堤幸彦監督おすすめの映画ランキングTOP5

スポンサードリンク




堤幸彦監督おすすめの映画ランキングTOP5

独特のカメラワーク、緻密に張り巡らされた伏線の回収の仕方、細かく秀逸な小ネタの数々全てが好きだから。また、俳優の方への独特な注文で、その配役のキャラクター性を強めることにより更に独自の世界観が作られていって、それがすごくおもしろいと感じるため。

 

 

第5位.堤幸彦「ピカ☆ンチ LIFE IS HARDだけどHAPPY」

堤幸彦「ピカ☆ンチ LIFE IS HARDだけどHAPPY」がおすすめの理由

嵐の5人が主演を務めていた映画で、5人それぞれのキャラクター性が非常に際立っていて、おもしろかったから。またこの映画を見た当初は、まだ子供でわからないネタも多かったが、見返すとあぁこういう意味だったのかと思ったりこのセリフもネタだったのかと再発見することも多く、何度でも楽しめる作品だなと感じた。私が特に好きだったのは、二宮和也演じる恩田琢磨のスケボーをやっている時のカメラワーク。堤幸彦独特の感性と、それが作るカッコいいような、カッコつけたような雰囲気が恩田琢磨という役のキャラクター性を高めているように思えた。また、今だからこそ改めてすごいと感じる俳優陣のオンパレードで、特に現在櫻井翔と有吉弘行がバラエティ番組をやっていると知っている状態で、この映画を観ると猿岩石の時代の有吉と、嵐の共演が見られるのはなんだか面白いと感じる。これらの理由で、だからこそ、多くの人にみてもらい、この魅力を知ってほしいと感じた。

 

 

第4位.堤幸彦「トリック劇場版ラストステージ」

堤幸彦「トリック劇場版ラストステージ」がおすすめの理由

人気ドラマトリックの、映画ラストステージで、本当に集大成という感じで、ドラマを観ていた人には特に観てほしい作品となっているため。出演者が豪華すぎるのは勿論のこと、舞台も海外でスケールアップ。今までのように仲間由紀恵演じる山田奈緒子と阿部寛演じる上田次郎の掛け合いがおもしろいのは勿論のこと、映画ならではの2人の距離感や、山田の出生の秘密、そして2人は生き残れるのか…というのが、堤幸彦監督だからこそどうなるかわからなくておもしろい。また、映画版の山田の決め台詞や、生瀬勝久演じる矢部謙三のカツラネタは鉄板に笑える。そして私が特に好きなネタとしては、山田の母である、野際陽子演じる山田里美のキャラクター性である。非常に独特で、凄い人なのかただ適当な人なのか全くわからない感じが本当に面白い。主のストーリーにひきこまれつつ、このようにキャラクター性や小ネタで笑わされて、笑って泣けるそんな素敵な映画になっている。主題歌「月光」もとてもいい曲で、映画の最後の方で流れるからぜひゆっくり最後まで見てほしいと思ったのでお勧めさせてもらった。

 

 

第3位.堤幸彦「20世紀少年 終わりの始まり」

堤幸彦「20世紀少年 終わりの始まり」がおすすめの理由

初めて観たときに衝撃を受けた作品だったから、ぜひお勧めしたい。原作の存在を元々知っていた私が思うベストな配役。特にカンナ役の平愛梨は、原作のカンナにしか見えずビックリしたほど。トモダチという正体がわからないあんなむずかしい人間を、どうやって実写化するのか気になっていたが、映画を見てみると原作を超えて不気味なトモダチがそこにいた。そして、殺戮ロボットはどのようになるのだろうと思っていると、素晴らしい技術によって本当にケンジが書いたようなロボが具現化されていて…配役、背景、小道具など、原作ファンの期待を超える作品になっているからこそ原作を読んでいる人には絶対にみて欲しいと思う。また、独特のカメラワークでこの作品にとって大事な、なんか言いようのない不気味な気配や、追われている恐怖感、独特な世界観を見事に再現しており、原作を知らない人でもストーリーにのめり込んで楽しめる作品だなと思うので是非オススメする第3位として紹介したいと思った。

 

 

第2位.堤幸彦「劇場版 SPEC~結(クローズ)~」

堤幸彦「劇場版 SPEC~結(クローズ)~」がおすすめの理由

これまた大人気ドラマSPECの最後の劇場版で、ラストは涙せずにはいられない内容だったため。まだSPECシリーズを観てない人は、ドラマから観てそしてこの劇場版を観てほしいと思う。この作品は特に後半のCGが本当に凄い。肉塊のシーンは衝撃の一言。作品中に崩壊する東京の様子が表われ出るが、なんだかすごくリアルで観てるこっちもハラハラできる。ドラマ同様、SPECの人気キャラが最後に集合していく様子はドラマから観てる人からすると壮観で、だからこそドラマから観てほしい。そしてなんと言っても、最後の当麻と瀬文のシーン。触れるはずのない2人が手を取り合った瞬間、鳥肌がたった。この感動をぜひ味わってほしいと思う。また、最後に当麻が浮遊しているシーンにはたくさん小ネタが隠れていて、何度見ても楽しめるし、一番最後のシーンはSPECの前シリーズ、ケイゾクから観ている人にとっては、この人たちが喋ってる!とビックリする内容。そして最後雑踏に紛れる2人を見つければ、映画を見た後に凄く幸福感を感じられる。

 

 

第1位.堤幸彦「BECK」

堤幸彦「BECK」がおすすめの理由

全体的に凄く観やすい内容だから。前に紹介したものとは違い、シリーズものではないので原作が漫画であるが、そのまま映画だけ観て楽しむことができる映画。俳優陣の確かな演技力により、キャラが立っていてそのキャラクター達の関係性がわかりやすくなっている。主人公の歌唱力が凄すぎて、どんどんバンドとして有名になっていく話で、どうやって歌唱力を表すのかなと疑問に思っていたら、佐藤健演じる主人公が歌うシーンはまさかの無音。周りの熱気や、客の歌声に呆然とする顔のみが映されていて、凄くうまい歌をきくよりもよっぽど効果的な演出だなと引き込まれた。笑いあり、涙あり、恋愛あり、ギャグありで、友達と見るにはもってこいの映画だと思う。堤幸彦独特の小ネタは満載でありながら、最後のライブシーンまでの怒涛の展開に心を奪われ、メンバーが一致団結する姿には感動せざるを得ない。だからこそ、多くの人に見てもらい感動を共有したいと思いお勧めした。