The Beatles(ビートルズ)おすすめの曲ランキング

スポンサーリンク

Contents

スポンサーリンク

The Beatles(ビートルズ)おすすめの曲ランキング

 

13位タイ.The Beatles(ビートルズ) 「Across the Universe」(2票)

YouTube動画はこちら

The Beatles(ビートルズ)「Across the Universe」がおすすめの理由

The Beatlesの曲らしくない甘いメロディーと途切れないで歌われる歌詞に、夜空のような情景が浮かぶから。(20代女性)

この曲のすばらしさは、歌詞であることは誰もが認めるとおもいます。瞑想をロックにする事は、ロック界では珍しく想像力あふれる試みであり、歌詞自体も大変優れており、詩人としてのジョン・レノンを語る上で重要な作品です。(50代男性)

 

 

13位タイ.The Beatles(ビートルズ) 「Hello, Goodbye」(2票)

YouTube動画はこちら

The Beatles(ビートルズ)「Hello, Goodbye」がおすすめの理由

you said goodbye and I said Hello というフレーズが好きです。初めて聞いた当初から面白い歌詞だと思っていました。(20代女性)

中学校時代にビートルズをよく聴いていました。中でも、ハローグットバイは、初恋の思いでの曲で、今、聞いても甘酸っぱい思い出がよみがえる曲です。(40代男性)

 

 

13位タイ.The Beatles(ビートルズ) 「Help!」(2票)

YouTube動画はこちら

The Beatles(ビートルズ)「Help!」がおすすめの理由

曲の展開がとても楽しめるそれぞれのセクションがとてもキャッチーで前後との関係がとてもいい。歌詞と曲の展開もとても好き。(30代男性)

長年にわたって人気番組のOPで流れている有名な曲の一つです。歌詞が英語にも関わらず、自然と抵抗なく口ずさんでしまえる曲だと思います。(20代女性)

 

 

13位タイ.The Beatles(ビートルズ) 「I Want To Hold Your Hand」(2票)

YouTube動画はこちら

The Beatles(ビートルズ)「I Want To Hold Your Hand」がおすすめの理由

初めて聴いたビートルズの曲がコレでした。ビートルズの曲はジョンとポールのハモリがポイントの曲が実に多いですが、アップテンポながらハモリがいちばん光ってるのは、やはりこの曲だと思いますね。(40代男性)

いい曲というのはすなわちテンポが遅い曲だと思っていました。でも、抱きしめたいを聴いてそれは違うと知りました。テンポが速くてもいい曲ってあるんだって感動しました。(50代男性)

 

 

13位タイ.The Beatles(ビートルズ) 「In My Life」(2票)

YouTube動画はこちら

The Beatles(ビートルズ)「In My Life」がおすすめの理由

ビートルズのレパートリーの中では、素朴でとてもあたたかみのある楽曲であることが、まずいちばんのおすすめの理由です。また、楽曲の冒頭から、ビートルズならではのコーラスワークがふんだんに生かされていることも、魅力としてあげられます。間奏に入っているチェンバロは、1回録音したピアノ演奏を倍速にしてオーバーダビングされたことはよく知られています。バロック音楽風の仕上げであり、ビートルズが他のジャンルの音楽を積極的に取り入れていた典型的な例で、わかりやすいと思います。最後に、歌詞の魅力をあげましょう。忘れえぬ「ふるさと」を振り返りながら、最後に「そのふるさとよりも君を愛するだろう」というどんでん返しの歌詞には驚かされます。誰かにこう言われてみたいものですね。(50代女性)

ビートルズのリーダー、ジョン・レノンが25歳の若さで、自分の人生について書いた名曲。この楽曲の美しさに貢献した間奏のピアノはプロデューサーのジョージマーティンが弾いている。ちなみに最近では、エド・シーランもカバーしている。(50代男性)

 

 

13位タイ.The Beatles(ビートルズ) 「Love me do」(2票)

YouTube動画はこちら

The Beatles(ビートルズ)「Love me do」がおすすめの理由

この曲は、ダイレクトでストレートな求愛のメッセージだと思います。スローテンポで、歌詞も簡単なので、カラオケでも歌い安いと思います。(60代女性)

ノリがとてもいい。さらに、英詞がとても簡単で、なんとなく意味がわかるところがよく、英語の勉強にもおすすめです。(20代女性)

 

 

13位タイ.The Beatles(ビートルズ) 「Obladí Obladá」(2票)

YouTube動画はこちら

The Beatles(ビートルズ)「Obladí Obladá」がおすすめの理由

私の過去の経験が中心になりますが、元々発達障害だと同級生達にレッテル貼られたものの、その曲を聴くだけで、不思議なことに、勉強に対するモチベーションが上がるとは思わなかったからです。(20代男性)

ビートルズの楽曲で、日本で大ヒットした曲の一つが「オブラディ オブラダ」ポール・マッカートニーが作曲した曲。スカのリズムをポップ・ミュージックに最初に取り上げられた曲としても有名で、この曲が大嫌いだったジョン・レノンがやけくそで弾いたピアノのフレーズが、この曲の有名なイントロだ。(50代男性)

 

 

13位タイ.The Beatles(ビートルズ) 「samething」(2票)

YouTube動画はこちら

The Beatles(ビートルズ)「samething」がおすすめの理由

言わずと知れたジョージの名曲。出だしが小気味良い。ジョージのボーカルも、よし。そして、何と言っても、ギターソロ。あれっ?ジョージうまいじゃん。いやいや、これも、クラプトンだと思うよ。(50代男性)

ビートルズのシングル曲は原則としてジョン・レノンかポール・マッカートニーの作品が選ばれ発売されました。ジョージ・ハリスンが作曲したサムシングは、唯一ジョンとポール以外の作品でシングルA面に採用された名曲で、チャートも1位を獲得しました。あのフランク・シナトラは、この曲をレノン・マッカートニーの曲と思っていたようです。ジョージのこの曲がシングルのA面に選ばれたのは、ジョン・レノンの推しがあったからのようです。(50代男性)

 

 

13位タイ.The Beatles(ビートルズ) 「Twist & Shout」(2票)

YouTube動画はこちら

The Beatles(ビートルズ)「Twist & Shout」がおすすめの理由

覚えやすく親しみやすいメロディです。難しい英語も出てくることはなく、同じ言葉を繰り返しているため、英語を習い始めの中学の時に聞くのがいいかもしれません。(20代女性)

きっと誰もが聞いたことのある、the beatlesの有名な曲の1つ。繰り返される掛け合いに、2コーラス目には「シェキナベイベ」と歌えるようになり、盛り上がること間違いなし。(20代女性)

 

 

13位タイ.The Beatles(ビートルズ) 「While My Guitar Gently Weeps」(2票)

YouTube動画はこちら

The Beatles(ビートルズ)「While My Guitar Gently Weeps」がおすすめの理由

ギターの神様エリック・クラプトンがギターソロを担当して格好よく、曲自体も切なさを感じさせドラマティックで素晴らしいと思います。(30代男性)

まずは、ジョージのアコギに乗ったボーカル画面いい。そして、クラプトンのギター、バックのリフといい!ソロパートといい、全てが再興!、かっこいい!、この一言に尽きますね。大好きです。(60代男性)

 

 

8位タイ.The Beatles(ビートルズ) 「Blackbird」(3票)

YouTube動画はこちら

The Beatles(ビートルズ)「Blackbird」がおすすめの理由

暗闇の中で泣いてる君よ、さぁ光を目指して飛び立つんだ‥ポールの優しい歌声と心が包まれるようなギターの音色で体中癒され勇気づけられます。(40代女性)

この曲はもともとバッハの曲を参考にしたという話があります。真偽のほどはわかりませんが、高音と低音が分離独立して動く対位法的発想は、普通のロック・ポップスにない作り方なのは確かです。とはいえ、やはり天才的発想がなければ、とても計算だけで作れる曲とは思えません。(50代男性)

アコースティックギターのみの、ポールマッカートニーのボーカルのみの演奏。シンプルだけど、かなり凝っています。好きです。(50代男性)

 

 

8位タイ.The Beatles(ビートルズ) 「Can’t Buy Me Love」(3票)

YouTube動画はこちら

The Beatles(ビートルズ)「Can’t Buy Me Love」がおすすめの理由

ビートルズの有名な曲の一つ。ノリのいいアップテンポの曲です。英語がわりと簡単なので中学生の頃自分で訳してみましたが、かわいらしい歌詞だと思いました。(40代女性)

古い曲なのですが、さらっと聴きやすく気が付いたら口ずさんでしまう一曲です。また、歌詞も英語なのですが、わかりやすい英語を使っているので、理解しやすいです。(20代女性)

メロディが好きです。歌詞は単純ですが、色褪せない曲です。小学生の頃、親に勧められてよく聴きました。懐かしいです。(40代女性)

 

 

8位タイ.The Beatles(ビートルズ) 「Come Together」(3票)

YouTube動画はこちら

The Beatles(ビートルズ)「Come Together」がおすすめの理由

以前、Suchmosがカバーして歌っていたのと、洋楽のライブへ行った時に、ショーの前に会場でよく流れていて、印象的だったので。(30代女性)

誰もが1度は聞いたことある筈のBEATLESの曲ですがこの曲はBEATLESのほかの曲より歌詞がダーティーでアウトローな感じに仕上がっておりそれぞれのメンバーの心境などを歌っているので聞いていて気持ちを切り替えたい時に聞くとガラッと切り替えるので僕はオススメです(10代男性)

ビートルズの名曲の中の一つで、内外問わずたくさんの有名アーティストがカバーするほど魅力的な曲です。 とにかく、カッコイイ!(40代女性)

 

 

8位タイ.The Beatles(ビートルズ) 「Strawberry Fields Forever」(3票)

YouTube動画はこちら

The Beatles(ビートルズ)「Strawberry Fields Forever」がおすすめの理由

「Strawberry Fields Forever」は、音楽はただの娯楽ではなく、リアルで、なおかつ意味が重要なのだという幻想をもたらした1967年に発表された曲。(50代男性)

ジョンのヴォーカルも感動的で、いかにも英国風で、ユニークで、かなり変だけど完璧なものだと思います。最高傑作だと思います。興味深いのは、今でも古くさく聞こえないってことで、メロトロンのサウンドが抜群です。(50代男性)

マイナー調のメロディーラインだけど、いろんな楽器が入っていて不思議な感覚の曲調で歌詞の世界観とも合っている。(40代女性)

 

 

8位タイ.The Beatles(ビートルズ) 「Yesterday」(3票)

YouTube動画はこちら

The Beatles(ビートルズ)「Yesterday」がおすすめの理由

圧倒的に美しいメロディー!何回聞いても歌い出しから引き込まれてしまう。物悲しい雰囲気のある中に優しさがあって、癒されるため。(30代女性)

この曲を聴くといつも何とも言えない寂しいメロディに胸が詰まる感じがします。学校の教科書に載っているのに気付いた時にはとても嬉しい気持ちになりました。(20代女性)

誰もが知っているThe Beatlesの名曲です。いちいち和訳を気にする方は少ないかもしれませんが、歌詞もとてもよくて「失ったものはもう戻らない」というところは共感できていつも口ずさんでしまいます。(30代女性)

 

 

4位タイ.The Beatles(ビートルズ) 「A Day In The Life」(4票)

The Beatles(ビートルズ)「A Day In The Life」がおすすめの理由

ジョン・レノンとポール・マッカートニーが別々に作った曲を持ち寄り、ひとつにまとめてしまった曲なのだが、壮大で実験的な曲になっている。こういうことができるところにビートルズのすごさがある。(50代男性)

歴史的な名作「Sgt. Pepper’s Lonely Hearts Club Band」の最後を締めくくる曲、ラストのオーケストレーションは圧巻です。(50代男性)

ビートルズの中でもトリップ感が堪らない一曲。 曲展開、オーケストラの揺らぎや入れ方が歌詞の意味を増長させてくれる。(40代女性)

アルバムは、確か サージェントペッパーズロンリーハーツクラブバンド に入っていたと思いますが、この曲を聞いた時、オーケストラを使っていたのに驚いた記憶があります。テンポの変わる曲調も大変気に入っています。(40代男性)

 

 

4位タイ.The Beatles(ビートルズ) 「I Am The Walrus」(4票)

The Beatles(ビートルズ)「I Am The Walrus」がおすすめの理由

リード・ヴォーカルはジョン・レノン。ビートルズの曲の中でも特にサイケデリック色の強いナンバーで、発表当時、音楽関係者に大きな影響を与えた楽曲でもあり、レノンの作った楽曲です。(50代男性)

イントロの救急車のサイレンはジョンのエレクトリックピアノの音で、バックにはストリングスやクラリネットやホルン、更にはBBCのラジオ放送音声までが使われているが、ジョン・レノンが作ったサイケデリックな歌です。(50代男性)

シングルカットされていないが、一度聞くとクセになりそうな不思議な曲。ジョンらしい謎めいた歌詞に独特のサウンドが耳に残る良曲。(50代男性)

サイケデリック風のこの曲が発表されてから、割合すぐにビートルズが解散しているため、聴いているのは自分だけのような、流行が終わるとそんなにイケてなかったような気持ちでした。でも、この古い曲の存在があったために、今では最近のボカロ曲の機械音声を好きになれています。(40代女性)

 

 

4位タイ.The Beatles(ビートルズ) 「imagine」(4票)

The Beatles(ビートルズ)「imagine」がおすすめの理由

ビートルズ時代ではないが、解散後のジョンレノンといえば、この曲。イマジン。シンプルなピアノソロで始まるイントロが、好きです。(50代男性)

自分が辛くなった時や、悲しくなった時に聞くともっと頑張ろうと思えるような曲で勇気が貰えるからです。他にも、過去を振り返らせてくれるような優しい曲でもありました。(20代男性)

想像してごらん。 色々な事を思い感じる一曲だと思います 想像してごらん。 それすらも‥ 是非、歌詞を見ながら聴いて欲しい一曲です。(40代女性)

ビートルズのジョンレノンの最後の頃の作品になると思いますがジョンレノンの人生観が表現された心に残る作品だと思います。(60代男性)

 

 

4位タイ.The Beatles(ビートルズ) 「The Long And Winding Road」(4票)

The Beatles(ビートルズ)「The Long And Winding Road」がおすすめの理由

ピアノの響きがきれいなところと、オーケストラが加わって迫力と壮大さのある感じが好きです。 これを聴くと頑張ろうと思える曲です。(40代女性)

人生の長く曲がりくねった道のりを表しているバラードで、しみじみとした気持ちで聴くことができます。ビートルズのラストシングルであるという点からも「はかなさ」を感じ、心の琴線に触れる歌です。(20代男性)

この曲は「長く曲がりくねった道」というタイトルで、歌詞を見ると、人生に疲れきってしまったというちょっと重い雰囲気なのに、メロディはとても優しい感じがするので聴きやすいかなと思う。(40代女性)

ビートルズの楽曲は比較的テンポのある曲が多いと思うけど、ビートルズのスローな曲は秀逸、この曲はシンプルながら壮大。(40代男性)

 

 

3位.The Beatles(ビートルズ) 「Yellow Submarine」(5票)

The Beatles(ビートルズ)「Yellow Submarine」がおすすめの理由

とても可愛い曲だと思います。途中の間奏では効果音やリンゴの声などが入っており、楽しい気分になれる曲です。(20代女性)

みんなが聞いたことある、世代を問わずいい曲だと思います。有名なビートルズでもアップビートじゃなく、しんみりする曲が開放的だと思います。(30代女性)

特に歌詞に深い意味があったりする訳ではないですが、曲調が古い感じで、聞いていて心地が良い所がおすすめです。歌詞とメロディーのリズムもまた良く、本当に知り合いのおじさんの昔話を聞いているような気持ちになります。(30代女性)

途中で聞こえるバックの音や掛け声、笑い声などが特徴的で海外の飲み屋を連想させられる曲です。イエローサブマリンのカクテルを飲みたくなります。(20代女性)

明るいアップテンポの曲です。今年、アメリカとイギリスで50周年記念で再公開されるアニメーション「イエローサブマリン」のテーマソングです。(40代女性)

 

 

2位.The Beatles(ビートルズ) 「Hey Jude」(9票)

The Beatles(ビートルズ)「Hey Jude」がおすすめの理由

つらい時や落ち込んでいる時に、そっと側に寄り添ってくれるような温かいトラック。The Beatlesの名曲のひとつで、ジョン・レノンがオノ・ヨーコとの再婚を決め、ジョンの息子であるジュリアンが落ち込んでいた時に、ポール・マッカートニーがジュリアンを励ますために書いた曲、というのはThe Beatlesファンの間ではよく知られているエピソードです。(40代女性)

みんなが聞いたことある曲だと思います。ゆっくりで分かりやすい歌詞だからこそ、世界中で愛されて来たのだと思います。改めて歌詞を意識しながら聴くのも良いのではないでしょうか。(10代女性)

綺麗なメロディーとコーラスワークで希望を感じさせる音作りで、シンプル イズ ベストな仕上がりになっています。(30代男性)

ジョンレノンの初婚で産まれた子供ジュリアンが、父親の離婚とヨーコオノとの再婚に悲しんでいた当時、ポールがジュリアンを励ますために作られた曲という説もあります。それを考えて聴くと感慨深いです。(30代女性)

ジョンがポールの最高傑作と褒めてました。この曲、ポールのピアノもいいけど、ジョンのアコギが良いです、ルーズな感じで、アンソロジーのプロモ・フィルムも感動でした。1968年になっても、ジョンとポールのハモリは最高だったと、また、ポールにノーと言えたのは、当時ジョンだけだったんじゃないかなと思います。駄目なものは駄目と忠告していますし。(50代男性)

ジョン・レノンがオノ・ヨーコと結婚した時にポール・マッカートニーが結婚に落ち込むジュード(ジョン・レノンの息子)を励ますために作ったと聞いています。 その優しさが胸に染みるのでオススメします。(30代女性)

学生時代に聞いてた曲で、元気がない時とか落ち込んだときに聴くと励ましてくれたりして元気が出る印象があります。(50代男性)

ビートルズの代表曲であり、最大のヒット曲。7分を超える長い曲であるが、長さを感じさせない。リフレイン部分はライブで最も盛り上がるパートのひとつである。(50代男性)

ビートルズ初期の作品です、この歌が世界に衝撃を与え、若者文化を変えるきっかけになったのです。私も、衝撃を受けた歌です。(60代男性)

 

 

1位.The Beatles(ビートルズ) 「Let It Be」(12票)

The Beatles(ビートルズ)「Let It Be」がおすすめの理由

The Beatlesのトラックの中でも王道中の王道ですが、いつ聴いてもやっぱりいい曲だな、と思います。ポール・マッカートニーが悩んでいた時期にみた、母親が登場した夢からインスパイアされています。友人達とのカラオケにおいても、世代を超えて愛されている名曲だと思います。(40代女性)

シンプルで優しく心に染み込んでくるピアノのイントロから始まるこの曲は、老若男女問わず誰もが聴いたことがあるはずです。もう50年近くも前にリリースされて聴き継がれてきた曲です。歌詞の意味は「なすがままに」。もっとくだけた感じに訳すと「素直に生きていく」。優しいメロディに諭されてしまいます。悩みがある時に聴きたい名曲です。(50代女性)

歌詞がとても好きです。心が穏やかになるようなゆったりしたピアノの旋律が、優しい歌い方ととても合っていると思います。(20代女性)

誰もが知る有名なバラードで、シンプルなサウンドで演奏され、いつまでたっても古さを感じさせない素晴らしい仕上がりになっています。(30代男性)

日本語にすれば「ありのままに」や「なすがままに」と訳されるタイトルに込められた「想い」みたいのが、じんわりと伝わってくるような温かく優しい曲です。(40代女性)

メジャーな曲だけれど簡単な英単語が並べてあるの歌詞でこの歌を覚えていると英語の文法が覚えやすいように感じました。また何度も聞きたくなる曲です。(10代女性)

曲自体はピアノだけというとてもシンプルな構成でありながら世界中の人々を魅了するとても素敵な楽曲。歌詞も和訳してみるととても素敵だと思いました。(10代男性)

この曲はテレビのBGMとして使われていたのをきっかけに聞くようになりなした。歌詞が英語なので最初は意味が理解できませんでしたが、ゆったりとしたメロディーで歌われていてとても気持ちが安らぐのでおすすめです。(10代男性)

昔の曲ですが、テレビ等で流れるたびにメロディーが素敵だなと思います。英語が分からない為、歌詞の意味は理解できていませんが、素敵です。(40代女性)

ビートルズの解散間近の曲としても知られていますが、ポールマッカートニーのせつない気持ちもこの曲には込められている感じがして好きです。(40代男性)

ビートルズのレットイットビーはとても古い曲ですが、世界中の人から愛されている名曲だと思います。英語なので歌詞はもちろん分かりませんが、この曲を聞くと癒されて気持ちがホットします。私は小さい頃からエレクトーン&ピアノをずーっとやっていますが、この曲をエレクトーンで弾く時は、オーケストラバージョンやジャズバージョンやダンスバージョン等、その時の気分によって色々なアレンジで良く演奏しています。(30代女性)

この曲は海外ドラマ「glee」の中で使用されており好きになりました。ありのままに生きなさいという歌詞でとても勇気をもらえました。ぜひ一度聞いてみてください。(10代女性)

 

 

1票入ったThe Beatles(ビートルズ)おすすめの曲も紹介

 

The Beatles(ビートルズ) 「A Hard Day’s Night」

YouTube動画はこちら

The Beatles(ビートルズ)「A Hard Day’s Night」がおすすめの理由

わたしの人生でビートルズとの曲は数々ありますが、初恋はこの曲でした。この曲は子供の頃、【突然ガバチョ】という番組のテーマ曲でした。ノリがいい初期のビートルズらしい曲です。(40代女性)

 

 

The Beatles(ビートルズ) 「All My Loving」

YouTube動画はこちら

The Beatles(ビートルズ)「All My Loving」がおすすめの理由

Paulの初期の代表作の一つですが、ミドルテンポの美しいメロディに乗せて、明日には離れ離れになるけど僕な毎日手紙を書いて、君にすべての僕の愛情を送るよ、という歌詞が切なくてたまらなく好きです。この曲はあまり知られていないと思いますが、みんなに是非聴いてほしい一曲です。(40代男性)

 

 

The Beatles(ビートルズ) 「All you need is love」

YouTube動画はこちら

The Beatles(ビートルズ)「All you need is love」がおすすめの理由

私が小さい頃、フジテレビ系列(関西圏では8ch)でおそらく見てたと思いますが、ポンキッキーズがあり爆笑問題が鼠のコスチュームを来て様々な事に解決するという番組がありましたが、そのエンディングにAll you need is loveがかかっていたみたいでその当時はbeatles 事体を知らなかったので初めて点と点が繋がったのが中学生の学校の授業で知ったと思います。今でも良くbeatlesは聞きます。(20代男性)

 

 

The Beatles(ビートルズ) 「Because」

YouTube動画はこちら

The Beatles(ビートルズ)「Because」がおすすめの理由

ビートルズ最後のアルバム「アビーロード」に収録されている「ビコーズ」とにかくシンプルなジョン・レノンの歌詞が素晴らしい。メロディはベートヴェンのピアノソナタ月光のコードをジョン・レノンが逆さまにして作曲したもの。原曲は、ポール・マッカートニー、ジョージ・ハリスン、ジョン・レノンによるコーラスが美しい。(50代男性)

 

 

The Beatles(ビートルズ) 「Don’t Let Me Down」

YouTube動画はこちら

The Beatles(ビートルズ)「Don’t Let Me Down」がおすすめの理由

♪ドンレッミーダーン~で始まり、気だるそうな雰囲気がするのですが、歌詞の内容はこれまで誰も彼女のようにはしてくれなかったといったフレーズが出てきて、解釈を考えさせられる感じとなっています。the BEATLESの曲では佳作といえるでしょう。(30代女性)

 

 

The Beatles(ビートルズ) 「Drive My Car」

YouTube動画はこちら

The Beatles(ビートルズ)「Drive My Car」がおすすめの理由

何と言っても最初から最初まで一定のリズムなのが気持ちいい。特にジョージのギターソロはストラトキャスターらしくない音作りで、当時の音楽シーンに多大なる影響を与えたそうだ。(10代男性)

 

 

The Beatles(ビートルズ) 「Girl」

YouTube動画はこちら

The Beatles(ビートルズ)「Girl」がおすすめの理由

出だしから切なげな美しいメロディーラインとギターリフ。 わかりやすい転調とコーラスも絶妙で、とても心地良い曲。(40代女性)

 

 

The Beatles(ビートルズ) 「Here comes the sun」

YouTube動画はこちら

The Beatles(ビートルズ)「Here comes the sun」がおすすめの理由

冒頭のイントロが印象的なのと、辛い事があった時に聞いたりすると今は辛くてもいつかはまた良い事があると前向きになれるような曲だからです。(30代女性)

 

 

The Beatles(ビートルズ) 「Here, There And Everywhere」

YouTube動画はこちら

The Beatles(ビートルズ)「Here, There And Everywhere」がおすすめの理由

とても美しくてあたたかいメロディーラインで、ポールとジョンの歌の響きあいが本当に綺麗な曲です。あまり有名ではないのかもしれませんが、とても素晴らしい曲です。(30代女性)

 

 

The Beatles(ビートルズ) 「Hey Bulldog」

YouTube動画はこちら

The Beatles(ビートルズ)「Hey Bulldog」がおすすめの理由

シングルカットはされていないが、躍動感のある乗りのいい佳曲で隠れた名曲といえる。ジョンとポールの歌う姿もかっこいい。(50代男性)

 

 

The Beatles(ビートルズ) 「I saw her standing there」

YouTube動画はこちら

The Beatles(ビートルズ)「I saw her standing there」がおすすめの理由

これは昔から好きな曲です。どこか少し古い感じで、でも明るくテンポの良いところが過ぎです。4人が集まって歌う場面が特に好きです。(20代女性)

 

 

The Beatles(ビートルズ) 「i will」

YouTube動画はこちら

The Beatles(ビートルズ)「i will」がおすすめの理由

なんか切なくなるような、でもあったかい曲調が癖になる曲。 暖炉の前で聞きたくなる曲です。 頭に残りやすいメロディーです。(20代女性)

 

 

The Beatles(ビートルズ) 「Lady Madonna」

YouTube動画はこちら

The Beatles(ビートルズ)「Lady Madonna」がおすすめの理由

明るくノリの良いサビが何度も繰り返されます。一度聞いたら耳に残って、ついつい口ずさみたくなる曲です。(20代女性)

 

 

The Beatles(ビートルズ) 「Norwegian Wood」

YouTube動画はこちら

The Beatles(ビートルズ)「Norwegian Wood」がおすすめの理由

あの有名な村上春樹さんの小説の題名にもなった曲です。 聞いているとあの情景が浮かんできます。 聞いていて故郷に帰ってきたような、落ち着く曲です。(20代女性)

 

 

The Beatles(ビートルズ) 「Penny Lane」

YouTube動画はこちら

The Beatles(ビートルズ)「Penny Lane」がおすすめの理由

曲を流していて耳に心地よい音で、とても心がやすらぎ落ち着く感じがします。雨の日の読書のBGMなどにぴったりの曲です。(40代女性)

 

 

The Beatles(ビートルズ) 「Please Mr. Postman」

YouTube動画はこちら

The Beatles(ビートルズ)「Please Mr. Postman」がおすすめの理由

歌詞がストーリーのようになっていてその雰囲気が私は好きです。好きな人を待っている時に昔の人はこんな気持ちだったんだなあと、思えます。(10代女性)

 

 

The Beatles(ビートルズ) 「Please Please Me」

YouTube動画はこちら

The Beatles(ビートルズ)「Please Please Me」がおすすめの理由

ビートルズ初期の軽快な歌です。歌詞も重たくないので軽い気分で聴けます。また、高音のハモリが最高です。途中の速い歌詞の部分は歌い切れるとちょっとカッコイイので、聴くのにも歌うのにも適した曲です。(20代男性)

 

 

The Beatles(ビートルズ) 「Revolution 9」

YouTube動画はこちら

The Beatles(ビートルズ)「Revolution 9」がおすすめの理由

一度聞いたら忘れられないほど中毒性があって魅力的な曲だからです。ナンバーナインという歌詞が頭から離れません。(20代女性)

 

 

The Beatles(ビートルズ) 「The Fool on the Hill」

YouTube動画はこちら

The Beatles(ビートルズ)「The Fool on the Hill」がおすすめの理由

何といっても、メロディーが親しみやすく出来ていて、英語の歌詞でも 当時、中学生でしたが歌えた記憶があります。覚えやすいと思いますので、おすすめです。(40代男性)

 

 

The Beatles(ビートルズ) 「Tomorrow Never Knows」

YouTube動画はこちら

The Beatles(ビートルズ)「Tomorrow Never Knows」がおすすめの理由

かなりサイケなサウンドで、ビートルズ中期の代表曲です。この曲はジョン・レノンがインド音楽にかなり感化されて作ったものだったり、サンプリングやエフェクトが駆使されていたりとするんですが、ビートルズの中でもサイケデリックの部分が全面に押し出された曲です。(50代男性)

 

 

The Beatles(ビートルズ) 「When I’m 64」

YouTube動画はこちら

The Beatles(ビートルズ)「When I’m 64」がおすすめの理由

たとえ髪がなくなっても愛してくれてるのかと64歳の時の彼女との二人の幸せな暮らしを想像する微笑ましい歌詞が素敵です。(50代女性)

 

 

タイトルとURLをコピーしました