子供も楽しめる!家族で観たい映画おすすめ79選

スポンサーリンク

Contents

スポンサーリンク

家族で観たい映画おすすめ

 

1.パディントン

家族で観たい映画「パディントン」がおすすめの理由

大好きな原作に出てくるシーンが視覚化されている部分では「そうそう!」とうれしくなった。同時に現代のイギリスを舞台に展開される全く新しいストーリーにドキドキできる。パディントンのスケールの大きな失敗に笑い、不器用な家族の絆にじーんとくる。(40代女性)

大人から子供まで楽しめる映画です。2014年リリースされた映画ですけれど、今年パディントン2が公開されたので、ぜひ先にパディントン見てください。FXも最高と思いまして、パディントンは可愛いくて、本物みたいなベアでした。(20代女性)

ペルーの山奥に住むクマのパディントンが憧れのイギリスに行くお話です。人間の言葉を話すクマを自然に受け入れている世界、イギリスに思わずツッコミを入れたくなりますが、子供と一緒に絵本のように楽しむことが出来ます。ドキドキハラハラ、最後はなんとなく温かい気持ちになれる可愛いお話でした。(40代女性)

パディントンが慣れない環境での中で色々なハプニングが起こりますが、明るく一生懸命な姿がかわいくて好きになります。パディントンがさらわれて、助けに行くブラウンさん一家が頼もしくもドキドキさせられ、とても面白いです。(20代女性)

 

 

2.ホーム・アローン

家族で観たい映画「ホーム・アローン」がおすすめの理由

タイトルの通り、家にたった一人残されてしまった幼い少年。そんな家に強盗に入ろうとする二人組が現れます。少年は我が家を守るためあらゆるものを使い強盗と戦います。笑いあり、感動ありの言わずと知れた名作だと思います。(20代男性)

子供の創造力や遊び心が随所にちりばめられている映画ですので、家族全員で視聴できる映画だと思います。 家中に登場する様々なギミックやトラップが最高におもしろいですし、もし自分の家ならどのようなトラップを仕掛けるかを創造しながら見ると面白いと思います。(20代男性)

アメリカのコメディ映画であり、全シリーズがクリスマスの時期ということで映像も美しいので家族で見る映画としてはすごくお勧めです。また、離れていても家族は一つというようなメッセージ性の強い作品なので、家族の絆を確かめられる映画です。(20代男性)

世界的に有名な一本ですが、1度見るとその理由がよく分かります!何度も見返したくなるほど面白くて、主人公の男の子の可愛さがなんとも言えません。友達、家族、恋人など一緒に見る相手を選ばずに誰と見ても笑って楽しめる作品です。(20代女性)

 

 

3.ビアンカの大冒険 ゴールデン・イーグルを救え!

家族で観たい映画「ビアンカの大冒険 ゴールデン・イーグルを救え!」がおすすめの理由

世界のネズミたちが組織する、救助救援協会。ニューヨーク代表を務める、ミス・ビアンカのもとに、少女ペニーからの救援要請が届きます。主人公のミス・ビアンカは真っ白なハツカネズミでとってもキュート。ビアンカは、パートナーのバーナードとともに少女ペニーを救う旅へ出かけます。昔のディズニー作品なのですが、登場人物がとっても可愛らしく楽しい作品です。親子で楽しめます。(30代女性)

前作『ビアンカの大冒険』の続編。今回は、オーストラリアが舞台です。とってもかわいいネズミたちは今回も大活躍!ちょっと古い作品ですが、ある意味、昔のディズニーらしさが良く感じられます。子どもが見ても大人が見ても楽しい作品のため、おすすめします。(30代女性)

 

 

4.チャーリーとチョコレート工場

家族で観たい映画「チャーリーとチョコレート工場」がおすすめの理由

ロアルド・ダールの児童小説『チョコレート工場の秘密』の実写版。私は子どもの頃に小説を読んだことがあったため、どんなふうに実写化されるのか楽しみでした。期待を全く裏切らない出来栄えに、脱帽です。甘いもの好きな方なら、小さいころに一度は夢見たであろう、チョコの河、お菓子の庭。子どもから大人まで楽しめます。せっかくですから、一度原作を読んでみてみて下さい。楽しさ2倍です。(30代女性)

ジョニー・デップの演技力と様々な家族の形があり、見ごたえがあります。子供にも分かりやすい内容なので、家族でみると楽しめます。また、楽しいだけでなく何が大切かを映画を観ることで理解できるので特に子供にオススメしたいです。(30代女性)

 

 

5.ナイトミュージアム

家族で観たい映画「ナイトミュージアム」がおすすめの理由

夜な夜な動き出す博物館の”展示物たち”と夜間警備員ラリー( 演:ベン・スティラー)のコメディ映画。1児の父である主人公が、懸命に”展示物たち”と奮闘(笑)する姿は、おかしくも、たくましさやカッコよさを感じる。親子で見て楽しめる作品だと思います。(30代女性)

夜に展示物が動くという、きっと誰もが子供の頃に想像しワクワクしたであろうお話です。全体的にコミカルで、その中にちょっとした冒険もあり、友情もありなので子供もエンディングまで見やすく、家族みんなで楽しめる作品だと思います。(30代女性)

 

 

6.ミセス・ダウト

家族で観たい映画「ミセス・ダウト」がおすすめの理由

今は亡き、ロビン・ウィリアムズ主演のハートフル映画。女装したロビン・ウィリアムズが見れます(笑)。しかも、こんなおばさん確かにアメリカにはいそうなんですよね。彼がなぜおばさんに変身したのかは、見てからのお楽しみですが、こんなお父さんほしいなと思う映画です。家族そろって楽しめるのでおすすめです。(30代女性)

売れない俳優が妻に愛想を尽かされて離婚され、子供に会えなくなってしまい、女装して家政婦ダウトファイアー夫人として元妻や子供たちと交流する、というストーリーですが、主演のロビン・ウィリアムスの卓越した演技力なしには生まれなかった作品でしょう。コミカルで笑えて、感動も待っているという素晴らしい映画です。(30代女性)

 

 

7.サウンド・オブ・ミュージック

家族で観たい映画「サウンド・オブ・ミュージック」がおすすめの理由

オーストリアの美しい風景を舞台に、素晴らしい名曲が数多く流れ、心が洗われます。子どもたちがかわいらしく歌う姿が胸を打ちます。ミュージカルが苦手な人でも、知っている曲がたくさん流れるので、退屈しないでみることができます。(40代女性)

「ドレミの歌」や「エーデルワイス」などのド定番の歌が盛り沢山で、すべての歌が名曲すぎるのが、音楽好きのはたまらない魅力。 そして、今どき珍しくなった、ストレートに家族愛を語るハートウォーミングストーリーは、家族揃った茶の間にこそふさわしい。(40代女性)

 

 

8.ジュマンジ

家族で観たい映画「ジュマンジ」がおすすめの理由

ボードゲームでサイコロの出た目のとおりに、様々な動物が現れ、大騒動を起こしていきます。ストーリーが面白く、猿になった男の子がとても可愛くて印象的でした。最後はちょっぴり暖かくなれるお話で、家族みんなで見るのにおすすめの映画です。(40代女性)

ある日偶然手に入れたジュマンジと書かれた箱。あけてみるとボードゲーム。 軽い気持ちで始めた姉のジュディと弟のピーターの前に現れるライオンや巨大な蚊。 同時に昔ゲームを始めたまま中から抜け出せなくなっていたアランとサラも現れる。 そのゲームは留まったマスの内容が現実に起こる、しかも最後まで止められない恐いゲーム。 4人は協力してゲームを進める。(40代男性)

 

 

9.海街diary

家族で観たい映画「海街diary」がおすすめの理由

鎌倉の景色が美しく、血のつながらない姉妹のつながりが暖かな雰囲気で描かれる佳作。 原作も好きなので、あの原作ならばもっと突き抜けた良さが欲しかったな…と思わなくもないが、 子供と一緒に、というよりは大人になった親と子で観たい一作だと思う。(40代女性)

3人の美女3姉妹と腹違いの妹4人の話。 何気ない日常の中に、繊細な感情が表現されていて、ついつい見入ってしまいます。 映画にでてくる食べ物はどれも美味しそうで真似したくなってしまうものばかりです。 中でも、シラストーストとチクワカレーはやってみたくなります。(30代女性)

 

 

10.ゴーストバスターズ

家族で観たい映画「ゴーストバスターズ」がおすすめの理由

いわずとしれた名作ですが、幽霊映画やおばけが出てくる映画と違いコミカルに映画が作られているので家族で見るには最高の作品の一つだと思います。 子供から大人まで楽しめる映画ですし、いつ見てもおもしろい映画ですのでオススメです。(20代男性)

この映画は、なんにせよお化けは出てくるが全然怖くないどころかマシュマロマンとか可愛いホラーコメディ映画です。 ブルース・ブラザーズが好きだったので、ダン・エイクロイドが、脚本と演出してる映画だったので楽しく見ていました。 ゴースト退治という設定にゴーストを捕まえるビームだったり、ゴーストを吸い込む箱だったり、ビームを交差させてはダメとかいうよくわからない理論だったりして笑わせてくれます。 1番のボスが強いんだか弱いんだか分からないが、結局何で倒せたのかとかもよく分かりません。 でも、大笑いできる映画でした。(50代男性)

 

 

11.サバイバルファミリー

家族で観たい映画「サバイバルファミリー」がおすすめの理由

私たちが普段どれほどの電気を使って生活しているか、自分だったらどうだろう?と考えさせられる映画です。普段の家族の生活、サバイバルのあとの家族の生活、関係性が変化していき、生きていくのに本当に大切なものは何かを考えて、笑い要素もありオススメの映画です。(20代男性)

ある朝、家族がそれぞれ目を覚ますと、全てのものが使えなくなっている。電気、ガス、水道、携帯、テレビ、時計、普段使っているものが使えなくなった時、家族はどうやって生きていくのか、支えあえるのか、分離してしまうのか。(20代女性)

 

 

12.アダムス・ファミリー

家族で観たい映画「アダムス・ファミリー」がおすすめの理由

ちょっと不気味なアダムス一家が繰り広げる、ブラックユーモアたっぷりのファミリー映画。ホンダの自動車「ステップ・ワゴン」のCMにも使われた、有名な一家です(笑)。登場人物は、かなり個性的で性格はハチャメチャ。でも、家族の絆はとっても強い。こんな家族もありかもと思えます。お勧めです。(30代女性)

子供の頃に観た映画なのですが、大人になっても定期的に観たくなる映画です。子供の頃はセリフを覚えるぐらい何度も観てました。 その魅力は、見た目はホラー、でもこの家族世間とずれててちょっと笑える、迷惑行為しまくりだけど全然憎めない、っていうとこだと思います。己の道を突き進んでいるんです。もはやかっこいいです。働いてる様子はないのに大金持ちだし憧れます。 それぞれのキャラが強すぎてぶつからないかなと思うけどそんなことも全くなく、アダムスファミリーがひとつで最強って感じです。 ハンドなんか一見すごく気持ち悪いのに観終わってみるととても愛おしく思えます。 子供の頃のクリスティーナリッチやバックトゥーザフューチャーのドク役のクリストファーロイドの演技も注目です。 クリスティーナリッチが演じるウェンズデーはとにかく可愛いです。彼女の寝方に憧れました。(30代女性)

 

 

13.つぐみ

家族で観たい映画「つぐみ」がおすすめの理由

身体が弱い女の子の友情、恋愛 家族愛の話。 西伊豆の松崎が舞台で実際にある民宿でロケをおこなっていたので実際に行くと映画そのままです。 松崎ののどかで穏やかな漁村がほっこりさせてくれてくれます。 また行きたい場所の1つになっています。(40代女性)

 

 

14.ファインディング・ニモ

家族で観たい映画「ファインディング・ニモ」がおすすめの理由

心配症のニモのお父さんの気持ちがよくわかります。大事な子供や人が危険な目に合わないように必死で守ろうとする気持ち。でも、本当は、見守ること、信じることが必要なんですよね。そんなことを思った映画でした。海の中の絵がとても生き生きと描かれていて大好きな映画です。(40代女性)

 

 

15.天使にラブ・ソングを 2

家族で観たい映画「天使にラブ・ソングを 2」がおすすめの理由

前作で大活躍した、ラスベガスのショーガール、デロリスが今度は母校の救済に立ち上がります。今回の相手は高校生。若い子たちを相手に、デロリスが歌をまとめ上げていく姿は本物の教師のようです(笑)。そして、高校生側のリーダーには歌手のローリン・ヒルが起用されています。そりゃ、歌はうまくて当然です(笑)。前作同様安定したおもしろさがあります。元気になりたい人は、是非見て下さい。(30代女性)

 

 

16.おぎゃあ。

家族で観たい映画「おぎゃあ。」がおすすめの理由

2002年の7月6日に劇場公開された光石冨士朗監督によるヒューマンドラマになっております。豊かな自然に囲まれている沖縄県の浜比嘉を舞台に設定して、新しく産まれてくる生命に向き合う女性の生きざまが映し出されていきます。10代の妊娠というセンセーショナルなテーマを抱えている主人公の花を、岡本綾がさらりとした演技で表現しているのが良かったです。愛憎半ばする母親との関係性を乗り越えていく姿が感動的でした。(30代男性)

 

 

17.ルイスと未来泥棒

家族で観たい映画「ルイスと未来泥棒」がおすすめの理由

自身を失いかけたときに、この映画に出会い、また頑張ろうと思えた作品だからです。 主人公のルイスは発明が好きな男の子、けれど彼には身寄りがなく、愛に飢えた彼は自分のママの顔をみたいと記憶スキャナーというマシンを開発します。 そんな彼のユニークかつ高性能な発明に悪の手が忍び寄り、ルイスは相棒と共に未来へ過去へと時空を越えた冒険を繰り広げます。 人は何かに躓いたとき、つい後ろ向きになって過去へと眼を向けがちです。それは過去の時点に正解を導きだそうとするからです。 けれど、ストーリー中のルイスが感じる「いまに向き合って、明日を変えていく」ディズニー映画の醍醐味である「夢は必ず叶う」気持ちを、思い出させてくれる映画です。 映画を盛り上げる音楽は、未来を思うような壮大さとワクワク感を駆り立てます。なかでも、未来の世界でのスーツ姿に身を包んだカエルたちがクールに、かつ表情豊かに歌う場面はお気に入りです。とても脚が長いカエルなので、しなやかに動く様子も意外性にぷっと吹き出してしまいます。 そんなコミカルさと、未来を救うシリアスさを兼ね備えた顔が緩んだり手に汗握る映画はいくつになってもお気に入りの作品です。(20代女性)

 

 

18.ベートーベン

家族で観たい映画「ベートーベン」がおすすめの理由

犬が嫌いな人でも見てほしい! ペットと飼い主のやりとりが面白い! 昨今の映画でもこんなやりとりは無いし、出来ないと思う! 90年代の映画でもトップクラスに大好きです! とりあえずは「父」「ベートーベン」がキーワードになるかも!(20代男性)

 

 

19.ALWAYS-三丁目の夕日

家族で観たい映画「ALWAYS-三丁目の夕日」がおすすめの理由

古き良き昭和の時代がよく描かれています。建設中の東京タワーが、だんだんと、出来上がっていき、それと同時に、戦後、経済発展の中で奮闘する様子、盛り上がっていく、日本の様子が描かれていて、その時代であったからこそ大切にされてた、絆だったり家族の暖かさに涙が出る作品だからです。(20代女性)

 

 

20.大鹿村騒動記

家族で観たい映画「大鹿村騒動記」がおすすめの理由

2011年の7月16日に劇場公開された阪本順治監督によるヒューマンドラマになっております。長野県の大鹿村を舞台に設定して、村歌舞伎の上映に向けて奮闘する人たちのそれぞれのバックグラウンドを掘り下げていく作品になります。脳の病気によって全てを忘れつつある主人公の妻が、舞台の上で記憶を取り戻していくシーンが圧巻です。本作品公開直後にこの世を去った、原田芳雄の熱演には胸を打たれました。(30代男性)

 

 

21.モンスターズ・インク

家族で観たい映画「モンスターズ・インク」がおすすめの理由

ピクサス&ディズニーが送る長編フルCG映画。主人公はミーという小さな女の子ですが、実質的にはモンスターの2人が主人公ということでしょう。子供を怖がらすことが仕事のモンスターなのですが、心は実はとっても優しいんですよね。子供と一緒に楽しめる作品なのでお勧めです。(30代女性)

 

 

22.アダムス・ファミリー2

家族で観たい映画「アダムス・ファミリー2」がおすすめの理由

大人気『アダムス・ファミリー』の第2弾。今回は、アダムス家の長男であるフェスタ―の花嫁探しがメインのストーリーですが、次男ゴメズの子どもたちが大活躍します。前作からちょっと大人になったウェンズデーとパグズリーは超個性的な子どもに成長(笑)。彼らが一家の危機を救います!ブラックユーモアも健在で、とっても楽しめます。おすすめです。(30代女性)

 

 

23.ツレがうつになりまして

家族で観たい映画「ツレがうつになりまして」がおすすめの理由

私自身がうつ病にかかりました。自分の気持ち、これからどうなってしまうのか分からなくなって本当に辛いときに、妻から「こんな映画があるよ」と言って勧められました。最初は、「こんなに酷くはない」と思ってはいましたが、思い返せばそんなこともあったな、と思うことがあり、うつ病にかかった(かかりそうも含めて)人だけでなく、周りにそれに近い人がいるなら、ぜひ見て欲しいと思いました。(20代男性)

 

 

24.インディ・ジョーンズ 魔宮の伝説

家族で観たい映画「インディ・ジョーンズ 魔宮の伝説」がおすすめの理由

みんな大好き「インディ・ジョーンズ」第2弾。今回の舞台は、インドです。映画冒頭から、清の初代皇帝・ヌルハチの遺骨の話が出てきます。そういった意味で、アジアを意識した作品となっています。相変わらず、ハリソン・フォードはかっこいいですね(笑)。親子で楽しく見れます。おすすめです。(30代女性)

 

 

25.インディ・ジョーンズ 最後の聖戦

家族で観たい映画「インディ・ジョーンズ 最後の聖戦」がおすすめの理由

みんな大好き「インディ・ジョーンズ」シリーズ第3弾。今回は、インディの父親として名優ショーン・コネリーが登場します。そして、舞台はヨーロッパと中東。よくよく考えると時代は1930年代なので、各国は緊迫した状況になりつつあるんですよね。ナチスのヒットラーも登場します。そんなことを考えながら見ると、ただのアドベンチャーだけじゃない楽しみ方ができます。おすすめです。(30代女性)

 

 

26.インディ・ジョーンズ クリスタル・スカルの王国

家族で観たい映画「インディ・ジョーンズ クリスタル・スカルの王国」がおすすめの理由

大人気「インディ・ジョーンズ」シリーズ第4弾。今回は、インディの息子が登場します。え?母親は誰だって?それは見てからのお楽しみです(笑)せっかくですから、第1弾『失われたアーク』から見て下さい。そうすれば、今作では懐かしい面々に会えます。インディ・ジョーンズシリーズ、きっと今作が最後なんだろうな。わくわくしながら見れます。おすすめです。(30代女性)

 

 

27.バーレスク

家族で観たい映画「バーレスク」がおすすめの理由

ロサンゼルスにある落ち目のクラブ、バーレスク。そこのオーナーでかつメインボーカルのテス(シェール)と、都会を夢見て田舎からやってきたアリ(クリスティーナ・アギレラ)の活躍を描くサクセス・ストーリー。ストーリーはある意味お決まりですが、映画中に度々あらわれるシェールとアギレラの舞台は、圧巻です。どちらも歌手が本業なので当然と言えば当然ですが、日本にこんな人材はそうそういないでしょう。ミュージカル作品としてもお勧めできます。(30代女性)

 

 

28.ナイト・ミュージアム2

家族で観たい映画「ナイト・ミュージアム2」がおすすめの理由

大人気作、ナイト・ミュージアムの第2弾。第1作がヒット作とあって、こちらも安心して楽しめる。新たな登場人物をむかえて、コメディ要素はさらに強くなった。子どもが見てももちろん楽しい作品だが、高校の頃に世界史を習った人なら、大人が見ても楽しめるだろう。1&2両方見ることをお勧めします。(30代女性)

 

 

29.トイ・ストーリー

家族で観たい映画「トイ・ストーリー」がおすすめの理由

カウボーイの人形、ウッディといいアクション人形、バズといいオモチャとは思えないほどイキイキとしていて、ストーリーもとても面白く、家族で安心して観ることができるからです。大人が観ても童心に帰ったようになると思います。(30代女性)

 

 

30.そして父になる

家族で観たい映画「そして父になる」がおすすめの理由

産院で赤ちゃんが別の夫婦の赤ちゃんと入れ替わっていたことが、数年後、それぞれの家族に知らされる。物心のついてきた子どもにも。 見終わった後、全てが解決をみないのにこの二つの家族の時間はとまってくれないし、子どもの成長もとまらず進んでいく、一体この先どんなことが待ち受けていてどういう風に向き合っていくのかを延々考えさせられました。家族について、子どもと向き合うことについて深く感じられる映画です。(30代女性)

 

 

31.魔法にかけられて

家族で観たい映画「魔法にかけられて」がおすすめの理由

とにかくハッピーな気持ちになれる作品だし、子供から大人まで楽しめるので、一人ではもちろんのこと、親子で見るのにもオススメ。主人公がとてもかわいく明るく、見ているだけで元気になれます。登場人物それぞれがキャラが濃いです。(30代女性)

 

 

32.ガーディアンズ伝説の勇者たち

家族で観たい映画「ガーディアンズ伝説の勇者たち」がおすすめの理由

サンタ、イースターラビットなど、妖精たちの話しです。妖精は子供たちが信じる力で存在し、力を発揮することが出来る。その妖精の役割やいる意味など、大切なことを教えてくれます。子供と一緒に見るといいと思います。(40代女性)

 

 

33.男はつらいよ

家族で観たい映画「男はつらいよ」がおすすめの理由

山田洋次監督が長年に渡り手掛けてきた映画。 全48作品もありギネスにも認定されてるほど 私がちょうど物心付いた頃に、この映画も産声あげたこともあり、 小学生の頃からテレビではよくお目にかかっています。 現在ではテレビではもちろん、地上波放送では中々見れない作品でも DVDや動画サイトではお手頃な料金で見ることができるのはいいものですね。(50代男性)

 

 

34.インターステラー

家族で観たい映画「インターステラー」がおすすめの理由

SF映画ですが、地球を救うために家族と離れ離れになった父親と娘の絆を描いた作品でもあるので、家族で見るのにおすすめです。別れた時は少女だった娘と、最後の父親との再会のシーンが名場面だと思います。また、宇宙の不可思議な空間に取り残された父親が、昔の娘の姿を見て涙を流したり、父親の信号を感知した娘が研究を完成させたりする過程も感動的です。(20代女性)

 

 

35.ポネット

家族で観たい映画「ポネット」がおすすめの理由

死の意味がうまく理解できない4歳の女の子ポネットのお話です。ポネットは母親を亡くしてしまうのですが、その意味を理解することができず、周りの大人に助けられながら成長をしていくお話です。映画の要所要所でポネットの純粋な気持ちや、大人の葛藤、母への愛が溢れて涙が止まらなくなります。(20代男性)

 

 

36.6歳の僕が大人になるまで

家族で観たい映画「6歳の僕が大人になるまで」がおすすめの理由

主人公が6歳から役者が変わらず、18歳までずっと撮影しているのがすごい。 一家庭の物語だから派手ではないが、家族の関係の変化や心境をとてもうまく表現していてる。 父親の言葉が18歳の思春期にとても響くのでおススメです。(20代女性)

 

 

37.インサイド・ヘッド

家族で観たい映画「インサイド・ヘッド」がおすすめの理由

家族で観るなら本当におすすめです。とくに、4歳くらいのお子様がいるご家庭にはピッタリだと思います。成長していく女の子のおはなしです。題名からすると、頭の中、ということですからご家庭には?といったかんじかも知れませんが、家族のつながりを描いたすばらしい作品です(40代男性)

 

 

38.ツイスター

家族で観たい映画「ツイスター」がおすすめの理由

気象予報士のジョーとビルは別居状態の夫婦。元々コンビを組んで竜巻を追いかけて危険な調査をしていた。 ビルは離婚を成立させるため、今の彼女と一緒に久々に現場にやってきたが、彼らの前に最大クラスの巨大竜巻が現れる。 アクション物にしては珍しく人が次々死なないので緊張感持って見られる。飛んで来て車の前を横切る牛が可愛い(40代男性)

 

 

39.しあわせのパン

家族で観たい映画「しあわせのパン」がおすすめの理由

よく「かもめ食堂」等の映画と同じ系列と思って観て、全然違うと嘆く方がいるようだが、 そもそも同じ系列の映画ではない。こちらは癒しのファンタジーであり、家族で観ても優しい気持ちになれる作品だと思う。 製作者サイドの本意ではないかもしれないが、「映画」としてでなく観る人の心に寄りそう「毛布」のような作品であると言える。 北海道に行きたくなります。(40代女性)

 

 

40.インディ・ジョーンズ レイダース 失われたアーク

家族で観たい映画「インディ・ジョーンズ レイダース 失われたアーク」がおすすめの理由

みんな大好き、「インディ・ジョーンズ」シリーズ第1段。プリンストン大学の高名な考古学者インディアナ・ジョーンズ教授を主人公に冒険アドベンチャーが繰り広げられます。この頃の作品は、アクション・シーンもCGを使わず、あまり派手ではない代わりに、薄っぺらい感じもしないんですよね。『クリスタル・スカルの王国』しか見たことないという若い人、是非見て下さい。とってもわくわくします。(30代女性)

 

 

41.シン・ゴジラ

家族で観たい映画「シン・ゴジラ」がおすすめの理由

出演者が個性的で、ストーリー展開も面白く、家族で楽しめる映画だと思います。なんといってもゴジラという存在がとても魅力的でした。ゴジラによって壊される家々、「自分の会社が壊されていて、スッキリした。」とテレビでコメントしていた人が羨ましいと思いました。日本各地を回って欲しいデス。(40代女性)

 

 

42.The baby boss

家族で観たい映画「The baby boss」がおすすめの理由

兄弟がいる子供さんの家族は、ぜひ観てほしいです。赤ちゃんが産まれたときの、上の子の辛さがとてもよく伝わってきます。赤ちゃんがボスという設定は、親の立場からも子育てあるあるがたくさんでてくるので、家族みんなで楽しめます。(30代女性)

 

 

43.SING

家族で観たい映画「SING」がおすすめの理由

構成の点では、洋楽の中でもかなりメジャーな曲を多く使われるので音楽好きにはたまりませんし、 あまり洋楽を知らない方にも、入りやすいと思います。 また、子供も楽しめるストーリとなっているため、英語が簡単で、リスニングの勉強としても楽しく観れます。(20代女性)

 

 

44.あの日、兄貴が灯した光

家族で観たい映画「あの日、兄貴が灯した光」がおすすめの理由

2017年の5月19日に劇場公開されたクォン・スギョン監督によるヒューマンドラマになっております。対照的な兄と弟の生きざまを、チョ・ジョンソクとD.O.の主演によって描き出していきます。柔道で成功を収めていた弟の失明によって始まっていく、罪を償って出所してきた兄との奇妙な共同生活が印象深かったです。愛憎半ばする兄弟のぶつかり合いの後に生まれていく、お互いへの理解には心温まるものがありました(30代男性)

 

 

45.スパイダーマン ホームカミング

家族で観たい映画「スパイダーマン ホームカミング」がおすすめの理由

ホームカミングにが帰郷という意味とアメリカのパーティの2つの意味があり、すべて観終わった後にこのタイトルの意味が分かります。恋に承認欲求に正義感に悩む等身大の高校生が、ヒーローとして頑張る姿にきっと家族で応援したくなる。コメディ要素もたくさんあります。(20代女性)

 

 

46.クレヨンしんちゃん 逆襲のロボとーちゃん

家族で観たい映画「クレヨンしんちゃん 逆襲のロボとーちゃん」がおすすめの理由

題名にある通り野原ひろし(お父さん)が ロボットになってしまう話。最初は戸惑うが 物を触らずに片付けられたり家事ができたり 肉体にはない便利さを感じ家族皆 感情が高まってしまう。そこに個人的には 文明の利器を感じた。交通が便利になったの 電話などの通信もスムーズになった事。 しかし、肉体の野原ひろしを助けるため 野原しんのすけ(主人公)動く。 ストーリーが進むにつれロボとーちゃんが壊れ しんのすけに無理やり苦手な「ピーマン」を 食べさせようとする。それが「教育」だと。 だか、野原みさえ(母)と肉体の野原ひろしが 「押し付けることは教えじゃねぇぇぇ」と阻止。 そこに近代に見られる「教育」「教え」の あり方を考えさせられた。なぜかわからないが 「親の言う事は絶対」という風潮。それが いかに良くないことか。 家族愛と「教育」と「押し付け」の違い それを笑いも混ぜ感じられる作品。(20代男性)

 

 

47.ギルバートグレイプ

家族で観たい映画「ギルバートグレイプ」がおすすめの理由

アメリカの田舎町で自閉症の弟と過食症の母親を抱えて鬱屈した青春を送る青年を若き日のジョニーデップが好演してます。 弟役はまだその頃子役だったディカプリオなのですが、その演技がまた素晴らしいです。 シリアスの中にもユーモアがあるとてもステキなヒューマンドラマです。(40代女性)

 

 

48.犬猿

家族で観たい映画「犬猿」がおすすめの理由

破天荒な兄と真面目な弟との確執を描いた作品。弟は、窪田正孝さんが演じます。彼に演じさせて最後の爆発がどうなるのか。が、見てみたくて、うちの地方では3/10から上映されるので、楽しみにしているところです。(40代女性)

 

 

49.ウォルター少年と、夏の休日

家族で観たい映画「ウォルター少年と、夏の休日」がおすすめの理由

ハーレイ・ジョエル・オスメント扮するウォルター少年が、自身の過去を振り返るという視点で物語は始まります。ウォルターを育てたのは、ハブとガースという老兄弟。母方の親戚なのですが、この2人、とってもぶっ飛んでます(笑)。映画を見た後に、ほっこりした気分になれます。おすすめです。(30代女性)

 

 

50.おおかみこどもの雨と雪

家族で観たい映画「おおかみこどもの雨と雪」がおすすめの理由

その映画がオススメの理由は、誰でも楽しめるからです。 特に、子育てを経験したことのある母親達にとっては、いくつか共感する点があるでしょう。 これから子育てをするひとにとっても、勇気を与えてくれる映画でもあります。(30代女性)

 

 

51.クレイマー、クレイマー

家族で観たい映画「クレイマー、クレイマー」がおすすめの理由

これはどなたにでも観ていただきたい作品です。突然妻ジョアンナが家を出ていってしまい、5歳の息子ビリーとの2人暮らしが始まったテッドですが、少しずつ家事にも慣れ、良好な親子関係を築くようになります。しかし、ジョアンナがビリーの親権を求めて裁判を起こすので、どうなるんだろうと思ってラストまで気が抜けませんでした。(30代女性)

 

 

52.ザ・シンプソンズmovie

家族で観たい映画「ザ・シンプソンズmovie」がおすすめの理由

全米のみならず世界中で愛されるアニメ、ザ・シンプソンズの満を持しての映画化で、ストーリーが抱腹絶倒で面白いです。ひょんなことから、主人公であるシンプソン一家の暮らす小さな町、スプリング・フィールドがピンチに陥ったりと、脚本がよく出来ていて、ハート・ウォーミングなシーンもあって、家族向けだと思います。(30代女性)

 

 

53.さよなら歌舞伎町

家族で観たい映画「さよなら歌舞伎町」がおすすめの理由

若いカップルの現代の形を表しているから。このような関係は最近、多いとかんじ、恋愛の形が年々変化しているのがわかる。また、自分が歌舞伎町で風俗やキャバクラで働いていたのもあって、自分と照らし合わせてみることができるから。(20代女性)

 

 

54.ショーシャンクの空に

家族で観たい映画「ショーシャンクの空に」がおすすめの理由

冤罪で刑務所に入れられて、めげることなく、なんとか脱獄を計画していき、なおかつ仲間との信頼も得て最後にその仲間と会うシーンはすごい感動しました。 自分が一番好きな映画です。 一生に一回は見た方がいい映画です。 自身を持ってオススメできます。(20代男性)

 

 

55.スパイキッズ

家族で観たい映画「スパイキッズ」がおすすめの理由

コメディなので、少しドキドキするところもありますが、基本的には楽しく観ることができます。スパイを題材にした映画で、まるでファンタジーのような面白いグッズも魅力。キッズ二人が主人公ではあるものの、基本的には家族の話なので家族愛に感動させられることもあります。(20代男性)

 

 

56.スピード

家族で観たい映画「スピード」がおすすめの理由

キアヌ・リーブス出世作 ロサンゼルス市警のSWATジャックの乗ったバスに爆弾が仕掛けられた。バスを止めると爆発するらしい。犯人はジャックに逆恨みした男の犯行だった。バスの時速が80キロを越えても遅くなっても爆発するという。避難用の車を併走させて乗客一人ひとりを非難させるという誰もが知ってる明確な手法をとらないで映画的解決に突っ走る警察が最高。(40代男性)

 

 

57.プリティ・プリンセス

家族で観たい映画「プリティ・プリンセス」がおすすめの理由

家族で見ても、友人と見ても楽しめるコメディ要素のある映画です。 ハラハラ・ドキドキ・ワクワクが随所にちりばめられており、最後まで飽きずに完走できます。 主人公のミヤ・サーモポリスを演じるアン・ハサウェイの所作が美しく、器用な一面が垣間見れる作品です。第3部を楽しみにしています。(60代女性)

 

 

58.ベッドタイム・ストーリー

家族で観たい映画「ベッドタイム・ストーリー」がおすすめの理由

まさしくこれぞファンタジーというようなおもしろい映画ですが、1つの映画なのに色んなジャンルの映画を見ているような感覚になるので、大人でも子供でも見ていて飽きません。 繰り返し見たくなるような楽しい映画なのでおススメです。(30代女性)

 

 

59.モアナと伝説の海

家族で観たい映画「モアナと伝説の海」がおすすめの理由

これまでのディズニープリンセスの概念を覆したディズニー映画です。海に選ばれた少女モアナが女神の心を返すために冒険する音楽もとても素晴らしく思わず口ずさんでしまうようなものばかり。映像に関しては水のCG描写のクオリティが高く、本物の水のようでした。ディズニー映画をあまり観ないという人でもとても楽しめる映画だと思います。ディズニープリンセスの概念を覆した映画と冒頭で書きましたがそれは是非自分の目で確かめてみてください。(20代女性)

 

 

60.リメンバーミー

家族で観たい映画「リメンバーミー」がおすすめの理由

リメンバーミーは、メキシコの死者の日をテーマにしたディズニーピクサーの話しです。日本でいうお盆に当たる日の事。家族の愛、そして家族を大切にする事の大切さを感じます。見終わる頃には、きっと遠く離れている家族・亡くなっている家族に会いたいと思う映画です(20代女性)

 

 

61.超高速!参勤交代

家族で観たい映画「超高速!参勤交代」がおすすめの理由

参勤交代をテーマにしたコメディタッチの映画で、堅苦しすぎず、笑いの部分もあり、家族でみるのにもおすすめです。 参勤交代で映画になるのか?と思いきや、見事にまとまっています。続編ではリターンズもあるので、そちらもおすすめです。(20代女性)

 

 

62.天使にラブ・ソングを・・・

家族で観たい映画「天使にラブ・ソングを・・・」がおすすめの理由

ウーピー・ゴールドバーグ主演の名作。ひょんなことから、ギャングに命をねらわれるはめになったショーガール、デロリス。彼女が身を隠のは、きらびやかなショー・ビジネスの世界とは真反対の修道院だった。教会に活気を呼び度すため、彼女のもとで懸命に歌の練習に励むシスターたち。ミュージカル作品としても飽きさせない作りになっています。元気になりたい方にぜひ見て頂きたいです。(30代女性)

 

 

63.湯を沸かすだけの熱い愛

家族で観たい映画「湯を沸かすだけの熱い愛」がおすすめの理由

ただの病気をして母と子が切なく悲しく死んで行くお話だと思ってました。 しかし、その場面は、ほんの5分くらいです。そこじゃないところにテーマがあるのが、このタイトルから出てると思います。 あっと驚く展開と少しクスッと笑える登場人物達にほっこりします。(30代女性)

 

 

64.南極料理人

家族で観たい映画「南極料理人」がおすすめの理由

まず、設定ですでに勝利している。面白くないわけがない設定。もちろん脚本も寝られていて無駄がなく非常に面白い。 限られた場所での騒動を描いているのでシチュエーションコメディと言えるだろうか。 それと、俳優陣がキャラクターにぴったりで素晴らしい!(40代女性)

 

 

65.シュガー・ラッシュ

家族で観たい映画「シュガー・ラッシュ」がおすすめの理由

ゲームの中の世界でゲームのキャラクター達が活躍する物語なのですが、色々なゲームの世界の映像表現が凝っていて面白いです。アクション要素も多いので、ワクワクしながら観られる映画だと思います。ゲーム好きな人はもちろんの事、ゲームの知識が無くても問題なく楽しめる映画なので、ぜひ家族皆で観て欲しい映画です。(20代女性)

 

 

66.スピード2

家族で観たい映画「スピード2」がおすすめの理由

キアヌ・リーブスが降板しちゃったので共演だったサンドラ・ブロックを主役にしちゃった第二作。とにかく題名通りに何でもスピード出さないといけないんじゃないかってことに取り付かれた映画。サンドラ・ブロックと悪役のウィリアム・デフォーが大暴れだけするのが面白い。結構フランクに犠牲者が出てるけどハッピーエンドらしい。 小室哲哉の作った曲だけ有名(40代男性)

 

 

67.ドリームガールズ

家族で観たい映画「ドリームガールズ」がおすすめの理由

伝説のグループ、シュープリームスをモデルにして作られた作品です。メインボーカルには、アメリカきっての女性シンガー、ビヨンセが扮しています。メインボーカルのビヨンセについつい目がいきがちですが、もう1人のメンバーであるジェニファー・ハドソンの歌唱力も素晴らしいです。ミュージカル作品としても秀逸です。(30代女性)

 

 

68.パイレーツ・オブ・カリビアン

家族で観たい映画「パイレーツ・オブ・カリビアン」がおすすめの理由

色々とシリーズが出ていますが、私は一番最初のストーリーがとても好きです。ジョニー・デップの飄々とした雰囲気やオーランド・ブルームの若々しい感じがとても素敵でした。映像も音楽もカッコよく、家族で楽しめる映画だと思います。(40代女性)

 

 

69.ハムナプトラ

家族で観たい映画「ハムナプトラ」がおすすめの理由

古代エジプト、ピラミッド、財宝、と言えばわくわくするキーワードばかり。それらを全部詰め込んだ作品が、本作のハムナプトラである。インディジョーンズのようなハラハラ感とロマンに満ちた冒険映画であり、大人から子どもまで楽しめるだろう。余談であるが、悪役のイム・ホテップがとってもイケメンである。(30代女性)

 

 

70.ハムナプトラ2 黄金のピラミッド

家族で観たい映画「ハムナプトラ2 黄金のピラミッド」がおすすめの理由

大人気、『ハムナプトラ』シリーズ第2弾。前作からヒロインとヒーローはめでたく結ばれ、1人息子が新たに登場します。しかも、とっても有能(笑)!今作ではヒロインの秘密も明らかにされ、良作のアドベンチャーに仕上がっています。もちろん、イケメン悪役イム・ホテップ様も登場します。1&2両方見ることをお勧めします。(30代女性)

 

 

71.ベイブ 都会へ行く

家族で観たい映画「ベイブ 都会へ行く」がおすすめの理由

子豚のベイブは主人のホゲットに不注意から大怪我させてしまう。治療費を稼ぐためにベイブと妻のエズメと一緒にイベントに出るため旅に出る。 でも空港に着いた妻が麻薬の運び屋と間違えられてしまってイベントに出席できなくなる。途方に暮れる二人に清掃員がやって来て泊まれるホテルを教えてくれた。そこには・・・ 監督とプロデューサーの間に確執があった前作に続き、ベイブ役の声優クリスティーン・カヴァナーは「ギャラ上げろ」と言ったらあっけなく降ろされたりと、ほのぼのとした内容とは真逆で裏では色々大変だった作品。話自体は安心して子供と見られる。(40代男性)

 

 

72.ララランド

家族で観たい映画「ララランド」がおすすめの理由

映画の俳優演技が素晴らしいのはもちろんだが、音楽やカメラワークも申し分ないと思います。特に音楽、ダンスにおいては非常に洗練されており、映画ララランドの世界観に引き込まれました。ぜひ何度も見たい映画です。(30代女性)

 

 

73.リリィ、はちみつ色の秘密

家族で観たい映画「リリィ、はちみつ色の秘密」がおすすめの理由

主演のダコタファニングがやっぱり可愛いです。周りを固めるキャストもなかなか素敵。あとは随所で流れてくるカントリーっぽい音楽が最高に好きです。切なく温かい感じ。映画全体としては、田舎のアメリカの風景で落ち着いて見れます。(30代女性)

 

 

74.ロスト・イン・スペース

家族で観たい映画「ロスト・イン・スペース」がおすすめの理由

60年代のアニメ宇宙家族ロビンソンの実写版 環境破壊で住めなくなった地球を出て新たなる移住できる星を探すロビンソン一家 しかし宇宙船に乗っていた男ドクターザカリーの策略によってナビシステムを壊され、一家は宇宙をさ迷う事に。 一時期いろんな番組で軽快な場面というとよく使われていたエンディング曲がやたらと有名(40代男性)

 

 

75.家族ゲーム

家族で観たい映画「家族ゲーム」がおすすめの理由

松田優作が破天荒な家庭教師を演じる本作。様々な問題を抱える家族が彼によって復活していく様は、ハードボイルドの印象が強くおおよそこの様な役柄が向かないであろう彼が演じることによって成し得てるだろうと思う。松田優作ファンでなくても是非見て欲しい1作です。(40代男性)

 

 

76.君の名は。

家族で観たい映画「君の名は。」がおすすめの理由

言わずと知れた大人気作品です。 キャラクター1人1人にきちんと細かな設定があり、まさに「生きているキャラクター」という感じがありどのキャラクターにも感情移入する事ができます。 見れば見るほど考察や設定がわかるようになってきて何度でも見たくなる作品です。(20代女性)

 

 

77.世界一キライなあなたに

家族で観たい映画「世界一キライなあなたに」がおすすめの理由

思いやりを感じれる、本当にピュアな恋愛模様を描いた作品だと思います。 また、相手を思うヒロインの心の感情を考えると胸が締め付けられる思いです。 相手を想うからこそ、ぶつけたい気持ちがあり、 相手を想い、尊重するからこそ、飲み込む気持ちがあり納得するという心の流れが描かれています。(20代女性)

 

 

78.天空の城ラピュタ

家族で観たい映画「天空の城ラピュタ」がおすすめの理由

何度も何度もみた大好きな映画です。 ビデオ化されたときには飛行石もついていてそれ欲しさに購入しました。 勇気と愛情があふれている映画だと思います。 パズ―が男の子から男になっていくところがとても愛おしく、またドーラの海賊だけど根が優しいところが大好きです。 一番好きなシーンは実はパズ―の親方とドーラの息子が戦うところです。 おかみさんが「そのシャツは誰が縫うんだい?」と聞くところがママに頭の上がらないドーラの息子たちとおかみさんの尻に敷かれている親方という感じでとても好きです。 主題歌も何度も聞きたくなる大好きな映画です。(40代女性)

 

 

79.魔女の宅急便

家族で観たい映画「魔女の宅急便」がおすすめの理由

よくジブリの「魔女の宅急便」と比較されてけなされる事の多い映画だが、どうして家族で観れる映画としてよく出来ていると思う。 小豆島の景色やセットも美しく、子供の心を豊かにしてくれる作品だと思う。 主役の女優さんもイメージにぴったりで、ジブリと比べる事ないのに…と思ってしまう。(40代女性)

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました