない人でも楽しめること。感動のシーンや名言もたくさんあります。なかでも緊迫のシーンや白熱する試合のシーンは、セリフなしでも感動して泣くことができます。(30代女性)

バスケを小学生からやっていたのでそれの影響で漫画を見るようになった。 シュートフォームなども安西先生のアドバイスを守りながら当時は練習してました。 無名の高校が全国までかけあがるのは当時のバスケットをしていた学生に夢を与えてくれました。(20代男性)

試合の流れが面白く、ハラハラしながら夢中で読んでしまいます。バスケットボールを知らなくても楽しめます。絵柄も迫力があり、細かい筋肉の動きも丁寧に描かれているので、読みやすいです。名言も多く、感動できる漫画です。(30代女性)

よくある青春スポーツ漫画とは違って、内容が深いのがいい。主人公だけでなく一人一人にフォーカスが当てられていて、どのタイプのファンでも楽しめる。また、ラストも目的達成で万歳ではなくて、夢破れた後にどう生きるか、という設定もよい。(30代女性)

不良で喧嘩ばかりしていた主人公が、背が高いと言う理由で、ある女生徒から「バスケットはお好きですか?」と声をかけられ一目惚れ。そこから彼女と近付きたいためにバスケットを始めます。不純な動機から始まったバスケット部への入部ですが、様々な困難にぶち当たりながら成長して行く物語です。(40代女性)

 

 

1票入ったおすすめのスポーツ漫画も紹介

YAWARA

 

 

スポーツ漫画「YAWARA」がおすすめの理由

とてもかわいい小柄な女の子が柔道が強いというギャップが面白いです。それまで柔道には興味がありませんでしたが、この漫画を読んで柔道が面白いと思いました。数分の試合の様子も丁寧に描かれていて、ドキドキします。(30代女性)

 

 

エースをねらえ

 

 

スポーツ漫画「エースをねらえ」がおすすめの理由

テニスを始めたい初心者には是非おすすめです。まず、ルールが覚えられます。試合の流れも、少々の雑学的なものもです。スポ根ものではありますが、テニスに対して真摯であり、魔球とか、あり得ないプレー等は出てきません。人物像はかなりオーバーですが。(40代女性)

 

 

おおきく振りかぶって

 

 

スポーツ漫画「おおきく振りかぶって」がおすすめの理由

野球漫画ですか、野球のルールを知らなくても楽しめます。登場人物の人間性が非常に細かく描かれているので、それぞれの登場人物の性格などを知ることができ、よりストーリーにのめり込んでしまいます。知らなかった野球の駆け引きの面白さを知ることができます。(30代女性)

 

 

ガンバ!Fly high

 

 

スポーツ漫画「ガンバ!Fly high」がおすすめの理由

体操金メダリストの森末慎二さんが監修の漫画であるため、フィクションであるものの現実とかけ離れすぎた内容ではなく、体操の技や体操選手の苦悩ついて素人にもわかりやすいように描写されている。そのため、この漫画を読んでから体操競技を見ると、今までとは違った目線で見ることができる点が良い。また、内容が体操だけでは飽きてしまうが、友達とのやりとり、ライバルの出現、そして恋物語など、体操とは無関係な人を惹きつける要素もたくさん入っているのがおすすめできる。(30代女性)

 

 

キン肉マン

 

 

スポーツ漫画「キン肉マン」がおすすめの理由

勝利、友情、努力、すべてが詰まったまさに王道の少年漫画という感じ。 設定の矛盾や、めちゃくちゃなストーリー展開も多々あるけれど、それを「なんでだよ(笑)」と、心の中でツッコミながら読むのもまた楽しいです。(30代女性)

 

 

しゃにむにGO

 

 

スポーツ漫画「しゃにむにGO」がおすすめの理由

高校テニスのお話です。テニスの話だけでなく、登場人物ひとりひとりの背景や葛藤、そして高校生ならではの恋愛などが描かれていて、テニス好きにもそうでない人も読めるところがおすすめです。個人的にはテニスプレイヤーとして順調に実力を上げて恋愛もしていたのに、事故が原因で片足を失ってしまった女性・ひなこがどんな風に成長していくのかを、同じ女性として興味深く読んでいました。(30代女性)

 

 

ちはやふる

 

 

スポーツ漫画「ちはやふる」がおすすめの理由

学園ものと思われがちで、百人一首ではありますが、スポーツに近いです。主人公が集中力を高めていき、言葉がすべて読まれないときにバシッと一枚取る姿の場面にはいつも引き込まれてしまいます。恋愛要素も入りつつ、百人一首というものを学ぶこともでき、ライバルに勝てるように全力で応援したくなるような素直でかわいい主人公と、いろんな楽しさがちりばめられてます。ただの百人一首の漫画とは思わず、ぜひ手に取ってみてほしいです(20代女性)

 

 

ボーイフレンド

 

 

スポーツ漫画「ボーイフレンド」がおすすめの理由

漫画のキャラクターの絵が好きで読み始めました。はじめて惣領冬実の漫画を読んだのはこの作品でした。 とんがった主人公のマサキがカナコにだけは心を打ち解けていく。二人には各々に抱えたものがあり、そこを悩みながら越えて行く物語です。(40代女性)

 

 

リベロ革命

 

 

スポーツ漫画「リベロ革命」がおすすめの理由

この漫画を読んで、私は初めてバレーボールにリベロというポジションがある事を知りました。主人公は高校バレーボール選手。ですが、バレーボール選手とは思えない身長の低さなのです。しかしその分、低さをカバーするジャンプ力があり、アタッカーとしての実力もあって、最初はアタッカーとして活躍しますが、チームの限界、主人公自身の限界を経験して、アタッカーからリベロへと転向します。キャラクター達がそれぞれの壁やトラウマにぶち当たり、乗り越えて成長しながら、チームの為に一丸となって全国を目指す姿が描かれている、笑いあり、涙ありの青春スポ根漫画です。バレーボールのルールが分からない人でも読みやすく面白い作品です。(30代女性)

 

 

俺たちのフィールド

 

 

スポーツ漫画「俺たちのフィールド」がおすすめの理由

サッカー漫画なのだけど、凄く熱くて、サッカーを知らない私でも非常に楽しめた。少年漫画なんだけど、女性にもうける、8頭身くらいの、凄く綺麗な絵を描く。かっこいいキャラクターを描く。また性格も個性的で面白い。(30代女性)

 

 

紅色HERO

 

 

スポーツ漫画「紅色HERO」がおすすめの理由

バレーがただただ大好きな主人公が仲間を集めてバレー部を新設し、春高バレー出場を目指して奮闘するのだが、主人公のまっすぐさに心を打たれます。実家からの圧力や、仲間とのすれ違い、恋愛、いろんなところでつまづくのですが、それでも大好きなバレーのために、努力を惜しまず突き進む主人公がとても可愛くて、勇気がもらえます。(20代女性)

 

 

シャカリキ!

 

 

スポーツ漫画「シャカリキ!」がおすすめの理由

自転車をこよなく愛する少年の、とにかく熱い熱すぎる漫画。 がむしゃらに、寡黙に、馬鹿みたいに坂を登ることだけに、前だけを見つめる主人公に感情移入して、笑ったり泣いたり、心を全部持っていかれる。脇を固めるキャラクターたちも個性的で、同じように熱く夢を持ちたくなってしまう。(30代女性)

 

 

帯をギュッとね!

 

 

スポーツ漫画「帯をギュッとね!」がおすすめの理由

柔道に全く興味はありませんでしたが、この漫画を全巻読み終わる頃にはすっかり柔道ファンになり、ルールも分かるようになりました。 学生の部活動でありながら、登場人物の細かな心理描写が素晴らしく、脇役でもその成長を見守りたくなるような作品です。 特に技をかけているときの絵がリアルで、物語に入り込みやすいと思います。(30代女性)

 

 

風の大地

 

 

スポーツ漫画「風の大地」がおすすめの理由

ゴルフ漫画です。ゴルフにはまったく興味がなかったのですが、この漫画を読んでとても興味が湧きました。ゴルフの用語もすべてこの漫画で覚えました。ストーリーもとても面白く、主人公の沖田がどんどん成長していく姿に心を打たれます。(30代男性)

 

 

灼熱カバディ

 

 

スポーツ漫画「灼熱カバディ」がおすすめの理由

元サッカー選手の主人公がマイナースポーツのカバディに出会い、その魅力に取り憑かれていく過程がワクワクします。毎回熱い闘いが繰り広げられ、手に汗握る展開にページをめくる手が止まりません。小学館のマンガワンアプリで無料で読むこともできる点も嬉しいです。(30代女性)

 

 

タッチ

 

 

スポーツ漫画「タッチ」がおすすめの理由

単なる野球のスポ根漫画が一般的だった時代に、恋愛の要素を取り入れ、新しいスポーツ漫画の時代を切り拓いた作品だから。亡くなった兄の為に頑張る姿にも感動した。最後の一ページで分かる、甲子園優勝の結果も良かった。(30代男性)

 

 

クロスゲーム

 

 

スポーツ漫画「クロスゲーム」がおすすめの理由

主人公の樹多村光が幼馴染である月島青葉のピッチングフォームに憧れ同じトレーニングをするようになりました。中学校では野球部に入らずトレーニングを続け高校から野球部に入り仲間と共に甲子園を目指します。その一方で青葉との恋は芽生えるのかが注目のところです。(20代男性)

 

 

ガッデム

 

 

スポーツ漫画「ガッデム」がおすすめの理由

モタースポーツ ラリーの世界を、細かく紹介してくれて、チームワーク 陰の努力 運 お金 裏でうごめく企業のこと ただのレース漫画というよりも、人間ドラマがたくさん入ったモータースポーツの世界の奥深さが ラリーってすごいなと思える良い作品でした。すぐに終わってしまったのはもったいない漫画でした。(40代男性)

 

 

BUNGO

 

 

スポーツ漫画「BUNGO」がおすすめの理由

野球漫画です。純粋で不器用な少年が野球に出会い、挫折を味わいながらも挫折と感じず努力を続け、唯一無二の友人と切磋琢磨しながら力をつけていくお話です。絵も見やすいですし、臨場感があって引き込まれてしまいます。それぞれのキャラクターもとても個性的で魅力的で、続きが今すぐにでも読みたくなる男性でも女性でも読める漫画だからです。(30代女性)

 

 

神様のバレー

 

 

スポーツ漫画「神様のバレー」がおすすめの理由

バレーは簡単に出来ないスポーツだと感じています。スマホでは無料で多くの漫画を無料で読む機会が多くなって嬉しく感じます。その中で、この漫画は話しの展開が面白く、先のストーリーが楽しみな内容だと思います。バレー未経験の方でも十分楽しめるかと思うのでお勧めします。(40代女性)

 

 

頭文字D

 

 

スポーツ漫画「頭文字D」がおすすめの理由

主人公の拓海が普通の男の子から高橋涼介に見いだされて連戦連勝していく様子とリアリティな人間模様と緊迫感とスピード感あふれる車同士でのバトルの駆け引きが素晴らしいです。時折拓海の恋愛模様などが垣間見える所と友情が見える所もお勧めです。(20代男性)

 

 

バリバリ伝説

 

 

スポーツ漫画「バリバリ伝説」がおすすめの理由

オートバイに関する漫画でこれ以上のものを見たことがない。世界の猛者と戦う主人公の天才ライダーとしての活躍も毎回ハラハラドキドキして読み応えがあるが、ライバルである秀吉が、一緒に峠を攻めている早朝に、反対車線からはみ出してきた車と正面衝突して死んでしまうシーンでは、残された妹や、関係者の心理描写がリアルで、何度見ても涙が止まらない。(50代男性)

 

 

男水!

 

 

スポーツ漫画「男水!」がおすすめの理由

高校の男子水泳部で、男水!というタイトルです。部員が3名しかいなくて同好会に格下げされる危機を乗り越える、という設定がややベタかと最初は思いましたが、水泳のシーンなど、読んでいるうちに引き込まれました。個人的には大樹が一番好きです。(30代女性)

 

 

ドカベン

 

 

スポーツ漫画「ドカベン」がおすすめの理由

ドカベンはまさに高校野球の醍醐味を味わえる漫画です。ありえない投法や打法、信じられないプレーの連続や高校野球の常識とはかけ離れて描かれていますが、野球ということに関しては忠実に描かれています。私はドカベンを読んで野球が大好きになりました。(40代男性)

 

 

ドカベン~プロ野球編~

 

 

スポーツ漫画「ドカベン~プロ野球編~」がおすすめの理由

ドカベンのキャラクターがプロ野球を舞台に敵味方に別れて野球をする姿が夢のようです。 また野球漫画にありがちな主人公が無双をするのではなく、挫折も味わいながら野球に取り組む姿勢がお気に入りです。 そして実際の選手名や球団名が出てくるのもリアリティがあって気に入っています。(20代男性)

 

 

ガンバフライハイ

 

 

スポーツ漫画「ガンバフライハイ」がおすすめの理由

初心者からオリンピックを目指して体操部に入部する主人公の頑張る姿や、悩み葛藤する姿、夢を叶える姿が描かれています。だれもが経験する可能性のある感情も多く、思わず自分が主人公になった気分で読んでしまいます。元オリンピック体操選手の森末慎二さんも監修しており、難しい体操の世界観を描いた漫画です。(20代女性)

 

 

MAJOR 2

 

 

スポーツ漫画「MAJOR 2」がおすすめの理由

アニメ化もされている有名なMAJORの子どもたちのお話です。2世でありながらも、特異な能力が元々備わっていない主人公が、くじけながらも親のライバルでもあり戦友でもあったトシからアドバイスをもらいつつ、キャッチャーとして成長していく姿が見られます。MAJORとはまた違った視点での野球漫画ですし、実際にありえそうな話にもなっています。前作を読んでいなくても十分に楽しめる作品です(20代女性)

 

 

花男

 

 

スポーツ漫画「花男」がおすすめの理由

家族のあり方と家族以外の人たちとのあり方の描写が良い。 絵自体は好き嫌いが出てしまうと思いますが、作品内に描かれる 夢と希望、人間の持っている暖かさ等、今では少し希薄になっている 人間の姿が描かれている。 読み終わった後になんだかあったかい気持ちになれるから。(40代女性)

 

 

火ノ丸相撲

 

 

スポーツ漫画「火ノ丸相撲」がおすすめの理由

とにかく熱い。ジャンプで久しぶりに心が熱くなる漫画に出会えました。主人公は小学校の時に国宝と呼ばれて最強だったのですがそれから身長が成長せず、悩み苦しみ、そして高校生になってから再び表舞台に帰ってきて数々のライバルと戦う相撲マンガです。(20代男性)

 

 

カウンタック

 

 

スポーツ漫画「カウンタック」がおすすめの理由

主人公がスーパーカーを手に入れてそこから生活ががらりと変わっていく様子が素晴らしいです。 カウンタックといえばスーパーカーの代表格ですがそのスーパーカーと主人公がいいコンビなのも見ていてほっこりします。(20代男性)

 

 

ライジングインパクト

 

 

スポーツ漫画「ライジングインパクト」がおすすめの理由

今大人気の漫画『7つの大罪』鈴木央の作品。 ゴルフを題材にした物語で、登場人物が『ギフト』と呼ばれる能力を使い勝負を挑んでいく。 スイングのインパクトやパターのラインが見えるなど、現実では考えられない能力を使ってプレイしていく姿がファンタジックで楽しめる。(30代男性)

 

 

リングにかけろ

 

 

スポーツ漫画「リングにかけろ」がおすすめの理由

個人的には車田正美の最高傑作だと考えています。2人の主人公は正反対の性格ですがボクシングを通じて友情を深めていきます。 始めは正統派ボクシングマンガなのですが、途中から様々なファイナルブローと繰り返される敵キャラとのチーム戦が魅力です。最後は主人公の2人がチャンピオンと最愛の人をかけて戦い、2人とも死んでしまうと言う衝撃的なラストを迎えます。(40代女性)

 

 

モーメント

 

 

スポーツ漫画「モーメント」がおすすめの理由

題材がフィギュアスケートなのは今まであまり読んだことがなくて、読んでみて面白かったです。主人公は11才の天才少女、北原雪で、札幌から東京に母親と2人で出てきて、フィギュアスケートの英才教育を受けます。雪が無邪気に好きなスケートを頑張ったり、周りの大人達の思惑が渦巻いたりと、幅広い年代の方に読んでいただけるかと思います。(30代女性)

 

 

あしたのジョー

 

 

スポーツ漫画「あしたのジョー」がおすすめの理由

ボクシングの漫画で、ジョーと力石との戦い、力石なき後のジョーの戦い、そこには障害のライバル力石がいる様で、数々のライバルにトレーナーのだんぺいとともに、そこには何時も涙橋と、少年たちの思いがこもった応援が有るのです。(60代男性)

 

 

ダイヤのA

 

 

スポーツ漫画「ダイヤのA」がおすすめの理由

まっすぐで負けん気が強い主人公の沢村を見ていると小さい事で悩んでいる自分がバカらしくなって来るほど爽快です。キャッチャーの御幸は本当に本当に未成年か、と思えるほど大人でメンバーをマネジメントしています。キャラクターや展開の速さが好きな理由です。(30代男性)

 

 

カペタ

 

 

スポーツ漫画「カペタ」がおすすめの理由

ゴーカートにハマり最終的にはF1の舞台を夢に突き進んでいく漫画なんですが、もし10代の時にこの漫画に出会えてたら私も 夢に向かって一直線に進めたのかな~と感じてしまう感じずにはいられない漫画だからです。(30代女性)

 

 

キス&ネバークライ

 

 

スポーツ漫画「キス&ネバークライ」がおすすめの理由

アイスダンスを踊る二人の表現力が見ていて楽しいです。画力があるのでダンスの筋肉の細かい動きも綺麗に描けています。スケート以外にも、主人公みちるの過去や、四方田コーチの死の謎など、サスペンス要素もあり、面白いです。(30代女性)

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました