「会話・会話術」に関する本おすすめ65選

スポンサーリンク

Contents

スポンサーリンク

「会話・会話術」に関する本おすすめ

 

1.佐々木圭一「伝え方が9割」

会話・会話術に関する本 佐々木圭一「伝え方が9割」がおすすめの理由

相手からのOKが増えると可能性が広がるということばがとっても印象的でした。ことばの可能性が自分の可能性を広げてくれるんだなぁと目からうろこの1冊です。続編である「・・・2」と漫画バージョンもありますが、最初のこの本で充分網羅出来ます。キャッチコピーを考えておられたプロの方の本なので読みやすく具体的な例もたくさんありとっても参考になりました。あと持ち運びできるようにまとめが切り抜けるようになっていたのも親切だなぁと感じました。(40代女性)

生活をしていく上で、コミュニケーションは欠かせないもの。自分の要求や願望を叶える機会を増やすには、少し言い回しを変えることからなら始められそうじゃないですか?ちょっとした気遣いや言葉遣いで、自分の価値を高められると思います。(20代女性)

この本は、何気ない会話の中での人への伝え方をすっきりまとめてあるからです。どの年代の方にも響くと思いますし、何より仕事上だけで使えるというわけではなく、日常生活でもその手法を使えることができるので、とても便利な一冊です。(20代女性)

今まで自分が伝える際に相手の理解力に頼ってしまい、なかなか話がうまくなかったです。この本を読んだことで 人によって話し方や伝え方を変えなければならないなということがわかったので相手にどう伝えたいか悩んでいる方にお勧めしたいです。(20代女性)

普段の会話や重要な場面などでどんな風に伝えるかによってその結果が変わってくるということをいろいろな例を用いてわかりやすく書いてくれています。伝え方ひとつで物事がプラスに働くということを学べるのでとてもオススメです。(30代女性)

とても読みやすかったです。仕事で、部下を持つようになると、当たり前のようでもなかなか出来ない物事の上手な伝え方に苦戦していた時に本屋で見つけました。自分も相手も気持ちよく付き合うための言い方は参考になります。簡単なようで実はかなり頭も使うと思いました。(20代女性)

相手に意思を伝え、Yesを引き出すノウハウが7つあった。相手の好きなこと、選択の自由、認められたい欲求、あなた限定、チームワーク化、嫌いなこと回避、感謝。勉強になったし、無意識に自分が使っていた事もいくつかあり、自信もついた。総じて、相手の立場を考えた上で自分の要求を飲んでもらう、これが重要なのだろうと思います。(50代男性)

 

 

2.阿川佐和子「聞く力 心をひらく35のヒント」

会話・会話術に関する本 阿川佐和子「聞く力 心をひらく35のヒント」がおすすめの理由

物腰が柔らかい女性らしい文体なので非常に入り込みやすいです。社会人になる手前で母に勧められ読みましたが、対人関係が苦手な私に非常に参考になる例示が多々あり共感する部分が多かったので、ぜひ周りの人にも、特にこれから社会に出る学生さんにおすすめしたい本の一つです。(20代女性)

「サワコの朝」などインタビュアーとして活躍する阿川さんの心がけている交渉術、聞く力に関する本。 相手との「間」や「気づかい」といった、テレビを見ていても伝わる阿川さんの思いやる力がこの本書で学べます。 対談相手の裏話など貴重なエピソード垣間見えて一見の価値あり。(20代男性)

人と話すためには、どのようなことが必要なのかを教えてくれる内容になっている。会話するためには自分だけが、一方的に話すのではなく相手の気持ち、感情をくみ取り話してもらうことがとても大事なことがわかる。自分が、聞くためにどのようなこと、心構え、自分の態度を考え直すきっかけになる。(60代男性)

生きていく上で、どんなライフスタイルを送っていても人との会話は避けて通ることは出来ません。この本では、その会話の中でも聴き側がどういうスタンスでいると、その会話が素敵なものになるかが、インタビュアーの立場から、分かりやすく書かれているのが良かったです。著名な方と関わることの多い筆者ならではの、彼らからの教訓なども書かれていたのも面白かったです。(20代女性)

 

 

3.杉山美奈子、 伊藤美樹「話し方のマナーとコツ」

会話・会話術に関する本 杉山美奈子、 伊藤美樹「話し方のマナーとコツ」がおすすめの理由

とてもわかりやすくマナーや会話術やそのシュチュエーションによる言葉のチョイスが書かれていた。相手の立場になり、敬語の使い方なども書かれていたり、好感の持てるマナーについて改めて勉強になりました。 普段相手へのマナーがうまくなっていないのではと不安だったのですが、これを読んで少し自信を持ちながらおしゃべりができるようになりました。(30代女性)

いくつかのマナー本をこうにゅうしたのですが、イラストも入っていて、情景描写がしやすく、内容的にも大人な返答回答が書かれているな、と思い、いつも机の上に置いている本です。イラストを使っていますが、大人が読むのに抵抗のない本です。(40代女性)

まず、この本は絵や図式が多く、意気込まなくても軽い気持ちで読むことが出来るので様々な方が手に取りやすいと思います。 内容としては、様々な場面でどのような言葉遣い・言葉を選べばコミュニケーションが円滑に行くかが分かりやすく書かれています。 自分のコミュニケーション能力が不安になった時、なにか一言が浮かばなくて反省をした時にすぐに手に取りたくなる本です。(20代女性)

人と話すときにどのようなことに気を付ければ、その人を不快にさせないか、良い気持ちにさせることができるかが書かれてあります。絵本のような感じで、イラストをたくさん使って書かれているのでとてもわかりやすく、読んでいて楽しいです。(30代女性)

 

 

4.サラ・クーパー「会議でスマートに見せる100の方法」

会話・会話術に関する本 サラ・クーパー「会議でスマートに見せる100の方法」がおすすめの理由

スマートに乗り切るための具体的なテクニックが100コ書かれている本です。くだらなさすぎて最高に笑えます。100コ全部がすぐにでも実践できるライフ&ビジネスハックの面白本です。これしている人がいるなと思う瞬間があります。(30代女性)

会議からプレゼン、夜のディナーまで、スマートに乗り切るための具体的なテクニックが100コ書かれている本です。くだらなさすぎて最高に笑えます。この本を読んでいると当てはまる部分があるときがあります。読んだ人はこれを経験すると思います。(30代女性)

会議からプレゼン、夜のディナーまで、スマートに乗り切るための具体的なテクニックが100コ書かれている本です。100コ全部がすぐにでも実践できるような気がします。読んでいて、これしたいなと感じることがたくさんありました。(30代女性)

 

 

5.齋藤 孝「雑談力が上がる話し方 30秒でうちとける会話のルール」

会話・会話術に関する本 齋藤 孝「雑談力が上がる話し方 30秒でうちとける会話のルール」がおすすめの理由

馴れない人との会話がづつかない人などにオススメです。会話のとっかかりのル-ルが具体例をあげていくつかわかりやすく書いてあるので、日常生活でもすぐに実戦できると思います。また、親しみやすいイラストつきなので読みやすいと思いました。(40代女性)

これから社会にでる学生にぜひ読んでもらいたい。 非常に分かりやすく書かれていて、テクニックも身につけられる。 この本を読んで、何気ない会話をするにも自然とできるようになりました。 会話をする時に緊張する人にもオススメの本です。(20代女性)

ちょっとした何気ない雑談などにとても役立つ本です。こうすればいいのだ!と思えるアイデアがたくさん載っていておもしろいです。簡潔に書いてあるので読みやすいし、この本自体が話題作りになってよいと思います。(40代女性)

 

 

6.吉田尚記「なぜ、この人と話をすると楽になるのか」

会話・会話術に関する本 吉田尚記「なぜ、この人と話をすると楽になるのか」がおすすめの理由

ニッポン放送のアナウンサーが書いた会話術の本で、いきなり具体的なテクニックに入らず、まず「会話とは何か」「何のために会話をするのか」ということについて言及しています。会話中の本を読むような層は、話すのが苦手か、会話に興味がある人たちだと思います。私もその1人なので、会話を仕事とするアナウンサーの会話への考察は、非常に楽しんで読むことができました。(20代女性)

コミュニケーションをゲーミング理論に当てはめて考えた本書。会話をゲームと捉えて攻略せよ!というなんとも楽しそうな考え方が載っています。エレベーターの会話が苦手…雑談でどうしても話が途切れてしまう…という会話が苦手な人に向けて「攻略法」が読みやすい文体で書いてあります。(20代女性)

 

 

7.佐々木圭一「まんがでわかる 伝え方が9割」

会話・会話術に関する本 佐々木圭一「まんがでわかる 伝え方が9割」がおすすめの理由

漫画になっているのでとても読みやすいです。登場人物の会話の中で伝え方について大事な部分が出てくるので、実践に近い使い方が見れてわかりやすいです。合間にまとめや説明が挟まれているので要点だけ読み返すことも出来て理解しやすかったです。(20代男性)

私自身が活字があまり好きではないですが、漫画でわかりやすく記載があるのでストーリーを読んでいくだけで自然に伝え方のテクニックや手法が頭に入っていきます。作者も元々は伝える事が得意ではない方だったとの事で内容もわかりやすく書いてあるので気軽に読める作品でおススメです。(30代女性)

 

 

8.梅田悟司「「言葉にできる」は武器になる」

会話・会話術に関する本 梅田悟司「「言葉にできる」は武器になる」がおすすめの理由

人とのコミュニケーションやプレゼンなどあらゆる場面で自分が考えていることをぴったりと言葉にすることは完璧に行うことが難しいのでそういう人に読んでほしい本。今何か課題に追われている時も頭の中を整理させる事ができてお勧めできる!(20代女性)

 

 

9.「「人たらし」のブラック心理術」

会話・会話術に関する本 「「人たらし」のブラック心理術」がおすすめの理由

嘘をつくのはいけないと子供のころから、そう言われているけれど、社会人になると噓も方便で、人間関係が円滑になるには多少のウソも必要ということがわかります。また、気の回る人は人の何倍も頭を使って行動しないといけないので人たらしは単なる茶坊主では無理だなと痛感する本です。(20代女性)

 

 

10.櫻井弘「「話す力」が面白いほどつく本」

会話・会話術に関する本 櫻井弘「「話す力」が面白いほどつく本」がおすすめの理由

「話す」ことに自信がない人にはオススメの本です。自分の話し方の癖やどのように相手と話せばいいか、を考え直すきっかけをつくれます。読んでいる途中でポイントが分かりやすく書かれており、文章を読みながらポイントを見返して、自分に当てはまることで、より身近に「話す」ことへの力になります。(20代女性)

 

 

11.「10歳若返る!話し方のレッスン」

会話・会話術に関する本 「10歳若返る!話し方のレッスン」がおすすめの理由

話すとは、口先だけでなく呼吸が大切とのことで、ダイエット目的ではなかったですが、腹式呼吸でインナーマッスルを刺激しておなかもへこませることができました。 著者の美に対する姿勢にも感心させられ、背筋がピンと伸びました。(30代女性)

 

 

12.小西美穂「3秒で心をつかみ 10分で信頼させる 聞き方・話し方」

会話・会話術に関する本 小西美穂「3秒で心をつかみ 10分で信頼させる 聞き方・話し方」がおすすめの理由

日本テレビでニュースキャスターをしている小西美穂さんが執筆した会話術の本です。会話のプロのニュースキャスターが書いた本だけあって、実践ですぐに使える会話のテクニックが満載です。とても読みやすくわかりやすいので、会話が苦手な方におすすめします。(50代男性)

 

 

13.小林昌平 山本周嗣 水野敬也「ウケる技術」

会話・会話術に関する本 小林昌平 山本周嗣 水野敬也「ウケる技術」がおすすめの理由

これ結構テクニック載っててよかったです とにかく「この人面白いぞ!」と思わせるコミュ力の技術が詰まったノウハウ本でした。 コミュ力上げるには非常に良い参考書だと思います。 内容も体系的にカテゴリーで分けてうまくコミュニケーションできるコツやポイントが書かれてありますので、かなりおすすめしたい一冊です。普段の仕事や生活シーンでもっとうまく会話できたらと思ってる方は読むべき本(10代女性)

 

 

14.山口路子「オードリー・ヘップバーンの言葉」

会話・会話術に関する本 山口路子「オードリー・ヘップバーンの言葉」がおすすめの理由

オードリーの作品は、スカlートがめくれ上がっているシーンしか知らない。どこがそんなに良いのだろうと、この本を手に取った。それで分かったことは、才能があるのに謙虚、晩年になるほど周囲に貢献しようとする姿勢だろうか。(30代女性)

 

 

15.山口路子「ココ・シャネルの言葉」

会話・会話術に関する本 山口路子「ココ・シャネルの言葉」がおすすめの理由

彼女の生きた時代に、はっきりと意見を言う女性は嫌われただろう。喪服である黒い服を好んで着ていたのも珍しい。上品で謙虚で、、、と勝手にイメージを作り上げていたことに反省し、八方美人にならぬように私も気をつけよう。(30代女性)

 

 

16.「すぐ忘れる男決して忘れない女」

会話・会話術に関する本 「すぐ忘れる男決して忘れない女」がおすすめの理由

私自身、周りの男性と会話をする時に男性との記憶の違いに違和感を感じていて手に取りました。 男性と女性の脳の違いから起こるすれ違いや、そのおかげでお互いを助け合えること、それを知った上でどう対処していくかなど役に立つことが沢山書かれています。 私自身これを読んで実際に男性相手に試してみたところ効果があったのでおすすめです。(20代女性)

 

 

17.「すごい自己紹介」

会話・会話術に関する本 「すごい自己紹介」がおすすめの理由

完全に自己紹介の概念が変わりました。まず、自己紹介の本なのに「自己紹介は自分を紹介するものではありません」という帯にびっくりしましたが、読んだら謎が解けました。あとやりたいことがあるのに参加したセミナーや集まりの場でうまく話せないという方は色んな職種別に、実例が載っているので参考になると思います。(40代女性)

 

 

18.二村ヒトシ「すべてはモテるためである」

会話・会話術に関する本 二村ヒトシ「すべてはモテるためである」がおすすめの理由

この本のオススメ理由は、この本は一般的に売られているモテるための方法が書いてあるのではなく、一般的なコミュニケーション方法、相手との距離の取り方、人との接し方といった基本的な事が書いてあります。読んでショックを受ける方がいると思いますが、この本を読んだら読む前より必ず女性から気持ち悪がられなくなります!(20代男性)

 

 

19.大内順子「たたかわない生き方」

会話・会話術に関する本 大内順子「たたかわない生き方」がおすすめの理由

もっと強くありたい仕事や日常生活の中で辛いことが有ってもめげずに強くなりたい。そんな事を誰しも考える。強さとは何かそんな事を考えながら、生きている人たちは多いのではないかと思います。著者は少し肩の力を抜いてみませんか?と問いかけています。たたかわない生き方を、実践したたかわなくても強く生きることが出来ると、この本は言っています。目が覚める一冊だと思います。(60代女性)

 

 

20.浦上大輔「たった1分で相手をやる気にさせる話術ペップトーク」

会話・会話術に関する本 浦上大輔「たった1分で相手をやる気にさせる話術ペップトーク」がおすすめの理由

プロセスを分けられていてとてもわかりやすかった。スポーツやっている自分にはより実践的に活用したいと感じた。ただ頑張れというのではなく現実を認めること、そこから新たな発見をする、そしてやれることをやろうとする、最後に背中をおす。自分へのマネジメント、チームへのマネジメントに活かしていきます。(50代男性)

 

 

21.ゆうきゆう「ちょっとだけ・こっそり・素早く「言い返す」技術」

会話・会話術に関する本 ゆうきゆう「ちょっとだけ・こっそり・素早く「言い返す」技術」がおすすめの理由

人間関係に悩む社会人の必読書!言われっ放し、やられっ放しでいると社会的評価まで落ちてしまう!?精神科医の作者さんが実験記録を交えて解説してくれます。「私が我慢すれば…」と相手の無神経な言動を耐えてしまう私にとって目からウロコでした。 大切なのは「ちょっとだけ言い返す」こと。そのコツを分かりやすく具体的に何パターンか紹介してくれます。口論が苦手な私でも明日からすぐ取り組められそうです。 いつの時代でも存在する人間関係、その悩みの突破口として一読をお勧めします。(20代女性)

 

 

22.鎌田 洋「ディズニー そうじの神様が教えてくれたこと」

会話・会話術に関する本 鎌田 洋「ディズニー そうじの神様が教えてくれたこと」がおすすめの理由

ディズニーが好きでよく行くのですが、キャストの方がみんな輝いて働いていると思っていました。どんな心持ちでいるのか、一つ一つのエピソードで胸がほっこりあったかくなります。接客業、サービス業の人には一度読んでいただき、仕事に活かせるきっかけにして欲しいです。(30代女性)

 

 

23.占部 正尚「ビジネス・ペップトーク-“意識改革の前に“言葉がけ改革-」

会話・会話術に関する本 占部 正尚「ビジネス・ペップトーク-“意識改革の前に“言葉がけ改革-」がおすすめの理由

褒めることは人を前向きな考え方に導く。悩む人に対しては、しっかり物事を考える力があると褒める。単に褒めるのではなく、次は考えたことを行動に移そうと導く、行動の結果、少しでも成功体験が得られるようにする。これまで厳しさから学んできた人には理解できない指導方法かもしれないが、叱られ慣れておらず、萎縮する人に対しては、まずはこの方法で成長してもらうやり方もある。ある一つのやり方に固執せず、試してみることも大切で合う事を学んだ。(50代男性)

 

 

24.「ホステス心得帖」

ホステス心得帖

会話・会話術に関する本 「ホステス心得帖」がおすすめの理由

本書はホステスのお客様との接し方や心得、会話術などがわかりやすく紹介されていますが、読んでみると接客業やビジネスマンをはじめとする様々な人たちでも応用できそうなものが多数ありました。 また、普段の生活のなかでも実践できそうな教えもあるので参考になりました。(30代女性)

 

 

25.森沢洋介「ポンポン話すための瞬間英作文 パターン・プラクティス(CD付) (CD BOOK)」

会話・会話術に関する本 森沢洋介「ポンポン話すための瞬間英作文 パターン・プラクティス(CD付) (CD BOOK)」がおすすめの理由

同じ著書の前作を持っていて、引き続きこちらを購入しました。 英語が話せるようになったか?といったら万能ではありませんが、繰り返しCDを聞いているうちに耳につく部分から覚えて行きます。 ただ、脳が疲れる感じがするのであまりこんを詰めずにほどほどをオススメいたします。(40代女性)

 

 

26.「マジメまして逸見です」

style=border:none

会話・会話術に関する本 「マジメまして逸見です」がおすすめの理由

逸見正孝さん、ときいて顔が思い浮かぶ方は私達40代とそれ以上だと思います。もうお亡くなりになって22年になりますが、今でいえば羽鳥アナウンサーのような方です。アナウンサーとして一流なのに気さくで親しみやすいキャラクターでした。その逸見さんが最初に書かれた本です。いろんな立場の方と会話を円滑にすすめる、ちょっとしたコツが載っています。書店には無いかもしれませんが、通販で探してみてください。(40代女性)

 

 

27.橋谷 能理子「マンガでわかる! 誰とでも15分以上 会話がとぎれない! 話し方」

会話・会話術に関する本 橋谷 能理子「マンガでわかる! 誰とでも15分以上 会話がとぎれない! 話し方」がおすすめの理由

普通のビジネス書verよりやはりマンガの方が頭に入ってきやすいとと思いました。 この手の本によくある抽象的な手法を抽象的な表現で書いているわけではなく、具体的に示してくれているのが好印象です。要因だけ話すのではなく、そこに自分の気持ちを少しこめるのが大事というのは目からウロコでした。(50代男性)

 

 

28.小川捷子「ムカつく相手を一発で黙らせる3つの返し技」

会話・会話術に関する本 小川捷子「ムカつく相手を一発で黙らせる3つの返し技」がおすすめの理由

怒りが湧いてどうにもならなかった私がこの本を読んでスッとした1冊です。本当に穏やかに過ごす力をさずけてもらいました。学校・職場・日々の生活のあらゆる場面でのできごとにすごく参考になります。やまびこトーク、沈黙、一言コメントと例を使ってとてもわかりやすく解説されているので是非読んでみてください。(40代女性)

 

 

29.「会話が苦手がなくなる本」

会話・会話術に関する本 「会話が苦手がなくなる本」がおすすめの理由

いつも読みやすく深く納得してしまう齋藤孝さんの本。会話術と言うと、自分の努力が必要となって来そうなイメージがあって、どうも乗り気がしないのですが、この本は話のネタに焦点があるのではなく、リアクションを変えていくだけでぐっと次の相手の言葉が違ってくるような提案がされていて深く納得できます。人間観毛で得するシンプルな方法がたくさん載っていて、お願いするとき、謝るとき、相談するときのどんなシーンにも有効なので参考になります。(40代女性)

 

 

30.「空気を読む力」

会話・会話術に関する本 「空気を読む力」がおすすめの理由

お笑い芸人さんはすごく空気を読んでいると感じます。 この空気を読む力というのは、すごく必要な能力だと思うのです。 ただ、よく人を見なければいけないし、難しい点は多いと思います。 本を読むことで、空気を読むということについて学べます。(30代女性)

 

 

31.内藤誼人「軽く扱われない話し方 ナメられたくないあなたの会話術」

会話・会話術に関する本 内藤誼人「軽く扱われない話し方 ナメられたくないあなたの会話術」がおすすめの理由

会話が苦手な方はもちろんのこと、会社や学校、はたまた家庭内での会話で、相手に興味をもってもらえるように話すにはどうしたら良いのかが事細かく書かれています。この本を読むことによって、人間関係が親密になったり、広がっていくと思います。(20代女性)

 

 

32.「月とにほんご」

会話・会話術に関する本 「月とにほんご」がおすすめの理由

日本人の夫と中国人の妻の出来事を日本人の夫の視線から書かれたもので、日本人でも知らないような日本語の正しい使い方を学べるからです。日本の文化とかの不思議な点とかも中国人の月さんの目線から見ると改めて疑問が出たりします。(20代女性)

 

 

33.岸見一郎「嫌われる勇気」

会話・会話術に関する本 岸見一郎「嫌われる勇気」がおすすめの理由

これまでずっと人にどう思われるかとか、いかに人に悪口を言われないようにするかを毎日考えて過ごしてきた。誰よりも人に好かれたいし人の顔色を伺って生きていたが、違う観点から自分を見る事により心が楽になった。人にどう思われるか気になる、顔色を伺って生きてきた人にぜひ読んでほしい。(20代女性)

 

 

34.「現実を動かす会話力」

会話・会話術に関する本 「現実を動かす会話力」がおすすめの理由

会話の概念が変わりました。ただ面白いのが会話でなく、現実を動かすことが会話だという点も、価値のある会話していますか?の問いに衝撃を受けました。大学教授でもある著者だけに、教え方がうまく本がとても読みやすかったです。段階的に進んでいき、絵も入っているし、理論だけでなくエピソードも入っている、至れりつくせりの内容でした。(40代女性)

 

 

35.「言葉づかいのトリセツ」

会話・会話術に関する本 「言葉づかいのトリセツ」がおすすめの理由

ビジネスだけでなく日常の生活の中の様々なシチュエーションで、相手に合わせた言葉の選び方を考えさせられました。ひとつの会話がきっかけになって、自分のイメージも他者との関係性も変わっていくことを感じました。(30代男性)

 

 

36.千葉修司「言葉相」

会話・会話術に関する本 千葉修司「言葉相」がおすすめの理由

人が吐く言葉により、これからの人生ができると筆者は言っています。 非常に分かりやすく、言葉の大切さ、言葉が心の癖や考え方の癖であり、 言葉を変えることで、人生が好転することを解説しているからです。 日々、使う言葉を気をつけようと改めて認識できる一冊です。(40代女性)

 

 

37.梶原しげる「口のきき方」

会話・会話術に関する本 梶原しげる「口のきき方」がおすすめの理由

文化放送でアナウンサーをされ、その後にフリーアナウンサー転進し、活動されている梶原さんの「話し方」「会話」についての本ですが、全編を通して感じられるのは、「聞き手の立場に立っての話し方」のように思います。 登場する文例とかは刊行当時(2003年)とやや古いは感じられるのですが、例えば、最後の第5章「秘伝・口のきき方」であると、対話の仕方、他人の話(発言)を聴くときの注意点などが、アナウンサーとして数多くの方にインタビューをしている、氏の経験則が取り入れられた回答となっていて、「話し方」「聞き方」1つで変わってくることが多いことに改めて気づかされた一冊でした。(50代男性)

 

 

38.渡辺由佳「好かれる人が絶対しないモノの言い方」

会話・会話術に関する本 渡辺由佳「好かれる人が絶対しないモノの言い方」がおすすめの理由

毎日の仕事の中で上司や部下と交わす会話の中で、 ちょっとした一言で誤解や気持ちのすれ違いがあるんだなと感じました。 具体的な言い方の違いがわかりやすく書いてあるのでよかったです。ちょっとした言葉の言い方で人を不愉快にすることもあるのだと気づいたので、どんどん実行していきたいと思います。(30代女性)

 

 

39.五百田 達成「察しない男と説明しない女」

会話・会話術に関する本 五百田 達成「察しない男と説明しない女」がおすすめの理由

男女のコミュニケーション、会話術などなど勉強になることがたくさんわかる本かなと思います。 異性人なので話し方により言葉のすれ違いや、なんで理解できないんだろうという疑問がこれを読むとなんとなく解決されるのではと思います。(20代女性)

 

 

40.「子どもと遊ぶ英会話」

会話・会話術に関する本 「子どもと遊ぶ英会話」がおすすめの理由

子どもと遊ぶ英会話は普段の生活の中にでてくる英文が、シーン別に紹介されていてとても実用的でした。 朝起きてから寝るまでや、学校の宿題やお友達に関する会話などが充実していて、使いたい英語が直ぐに見つかります。 そして、いちばんのおススメは英語にカタカナがふってあることです。 本に書いてあっても読めなければ使えないのでこれは本当にうれしかったです。 そしてCDも付いているのでリビングなどでCDを掛けておけば、お子さんにも自然に英語が身に付きます。 お子さんと一緒に英語を学びたい方におすすめです。(40代女性)

 

 

41.エンリケこと小川えり「指名され続ける力」

会話・会話術に関する本 エンリケこと小川えり「指名され続ける力」がおすすめの理由

日本一の売上を誇る現役キャバ嬢が書かれた本ですが、水商売以外の職業にも通じるような、当たり前のような事だけど、それを継続する事の大切さを学ぶ事が出来たり、接客業をしている人に役立つ接客の上での会話術等が書かれていて、文も重たくなく軽く読むことが出来るから。(20代女性)

 

 

42.櫻井恵里子「心くばりの魔法」

会話・会話術に関する本 櫻井恵里子「心くばりの魔法」がおすすめの理由

ディズニーの元人材トレーナーさんの書かれた本です。例えば「身近なあの人を「VIP」とイメージする」といったディズニーならではのコミュニケーション方法や「「なんのためにやるのか」を口癖にする」といった仕事に対する姿勢についてのことが書かれています。仕事のことや人間関係に悩んでいる人に読んでもらいたい本です。(20代女性)

 

 

43.岩崎 由純「心に響くコミュニケーション ペップトーク」

会話・会話術に関する本 岩崎 由純「心に響くコミュニケーション ペップトーク」がおすすめの理由

ペップトークが仕事の場でどのように役にたつのか、専業主婦なのに気になったのです。p:序章 E:事例 P:予告・暗示 T:教訓 A:行動指針 L:先導 K:送り出し これでPFPTALK 私的にこれだけでも納得でした。信頼関係があっての活用方法なので、コミュニケーションが楽になるものではないというのも書かれているのが良かったです。もう少し内容が豊富なら良かったと思います。(50代男性)

 

 

44.松本和也「心に届く話し方 65のルール」

会話・会話術に関する本 松本和也「心に届く話し方 65のルール」がおすすめの理由

この著者は、もとアナウンサー。 「話す」と言うことのプロ、さすがです。 私は滑舌も悪く、対人恐怖症というのもあり、人間関係が苦手です。 様々な本を読んできました。 しかし、ここまで実践向きの本はなかなか珍しい。 とてもオススメです。(40代女性)

 

 

45.内藤誼人「人たらしのブラック心理術」

会話・会話術に関する本 内藤誼人「人たらしのブラック心理術」がおすすめの理由

私は初対面が苦手です。思ったことをすぐ口にしてしまい、人間関係が怖いです。人の心理というものは、表向きではなかなか汲み取ることができず、難しく感じますが、この本は相手に好感を持たせられるようなことを教えてくれます。(30代女性)

 

 

46.久本雅美「人に心を開いてもらいたい時、私が必ずやること、やらないこと。」

会話・会話術に関する本 久本雅美「人に心を開いてもらいたい時、私が必ずやること、やらないこと。」がおすすめの理由

この本を読んで、コミュニケーション力とは、人間力なんだな、と感じました。どこまで、相手を観察し、気持ちを察し、楽しませるか。久本雅美さんの人気の秘密は、視聴者の心まで開かせるコミュニケーション力なのではないでしょうか。(30代女性)

 

 

47.「人を動かす」

会話・会話術に関する本 「人を動かす」がおすすめの理由

80年近く前に出版された本ですが、現代においても十分に役立つ恒久的な自己啓発書です。著者の長年の研究と実践を綴ったものなので、説得力があります。コミュニケーション能力が重視される現代こそ、多くの人に読んでいただきたいです。(30代男性)

 

 

48.安部公房「人間そっくり」

会話・会話術に関する本 安部公房「人間そっくり」がおすすめの理由

冒頭のばかばかしい設定から真実味をおびだす会話術。 ほぼほぼ会話のみで進行される物語は次第に主人公と読者の価値観を崩壊させていく、、、 安部公房の作品らしく結末は読み手の判断に委ねられるが、現実(それも結局何が現実(真実)かはわからないが)の「会話」による敗北であると云える。 現代における会話という武器の強力さを感じた。(40代男性)

 

 

49.「人生が変わる会話術」

会話・会話術に関する本 「人生が変わる会話術」がおすすめの理由

まず人生が変わる、というタイトルが目を引きましたが、読み終えて、一本化前に踏み出せそうな、気持ちが軽くなりました。著者の丘村奈央子さんは、ふんわりとして話しやすい人柄で、でもご自身でも頑張って聞き上手、話し上手になろうとしているんだろうな、と思いました。話が苦手だと思われている方にはぜひ。(30代女性)

 

 

50.森下裕道「人前であがらずに話す技法」

会話・会話術に関する本 森下裕道「人前であがらずに話す技法」がおすすめの理由

人前で上手く話せない人に向けて、著者独自の解決法が述べられていてとても参考になります。簡単に言えば、見られていると思うから緊張するのであって、見ている側に立てば緊張しない、という事が著者の述べている考え方です。 面接時に、面接を受けている人は緊張しますが、面接官は緊張しません。著者は、そのような例を出して、見ている側と見られている側の緊張の度合いを語っていきます。緊張しない方法をより詳しく知りたい人は、実際に本書を手に取って見てみてください。 役立つ情報がたくさん載っている色々な人におすすめしたい一冊です。(30代男性)

 

 

51.「正しいマナー&こんな時どう言う事典」

会話・会話術に関する本 「正しいマナー&こんな時どう言う事典」がおすすめの理由

ビジネスからプライベートまで様々なシチュエーションでの、適切な言葉の選び方を考えさせられました。同じフレーズでも言い方を変えることによって、周りの人たちとのコミュニケーションや人間関係がスムーズになることを感じました。(30代男性)

 

 

52.「絶対話力」

会話・会話術に関する本 「絶対話力」がおすすめの理由

筆者に経験に基づく「正しい話の進め方」が分かりやすくまとめられています。 お客様とのコミュニケーションについて、3つのステップに分けて商談をまとめていく内容や「1分話力」 の部分については、大変参考になりました。 お客様とのコミュニケーションに悩んだ時に何度でも読み返したい本です。(40代男性)

 

 

53.齋藤孝「大人の語彙力ノート」

会話・会話術に関する本 齋藤孝「大人の語彙力ノート」がおすすめの理由

この本を読むことで、会話をするときに相手の気を損ねないような言い方を学べるだけでなく、さまざまな言い回しを身につけて自分も知的になれそうだと感じたため。これは社会人としての教養書であるが、むしろ社会に出る前の学生が読んだ方が就職活動時にも役立つと思う。(40代女性)

 

 

54.「大勢のなかでも存在感が出る ひな壇芸人のトーク術」

会話・会話術に関する本 「大勢のなかでも存在感が出る ひな壇芸人のトーク術」がおすすめの理由

テレビのお笑い番組やトーク番組に出ている芸人や芸能人を例にしてお笑いのトーク術を解説している。 根本的な部分を理解していけばとても役に立つ一冊だと思う。 会話を元にその芸能人ならどうコメントするか書いてあるので参考になる。(20代男性)

 

 

55.「誰とでも 15分以上 会話がとぎれない!話し方 66のルール」

会話・会話術に関する本 「誰とでも 15分以上 会話がとぎれない!話し方 66のルール」がおすすめの理由

会話はとても苦手だったのですが、この本を読むとそんなに難しく考えなくてもいいんだと思えました。会話のとっかかりをつかめるテクニックや会話を続けるテクニックなど、色んなアイデアが掲載されていて参考になりました。いい本です。(30代男性)

 

 

56.櫻井弘「誰と会っても困らない雑談力ノート」

会話・会話術に関する本 櫻井弘「誰と会っても困らない雑談力ノート」がおすすめの理由

とりあえず、「○○さんおはよう。髪切ったの?」から初めてみよう。こうやって、息継ぎを入れずに話すとかなりラク。とにかく、同じ空間と場所を共有していることを意識しよう。目の前のことを話題にするだけで、結構盛り上がる。(30代女性)

 

 

57.「敵を味方に変える技術」

会話・会話術に関する本 「敵を味方に変える技術」がおすすめの理由

職場でもプライベートでも、なかなか心を許せずストレスばかりが溜まる現代。「人を動かす5つの原理」ここに書かれている事を毎日1つずつでも試みるようにすれば、いつのまにか周りの景色が変わって見えてくるはず。(30代女性)

 

 

58.池上彰「伝える力」

会話・会話術に関する本 池上彰「伝える力」がおすすめの理由

池上彰さんの本です。 分かりやすく相手に話す、書く、聞く 力をつけることについて書かれています。相手に伝えるときのポイントや、聞いてもらうためのポイント、文章力をつけるには、など 、私は何をすればどうすれば良くなるのかが分かっていななかったのですが、そのポイントについて順をおって書かれています。(40代女性)

 

 

59.橋谷 能理子「伝わる力―90分で変わる! 相手の信頼を勝ち取る」

会話・会話術に関する本 橋谷 能理子「伝わる力―90分で変わる! 相手の信頼を勝ち取る」がおすすめの理由

よくある感じの本かと思っていましたが、意外に良い本でした。オリジナルな内容ではないけれども、著者の経験をもとに、役に立つ考え方や手法をコンパクトにまとめてくれた印象です。著者の言うようにその能力も鍛えなければ衰える。この本は、各アングルで具体的なトレーニング方法と裏付けが丁寧に書かれ、まずはやってみようと思わされます。(50代男性)

 

 

60.嶋津良智「怒らない技術」

会話・会話術に関する本 嶋津良智「怒らない技術」がおすすめの理由

子育てをしていて、子供が言うことを聞かなくて悩んでいた時、たまたま図書館で手にとって読みました。一番印象的なのは「怒っても怒らなくても得られる結果が変わらないなら、怒るエネルギーが無駄。怒るエネルギーを使う代わりにより良い未来のためのエネルギーの使い方をしよう」というような言葉でした。怒らない技術をうまく身につければ、会話も生きるのも楽になると思ったので、多くの人にオススメしたいと思いました。(30代女性)

 

 

61.蛇蔵&海野凪子「日本人の知らない日本語」

会話・会話術に関する本 蛇蔵&海野凪子「日本人の知らない日本語」がおすすめの理由

シリーズ化しています。漫画で読みやすいし、普段何気なく使っている日本語のどこがおかしいのか、或いはどこが間違っているのかを分かりやすく教えてくれます。著者は日本語教師をしている人で、普段外国から勉強に来ている生徒から投げかけられる困った質問というのもなかなか面白いです。(20代女性)

 

 

62.パイインターナショナル「物語のある広告コピー」

会話・会話術に関する本 パイインターナショナル「物語のある広告コピー」がおすすめの理由

長文のキャッチコピーってあまり見る機会がないのですが、時間をかけて作り込まれているだけあり、心にグッとぐるものがとても多いと感じました。 楽しみながらサクサク読んでいくことができると思います。感動しました。(30代女性)

 

 

63.宮崎聡子「癒し系女になる会話術」

会話・会話術に関する本 宮崎聡子「癒し系女になる会話術」がおすすめの理由

人と接することが苦手な人や普段の会話などに行き詰まってしまった時におすすめ。少し小悪魔的ではあるけど、身につけてしまえば役に立つというような仕草や喋り方など沢山載っていて、気配りしなくちゃいけない接客業の人には持ってこいの本だと思います。(30代女性)

 

 

64.佐藤律子「理屈で動く男と感情で動く女のもっとわかり合える会話術」

会話・会話術に関する本 佐藤律子「理屈で動く男と感情で動く女のもっとわかり合える会話術」がおすすめの理由

男女の考え方や感情起伏の違いを解説し、ビジネス・恋愛・家庭といった各場面での男女の違いをひもときながら、具体的にどうコミュニケーションをとっていけばいいかを例を挙げながら教えてもらえるので異性に苦手意識がある人の克服に役に立つ。(30代男性)

 

 

65.「話し方・聞き方のビジネスマナー」

会話・会話術に関する本 「話し方・聞き方のビジネスマナー」がおすすめの理由

話し方・聞き方のビジネスマナーに幅広く対応しています。電話応対の基本や「報・連・相」の基本、社内での話し方、社外での話し方がこの一冊にまとまっています。ダメな話し方、良い話し方の例を上げ、どうしてその話し方が良いのかの解説しています。非常にわかりやすく、話し方のビジネスマナーにおける要点を抑えています。(20代男性)

 

 

タイトルとURLをコピーしました