家族で観たい!ファミリー映画おすすめ100選

スポンサーリンク

Contents

スポンサーリンク

ファミリー映画おすすめ100選

映画好きの方におすすめのファミリー映画をお聞きしまとめました。家族みんなで観たい映画揃いです。ぜひ映画鑑賞の参考にしてみてください。

1.ホームアローン

ファミリー映画「ホームアローン」がおすすめの理由

主人と始めてみた映画でした!元々主人が好きな映画の1つで思い入れがあり、私も紹介してもらってから、何回も見ています。毎回見るたびに感動してしまいます。涙もでてくることもあります。再放送があったりすると録画までしてみたい映画です!(20代女性)

世界中で人気のアメリカのコメディ・ファミリー映画、ホームアローンの第一弾です。個人的にはこのシリーズの中でいちばんおもしろいと思います。初めて見たのは小学生の時だったかと思いますが、家族全員で見てとても笑った記憶があります。大人になった今は、いつか自分の子供と一緒に見たいと思います。(20代男性)

旅行に置いてかれた子供がお留守番をするのですが、泥棒との攻防戦がとても面白いです。子供が良くこんな事思いつくな~という発想力も見所です。泥棒も泥棒と言う感じではないのでコミカルで面白おかしく見ることが出来ます。(20代男性)

家に一人きりの子供が、他の家族がいない隙を見計らって侵入してくる強盗を、罠にはめたりおちょくったりしながら撃退するほっこりとする映画。最後の最後には家族と無事会うことができ、家族で見ても友達と見ても楽しむことができる映画。(20代男性)

小さい子供が家族に置いていかれて、家にひとりになってしたい、そこに泥棒の男ふたりがやってきて数日間かけて生死をかけた戦いをする。いろいろなアイデアを考え出し、男2人から逃げ戦い、最終的には勝ち、家族とも出会って心温まるストーリー(10代男性)

主人公のちいさな男の子がひとり家に残されたまま家族は旅行に行ってしまう。一人で何もできなかった少年が一人でなんでもできるようになる。少年は家族なんていなくなってしまえばいいと言っては見たものの、実際にいなくなってみてはじめて気づくことがあった。クリスマスにみたくなる、あたたかい映画です。(20代女性)

 

 

2.怪盗グルーのミニオン大脱走

ファミリー映画「怪盗グルーのミニオン大脱走」がおすすめの理由

肩パットとルービックキューブ、そして、マイケルジャクソンの音楽。80年代の音楽が次々と流れてきて、その世代の人は懐かしいと思う。私には古臭かった。悪役の設定は完璧で、下手なダンスと台詞にイライラした。(30代女性)

子供のアニメと思っていたが、大人が見ても映像・音楽・ストーリーすべて面白い。序盤から懐かしい歌が流れたりして親が引き込まれる。ミニオンも可愛いが、わかりやすい悪役がいいキャラクターだ。親子愛も描かれていて、家族で観るのにピッタリの映画だと思う。(30代女性)

ミニオンたちの動き、声、一人ひとりの目つき等など。どれを取っても実在する生き物のような現実感があり、家族の一員として共に過ごしたいと思わせてくれ、元気や楽しさをプレゼントしてもらえるので、ファミリーでそろってでの鑑賞をオススメしたいです。(40代男性)

 

 

3.ALWAYS 三丁目の夕日

ファミリー映画「ALWAYS 三丁目の夕日」がおすすめの理由

日本の古き良き時代、昭和の東京を舞台にした作品です。私は平成生まれですが、この映画は全シリーズ涙が止まりませんでした。あんなに号泣した映画はこの作品が最初で最後です。人のあたたかさや家族のありがたさがよく描かれていると思います。映画を見た後は心が洗われたような気分になりました。(20代女性)

私は昭和生まれではなく、この映画の時代を実際には知らないのですが、見ていて懐かしく、なんだか切ない気持ちになる映画です。最近はこういったファミリー映画が少ない気がしますので、昭和を知らない若い世代や子供たちにも見てほしい映画です。本当に心があたたまる作品です。(20代男性)

昭和30年代の東京下町を舞台にした、自動車修理工場の一家と小説家一家を中心としたハートフル・ストーリーです。 いつの時代も人の営みは変わらない。昭和を知る人も知らない人も、心が温まること請け合いでしょう。 このシリーズは三作すべておすすめです。(20代女性)

 

 

4.SING

ファミリー映画「SING」がおすすめの理由

ストーリーも面白く、なによりsingというタイトルだけあって歌が非常に良い。サムスミスなどの有名な歌手が歌っていて、大人でも楽しめる内容。かつ、ストーリーが面白く絵も非常に可愛らしいので子供も面白く感じるのでは。(30代女性)

ありがちな展開かもしれないがストーリーが面白いです。そして何よりも歌と曲が良い。出て来るキャラクターは動物たちだが、あの有名な曲を動物たちが熱唱している様がとても面白い。ハッピーエンドとわかっていても最後まで楽しんで見られる映画です。(20代女性)

 

 

5.ペット

ファミリー映画「ペット」がおすすめの理由

外出先からカメラを通し、家の中を見られるようになった。それまでは、ペットが何をしているのか知りたくて仕方なかった。あの時のワクワクをもう一度味わいたくて、この作品を何度も観る。動物の毛質が本物そっくり。(30代女性)

人間に飼われているペットたちの物語。室内で飼われているきれいな犬や猫、路上にいる野良犬、ミニブタなどいろんな動物たちが幅広く登場する。動物たちの表情が細かくてついよく見てしまう。かわいいのはもちろんですが、ペットを飼う意味やペットと過ごす時間など様々なことを考えさせられたので、ペットを飼っている人にはぜひ一度見ていただきたい作品です。(20代女性)

 

 

6.ミセス・ダウト

ファミリー映画「ミセス・ダウト」がおすすめの理由

子煩悩な主人公が離婚を機に子供に会えなくなってしまう。子供を思うあまり、老婆に変装して家政婦として家に潜り込むことにより ドタバタが巻き起こるホームコメディ映画です。主人公は常に子供を笑わせたり、楽しませることに一生懸命でとてもすてきだと思います。(30代女性)

「両親と子どもは一緒に暮すものだ」という固定観念や慣習にとらわれない、ちょっと変わった家族愛をコミカルに描いているところが好きです。離婚という問題を扱いながらも物語は終始明るく、「こういう家族の形もあるんだな」と考えさせてくれる作品です。最後はハッピーエンドで幕を閉じるので、モヤモヤした気持ちを残さずに、素直な気持ちで観られるところも高評価です。(30代男性)

 

 

7.6才のボクが、大人になるまで。

ファミリー映画「6才のボクが、大人になるまで。」がおすすめの理由

リチャード・リンクレイター脚本・監督の本作は、12年間主要キャストが同じで、年に1週間撮影を進めたそうです。その長期にわたって培った、実の家族のような結束が見事に成功した作品だと思います。いろいろなことがあって悩み、傷つき、もがいても、家族を思う気持ちだけは変わらない。親から子へ、子から親への眼差しがとても優しくてリアルな、傑作です。(40代女性)

主演から脇役の全員を、実際に12年かけて撮影した家族のストーリー。 6歳の少年を取り巻く家族に起こるいろいろな事象をリアルに描き出した傑作です。女性目線で見ると、メイソンの母が、離婚再婚を繰り返しながら、勉強し大学教授になって身を立てて行くところも興味深かったです。なんせ男がろくでなしばかりで、男見る目がないな、と思いながらも、息子が大学を卒業するラストのほう、自分の人生を思い返して涙するシーンに自分の将来を重ねてしまいました。(40代女性)

 

 

8.海街diary

ファミリー映画「海街diary」がおすすめの理由

父親を亡くした三姉妹の元に腹違いの妹が現れ、一つ屋根の下で暮らすことになった一年間の物語です。 姉妹4人には4人なりの悩みがあり、衝突しながらも仲を深めていく様は、家族の大切さを再確認させてくれます。 舞台となった鎌倉の景色が美しく、鎌倉へ旅行に出かけてみたくなります。(20代女性)

姉妹の複雑な関係性が家族ならではの難しさを実感させてくれる作品です。広瀬すずさんの幼くて可愛い演技が見られるのでオススメです。4人姉妹を見ていると誰かのどこかに共感できる部分が必ずあり、感情移入しやすいと思います。(20代女性)

 

 

9.ポーラー・エクスプレス

ファミリー映画「ポーラー・エクスプレス」がおすすめの理由

映像の美しさ、ファンタジー要素の強い物語性とありますが、少し大きくなりサンタクロースを信じなくなりつつあるような年令の子供にも観てほしいです。トム・ハンクスが子供に原作の絵本を読み聞かせしていて、映画化の企画を持ち込んだそうで。大人も楽しめるかと思います。(30代女性)

この映画はクリスマスの話なのでクリスマスの季節に見ると更に良いです。子供のピュアな心を忘れてはいけないなと思える映画で大人も子供の頃の心に戻れる映画です。大人になって純粋さを忘れてしまったなと思った時にみると心が癒されます。(20代女性)

 

 

10.スチュアート・リトル

ファミリー映画「スチュアート・リトル」がおすすめの理由

ニューヨークの郊外に暮らす平均的な夫婦が、一人息子ジョージのために弟を養子に迎えようと施設を訪れたところ、なぜか一匹の白いネズミ、スチュアートを連れ帰り、ジョージの弟として迎え入れる、という始まり方で、面白かったです。スチュアートが、すでにペットとして飼われていた猫に食べられかけたり、ジョージとは少しずつ心を通わせるようになったりと、コメディパートとジーンとするパートと調和が取れています。(30代女性)

主人公のねずみのスチュアートは孤児院から連れてこられた養子だ。この異色の設定から興味を惹かれた。スチュアートは明るく表情豊かで、まるで人間のようで愛らしい。彼とリトル家の本物の家族になるまでを、ユーモラスに描いている。(20代女性)

 

 

11.魔女の宅急便

ファミリー映画「魔女の宅急便」がおすすめの理由

立派な魔女を目指す主人公のキキの姿が、就職して社会人になりたてだった自分を思い出して感情移入してより物語に入り込めたからです。 13歳の女の子が大人と一緒に必死に頑張っている姿に胸を打たれ、時には涙が出そうになりました。 おそらくこの作品は子供と大人で見え方が変わる作品なのではないかと思うので、子供の頃には見たけどそれきりという方々にこそおすすめしたいです。(20代男性)

主人公のキキは13歳という若さで魔女になる道を選び黒猫のジジと都会へ行くのですが、自分がキキと同い年の時に夢があっただろうかと考えたり、大人に混じって仕事を頑張るキキを思わず応援したくなったり、何かとキキを始め登場人物に感情移入出来るのが面白いです。(20代男性)

 

 

12.ルパン三世 カリオストロの城

ファミリー映画「ルパン三世 カリオストロの城」がおすすめの理由

セリフを暗記するほど何度も観た大好きな映画だが、何年かぶりに観たところ思いがけないほど感動して涙が出てきた。若い頃には素直にいいと思えなかったヒロインのありえないまっすぐさが眩しい。主役級の色あせない魅力はもちろん、日本の警察の地味なかっこよさにもしびれた。(40代女性)

宮崎駿が手がけたルパン三世ということもあって、雰囲気がどことなくジブリ映画に似ています。 キャラも若干コミカルな動きや表情をするので従来のルパンとは一味違う雰囲気が楽しめます。 またルパンにしては珍しく大人向けのシーンが無い為、子供と見るのにも適しています。(20代男性)

 

 

13.ショーシャンクの空に

ファミリー映画「ショーシャンクの空に」がおすすめの理由

文句なしの名作です。理不尽な冤罪により収監されてしまった主人公。そこで知り合った受刑者たちとともに、どんな状況の中であっても絶望せずに希望を持って懸命に生き抜くことの素晴らしさを教えてくれます。最後のシーンはかなり泣けます。(30代女性)

無実の罪で終身刑を言い渡された心優しい大男さんのお話。 収監された刑務所内で起こる様々な出来事により、担当刑務官は彼を信じ始めようとする… 様々な人間模様を描いたヒューマンドラマ。何度も見たくなる。そんな映画です。(30代女性)

 

 

14.ナイトメア・ビフォア・クリスマス

ファミリー映画「ナイトメア・ビフォア・クリスマス」がおすすめの理由

ストップアニメーションで製作されているのに繊細でユーモアのある作品です。 一見ホラーに見えますが全く怖くなく、家族で観賞できます。 ハロウィンの時期になると一部の映画館で3D上映されるのでこれも必見です。(20代女性)

ハロウィンとクリスマス、両方を楽しめるのはこの作品くらいだと思います。そして、ドイツ語もお勧めです。ドイツ語で驚きを表現する言葉「ナヌー」がたくさん出てきて、子供が喜んで歌っていました。あの独特の世界観は何年たっても色褪せないですね。(30代女性)

 

 

15.インサイドヘッド

ファミリー映画「インサイドヘッド」がおすすめの理由

ディズニー映画なので明るい感じかと思っていましたが、意外としんみりする場面が多いんですが、誰しも経験したことのある寂しい気持ち、切ない気持ちに共感できました。クスッと笑える場面もあり、最後はとても温かい気分になれます。(30代女性)

 

 

16.カラー・オブ・ハート

ファミリー映画「カラー・オブ・ハート」がおすすめの理由

一見、だだのファミリー映画と思いきや、様々な社会問題や社会批判を含んでおり、現代アメリカの問題を映画と言う観点から切り込んだ作品であるため、大変面白いと思った。 また、今は大変有名な俳優・女優となった主演陣の演技にも注目である。(30代女性)

 

 

17.きな子 見習い警察犬

ファミリー映画「きな子 見習い警察犬」がおすすめの理由

見習い警察犬を愛情を込めて育てる一人の女性、朝早くから、夜遅くまで、愛情がなければでったいにできることでは無いと思います。 しかし、警察犬に合格というのは相当厳しいものであり、何度も失敗をして、最後はもうダメだと挫折して、女性は帰郷してしまうのですが、その女性を訪ねて訓練校の少女が、きな子と一緒に女性に会いに行きます。ところがその途中で、嵐が起こり、少女が行方不明になってしまうのです。それをまだ警察犬にはなってないきな子が、その女性と一緒に訓練校の少女を探し出すという何とも言えない、人と犬との愛情物語です。(60代男性)

 

 

18.グーニーズ

ファミリー映画「グーニーズ」がおすすめの理由

子供たちの冒険映画が大好きなのです。土地開発により生まれ育った町を出て行かなくなった家族。屋根裏部屋で見つけた宝の地図を元に冒険するぞ。 当時のスピルバーグらしい細かな仕掛け満載であきさせない。アクションとホラー風味とガジェットあとちょっと色気。冒険に必要な展開が詰まってる!。(40代男性)

 

 

19.サバイバルファミリー

ファミリー映画「サバイバルファミリー」がおすすめの理由

あたりまえの日常生活に、電気やガスなどのインフラが無くなったら、家族はどうなるか? 観終わったら、大事な家族会議ができます。映画の中の話しですが、災害は突然やってくるものです。他人事には思えない家族のお話、一度は観てほしいのでお勧めします。(30代女性)

 

 

20.しあわせのパン

ファミリー映画「しあわせのパン」がおすすめの理由

疲れたときやストレスが溜まっているときでも、のんびりした優しい気持ちにしてくれます。綺麗な風景やゆったりと流れる時間、人の優しさが思い出せて、見終わった後に気持ちいいため息が出る映画です。リラックスできるところが最高だと思いました。(40代女性)

 

 

21.ジャングル・ブック

ファミリー映画「ジャングル・ブック」がおすすめの理由

ファミリー映画として気楽に見れる作品です。ストーリーも分かりやすく、何より映像がきれいで、CGで描かれた動物たちに癒されます。突っ込みどころもありますが、大人が見ても、ジャングルでの主人公の知恵と成長に考えさせられる作品です。(20代女性)

 

 

22.ダンサーインザダーク

ファミリー映画「ダンサーインザダーク」がおすすめの理由

色々なことがありすぎて、途中で観ていられないと思うほど辛い場面もありましたが、子を持つ母の思いに涙が止まりません。子を持っていない人がでも感情移入でき る、素晴らしい作品です。泣いてスッキリしたいという人にはオススメですが、終わってからぐったりする可能性もあります。(40代女性)

 

 

23.トイ・ストーリー

ファミリー映画「トイ・ストーリー」がおすすめの理由

子供の頃にピクサー映画をよく見ていましたが、この作品を一番見ていました。個人的に一番好きなキャラはグリーンアーミーメンです。大きさがとても小さく、家の隙間などに潜入して行く姿がとても面白くワクワクしながら見ていました。(20代男性)

 

 

24.ドライビング Miss デイジー

ファミリー映画「ドライビング Miss デイジー」がおすすめの理由

主人公の老女デイジー(ジェシカ・タンディ)と、初老のベテラン黒人運転手ホーク(モーガン・フリーマン)との友情を描いた心温まる作品。長年勤めた教職を退いた未亡人のデイジーは、運転中にあやうく大事故を引き起こしかけ、息子のブーリーは、母の身を案じ、専用の運転手を雇うことにした。誇り高いデイジーが黒人運転手ホークの温かい人柄で心を通わせるようになる姿がモーガン・フリーマンのいぶし銀の演技で描かれている。(60代男性)

 

 

25.ドリーム

ファミリー映画「ドリーム」がおすすめの理由

NASAを支えた3人の黒人女性の奮闘を描いた本作は、働く女性やワーキングマザーにぜひ観てほしいと思う。差別や偏見と闘いながらも、力強くたくましく知恵を働かせて生きていく姿に女性はみな勇気づけられるはず。(20代女性)

 

 

26.パディントン

ファミリー映画「パディントン」がおすすめの理由

イギリスとフランスが共同製作した作品で、映画内の街並みなどを見ているとまるで海外旅行に行ったような気分になれます。主人公パディントンは少しリアルな熊ですが、とても愛くるしいです。子供でも見やすいと思いますので、家族みんなで楽しめる映画です。(20代男性)

 

 

27.ピンポン

ファミリー映画「ピンポン」がおすすめの理由

今から15年程前の映画です。何度も繰り返し見て内容も把握していますが、今でも新しく感じ、見るたびわくわくし、しばらくするとまた見たくなる映画です。原作は漫画ですが、映画のストーリーは見ていて違和感なく、またスピード感もあり、元気をもらえます。キャストやストーリーはもちろんですが、バックに流れる音楽も爽快で、大音量、大画面で観たいおすすめの映画です。(40代女性)

 

 

28.ベートーベン

ファミリー映画「ベートーベン」がおすすめの理由

一人で見るのも良いですが、お子さんと見るのがおすすめです。犬を飼うところから始まり犬と共に成長する過程に入り込んでしまいます。そして犬の優しさ、人間の優しさが所々で垣間見え、とても温かい気分になれます。(30代女性)

 

 

29.ホーンテッドマンション

ファミリー映画「ホーンテッドマンション」がおすすめの理由

ホラー映画なのですが子供でも見ることのできるレベルのホラーなのであんまり得意ではないという方も見れる。キャラクターが一人ひとりとても個性的で見ていて素直に楽しめるし、感動シーンや笑えるシーンも存在するので何見ようかなと悩んでいる方はこれを見れば全部楽しめる。(20代女性)

 

 

30.マジンガーZ INFINITY

ファミリー映画「マジンガーZ INFINITY」がおすすめの理由

日曜日の夜7時からテレビの前に正座して「マジンガーZ」を毎週欠かさず観ていた世代にとってこれほど心躍る映画はありません。中年からも卒業しようとしている世代のすべての男性に”正義”とは何か?熱い忘れかけていた熱さを必ず呼び起こしてくれます。(50代男性)

 

 

31.もしも昨日が選べたら

ファミリー映画「もしも昨日が選べたら」がおすすめの理由

人生を早送り出来るリモコンを手に入れた男が人生を早送りしてして、家族の大切さや自分が何か大切なのかに気づいていく物語。最後は涙が出ました。日々の毎日がかけがえのない大切な日々であることに気付かされます。早送りしていい時間なんてありません。(30代女性)

 

 

32.ラスト・ソング

ファミリー映画「ラスト・ソング」がおすすめの理由

両親が離婚した時に、不安定になり周囲に当たっていた自分を思い出した。ロニーも最初は怒ってばかりいたが、ウィルとの出会いによって次第に自分を取り戻していく。家族愛が描かれた感動する映画。年頃の女の子って本当に面倒。(30代女性)

 

 

33.ラブ・アクチュアリー

ファミリー映画「ラブ・アクチュアリー」がおすすめの理由

様々なかたちの恋愛を、グランドホテル形式という手法で撮った作品。登場人物同士が緩やかなかたちで繋がっており(たとえば、アパートの隣人や仕事現場の同僚など)、見ていて大変楽しい。登場人物すべてがハッピーエンドとなるわけではないが、人の温かさを感じられる映画であるため、おすすめである。(30代女性)

 

 

34.宇宙人ポール

ファミリー映画「宇宙人ポール」がおすすめの理由

「エイリアン」という映画で有名なシガニー・ウィーバーが出演しているこの映画。SFオタクの青年二人組が下品な宇宙人と出会い、追手から逃れながらもドタバタ旅を繰り広げる内容です。アメリカンコメディ特有のキツい下ネタが含まれますが、ハートフルで楽しい内容となっていますので、同性同士の友達と見るととくに楽しめるのではないかと思います。(30代女性)

 

 

35.仮面ライダー平成ジェネレーションズ FINAL ビルド&エグゼイドwithレジェンドライダー

ファミリー映画「仮面ライダー平成ジェネレーションズ FINAL ビルド&エグゼイドwithレジェンドライダー」がおすすめの理由

この映画は今テレビで放送されている仮面ライダービルドだけでなく平成のレジェンドライダーが出演していてその中に、福士蒼汰も仮面ライダーフォーゼとして出演しています。映画を見て福士蒼汰が出てくると回りにいる奥様方がオーと声をあげるほどです。それだけオーラがあります。(30代女性)

 

 

36.岳ガク

ファミリー映画「岳ガク」がおすすめの理由

山の素晴らしさだけでなく怖さなども現実を忠実に表現しているだけでなく、家族愛などにも触れている映画のため、家族で登山に行く前に子どもと一緒に見るとより一層注意を払いながら楽しい山登りが出来るのでおすすめです。(20代女性)

 

 

37.泣きたいときのクスリ

ファミリー映画「泣きたいときのクスリ」がおすすめの理由

お話し的にも絵的にもフラットな印象のせいか、若干、辛い目の評価に なってしまいますが、泣くことについて気付かされる作品です。 多くの人は、泣きたくても、感情にまかせて泣くことができる機会は 多くないと思います。意地はなくても人前で泣くことに抵抗がありますし、 気持ちの整理ができず何で泣けないのかわからないこともあるかもしれ ません。 辛い評価といいながらも、おすすめするのは、たぶん、自分を含め 泣けない人たちに、このあたりに対する思い当たるところを発見できる かもしれないからです。(50代男性)

 

 

38.劇場アニメ忍たま乱太郎 忍術学園 全員出動!の段

ファミリー映画「劇場アニメ忍たま乱太郎 忍術学園 全員出動!の段」がおすすめの理由

長寿アニメの劇場版。 アニメではありますが作画、シナリオ秀逸です。 忍者の役割や戦術などがコミカルな中にもしっかりと、なおかつさらりと描かれていてストレスになりません。 子供は何だかわからにけれど楽しい。大人は戦術や忍者のアクションもちゃんと楽しめる作品なので、好き嫌いなしで一度見ていただきたい。(30代女性)

 

 

39.鋼の錬金術師 シャンバラを征く者

ファミリー映画「鋼の錬金術師 シャンバラを征く者」がおすすめの理由

原作とは異なる終わり方をしたアニメの後日談を描いた映画です。 弟を蘇らせる為に自らの魂を犠牲にした兄のエドワードは自分の住んでいた世界とは異なる世界に飛ばされてしまい帰れない状態であった。 弟のアルフォンスも兄を探す旅に出るが、そこで巨大な組織の陰謀が兄弟を襲う話です。(20代男性)

 

 

40.最高の人生のつくり方

ファミリー映画「最高の人生のつくり方」がおすすめの理由

マイケル・ダグラス・ダイアン・キートン演じる熟年男女と、疎遠になっていた息子から突然預かる事になった10歳の孫娘が主軸になり、大人の恋愛、家族、パートナー、友など、熟年カップルのラブストーリーだけでは収まらない沢山の要素が詰まった、素敵なファミリーラブストーリーです。 親子の絆や、死別したパートナーへの思いなど、ファミリー映画で扱われたら悲しく重いタッチになりそうな題材も、クスッと笑えるテイストに作り上げています。 ホンワカした気持ちになれる作品でした。見終わって、人は絶対に一人では生きていけないんだなとつくづく思った私でした。(40代女性)

 

 

41.西の魔女が死んだ

ファミリー映画「西の魔女が死んだ」がおすすめの理由

この映画は梨木香歩著「西の魔女が死んだ」を原作としている。梨木香歩の小説は、特に少女の描写が繊細で、優しく、まるで柔らかいガーゼに包まれているような、でも強くまっすぐな眼差しに惹かれてよく選びます。今回の「西の魔女が死んだ」は梨木香歩デビュー作をもとにした実写映画ですが、鑑賞前はこの世界観がちゃんと表現されているのかと確認のつもりで観ました。 映画の冒頭、祖母の危篤を知らされ、母とともに祖母のもとへ向かう。中学生の「まい」は車中で祖母と過ごした日々を回想する。 中学に入って間もなく、学校の友だちと馴染めなくなり、まいは母へ学校へは行かない事を宣言する、困った母は「西の魔女」と呼ぶ祖母のもとへまいを暫くの間預けることにした。そこでまいは「魔女の修行」の手ほどきを受ける。しかし、修行といっても杖を振ったり、呪文を唱えて派手な煙やなんやらが出てくることはない、朝起きたらベットメイキングをし、朝食を食べ、庭仕事をする、そして夜更かしせずにしっかりと眠るのだ。水をまいたラベンダーにシーツを広げ香りを移したり、木苺を摘みジャムを作ったり…時には理不尽なことに腹を立て、祖母に当たるまい。しかし祖母はやさしくまいをなだめる。これも魔女の修行だと。 主人公のまいは中学生だが、大人の女性にぜひ観て欲しい作品です。 美しい庭の景色と丁寧な暮らしの描写、社会に疲れたとき、きっとこの映画を見ると少女だった頃を思い出し、ちょっぴり優しく、元気になれる映画です。(20代女性)

 

 

42.東京タワー オカンとボクと、時々、オトン

ファミリー映画「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」がおすすめの理由

おっとりしながらも女手ひとつで息子を育て上げた母親によって才能を開花させた途端、ガンが見つかるところが切ないです。誰にでも起こりうる最期を、淡々とではありますが真正面から伝えている映画だと思います。破天荒な父親を、母親が受け入れている場面に夫婦の奥深さを感じました。(30代女性)

 

 

43.湯を沸かすほどの熱い愛

ファミリー映画「湯を沸かすほどの熱い愛」がおすすめの理由

血のつながりは関係なく、人は人を愛することができると思えた作品です。 親子役を演じた宮沢りえさんと杉咲花さんの演技にも本当に圧倒されました。 特に死の間際の宮沢さんのいろいろな覚悟をにじませた顔が印象に残っています。お節介に人を愛し、そして愛され、幸せを作っていける強い女性に私もなりたいと思いました。(30代女性)

 

 

44.魔法にかけられて

ファミリー映画「魔法にかけられて」がおすすめの理由

絵本の中から飛び出してきたお姫様。ミュージカル調で進んでいくが、どの曲もかわいくて耳に残るグッドミュージック。ディズニーらしさはたっぷりあるが、実写版というのが斬新。大人が見ても子供が見ても楽しめる作品だと思う。(20代女性)

 

 

45.COCO

ファミリー映画「COCO」がおすすめの理由

日本では3月公開のこの作品ですが、久しぶりに出てきたピクサーの傑作だと思います。音楽も良く、映像も良く、またストーリーがしっかりしていて涙しました。すでにゴールデングローブ賞なども取っておりかなり注目を得ている作品です。(20代女性)

 

 

46.ファミリー

ファミリー映画「ファミリー」がおすすめの理由

実話を元に作られた映画です。ガンに冒された母親が、自分が生きている間に10人の子どもの里親を探す話です。親子・兄弟の家族愛を強く感じ、子どもを手放さなければならない父親の無念さ、里親の気持ちも描かれている、見ていて涙が止まらない感動の作品です。(40代女性)

 

 

47.僕のワンダフルライフ

ファミリー映画「僕のワンダフルライフ」がおすすめの理由

犬を題材にした映画ですが、犬の目線で描かれているのが新しいなと思いました。犬もただの動物ではなく、人間と共に生きる生き物として、目的を持って生きているのだと考えさせられ、自分のペットをもっと大切にしようと思えます。涙が止まらないです。(20代女性)

 

 

48.マライア・キャリー クリスマスにほしいもの

ファミリー映画「マライア・キャリー クリスマスにほしいもの」がおすすめの理由

ご存じマライア・キャリーの大ヒット曲『恋人たちのクリスマス』をモチーフに書かれた絵本をアニメ化したもので、マライア自身が総指揮をとった映画。まず、アニメがとても可愛くて3Dのように立体感があり動きもとても柔軟なので見ていて疲れません。ワンパクな仔犬とマライアがだんだんと心を通わせていくストーリーがとても微笑ましく、またマライアを取り巻く周囲の人たちが個性的で楽しく心の温かい人ばかりで、見ている側の気持ちもとても穏やかになります。子供さんだけでなく大人にも勧められる映画です。私は英語の学習のために取り組みやすい子供向けのこの映画を視聴したのですが、ストーリーの面白さに何度も見てしまいました。英語もほんの少しだけ上達したような気がします。(50代女性)

 

 

49.ギフテッド

ファミリー映画「ギフテッド」がおすすめの理由

かなり泣きました。フランクがメアリーを思う気持ちが優しくて。子供というより対等に接しているのがすごいなと。メアリーには普通の生活をさせてあげたくて友達や恋愛とかお姉ちゃんが出来なかった事をさせてあげたかったんだなーと。(40代女性)

 

 

50.カンフー・パンダ

ファミリー映画「カンフー・パンダ」がおすすめの理由

主人公のパンダのポーとお師匠であるシーフーとの特訓のシーンが個人的に一番好きなシーンです。小籠包を修行の最後に食べていいと言われシーフーから見事に奪ったあの組手のシーンはよく作られていると思いました。(20代男性)

 

 

51.ちょっと今から仕事やめてくる

ファミリー映画「ちょっと今から仕事やめてくる」がおすすめの理由

この映画は、現代の日本の社会のあり方について考えさせられる内容になっています。主人公は、よく考えずに入ったブラック企業の会社で仕事に追われる日々に辛くなり、ホームから飛び降りようとしたところ、不思議な男と出会い、助けられます。その後、仕事と自分の命のどちらが大事なのかを気付かされ、自分や自分のことを思ってくれている人のために生きようと決めます。この映画を観て、是非今の社会のあり方について考えてみてもらいたいと思ったからです。(10代男性)

 

 

52.カーズクロスロード

ファミリー映画「カーズクロスロード」がおすすめの理由

ファミリー向けのカーズ、 1作目から3作目まで出ました! 毎回何かしら時々笑いあり、突っ込みたくなるようなこともあり、ヒヤヒヤしながら観てましたが、 今回の3作目となる カーズクロスロードは主人公のマックインが、 引退するしないの話だったのですが、 1話から観てたこともあり感動と涙で、凄くよかったなと思いました。 主人公の辛い気持ちが伝わってきて 現実味のある感覚になってしまい共感させられる部分もあり本当にオススメだなぁと思いました。(20代女性)

 

 

53.アダムスファミリー

ファミリー映画「アダムスファミリー」がおすすめの理由

ホラー映画が好きな人にはオススメです。驚かされるような場面はないのでホラーが苦手な方でも怖がらずに見られると思います。私達の世界では起こり得ない様々な出来事が起こります。薄気味悪さが終始続きますが、見終わったあとはなぜか見てよかったと思えると思います。また音楽は特に素晴らしいです。キャラクターと相まって薄気味悪く聞こえるかもしれませんが音楽単体で聞いても良いと思えます。(20代女性)

 

 

54.美女と野獣

ファミリー映画「美女と野獣」がおすすめの理由

字幕版も吹替版も見ました。原作を知っていても楽しめました。主役のエマ・ワトソンがとてもきれいで、凛とした顔立ちや丁寧な仕草はキャラクターによくあっていました。美女と野獣といえば曲が良いことでも知られていますが、今回吹替版も豪華すぎるメンバーで聞き入ってしまいました。期待を裏切らない作品に久しぶりに出会いました。全世界の人にオススメします。(20代女性)

 

 

55.モアナと伝説の海

ファミリー映画「モアナと伝説の海」がおすすめの理由

モアナと伝説の海は、生まれつき海を愛し、海に愛される少女モアナという女の子がいて、ある日、女神テフィティのハートが奪われてしまい、少女モアナがいる村は、魚などが取れなくなり生活をすることが困難になります。そこで、モアナという少女は、女神テフィティのハートを届けに、伝説の男マウイと共に、船で女神テフィティがいる場所に向かう途中に、色んな敵と戦い、無事に女神テフィティにハートを届けて、幸せな村に戻るという物語です。この映画は、モアナとマウイの友情や歌が流れたり、感動する場面などが描かれていて、家族みんなで、楽しめる映画でした。(20代女性)

 

 

56.ツレがうつになりまして。

ファミリー映画「ツレがうつになりまして。」がおすすめの理由

細川貂々の同盟コミックエッセイを映画化したものなので、ファンなら絶対楽しめる。主演の堺雅人による「ツレ」は、そのダメっぷりが清々しいほどの名演技。自分を一切かっこよくみせようとしない徹底さに、ここまでやるとはと尊敬の思いすら抱いた。(40代女性)

 

 

57.あと1センチの恋

ファミリー映画「あと1センチの恋」がおすすめの理由

幼なじみで友達のような関係だからこそ本音をいえない2人の距離感がとてももどかしいです。お互いに違うパートナーと結婚するもうまくいかず、改めて主人公同士がお互い好き同士であることに気づくが、結婚や出産を終えた後で気づいたとしてもお互いには背負っている物があり、過去に戻れたらうまくやり直せるのにと何度も思いました。この映画は、その時その時で自分の気持ちに素直になることの大切さや後悔をしない決断をすることの大切さを教えてくれ、一歩踏み出す勇気をくれました。(20代女性)

 

 

58.I LOVE スヌーピー THE PEANUTS MOVIE

ファミリー映画「I LOVE スヌーピー THE PEANUTS MOVIE」がおすすめの理由

CGによってスヌーピーがフワフワになり、さらに犬らしくなって魅力が上がりました。画面の中で飛び跳ねる姿や、チャーリーとのやりとりに心が和みます。子供らしい恋の話もたまには良いですね。スヌーピーを知る良いきっかけになりました。(30代女性)

 

 

59.映画プリキュアオールスターズ みんなで歌う 奇跡の魔法!

ファミリー映画「映画プリキュアオールスターズ みんなで歌う 奇跡の魔法!」がおすすめの理由

姪っ子が見たいというので連れて行ったのですが、キャラや世界観がわからない私でもプリキュアの世界が面白いなと感じました。 女の子が徒手空拳で敵をなぎ倒すのはともかく、悪いことはしてはいけない事や信じる心や友情、愛情を大事にすることを全面的に押し出しているので、子供の教育にも一役買っている作品だなと思いました。 小さいお子さんがいる親にこそ見てほしいなと思える映画でした。(20代男性)

 

 

60.ナイトミュージアム

ファミリー映画「ナイトミュージアム」がおすすめの理由

主人公のラリーはバツイチで失業していた。息子を失望させたくなくて、彼は博物館で夜勤の仕事につく。恐竜の骨や太古の彫刻は夜になるとなんと動き出すのだ。しかも、博物館はある計画がひそかに進行していた。奇想天外で家族揃って楽しめる映画だと思う。(20代女性)

 

 

61.ミニオンズ

ファミリー映画「ミニオンズ」がおすすめの理由

あまり期待せずに見ましたが、案外面白かったです。ミニオンズたちは見た目通りの可愛さを終始貫いています。それから街の風景や建物の描写など、映像がきれいです。何も考えずにただ眺めていても楽しめる映画です。(20代女性)

 

 

62.バケモノの子

ファミリー映画「バケモノの子」がおすすめの理由

血のつながりなんて本当は関係ないのではないかと思わされた作品。この作品から相手のことを思いやる気持ちや、たくましく生きていく勇気など様々なことを感じた。またこの作品内の音楽や声優もキャラクターとあっていて違和感なく楽しんで最後までみることができた。(20代女性)

 

 

63.リトル・ダンサー

ファミリー映画「リトル・ダンサー」がおすすめの理由

少年がバレエダンサーという夢を追うことを決断する、その裏で、決して裕福ではない家族、彼を見いだしたバレエ教師、少年の友人など、様々な人が彼のためにそれぞれの決断をする姿が感動的で、素晴らしい映画だと思います。(20代女性)

 

 

64.ベイマックス

ファミリー映画「ベイマックス」がおすすめの理由

ロボットと人間の奇妙な会話や、ベイマックスの間の抜けた感じに癒やされます。描写背景なども後で、こういう事か!と思わされたり考えさせられたりする場面も多くて、思ったより奥の深い作品でした。背景が日本を意識していて、主人公の名前から建物まで日本語が所々に現れています。(30代女性)

 

 

65.ロビンフット

ファミリー映画「ロビンフット」がおすすめの理由

仲間を集め仲間を守りながら悪に立ち向かう姿がかっこいい。主演のケビンコスナーの演技にも注目です。弓矢を扱うシーンは完璧です。また、モーガンフリーマンの演技も際立ちます。序盤の衝撃もありますが、終盤にかけての盛り上がりも良くて、家族で楽しめる作品だと思います。(40代男性)

 

 

66.シュレック

ファミリー映画「シュレック」がおすすめの理由

見た目も境遇も違う二人が結ばれる物語。主人公シュレックの仲間がかわいい。吹替版は主人公シュレックが関西弁で周りとのやりとりが面白く、要所要所にコミカルなシーンも含まれている。大人も子供も楽しめる作品です。(20代女性)

 

 

67.マダガスカル

ファミリー映画「マダガスカル」がおすすめの理由

とにかくでてくるキャラクターがかわいい。ペンギンズが賢くて笑ってしまう。舞台はニューヨーク。生まれ故郷はニューヨークではないことに気が付いた動物園の動物たちが仲間と一緒に園から抜け出し冒険していくストーリー。何も考えずにぼーっとみていてもおもしろい。疲れているときや癒やされたいときにオススメな友情物語です。(20代女性)

 

 

68.となりのトトロ

ファミリー映画「となりのトトロ」がおすすめの理由

自然がたくさんで癒されます。トトロやネコバスが可愛くて、大人になってから見ても子供に戻って見れます。サツキとメイの成長が微笑ましいです。私が一番好きなキャラクターはお婆ちゃんです。子供の頃から何回も見ているのでお婆ちゃんのセリフを完コピできる程です。(30代女性)

 

 

69.ジングルオールザウェイ

ファミリー映画「ジングルオールザウェイ」がおすすめの理由

クリスマスに見るファミリー映画として最適な一本 アーノルド・シュワルツェネッガーがクリスマスプレゼントを求めて七転八倒するという内容だが 様々なイベントが次々と起き、見ているものを飽きさせない。 最後の怒濤の展開はそれまでシュワちゃんが少し情けない所も多くあるだけにカタルシスがあり、幸せな気分でクリスマスを迎えられる。(30代男性)

 

 

70.そして父になる

ファミリー映画「そして父になる」がおすすめの理由

二組の夫婦のお話です。自分がもしもこの立場であったならばと、とても考えさせられました。子供のいる夫婦であるなら是非観て欲しいと思います。色んな考え方はあるだろうし、何が正解とは分かりませんが、観終わった後にはじんわりとした温かさが残ります。あと、役者さんがとにかく皆さん素敵でした。(40代女性)

 

 

71.ライフ・イズ・ビューティフル

ファミリー映画「ライフ・イズ・ビューティフル」がおすすめの理由

家族の大切さや苦境の中でも明るく立ち向かう父のあたたかさ、強さを描いた切なくもあり、心あたたまる家族の物語です。 ストーリー前半と後半では全く違う映画を見ているのではと思うほどストーリーの急展開があります。 困難な出来事があった時にも明るく我が子を思う父の知恵と、どんな時もあたたかい母の中で育つ少年の最後の結末にも感動させられた作品です。(30代女性)

 

 

72.トイ・ストーリー3

ファミリー映画「トイ・ストーリー3」がおすすめの理由

大学生になるおもちゃの持ち主アンディの意に反して、おもちゃを保育園に寄付したママ。ウッディたちおもちゃを通して、物を大切にすべき意味、物にも気持ちがあることを教えられます。小さな子どもが観ても、きっとその気持ちが自然と伝わると思います。(20代女性)

 

 

73.二十四の瞳

ファミリー映画「二十四の瞳」がおすすめの理由

大石久子先生を中心に、12人の生徒が戦争に巻き込まれていく中で、小豆島というのどかな舞台が余計に戦争という悲劇とは真逆に、心温まる素朴な人情を醸し出しております。 自然の描写も美しいのですが、大石先生という今の時代にはもう見られなくなったであろう教師像を通じて、戦争の悲惨、悲しさを表立ってではなく静かな面持ちの中に表現された木下恵介監督の代表作であると信じて已まないのであります。心安まるそして温まる映画ではないかと思っております。(60代男性)

 

 

74.シチリア!シチリア!

ファミリー映画「シチリア!シチリア!」がおすすめの理由

ジュゼッペ・トルナトーレ監督のもう一つの自叙伝的作品。トルナトーレ監督と言えば、ニューシネマ・パラダイスが有名であるが、郷土に対する愛は、こちらの作品の方が強いように感じられる。2時間を超える長編であるが、第二次世界大戦から戦後のイタリアを、いち市民の人生と重ねて描いており、大変おもしろいと思った。(30代女性)

 

 

75.おおかみこどもの雨と雪

ファミリー映画「おおかみこどもの雨と雪」がおすすめの理由

親子の絆を感じる。普段、子供に対して、または親に対してイライラすることや不満に思うことなどがあったとしても、この映画を見ることで子供は、または親は自分のことを大切に思っているのかもしれないと思える映画。(20代女性)

 

 

76.手紙

ファミリー映画「手紙」がおすすめの理由

邦画の中でとても印象に残っている映画のひとつです。弟を大学に行かせたいがために、犯罪を起こした兄と弟の複雑な気持ちを美しく描いています。加害者の家族が抱える負担の大きさ、家族愛とは何なのか考えさせられる映画です。(20代女性)

 

 

77.ホーム・アローン

ファミリー映画「ホーム・アローン」がおすすめの理由

クリス・コロンバス監督の有名なコメディー&ファミリー映画である「ホーム・アローン」。続編も複数出ていますが、私は初代が不動のナンバーワンだと思います。クリスマス休暇を家族と共に過ごすはずだった少年が、慌て者の家族に置いてけぼりにされてなお、持ち前のイタズラ技術と不屈の精神で泥棒たちを圧倒する物語は痛快です。疲れた時、家族と大笑いしたい時などにとてもおすすめです。(30代女性)

 

 

78.リトル・ミス・サンシャイン

ファミリー映画「リトル・ミス・サンシャイン」がおすすめの理由

アメリカのある家族の再生の描いています。9才の娘、オリーヴがビューティー・コンテストに繰り上げ出場できることが決まり、一同はミニバスを借りてロサンゼルスを目指しますがー。オリーヴがまた、眼鏡でポッチャリしてますが、なんとも笑顔のかわいらしい子で、家族にとっては太陽なんだろうなと思いました。(30代女性)

 

 

79.キューティーブロンド

ファミリー映画「キューティーブロンド」がおすすめの理由

エル・ウッズが婚約出来ると思っていたのに恋人にふられても元気に『私の人生を取り戻すの』と勉学に力が入れ、ハーバードを主席で卒業し、弁護士を目指すと言うコメディーになっているので将来の生活設計に本当に役立つ元気になれる女性向け映画なので大好きです。(40代女性)

 

 

80.アメリカンビューティー

ファミリー映画「アメリカンビューティー」がおすすめの理由

ある家族の崩壊に見る、アメリカの闇をテーマにしています。主演のレスター役、ケビンスペーシーの名演技が見どころです。家族のすれ違い、若さゆえの行動、麻薬、ゲイ、それぞれが、上手くリンクし、クライマックスへ、色々と考えさせられる映画です。(40代男性)

 

 

81.ロボジー

ファミリー映画「ロボジー」がおすすめの理由

今年の度に高校でロボット大会があって、近くの高校が受賞したので、高校生とかも興味があるかと思いました。それに吉高ゆりこさんの役の大学生がすごくロボットの構造に詳しくて感動しました。さて、ロボジーという名前からか?上司からロボットを作るように命じられた浜田岳と他2人の電機会社社員が作れなく、切羽詰まってロボットのなかに老人のおじいさんを着ぐるみのよう中に入ってもらい展示会に出てもらうと言う詐欺と言えば詐欺だけど笑えた。(40代女性)

 

 

82.ベイブ

ファミリー映画「ベイブ」がおすすめの理由

家族で安心して観ることができます。ブタが牧羊犬のかわりで大丈夫華な、と最初は思いましたが、話が進むうちに引き込まれます。愛敬のあるブタ、ベイブを応援したくなるでしょう。アヒルがなかなかいいキャラです。続編の「ベイブ 都会へ行く」も気になるところです。(30代女性)

 

 

83.フリーウィリー

ファミリー映画「フリーウィリー」がおすすめの理由

シャチ好きにはたまらない映画だと思います。 あんなに大きくて、海の殺し屋と言われているような動物と人間が心を通わせて絆を築いていく様子は、凄く素敵だと思います。この映画を見て、シャチが大好きになりました。(30代女性)

 

 

84.REX

ファミリー映画「REX」がおすすめの理由

子供の頃よく観ていた映画の1つです。 自分と同い年くらいの女の子が恐竜の卵を偶然見つけ、こっそり育てて…という内容で、当時あまり恐竜には興味がなかったのですがとても可愛く見え、犬や猫ではなく恐竜という非日常的な内容に憧れておりました。ETも好きだったので、内容が似ているから惹かれたのかもしれません。(20代女性)

 

 

85.君に届け

ファミリー映画「君に届け」がおすすめの理由

とにかく胸キュンする映画です。わたしは漫画からハマって読んでいて、映画もみました。主人公の爽子は凄い地味で周りから”貞子”呼ばわりされていました。凄くいい子だけど人見知りで話せないから誤解を受けていただけだけど。その爽子が、クラスの明るい人気者の風早くんに恋をし、恋愛や成長を描いた映画です。きゅんきゅんもあり、爽子、風早くんの人の良さを感じることが出来る作品だとおもいます。(20代女性)

 

 

86.しあわせの隠れ場所

ファミリー映画「しあわせの隠れ場所」がおすすめの理由

この世の中も捨てたもんじゃないなと思わせてくれた映画の一つです。見ず知らずの男の青年の面倒を見て、青年に自分の力で立ち上がっていくことを、学ばせてあげている場面であったり、凄い人がいるもんだなと思えました。しかもこの映画は事実を元に作成されているから、更に驚きがあります。その青年は努力に努力を重ねて、プロスポーツ選手になっていく姿も感動を覚えました。(40代男性)

 

 

87.ラッシュアワー

ファミリー映画「ラッシュアワー」がおすすめの理由

痛快アクション映画を息子と見たかったのでラッシュアワーを選択しました。 ジャッキーチェンとクリスタッカーのやりとりも笑えるし、何よりジャッキーのカンフーアクションが見ていてスカッとして息子と楽しめました。 ファミリーで見るには最高だと思います。(40代女性)

 

 

88.キャッツアンドドッグス

ファミリー映画「キャッツアンドドッグス」がおすすめの理由

タイトル通り、犬と猫のかわいい?戦いを描いた映画です。私は小さい頃にこれを見ましたが、大人になってもたまに見たくなります。 「負け犬」扱いされる飼い主の少年とその犬の成長を描く、家族で見るにはぴったりの映画だと思います。(20代女性)

 

 

89.チャーリーとチョコレート工場

ファミリー映画「チャーリーとチョコレート工場」がおすすめの理由

ウィリー・ウォンカのお菓子工場に、チョコレートついた金券を手にした5人が招待される。どの登場人物も個性的で、その性格が招く現象も描かれている。この映画ならではのお菓子やダンスシーンが面白い。奇想天外な展開に目が離せなくなる。(20代女性)

 

 

90.モンスターズ・インク

ファミリー映画「モンスターズ・インク」がおすすめの理由

自分が小学生の頃に放映された作品ですが、大人になった今、この作品を見返すと内容がより頭に入ってきます。登場しているキャラクターたちもとても可愛らしいですが、そのキャラと声優さんの声がとてもマッチしていて、違和感なく見ることができます。(20代男性)

 

 

91.嫌われ松子の一生

ファミリー映画「嫌われ松子の一生」がおすすめの理由

中谷美紀の体当たりの演技です。 本作は、主人公の激動の一生を描いたものですが、中谷美紀はその主人公を演じています。 教師、美容師、風俗嬢、殺人犯、受刑者といっためまぐるしく変化する主人公の生き様を彼女が見事に演じきっています。(30代男性)

 

 

92.ターザン(ディズニー)

ファミリー映画「ターザン(ディズニー)」がおすすめの理由

赤ちゃんの頃に乗っていた船が事故に遭い、ジャングルまで流されたターザンはゴリラに拾われそのまま育てられました。 ターザンが大人になったある日、ゴリラの生態を研究しようと人間がジャングルに上陸した。 初めて会う人間に戸惑い、人間の身勝手な理由から狙われるゴリラ、ターザンは調査団の一人であるジェーンを通じて人間を学びながらジャングルを守っていくお話です、(20代男性)

 

 

93.ノートルダムの鐘

ファミリー映画「ノートルダムの鐘」がおすすめの理由

ミュージカル調なのでストーリーが頭に入ってきやすいです。内容自体はどちらかといえば悲しいのですが、登場人物たちの壮大なミュージカルでとても引き込まれる作品です。差別や迫害について考えさせられる部分もあります。(10代女性)

 

 

94.猫の恩返し

ファミリー映画「猫の恩返し」がおすすめの理由

ストーリーが単純明解で、複雑な事を考えずに気楽に誰でも見られるのがいいと思います。 子供はきっとバロンが好きになると思いますが、私はバロンではなくムタが好きでした。 何やかんやでハルちゃんに協力的だったり、いつも先に猫王の部下に突っ込むのはムタだったにも関わらずハル達からネタ扱いされるなどコミカルなキャラで良かったです。(20代男性)

 

 

95.映画クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ モーレツ! オトナ帝国の逆襲

ファミリー映画「映画クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ モーレツ! オトナ帝国の逆襲」がおすすめの理由

しんちゃんの映画が泣けるのは有名な話ですが、小学生の時にこれを見て泣き、大人になって見ても違う視点で見ることができて泣いてしまいました。 昔の雰囲気や環境を懐かしむのはいいことですが、未来に向かって時を進もう、新しい思い出を作っていこうと思える映画なのでおすすめです。(20代女性)

 

 

96.耳をすませば

ファミリー映画「耳をすませば」がおすすめの理由

学校帰りに寄り道をして、新しい裏道を発見したり、猫のあとを追いかけたり。私も学生の頃はそうだったなと、懐かしみながら観ました。大学を受験するという選択肢ししかなかったので、雫達のように留学したり作家を目指したりできるのは羨ましい。(30代女性)

 

 

97.ティガームービー プーさんの贈り物

ファミリー映画「ティガームービー プーさんの贈り物」がおすすめの理由

物語のテンポが良くて、小さな子供でも飽きずに最後まで見ることが出来ます。ティガーが歌を歌いながら跳び跳ねるところなど、可愛い場面がたくさんあり、我が子もよく真似して跳び跳ねています。家族ってどんなもの?本当の家族って?など教えてくれることもたくさんです。仲間の大切さを教えてくれます。(30代女性)

 

 

98.パイレーツオブカリビアン デッドマンズチェスト

ファミリー映画「パイレーツオブカリビアン デッドマンズチェスト」がおすすめの理由

デイビイジョーンズの登場でジャックスパロウの過去が分かり、登場人物たちの恋愛要素も入って切ないシーンも含まれている。BGMも第1弾と違いオルゴールやオルガンで静かな曲が流れていることも多い。静と動が楽しめる。(30代女性)

 

 

99.パイレーツオブカリビアン 生命の泉

ファミリー映画「パイレーツオブカリビアン 生命の泉」がおすすめの理由

ペネロペ・クルスが出演しジャックスパロウを惑わせる女性を演じる。航海士として父に仕えているが不死身をもたらす生命の泉をめぐって争いが始まる。凶暴な人魚や牧師など更に新しいキャラクターで伏線も多く楽しめる。(30代女性)

 

 

100.パイレーツオブカリビアン呪われた海賊たち

ファミリー映画「パイレーツオブカリビアン呪われた海賊たち」がおすすめの理由

ジョニーデップ演じるキャプテン・ジャックスパロウのキャラクターが面白いのと、話の中で登場人物たちの思惑が交錯し敵・味方が入れ代るのも面白い。1度でなく何度も観る方が面白さがたくさん分かるストーリーである。(30代女性)

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました