ものすごく怖い!ホラー映画おすすめ76選

スポンサーリンク

Contents

スポンサーリンク

おすすめのホラー映画

 

1.IT~それが見えたら終わり~

ホラー映画「IT~それが見えたら終わり~」がおすすめの理由

日本のホラー映画と違って、遠くからジワジワ近づいてくるという恐怖がおすすめの理由です。 特にピエロに対して少しでも恐怖心を抱く人が見たら、夜などに思い出してしまうんじゃないでしょうか。 ホラー映画が好きな方へおすすめしたい映画です。(20代男性)

最近リメイクされましたが、私はやっぱりティムカリーのITの方が怖い。私にピエロ恐怖症の決定打を打ちつけた伝説的映画。この作品のせいで某マクドナルドのマスコットのドナルドが恐怖の対象になってしまった。ラストに向かうまでのそれぞれのトラウマエピソードが怖くておススメ。(30代女性)

リメイク作品であるが、原作の恐怖演出に対して映像技術が追いついていなかった当時と違い、今作はCGプラス巧みな演技と演出により、見事に原作を描き切っている点は、とても評価できるポイント。 問題である原作後半を続編で映像化できるか。期待を高める一作。(30代男性)

とても怖いホラー映画というイメージで見たのですが、怖い部分ももちろんあるのですが、モンスター映画だと思えばそれほど怖くないです。ピエロのキャラクターがそれほどリアルさを感じさせないモンスター的なキャラクターで、悪役としてとても愛せるタイプです。そしてストーリーの本軸は子供達とモンスターの戦いであり、子供たちが自分たちの持つ恐怖に打ち勝つという青春映画でもあります。ホラー系スタンドバイミーといった感じでおすすめです。(20代女性)

ジャンルはホラー映画ですが、そこまで怖い内容ではありません。子供達でも観れる内容なので家族で見ました。後半は少し残念な感じですが、楽しんで観れました。小説を読んでから映画を見た方が楽しめるんじゃないかと思います。(30代男性)

 

 

2.SAW

ホラー映画「SAW」がおすすめの理由

とてもグロテスクな洋画のホラー映画です。内臓や脳みそなど臓器が生々しく映っています。苦手な人はだめかもしれませんが、グロテスクなシーンが大丈夫な人にはストーリーがとても面白いのでおすすめです。いったい犯人が誰なのか気になってしょうがなくなります。(20代女性)

sawはシリーズ化されて7作ありますが、やはり一番面白いのはこの最初のsawだと思います。 密室に閉じ込められ鎖に繋がれた二人が、「6時間以内に相手を殺すか、それとも二人とも死ぬか」というゲームに強制的に参加させられるのですが、人間が恐怖にさらされるとどうなるのかというのを見せつけられて、こちらも苦しくなるぐらい緊張してハマってしまいます。 伏線もたくさん貼られていて、最後に一気に回収されるところも気持ちいいです。 これを見て気に入ったら、全シリーズを見てください。本当の伏線回収はそこで終わります。(50代男性)

ゲームで人の命がどんどん亡くなっていきます。 ソウという謎の人物が仕掛けるゲームです。私はゲーム感覚の映画が大好きでソウのシリーズは全部みました。 捕まって拘束されている人の過去など暴かれていってその代償で体の一部を失っていったりします。自分の命を守るか、相手の命を守るかのせとぎわです。(20代女性)

展開が予想できない作品で、ハラハラドキドキしました。最後に謎が全て解けたときはゾワッとして鳥肌が立つくらいの衝撃でした。ホラー映画が大好きなので何作もホラー映画を観ていますが、ここまで鳥肌が立って驚いた作品は初めてでした。ホラー映画のオススメは?と聞かれたら必ずこの作品を答えます。久々に当たりなホラー映画でした。続編も数作出ているのでオススメです。(20代女性)

ホラー映画が好きで、グロいシーンが物足りないなあと思っていた時に観て満足した作品です。 とにかく描写がえげつない。スプラッタというほどではありませんが、痛々しい描写が次々と。不謹慎ながらも次はどんな苦痛が…なんて思ってしまいました。 こちらはシリーズ一作目で、ストーリーは意味がわからない部分も多いですが、シリーズ全部を観終わった時にはなるほど!と納得できるので、是非これから観ていただきたいです。 また、グロ描写だけではなく、ストーリーとしてもシリーズを通せば深みがありますから、クオリティは高いです。(30代女性)

 

 

3.シャイニング

ホラー映画「シャイニング」がおすすめの理由

有名なホラー映画ですが、実際に見てみるとそこまで恐ろしいことは起こりません。 ただ不穏な空気が最初からずっと漂っていて、広いホテルの中で子供が1人で遊ぶ、とった描写だけでもゾクっとします。 きちんと勧善懲悪で話が終わるところはスッキリ見終われていいですね。 精神的に追い詰められていく系のストーリーなので、グロさやドキドキはそこまでありません。 じわじわと迫りくる感じが好きな人にはおすすめです。(20代女性)

恐怖小説の巨人、スティーブン・キングの原作を元に、巨匠スタンリー・キューブリック監督が脚本も手がけた、ホラー映画の金字塔。「これは、私の作品ではない!」と、キングが激怒したと言われるほど、原作とは違う、いわば「キューブリックのもの」に仕上がっている。怖い。何度見ても怖い。が、また観てしまう。徐々に襲ってくる恐怖!豪雪地帯に建つ豪華ホテルの、冬場の管理人として赴任した男。そこには愛する妻と子供の、3人しかいない。長い冬が始まった……。ジャック・ニコルソンの怪演が光る。この映画を見なければ、ホラーは語れない!(50代男性)

山の上にあるいわくつきのホテルで管理人として働くことになった男とその家族が悲劇に遭う不思議で恐ろしい映画です。ジャック・ニコルソンが演じる主人公は最初はまともそうな人物だったのですが、シーンが進むにつれて狂気的な男に変わっていく所が何とも怖いです。出演者達の演技も素晴らしいですが、不気味且つ美しい映像も心に残ります。(20代女性)

もうかなり古い映画になりますが印象にのこってます。中でも特に残ったのが、見終わった後、特典の予告を観ると、階段から赤い水が流れ込んでくる映像は今でもハッキリと覚えていてビックリしました。後はレンタルショップの店員さんにシャイニングありますか?と聞くとその店員さん、テンションの上がりが良かった。(30代男性)

 

 

4.シックス・センス

ホラー映画「シックス・センス」がおすすめの理由

この映画は一見ホラー映画の様だが人間ドラマとしての色合いが強く、どこか怖さを忘れて感動する作品。 「死者が見える」という設定でありながら、最後には裏切られた感じでくるどんでん返しがおもしろい。 アカデミー賞5部門にノミネートされ不朽の名作の1つと言える。(20代男性)

ホラー映画ですが、登場人物も少なく、少年と精神科医の交流がメインだからか、引き込まれる、とてもヒューマンな雰囲気がする映画です。ホラーなので、ちょっとびっくりしたりもしますが、何と言っても最後のどんでん返し。私も騙されてしまいました。驚きと感動のあるとてもいい映画だと思いました。(40代女性)

ホラー映画に属すのですが、ただのホラーではありません。 主人公は、誰にも理解してもらえない第六感に悩み苦しみますが、 不思議な理解者が現れ、主人公を助けようとしてくれます。 幽霊は怖いけど、驚かせたくて出てきているんじゃない、 何か伝えたいことがあって、助けてほしくて出てきているのかも しれない。ということを考えさせられる映画です。 主人公も、このことを次第に受け入れ、前向きに生きて行こうとします。 ホラーですが、最後は心温まる、泣ける映画でもあります。(20代女性)

 

 

5.エクソシスト

ホラー映画「エクソシスト」がおすすめの理由

現代でも十分怖い映画ですが、この怖さが1970年代にあったという事を考えると本当に怖い映画だったのだと思わせてくれます。 宗教的な色合いが強いですが、宗教と霊的なものの怖さを感じさせてくれる映画ですし、シンプルに怖さがあるので誰でも恐怖におびえながら見る事ができると思います。(20代男性)

やはりカルトムービーの元祖と言われる「エクソシスト」は今見てもかなり見応えがあります。チープ感を全然感じずに、怖さを感じます。しかも悪魔払いという事を扱っているその設定のすごさにも驚かされた作品でした。(40代女性)

 

 

6.ザ・フライ

ホラー映画「ザ・フライ」がおすすめの理由

ハエ男になってしまった科学者恐怖を描いた作品です。人間から次第にハエへと変化していく過程がとてもグロテスクで気持ちが悪いです。でも、どうなってしまうのだろうというハラハラドキドキが楽しめます。またラブストーリーの一面もあります。できれば体調の良い時に見るのをおすすめします。(40代女性)

2つの物体を瞬間移動させる機械を作った天才科学者が、実験の失敗からハエ男になってしまう驚愕の内容です。最初は超人にでもなったような清々しさを主人公の科学者から感じますが、ハエ化が進むにつれて彼の犯した過ちの大きさに気づかされます。描写は恐ろしくも一人の男性の人生を切なく描いています。(20代女性)

 

 

7.サスペリア

ホラー映画「サスペリア」がおすすめの理由

ホラー(というよりはオカルト映画と言った方が正しいかもしれませんが)なので数々のショックシーンはさることながら、主人公が空港に降り立つ冒頭部分と作品全体の映像と音楽がマッチしていてお洒落でスタイリッシュな素晴らしい映画だと思います。(40代男性)

バレエ学校で起こる殺人事件や怪奇現象が主な内容ですが、人が恐怖する事物を色々と取り入れた鮮明な映像が非常に魅力的です。視覚的に満たされてしまうような独特な色彩の映像美、そして恐怖を最大限に引き出す演出も素晴らしい映画となっています。(20代女性)

 

 

8.ジェーン・ドウの解剖

ホラー映画「ジェーン・ドウの解剖」がおすすめの理由

殺人事件が起きた家の地下で見つかった女性の死体、彼女はティルデン親子が営む遺体安置所に運ばれ検死されることとなりました。ティルデン親子は解剖を始めるものの不可解な現象に度々襲われます。綺麗な身元不明遺体と生々しい検死描写でゾクッとさせられ、謎が謎を呼ぶ展開も目が離せない良作です。(20代女性)

ヴァージニア州の田舎町で火葬場と遺体安置所を経営する検視官に降りかかっていく、想像を絶する恐怖体験をテーマにした映画です。リアリティー溢れる解剖のシーンと、一家3人惨殺事件に秘められている恐るべき真実に惹き込まれていきました。(30代男性)

 

 

9.スペル

ホラー映画「スペル」がおすすめの理由

とても怖いのですが同時にゲラゲラと笑える要素も持ち合わせているので、その手のホラーが好きな人にお薦めです。多少不適切な対応をした銀行員クリスティンにしつこく襲い掛かる老婆ガーナッシュを観て、人の怨念の恐ろしさを知りました。(40代女性)

老婆に呪いをかけられたヒロインが生き延びるために奮闘する、という内容であるが、息をつかせる間もなくヒロインに襲いかかる老婆の執念、怨念の凄まじさが恐怖を駆り立てる。しかしながら、それに対抗するヒロインの芯の強さもまた、この映画の見所の一つとなっている。(30代男性)

 

 

10.チャイルド・プレイ

ホラー映画「チャイルド・プレイ」がおすすめの理由

1作から7作までありおすすめです。ホラー映画の中では一番好きな映画です。このDVDでチャッキーが全て見れます。サスペンス仕立てで飽きることなく一気に観れました。CGも高度化しているので、チャッキーがよりリアルな感じになっています。(30代男性)

私はチャイルド・プレイシリーズが大好きなのですが、特にオススメしたいのがチャッキーの花嫁です。 この作品でチャッキーの元恋人のティファニーいう女性が登場するのですが、人形姿がとても可愛いです。コスプレをする方も多くいるようです。 ホラー好きでグロテスク表現に強い方、チャイルド・プレイは長くシリーズ化されている誰もが知っている人気映画なので、ぜひオススメです。(10代女性)

 

 

11.パラノーマル・アクティビティ

ホラー映画「パラノーマル・アクティビティ」がおすすめの理由

この映画は、シリーズ物で、一般的なお化けが出るとかそういうホラーではなく、終わりに近づくにつれて、疑問と興味が湧いてくるホラーです。 部屋にカメラを設置し、超常現象を解明していきますが、客観的に見るのではなく、まるで映画の中に入った(カメラを撮った)感覚に囚われます。 続編にいくに連れて、じわじわと怖くなる、何回見ても怖いですが、謎も解けてくるので、面白いです。(20代女性)

低予算による固定カメラ数台とハンディカメラで、ロケーションはほぼ1部屋を映し続けたのみ。これだけで充分に映画として成立させ、また、恐怖感を煽る優れた演出を盛り込んでいるという点が何といっても魅力。次に何があるか予想しづらい、静と動のメリハリがついているのも良い。(30代男性)

 

 

12.ミスト

ホラー映画「ミスト」がおすすめの理由

最っ高に後味最悪の映画。じゃぁどうすればよかったんだよと、ラスト見た人みんな思うくらい後味引く。気持ちが落ちてる時とかにはおススメしません。どういうときに見ろとかちょっと難しい。出来るだけ大勢で見たら、少しは精神ダメージ少ないかな(30代女性)

あまりにも救いようのない結末が待つSFホラー映画として傑作の一本に数えて良いタイトルです。スティーブン・キング原作の「霧」から、現代のCG効果によって再現された異形の生き物たち。それらよりも「人」こそが一番恐るべき存在なのかも、と思わせる閉じ込められたスーパー内での葛藤、不信、疑心そして互いを殺しあう展開。異世界から現れたモンスターに襲われる場面よりも手に汗握る構成となっています。(50代男性)

 

 

13.ラプチャー-破裂-

ホラー映画「ラプチャー-破裂-」がおすすめの理由

2017年の6月2日に劇場公開されたスティーブン・シャインバーグ監督によるホラー映画になっております。蜘蛛が苦手なシングルマザーに襲いかかってくる、想像を絶する恐怖体験が映し出されていきます。ある日突然に謎の組織に拉致されて連れていかれた先の研究施設での、被験者の嫌いなものを与え続ける実験には驚かされました。ヒロインのレネーを演じている、ノオミラパスの怪演が心に残りました。(30代男性)

蜘蛛が苦手なシングルマザーのレネーに降りかかってくる、想像を絶する恐怖体験を描き出していく作品になります。見知らぬ男たちに謎めいた施設に監禁されたヒロインに待ち受けている、壮絶な人体実験には驚かされました。(30代男性)

 

 

14.呪怨

ホラー映画「呪怨」がおすすめの理由

ジャパニーズホラーの定番。 仄暗い画面と荒めな画質が恐怖感を煽ります。 ストーリーも簡潔で、分かりやすく、その単純さが返って恐怖に繋がっているようです。 また、キャラクターのデザインの異質さ、日常生活への侵食なども、観ている人の背筋を凍りつかせます。(20代女性)

とにかく怖いの一言。シリーズものになっているが、第一作が一番強烈だと思う。ここまでストーリーの中で思わず目を背けてしまったり、心臓が止まるかと思うほど驚かされる邦画はあまり見たことがない。何回も繰り返し見たくはない作品。(50代男性)

 

 

15.鳥

ホラー映画「鳥」がおすすめの理由

最近、蜂に襲われる夢を見て、この鳥を思い出しました。言わずと知れたヒッチコック監督の作品です。幼心に大きな衝撃を受けたのを覚えています。鳥が集団で襲って来るなんて、常識では考えられないことが起こる恐怖を見事に映像化していると思います。鳥に襲われたらどうするか、ちょっと考えてしまいます。(40代女性)

数あるヒッチコックムービーの中でも、特に人気の高い一作。 オールドムービー特有の映像のチープさによるマイナスを、現代でも充分に通用する恐怖演出で補えているため、古臭さを全く感じさせない、見事なパニックホラー映画として完成されている。(30代男性)

 

 

16.0:34 レイジサンジュウヨンフン

ホラー映画「0:34 レイジサンジュウヨンフン」がおすすめの理由

怪物の姿が現れるまでは最高に恐ろしいホラーでした。ドキドキワクワクが止まんない。でも怪物の招待とバックグラウンドがわかると、なんかなーって感じ。ホラー好きにはお勧め。股裂いたりするシーンがあって、私はそのシーンのせいで婦人科検診用のあの椅子がトラウマ(30代女性)

 

 

17.13日の金曜日

ホラー映画「13日の金曜日」がおすすめの理由

この映画はホラーを代表する歴史的作品と言っても過言では無いと思います。 現代でこそ知らない若い方も多いと思いますが、ホラーに付き物なのがやはりドキドキハラハラ感。 シリーズもので続編も多数出た本作品は、わかっていてもドキドキさせる音の仕組みやフェイク演出(ドキドキさせるだけかと思いきや、本当に!みたいな)が引っ切り無しに訪れる擬似恐怖がホラーそのものです。 キャラクターも今や有名ですが、ホラーの先駆け作品とも言える逸品である点でおすすめです。(40代男性)

 

 

18.22年目の告白

ホラー映画「22年目の告白」がおすすめの理由

身内が殺されたとはいえ、犯人に対して死んで欲しいと思うのはどうなんだろう。こう思うのは、私が被害者の立場になって、考えられていない証拠ですね。最後に、予想外の展開があるので、楽しい映画ではありませんが挫折せずに観てください。(30代女性)

 

 

19.Light out

ホラー映画「Light out」がおすすめの理由

普段、ホラー映画とか好きでよくみるんですが、この映画は最初から最後まで、幽霊(?)のような化け物がでてきます。 でも実際は幽霊ではなくて。。。 真っ暗な部屋が怖くなるような昼間でもゾクッとするような映画で面白かったです。(50代女性)

 

 

20.REC

ホラー映画「REC」がおすすめの理由

ホラー映画好きなら絶対見て欲しい映画の一つです。映像が登場人物の一人称視点で展開される映画でリアルに表現されています。まるで自分がその中にいるのではないかという錯覚に陥るほど最後まで目のはなせない作品になってます。(20代男性)

 

 

21.The EYE 【アイ】

ホラー映画「The EYE 【アイ】」がおすすめの理由

香港が主な舞台のじわじわと迫りくるような恐怖のホラー映画です。主人公の女性は視力回復のために他人の目を移植するものの、その影響で幽霊が見えるようになってしまう恐ろしい設定です。Jホラーとも似た薄暗い雰囲気や日常で霊が見えてしまう恐怖の描写がリアルで素晴らしいです。(20代女性)

 

 

22.THE FLY

ホラー映画「THE FLY」がおすすめの理由

もともとホラーなどは苦手ですが、これは幽霊的な怖さではなかったので最後まで見入ってしまいました。 グロいのが好きな方は好きな映画だと思います。 これを見たあとは食欲がなくなりましたが、ただグロいだけでなく、少し悲しい部分もあったりで、話もおもしろいので、おすすめです。(20代女性)

 

 

23.The Room

ホラー映画「The Room」がおすすめの理由

アメリカに出張に行ってしまった彼氏とSkypeで連絡を取り合う女性に降りかかってくる、想像を絶する恐怖体験が映し出されていきます。最先端の技術を通して心を繋いでいた恋人たちが、昔ながらの怪談に怯えている様子が印象的でした。(30代男性)

 

 

24.The visit

ホラー映画「The visit」がおすすめの理由

ホラー映画はあまり好きじゃないけど、これは怖いホラーの部分と少しギャグに見えるホラーの部分があったので、苦手な人でも楽しめると思います。真相がわかったときは、えー!っと叫んでしまうビックリ展開もありました。(30代女性)

 

 

25.UNDERWORLD

ホラー映画「UNDERWORLD」がおすすめの理由

近未来を舞台に、吸血鬼と狼男の戦いを描く映画で、主役のケイト・ベッキンセールが物凄く格好良く、アクションも満載でストーリーも面白く、映画としての完成度も高く刺激的な内容となっているので、オススメです。(30代男性)

 

 

26.X-コンタクト

ホラー映画「X-コンタクト」がおすすめの理由

2014年にアメリカで制作されたアレック・ギリス監督によるホラー映画になっております。ベーリング海沖の深くに眠っている氷の遺体から巻き起こっていく、想像を絶する恐怖体験を描き出していきます。旧ソ連時代の衛星の残骸に蠢く、未知の生命体の目覚めがスリリングでした。逃げ場のないトロール船の内部で、平凡な学生たちが持てる力の全てを振り絞って立ち向かっていく姿には胸を打たれました。(30代男性)

 

 

27.アザーズ

ホラー映画「アザーズ」がおすすめの理由

スペインのアカデミー外国映画賞受賞のアメナバル監督が英語で撮ったホラー映画。第二次大戦後の英国の屋敷(実はスペインのサンタンデール)を舞台に夫が戦争に行ったまま行方不明になり残された母親とその子供たちが体験する恐ろしい体験。 びっくりドッキリはほとんどなくじわじわと引き込まれていく怖い話です。(50代女性)

 

 

28.アンフレンデッド

ホラー映画「アンフレンデッド」がおすすめの理由

ここ数年の間のホラー映画の新しい手法として、手持ちカメラによるドキュメンタリータッチな映像での制作があげられますが、この「アンフレンデッド(2014)」は最初から最後までインターネットSNSの画面のみで進行していく新しいスタイルのホラームービーです。学校でイジメに遭った女子学生が拳銃自殺。その一部始終を知りながらネット上にネタとして上げたことで当事者の学生が一人また一人と謎の死を遂げていく。残念ながら日本国内でもSNSによるイジメを受けて命を絶ってしまう若い人のニュースがあるので、映画の中とはいえどこか他人事ではない気持ちになった作品でした。(50代男性)

 

 

29.イット・フォローズ

ホラー映画「イット・フォローズ」がおすすめの理由

海外のホラーと言えば、悪魔やゾンビものが多いが、これは「得体の知れない何か」が日本のホラーに近いものがあって怖い。「何か」という恐怖の対象が曖昧すぎるところが、かえって逃げられない怖さと不安を増長させていると思う。(30代女性)

 

 

30.インシディアス

ホラー映画「インシディアス」がおすすめの理由

ソウの監督作、というだけあってまず完成度が高いです。派手な演出で驚かせるのではなく、静かに忍び寄るような恐怖を感じる映画です。 対峙するのが悪魔なので、宗教的な雰囲気もうまく取り入れられていてゾッとする悪魔の描写がホラー好きにはたまらないと思います。 昼間のシーンなのに、不安で怖い。何かがいる、しかもタチの悪い何かが。 そう思わされた映画は初めてでした。(30代女性)

 

 

31.インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア

ホラー映画「インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア」がおすすめの理由

トム・クルーズとブラッド・ピットが演じる美しい吸血鬼の残酷で幻想的な物語です。幼いキルスティン・ダンストが演じる吸血鬼も魅力的で、彼女が永遠に少女の姿で生き続ける苦悩を可憐に切なく描いています。美麗な映像と衝撃的な展開で目が釘付けになります。(20代女性)

 

 

32.エイリアン2

ホラー映画「エイリアン2」がおすすめの理由

長い冷凍睡眠から救出されたリプリーだが、連絡を絶った惑星の調査のために仕方なく海兵隊の精鋭達と共にLV-426惑星に降り立つが・・・。 その後のSF・アニメに多大なる影響を与えた作品。公開時の「今度は戦争だ!」のキャッチフレーズで完全に心摘まれた。(40代男性)

 

 

33.エクソシスト2

ホラー映画「エクソシスト2」がおすすめの理由

この映画は、リーガンに再びパズズが憑き始めていることを、前作のメリン神父の弟子のラモント神父が気づき、そのきっかけは、リーガンの面倒を見ている精神科医タスキンが開発した、脳波を同期させる機械のおかげで調べて行く中で分かったのが、かつてメリンがパズズから救った少年コクモが成長し、パズズの撃退法の秘密を持っているということでした。 直接的な怖い描写もあまり無く異様に気持ち悪い音楽だけでした。 前作は、心理に迫る恐怖が有ったのだが、今回は、怖いという恐怖もないものに感じました。 ちょっと残念な作品でした。(50代男性)

 

 

34.エクソシスト3

ホラー映画「エクソシスト3」がおすすめの理由

この映画は、物語的には完全に地続きだがエクソシストという映画らしさはあまり無いと思います。 ただ、所々に現れるゾッとする様なシーンは恐怖でした。 凶器に使われる大バサミの音、ジャーキンというイヤな感じや、長回しで描かれる殺人シーンのギョッとするような演出はかなりいいと思いました。 シリーズとして同じものを期待すると落胆すると思いますが、また違った角度での恐怖を追求しると思います。 これは、違った恐怖作品で良かったと思います。(50代男性)

 

 

35.エミリー・ローズ

ホラー映画「エミリー・ローズ」がおすすめの理由

ホラーなんですが、法廷劇といったほうがぴったりくる映画かもしれません。 これが実話なんだから驚きです…。宗教とか、西洋のゴシック的なものに興味のある方には特におすすめする映画です。 とはいえ、悪魔に憑かれて殺されたエミリーが本当にかわいそう。(20代女性)

 

 

36.エルム街の悪夢

ホラー映画「エルム街の悪夢」がおすすめの理由

これはまさに、怖いの一言に尽きます。フレディ・クルーガーという殺人鬼は、寝ている人の夢の中に現れて右手にはめられた鉄の爪で相手を引き裂くのですが、眠ったら最後な上に、今作の主人公である少女ナンシーは父親や恋人にフレディの話を信じてもらえなくて、絶望的な状況に戦慄すること間違いなしです。しかし、小さなお子さんが観ると大泣きして困るでしょうから、そこは注意ですね。(30代女性)

 

 

37.オーメン

ホラー映画「オーメン」がおすすめの理由

この映画は、耳に残るあのBGMが素晴らしくって単純に怖いと思います。 稲妻が走り、教会に落雷し、折れた避雷針が神父の体に突き刺さり、その後のカメラマンの首が切れるんだけどめちゃめちゃ衝撃的で目を覆いました。 ラストにダミアンを刺そうとするシーンの深みがあって、状況証拠で子供を殺そうとする親父という逆の怖さがこわっと思いました。(50代男性)

 

 

38.オーメンIII 最後の闘争

ホラー映画「オーメンIII 最後の闘争」がおすすめの理由

オーメン2で悪魔の子の自覚を持ったダミアンがどうなるかと思ったら、大人になって普通の会社の社長になっていたのは、びっくりしました。 それで、駐英大使を任されたり国連ユース会議の代表も任されたり社会的地位は良いところにいる。 そして、ダミアンの命を狙うデ・カルロ神父を合わせた7人が立ち向かいます。 今まで一回も使われなかったダミアンを唯一殺せるメギドの剣が渡り、悪魔と神の代理戦争が始まりますが、全員殺されてしましました。 ダミアンを殺せる剣を持ったのにあっさり殺されるのは、がっかりしました。 ラストシーンは、ダミアンも、神のみこころの上に赦され救いを得たのだろうというシンプルに美しい、静かに感動的な最後で終わります。(50代男性)

 

 

39.キャビン

ホラー映画「キャビン」がおすすめの理由

夏休み期間に山奥の空き家に迷い込んだ大学生たちに襲いかかってくる、想像を絶する恐怖体験が映し出されていきます。1人また1人と生命を奪われていく登場人物たちの運命と、謎めいた組織の正体には驚かされました。(30代男性)

 

 

40.キャリー

ホラー映画「キャリー」がおすすめの理由

学園ものホラーの走りではないかと思われます。いじめられっ子であるキャリーがクラスメイトに、これでもかという程どんどん復讐していく様子には心底ゾッとします。キャリーはシシー・スペイセクでなければここまでヒットしなかったのでは?と思える程のはまり役だと思います。(40代女性)

 

 

41.クリスティーン

ホラー映画「クリスティーン」がおすすめの理由

車が大事にしてくれない人々に復讐していく映画…と書くとお笑い映画のようですが、とても怖くて悲しい映画です。見ているうちについついクリスティーンを擬人化して、その虐げられている様子に胸が痛み憤りを覚えます。そのまま終わられたらしんどい映画になってしまうところですが、ちゃんと爽快なオチが付いているところがおすすめポイントです。最後には快哉を叫びたくなります。(50代女性)

 

 

42.ゲット・アウト

ホラー映画「ゲット・アウト」がおすすめの理由

B級ホラー映画かと思えば、テンポが良いミステリーにコメディが入っていて引き込まれた。脇役がいい味を出していて面白い。エンディングは爽快感があって良かった。当初のエンディングから変えて大正解だったと思う。(30代女性)

 

 

43.こどもつかい

ホラー映画「こどもつかい」がおすすめの理由

鬼才・清水崇が滝沢秀明を主演に迎えて、子供の連続失踪事件と大人の不審死との奇妙な関係性に迫っていく作品になります。恋人にかけられた呪いを解くために奮闘する記者の姿と、「こどもつかい」の意外な正体には驚かされました。(30代男性)

 

 

44.コンビニ・ウォーズ~バイトJK VS ミニナチ軍団~

ホラー映画「コンビニ・ウォーズ~バイトJK VS ミニナチ軍団~」がおすすめの理由

アルバイトの女子高校生がコンビニの地下室で眠っていた悪霊の封印を解いてしまう、奇想天外なストーリーです。ジョニー・デップの愛娘リリー=ローズ・メロディ・デップのフレッシュな演技が、現代に蘇ったナチスドイツの恐怖感を和らげていました。(30代男性)

 

 

45.ザ・セル

ホラー映画「ザ・セル」がおすすめの理由

非現実的で圧倒的かつ芸術的なセットなどが視覚的にかなり刺激的で楽しめます。 17年前に公開された映画とは思えないほど映像美です! 人により捉え方が違うかもしれませんが美しいの一言に尽きると思います。 日本人デザイナーが活躍されている作品なので芸術関係のお仕事を目指されている学生さんに見て頂きたいです!(30代女性)

 

 

46.サプライズ

ホラー映画「サプライズ」がおすすめの理由

連絡の取れない山奥の館に集まった人々が、得体の知れない何者かによって一人ずつ消されていく、始まりはそんな鉄板の展開です。 集まった親族たちが、館に仕込まれたトラップによって、一人また一人と命を狙われていきます。 この映画の面白いところは、なんと言っても中盤からの逆転劇です。 生け贄の子羊状態であった親族の中で、一人だけ冷静さを保ち、犯人への反撃を試みるのが、主人公エリンです。 彼女は父親仕込みのサバイバル能力で、犯人からの攻撃をかわし、逆にトラップを仕掛け犯人を追い詰めます。 その小気味いい展開に、手に汗握りつつもワクワクしてしまいます。 怒涛の逆転劇の結末も、ホラー映画特有の都合のいい終わり方ではなく、 生き残ったは良いけど、この状況、どう説明するの…?と思わず考え込んでしまったり。 最後まで飽きずに見られる、アクションホラー映画です。(20代女性)

 

 

47.シークレット ウインドウ

ホラー映画「シークレット ウインドウ」がおすすめの理由

シークレット ウインドウはジョニー・デップ主演の映画です、あまり有名ではありませんが、主人公は作家である日、盗作したと知らない男から言い掛かりをつけられます、だんだん主人公が危険な方向に向かっていく所が印象的です。(30代男性)

 

 

48.ジェイソンX

ホラー映画「ジェイソンX」がおすすめの理由

ホラー界のスーパースターである、ジェイソン。本作品の監督は、細かいことは気にせず、とにかくジェイソンが活躍する姿を見たいというファンの欲求をよく理解した上で、宇宙空間が舞台という突拍子も無い設定も強引にねじ込む強気な姿勢を示している。記念すべきシリーズ10作品目にふさわしいものとなった。(30代男性)

 

 

49.シャークネード カテゴリー2

ホラー映画「シャークネード カテゴリー2」がおすすめの理由

パニック映画なので分類上、一応ホラージャンルでおすすめしますが、この映画はサメに襲われる映画なのに怖くないB級映画です。大量のサメが竜巻に乗って空から降ってきてバンバン人がやられていくそんな中、たくましくサメに立ち向かっていく主人公と仲間たちの奮闘がとても面白い良い映画だと思うのでおすすめです。(30代女性)

 

 

50.スリーピー・ホロウ

ホラー映画「スリーピー・ホロウ」がおすすめの理由

全体的に白黒ゴシックでダークな雰囲気が漂うホラー映画です。本作に登場する首なし騎士は恐ろしくもクールな出で立ちをしており、強さも最凶クラスです。首なし騎士が突然襲ってくるシーンも怖いですが、それ以外にも夢に出て来そうなシーンが幾多もあります。綺麗な映像が引き立てる恐怖描写に見入ってしまう美しくも恐ろしい作品です。(20代女性)

 

 

51.ダークネス(THE DARKNESS/2016)

ホラー映画「ダークネス(THE DARKNESS/2016)」がおすすめの理由

ホラー映画には定評のあるジェイソン・ブラム制作のホラームービー。自閉症を抱える息子、反抗期の娘。そして互いに冷め切った仲の夫婦4人が、たまたま友人達と訪れたキャンプ地で拾った謎の石から始まる恐怖の日々が描かれています。おおよそ、このタイプの映画だと霊界と交信するのが男の子だと反抗期なのは姉で、女の子だと兄が。というような図式が出来上がっているような。主演の家族をまとめる父親役はケヴィン・ベーコン。フットルースの頃からのファンであれば、まだまだ現役での若々しさが感じられるところも魅力の一つと言えそうです。(50代男性)

 

 

52.チャイニーズ・ゴースト・ストーリー

ホラー映画「チャイニーズ・ゴースト・ストーリー」がおすすめの理由

中国ホラー映画の金字塔で、個人的にはシリーズの第一作目であるこの作品をおすすめします。昔の中国で、旅の途中の青年が古いお寺で一晩過ごそうとすると、一人の美女に出会い2人は恋に落ちるのですがー。美女は実は幽霊で、という悲しいラブストーリーですが、一度は観ていただきたい映画です。(30代女性)

 

 

53.デス・フロント

ホラー映画「デス・フロント」がおすすめの理由

第一次世界大戦中の塹壕戦を舞台としたホラー映画という、珍しい題材の映画です。戦闘中に孤立し見方同士でも疑心暗鬼が募ってゆく様は、正直ホラー要素がなくても楽しめるとは思いますが、そこにホラー要素をあえて加えることで不安を高めているのだと思いました。(30代男性)

 

 

54.デッド・フレンド・リクエスト

ホラー映画「デッド・フレンド・リクエスト」がおすすめの理由

若者たちの間でのSNSの友達登録から巻き起こっていく、想像を絶するような恐怖体験を描き出していきます。最先端のテクノロジーに潜む危険性と、昔ながらの怪談の味わいをミックスさせたストーリー展開が面白かったです。(30代男性)

 

 

55.トイレの花子さん 新劇場版

ホラー映画「トイレの花子さん 新劇場版」がおすすめの理由

学校の怪談の王道とも言える「トイレの花子さん」を、斬新な解釈によって映像化した作品になります。青春を謳歌する女子高校生たちの美しさだけではなく、心の奥底に隠されている残酷さを浮き彫りしているのが印象深かったです。(30代男性)

 

 

56.パーフェクトトラップ

ホラー映画「パーフェクトトラップ」がおすすめの理由

「ワナオトコ」の続編ですが、これから観ても十分に楽しめます。 ソウの脚本家が手がけているだけあり、次々と主人公たちに降りかかる殺人トラップは息つく暇もありません。 グロさを求めて映画を探す私でも、満足できる描写でした。 ストーリー自体は、ありふれていて不条理な部分はソウに似ています。 とにかく、勢いのあるホラーを見たい方に是非オススメしたい作品です。(30代女性)

 

 

57.バイバイマン

ホラー映画「バイバイマン」がおすすめの理由

ウィスコンシン州にある古ぼけたお屋敷を舞台に、3人の大学生に降りかかってくる壮絶な恐怖を描き出していきます。名前を口にしただけで死をもたらす「バイバイマン」に対して、勇気を振り絞って戦う若者たちが感動的でした。(30代男性)

 

 

58.ハロウィン

ホラー映画「ハロウィン」がおすすめの理由

殺人鬼が出て来る映画は残酷なシーンや痛そうな描写が多いのですが、この映画の殺人鬼・マイケルは不死身ではあるものの残虐に殺すことはあまりありません。しかし恐怖を煽るのが凶器のリアルさです。彼が使用するのは主に包丁で、その他にも日常でありそうな物を使用しています。それが逆に怖くてドキドキします。派手ではないものの、じわりと迫ってくる恐怖にハマる作品です。(20代女性)

 

 

59.ひとりかくれんぼ 劇場版

ホラー映画「ひとりかくれんぼ 劇場版」がおすすめの理由

思春期特有のコンプレックスや孤独感から、危険な遊びへと惹き込まれていく少年少女たちの姿が映し出されていきます。昔ながらの怪談と、インターネットなどの新しいメディアを融合させたストーリー展開が面白かったです。(30代男性)

 

 

60.ファンハウス

ホラー映画「ファンハウス」がおすすめの理由

お化け屋敷に入ったらそこに出て来る死体や殺人鬼が全部本物だったという恐ろしい話です。殺人鬼達の個性も強く、特に紅一点であるドールフェイスは可愛らしいのに殺人スキルが高い女性です。他にもカルト宗教の長や歯医者など怖い要素の殺人鬼達がいます。視聴者を楽しませてくれる面では確かにファンハウスだと思いました。(20代女性)

 

 

61.ブレアウィッチプロジェクト

ホラー映画「ブレアウィッチプロジェクト」がおすすめの理由

登場人物は3人の学生がメインで、この3人しかほとんど映っていない、さらには彼らは有名人でもありません。それなのに、何とも言えない恐怖が襲ってくるのは、この作品のすごいところです。登場人物も背景も、ストーリーも派手さがないからこそ、伝わる恐怖は計り知れません。(40代女性)

 

 

62.フロム・ダスク・ティル・ドーン

ホラー映画「フロム・ダスク・ティル・ドーン」がおすすめの理由

ストーリーの冒頭からゲッコー兄弟の弟役である、クェンティン・タランティーノがやけに飛ばしているのが良いです。スタイリッシュなクライム映画なのかなと思いきや、途中からバンパイアが登場し予測していなかった事態に少々動揺しました。ジョージ・クルーニーやハーヴェイ・カイテル、ダニー・トレホなど豪華なキャストが出演しているのも本作の魅力です。(40代女性)

 

 

63.ボイス

ホラー映画「ボイス」がおすすめの理由

ホラー映画が大好きで、今までたくさん観てきたし、韓国系は基本的に好きじゃなくて興味を持たない私でもビクッとなるくらいだった。 ネタバレになってしまうけれど、壁の中に人がずっと埋め込まれていた、なんて怖すぎ!(30代女性)

 

 

64.ホーンテッド・サイト

ホラー映画「ホーンテッド・サイト」がおすすめの理由

殺人現場のいわくつきな深い森の中の屋敷で巻き起こっていく、想像を絶する恐怖体験が映し出されていく作品になります。家族を失ったヒロインのジャーナリストと、彼女の元恋人である刑事が力を合わせて謎を解き明かしていく様子が痛快でした。(30代男性)

 

 

65.ホステル

ホラー映画「ホステル」がおすすめの理由

殺人を楽しむ人たちをテーマにしているので、本当に殺し方が様々で、こんな殺し方もあるかーとか、この殺し方いいなーとか、自分だったらこうしたいとかいろいろ楽しんで見れます。ただ、本当にスプラッターが大丈夫、好きな人が見ないと、楽しめないと思います。ソウシリーズやキューブなどが好きな人は絶対見たら楽しめます。(30代女性)

 

 

66.ホステル2

ホラー映画「ホステル2」がおすすめの理由

1作目は男性が主人公でしたが、2作目は女の子達がメインで活躍します。残酷な描写は相変わらずですが、主人公の女の子が強かったり敵側のギャグ描写もあったりと、全体的にテンポ良く進みます。お金で人を買って弄ぶというとんでもない設定をとことん真面目に描いた面白い映画です。(20代女性)

 

 

67.ほんとにあった!呪いのビデオ THE MOVIE 2

ホラー映画「ほんとにあった!呪いのビデオ THE MOVIE 2」がおすすめの理由

今一つの評価であった前作の反省を生かし、伝記ホラーとして良質な仕上がりとなったのが本作である。 注意深く見聞きしようという同シリーズのファン心理を逆手に取った仕掛けは、前作以上の不気味さや恐怖感を視聴者に与えることに成功している。(30代男性)

 

 

68.ミディアン

ホラー映画「ミディアン」がおすすめの理由

闇の一族(ナイトブリード)と人間との抗争が描かれている、いわゆるB級ホラーですが面白いです。主人公が悪夢に悩まされていると相談する精神科医が実は…。というのはよくあるパターンですが、死都ミディアンに足を踏み入れるシーンでとてもハラハラしました。(30代女性)

 

 

69.ヤン・シュヴァンクマイエル ファウスト

ホラー映画「ヤン・シュヴァンクマイエル ファウスト」がおすすめの理由

16世紀のドイツに実在した錬金術師からインスパイアされたストーリーになり、チェコのアニメーション作家によって映像化されています。現代に蘇った中世の伝説に翻弄されていく、ひとりの男の恐怖体験に惹き込まれていきました。(30代男性)

 

 

70.らせん

ホラー映画「らせん」がおすすめの理由

この映画は、リングの続編でリングの浅川親子が父親にビデオを見せてビデオを焼却して呪いを父親の死で納めました。 しかし、息子の陽一の突然死、そして、息子が亡くなった事に取り乱して運転中のの事故死でした。 呪いが収まってはいないのではと思いました。 貞子の復活という事なので、なんでっと思ったら高山竜司が死の間際で貞子側に回って復活を遂げます。 なんてことをって思いました。 なぜ、貞子を復活しようとするのは、高山なの、貞子の呪いから防ごうとしていたんじゃないの、自分の命が惜しくなったからじゃないのかなと思いました。 前作は、貞子の呪いはビデオを焼却して終わったが、今回は、ウイルスが世界中に広がって貞子勝利で終わりました。(50代男性)

 

 

71.リング

ホラー映画「リング」がおすすめの理由

テレビから出てくる長髪の女の貞子の登場シーンが、何回見てもぞっとして、テレビを見るのがトラウマになるくらい強烈な印象。呪いのテープをめぐるストーリー展開もサスペンスのようで、時間に追われるヒロインの姿はとてもハラハラさせられる。日本のホラー映画として海外にも誇れる内容だと思う。(50代男性)

 

 

72.ワールド・ウォーZ

ホラー映画「ワールド・ウォーZ」がおすすめの理由

ブラッドピットがよきパパかつ世界を救う男を演じている映画作品。ウイルスが地球中に拡散し人間がどんどん感染していく様子は恐怖を感じます。大作が後手後手に回るなか、主人公のアイデアによって世界のバランスが変わっていく様は爽快感さえあります。(30代男性)

 

 

73.残穢[ざんえ]―住んではいけない部屋―

ホラー映画「残穢[ざんえ]―住んではいけない部屋―」がおすすめの理由

物語が進むごとに、根幹である怪奇現象の原因もどんどん過去まで遡っていくという、非常に奥深い作品となっている。非常に緊張感の高いホラー描写と、ナチュラルな美貌の竹内結子の演技によるギャップが、ファンにとってはもちろん、そうでない方にも見所となりうる一作。(30代男性)

 

 

74.死霊館

ホラー映画「死霊館」がおすすめの理由

実際に起きた心霊事件を扱っている実話が起源のホラー映画です。自然に囲まれた大きな家に引っ越した一家は、これから幸せな日常を送ると思っていました。しかしその家は霊によって呪われたいわく付きの家だったのです。念願のマイホームで起こる悲劇によって不幸に落とされる家族、そして怯える子供達の辛い心境がひしひしと伝わってきます。視覚的にも心理的にも追い込んでくる恐ろしい作品です。(20代女性)

 

 

75.人狼ゲーム マッドランド

ホラー映画「人狼ゲーム マッドランド」がおすすめの理由

今までの人狼ゲームのシリーズも面白く、疑心暗鬼に陥っていく若者が生き残るために戦う心理戦が見所です。マッドランドは、狂人という役職の人が多く狂人村となり人狼が生き生きとし出すのですが、主人公は用心棒になります。普通なら主人公は生き残るのがセオリーですが、なんとネタバレになってしまうんですけど主人公は人狼に殺されてしまうのです。村人側は果たして生きることが出来るのか、新しい人狼ゲームを是非観て楽しんで欲しいです‼(20代男性)

 

 

76.世にも怪奇な物語

ホラー映画「世にも怪奇な物語」がおすすめの理由

オムニバスで三作品、いずれも監督や俳優が豪華で見ものです。三作とも人間の欲望が怪奇現象とつながっていく様が、暗い映像で描かれています。特に三作目はジェームス・ディーンの事故死を思い出させるような内容で、事故後のラストシーンにはぞっとさせられます。(50代男性)

 

 

77.魔性の夏 四谷怪談より

ホラー映画「魔性の夏 四谷怪談より」がおすすめの理由

もとになっているのは鶴屋南北による怪奇文学になり、蜷川幸雄独自の解釈と着眼点によって映像化されています。薄幸のヒロインを演じている関根恵子や、妹役の夏目雅子の美しくも怪しげなイメージが心に残りました。(30代男性)

 

 

78.羊たちの沈黙

ホラー映画「羊たちの沈黙」がおすすめの理由

独特な世界観とゾクゾクするようなサイコスリラー映画です。 怖いというよりカルト的で期待を裏切らない展開 日常がこんな展開になってしまったら、とても恐ろしく思えてきます。 それほどまでに何度も、のめり込んで観ました。(40代女性)

 

 

79.仄暗い水の底から

ホラー映画「仄暗い水の底から」がおすすめの理由

泣けるホラーです。可哀想とかそれだけの感情ではなく、母親の強さ、優しさを感じました。エレベーターでの我が子との別れのシーンは、本当に泣けます。友達は大号泣していました。昭和の時代の団地のジメッとした感じ、梅雨の雨が静かなのに怖さを引き立てます。心理的な怖さを感じる映画です。(40代女性)

 

 

タイトルとURLをコピーしました