料理中に聴きたいおすすめの曲29選

スポンサーリンク
スポンサーリンク

料理中に聴きたいおすすめの曲29選

 

1.YUKA「お料理行進曲」

キテレツ大百科OP 「お料理行進曲」 full

クラシック音楽 YUKA「お料理行進曲」がおすすめの理由

私がお料理行進曲をおすすめする理由は、単純に、コロッケの作り方を歌にしているからです。面倒な手間すらも楽しく歌にしており、口ずさんでいると、何を使っていても美味しそうに仕上がった気になれます。特にコロッケを作るときに最適です。手順を間違えることなく作り進めることが出来、かつ、楽しく料理できます。私は炒め物の時よく口ずさみますが、じゅうじゅうと音を立てて作りながら歌っていると、何故だか炒めている野菜やお肉とともに冒険に出ているような気になれます。包丁をコミカルに踊らせるみじん切りも、ちょっとしたパフォーマンスをしているようで、実は自分は、とても料理が得意な人間なのではなかろうかと錯覚さえしてしまいます。料理が苦手、でも楽しみたい人に、ぜひお勧めしたい曲です。(30代女性)

みんな知っていると思いますが、キテレツ大百科のオープニングの曲です。一番はコロッケの作り方になっているので有名ですが、二番はナポリタンの作り方になっています。可愛い曲で、お気に入りです。コロッケやナポリタンを作るときはもちろん、他の料理の時も口ずさんでしまいます。テンポも良いので、料理もはかどり、スムーズに仕上がる気がします。 また、作り方になっているので、コロッケやナポリタンの時は参考にもなります。これを聞着ながら料理をすれば、ノリノリで楽しい気持ちになり、料理をするのが憂鬱な時でも明るくやる気が出てきます。他の人がいても、キッチン全体が明るく、楽しい雰囲気に包まれるでしょう。料理中にはお料理行進曲、ぜひおススメです。(30代女性)

 

 

2.DA PANP「USA」

DA PUMP / U.S.A.

クラシック音楽 DA PANP「USA」がおすすめの理由

去年の大ヒット曲です。この曲を聴くを聞くとダンシングしたくなり、料理を作るときに手際が良くなりそうです。料理が苦手で手際が悪いので、かなり時間がかかるので、家の人にいつも文句言われてしまいます。神経質すぎるのです。時間がかかり過ぎます。個人的にISSAのファンなので、何回も聴きたい曲です。カモンベイビィアメリカンと口ずさみながら、まな板で材料をををとんとん切ったら、早く出来そうですね。実際にはやってないので、やってみたいです。歌も凄く上手いし、ダンスパフォーマンスもステキです。ダイエットにも効果ありそうで、真似して、踊ったら汗だくになって痩せそうでとても効果ありそうなくらいの運動量になると思います。料理をしながら聴きたい1曲です。(50代女性)

 

 

3.unison square garden「シュガーソングとビターステップ」

UNISON SQUARE GARDEN「シュガーソングとビターステップ」LIVE MUSIC VIDEO

クラシック音楽 unison square garden「シュガーソングとビターステップ」がおすすめの理由

ノリが良くて、包丁で材料を切っているときとか音楽に合わせながら、切りたくなるような音の速さで曲名もシュガーとかビターとか入っているので、お菓子などを作りたくなる曲だなぁと思いました。料理を作る場合も炒め物などフライパンを使うようなものも鼻歌を歌いながら、箸などをフライパンに当たるときの音を、音楽にしたり、ジュージューという音とかも音楽にするような、ノリでドラムの音とかも、自分で叩いている感じが良い。Aメロからサビに入ったときのところが好きで、そのところで鍋の中身をおたまとかで回すとか、自分がその音楽と一体になっているような気がして、ノリノリで歌ってしまいます。ラストの一難去ってまた一丁というところで料理が終わるとスッキリします。(30代女性)

 

 

4.ELLEGARDEN「スターフィッシュ」

ELLEGARDEN「スターフィッシュ」

クラシック音楽 ELLEGARDEN「スターフィッシュ」がおすすめの理由

私はいつも音楽をかけながら料理をしてます。この曲が聴きたくなるのは単純に好きだからという理由もありますし、すごく楽しくてノリノリな感じで聴けるので、料理も楽しくなります。料理中にバラードなど聴いても、微妙な感じになったりしちゃうので、私は明るい曲をよく聞きます。サビのリズム感がよかったり、ELLEGARDENの細美さんの声もすごく好きなのでお気に入りの曲です。料理中は真剣に集中してやらないといけない作業もありますが、せっかくなら楽しくできたらと思い曲は聞くようにしています。集中してて音楽を聞き流していても、いいリズムで一人でも盛り上がれるのでめんどくさいなーと思ってもささっと終われたりします。ライブの音源を聴くとさらに盛り上がります。(20代女性)

 

 

5.JUDY AND MARY「そばかす」

そばかす – JUDY AND MARY(フル)

クラシック音楽 JUDY AND MARY「そばかす」がおすすめの理由

料理中はしっとりしたバラードとかではなく料理がはかどる曲調のものが良いと思います。お気に入りのエプロンをして楽しい気持ちでテンポ良く鼻歌を歌いながら、もしくは熱唱しながら料理をしているイメージにぴったりなのがそばかすだと思ったので、おすすめしたいです。歌詞も可愛らしいので気分も上がります。ちょうど世代だったので、スラスラ歌詞が出てくるので歌いやすいです。なんならサビだけをエンドレスに繰り返していても良いです。普段料理をしながら実際によく聴いていますが、やはり1番聴きますし、聴いていて楽しい気持ちで料理をしています。お菓子作りなどの好きな人に向けて作るときは更にテンションの上がる曲なので、是非聴きながら料理してみてほしいです。(30代女性)

 

 

6.西明日香「どきどきしちゃうどっきどき」

西明日香「どきどきしちゃうどっきどき」

クラシック音楽 西明日香「どきどきしちゃうどっきどき」がおすすめの理由

西明日香はアニソンの声優で、アニメとタイアップしてないシングル曲で「どきどきしちゃうどっきどき!」がとにかく盛り上がる。とくに自分はサビの「ハイハイハイハイ」とかメロディーが追いかけられてる感じでノリノリでテンションがあがる。料理作ってる時に料理が飽きない!何周もリピートして聴ける。おそらくアニメとか知らない人でも、アニメ毛嫌いしてる人でも誰が聴いても耳に残ると思うし、声がとにかく可愛い。頑張って歌っている感が出ていて違う曲も聴いてみたくなるような気持ちにさせてくれる。歌詞の中で、自分を応援してくださいアピールしてる所も応援したくなるし、自然と歌詞を覚えてしまう。メロディーが明るいしBPMが速めで体がウキウキしてしまう。(20代男性)

 

 

7.絢香「にじいろ」

絢香 / 「 にじいろ」Music Video

クラシック音楽 絢香「にじいろ」がおすすめの理由

以前朝ドラの主題歌になっていた曲で、そのドラマを毎日観ていて自然に口ずさむようになりました。テンポも良く歌詞もわかりやすいし素敵です。これからはじまるあなたの物語。なんだか私自身のことがはじまるんじゃないかと勝手に重ね合わせて自分が主人公にでもなったみたいに感じてしまうので、お料理を作る時も一人で口ずさんでいます。また歌詞の中に、あなたが笑えば誰かも笑うこと。乗り越えれば強くなること。というのがありますが大切な家族、夫や子供を想い、この曲を聴きながら料理をすると、この歌詞のように笑ってくれるかな、愛情たっぷりのお料理でお腹も心も満たしてどんな辛い事でも乗り越えてくれるかなと想像をしてしまいます。この曲を聴くと手際よく料理もはかどり元気ももらえ家族への想いもより一層深まりそうな感じがします。(40代女性)

 

 

8.Foorin「パプリカ」

YouTube

クラシック音楽 Foorin「パプリカ」がおすすめの理由

パプリカはポップで明るい曲なので、「料理するの面倒だな」という気分の時も少し気持ちを上げてくれるからです。子供達も大好きな曲なので、かけるとダンスを始めてくれてそれを見ながら料理できて楽しいのと、ダンスしていてくれれば料理の邪魔をしにこないので便利です。「見て見てー」って言われるけれど、ダンスなので子供の方に視線を向ければいいだけなので対応しやすいです。歌詞も素敵です。「晴れた空に種を蒔こう」とな「見つけたのは一番星」とか想像するとなんだかワクワクするような気持ちにさせてくれます。全体的にメロディーも歌詞も覚えやすいので、自分も一緒に口ずさんでしまいます。パプリカは何度聞いてもいい曲だな、思います。(30代女性)

 

 

9.ずっと真夜中でいいのに「ヒューマノイド」

ずっと真夜中でいいのに。『ヒューマノイド』MV

クラシック音楽 ずっと真夜中でいいのに「ヒューマノイド」がおすすめの理由

独特なメロディーと歌詞に引き込まれて料理中も気分を上げて聞くことが出来る好きな曲で、私が普段料理をしている時もよく聞いています。ずっと真夜中でいいのに。さんは最近人気になったので知名度はあまり無いかもしれませんが、独特の完成を持った天才だと私は思っています。なので、料理中にもおすすめしたいのですが、その他にも、登校中、勉強中などの作業BGMとして、ずっと真夜中でいいのに。さんの曲はぴったりだと思います。聞き流しだとしてもしっかり耳に残るメロディーと心に刺さる歌詞がとても魅力的なアーティストさんです。ヒューマノイド以外にも、ヒッチコック、眩しいDNA、脳裏上のクラッカー、秒針を噛む。などもおすすめな曲なのでぜひいろんな人に聞いていただきたいです。(10代女性)

 

 

10.あいみょん「マリーゴールド」

あいみょん – マリーゴールド【OFFICIAL MUSIC VIDEO】

クラシック音楽 あいみょん「マリーゴールド」がおすすめの理由

この曲はとても爽やかで清涼感あるところがいいなと思います。料理を作る時は熱かったり、気持ちが先走ったりしてしまいがちなので、この楽曲を聞いていると気持ちが軽くなるような気がします。少し気持ちを穏やかにしてくれて、ゆっくり作れそうなところがおすすめです。雰囲気もやわらかくメロディーも心地よいので、料理中でも聞きやすいし、自然と耳に入ってくると思います。待つ時間がある時にもピッタリで、心を癒してくれる楽曲です。歌声もかっこよくて透き通っているところが素敵だと思います。料理の時間が楽しくなるような楽曲でもあるし、何回もリピートしたくなるような懐かしさを感じるところも良いです。ゆとりを持って料理したくなります。(20代女性)

 

 

11.角田信郎「よっしゃあ漢唄」

よっしゃあ漢唄/角田信朗

クラシック音楽 角田信郎「よっしゃあ漢唄」がおすすめの理由

この曲を料理中におおすすめする理由は、なにより歌詞が料理に合っているからです(笑)歌詞に合わせて料理すればいつもの面倒な料理もきっと楽しく作ることができるでしょう。イメージは戦場で戦う漢の料理です。「そーれそれそれそーれそ!斬!」ここで料理に使うお肉や野菜を切っていきます。斬!って掛け声に合わせて野菜を切るととても楽しいです。斬!斬!斬!って曲に合わせてテンポよく切るのがオススメです。(ケガに注意)その他にも「漢、漢、漢が 燃える〜」など火を使っていても楽しい歌詞や、「槍もて! 弓もて!法螺をふけ!」など、包丁やまな板を用意しながら歌うのも楽しい歌詞がたくさんあります。戦場を駆ける傾奇者のイメージで楽しく料理ができることでしょう。(20代男性)

 

 

12.荒井由実「ルージュの伝言」

ruuju no dengon/ルージュの伝言 Lyric Video/歌詞

クラシック音楽 荒井由実「ルージュの伝言」がおすすめの理由

なぜルージュの伝言が料理中に聞きたいのか?私は昔からジブリが大好きで、その中でも1番に魔女の宅急便が大好きです。そしてノリノリになれるルージュの伝言がとても大好きです。ルージュの伝言を聞きながら料理をしていると、なぜだか料理を作るペースがとても上がって効率的でとても良いのです。ルージュの伝言は、定番と言ったら定番ですが、私は歌詞よりもメロディの方が好きなのです。曲の始まりからノリノリだし、最後までノリノリなので、今日は疲れた料理をしたくないなって思っていてもルージュの伝言を聞きながら、料理をすると元気が出てくるのです。だいたい毎日のように料理をしながら聞いています。皆さんも、是非ともやってみて下さい。(30代女性)

 

 

13.國府田マリ子「愛のcrazyエプロン」

愛のCrazyエプロン-國府田マリ子

クラシック音楽 國府田マリ子「愛のcrazyエプロン」がおすすめの理由

90年代のアイドル声優ブームを牽引したといっても過言ではない実力派声優の國府田マリ子さん。本業はもちろんのこと、歌にお芝居にギターに、と多彩な才能を発揮し、その人柄から伺える人気は不動のものです。95年に発表されたオリジナルアルバムに収録されている「愛のcrazyエプロン」はご自身が作詞に携わった力作です。この歌に登場する女の子は彼を喜ばせるために腕まくりで料理をするようなタイプです。しかも、アワアワしたあげくにテンパってしまうような描写が秀逸です。こんな女の子が実際いたら…きっと鼻の頭に小麦がついてるに違いありません。そんなイメージを膨らませながらこの曲をバックに料理をしていたら何だかうまくいきそうな気がします。独りの食卓に彼女の歌で彩りを添えてみましょう。(40代男性)

 

 

14.高橋一生「俺たちの明日」

高橋一生『俺たちの明日』エレファントカシマシ

クラシック音楽 高橋一生「俺たちの明日」がおすすめの理由

さあ、頑張ろうぜで始まる全体的にポジティブな歌詞でスタートするこの曲。原曲はエレファントカシマシですが、高橋一生バージョンの方が私は好きです。エレファントカシマシのボーカルの方も語るように歌っていますが、高橋一生バージョンの語り口がとても優しくて、でも力強いので家族の人数も多くてやっつけ仕事になりがちの料理も前向きに取り組めます。煮物煮ながらガッツポーズ作ってる時も多いです。ボーカルの歌声も好きなんですが、演奏が東京スカパラダイスオーケストラなのも私にはツボです。スカパンクの軽快で愉快なテンポは、料理しながらウキウキします。普段から、スカパンク好きな私ですが、特にこの曲は作業中に丁度良くて大好きです。(30代女性)

 

 

15.OAU「帰り道」

OAU「帰り道」

クラシック音楽 OAU「帰り道」がおすすめの理由

テレビ東京系ドラマ「きのう何食べた?」のオープニングテーマ。ドラマは夜中の放映で毎回おいしそうで凝った料理ではなく、主婦でもできる簡単で豪華なご飯が出てきてしまうので見終わった後、ついついこの曲を聴きながら料理を始めてしまいます。西島秀俊さん演じるシロさんのご飯は私たち主婦と同じ感覚なので共感が出来ます。このグループの事は存じ上げなかったのですが、ドラマとマッチしておりPVもドラマのオープニングと同じ構成でおいしそうなコーヒーやラーメンを作っていて、またお腹が空いちゃう…。ゆったりとした曲調で落ち着いて料理が出来るので急かされる事なくリラックスしながら楽しく作れるので料理が楽しくなり、おいしくなりそうな気になりながら作っています。(30代女性)

 

 

16.米米CLUB「君がいるだけで」

君がいるだけで – 米米CLUB(フル)

クラシック音楽 米米CLUB「君がいるだけで」がおすすめの理由

料理をするときはリズムよくテンポよく進めたいからです。この米米CLUBの「君がいるだけ」は大ヒットした曲で歌ってもよし、ハミングするにしてもよしのリズムのよい曲です。とてもテンポのいい曲です。また歌詞も耳慣れた言葉で作られているので、気分がよくなってきます。料理をするときには、必ずかける曲です。曲の一番だけでなく、2番まで覚えているので、とても歌いやすいです。歌いながら料理をすることで、料理もおいしく出来上がります。明るい曲は、明るい料理を作るのに最適な曲です。このこの米米CLUBの「君がいるだけ」を聞きながら料理をすることで、料理のおいしさが20%増しで完成します。料理する時間も早く感じることができるすばらしい曲です。(40代男性)

 

 

17.UVERworld「君の好きなうた」

UVERworld / 君の好きなうた

クラシック音楽 UVERworld「君の好きなうた」がおすすめの理由

昔から好きな曲で聴きたいというより聴いてる曲です。UVERworldのボーカルの声が好きで聴いていると作りながら口ずさんだりリラックスして料理を作れ嫌なこともイライラしていても好きなこの曲を聴きながら好きな料理をしてる時が幸せです。UVERworldの曲をリストにして聴いたりもしています。きっと料理しながら聴く曲ではないとは思うのですが、好きな音楽を聴いていると楽しくて料理もいつもより上手にできたり、焦って間違えたりもなくなります。唄いながら作業しているとたまに調味料を入れ忘れたりしてしまう時もありますが、後で足したりたまに多く入れすぎてしまう時もあるので家族にはたまにイヤミも言われますがこの曲を聴いたおかげが許せてしまいます。(30代女性)

 

 

18.スカイピース「君の笑顔に恋をした」

理想のお嫁さんを妄想してラップしてみたwwwww

クラシック音楽 スカイピース「君の笑顔に恋をした」がおすすめの理由

テンポが明るいので聞きやすいのとノリノリで聞いていられるので料理作る時もテンポがある。そして料理の名前とかが出てくると作ってるぞ!という感覚になるので作りやすい。気持ちが作りやすいです。そして歌を知っていると歌いながら料理したりわくわくして料理を作ることが出来るので明るい気持ちで作れて料理が楽しくなる。そして意味がありすぎる歌詞だとそっちに集中してしまいますがラップ調なので考え過ぎずPOPな気持ちで聞くことが出来る。なので手が止まることも無く料理に集中もできるのでオススメです。あとスカイピースの声が好きなので好きな歌を聴きながら好きな料理をすることができるので私はとてもオススメです!なかなか音楽聞きながら料理をしなかったのですがこの曲を聴いてから音楽聴くのも悪くないと思いました。(20代女性)

 

 

19.宇多田ヒカル「光」

宇多田ヒカル – 光

クラシック音楽 宇多田ヒカル「光」がおすすめの理由

料理をするときは、色んな曲をランダムに聞きますが、宇多田ヒカルさんの「光」については毎日聞いています。この曲は、PVで宇多田さんが、キッチンで洗い物をしながら歌っています。その印象が強いのか、キッチンに立つときは必ずこの曲を口ずさむようになりました。また笑顔で楽しそうにキッチンに立っている宇多田さんの姿と自分を重ねて、笑顔で口ずさみながらキッチンで料理をしている自分がいます。歌詞の中に途中、「今日はおいしい物を食べようよ」というフレーズが出てきます。このフレーズにさしかかると、いつも夫の顔が出てきて、料理を楽しんでいる自分に気づきます。ノリの良い感じの曲調ではありませんが、幸せが伝わる優しい曲調が料理をしている間に聞いていても心地よく、邪魔にならないのでおすすめです。(30代女性)

 

 

20.エルレガーデン「高架線」

ELLEGARDEN「高架線」Music Video

クラシック音楽 エルレガーデン「高架線」がおすすめの理由

曲調が穏やかなところから始まり、しっかりと盛り上がりがあるところが合っていると思います。最初は穏やかな気持ちで料理に没頭でき、盛り上がるところでも料理に気合を注入できます。単純にエルレガーデンが好きなのもありますが、ボーカルの声質も鬱陶しくなく、作業中にもってこいだと思っています。料理も作業の時間が長くあるため、エルレガーデンの曲の中から選曲しました。またミュージックビデオも心地よく、楽しみながら料理できます。何よりもYouTubeにミュージックビデオが多数あり、高架線という曲もミュージックビデオがあります。最後の盛り上がりのハーネームイズローラのところは非常に気持ちよく、料理の最後の調味料といったところでしょうか。(20代男性)

 

 

21.きゃりーぱみゅぱみゅ「最&高」

きゃりーぱみゅぱみゅ – 最&高 [Full ver.] , kyary pamyu pamyu – Sai & Co [Full ver.]

クラシック音楽 きゃりーぱみゅぱみゅ「最&高」がおすすめの理由

この曲はすごく明るく楽しくなれると思います。つい躍りたくなるような楽曲で、料理を作っている時に聞くとテンション上がります。可愛らしい楽曲でもあるので、料理を勉強している子たちは楽しみながら料理ができると思います。とてもキャッチーなので歌いながら作るのもおすすめです。わくわくした気持ちにもなるし、自然と料理を作ることが好きになれると思います。ゆったりしたリズムで癒されると思うし、何回も聞きたくなる楽曲です。不思議な世界観があるので、この楽曲を聞くことで料理がおいしくなるような、おまじないの要素もあるのではないかと思います。一人で作る時や友達など、パーティー料理を大人数で作る時にもおすすめだと思います。(20代女性)

 

 

22.チューリップ「心の旅」

チューリップ 心の旅 1972

クラシック音楽 チューリップ「心の旅」がおすすめの理由

昔から好きなチューリップの曲の中でも、特にカラオケ等で良く歌っている曲がこの「心の旅」です。この曲が特に合うのは、昔懐かしい鉄板ナポリタンスパゲッティーで、料理中にこの曲を聴くと懐かしいだけでなく、気分も晴れ晴れし、特に、昔若い頃に食べておいしかったこの料理(特に、鉄板の上にうすくひかれた卵焼き、その上のしっとりとしたケチャップ味のスパゲッティ)と、同じころ(40年ほど前)にはやったこの曲が、料理の味と曲のリズミカルな感じ、それに特に自分が若かりし頃の思い出とが、料理の見た目の視覚、おいしい味の味覚、そして耳から入る「心の旅」の音楽が良くマッチして、これらの相乗効果で、嫌なことも忘れられ、凄くすがすがいしい気分になるので、ナポリタンスパゲッティーの料理中には、この「心の旅」がおススメです。特に、50代以上の人で、若かりし頃、よく鉄板ナポリタンを食べた人に!(60代男性)

 

 

23.SMAP「世界にひとつだけの花」

世界に一つだけの花 – SMAP

クラシック音楽 SMAP「世界にひとつだけの花」がおすすめの理由

料理チームに聞いていて テンションが上がる曲は SMAP の世界に一つだけの花ですこの曲 をおすすめする理由は アップテンポですし誰でももう頭の中に歌詞が入っている曲だと思うので 料理 をしながら歌うにはぴったりの曲です 私自身は SMAP の熱狂的なファンというわけではありませんがこの曲だけはすごく大好きで 昔からずっと聞いている曲なので料理中にも口ずさみながらどんどんお野菜を切ったり茹でたりして淡々と料理を進めていくことができます また歌っているうちにテンションが上がってくるので料理をしていて無心になってしまう時も明るく振る舞えるので すごくポジティブな気分で料理を進められる所が気に入っています(30代女性)

 

 

24.和楽器バンド「千本桜」

和楽器バンド / 千本桜

クラシック音楽 和楽器バンド「千本桜」がおすすめの理由

和楽器バンドが大好きなのですが、料理をしている時は千本桜ばかり聞いています。家族のために料理を作ることはさほど辛くないのですが、でも気分が乗らない時もあるので気分を高めるためには自分にとってベストな曲です。また、料理中だけでなく仕事が大変な時でもこの曲ばかり聞いています。テンションが下がってしまうと料理も仕事もはかどりませんし、美味しい料理になってくれない気がするので、自分が一番好きな曲を聞くのが一番かなと思います。毎日の料理が辛いなと感じた時や、テンションを高めたいなと思った時に和楽器バンドの千本桜を聞いてみてはいかがでしょうか。個人差は当然あると思うけどテンションが高まって楽しく料理できるかなと想います。(40代男性)

 

 

25.森高千里「素敵な誕生日」

森高千里 『素敵な誕生日』 【セルフカヴァー】

クラシック音楽 森高千里「素敵な誕生日」がおすすめの理由

「素敵な誕生日」は、森高千里さんが作詞した曲で、けっこう前の曲ですが、料理中にはつい口ずさんでしまう一曲です。大好きな彼氏のために、マカロニグラタンを作るという歌詞なのですが、料理があまり上手じゃない彼女が、がんばりながら、ちょっと失敗しながら楽しく料理をする様子が描かれている、かわいらしい曲です。「ちょっとだけこれは焦げすぎだね、ごめん我慢してね」という歌詞もかわいいし、「いわゆるこれが、私なりの愛情込めた料理」というところは共感してしまいます。曲調もカントリー調というのか、アップテンポで元気が出るメロディーなので、気分が上がります。ドラムも森高さん自身が叩いていて、森高さんならではの、スタタン!という正確でキレのあるドラムが心地いいです。ぜひ、好きな人や家族のために料理するときに聞いてほしい一曲です。(40代女性)

 

 

26.ザハイロウズ「日曜日よりの使者」

ザ・ハイロウズ – 日曜日よりの使者 (UNOFFICIAL VIDEO)(バイクが、好きだ。篇)

クラシック音楽 ザハイロウズ「日曜日よりの使者」がおすすめの理由

結婚してから手料理はマストで毎日毎日毎日作っているとなんだかテンションが下がってしまったり、作りたくない日もあるのでそんな日ほどこの歌に元気をもらって作っています!歌詞も共感できる部分が多く「このままどこか遠く連れ出してくれないか~♪」の出だしなんかまさに今の私!!って思えちゃうときがあります笑。現実逃避的な気持ちになりますが、そこから軽快にシャラララシャラララーラと入るのですがそこからはもう切り替えて美味しいごはんを作るぞー!!という気持ちにしてくれます!主人が土日休みの人なので早く平日終わって週末たくさん遊びたい!週末は何しようかなぁなんて料理中口ずさみながら妄想もできるのでよく上記のYouTubeをテレビで流しながら料理をしています。(30代女性)

 

 

27.ゴンチチ「風の国」

ゴンチチ、夏の名曲/風の国

クラシック音楽 ゴンチチ「風の国」がおすすめの理由

毎日、料理をしているとたまにサボりたいこともありますが、そんな時に下がったモチベーションをアップのできる一曲です。季節の中で一番好きな夏を感じられること、大好きな沖縄の離島の景色を思い出すこと、とにかくウキウキした気分になるなど様々な理由ありますが、一番はゴンチチが好きということだと思います。特にこの曲は沖縄料理や辛い料理、夏にあう料理などを作る時にピッタリです。テンポがいいからか手際もよくなるように感じます。この曲を聴きながら、夏の夕暮れ時に沢山の餃子を作り、フライパンで何度も焼きながら、できたての餃子をつまみ、お酒を飲んでいる時が私にとっては最高に贅沢な時間です。南国気分になるのも、おすすめの理由かもしれません。(40代女性)

 

 

28.ATSUSHI「涙のキッス」

涙のキッス ATSUSHI EXILE

クラシック音楽 ATSUSHI「涙のキッス」がおすすめの理由

本家はサザンオールスターズ。数年前昔の友人との絡みで、元カレ(子供もいる)の家に私だけ立ち寄る事になった。彼が「最近のお気に入り」と聞かせてくれた曲。子供はまだ保育園、奥様は急用で実家。夕食に困っていたので、彼が作ったことにしよう(それ位はできるらしい)と簡単カレーを作りながらリバース。付き合ってた当時は桑田さんの声だった。時は流れたんだなぁと人参を刻んだ。社会人になり、すれ違いから別れてしまったけど淡い思い出。今は友人以上ではない。カレーは私が帰った後、子供と食べたらしい。寂しいわけではない、悲しいわけでもない。心にしみるATSUSHIの優しい声が、1人人参を刻みながらいつも私の中に流れている。(50代女性)

 

 

29.星野源「恋」

星野源 – 恋【MV & Trailer】/ Gen Hoshino – Koi

クラシック音楽 星野源「恋」がおすすめの理由

この曲は、あらかじめバランスが良い料理のメニューが浮かんだり、家族の好物を作るときや、スムーズに段取りが進んでいる時に聞きたくなる曲です。テンションが上がってトントン拍子に料理が出来ていくと楽しいものでつい口ずさみながらアップ・テンポな曲なので踊りたくなってしまいますがその気持ちを押さえて作っています。特に「ただ、腹を空かせて君の元へ帰るんだ」の歌詞が、1日頑張って帰ってくる主人や家族が私が作った夕飯を楽しみにしてくれていれば良いなぁ、夕飯をみて「美味しそう!」と喜んでくれたら良いなぁ等と想像をしてしまうフレーズで思わずグッと来ます笑。この曲を聞くとテンションが上がりすぎて作りすぎてしまうこともあるので要注意だと思いました。(30代女性)

 

 

タイトルとURLをコピーしました