効率的・効果的に仕事を進めたい方に!仕事術に関する本おすすめ

スポンサーリンク

Contents

スポンサーリンク

おすすめの仕事術に関する本

1.デイル・ドーテン「仕事は楽しいかね?」

仕事術に関する本 デイル・ドーテン「仕事は楽しいかね?」がおすすめの理由

好きな事を仕事にすることはきっとできたはず そう思い低賃金でも働きたっけていますが、この本を読んで、「本当に好きなのか」「もっと想像を働かせて仕事できるのではないか」と言う気持ちになりました。 好きな事をもっと楽しむためには自分で動く大切さや責任感が必要だと。 読んで得た気づきですが、次は行動あるのみ!(30代男性)

やりたい事があるが、どのように自分のモチベーションを上げ、どのように取り組んでいけば良いのか悩んでいる人や、現在の仕事で悩んでいる人には、とても分かりやすく、ストーリー仕立てで構成されているのでお薦めです。色んな角度から物事を見つめ直す、という事を改めて考えさせられました。(40代女性)

いわゆる「成功哲学」の本ですが、ちょっと意外な内容から始まります。明確な目標を立てることが、何より成功への早道だと、多くの成功者が語っていますが、この本では、一見それを否定しているようにも思えます。眼から鱗が落ちる一冊です。(50代男性)

 

 

2.西野亮廣「革命のファンファーレ〜現代のお金と広告〜」

仕事術に関する本 西野亮廣「革命のファンファーレ〜現代のお金と広告〜」がおすすめの理由

現代社会において必要とされているものの過去の成功やしがらみによって実行することがなかった販売方法、販売戦略などを細かく説明している。 忖度などでの利益ではなく、信頼を得ることで自分の作品の売り上げを上げた成功体験などが詳しく書かれているから。(30代女性)

自己啓発本に少し近い内容のものもありますが、普段の仕事や考え方等の効率よくすることができます。筆者が実践したことをふまえ、失敗談と成功させるための道筋がしっかり書いてあります。また肩書きが元芸人なため、たまにコミカルな文体踏まえてるので、読んでいて疲れません。(20代男性)

 

 

3.西野亮廣「魔法のコンパス 道なき道の歩き方」

仕事術に関する本 西野亮廣「魔法のコンパス 道なき道の歩き方」がおすすめの理由

漫才師キングコングの西野亮廣さんの本ですが、考え方というか視点が新しいくこんな考え方もあるんだと思わせてくれる本です。難しい内容ではないのでスラスラと読み進めていくことができます。何にしてもとらえ方で色々な考えになれると思わせてくれる、ポジティブになれる本です。(40代女性)

作者はお笑い芸人キングコング西野亮廣さんです。 一時に比べテレビでの露出が少なくなり正直落ち目の芸人さんだと思っていました。 しかしこの本を読んでいく内に彼の先見の明に驚かされました。 芸人という枠にとらわれない突飛な発想力、先を見据えての行動力にテレビでは伝わらない「西野亮廣」個人の力を遺憾なく発揮していました。 今の時代を生き抜くのに必要な「個」の力をどのように発揮するか悩んでいる方には是非参考にしていただきたい一冊です。(30代女性)

 

 

4.「「あの時やっておけばよかった」と、いつまでお前は言うんだ」

仕事術に関する本 「「あの時やっておけばよかった」と、いつまでお前は言うんだ」がおすすめの理由

本の表紙が好きな漫画に似ていたので手に取ってみたのですが、中身は完全に思っていたのと違っていました。 「あの時やっておけばよかった」このタイトルの通り自分もこういうことを言いたい時が多々あった時だったのでドンピシャでハマりました。 主人公がある人に出会いその人を半信半疑で真似ながら過ごす日常。 やり続けることで普段は何も起きない日常にどんどん変化が起こると言う成功ストーリ―ではあります。 読み込むことでかなり楽しめました。 日常に変化が欲しい人。今の自分だと少し嫌だなと思っている方にお勧めです。(20代男性)

 

 

5.みうらじゅん「「ない仕事」の作り方」

仕事術に関する本 みうらじゅん「「ない仕事」の作り方」がおすすめの理由

ゆるキャラブームの火付け役となったみうらじゅんさんが、仕事をする上で大切なことを解説してくれる。文体がユーモラスで、読んでいるだけで自然と笑みがこぼれてくる。この本の中でみうらさんは、どんな職種・業種によらず「プロデュース力」が大切と語る。これから起業しようと思っている人や、何かイベントを企画しようとしている人などにおすすめ。(10代男性)

 

 

6.「「やめること」からはじめなさい」

仕事術に関する本 「「やめること」からはじめなさい」がおすすめの理由

あらゆるしがらみを振り払い楽になろうという内容ですが、中には「電車通勤をやめる」という奇抜なものもありますが、基本的にはすぐに実践出来るもので尚且つ役に立つものばかりでした。 特に私はツイッターをやめる、かばんを地べたに置くのをやめるといった事が参考になりました。 他にもたくさんありますが、全てやらなくても私は少し変われたと思えました。(20代男性)

 

 

7.「「やる気」のある自分に出会える本」

仕事術に関する本 「「やる気」のある自分に出会える本」がおすすめの理由

やる気が起きない理由について人間を4つのパターンに分類し、それぞれの類型ごとに対処法を記した著書です。人間を分類するのはやや乱暴に感じるものの、「自分はどれに当てはまる」ではなく「この対処方法が有効である」といった視点で読めば対策を見つけられるかもしれません。(30代男性)

 

 

8.松本 利明「「ラクして速い」が一番すごい」

仕事術に関する本 松本 利明「「ラクして速い」が一番すごい」がおすすめの理由

本当に著者の言うとおりだからこそついつい手に取ってしまう一冊です。努力しても成果が出せずに自棄になったり、鬱になったりしてしまう今どきのビジネスパーソンやそういった人と関わる立場にあるヒトにもおすすめできる本です。(30代女性)

 

 

9.「「最高の結果」はすべてを「捨てた」後にやってくる」

仕事術に関する本 「「最高の結果」はすべてを「捨てた」後にやってくる」がおすすめの理由

自己啓発的な本というものは、割と長々と著者の理屈が述べられて分かりにくいものが多いのですが、これの場合、一つ一つタイトルをつけて細かく分けてありその単元がほとんど短文で字数も少なく簡潔で難解な言葉をあまり使用せず理解しやすいです。太字も多用しているので見やすい文体です。(50代女性)

 

 

10.「1日3分「夢」実現ノート」

仕事術に関する本 「1日3分「夢」実現ノート」がおすすめの理由

この本は、多少解釈が最初の出だしでつまずくとわかりづらい印象を受けますが、中盤以降に「あ~こういうことか」と納得できる一冊です。また豊かで確実に「夢」に向かって近づいていくときにノートに何を刻むのかを改めて考えさせてくれる一冊でもあります。(20代女性)

 

 

11.「3時間の仕事がたった3秒で終わるExcelマクロ術 仕事の教科書BOOKS」

仕事術に関する本 「3時間の仕事がたった3秒で終わるExcelマクロ術 仕事の教科書BOOKS」がおすすめの理由

日本中のオフィスで使われているExcelですが、マクロが使える人はあまり多くはないようです。この本では、Excelのマクロ機能を使えば、かなりの仕事を効率化できることがわかります。基本から応用まで丁寧に解説されていて、サンプルも豊富なので、これからExcelでの仕事を効率化してみようと思っている人に最適な本です。(50代男性)

 

 

12.伊藤穣一、ジェフ・ハウ「9プリンシプルズ 加速する未来で勝ち残るために」

仕事術に関する本 伊藤穣一、ジェフ・ハウ「9プリンシプルズ 加速する未来で勝ち残るために」がおすすめの理由

ネットワーク時代が到来している中でどうすれば勝ち残れるのか、以下の9つの原則が提示されている。①権威より創発、②プッシュよりプル、③地図よりコンパス、④安全よりリスク、⑤従うより不服従、⑥理論より実践、⑦能力より多様性、⑧強さより回復力、⑨モノよりシステム。これからの働き方の指針となる本。(40代女性)

 

 

13.小山龍介「STUDY HACKS!」

仕事術に関する本 小山龍介「STUDY HACKS!」がおすすめの理由

効率の良い勉強法を具体的な事例を用いてわかりやすく軽快に紹介していて、とても役に立ったから。また、受験勉強以外にも資格勉強、仕事から、メンタルトレーニングまで、幅広く応用でき、実生活に非常に生かせるから。(10代女性)

 

 

14.尾藤 克之「あなたの文章が劇的に変わる5つの方法」

仕事術に関する本 尾藤 克之「あなたの文章が劇的に変わる5つの方法」がおすすめの理由

学校教育で語学としての敬語や尊敬語などは学びますが、仕事で使う言葉というのはそれぞれが独学で得て行くもので、自信もありません。この本ほ、いかにスムーズで相手の心を動かすような文章を作るかということを分かりやすく教えてくれます。(20代女性)

 

 

15.「イラストレーターの仕事」

仕事術に関する本 「イラストレーターの仕事」がおすすめの理由

イラストレーターを目指している人が入りやすい内容になっています。イラストが沢山使われていて、イラストレーターに必要な事が、順序だってのっています。説明の仕方が丁寧で、仕事にするにあたっての心構えや普段の生活の仕方などにもふれていますが、読んでいてやる気が薄れる様なイメージではなく、逆に、出来るところから早速やってみよう、と思える書き方で書かれています。(40代女性)

 

 

16.グレッグ・マキューン「エッセンシャル思考 最少の時間で成果を最大にする」

仕事術に関する本 グレッグ・マキューン「エッセンシャル思考 最少の時間で成果を最大にする」がおすすめの理由

色んなことがうまく行かないと感じていた時に手にとりました。この本で本当に必要なことだけに時間と労力を集中することが一番なのだと実感することができ、もっとシンプルに生きていけそうな気がしました。有限な自分の人生をもっと最大限に楽しむコツを教えてくれたと思います。(20代女性)

 

 

17.気くばり調査委員会「オトナ女子の気くばり帳」

仕事術に関する本 気くばり調査委員会「オトナ女子の気くばり帳」がおすすめの理由

働く上で必要な「さりげない気くばり」をまとめたハウツー本です。ちょっとした一手間で、人間関係を円滑に出来るので、社会人だけでなく学生さんにもオススメできます。私もこの本を参考にして、「気が利く」人を目指そうと思っています。(20代女性)

 

 

18.「お客様のニーズをとことん引き出す!カウンセリング販売の技術」

仕事術に関する本 「お客様のニーズをとことん引き出す!カウンセリング販売の技術」がおすすめの理由

ひとりひとりのお客さんの立場に立って悩み事や要望していることを引き出していき、真摯に応えるテクニックが参考になりました。ただ単に高いものを売りつけていくだけではなく、アフターサービスや信頼関係を築き上げるところが良かったです。(30代男性)

 

 

19.「ココ・シャネルの言葉」

仕事術に関する本 「ココ・シャネルの言葉」がおすすめの理由

ココシャネルブランドから、シャネルの人生論や仕事論について掲載されています。どんな人生だったのかも年表で示してあったりと興味深いです。当時、当たり前とされる文化習慣を改革した人です。女性ならではの目線や視点に生き方の部分で参考にすることがありました。(30代女性)

 

 

20.森川 亮「シンプルに考える」

仕事術に関する本 森川 亮「シンプルに考える」がおすすめの理由

森川氏の信条が過去に読んだ経営者の本とはほぼ異なっており、新しい視点を得られるためおすすめ。事業計画を持たない、上手くいっている時は報告不要など、非常に論理的な考えをお持ちの方で、「あたりまえ」のことを完璧にこなす彼の姿勢がうかがえる。(20代女性)

 

 

21.「スーパー「速学術」―この実績が証明する」

仕事術に関する本 「スーパー「速学術」―この実績が証明する」がおすすめの理由

この本には速学だけではなく、速読や様々な知識が入っているため、 短時間で学びを得たい場合にとても参考になりました。 これから学びたいが時間がない方や、一から学びなおそうとする、 独学者には一押しの本となっております。(30代男性)

 

 

22.「スッキリと「考える」技術」

仕事術に関する本 「スッキリと「考える」技術」がおすすめの理由

当たり前ですが「自分の頭で考え」て課題解決すること、 その「考える」ために必要なことが示されています。 この本にあるいくつかの事項に自答してプロットを作り、 気づきに応じて補正し、周囲を巻き込み課題解決する 手法を説いています。 考え抜くことで、ビジョンがしっかりしていくことで、 コンセンサスを形成し、課題を達成するテクニックの ひとつです。 普段、容易に課題解決の落込みができるようパターン 化した「フレームワーク」を利用する機会が多いです が、慣れてくると、そのフレームワークに無理のある オチになったり、取っ掛かりできないことが生じる 場合があります。この本では、その原因の一面を指摘 しています。フレームワークに気を取られ過ぎで、 フレームワークにアテ書きするような本末転倒なこと が起きているのですね。 フレームワークは、そのツールの意味と活用できる 条件が理解できてないと使えないわけです。 自分の頭で考えることが先になってくるのです。 若手向けの本ですが、自分のオリエン/プレゼンに しっくりこないものを感じた場合に、ヒントになる ことは多いです。(50代男性)

 

 

23.「セブン・イレブンの仕事術」

仕事術に関する本 「セブン・イレブンの仕事術」がおすすめの理由

セブンイレブンという日本を代表するチェーン店の強みを、わかりやすい文体で余すことなく教えてくれます。 これを読むことで、自分の仕事への取り組み方や、目標の持ち方を改めて見直すきっかけとなりました。 筆者の才能はもちろんですが、彼をここまで育て上げたセブンイレブンという会社へ尊敬の念を抱きます。 まさにセブンは死屍累々の戦場であり、顧客のために存在する会社でした。見習うべき点ばかりです。 仕事に生きたい人間であれば是非読んで欲しい一冊です。 普段から必死に仕事に向き合っている人であれば涙することもある内容となっています。 ちなみに私は気持ちを奮い立たされ泣きました。(20代女性)

 

 

24.「たった5秒思考を変えるだけで、仕事の9割はうまくいく」

仕事術に関する本 「たった5秒思考を変えるだけで、仕事の9割はうまくいく」がおすすめの理由

自らが頭の中で組み立てたイメージを実行する前にワンクッション置く、インバスケット思考が参考になりました。少しのアイデアや工夫で段取りを整理することによって、今の自分がやるべき事が見えてくるところが実用的でした。(30代男性)

 

 

25.「チェーンストア 能力開発の原則」

仕事術に関する本 「チェーンストア 能力開発の原則」がおすすめの理由

全てのチェーンストアに勤める方に是非読んで欲しい一冊。それほどまでにチェーンストアの仕組みについて詳細に書かれています。 決して読みやすい文章ではありませんが、チェーンで仕事をする上での基本的な要素が詰まっています。 これを知らずしてチェーンに勤めるということは、仕事に対する冒涜ではと思うほどです。 私たちがチェーンストアで勤める、もしくはチェーンストアを経営する上で、どのように考え、どのように振る舞い、何が必要なのかの基礎的な内容が詰まっています。 日本を変えた今は亡き渥美先生から直接学ぶことはもうできないので、せめて残された文字から学ぶことで自分自身を高めていきたいと強く感じる一冊だからです。(20代女性)

 

 

26.鎌田洋「ディズニー サービスの神様が教えてくれたこと」

仕事術に関する本 鎌田洋「ディズニー サービスの神様が教えてくれたこと」がおすすめの理由

ディズニーランドのキャストさんによる、パークの裏側を書いたエッセイ。ディズニーランドって、どうすればゲストに楽しんでもらえるかを本気で考えているんだなと感心します。ディズニー好きの方もそうでない方も楽しめます!(20代女性)

 

 

27.「ディズニー そうじの神様が教えてくれたこと」

仕事術に関する本 「ディズニー そうじの神様が教えてくれたこと」がおすすめの理由

老若男女問わず、人気を誇るテーマパークであるディズニーランド&シー。まさに「夢の国」と言われるほどの場所なわけですが、キャストのみなさんの粋な計らいが、多くのほっこりエピソードを生んでいます。たくさんの物語と名言、ディズニーの魅力が詰まった、心温まる1冊です。(20代女性)

 

 

28.成田直人「トップ販売員のルール」

仕事術に関する本 成田直人「トップ販売員のルール」がおすすめの理由

販売員の皆様に読んでほしいです!商品を売るのは当たり前。自分自信を売り込むことで自分が商品になることができる。ネットで買い物ができ、様々なお店が多いなか、自分に会いにくるお客様を作りたい!と思う方にぜひ読んでほしい!このルールができれば必ずトップになれるはず!(20代女性)

 

 

29.「となりのクレーマー」

仕事術に関する本 「となりのクレーマー」がおすすめの理由

接客業をやっていれば誰でも1度は必ずクレーマーに出会います。そんな時にどういう風に対応するかを実例を紹介しながら書いています。 ただクレーマーの言いなりになるのではなく、会社の今後の為や損害を少しでも少なくする為にどういう風にしたらいいかという事の参考になります。 実際にお客さんの対応を行う店員クラスの人は勿論、実際に店員を指導する上の立場の人も教育の為に一読すると良い会社を作る一歩になる事間違いなしだと思います。(30代女性)

 

 

30.「トヨタの仕事の基本大全」

仕事術に関する本 「トヨタの仕事の基本大全」がおすすめの理由

トヨタをベースにした仕事の指南書というのはたくさんあります。その中でもこの本は、トヨタの技術を伝導する教育係を担った方々が書いたのが本書です。参考書と辞書が混ぜあった様な体裁でかかれた本で、社員の行動教育を教えるために向いた本ではないかと思います。管理職が、社員教育をするのにオススメする本です。(40代男性)

 

 

31.井ノ上陽一「フリーランスのための一生仕事に困らない本」

仕事術に関する本 井ノ上陽一「フリーランスのための一生仕事に困らない本」がおすすめの理由

現在フリーランスで働いている人のための実用本というよりも、これからフリーランスで働いてみようかと考えている人への入門書としては非常にわかりやすい。特にやりたい仕事を得るための「自分メディア戦略」(第3章)の「ブログネタをつくる5つのコツ」は、ブログを書いているすべての人におすすめできます。(50代女性)

 

 

32.Linda Gorchels「プロダクトマネジャーの教科書」

仕事術に関する本 Linda Gorchels「プロダクトマネジャーの教科書」がおすすめの理由

特に製造業の業界・仕事において、マネジャーの立場になった人向けの教科書といった著書です。一般論といえばそれまでですが、自分の職場でも試せそうな知識をかいつまんで実行することが可能であり、辞書的に用いることもできるでしょう。(30代男性)

 

 

33.P.F.ドラッカー「プロフェッショナルの条件」

仕事術に関する本 P.F.ドラッカー「プロフェッショナルの条件」がおすすめの理由

どうすれば一流の仕事ができるか?自分の能力を見極め伸ばすための簡単な方法を教えてくれます。ドラッカーが自らの体験をもとに教える知的生産性向上の秘けつが書いてあるのですが、私はこれを読んでフリーランスとして自分の強みを生かしてお仕事をしていく決心をしました。それだけ人を動かす力のある本です。(40代女性)

 

 

34.堀江貴文、西村博之「ホリエモン×ひろゆき やっぱりヘンだよね ~常識を疑えば未来が開ける~」

仕事術に関する本 堀江貴文、西村博之「ホリエモン×ひろゆき やっぱりヘンだよね ~常識を疑えば未来が開ける~」がおすすめの理由

普段の生活の中で「常識」と考えられて大抵の日本人が何の疑問も持たないであろうことに対し「変だよね」と疑問を呈している。その考えはロジカルで合理的な考察の元成り立っているので反論の余地がない。自分も常識にとらわれない生き方をしているつもりであったがこの本で「そういえばそうだよな」と新たな気づきを得ることができた。(30代男性)

 

 

35.「マッキンゼー流入社1年目問題解決の教科書」

仕事術に関する本 「マッキンゼー流入社1年目問題解決の教科書」がおすすめの理由

入社してしばらくして、仕事ができないと落ち込んでいたときに先輩からすすめられて読みました。1つ1つの考え方がすんなりと頭に入ってきて、積み重ねていけばうまくいにそうだ、と自信をつけることができました。(20代女性)

 

 

36.「まんがでわかる 7つの習慣」

仕事術に関する本 「まんがでわかる 7つの習慣」がおすすめの理由

あの有名な「7つの習慣」のまんが版です。非常に読みやすく、一気に読めます。まんがなので楽しみながら読むことができます。身近な事例が多く、人生受け身ではダメと納得の内容です。より良い人生を歩むためのバイブルです。(30代男性)

 

 

37.「マンガでわかる!マッキンゼー式ロジカルシンキング」

仕事術に関する本 「マンガでわかる!マッキンゼー式ロジカルシンキング」がおすすめの理由

こちらは仕事のやり方について書かれている本で、上司から毎日のように任される何気ない仕事でも、ロジカルシンキングを踏まえて考え行動すると、成約率が高まるので、それらを実践していくコツについて書かれています。マンガなので、ストーリー仕立てになっており、読みやすいのと、主人公がどのように成長していくかがつかみやすい点が読みやすさの1つです。また、毎日すこしずつでも取り組めるようなロジカルシンキングを身につける方法が書かれているので、実践しやすい内容だと感じるので、おすすめ致します。(20代女性)

 

 

38.「マンガでわかる続ける技術」

仕事術に関する本 「マンガでわかる続ける技術」がおすすめの理由

本をあまり読めないと言う人でも見やすくわかりやすい。登場するキャラクターも可愛く楽しみながら技術を身に付けることが出来る。また、節目には文書での説明書きもあり一目で内容がわかる。読者のやる気を出させる一冊。(20代男性)

 

 

39.「マンガで入門!会社の数字が面白いほどわかる本」

仕事術に関する本 「マンガで入門!会社の数字が面白いほどわかる本」がおすすめの理由

この本は高校生やビジネス初心者の方でも簿記が理解できるように漫画形式で書かれた本です。 主人公は会社から内定を頂きました。そして、内定通知後に忘れ物を取りに行った際に、その企業の経営がピンチになっていることを聞いてしまいます。しかし、主人公はその会社に入社します。そして、社長から経営のことを任せられてしまいます。 主人公は簿記初心者でしたが、先輩や同僚のサポートもあり、会社経営に成功するという話の本です。(20代男性)

 

 

40.「やる気クエスト」

仕事術に関する本 「やる気クエスト」がおすすめの理由

はじめタイトルを見て、なんだろう、と思いました。やる気を出す方法をRPG風の世界観で綴ったものだ、という事なので、ファンタジーものの好きな私は即買いしました。 内容もしっかりしていてわかりやすく、話もとても面白く、一気に6巻読み終えてしまいました。書籍内の究極技術を私も修行中です。(20代女性)

 

 

41.「ワークシフト」

仕事術に関する本 「ワークシフト」がおすすめの理由

年々、人々の働き方は変わって来ている。これまでは、新卒で入社した会社を定年まで働くというのが一般的であった。そのため、一度そのレールを外れてしまうと世間から見下され、人生失敗という文字がよぎっていた。しかし、今は違う。自己が尊重され、自由に生きるための選択肢が広がっている。これから20年、30年先の未来はどのような働き方になっているのかを説得力ある内容で書かれている。(20代男性)

 

 

42.「下流志向」

仕事術に関する本 「下流志向」がおすすめの理由

うちの息子がニートで困ってるのよ。そんな立場の人に読んでもらいたい。彼らがなぜ働かず家に引き籠るのか?「なぜ働かなければいけないのか」屁理屈言ってないで働けと突き放すことは容易だが、一緒に悩んでみるのも良いだろう。こんなにも簡単で難しい質問に、あなたは答えられますか?(30代女性)

 

 

43.「何を捨て何を残すかで人生は決まる」

仕事術に関する本 「何を捨て何を残すかで人生は決まる」がおすすめの理由

自分の持ち物や交友関係は、周囲の常識ではなく自分の視点で決めなさいと解説する自己啓発本です。ネットによって「世間の常識・流行」に関する情報が容易に入ってきてしまう現代だからこそ、人間関係も含めて自分が必要とするものだけを利用すべきと割り切るよう説かれます。(30代男性)

 

 

44.「技士道 十五ヶ条 ものづくりを極める術」

仕事術に関する本 「技士道 十五ヶ条 ものづくりを極める術」がおすすめの理由

著者の西堀榮三郎は第1次南極越冬隊長を務めた人物で、極地でのチーム管理の確立に尽力しました。常に死と隣り合わせの現場において、持ち前の創造力で次々に起こる問題を解決したことこそ、ものづくりの極意であると述べられています。現代の技術者にとって必要な考え方を学べる良書です。(50代男性)

 

 

45.「久米宏です。ニュースステーションはザ・ベストテンだった」

仕事術に関する本 「久米宏です。ニュースステーションはザ・ベストテンだった」がおすすめの理由

テレビ界の裏話はもちろんのこと、懐かしい時代の一コマ一コマが思い出され感激がある。 久米さんの、テレビで見せる力を抜いた表情とは裏腹に、こんな苦労の積み重ねがあったのかと、天才は人知れず努力を重ねてきたのだと痛感。 読み応えがあります。(60代女性)

 

 

46.「強運を味方につける49の言葉」

仕事術に関する本 「強運を味方につける49の言葉」がおすすめの理由

運の良い人はなぜ運が良いのか?不思議ですが、読んでいて笑えます。なるほど!と感銘を受けるだけではなく、自分はすでに出来ていた、今やっている、出来ていないから明日から実行してみよう、そんなふうに「前向き」になる本です。前向きにならざるをえない文章になっております。ですので、お堅い仕事術のビジネス書と言うよりは、笑える・運が味方につく・時間があったら何度でも読みたい!そのように感じられる面白い本です。(30代女性)

 

 

47.藤沢 武夫「経営に終わりはない」

仕事術に関する本 藤沢 武夫「経営に終わりはない」がおすすめの理由

世界的な自動車メーカーのホンダの創業者の本田宗一郎を影で支えた人物の経営理念が書かれています。 どうすれば自分の為に仕事をできるのかという事が良くわかりますし、仕事で悩んでいる方にはヒントがみつかると思います。(20代男性)

 

 

48.堀江貴文「好きなことだけで生きていく」

仕事術に関する本 堀江貴文「好きなことだけで生きていく」がおすすめの理由

この本では、好きなことだけを好きなだけして、満足しながら生きていく方法をかなり詳しく紹介している。著者の堀江貴文さんは「自分で自分にストッパーをかけない」「勇気を出して一歩踏み出す」ことが、何よりも大切だと訴える。誰よりも自由な生き方を追求する堀江さんが、読者の背中を押してくれる本。(10代男性)

 

 

49.坂上俊次「惚れる力 カープ一筋50年。苑田スカウトの仕事術」

style=border:none

仕事術に関する本 坂上俊次「惚れる力 カープ一筋50年。苑田スカウトの仕事術」がおすすめの理由

今ある広島東洋カープをはじめとした選手たちの持つ小さな芽吹きを表だけを見るのでなく見抜いていくという眼力を備えた人物像に魅力を感じる。それを50年もの長きに渡りブレることなく持ち続けられていることを見習いたい。(50代女性)

 

 

50.中原一歩「最後の職人 池波正太郎が愛した近藤文夫」

仕事術に関する本 中原一歩「最後の職人 池波正太郎が愛した近藤文夫」がおすすめの理由

天ぷら油の温度を、油の表面を見ただけで完璧に当てるというプロの技が紹介されていますが、そこから学べることは多くあります。ほんの僅かな違いを感じ取ることは、あらゆる仕事において上達への早道と言えるでしょう。プロフェッショナルを目指す人にとっての必読書です。(50代男性)

 

 

51.「最適解の技術」

仕事術に関する本 「最適解の技術」がおすすめの理由

ビジネスにおける様々なシチュエーションでの、選択肢の最適化について考えさせられました。今現在の自分にとってなにが1番大切なのかを意識して行動することによって、迷いなく決断できるようになる気がしました。(30代男性)

 

 

52.中島孝志「仕事が速い人の手帳・メモ・ノート超活用術」

仕事術に関する本 中島孝志「仕事が速い人の手帳・メモ・ノート超活用術」がおすすめの理由

メモやノートといった誰もが使うツールを、具体的な実例と豊富な図解を交えて自身の強力な武器に磨き上げていく事をこの本で学ぶことができます。 私自身もこの本の内容を実践することで段取りや発想力・企画力が磨かれ、仕事をより効率的にこなせるようなったのでオススメします。(20代男性)

 

 

53.「仕事で差がつく★「マナー&女子力」アップ術」

仕事術に関する本 「仕事で差がつく★「マナー&女子力」アップ術」がおすすめの理由

時代とともに少しずつ変わっていく、職場でのビジネスマナーが分かりやすくまとまっていました。男性であれ女性であれ、自分の任された毎日の仕事に対してプライドをもって取り組むことの大切さが伝わってきました。(30代男性)

 

 

54.「仕事に役立つマインドマップ」

仕事術に関する本 「仕事に役立つマインドマップ」がおすすめの理由

自分の考えと、問題解決の方法と道筋などを、図にして理解する方法・手順を紹介する著書です。ただし、これをやってうまくいったという自己満足的な体験談が多いので、いざ自分もやってみたいという強い動機と共に読むのが良いでしょう。(30代男性)

 

 

55.「仕事は見た目」

仕事術に関する本 「仕事は見た目」がおすすめの理由

ビジネスの様々なシチュエーションでの、ファーストイメージの大切さを感じました。自分自身について正しく知りあるべき姿を定めることによって、外見的な特徴や魅力を周りの人たちに伝えていくことを考えさせられました。(30代男性)

 

 

56.千田琢哉「仕事は好かれた分だけ、お金になる。」

仕事術に関する本 千田琢哉「仕事は好かれた分だけ、お金になる。」がおすすめの理由

会社で働いている人に上司から見た目線や、先輩から見た目線や、後輩や部下から見た目線などいろいろな目線から事細かくどうすると自分が好かれるかとか、どのような行動をするとみんなに好かれるかを色々な角度から教えてくれていて、とても参考になりました。(40代男性)

 

 

57.尾形圭子「仕事美人のビジネスマナー基本とコツ」

仕事術に関する本 尾形圭子「仕事美人のビジネスマナー基本とコツ」がおすすめの理由

働く女性が多い現代社会におすすめの1冊です。お客様、取引先、職場内での立ち振る舞いなど、オフィスで働く女性から販売、営業など、この本だけで様々な業種の方に参考になると思います。入社したての方にはぜひ読んでほしいです。(20代女性)

 

 

58.大島真理「司書はときどき魔女になる」

仕事術に関する本 大島真理「司書はときどき魔女になる」がおすすめの理由

図書館司書であり大学でも図書館学を教える著者の「司書という仕事」を楽しくおしゃべりするように綴られた人気エッセイシリーズ。仕事に誇りを持ち、常に向上し利用者に尽くす精神を、ときに悩みながら、貫く様子がいきいきと描かれています。普段図書館を利用する人もしない人も、司書の仕事の難しさや楽しさをこのエッセイから学び自分の仕事への向き合い方も教えられる内容になっています。(30代女性)

 

 

59.「社会人一年目の教科書」

仕事術に関する本 「社会人一年目の教科書」がおすすめの理由

この本には、社会人一年目として大切な、仕事術が書かれています。とても基本的なことですが、とても大切なことが書かれており、大変参考になります。この本は社会人一年目のみならず、それ以上経験のある方にも初心に立ち返る良い機会になると思うのでおススメです。(20代男性)

 

 

60.「勝ち続ける意志力 世界一プロ・ゲーマーの「仕事術」」

仕事術に関する本 「勝ち続ける意志力 世界一プロ・ゲーマーの「仕事術」」がおすすめの理由

対戦格闘ゲームが好きな人ならおそらく誰もが知っているであろう「ウメハラ」こと梅原大吾さんの仕事術が知れます。 まだ一般にはあまり浸透していないプロゲーマーという職業では、ただ「勝つ」ではなく、「勝ち続ける」という事が必要で、その為に人とは違う事を人一倍努力をしている彼の持論が展開されていて、ゲームに興味がない人でもとても楽しめる内容だと思います。(30代男性)

 

 

61.村上春樹「職業としての小説家」

仕事術に関する本 村上春樹「職業としての小説家」がおすすめの理由

村上春樹さんが、小説家を一つの職業として捉えて語られていますが、村上春樹さんの小説を好きな方も小説家に興味のある方も読んでみると興味深いと思います。どのようにしてあの名作が生まれたか、というより村上さんの普段の生活なども書かれていて、エッセイとしても楽しめます。(30代女性)

 

 

62.「心を高める、経営を伸ばす」

仕事術に関する本 「心を高める、経営を伸ばす」がおすすめの理由

結果を出した方が書いた本で、今までの経験などが書かれた本です。 そのため仕事で成果を出す最短ルートが記されています。 どうすればいいか道が示されているので、本書に書かれている事を実践する事で叶えられるのためおススメです。(30代男性)

 

 

63.川井栄一「新入行員の教科書」

仕事術に関する本 川井栄一「新入行員の教科書」がおすすめの理由

タイトルは、新入行員とありますが、銀行入行した方だけでなく、 新社会人として、何らかの会社の入社された方にも向いた内容です。 業務のプロになるため身に付けるべき心構えや、職場の処世術、指示 の受け方やこなし方などですので。 (入行年度は行員にとって最も基本的なマーカーなのですが、 このあたりは事業会社では少し違和感があるかもしれません。) 研修者向け前提の文章ですので平易な表現となっており、 自分がメンターやチューターになった場合の言い方や話し方など参考 になります。 逆に、今の自分を振り返ると、範としての不足に少し恥ずかしくなり つつも、現場ではこうも言ってられんと反発したくもなります。 でも最初はこうだったなと、擦れていった出来事を思い返して、 ふところにおさめ、素直ならないといけないと猛省してしまう作品でも あります。(50代男性)

 

 

64.「人生100年時代の新しい働き方」

仕事術に関する本 「人生100年時代の新しい働き方」がおすすめの理由

様々な職業を転々とすることが悪いことだと考えられがちだが、ひとつの仕事や職業にとらわれずに様々な分野でキャリアを積むことで得られる大事なスキルがあると気づかされる一冊。働き方を変えるためにはどうすればいいか、すぐに実践できる5つの方法が具体的に書かれているため、とてもわかりやすい。(30代女性)

 

 

65.「人脈を、お金にかえる勉強」

仕事術に関する本 「人脈を、お金にかえる勉強」がおすすめの理由

夫が以前、保険会社の営業職をしたときに購入してましたので、ついでに読みました。内容としては、たくさんの人にいっぺんにではなく1人ずつ会った方が、よりよい提案ができるとか、セミナーの正しい受け方といった、ホントに人脈ありきの仕事をする方向けの一冊でした。(30代女性)

 

 

66.「図で考える。シンプルになる。」

仕事術に関する本 「図で考える。シンプルになる。」がおすすめの理由

ダラダラとした文章をつづるより、ひとつの図であらわした方が理解しやすいと思いますが、実際伝えたいことをどう図にあらわしたら良いのか難しいです。それを昔話などを用いながら説明しているのでとてもわかりやすく、すぐ活用できる内容でした。(40代女性)

 

 

67.「図解 うまくなる技術」

仕事術に関する本 「図解 うまくなる技術」がおすすめの理由

行動科学に基づいた、仕事などの段階的な進め方が具体的に紹介される著書です。人間の意志はそもそも弱いものであるから、いかに仕組みや環境を構築することで、自分を「乗せて」いくかが大事。そのための心構えや環境作りが紹介されていました。(30代男性)

 

 

68.「図解で分かる!最新ビジネス理論大全」

仕事術に関する本 「図解で分かる!最新ビジネス理論大全」がおすすめの理由

この本はビジネスで大切な事の基礎をまとめてあるという本です。 ビジネスの右も左もわからないという方にお勧めします。 基礎で知っておかなければいけない事、知っておいて損はないことを分かりやすく事例付きの 解説で説明してあります。(20代男性)

 

 

69.「世界のエリートはなぜ、「この基本」を大事にするのか?」

仕事術に関する本 「世界のエリートはなぜ、「この基本」を大事にするのか?」がおすすめの理由

マッキンゼーに在職していた方が自らの経験を基にして執筆されたビジネス書です。大学生時代に就職活動を目前にしていた時期に読みました。ビジネス書をあまり読まない私でもとても読みやすく、役に立つ知識ばかりだと凄いなと感じました。特に実践してみようと感じた項目は、「29.引き受けた仕事は5分間設定ですぐやる」です。忙しいとついつい物事を後回しにしてしまうことが多いですが、5分でもいいので少し手をつけ、仕事の手順や完成イメージなどを描いておけばその後改めて取りかかるときにスムーズにその仕事をこなすことができるという筆者の言葉にとても感心しました。(20代女性)

 

 

70.「接遇検定1級」

仕事術に関する本 「接遇検定1級」がおすすめの理由

本のとおり接客のすべての職種について幅広く書いております。食事のテーブルマナーから簡単な電話対応など一般常識のひとつです。また、接客の初歩から学びたければ接遇検定3級、接遇検定2級から読んでみて下さい。特にレストランのウエター、福祉介護、美容師、家電、アパレルなど目指す人に読んで欲しいです。(40代女性)

 

 

71.「絶対にミスをしない人の脳の習慣」

仕事術に関する本 「絶対にミスをしない人の脳の習慣」がおすすめの理由

ミスが多い人に読んで欲しい。効率化、同時進行、時短。どんな言葉でもいいけれど、意識すれば意識するほどミスをしてしまう。一度頭を白紙にすること。まずは睡眠を摂ること。こんな当たり前のことをするだけで、ミスって減らせるんですね。(30代女性)

 

 

72.「絶対残ってほしい人、すぐに辞めてもらいたい人―厳しい社員選別の時代に生き残る“新・人材論”」

style=border:none

仕事術に関する本 「絶対残ってほしい人、すぐに辞めてもらいたい人―厳しい社員選別の時代に生き残る“新・人材論”」がおすすめの理由

経営者側或いは上司側から部下を評価する場合、絶対残って欲しい人或いは辞めてもらいたい人という見方があるようなのですが、それぞれどんな例があるのか読んでゆくことで 、仕事をこなして行く上で一つの参考情報であり、且つ術になりえると思うのです。(40代男性)

 

 

73.「全面改訂版はじめてのGTD ストレスフリーの整理術」

仕事術に関する本 「全面改訂版はじめてのGTD ストレスフリーの整理術」がおすすめの理由

GTDと言えば、何を置いてもまずはコレを押さえるべきでしょう。タスクが多すぎて脳がパンパンになっている方には(かつての私もそうでしたが)、GTDの発想は目から鱗では。 サラリーマンだとこの通りやるのは難しいかもですが、発想を取り入れることで必ず役に立つと思います。 まずは読んでみて、脳にストックしない、を心がけるだけでも。(30代女性)

 

 

74.「孫子の兵法戦略入門」

仕事術に関する本 「孫子の兵法戦略入門」がおすすめの理由

中国の軍法書として有名な孫子の兵法。現代社会にも通じるところがあり、いろんな分野に転用されて使われています。 この本では、現代社会のビジネスに置き換えて書かれています。 厳しい現代をビジネスでどう乗り切るか参考になるのでオススメします。(40代男性)

 

 

75.「大本営参謀の情報戦記」

仕事術に関する本 「大本営参謀の情報戦記」がおすすめの理由

この本は社会人として仕事をするうえでいい本だと思います。その理由は「情報」というものに対する考え方がよくわかります。簡単にいえば、目の前にある「情報」に対して 疑う心が最低限にあれば仕事はやりやすくなるということでしょうか。(40代男性)

 

 

76.「第一印象で売る!信頼と共感の接客術 イメージコンサルタントが教える」

仕事術に関する本 「第一印象で売る!信頼と共感の接客術 イメージコンサルタントが教える」がおすすめの理由

販売員とお客さんを結び付けていく、ファーストイメージの大切さについて考えさせられました。日常生活の中でできる表情のトレーニング方法や、ビジネスにおいての立ち振る舞いの好感度をアップさせる練習が参考になりました。(30代男性)

 

 

77.「超一流の雑談力」

仕事術に関する本 「超一流の雑談力」がおすすめの理由

現代の日本では働き方改革が進みにつれて短時間でより成果を上げることが働く人により求められ、顧客とのコミュニケーションも簡略化されています。この本はそんな働き方に警鐘を鳴らし、むしろ遠回りした雑談をすることで顧客との距離を縮め、結果的に短時間で成果を上げられるということに気づかされた素敵な本だからです。(20代男性)

 

 

78.「天才たちの日課」

仕事術に関する本 「天才たちの日課」がおすすめの理由

日々の仕事を「習慣化」する意義が紹介される著書です。成功した人は、必ずしも特異な仕事ぶりが見られた訳でもありません。ただし、長年にわたり「毎日文章を書く」など単純な努力をルーチンとしていた共通点がよく見られる、という具体的事例の紹介でした。(30代男性)

 

 

79.「伝説の秘書が教える「NO」と言わない仕事術」

仕事術に関する本 「伝説の秘書が教える「NO」と言わない仕事術」がおすすめの理由

誰にでもある仕事上での無茶振りや厳しいと思える案件のうまくいく進め方などが具体例と共に紹介されているから。出来ないことでもそのままにしない、その状況下での最善の提案をする事を繰り返しインプットできるので日々の生活に活かしやすい。(20代女性)

 

 

80.田宮 俊作「田宮模型の仕事」

仕事術に関する本 田宮 俊作「田宮模型の仕事」がおすすめの理由

木製の模型から始まり、その後のプラモデル、ラジコンへの商品展開といった田宮模型の歴史をなぞりながら、著者(田宮氏)や会社の仲間達との模型、製品開発のエピソードやこだわり、情熱といった所が当時を振り返りながら綴られています。一つの物作りに対しての奥深さを感じられる内容です。文章も読みやすいです。(40代男性)

 

 

81.「読んだら忘れない読書術」

仕事術に関する本 「読んだら忘れない読書術」がおすすめの理由

例えば「記憶するためにはアウトプットする」「書いてある内容にのめり込む」などの記憶のコツが紹介されます。あえて丸暗記しようと努力しなくても、例えばその文章の作者の人生に興味を持てば、書いてある内容も自然に自分の記憶に定着するだろう、といった流れが紹介されます。(30代男性)

 

 

82.「日本歴史を点検する」

仕事術に関する本 「日本歴史を点検する」がおすすめの理由

昔、手にした本です。この本は歴史のプロの対談を収録したものでしょう。対談の本には「手軽にできるゆえ」に敬遠する消費者もいるように思われますが、実はこれは対談している側も大変だということを知るようになりました。「自分と相手」の関係には慎重になります。(40代男性)

 

 

83.「入社1年目の教科書」

仕事術に関する本 「入社1年目の教科書」がおすすめの理由

この本は1年目で「社会人」とは何かということから、社会人になってからの身の振り方まで勉強することができます。また1年目の時だけでなく、入社5年目までは、自分自身を振り返るためにも必要な本だと思います。(20代女性)

 

 

84.「脳がよろこぶ仕事術」

仕事術に関する本 「脳がよろこぶ仕事術」がおすすめの理由

脳科学の見地から新しいタイプの仕事術を編み出していくところが面白かったです。ビジネスにおける様々なシチュエーションを円滑に進めていくことによって、日常生活での他者とのコミュニケーションにも活かすことができそうです。(30代男性)

 

 

85.成毛眞「発達障害は最強の武器になる」

仕事術に関する本 成毛眞「発達障害は最強の武器になる」がおすすめの理由

成毛さんご自身の体験に基づいたお話が主ですが、発達障害に限らず、それぞれの得意なことを活かすというのは、これからの時代のどこの組織にも言えることだと思い、色々な人に読んでいただきたいです。香山リカさん、和田秀樹さんとの対談が途中にあり、読みやすいです。(30代女性)

 

 

86.村上アシシ「半年だけ働く」

仕事術に関する本 村上アシシ「半年だけ働く」がおすすめの理由

独立している人や独立を目指している方にはお勧めの一冊です。 独立をしてお金を稼げばものすごく楽であるという事と、終身雇用制が崩れている現代だからこそ独立をしてお金を稼ぐ事がどれだけ大切かを理解できる一冊です。(20代男性)

 

 

87.「僕らが毎日やっている最強の読み方」

仕事術に関する本 「僕らが毎日やっている最強の読み方」がおすすめの理由

池上彰と佐藤優という、知識の二大巨頭が、読書を通じた情報収集術を具体的に公開してくれるなんて! 何を読んでいるか、何を読めばいいかまで指南してくれるなんて! ワンランク上の人生を歩みたいなら、ぜひ読んでおきたい本。(40代女性)

 

 

88.「未来の働き方を考えよう」

仕事術に関する本 「未来の働き方を考えよう」がおすすめの理由

産業革命に匹敵するくらいの社会的変化が現在起こっている現在。「新しい時代の可能性を楽しもうとする姿勢が、時代の変わり目には重要です」と自らそのモデルとなって、私達に新しい方向を示してくれている、現代の名著です。(30代女性)

 

 

89.渡部卓「明日に疲れを持ち越さない プロフェッショナルの仕事術」

仕事術に関する本 渡部卓「明日に疲れを持ち越さない プロフェッショナルの仕事術」がおすすめの理由

ワーク・ライフ・バランスが重視され始めた昨今、ストレスフルな職場をうまく乗り切るにはどうすればいいのか。誰もが身に付けたいと思うその技術が、ここにわかりやすく記されています。特に仕事に対する不安を抱え続けている人におすすめです。(50代男性)

 

 

90.「儲かる売り場の全技術」

仕事術に関する本 「儲かる売り場の全技術」がおすすめの理由

商品の並べ方や簡単な手書きのPOPを取り付けていくだけで、お客さんが立ち寄ってくれる売り場へと変わっていくところが面白かったです。レイアウトの変更によって、その場所で働いている人たちの意識改革にも繋がるものを感じました。(30代男性)

 

 

91.「役員になる前に知っておきたい 出世する部長の仕事」

仕事術に関する本 「役員になる前に知っておきたい 出世する部長の仕事」がおすすめの理由

管理職でも課長と部長では、実はまったく仕事の内容が異なります。企業はそれにむけた教育研修をしてくれるにはしてくれますが、数日の研修で全てを学べるものではありません。本書はそんな部長の仕事を教科書的な視点で学べる良書です。これから部長になるかたも、すでに部長のかたも改めて読んで見れば、気づかなかった仕事術を学べます。(40代男性)

 

 

92.「落ちたリンゴを売れ!」

仕事術に関する本 「落ちたリンゴを売れ!」がおすすめの理由

著者は箱田忠明さんで年間300回以上のセミナーをこなすカリスマインストラクターなのですが上記の著書には成功者が密かに実践するルールや 仕事やプライベートにも役立つルールが公開されていて、とても勉強になります。ちなみにフォレスト出版から出ております。 haruyoshida様の年齢が分からないので紹介するのかを迷ったのですが帯に「35歳までに何をするか?」で人生が変わる!と書かれていまして、 夢に消極的な自分自信を変えたくて本屋に買いに走った記憶があります。35歳以上でも目から鱗が落ちるエピソードが盛り込まれているので興味 があれば是非、一読してみて下さい。(40代男性)

 

 

93.「林修の仕事原論」

仕事術に関する本 「林修の仕事原論」がおすすめの理由

テレビでお馴染みの予備校講師、林修先生が、この社会で“勝てる場所”を見つけるためにどのように考え、どのように行動してきたのかという、自身の仕事観を明らかにした一冊です。勝ち組に入るための考え方を学ぶには最適です。(50代男性)

 

 

94.「六本木ホステスから盗んだ、稼ぐための仕事術」

仕事術に関する本 「六本木ホステスから盗んだ、稼ぐための仕事術」がおすすめの理由

堀江貴文さんが書いていて、とても読みやすかった。 接客業の基本の話と、ビジネスに関する話でした。 同じ内容で漫画で書かれた本もあったが、漫画よりこちらのほうが詳しく書かれているので 読むならこちらのほうがいい。(20代女性)

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました