営業マン必見!「営業・営業術」に関する本おすすめ78選

スポンサーリンク

Contents

スポンサーリンク

おすすめの「営業・営業術」に関する本

 

1.中村 信仁「営業の魔法」

営業に関する本 中村 信仁「営業の魔法」がおすすめの理由

これから営業をする、今営業をしている、久しぶりに営業をする。そんな人には是非読んでほしい必読の一冊です。私は副業でこれから5年ぶりに営業をするのに、なかなか勘が取り戻せずにいたところ、この一冊に出会いました。様々な営業の本は読みましたが、現役の若いころにこの本に出会いたかったです。もちろんこの本のおかげで、飛び込み営業も難なく出来ています。(50代男性)

営業がうまくいかずにモヤモヤしていた時にこの本に出会いました。最初は半信半疑だったけれど、本に書かれてあることを実践していくうちに自分の実績がみるみる上がっていって営業が楽しくなったのです。この本は私の仕事の原点です。(10代女性)

私は営業が苦手です。 美容の分野で働いていて、技術だけでなく、商品も売らなければならない事があり、売り上げが無くて困っていました。 不器用なんです。 でもこの本を読んで少し改革が生まれました。 努力しました。(40代女性)

飛び込み営業をして2年になります。 この本と出会ってから参考にするようになって個人差があると思いますが、比較的早く成果に繋がったと思います。 よくある営業本のようにノウハウだけがまとめてあるわけではなく、ストーリーとして大切な要素が盛り込んであり読みやすかったです。(20代男性)

「魔法の」という言葉に惹かれて購入しました。 ストーリー仕立てで、最後まで楽しむことが出来き、スラスラ読みきってしまいました。 これから営業マンとして初める人、営業から離れてしまったけど、復活する人、一読の価値はありますよ。(40代女性)

 

 

2.Daigo「トークいらずの営業術」

営業に関する本 Daigo「トークいらずの営業術」がおすすめの理由

営業に感する内容はしかり、メンタリストとして、相手の心理状況を読み解き相手を誘導する方法が細かくわかりやすく書かれている。 書いてある一部は会社の社内研究として勉強会を開いたほどです。とにかく読みやすい、実践しやすい、すぐ使えるの三拍子でした。(30代男性)

ほとんどの社会人として、仕事をしていく上で必要なコミュニケーションテクニックを知ることが出来る。著者の言う通り、営業術というのは、自分に合うものを見つけてカスタマイズしていくものだと思う。それが分かるという点だけでも充分価値があると思うし、そのスタートに立つために必要な知識を俯瞰するにはちょうど良い内容なのではないでしょうか。(50代男性)

仕事をしていく上でのコミュニケーションテクニックをこの本から学ぶことが出来ました。とても読みやすいのであまり本を読まない私でもスラスラと読みました。書いてある内容から自分に合う営業トークをカスタマイズして挑戦してみたりしました。少しずつ前よりもお客様との会話が楽しくなったような気がします!(30代女性)

メンタリストDAIGOさんの本は他にもたくさん持っています。 最近ではYoutubeなどでも自身の考えを発信されています。 影響は心理戦ともいえるので一読の価値はあると思いますよ。 とてもオススメいたします!(40代女性)

 

 

3.「伝え方が9割」

営業に関する本 「伝え方が9割」がおすすめの理由

営業のみでなく経営面でもおすすめの本です。人と接する中で何かを伝えるということは、ビジネスシーンにおいてとても大切なことだと思います。伝え方ひとつで伝えたい内容はもとより人となりまで印象が変わってしまうこともあります。技術的な観点で伝え方や伝わり方を教えてくれるため、非常に解りやすいと思います。(40代男性)

営業トークなどと表現したりしますが、営業はコミュニケーション。言葉一つ、行動一つも相手に伝えるための材料になります。この本は営業だけに留まらず、日常会話のあらゆる場面で使うことができます。初めは難しいかもしれませんが、だんだんと相手の立場に立って言われたら嬉しい言葉などが分かるようになり、無理せず自分の言葉が相手に伝わる言葉へと変化します。(20代男性)

これまでの人生で私は自分の願望を通そうと沢山の人に色々な事をお願いしてきました。その結果はYESだったりNOだったり。しかし、この本を読んで今後はYESを勝ち取れそうな気がしました。これまでNOと断られたのは私の伝え方がまずかったからだと気付くことが出来ました。人を感動させ動いてもらう言葉はコピーライターや話が巧みな芸人さんだけが紡げると思っていましたが、ステップを踏む事で私でも簡単に出来る事がわかりました。そして、この本を読んだ方全員が同様にです。(30代女性)

 

 

4.青木毅「「3つの言葉」だけで売上が伸びる質問型営業」

営業に関する本 青木毅「「3つの言葉」だけで売上が伸びる質問型営業」がおすすめの理由

有名な一流企業の営業マンたちも実践したという本だったので読んでみました。 やはり実績があると信用できます。 結局のところ、お客様の望んでいる事に根気よく耳を傾けて、固めていくの時にこの本が役に立つといったところでしょうか。 オススメいたします!(40代女性)

 

 

5.「「あなたから買いたい」と言わせる営業心理学」

営業に関する本 「「あなたから買いたい」と言わせる営業心理学」がおすすめの理由

14年前の本になるけれど、営業の仕事をしていてちょうど壁にぶつかっている時期があり本屋で時間を潰している時に見つけてたまたま買ってみた本。 イラストもあり分かりやすく書いてあるので非常に読みやすいです。 何度も読み返しながら書いてある通りに実践してみた結果、壁を超える事が出来たから。(40代男性)

 

 

6.柴田昌孝「「ありがとう」といわれる販売員がしている6つの習慣」

営業に関する本 柴田昌孝「「ありがとう」といわれる販売員がしている6つの習慣」がおすすめの理由

営業の勉強になると以前勤めていた会社から推奨されていたのですが、会社のマニュアル、知識、マナー、といった当たり前の備えではなく、気張らない登場人物の一日が表現されているため、難しくないし、読みやすい。(30代女性)

 

 

7.中谷彰宏「「女を楽しませる」ことが男の最高の仕事。」

営業に関する本 中谷彰宏「「女を楽しませる」ことが男の最高の仕事。」がおすすめの理由

仕事も恋愛も両方を楽しみながら充実させていく方法がわかりやすく簡潔に書かれているので少しの開いた時間にさっと読めて、実際に役に立つことも多いのでおすすめです。 日常のほんのちょっとした気遣いでこんなにも変化があるのかと気づかされるので愛読しています。(40代男性)

 

 

8.松橋良紀「「売れる営業」がやっていること 「売れない営業」がやらかしていること」

営業に関する本 松橋良紀「「売れる営業」がやっていること 「売れない営業」がやらかしていること」がおすすめの理由

売れる人とれな人って大きな差があるんだな。と思いました。 この本では比較にクローズアップして紹介されているので「やらかしている人にならなければいいんだな」とも言えます。 タブーを知ることも勉強ですね。 オススメです。(40代女性)

 

 

9.永井孝尚「100円のコーラを1000円で売る方法」

営業に関する本 永井孝尚「100円のコーラを1000円で売る方法」がおすすめの理由

シリーズ3冊出版されている、ビジネス本でも人気の作品です。タイトルだけ見ると、ボッタクりの話か?と思われる方もいると思いますが、顧客心理を上手に読み取り、高いと思わせない手法は、商品を販売する営業にとってはとても大切なノウハウだと思い、とても参考になりました。(30代男性)

 

 

10.神岡真司「10秒で相手を見抜く&操る心理術ノート」

営業に関する本 神岡真司「10秒で相手を見抜く&操る心理術ノート」がおすすめの理由

営業等で、お客さんと初めて顔合わせをするときなどに、とても役立つ本です。人間の行動、発する言葉動き等で、相手の心理を読み取ることができ、その心理に合わせた対応をすることができます。その後の、商談にもとても役立ちます。(20代女性)

 

 

11.S.ジョンソン「1分間セールスマン」

営業に関する本 S.ジョンソン「1分間セールスマン」がおすすめの理由

日本では営業という職種は社会的にあまり尊敬されないというか地位を低く見られるようなところがあると思います。「売る」という行為に対して、罪悪感のようなものを感じ、毎日嫌々活動している日本の営業マンに是非読んでもらいたい。日本人の一般的な営業マンの考え方、取り組み方とこの著者の国で尊敬される営業職との違いを比較してもらいたい。売るものが変わっても活動の本質は変わらず、それが技術であり、能力であり、一生モノであることを理解できるはずだ。(50代男性)

 

 

12.山田 和裕「1枚のシートで業績アップ! 営業プロセス“見える化マネジメント」

営業に関する本 山田 和裕「1枚のシートで業績アップ! 営業プロセス“見える化マネジメント」がおすすめの理由

業績アップという永遠の課題に悩む営業リーダーは多いが、かつてのように数字だけを管理し、精神論で叱咤激励するだけの古い営業管理はもはや通用しない。本書では、できる営業のプロセスを標準化→1枚のシートで見える化→「営業の勝ちパターン」として組織で共有→効率よく業績改善につなげる方法を解説しております。営業スキルやスタイルについては、個人個人が独自に考えるべきものと思っている人が多いのではないだろうか。実際には出来る営業パーソンには共通点があり、それぞれが自身のプロセスを見える化することで今までのやり方にいかに無駄が多かったか気づかされます。実際に営業をしている担当者だけでなく、管理者にも読んでいただきたい一冊です。(50代男性)

 

 

13.青木 毅「3か月でトップセールスになる 質問型営業最強フレーズ50」

営業に関する本 青木 毅「3か月でトップセールスになる 質問型営業最強フレーズ50」がおすすめの理由

これから営業をする、今営業をしている、久しぶりに営業をする。そんな人には是非読んでほしい必読の一冊です。私は副業でこれから5年ぶりに営業をするのに、なかなか勘が取り戻せずにいたところ、この一冊に出会いました。様々な営業の本は読みましたが、現役の若いころにこの本に出会いたかったです。もちろんこの本のおかげで、飛び込み営業も難なく出来ています。(50代男性)

 

 

14.池井戸潤「7つの会議」

営業に関する本 池井戸潤「7つの会議」がおすすめの理由

池井戸潤さんの小説です。ある実在する有名企業がモデルと言われています。小説のタイトルからもわかるように、どの会社にもある会議ですが、様々な役割、立場、そして営業職としてのノルマ達成、業績への取り組み、人間模様が描かれています。これを読んだとき、どこの企業も同じだと前向きに考えられるようになります。(30代男性)

 

 

15.坂本 翔「Facebookを「最強の営業ツール」に変える本」

営業に関する本 坂本 翔「Facebookを「最強の営業ツール」に変える本」がおすすめの理由

非常に分かりやすい文体で、著者自身やクライアントの用例を使って基礎から教えてくれる。フェイスブックを利用しての営業手法の本と言うより、営業論を伝える本だった。Facebookの基本的な利用の方法だけでなく、一つ一つの更新がいかにユーザーからの信頼を得るために重要な事かがよく分かります。ただ単に収益を上げるためだけでなく、人が見たいと思うようなページ作りを学ばせていただいたなと感じています。(50代男性)

 

 

16.あかね「No. 1キャバ嬢の誰とでも楽しく話せる技術」

営業に関する本 あかね「No. 1キャバ嬢の誰とでも楽しく話せる技術」がおすすめの理由

これは私が夜のお仕事をしていた時代に買った本なのですが日常でも使えると思います。 キャバ嬢はいかに短時間で相手を楽しませるかが仕事です。 それは営業の仕事をしている人も同じだと、思います。 いかにインパクトを与えるか、どうやって自分の事を覚えてもらえるか、、 これが大事だと思います(20代女性)

 

 

17.ヨシタケシンスケ「あるかしら書店」

営業に関する本 ヨシタケシンスケ「あるかしら書店」がおすすめの理由

いろんな人の「こんな本ってあるかしら?」を叶えてくれる本屋さんの話。自分には想像もつかないような面白い発送やものの考え方がたくさん出てきてすごく読み応えがあります。絵が多いけど大人が呼んでも面白いです。新しい営業の仕方を学べる本だと思います。(10代女性)

 

 

18.ジョーダンベルフォード「ウルフオブウォールストリート」

営業に関する本 ジョーダンベルフォード「ウルフオブウォールストリート」がおすすめの理由

貯金0円~年収49億円まで稼いだ伝説のトレーダー 彼の波乱万丈の人生を描いた。 作者のジョーダンベルフォードは実在する人物で、 勤めていたLSロスチャイルド社の先輩の退社後証券会社を経営していたが詐欺で逮捕され2004年に6年半の刑が確定。彼の話術や考え方は営業の勉強になる。(30代男性)

 

 

19.川田修「カバンはハンカチの上に置きなさい」

営業に関する本 川田修「カバンはハンカチの上に置きなさい」がおすすめの理由

この本は営業をする人だけでなく、すべての社会人にとって必読の本だと思います。筆者は外資系生命保険会社のナンバーワン営業マンで、何千人といるプルデンシャル生命保険会社(当時)の営業マン・ウーマンのトップにたった人です。この本には成功する営業マンの仕事哲学がふんだんに書かれています。(30代女性)

 

 

20.矢島孝敏「きもの文化と日本」

営業に関する本 矢島孝敏「きもの文化と日本」がおすすめの理由

多くの人が着物に対して持っている「高価である」「フォーマルなものである」というイメージを覆し、若者がきものをファッションとして楽しみ始めるきっかけを作った呉服業界トップ企業の社長の著書です。着物に関係なく、マーケティングや営業の勉強にもなります。(20代女性)

 

 

21.田村 潤「キリンビール高知支店の奇跡 勝利の法則は現場で拾え!」

営業に関する本 田村 潤「キリンビール高知支店の奇跡 勝利の法則は現場で拾え!」がおすすめの理由

この本は戦略的な話というよりかはむしろ、当たり前のことを徹底してやるといったイメージだ。どのように泥臭くお客様の信頼を勝ち取っていくのか。現場に自由度を与えて、モチベーションを高めていくという当たり前のことを徹底してやるか、そのようなやり方が書かれている。この本を読んで改めて思うのは、負けている組織というのは、負けるような意識が現場に根付いている。その根底にあるのは、主体性がないことだ。なぜ、働いているのか、なぜ成果を出す必要があるのか、それは本社から指示が下りてきているからであり、やらねばならないことということだ。だが、本当に成果を上げる組織というのは、自分たちがやりたいから成果を上げたいと思っている。だから、逆境に直面したとしても、打開できるのだということ。(50代男性)

 

 

22.「こうして私は世界No.2セールスウーマンになった」

営業に関する本 「こうして私は世界No.2セールスウーマンになった」がおすすめの理由

タイトルに惹かれて読んでみた本。 著者の和田さんのダメビジネスウーマンから敏腕ビジネスウーマンに変わるまでが書かれている。 よくあるビジネスマンの本では、わかってるんだけどね…という指導が書かれているが、こちらは今からでも真似したい!こう変えてみよう!と思える実際の体験が書かれている。 仕事に悩んで入る人でも和田さんのこの本を読めば、もう少し頑張ってみようかな!と思えると思う。(30代女性)

 

 

23.遠山正道「スープで、いきます―商社マンがSoup Stock Tokyoを作る」

営業に関する本 遠山正道「スープで、いきます―商社マンがSoup Stock Tokyoを作る」がおすすめの理由

ある商社マンの方が新規事業社内ベンチャー(新規事業)を興してつくったスープ屋さん。自ら子会社のケンタッキーに出向したり、社内の猛反対を乗り越えたりと、物語をつくって新規事業を興していく様子は、感服を覚えてしまいます。とにかくバイタリティーあふれる内容満載の書となっております。営業の勉強にもなります。(40代男性)

 

 

24.鎌田 洋「ディズニー サービスの神様が教えてくれたこと」

営業に関する本 鎌田 洋「ディズニー サービスの神様が教えてくれたこと」がおすすめの理由

「最高のおもてなしにマニュアルは必要ない」など、本当のおもてなしに気づくような物語が載っていて、感動して涙を流すこともあります。サービス業に関わる人のすべてに読んでもらいたいくらいの本だと思うからです。そして営業もおもてなしの心が大切なので、営業マンのかたもぜひ読んでみてください。(10代女性)

 

 

25.「できる人に学ぶテレアポの極意」

営業に関する本 「できる人に学ぶテレアポの極意」がおすすめの理由

営業をやっている人間が誰もが通る道がテレアポだと思います。新規の顧客開拓のためには欠かせない業務ですが、最も辛い業務でもあります。そのテレアポのポイントを、分かりやすく解説している本。特にマインド面の内容が豊富で、私はとても助けられました。テレアポで心が折れそうになってしまっている人にはとても共感できる内容になっています。(20代女性)

 

 

26.吉野真由美「テレアポ魔法の絶対法則」

営業に関する本 吉野真由美「テレアポ魔法の絶対法則」がおすすめの理由

テレアポをしているため読んでみたのですが、為になります。愛情と思いやり、お客様の為になることを説明することは基本的に大事ですが、押しの強さも大事ということが非常によくわかる本になっています。お時間よろしいでしょうか、と聞くよりもこの日はいかがですか?聞いてみてくださいと言い切ること、学べます。(40代女性)

 

 

27.小暮太一「どうすれば売れるのか?」

営業に関する本 小暮太一「どうすれば売れるのか?」がおすすめの理由

どのようにすれば売れるのか?これは営業マンやお店にとっても課題となっております。今作品はとても分かりやすい事例を用いてマーケティングの要素を教えてくれる作品です。非常に分かりやすくなぜ売れないのか?がわかる本となっております。(30代男性)

 

 

28.小山聡章「トップ営業のお客様から「教わる」力」

営業に関する本 小山聡章「トップ営業のお客様から「教わる」力」がおすすめの理由

営業の数字が上がらず、何かヒントがほしくて手に取った本だったが、何より元気をもらえた。難しいことは何もなく、さらっと読めるのだが、目標の立て方や、達成のためにすべきことはもちろん、自分一人だけで動くのではなく、周りのあらゆるところから情報を拾って、チャンスを見逃さないようにすることや、大事な決断はぶれないように自分で完結させることなど、いろいろ学びがあった。読み終わって、明日からも営業頑張ろうと思えた。(30代女性)

 

 

29.児玉教仁「ハーバード流宴会術」

営業に関する本 児玉教仁「ハーバード流宴会術」がおすすめの理由

場を盛り上げるだけの内容ではなく、周りの人を引っ張るリーダーシップを養える本だと思います。コミュニケーションにおいて大事なことが全て詰まっているような本で、実践してみたいと思わせる文章で書いてあり、全て実践してみたくなります。(20代男性)

 

 

30.日経ビジネス アソシエ「ビジネス会話術」

営業に関する本 日経ビジネス アソシエ「ビジネス会話術」がおすすめの理由

社会に出てからの対人関係で損をしないための「話し方」のコツを知る一冊です。伝えたいことを上手に伝えられる人になるための要点が詰まっています。話のテクニックや、こんな時にはこう答えると言ったように分かりやすい解説で、よりスムーズでスマートな会話術を学べるのでおすすめです。(30代女性)

 

 

31.市村洋文「ヒルメシは座って食べるな」

営業に関する本 市村洋文「ヒルメシは座って食べるな」がおすすめの理由

就業時間は「プレー時間」がモットーの市村さん。最初に読んだ時はブラックと感じましたが、読んで行くと、スポーツに例えられている感じがします。朝ご飯をしっかり食べて、昼はコンビニのおにぎり程度にする。成績を争うサラリーマンには、1秒も無駄には出来ない。仕事に対する考え方が変わる一冊。営業の方にもぜひ読んでほしい本です。(20代男性)

 

 

32.東野圭吾「マスカレード・ホテル」

営業に関する本 東野圭吾「マスカレード・ホテル」がおすすめの理由

犯人の指示で、警察がホテルマンに扮し、潜入捜査する。舞台はホテル。そこで、あらゆる客がやってくるのだが、推理するより、ホテルマンたちの気遣い、心配りに驚かされる。営業するときに、ノーとは言わず、別の手段をお客のために模索する姿勢を学んでもらいたい。(40代女性)

 

 

33.ロバート グリーン「マスタリー」

営業に関する本 ロバート グリーン「マスタリー」がおすすめの理由

どうしたら、その道の達人になれるかが、書いてあります。成功した人は、どうして成功したのか、そしてどうやって成功したのかが書いてあります。僕は、これを、選んだわけは、海外で売れたから、日本語に、訳したことがあります。僕は、ぜひこの本を営業の方にも、読んでほしいです。(40代女性)

 

 

34.長尾 一洋「まんがでできる 営業の見える化」

営業に関する本 長尾 一洋「まんがでできる 営業の見える化」がおすすめの理由

営業職の人は、単独で外回りをすることが多く、実際問題何をしているのかわかりにくいものです。電話を何本かけたかとか、何件得意先をまわったかと、形を見ることで安心してしまいがちですが、その結果、業績があがっていなければ何の意味もありません。日本人はたとえ結果が出ていなくても、努力をしている人、がんばっている人が好きな傾向がありますが、その「がんばり」を無駄な努力にしないためにも「見える化」をする必要があることに本書は気づかせてくれます。もちろん見える化に伴うノウハウもわかりやすく紹介されていますし、営業職に興味がある人にとっては、営業の仕事のイロハも理解できるので、営業初心者にもおススメの本です。(50代男性)

 

 

35.フランクリン・コヴィー・ジャパン「まんがでわかる7つの習慣」

営業に関する本 フランクリン・コヴィー・ジャパン「まんがでわかる7つの習慣」がおすすめの理由

まんがでかかれているので初心者でも簡単に読み進めることができます。営業を始めたばかりの方から数年の方にお勧めです。営業先の相手がどのように考えているのか、それに対して自分がどのように考え、ふるまえばいいのかを振り返る良いきっかけをもらえます。(30代男性)

 

 

36.細谷功「まんがでわかる地頭力を鍛える」

営業に関する本 細谷功「まんがでわかる地頭力を鍛える」がおすすめの理由

漫画にしてあることによりさくさく読める1冊です。主人公がOLの設定だったため、より女性の方には読みやすいのではないかなと感じます。漫画の合間に説明が示してあることで、理論的に理解することもできます。ストーリー性もあり、実際に起こりそうな課題が多いのも良かったです。(30代女性)

 

 

37.「一億稼ぐ営業の強化書」

style=border:none

営業に関する本 「一億稼ぐ営業の強化書」がおすすめの理由

元野村証券の伝説の営業マンである市村洋文さんの著書です。証券会社に内定が決まりすぐ読みました。営業として働き一年半以上経ちますが、この本は営業の嫌なところを経験し心がボロボロの時に、それでもお客様さまの役に立てていると自分を奮い立たせてくれるからオススメです。市村さんがトップを取ったメゾッドはもちろん、営業というものを肯定してくれるこの本に救われる人がたくさんいるはずです。(20代女性)

 

 

38.メンタリストDaiGo「一瞬でYESを引き出す 心理戦略。」

営業に関する本 メンタリストDaiGo「一瞬でYESを引き出す 心理戦略。」がおすすめの理由

心理学を習った能登のない初心者の方でも読みやすい本でした。心理学、というと難しいイメージですが、専門的な事は書いておらず、身近にある人間の心理について書かれている本です。仕事で取引先の方やお客様からの良い返事がもらえるヒントになる一冊だと思います。いつもの仕事がこの本を読んで少し意識するだけでプラスになると思います。(20代女性)

 

 

39.早川 勝「営業の鬼100則」

営業に関する本 早川 勝「営業の鬼100則」がおすすめの理由

作者の本は、ほとんど愛読していますが、今回はより解りやすく、具体的な営業のノウハウが詰まっています。何事もポジティブに捉え、常に自分はツイてると豪語している作者だからこそ、負の要素がないので、読んでいて気持ちがいいし、できる気がしてきます。営業に限らず人生において参考にすべき点が多々あります。(50代女性)

 

 

40.ジェフリー・ギトマー「営業の赤本」

営業に関する本 ジェフリー・ギトマー「営業の赤本」がおすすめの理由

アメリカのトップクラスの営業マンが書いた本を日本語訳されているもので、和訳内容も分かりやすくかかれてます。営業マンとして成功するメソッドだけではなく 社会人として また一人の人間として人生を成功させる為の自己啓発本のような一冊になってます。営業マンとしての考え方、行動、人間との接し方など本職で営業をしてる人は もちろん、社会人の方全般にお勧めです。(30代男性)

 

 

41.高野孝之「営業は運ではございません」

営業に関する本 高野孝之「営業は運ではございません」がおすすめの理由

新社会人になる人で特に営業をする人には本当にオススメの本です。営業とはや営業には何が必要なのか、そしてどーすれば成功するのかなどの内容がたくさんあり、とても勉強になります。実際に成功した人の体験談なのですぐに実践できる内容ばかりでオススメの本です。(20代男性)

 

 

42.野部 剛「営業は準備力: トップセールスマンが大切にしている営業の基本」

営業に関する本 野部 剛「営業は準備力: トップセールスマンが大切にしている営業の基本」がおすすめの理由

本書を手に取り実践してみたいことが、記載されており、購入を決意しました。今後は本書に記載されていたことを実践し、今までの自分の営業スタイルを一新させてトップ営業マンを目指していきたい。また、私自身金融機関の職員として自分で考え蓄積してきたものが本書で述べられている。自分の部下にも読んでもらいたい。(50代男性)

 

 

43.石原明「営業マンは断ることを覚えなさい」

営業に関する本 石原明「営業マンは断ることを覚えなさい」がおすすめの理由

「お客様のどんなご要望にもお応えします」という言葉は誠実そうに聞こえますが、これほど無責任な言葉はありません。それよりも営業マンが考えるべきことは、マーケティングという仕組みを構築することであると、この本の著者は言います。営業マンのバイブルと言ってもよい一冊です。(50代男性)

 

 

44.安藤祐介「営業零課接待班」

営業に関する本 安藤祐介「営業零課接待班」がおすすめの理由

この本を読んだのは、営業の仕事が辛くて投げ出してしまった後だったのだが、なぜ「辛い」としか思えなかったのかというところが掴めたと同時に、辛い中で奮闘し、困難を乗り越えることこそが営業の醍醐味だったということに気づくことができたから。また、ついつい自分の短所や苦手なことに勝手に自分自身がフォーカスしてしまって、苦しめてしまいがちだが、そうではなく、自分の苦手なところは誰かにお願いをするとか、短所を強みに変えられるような考え方をするとか、普通の小説だけど、いろいろと学ぶことがあったから。(20代女性)

 

 

45.伊庭 正康「会社では教えてもらえない 数字を上げる人の営業・セールストークのキホン」

営業に関する本 伊庭 正康「会社では教えてもらえない 数字を上げる人の営業・セールストークのキホン」がおすすめの理由

パラパラ目を通していたときに目に入ったのが、顧客資産というキーワード。定期的に相談いただけたりご紹介をいただけるお客様の数が増えると、営業は一気に楽になると思いました。営業部門の年配の方で、大して仕事をしていないように見えて、それなりの結果を出す人っているんですよね。あの秘密はこれだったのか、と納得です。顧客資産の作り方も解説されているので、私も早く顧客資産で回していける状態にたどり着きたいです。(50代男性)

 

 

46.百田尚樹「海賊と呼ばれた男」

営業に関する本 百田尚樹「海賊と呼ばれた男」がおすすめの理由

戦争や国家間での利権争いにより商売が困難に陥ろうとも、場所を変え、商材を変え、社員自身が商品となり、がむしゃらに働く姿に圧倒されます。その力の源となっているのが懐の深さとずば抜けた経営センス、そして国を、社員を思う強い心を持った店主の存在。感動と共に意識改革にもつながるような内容で、若手の営業社員はもちろん、役職者・経営者の方にも読んでいただきたい作品です。(40代男性)

 

 

47.青木 慶哉「感謝される営業 超ローカルビジネスの未来」

営業に関する本 青木 慶哉「感謝される営業 超ローカルビジネスの未来」がおすすめの理由

商売とは、人を幸せにできる最高のツールの言葉に共感します。お客様からのありがとうをたくさん集める事は言うのは簡単ですが、徹底的にお客様の事を考え、そこから行動に移す事が大切だと思います。この本はたくさんのヒントが詰まっていると思います。まだまだローカルだからこそ、アナログだからこそ出来る事がたくさんある。そう思わせてくれる本です。(50代男性)

 

 

48.伊藤光雄「驚異のセールストーク―史上最強の男が公開する秘密のテクニック」

style=border:none

営業に関する本 伊藤光雄「驚異のセールストーク―史上最強の男が公開する秘密のテクニック」がおすすめの理由

数々の会社でトップセールスを記録して「日本一売る男」とも紹介される著者。1979年に出版された本ではあるが、現在の営業にも通じる基本的な考え方と具体的なやり方を詳しく書かれており非常に参考になる。営業マンなら必ず読んでおきたい一冊。(40代男性)

 

 

49.茂木信幸「苦手な顧客とどう向き合えばいいのか」

営業に関する本 茂木信幸「苦手な顧客とどう向き合えばいいのか」がおすすめの理由

営業の基本中の基本である、顧客に合わせて自身をどう演じるのかのコツが、顧客の性質の分類と営業者の性質の分類、その相性、相性による対策法、とわかりやすく解説されている。そもそも営業時に自身を演じる、演出する、ということ自体がわかっていない人も意外と多いようなので、そこについても言及されており、納得して役立てやすいと思われる。(30代女性)

 

 

50.岸見 一郎、古賀 史健「嫌われる勇気」

営業に関する本 岸見 一郎、古賀 史健「嫌われる勇気」がおすすめの理由

営業職をしている僕ですが、営業するに当たって断られてから仕事だといつも心得ています。そんな営業職はお客様が断ってからが仕事なので、嫌われることを恐れては仕事ができません。なので、営業の方にぜひおすすめの本となっています。(20代男性)

 

 

51.菅谷信一「効果4500倍! LINE@神営業術」

style=border:none

営業に関する本 菅谷信一「効果4500倍! LINE@神営業術」がおすすめの理由

ライン活用術ですね。 素晴らしいです。 今や仕事にまで影響するラインは、使わない手は無いですよね。 本書なら細かく手順が書いてあるので使えると思います。 営業してある人にはぜひ試してみて欲しい! とてもオススメです。(40代女性)

 

 

52.自覚真由美「好感度200%のマナー術」

営業に関する本 自覚真由美「好感度200%のマナー術」がおすすめの理由

私は美容師をしていてこの本をオーナーに読みなさいを言われ最初は嫌々読んでいましたが読んでいるうちにどうしたら自分にお客様がついてくれるかなどお客様に惹かれてもらえるような接客ができるかなどとても学ぶことができたのですごくおすすめです。(20代女性)

 

 

53.森優子「雑談が上手い人 下手な人」

営業に関する本 森優子「雑談が上手い人 下手な人」がおすすめの理由

たかが雑談と軽く見ている人は多いでしょうが、実は人生の成功には雑談の上手下手が大きく影響していると筆者は言います。成功というものは、良好な人間関係なしにはあり得ないからで、そのために雑談力は欠かせない能力なのです。(50代男性)

 

 

54.齋藤 孝「雑談力が上がる話し方――30秒でうちとける会話のルール」

営業に関する本 齋藤 孝「雑談力が上がる話し方――30秒でうちとける会話のルール」がおすすめの理由

雑談とは、会話を利用して場の空気を生み出す技術のこと、会話というよりも人間同士のお付き合いに近い。これからの時代、雑談力を身につけることは、強く生き抜く力を身につけることそのものなのです。オチも結論もいらない学校でも会社でもすぐに使える50のアイデア。 簡潔にまとまっているので読みやすく分かりやすい。個人的には、会話が弾む方法、話が途切れない方法を期待して読んだが、これはこれで役に立つと思う。(50代男性)

 

 

55.小幡 英司「社会人1年目からの1歩差がつく 営業マル秘セオリー」

営業に関する本 小幡 英司「社会人1年目からの1歩差がつく 営業マル秘セオリー」がおすすめの理由

本書で紹介されている営業の9つのテクニックはいずれも実践的です。そのうちの1つをご紹介します。1・3・2の法則です。1・3・2の法則は、紹介する商品を1つ、その特徴を重要な3つ、購入の選択肢を2つに絞ることでお客が選びやすくなるという法則だ。好印象だったのは、図が多用されていて、イメージしやすかったことです。25秒以内にまとめられたテレアポのトークスクリプトや、お客の課題を解決する6ステップのアプローチブックの作り方は特にわかりやすかったです。学生時代に本書があれば、営業をもっと楽しめたのかもしれない。本書を読みながら、そう強く思いました。営業のエッセンスは、人を動かすエッセンスです。本書は営業に携わる方だけでなく、恋愛でもビジネスでも成果を出したいすべての人にオススメの一冊です。(50代男性)

 

 

56.山本博幸「社会人1年目からのとりあえず日経新聞が読める本」

営業に関する本 山本博幸「社会人1年目からのとりあえず日経新聞が読める本」がおすすめの理由

まずこの本は社会人だったら知ってて当たり前のようなことを教えてくれる本です。 例えば日本のGDPでしたり、金利について説明や種類、また、コンビニの全店の年間売上額など、意外と気になるようなことが書いてあり、人生にプラスになるようなことがこの本を読んでレベルアップできる気がしました。(20代男性)

 

 

57.清水健一郎「社会人として大切なことはすべてリッツ・カールトンで学んだ」

営業に関する本 清水健一郎「社会人として大切なことはすべてリッツ・カールトンで学んだ」がおすすめの理由

リッツ・カールトンがどのように感動するサービスを提供できているのか、が書いてあるビジネス書です。リッツ・カールトンだからこそできることではなく、その中でどのような人が育っているのかが重要なことなので、そこのポイントが詰め込まれています。社会人としてサービス業に携わる者だけでなくすべての人に共通する学んで欲しいものが詰まっています。(20代女性)

 

 

58.「勝てば官軍―成功の法則」

営業に関する本 「勝てば官軍―成功の法則」がおすすめの理由

マクドナルドの生みの親藤田田氏による経営哲学を読み解く上で必須の一冊であり、営業1つにしてもやり方とこころざしによって多種多様であるということ、今なお語り継がれる伝説の経営者による珠玉のビジネス本であるから。(30代女性)

 

 

59.永嶋信晴「新規開拓営業の教科書」

営業に関する本 永嶋信晴「新規開拓営業の教科書」がおすすめの理由

普段の仕事で新規開拓営業を行なっていますが、思うような成果が出ず頭を抱える日々でした。そんな時出会ったのがこの本です。書かれている営業ノウハウは決して難しいものではなく、明日からすぐにでも実行できるような内容でした。読んだ後、仕事に対する活力が湧いてきたところがおすすめできる点です。(20代女性)

 

 

60.D.カーネギー「人を動かす」

営業に関する本 D.カーネギー「人を動かす」がおすすめの理由

営業マンとしての人生を変えてくれた本でした。 部下の指導はもちろん、自身の考え方、価値観時代は違えどやはり同じ人間なので気持ちの部分で重なる事が多い場面でなぜこのような考え方ができたかなど知ることが全てにおいてプラスになりました。(20代男性)

 

 

61.長沢朋哉「世界一やさしい「思考法」の本「考える2人」の物語」

営業に関する本 長沢朋哉「世界一やさしい「思考法」の本「考える2人」の物語」がおすすめの理由

学生、新卒の人などにオススメできると思う。 イベントや仕事などやることがあるが、 「何をどこから考えていいのかわからない」という事がある時があると思う。 この本では、マーケティングを例に 何かを作るときに、始める時、 どこから考えて行くのか、どう考えて行くのか など、実践的に書かれており、とても為になる。(20代男性)

 

 

62.赤嶺哲也「世界一やさしいテレアポ&電話営業」

営業に関する本 赤嶺哲也「世界一やさしいテレアポ&電話営業」がおすすめの理由

元々はトップセールスマンだった著者がテレアポになったら悪戦苦闘の毎日でアポがとれない、取れても商談までいかない日々のなかで徹底的に自分のトークの分析をし、自分のトークの見直しから始める過程が書かれています。結果、トークの組み立て方に改善点を見いだし結果を出していくまでも書かれています。必読です。(40代女性)

 

 

63.心屋仁之助「性格は変えられる」

営業に関する本 心屋仁之助「性格は変えられる」がおすすめの理由

心理学について知識のない人でも簡単に読めるところが1番のポイントです。絵や図を上手に利用していて読みやすく、理解しやすいのがオススメ理由です。仕事に活かせる部分がたくさんあり、とても勉強になりました。(20代女性)

 

 

64.中谷彰宏「成功する人は、教わり方が違う」

営業に関する本 中谷彰宏「成功する人は、教わり方が違う」がおすすめの理由

何かを上司に聞くというひとつの行動でも、捉え方や動き方、解釈の仕方などを一流と二流に分けて説明している点がとてもわかりやすい。二流な行動取ってると感じる部分は、一流の行動を真似ることができるので、行動に移しやすい。(20代女性)

 

 

65.犬飼ターボ「星の商人」

営業に関する本 犬飼ターボ「星の商人」がおすすめの理由

情けは人のためならず、というのがこの本の大切な幹になってます。営業を経験していると、どうしても自分利益を優先してしまいますが、この本を読むことによって、営業のなんたるかが伝わります。また本もストーリー構成となっており、読みやすいです。(20代男性)

 

 

66.堀口龍介「即決営業」

営業に関する本 堀口龍介「即決営業」がおすすめの理由

全て具体的、且つ明瞭に書かれている点が本当に素晴らしい。セールス堀口先生の書籍、動画を徹底活用し、更に自己営業力に磨きをかけたいと思います。評価を下げている方、あれこれ批判している方、このような方々はトップセールスには何が必要であるか、ご理解されていないようです。酷評述べるくらいなら、ご自身がまずトップを取られてからだと思います。あれこれ批判する者は、そもそも捉え方に問題があるので、そういう方々は何をやってもダメでしょう。(50代男性)

 

 

67.池内了「知識ゼロからの科学史 入門」

営業に関する本 池内了「知識ゼロからの科学史 入門」がおすすめの理由

この本は、雑学的な科学のお話で、みんな知ってるようで、実は知らないみたいなことが書かれている本です。例えば、「燃える」とは何か?や、「熱」とは何か?みたいな素朴な基本的な科学の切り口で、分かりやすく説明してくれる本になっています。雑学的な感じなので、営業トークなどに利用出来ると思いますので、読んでみてはいかがでしょうか。(10代男性)

 

 

68.中村貞裕「中村貞裕式ミーハー仕事術」

営業に関する本 中村貞裕「中村貞裕式ミーハー仕事術」がおすすめの理由

他の仕事術系の本とは全く違う角度から書かれていて、まず読んでいて面白い。 とりあえず流行りは押さえている、何でも薄く広く知っているミーハーが、仕事の武器になるなんて考えてもみなかった。でも、ミーハー精神だけでなくその生かし方までちゃんと書いてくれています。(30代女性)

 

 

69.安田 正「超一流の雑談力」

営業に関する本 安田 正「超一流の雑談力」がおすすめの理由

この本は、ポイントが分かりやすくなっていて、会話の流れや、使い方がまとめられていて勉強になる。雑談ができる人は、臨機応変な対応やコミュニケーション能力が高い人だとおもうので。営業職や接客業の方にはおすすめしたい本だと思います。(20代女性)

 

 

70.黒木 勉「超一流の保険営業術 1年目の生保マンが年収1200万円プレーヤー(MDRT)になる方法」

営業に関する本 黒木 勉「超一流の保険営業術 1年目の生保マンが年収1200万円プレーヤー(MDRT)になる方法」がおすすめの理由

今までに保険営業の本を様々読んできました。しかし、どれも似たようなことが書いてあるのが読み終わったあとの感想でした。しかし、この本は違いました。モチベーションの部分から営業のやり方から夢をどう描いていくかを丁寧に解説してありました。読み終わったあとにもっとやる気になりました。(50代男性)

 

 

71.長井史枝「田舎・郊外でお店、はじめました。都心からはなれて人気店をつくった14人に学ぶお店のはじめ方、続け方」

営業に関する本 長井史枝「田舎・郊外でお店、はじめました。都心からはなれて人気店をつくった14人に学ぶお店のはじめ方、続け方」がおすすめの理由

花屋さんや本屋さんなどいろいろな職種について書いてありました。 いつか独立したいとただ単に夢に描いているだけの私ですが、営業に関しては全く無知なのでとても参考になります。 厳しいということもかなりわかりました。(40代女性)

 

 

72.吉田覚「働かないふたり」

営業に関する本 吉田覚「働かないふたり」がおすすめの理由

おもしろおかしく描かれています。働かないのにはそれぞれ理由があると思います。働けない理由もあると思います。それを考えさせられます。絵がとてもかわいらしいです。読んでいて暗くなることはあまりないように思います。(30代女性)

 

 

73.神岡 真司「売れすぎて中毒になる 営業の心理学」

営業に関する本 神岡 真司「売れすぎて中毒になる 営業の心理学」がおすすめの理由

私は人当たりがいいほうではないので、営業なんてできないんです。 でも仕事でどうしてもやらなければならないシチュエーションがあり、この本を手にとりました。 物を売るって、細かなところから始まっているんですね 。 勉強になります。(40代女性)

 

 

74.「売れる販売員が絶対言わない接客の言葉」

営業に関する本 「売れる販売員が絶対言わない接客の言葉」がおすすめの理由

接客業で気持ちよくお客さんと会話して買ってもらうにはどうしたらいいかのノウハウが詰まっています。最初の声掛けから最後のひと押しまでどうやって言葉を使っていくのか態度や振る舞いも含めてのっているので接客業はもちろん、お客さんの視点からこの本読んでもおもしろいと思います(20代男性)

 

 

75.斎藤孝「不機嫌は罪である」

営業に関する本 斎藤孝「不機嫌は罪である」がおすすめの理由

自分の不機嫌で周りに迷惑を掛けていたら悪いと思うことが大切と実感した。不機嫌は罪である、というのは、周りに対してというよりも、自分の価値を下げてしまうよ、という意味だった。もっと自分の機嫌を伺って、自分の心身の調子を保つ為に気を遣おう、と私は読めた。<覚え書き>不機嫌な人は「一事が万事思考に陥りがち」→現実に飲み込まれるままにならず、いったん身を引き剥がす。上機嫌な人は、自己を客観的に眺め、コントロールできる人。何かに囚われている人は客観的ちなれないから、まずはムリにでも自己肯定することでバランスをとる。営業マンも読むべき本です。(20代女性)

 

 

76.佐藤 昌弘「凡人が最強営業マンに変わる魔法のセールストーク」

営業に関する本 佐藤 昌弘「凡人が最強営業マンに変わる魔法のセールストーク」がおすすめの理由

心理学とセラピーを徹底的に学んだ著者ならではの読ませる仕掛けを解説します。「お客が欲しいというものを、売ってはいけない」で始まる本書の根底には、「お客の潜在的な欲求を聞かずに、営業などできるか!」というマーケッターならではの視点があります。また、心理学に基づく深い人間観察力と、営業コンサルタントとして1000社以上の指導で培った実践感覚を活かした内容となっています。この本では書いていることは当たり前だけど、99%の人間が、気づいていないセールスの本質から解説してます。(50代男性)

 

 

77.長尾一洋「漫画で覚える孫子兵法」

style=border:none

営業に関する本 長尾一洋「漫画で覚える孫子兵法」がおすすめの理由

ソフトバンクの孫社長も取り入れてる孫子兵法 昔の戦略条と使われていましたがそれが現代にも使われている事に驚きです。 この本を、読んで行けば今の社会を変えていけると思います。 そして自分も強くなっていけると思いました。(20代男性)

 

 

78.山川健一「問題児 三木谷浩史の育ち方」

営業に関する本 山川健一「問題児 三木谷浩史の育ち方」がおすすめの理由

楽天の三木谷さんのことが、少年時代からのことが書かれていて、三木谷さんの考え方その根幹にあるものは、日本(特に教育に関する部分)をよくしたいという、愚直なほどに一途な思いだと気づかされます。「何かを変える」という行動力はすごいと感じました。三木谷さんのような人がこれからの日本にとって貴重な人材である。 そんな人になっていかないといけないと自分の仕事への意識を変えてくれる本です。(20代女性)

 

 

タイトルとURLをコピーしました