山口百恵おすすめの曲ランキング

スポンサーリンク

Contents

スポンサーリンク

山口百恵おすすめの曲ランキング

 

11位タイ.山口百恵 「しなやかに歌って」(2票)

YouTube動画はこちら

山口百恵「しなやかに歌って」がおすすめの理由

80年代に入ろうとした時期は、時代の過渡期を迎えようとする時期でもあった。次の時代に求められていたのはこのしなやかさだったのか。(40代男性)

彼女の歌唱力と、大人の雰囲気が歌詞にのった、さわやかな印象の曲です。結婚、引退発表のタイミングに唄われた曲なので、ファンには思い出に残っている1曲ではないでしょうか。(50代男性)

 

 

11位タイ.山口百恵 「愛染橋」(2票)

YouTube動画はこちら

山口百恵「愛染橋」がおすすめの理由

京言葉を使った歌詞で、和風な感じを受けます。好きな人との関係に、揺れ動いていく女性の心が、キュンとする感じで、素敵です。(50代女性)

この曲は堀内孝雄氏が作曲したのですが、プロポーズをされているが、この先に幸せになれるか自信が持てない為に幸せになりたいが、前に踏み出せないというかっこ良かった百恵さんのイメージをガラリと変えた歌でした。(50代男性)

 

 

11位タイ.山口百恵 「一恵」(2票)

YouTube動画はこちら

山口百恵「一恵」がおすすめの理由

この曲は、山口百恵さん自身が、横須賀恵という名前で歌詞を書いています。作曲は谷村新司さん。結婚式の当日にリリースという記念の曲です。自分の本当の想いが込められています。(50代女性)

彼女自身が作曲しており、苦労して育った幼いころの感情から、素晴らしい人とめぐり会った今を、言葉選びせつせつと歌い上げています。歌手として活躍した短い期間は、この幸せをつかむためにあったような気がします。(50代男性)

 

 

11位タイ.山口百恵 「青い果実」(2票)

YouTube動画はこちら

山口百恵「青い果実」がおすすめの理由

デビュー曲の「としごろ」が、少女の恋心が可愛らしく表されていたのに対し、この「青い果実」は、急に大人びた少女の大胆な愛情表現は、驚きです。山口百恵が、ただ者ではないと、感じさせた曲です。(50代女性)

百恵ちゃんの清楚さと歌のギャップが話題となり売り出す方向性が「青い性路線」としての戦略が当たり花の中3トリオの一人となり知名度がアップしました。(50代男性)

 

 

11位タイ.山口百恵 「絶体絶命」(2票)

YouTube動画はこちら

山口百恵「絶体絶命」がおすすめの理由

当時のストレートな楽曲のすばらしさと、それをサラッと唄う彼女に、現代にはない美徳を感じます。これほどドラマチックな曲は他にないと言うほど、わずか数分の曲の中で1つのストーリーが展開されます。(50代男性)

突き放したような大人ぽい歌いかたも魅力だし、歌唱力も抜群で、フリもかっこ良く完璧です。 演技もうまいので、歌いかたにもメリハリがあります。(50代男性)

 

 

11位タイ.山口百恵 「曼珠沙華」(2票)

YouTube動画はこちら

山口百恵「曼珠沙華」がおすすめの理由

「二十歳の記念碑 曼殊沙華」として発売された曲。二十歳の女性が歌うのには、とても大人っぽい曲です。愛の深さを、情感込めて、歌っているのは、さすがだと、感激します。(50代女性)

「まんじゅしゃげ」とか「ひがんばな」と呼ぶことの多いこの花を「まんじゅしゃか」と読んだのは、作詞の阿木燿子さんのセンスの高さです。アルバム曲なので、あまり一般には知られていない楽曲ですが、百恵さんならではのどこかしら迫力のある歌い方に、彼女特有のもの哀しさがマッチした素晴らしい曲です(50代男性)

 

 

7位タイ.山口百恵 「ひと夏の経験」(3票)

YouTube動画はこちら

山口百恵「ひと夏の経験」がおすすめの理由

かなり昔の曲ですが、コマーシャルでも使われていたので広い世代に親しまれている曲です。当時聞いていて意味も分からずにドキドキしていました。(40代女性)

歌詞を聴いた時衝撃を受けました。大切なものってなんだろうと、歌が終わるまでわからず、未だにわからないのですが、聞くたびに歌詞が違う意味に感じて来たりととても不思議な曲です。その時その時で変わる曲、とてもオススメです。(30代女性)

時代を思わせる様な歌ですが、彼女のかわいさと、不思議な魅力でたくさんの注目をあびた楽曲で、当時の歌謡界をにぎわせた大胆な歌詞と、あどけない声がミスマッチしていて話題をよびました。(50代男性)

 

 

7位タイ.山口百恵 「横須賀ストーリー」(3票)

YouTube動画はこちら

山口百恵「横須賀ストーリー」がおすすめの理由

大人っぽい百恵さん素敵です。リズムが良い曲で、一緒に歌いたくなります。歌っていると気分が良く掃除も楽しくあっという間です。(40代女性)

出だしのフレーズから引き込まれるとても特徴のある曲。歌唱力もさることながら歌詞がとても印象的な名曲。(50代男性)

「スター誕生」でデビューした当初から、話題性と人気はありましたが、この曲で一気にスターにかけあがり、歌の出だしの、誰の耳にも残るフレーズが印象的で、彼女のいさぎよく、かっこい女性のイメージが広まりました。(50代男性)

 

 

7位タイ.山口百恵 「乙女座宮」(3票)

YouTube動画はこちら

山口百恵「乙女座宮」がおすすめの理由

夜空をわがもの顔にデ-トをする二人。曲調からとっても素敵で優雅さが感じられました。おとなになったらそんなデ-トをしたい…と夢が見れますよ。(50代男性)

彼女の曲の中でも、唄っているときの笑顔が見られる、数少ない明るいタッチの楽曲で、星座をテーマにした恋愛ソングで、いろいろな星座が出てくる歌詞が話題を呼びました。(50代男性)

子供でしたが、この曲のレコードを母に買ってもらいました。夫も私も百恵ちゃんファンで、カラオケに行くと夫にリクエストされる曲です。ちなみに夫は乙女座です。(50代女性)

 

 

7位タイ.山口百恵 「美・サイレント」(3票)

YouTube動画はこちら

山口百恵「美・サイレント」がおすすめの理由

サビで口パク、歌詞がないので何を言っているのかわからないということで話題になった曲。聴く側の想像力を掻き立てる上にその雰囲気も妖艶な曲。(40代男性)

曲の途中、マイクを口からよけて声を出さずにで唄う演出が人気となり、「口ぱく」した部分の歌詞が、当時うわさされていた現在の夫、三浦友和の名前を言っているのではと言われていました。(50代男性)

好きな男性に対しての、アプローチの曲のようです。歌詞の中で、口パクになる部分が、気になります。どんな言葉が入るのか、想像するのは、ドキドキ感があります。(50代女性)

 

 

5位タイ.山口百恵 「イミテイション・ゴールド」(4票)

山口百恵「イミテイション・ゴールド」がおすすめの理由

とても色っぽくツヤのある曲で、ノリも良いのでよくカラオケで歌っていたので、曲を聴くととても懐かしく感じます(40代女性)

けだるく歌う彼女のパフォーマンスに誰もが引き付けられました。軽快なテンポとは裏腹な、女性の強さと弱さを唄いあげています。阿木燿子・宇崎竜童のゴールデンコンビが作詞作曲のヒット曲です。(50代男性)

良い歌は何年たっても残ります。歌いやすくてふと歌っています。皆に観て欲しいし、歌って欲しいです。盛り上がると思います。(40代女性)

去年一緒にいた男とは全く違う。そしてどうしても比べてしまう。今年の男は去年の男を忘れさせてくれるだろうか。また来年は別の男に?それとも元サヤか同じ男か。いずれにせよ罪な女である。(40代男性)

 

 

5位タイ.山口百恵 「ロックンロール・ウィドゥ」(4票)

山口百恵「ロックンロール・ウィドゥ」がおすすめの理由

ここまで来るとアイドルの枠を越えてエンターテイナーの領域。ここまでダイナミックにカッコよく歌えるのだから、後発のアイドルが越えられないのはよくわかる。(40代男性)

彼女の弾けながらも、強い女性を演出したロックンロールがかっこよく、髪型も当時人気のカーリーヘアーと呼ばれるもので、話題になりました。(50代男性)

山口百恵さんの楽曲で珍しくない作詞:阿木燿子と作曲:宇崎竜童の楽曲。 もしかしたらアイドルらしいイメージも強いかもしれないが、山口百恵さんも望んでいたと言われる、このお二人制作の楽曲。 とってもカッコいい百恵ちゃんが聴けます。(20代女性)

自分の年代的に、リアルタイムで聞いたわけではないけれど、今聞いてもすごくカッコイイ。~かっこばかり先走り~の歌詞のところのハスキーボイスにしびれます。(40代女性)

 

 

4位.山口百恵 「プレイバックPart2」(9票)

山口百恵「プレイバックPart2」がおすすめの理由

歌っていた当時の年齢からは考えられない、大人っぽくて色っぽい声がとても好きです。今の人には出せないオーラだと思います。20代の私もとても好きなアーティストです。(20代女性)

19歳とは思えない落ち着きと刺すようなまなざし、色気、なにをとっても伝説の女性と言われるゆえんがこの曲にあると思います。(40代女性)

この曲を聴いたら誰でも歌いたくなると思いますが、彼女が一番素敵です。カッコいい歌声を是非聴いて欲しいです。(40代女性)

わりと広い世代が知っている曲で山口百恵さんの曲で有名だと思います。バカにしないでよ!とよく真似していたのを覚えています。(40代女性)

当時のNHKでは「ポルシェ」じゃなくて「車」。企業名商品名が言えなかった。今は歌詞のフレーズということでOKだそうです。ある意味概念を変えた曲。(40代男性)

男の人に振り回されないようにと頑張る女の人の心情を語った歌です。山口百恵さんの、少しハスキーな声がマッチしています。(20代女性)

ざんしんな歌詞、衣装、振り付け、無音になる曲の演出と、すべてが聴いている人を驚かせ、とりこにさせた曲で、当時「ポルシェ」の部分が宣伝になるという理由から、特定の番組では「くるま」に歌詞を変えて歌うなど、話題性の多かった人気曲です。(50代男性)

個人的に山口百恵さんの曲で1番好きです。歌ってる時の表情がカッコイイです。そして、何より歌声と歌詞が合ってて最高です。カラオケでも歌いやすくて振り付けをしながら歌っています。(40代女性)

かっこいい曲です。カラオケで、ドスをきかせて歌うのが快感です。女同士カラオケ行くときには必ず歌います。盛り上がりストレス解消できます。(40代女性)

 

 

3位.山口百恵 「さよならの向う側」(12票)

山口百恵「さよならの向う側」がおすすめの理由

この曲で引退する山口百恵。今の時代では考えられない潔さ、覚悟。この曲にもそれが伺える。こういう引き際が未だ語られるのだから凄い。(40代男性)

ゆったりとしたメロディーでとても素敵な曲で大好きです。百恵ちゃんが引退するくらいの時の曲で歌詞も素晴らしいです。(40代女性)

しっとりした大人の歌で、じっくり彼女の歌を聴きたい人に是非観て欲しいです。シンプルなのにとても心に残ります。(40代女性)

歌詞の情景が思い浮かぶような美しい曲です。特に大サビでは、優しいながらも力強く歌い上げており、何回聴いてもグッときます。(20代女性)

いろんな人がカバーしている名曲だが、やはり山口百恵バージョンが最高。思いのこもったサヨナラの意味はいろんな時に思い出される。(40代女性)

百恵さん、引退前の最後の曲で、この曲を歌い終わり白いマイクを置いて、芸能界を引退しました。その潔さにはとても衝撃を受け、最後にふさわしい壮大な歌詞が、また心に深く残り、この曲によって、さらに彼女のカリスマ性が、永遠のものになったと言ってしまってもいいかもしれません。(50代男性)

山口百恵さんの低音ボイスと歌詞の切なさが合わさってとてもしっとりとした曲調で切ない曲です。とても悲しいのにどこか暖かい、そんな曲です。(20代女性)

静かに始まる曲のはじまりから、ジワジワと来るものがあります。大切な人を亡くして悲しくてやりきれない気持ちの時に、寄り添ってくれる曲でした。 山口百恵さんの歌声が、優しく心に響いて染み渡ります。(30代女性)

とにかく歌が上手い!もう2度と会えない人やミュージシャンを思い出しながら聴くと歌詞にリンクして必ず泣きます。(40代女性)

この山口百恵さんの引退する時に流れた名曲で、「あなたの全てを決して私忘れません」という歌詞がどんな思いで歌っていたのかなと考えると感動します。(20代女性)

21歳で引退したときのさよならコンサートで最後に歌った曲。21歳とは思えぬ風格と神々しさに今の同年代では考えられない。(40代女性)

百恵さんのカッコよさがとても素敵です。 しっとりとした歌声もまた良いですね。 失恋したときにしんみり聞きたい、そんな曲です。(40代女性)

 

 

2位.山口百恵 「いい日旅立ち」(13票)

山口百恵「いい日旅立ち」がおすすめの理由

しっとりと聞ける曲です。山口百恵さんのバラードは、とても良いです。歌詞も良いですが、曲が私は好きです。山口百恵さんの代表曲だと思います。(40代女性)

最近 山口百恵さんの息子さんがカバー曲として歌っている印象が強くて 歌い方が似てると思い素敵な親子を感じました。(30代女性)

知らない人がいないくらい有名なものです。中学生の教科書にも載っています。山口百恵さんの素敵な声と素晴らしい歌詞がとっても合っています。(20代女性)

40年経った今でも、新幹線の到着時のメロディーに使われていて日本の旅行情緒を体感できる曲。歌う姿もしっとりとして美しい。(40代男性)

母、そして亡くなった母方祖母が大ファンで小さい頃から聞いていたこともあり大好きな曲です。物心がついた頃から歌詞の内容が目を瞑っていても情景が浮かんできて、聞いていてとても心地良い曲だと思うのでおすすめです。(30代女性)

山口百恵さんの低音ボイスと力強い歌声が好きです。言わずと知れた名曲ですが、今聴いても良い曲だと思います。(40代女性)

40年前の歌だと思えないほど、現在でも普通に流れているし、今時の人達が聴いても違和感のない名曲だと思います。(40代女性)

こんなに一生懸命に、歌詞の一つ一つを大切にそしてとても丁寧に歌う歌手にお会いした事がありません。“日本のどこかに私を待ってる人がいる…”超素敵な歌詞です。(50代男性)

せつない愛情を唄った名曲で、たくさんのカバーも出ていて、彼女の最大のヒット曲となりました。この曲はこの先も歌い継がれていくと思います。(50代男性)

昭和を代表する山口百恵さんの曲で、透き通ったような歌声とサビの力強い歌い方が好きです。また悲しみを振り払い、立ち去る感じの谷村新司さんの歌詞が好きです。(40代男性)

山口百恵さんの代表曲と言えると思います。人生の分かれ道に立ったときに、どちらに進もうか考えさせてくれる歌です。(40代女性)

長年、色んな人が歌い、心に響かせる曲はないなと思える曲です。そんな中で山口百恵さんの偉大さを感じられる曲です。山口百恵さんを知らない世代でも素敵な曲だなと思わせるパワーのある曲です。(40代女性)

曲と歌詞が素晴らしく、山口百恵さんが歌うことで、更に良さが引き立つ一曲です。聴いていると、情景が目に浮かび、心にしみます。(50代女性)

 

 

1位.山口百恵 「秋桜」(17票)

山口百恵「秋桜」がおすすめの理由

情景描写がとても美しい所を感じて欲しいです。嫁ぐ前の娘の心情、母の気持ちが心に響きます。優しいメロディー運びも心に染みいるようです。(60代女性)

翌日、お嫁にいく娘に、母親が、幼い日の思い出を、話します。情景が、見えるようで、心に、ジーンときます。秋桜が、優しさと、寂しさを表しているようです。(50代女性)

百恵ちゃん世代には選ぶのが大変です。 子供の頃お風呂で大声で歌ってました。 歌詞を覚えるために紙に書いてお風呂に貼ってました。(50代女性)

この曲はとてもいい歌で名曲だと思います。歌詞もメロディーも素晴らしく母への想いが溢れ聴いているだけで涙がこみ上げてきます。(40代女性)

嫁入り前の不安を胸に抱く娘と。、それをやさしく包むような優しさで接する母親との情景が目に浮かびます。聞いているだけで涙が出てきます。(40代男性)

山口百恵さんの「秋桜」は、さだまさしさんの作詞作曲の歌で、やわらかな曲になっています。歌も「涙もろくなった母が…」というところが素敵です。(50代女性)

結婚をテーマにした明るくハッピーなノリの歌は沢山あるけれど、母と子の婚前のやり取りをこれほどまでに情緒深く歌った曲は知らない。(40代女性)

母を想っての歌詞が好きです。私も母親になって、母に対しての感謝の歌詞がとてもしみます。娘が結婚するときに、聞くといいと思います。(40代女性)

理屈なく名曲です。秋といえばこの歌です。“こんな小春日和の穏やかな日…”どんな日なんだろう?と思ってからもう35年。未だに私は出会えていません。皆さんは如何ですか?(50代男性)

様々なトップミュージシャンに楽曲を提供されるようになる。この曲はさだまさしから。野に咲く秋桜を見ながら結婚前夜。世界観が凄い。(40代男性)

しっとりした素敵な曲です。歌詞は、嫁ぐ娘の気持ちそのもので共感できます。語りかけるような歌詞をしみじみ聞くと、自身の気持ちと涙がこぼれます。(50代女性)

詩をきくと、情景が思い浮かぶ。何気ない日常の大切さや相手を思いやる心のあたたかさなどを考えさせられます。(40代女性)

この曲によって、さまざまな顔を見せてくれるその姿は、強い女性、せいそな女性、そして日本の女性らしい女性の代表的な存在だったと思います。さだまさしが作ったこの曲は、たくさんのアーティストがカバーし、今も歌い継がれていて、彼女の名曲中の名曲です。(50代男性)

世代や性別を超えて今なお聴かれている名曲です。この「秋桜」は「娘を送り出す母の哀愁」と「他家へ嫁いでいく娘の郷愁」を感じる切ない曲という点でオススメです。「嫁ぐ=他の家の子どもになる」という日本独特の文化を見事に歌い上げた歌だと思います。(30代男性)

少し寂しさや影を思わせるようなマイナーな曲調が秋桜の時期である秋を彷彿とさせ、そのドラマチックな楽曲構成には非常に感動するとともに歌詞が心に沁みる作品であるためです。(20代女性)

百恵さんの透明感のある歌声と、しっとりした曲の内容が、物悲しくそしてなんだか心温まる様な感じの曲の仕上がりは、名曲だと思います。(50代女性)

作詞、作曲さだまさしでした。明日結婚する娘が、今さらながらに母親に愛されていたと、自分は独りではなかったと、改めて気づく歌です。あまりに切なく歌い上げるので、一度聞いただけで涙が溢れてしまう曲です。名曲です。(40代女性)

 

 

1票入った山口百恵おすすめの曲も紹介

山口百恵 「あまりりす」(1票)

YouTube動画はこちら

山口百恵「あまりりす」がおすすめの理由

作詞:松本隆、作曲:岸田智史、編曲:船山基紀で、「秋桜」など花をテーマにした曲が多く収録された「花ざかり」の収録曲です。ギターのイントロに続いて静かに百恵さんが歌いはじめます。とても美しい歌い出しの曲です。(50代男性)

 

 

山口百恵 「ありがとうあなた」(1票)

YouTube動画はこちら

山口百恵「ありがとうあなた」がおすすめの理由

主演ドラマ「赤い疑惑」の主題歌です。白血病で、命がなくなるという役柄で、その女性の、愛する人への、熱い想いが、詞に、込められています。切なさが心に響きます。(50代女性)

 

 

山口百恵 「オレンジ・ブロッサム・ブルース」(1票)

YouTube動画はこちら

山口百恵「オレンジ・ブロッサム・ブルース」がおすすめの理由

百恵さんのブルースで阿木燿子と宇崎竜童コンビの楽曲によって、その代表ともいえるような、この曲けだるい感じときれいな歌声が、独特の世界観を作っています。(50代男性)

 

 

山口百恵 「ささやかな欲望」(1票)

YouTube動画はこちら

山口百恵「ささやかな欲望」がおすすめの理由

1975年9月既に不動の地位を築き上げた百恵ちゃんの一曲はやはり別れをテーマにした女心をしっとりと歌い上げた曲で、デビューの頃とは断然比較にならない程歌唱力がアップしています。まだ、16才なのに全くそれを感じさせない大人の曲です。(50代男性)

 

 

山口百恵 「としごろ」(1票)

YouTube動画はこちら

山口百恵「としごろ」がおすすめの理由

デビューの頃の百恵ちゃんはスター誕生で審査員をしていた阿久佑先生が歌手は無理と厳しく指摘されていた通り本当に歌は上手ではありませんでした。(50代男性)

 

 

山口百恵 「パールカラーにゆれて」(1票)

YouTube動画はこちら

山口百恵「パールカラーにゆれて」がおすすめの理由

レコードのジャケットの百恵さんが色っぽかったけど、歌も艶っぽいです。ちょっと、ムード歌謡っぽくもあります。(50代女性)

 

 

山口百恵 「伊豆の踊り子」(1票)

YouTube動画はこちら

山口百恵「伊豆の踊り子」がおすすめの理由

百恵さんと友和さんの、初共演映画同タイトルのテーマ曲でした。百恵さん、映画でも初々しかったですが、歌声もとっても初々しいです。(50代女性)

 

 

山口百恵 「夏ひらく青春」(1票)

YouTube動画はこちら

山口百恵「夏ひらく青春」がおすすめの理由

アイドルは割と四季を考えた歌を季節事に出しておりしっとりとした曲が2曲続いたせいもあるせいか、ハイテンポな曲となっていますが、やはりひと夏の経験の続編のような歌詞となっていて、この時代の百恵ちゃんは何を歌ってもヒットはしますが、特に印象が強い曲目とはなりませんでした。(50代男性)

 

 

山口百恵 「禁じられた遊び」(1票)

YouTube動画はこちら

山口百恵「禁じられた遊び」がおすすめの理由

タイトルほど内容は強烈なものではなく、10代の恋愛を歌詞にするならせいぜいここまでだなと思う詞でもあり、曲も今までよりは耳に入りやすく少しずつアイドルとしての位置を定着させていった段階の曲です。(50代男性)

 

 

山口百恵 「湖の決心」(1票)

YouTube動画はこちら

山口百恵「湖の決心」がおすすめの理由

当時は別段何とも思わなかったのですが詞の意味をもう一度考えてみると若干不倫のイメージを思わせるような部分もあり、当時のアイドルは清純派でなくてはいけないのに、そのイメージを全く払拭せずアイドルの地位を築いていた百恵ちゃんは今さらながら凄いと思います。(50代男性)

 

 

山口百恵 「春風のいたずら」(1票)

YouTube動画はこちら

山口百恵「春風のいたずら」がおすすめの理由

百恵ちゃんが15才にしては非常に落ち着いた雰囲気なので、かわいい恋愛というよりも女心をわかってくれないというちょっと大人びた恋愛に感じる歌でした。(50代男性)

 

 

山口百恵 「赤い絆」(1票)

YouTube動画はこちら

山口百恵「赤い絆」がおすすめの理由

1977年12月発売ドラマの主題歌なのですが、百恵さんの主演する役柄は割と薄幸な少女が困難に立ち向かっていくというストーリーが多かったのですが、どことなく百恵さんの生い立ちを匂わせる感じもあり、人気がありました。(50代男性)

 

 

山口百恵 「冬の色」(1票)

YouTube動画はこちら

山口百恵「冬の色」がおすすめの理由

自分の心を秘めた女性の気持ちが、じんわりと、伝わってきます。相手に対する愛情が、控えめな感じを受けます。(50代女性)

 

 

山口百恵 「夢先案内人」(1票)

YouTube動画はこちら

山口百恵「夢先案内人」がおすすめの理由

これまでは短調でマイナーな曲が多かった中、めずらしく彼女のやわらかで明るい部分を前面に出した楽曲で、せいそなワンピース姿が人気でオリコン1位も獲得しました。(50代男性)

 

 

タイトルとURLをコピーしました