旅行に行きたくなったら読みたい!旅行に関する本おすすめ81選

スポンサーリンク

Contents

スポンサーリンク

旅行に関するおすすめの本

1.深夜特急

旅行・旅に関する本「深夜特急」がおすすめの理由

沢木耕太郎の作品。 初めて一人でアジアを旅した時に、現地で知り合った日本人から教えてもらった作品。 3週間の旅行の後、この本を手にして読むと、無駄を無駄にせず、しかし、得た有益なものは有効にしないという なんとも奇妙な感想を得た作品であった。(30代男性)

母が楽しそうに読んでいたので、借りたのが始まりです。 もともとノンフィクション、旅行記が好きだったのもあり、寝る間も惜しんで読めるくらい臨場感がある内容となっております。 自分が世界を旅している気分になれるので、疲れている時やストレス発散したい時に読むと良い、トリップBOOKです。(30代男性)

この本は昔からバックパッカーのバイブルではないでしょうか。 私自身も学生時代にこの本を読んで、バックパッカーに憧れました。 この本で書かれていたマカオに私もいき、主人公同様に大小というギャンブルに興じました。(30代女性)

本を開いて読んだ瞬間から、まるで自分が異国にいるような気分を味わせてくれる本です。26歳に乗り合いバスで香港からロンドンまで旅に出た沢木耕太郎氏の旅行記は、同じく20代に海外一人旅をした自分の体験と類似している部分が多く、読んでいても全く飽きませんでした。特に、生きるために生活をしているアジア人たちの光景が、生々しく映し出されてきて、異国にいる興奮を感じさせてくれます。(30代女性)

この本は著者自身が旅行をし、体験したことが本になっています。この本の旅ルートを真似する人がいるほどコースもよく、この本を読めばすぐにでも旅行に行きたくなるようなワクワク感を感じることができる本です。旅行が好きな人は1度は読んだ方がいいと思います。(10代男性)

 

 

2.ももこの世界あっちこっちめぐり

旅行・旅に関する本「ももこの世界あっちこっちめぐり」がおすすめの理由

かなり古い本になりますがさくらももこの旅行記です。今読むと離婚した旦那さんが出てきたり、世界の事情は相当変わっていると思いますが懐かしく楽しい本です。さくらももこの目線で(おとなのちびまるこちゃん目線で)世界の素敵な所を旅します。(20代女性)

小学生の時に初めてこの本を読み、それ以来繰り返し読んでいます。今は、年に5,6回旅行に行くほどの旅好きですが、ひょっとしたらこの本を読んだこともきっかけの1つかもしれません。 とても読みやすく、さくらももこさんならではのおもしろエピソード満載で楽しい気分になれます。多くの人に読んでもらって、旅好きになってもらいたいです!(20代女性)

 

 

3.「そば処・山形」うまい店295選

旅行・旅に関する本「「そば処・山形」うまい店295選」がおすすめの理由

全国的にもそば処として有名な、山形県の魅力が伝わってきました。ガイドブックやグルメ番組でお馴染みの有名店から地元の人たちに愛されている隠れ家的な名店まで、豊富な写真と綿密なリサーチが食べ歩きに役立ちます。(30代男性)

 

 

4.100年前の世界一周

旅行・旅に関する本「100年前の世界一周」がおすすめの理由

この本は100年前にあるドイツ人男性が日本を含む様々な国を訪問した際の旅行記です。おすすめポイントとしては、当時撮影された写真が多く掲載されていて、ある意味貴重な歴史書のような存在です。風景や色彩は異なっても、当時の人々の暮らしを間近で感じることができます。(30代女性)

 

 

5.30日間世界一周1巻~3巻

旅行・旅に関する本「30日間世界一周1巻~3巻」がおすすめの理由

水谷さるころ(筆者)含む性別・年代のちがう3人が織りなす面白旅行記(マンガ)です。ツアー旅行では絶対味わえない自由旅行の醍醐味を本書を通して体験できます。なかなか海外旅行に行く時間がない人、これから海外旅行に行く機会がある人も楽しめる本です。1巻から3巻まであっという間に読めてしまいます。(40代女性)

 

 

6.3日もあれば海外旅行

旅行・旅に関する本「3日もあれば海外旅行」がおすすめの理由

休みが取れない、お金がないといった理由で海外旅行を諦めないための指南本です。より安く海外に行くための航空券の探し方や、おすすめの旅行先が紹介されていて読んでいるだけでわくわくしました。経験豊富な著者のテクニックは参考になります。(30代女性)

 

 

7.BEST RESTAURANT GUIDE OKINAWA

旅行・旅に関する本「BEST RESTAURANT GUIDE OKINAWA」がおすすめの理由

沖縄の豊かな自然に囲まれている中で、地元の食材を活かした美味しい料理を頂くことができるレストランが満載でした。全国的な有名店ばかりではなく、地元の人たちから愛されている隠れ家的なお店の魅力も伝わってきました。(30代男性)

 

 

8.FREEDOM

旅行・旅に関する本「FREEDOM」がおすすめの理由

ますます生きずらくなっている日本から一度海外に出て、様々な場所で、様々な文化に触れ、様々な人種とビールを飲み交わしたくなる勇気をくれた一冊です。この本のおかげで、自分が本当に生きたい道と言うものと学んだ気がします。(20代男性)

 

 

9.THIS IS GUIDE BOOK IN HAWAII

旅行・旅に関する本「THIS IS GUIDE BOOK IN HAWAII」がおすすめの理由

るるぶなどに掲載されていない穴場のご飯屋さんや観光スポット、お土産などがたくさん載っていて、私だけのハワイが満喫できる。またSNSに載せると、ここはどこですか?とコメントきたり、みんなの知らないハワイを私が見せられるので載せ甲斐があります。(30代女性)

 

 

10.アジア横断 (旅行人ノート)

旅行・旅に関する本「アジア横断 (旅行人ノート)」がおすすめの理由

バックパッカーに愛されているアジア横断用ガイドブックですが、バックパッカーで大陸横断する時間がない人でも読みながら大陸横断のシミュレーションができて楽しいです。特に移動手段やビザの取得方法、国境越えなどが詳細に書かれています。(30代女性)

 

 

11.あぽやん

旅行・旅に関する本「あぽやん」がおすすめの理由

空港の中でもあまり聞いたことがないセンダーさんのお話です。聞いたことがないものの、必ず空港では関わらないといけない人とです。旅行のキーパーソンをしています。その仕事内容が細かく分かっていいです。また、機会に仕事を取られてしまうかもしれないという、原題の問題も書かれてあり、興味深く読めるから。(20代女性)

 

 

12.イタリアの地方菓子とパン

旅行・旅に関する本「イタリアの地方菓子とパン」がおすすめの理由

ミラノに在住するフードジャーナリストの須山雄子の、イタリア全土をめぐるお菓子とパンの旅が味わい深かったです。それぞれの地方に独自の技術や文化が受け継がれていることとともに、世界中に広がっていくことを感じました。(30代男性)

 

 

13.インドなんて二度といくか!ボケ!!…でもまた行きたいかも

旅行・旅に関する本「インドなんて二度といくか!ボケ!!…でもまた行きたいかも」がおすすめの理由

著者さくら剛による旅行記を通常とは変わった文章で、訪れた国の感想や体験を面白おかしく書かれています。口語体で書かれているので非常に読みやすく、その国のレポートをしてくれるので、その国について学ぶことや旅人にとっての情報を提供してくれます。また、声に出して笑ってしまうので、1人の時に読むことをおすすめします。続編もあります。(20代女性)

 

 

14.ウユニ塩湖 世界一の「奇跡」と呼ばれた絶景

旅行・旅に関する本「ウユニ塩湖 世界一の「奇跡」と呼ばれた絶景」がおすすめの理由

一言でいうと、ウユニ塩湖の写真集です。ただ、写真には、実際に訪れた方の感想もついています。 私がウユニ塩湖に行くと決めてから読んだのですが、楽しみが更に増しました。また、ウユニ塩湖を訪れた後でも懐かしい気持ちと感想への共感で見ていて飽きないです。(20代女性)

 

 

15.ガイドブックにないパリ案内

旅行・旅に関する本「ガイドブックにないパリ案内」がおすすめの理由

いろいろと出版されているパリ旅行案内には、載っていない場所が紹介されています。パリに住んでいる人々が、ふつうに暮らしている所が載っています。 わかりやすい手描き地図がついていますので、この本を片手に、旅行客の来ないパリを散歩したいです。パリへ行きたくなります。(60代女性)

 

 

16.カスハガの世界

旅行・旅に関する本「カスハガの世界」がおすすめの理由

「カスハガ」とはみうらじゅんが名づけた、カスのようなハガキの意味。旅行先では記念にポストカードやハガキなどを買うことも多いと思います。そのときたまに目にするのがこの「カスハガ」。なんともいえないシュールなデザイン。コレクターとして旅に出るのもいいかもしれません。(30代女性)

 

 

17.タイ・バンコク“緑のどんぶり”激ウマ食堂レシピ&ガイド おじちゃん、おばちゃんに教えてもらった完全再現レシピ

旅行・旅に関する本「タイ・バンコク“緑のどんぶり”激ウマ食堂レシピ&ガイド おじちゃん、おばちゃんに教えてもらった完全再現レシピ」がおすすめの理由

タイの王室血縁者のお墨付きマーク「緑のどんぶり」のお店を求めて、バンコク中の料理店を巡る旅が楽しかったです。地元の人たちから愛されている料理のレシピや、街角の屋台にまで足を運んでいるところも良かったです。(30代男性)

 

 

18.ちょっとそこまでひとり旅だれかと旅

旅行・旅に関する本「ちょっとそこまでひとり旅だれかと旅」がおすすめの理由

イラストレーターの益田ミリさんによる、ほのぼのとした国内と海外の旅行記。一人で、家族と、彼と、友達と、ちょっとそこまで出かけることの楽しさを教えてくれます。読み終えた後はきっと、旅行の計画を立てているはず。(30代女性)

 

 

19.デザイン 物産 日本

旅行・旅に関する本「デザイン 物産 日本」がおすすめの理由

大きな書店で中身が確認できない状態でしたが、見てみたいと思い購入。日本の伝統工芸が地域ごとに白黒の写真で表現されていて、本自体もちょっと変わったデザイン雑貨の様です。各地のアートに関わる場所が記載されていて、旅行の時の参考にされても良いと思います。(40代女性)

 

 

20.ドナウの旅人

旅行・旅に関する本「ドナウの旅人」がおすすめの理由

私が今、ドイツに住んでいるからなのかもしれませんが、ここまでドナウ川を忠実に書かれた本はとてもないと思います。フランクフルトから始まり、オーストリアや、スロヴァキア、ハンガリー、ルーマニアを旅していき、人との出会い、そして仲間の中での出来事が書かれています。また、EUになる前のことなので昔のことを思い出しながら読める本です。(30代女性)

 

 

21.ニューヨークのとけない魔法

旅行・旅に関する本「ニューヨークのとけない魔法」がおすすめの理由

作者である岡田光代さんがニューヨークで見たものや経験したもの、感じたことなどを書かれている本です。 ひとつひとつのお話が短くとても読みやすい本で、他の「ニューヨークの○○」系シリーズと合わせて読むとより一層楽しめます。 普段仲良くしている友達の話や、仕事の話、偶然地下鉄で出会った人との話など内容も多岐に飛んでおりニューヨークの情景が目に浮かぶようです。 そしていつか自分もニューヨークに行ってみたくなる素敵な一冊なのでお勧めしたいです。(20代女性)

 

 

22.パリでおいしいお茶時間

旅行・旅に関する本「パリでおいしいお茶時間」がおすすめの理由

パリで有名なパティスリーがたくさん載っていて、写真もたくさんあるのでパリに行った気分になれます。また、ところどころにあるイラストもかわいいです。今度パリに行くので、これを参考にしてカフェやパティスリーを巡ろうと思っています。(20代女性)

 

 

23.パリのいちばん

旅行・旅に関する本「パリのいちばん」がおすすめの理由

パリ在住の「佐藤絵子」さんの書いた、パリでのおすすめを紹介する本です。 パン屋・ケーキ屋・レストラン・美術館・ホテル・公園・マルシェ、行きたいところばかりです。 パリの地域別の地図がついています。この本を携えて、パリを歩きたいと、思います。(60代女性)

 

 

24.パリのお惣菜

旅行・旅に関する本「パリのお惣菜」がおすすめの理由

フランス伝統の味のお惣菜を売っている店の紹介本です。すべてのお惣菜の写真が載っていますが、どれもおいしそうです。 お惣菜を買うことができる店の写真、住所、地図、営業時間が載っています。 パリの外食は高いので、この本でチェックして、好きなものを買って帰ってワインをあければ、ちょっとリッチな旅先のディナーになります。(60代女性)

 

 

25.ハワイ大好きおじさんのアロハ!食べまくりの旅

旅行・旅に関する本「ハワイ大好きおじさんのアロハ!食べまくりの旅」がおすすめの理由

ガイドブックに載っているような有名店だけではなく、地元の人たちから愛されている隠れ家的なお店まで様々なジャンルの料理が紹介されていました。美味しそうなグルメの数々と、訪れてみたい場所の魅力が伝わってきました。(30代男性)

 

 

26.ひとりたび1年生

旅行・旅に関する本「ひとりたび1年生」がおすすめの理由

たかぎなおこさんのコミックエッセイで、シリーズ全て面白いです! 彼女の著書「150cmライフ。」を拝見し、同じ身長の私は共感する部分がとても多くて笑ってしまいました。 旅行記に関しても、同じ目線だからこそ共感できる部分も多く、交通手段を選ぶ際のサイズ感の参考にもとても役に立ちました。 背伸びしない国内旅行の楽しみ方は、この本の教わることが多いです。(40代女性)

 

 

27.ブルーガイド てくてく歩き 19 萩・津和野・松江・石見銀山

旅行・旅に関する本「ブルーガイド てくてく歩き 19 萩・津和野・松江・石見銀山」がおすすめの理由

旅行のガイドブックでは、地方の場合は特に車で訪れることを前提にしたものが多いですが、この本では徒歩で観光することにフォーカスを当てています。東京・大阪から目的地までの行き方や観光地を歩く際の注意点、観光スポットの目安所要時間、徒歩ルートのマップなどが載っていて街歩きの際にとても参考になります。山陰地方を巡る際はぜひ旅のお供におすすめです。(30代男性)

 

 

28.ブルゴーニュ (FINE WINEシリーズ)

旅行・旅に関する本「ブルゴーニュ (FINE WINEシリーズ)」がおすすめの理由

科学者として活躍しているビル・ナンソンが、ワインの聖地であるブルゴーニュ地方を廻っていきます。豊かな自然に囲まれている風景の中で、歴史と技術を受け継ぎながらワイン造りに励む人たちの姿が印象深かったです。(30代男性)

 

 

29.ママじゃらん

旅行・旅に関する本「ママじゃらん」がおすすめの理由

季節ごとに都道府県ごとに発売されるものですが、親子で行ける遊び場所や宿泊先などがたくさん掲載されています。宿泊先の価格やアメニティの紹介、食事の紹介など写真も豊富なので旅先を決めるには本当にためになる本です。(30代女性)

 

 

30.みちくさ

旅行・旅に関する本「みちくさ」がおすすめの理由

菊池亜希子さんのみちくさ。いろんなところにお散歩しながら、雑貨店やカフェ、パン屋さんなどを手書きの地図、イラストを交えながら紹介する。菊池亜希子さんの文章も気取っていない点が好きだし、ファッションもおしゃれで真似したくなる、何よりもイラストがかわいい、だからお気に入りの1冊です。(30代女性)

 

 

31.わたしの台湾・東海岸―「もう一つの台湾」をめぐる旅―

旅行・旅に関する本「わたしの台湾・東海岸―「もう一つの台湾」をめぐる旅―」がおすすめの理由

台湾に関する著書で御馴染みの著者が綴った、台湾旅行リピーターにぴったりの本です。本書を読むと、台北、高雄や台南といった観光都市だけでなく、知られざる田舎の台湾をゆっくり訪れたくなること必至です。著者の筆力もあってか、旅の素晴らしさも再確認できるすばらしい指南書です。(40代女性)

 

 

32.ワンちゃんといっしょに泊まれる宿はここだ! 東北発

旅行・旅に関する本「ワンちゃんといっしょに泊まれる宿はここだ! 東北発」がおすすめの理由

ペンションタイプやコテージ風のアウトドア施設だけではなく、ビジネスホテルや旅館まで紹介しているところが良かったです。大切なペットを置いていくことができない、飼い主さんへの思いやりの心が伝わってきました。(30代男性)

 

 

33.英国一家、日本を食べる

旅行・旅に関する本「英国一家、日本を食べる」がおすすめの理由

イギリス人のフード・ジャーナリスト・マイケル・ブースが、妻と幼い息子2人を連れて日本各地で食を巡る旅をしたときの紀行文。これがただのエキゾチック・ジャパン的な驚きを記すだけでなく、相撲部屋でのちゃんこや、服部氏や辻氏といった東西の料理界の重鎮との会話や、ビストロSMAPの見学、そして夢のまた夢の名店・壬生といった、実に羨ましい経験が描かれています。さすがジャーナリストである著者によるその臨場感に溢れる文章を読めば、和食の素晴らしさ、奥深さを再発見させられ、私もこんな旅がしたいと心から思わされます。(40代女性)

 

 

34.遠くて近い国トルコ

旅行・旅に関する本「遠くて近い国トルコ」がおすすめの理由

一般的にトルコ人にとっての日本の印象は頗る良いと聞きますが、その最大の理由を知る我々日本人はまだまだ少ないようです。逆に我々日本人が連想するトルコは、トルコ風呂やターキッシュコーヒーくらい、トルコへの印象としてはどちらかと云えば良いという感覚しかないないのではないかと思われます。日本人にとってあまり馴染みのないトルコですが、実は多くの親日家がいることを教えてさせてくれるオススメの書物です。(40代男性)

 

 

35.沖縄のこしたい店忘れられない味 文化を伝え、地元で愛され続ける

旅行・旅に関する本「沖縄のこしたい店忘れられない味 文化を伝え、地元で愛され続ける」がおすすめの理由

全国的に展開しているチェーン店にはない、地元の人たちに愛されているお店を1軒1軒丁寧にまわっていくところが良かったです。伝統的な技術や味を受けついでいくこととともに、今の時代に生き残っていく難しさも感じました。(30代男性)

 

 

36.観光コースでない香港

旅行・旅に関する本「観光コースでない香港」がおすすめの理由

一般的な香港旅行の観光本には紹介されていないスポットに焦点を当て、それぞれの知られざる歴史との関連性も交え紹介している内容は、元来香港好きの旅行者やこれから香港へ旅行に行く人々にとっても、香港に対する新たな視点を見出せてくれるオススメの書物です。(40代男性)

 

 

37.観光大国フランス ゆとりとバカンスの仕組み

style=border:none

旅行・旅に関する本「観光大国フランス ゆとりとバカンスの仕組み」がおすすめの理由

世界中から観光客を呼び寄せる、フランスの国を挙げての観光事業への取り組みが興味深かったです。利益を確保するためのビジネスとしてだけではなく、国民が人生を有意義に送りために旅行を大切にしていることを感じました。(30代男性)

 

 

38.宮城を食べに行く (地産地消シリーズ)

旅行・旅に関する本「宮城を食べに行く (地産地消シリーズ)」がおすすめの理由

伝統的な技術や豊かな自然の恵みを活かした、宮城県内のグルメや特産品の魅力が伝わってきました。地元の農家組合やプロ野球球団をはじめとする様々なジャンルを超えた団体の、地産地消フェアへの取り組みが良かったです。(30代男性)

 

 

39.京都、なじみのカウンターで

旅行・旅に関する本「京都、なじみのカウンターで」がおすすめの理由

グラフィックデザイナーとしての活躍だけではなく居酒屋評論家でも有名な著者が、京都の居酒屋を1軒1軒丁寧に巡っていきます。全国展開しているチェーン店にはない魅力とともに、街の人たちの思いが伝わってきました。(30代男性)

 

 

40.極旨パスタ イタリア直伝レシピを究めた本当の美味しさ

旅行・旅に関する本「極旨パスタ イタリア直伝レシピを究めた本当の美味しさ」がおすすめの理由

イタリアにあるバリラ社のパスタ工場の見学レポートや、国内各地の有名店や街角のビストロをめぐるパスタ紀行が味わい深かったです。旅先で出会った絶品の料理を、自宅でも手軽に再現できるレシピが参考になりました。(30代男性)

 

 

41.散歩マップ 東京

旅行・旅に関する本「散歩マップ 東京」がおすすめの理由

大きさがちょうど良いくらいの見開きしやすい本で、地図や写真が綺麗に載っています。東京の見ておきたい文化の香りのする土地をチェックしてあります。地元の人でも読んで見たい本です。実際に行っても見ましたが、写真の様子も誇張なく、本を見ながらでも散策を思い出せる本です。(40代女性)

 

 

42.子どもとでかける宮城あそび場ガイド

旅行・旅に関する本「子どもとでかける宮城あそび場ガイド」がおすすめの理由

ゲームセンターやキャラクターがたくさんのテーマパークにはない、押しつけがましくない子供たちの遊び場が良かったです。室内では様々な情報にさらされているので、敢えて何もない空間で遊ばせることの大切さを感じました。(30代男性)

 

 

43.思い立ったら、パン日和

旅行・旅に関する本「思い立ったら、パン日和」がおすすめの理由

フリージャーナリストの藤田実子さんが、神奈川県内のパン屋さんを一軒一軒訪ねていく様子が微笑ましかったです。全国展開しているビジネスチェーンのお店にはない、地元の人たちに愛される魅力が伝わってきました。(30代男性)

 

 

44.時刻表

旅行・旅に関する本「時刻表」がおすすめの理由

鉄道旅行ならば最高の愛読書になります。地図も宿泊施設の一覧表も掲載されています。トピック、キャンペーン記事も沢山載っています。何より旅先案内人です。行程作りも楽しさ倍増になります。夢と想い出作りの座右の一冊になること間違い無しです。(60代女性)

 

 

45.酒と肴の文化地理 大分の地域食をめぐる旅

旅行・旅に関する本「酒と肴の文化地理 大分の地域食をめぐる旅」がおすすめの理由

豊かな自然に囲まれている風土と豊富な食材を活かした、大分県の魅力が伝わってきました。各地の美味しいお酒と受け継がれている郷土料理を巡る旅の提案とともに、地域の素晴らしさを全国に広めることも考えさせられました。(30代男性)

 

 

46.週末海外

旅行・旅に関する本「週末海外」がおすすめの理由

時間のない日々でも、週末の時間を使って弾丸旅行するトラベラーの旅行記です。マニアックな旅行情報もたくさん載っていますし、なにより、弾丸旅行の中にたくさんの感動があり、旅行に行きたくなる本です。私もこの本を見て実際に旅行したことがあります。(30代女性)

 

 

47.春をいろどる みやぎ桜見聞録

旅行・旅に関する本「春をいろどる みやぎ桜見聞録」がおすすめの理由

日本のほとんどの野生種のさくらが存在する、宮城県の豊かな自然の恵みの魅力が伝わってきました。桜の名所づくりのアドバイザーとして東北地方の各地を巡りながら環境保護を続けている、著者の取り組みが良かったです。(30代男性)

 

 

48.沼津・三島・富士カフェ日和ときめくお店めぐり

旅行・旅に関する本「沼津・三島・富士カフェ日和ときめくお店めぐり」がおすすめの理由

沼津市や三島市をはじめとする、富士山麓の個性豊かな喫茶店を巡る旅の魅力が伝わってきました。テラス席や広々とした店内から眺望することができる絶好の風景と、地元の食材を活かしたスイーツやコーヒーが良かったです。(30代男性)

 

 

49.神々が見える神社 100選

旅行・旅に関する本「神々が見える神社 100選」がおすすめの理由

全国10万の神社から厳選された100社を、8つのテーマに分かれて紹介された神社の歴史を集約した1冊になります。 これから神社の歴史を学びたい人や神社の歴史に精通した人が読んで為になる情報がたくさん有ります。 8つのテーマは以下になります。 第1章:古代祭祀を現代に伝える神社 第2章:神話に出てくる神々を祀る神社 第3章:名建築として知られる社殿を持つ神社 第4章:神仏習合の歴史を持つ神社 第5章:有名な歴史上の人物を祀る神社 第6章:山をご神体とした神社 第7章:国宝を所有する神社 第8章:諸国の一宮めぐり(40代男性)

 

 

50.人生で大切なことは全て旅が教えてくれた

旅行・旅に関する本「人生で大切なことは全て旅が教えてくれた」がおすすめの理由

特に女性にぜひ読んでほしい一冊です。40か国を訪れ、50種類以上の仕事を経験された異色の人気女性エッセイイストの『幸せになる』旅本。世界を知るということは、自分自身をも見つめ直し知ることになる、そんな大切なことを教えてくれます。(30代女性)

 

 

51.酔いどれ酒蔵放浪記

style=border:none

旅行・旅に関する本「酔いどれ酒蔵放浪記」がおすすめの理由

自分にとっての理想的な地酒を求めて、日本全国各地の酒蔵を廻っていく斉藤裕久の姿が思い浮かんできました。それぞれの地域の気象条件や風土を活かした酒造りとともに、人々の暮らしぶりが見えてくるところが良かったです。(30代男性)

 

 

52.世界ぱんぱかパンの旅

旅行・旅に関する本「世界ぱんぱかパンの旅」がおすすめの理由

パン好きの作者さんが美味しいパンを求めて、友人の方と海外を旅行された時(北欧編とイギリス編があります)の話をコミックエッセイで面白楽しく描かれています。パンの描き方と感想に留まらず、風景の描き方も素晴らしく、自分もその国を旅した気分にしてくれます。(20代女性)

 

 

53.晴れた日は巨大仏を見に

旅行・旅に関する本「晴れた日は巨大仏を見に」がおすすめの理由

サラッと読めて笑える旅行エッセイを探している方におすすめの一冊。著者のゆる〜い文章とやたらどうでも良いことに着目する視点が面白すぎる!人との触れ合いや感動に無頓着なところが著者のいいところ。やたら熱い旅行記に辟易してる方はぜひ!(30代女性)

 

 

54.青春を山にかけて

旅行・旅に関する本「青春を山にかけて」がおすすめの理由

日本人初のエベレスト登頂者植村冒険家が山に登る事だけでなく自分の幼い頃からの話も入れまとめています。 最近では余り知る人が居ない著者かも知れませんが私にとっては山が大好きなのに身体が悪く登れないハンディをこの本によって心和まされました。幼い頃はイジメやからかわれた事なども強く心に残っています。自分の道を選んで歩かれた彼の精神力にこれからを生きる若者たちにも是非読んで心に留めて欲しいと思いました。(70代女性)

 

 

55.絶景日本の花巡り 野に山にあなたにも行けるお花畑

旅行・旅に関する本「絶景日本の花巡り 野に山にあなたにも行けるお花畑」がおすすめの理由

日本全国の各地にまだまだ知られていない、魅力的なお花畑を巡る旅が良かったです。様々な季節の草花の見ごろの時期やお勧め撮影スポットの情報が満載で、絶景を見に行く観光旅行のきっかけには最適な1冊になります。(30代男性)

 

 

56.仙台学 歩く見る聞く仙台

style=border:none

旅行・旅に関する本「仙台学 歩く見る聞く仙台」がおすすめの理由

誰しもが知る観光名所や有名なスポットだけではなく、街角や路地裏の風景や何気ない日常の暮らしぶりが伝わってきました。たび重なる自然災害にも屈することのない、人々のしたたかで優しさ溢れる生き方には胸を打たれました。(30代男性)

 

 

57.柘植文のつつウラウラまんきツアー

旅行・旅に関する本「柘植文のつつウラウラまんきツアー」がおすすめの理由

漫画家の柘植文さんが日本全国のいろんなところを旅するエッセイ漫画です。行き先が、日帰りで気軽に行けそうなちょっとした観光地なのがいいです。観光牧場にはとバスツアー、サンシャイン水族館などなど、なんだか懐かしいようなのんびり落ち着けそうな場所がたくさん紹介されています。一回が4、5ページと短いので、家事の合間や寝る前の時間に少しづつ読んで和んでいます。(30代女性)

 

 

58.鉄道の文学紀行

旅行・旅に関する本「鉄道の文学紀行」がおすすめの理由

文学作品に出てきたのはどこの鉄道か、どの路線なのかなどが書かれていて、鉄道旅のお供に最適の本です。読みながら訪れたい場所が見つかり、本の主人公の気持ちも体験できます。本を読みながら鉄道のにおいや音を想像する楽しみが増えました。(30代女性)

 

 

59.東京するめクラブ 地球のはぐれ方

旅行・旅に関する本「東京するめクラブ 地球のはぐれ方」がおすすめの理由

村上春樹と吉本由美と都築響一の旅行記です。名古屋や熱海、江ノ島など色々な場所を訪れているのですが、斜めからの視点でそれぞれの場所の楽しみ方を教えてくれます。この本を読む前と後では旅行の楽しみ方が変わってくると思います。(30代女性)

 

 

60.東京ディズニーランド&シー裏技ガイド

旅行・旅に関する本「東京ディズニーランド&シー裏技ガイド」がおすすめの理由

ディズニーマニアの経験と情熱を感じる情報力と情報量。入門者から上級者まで、読めば読むほどディズニーランドの魅力に引き込まれます。アトラクションの楽しみ方から、パレードの観覧場所ガイド、おみやげ紹介や、ポップコーンワゴンのレジ数まで!脱帽です。(40代女性)

 

 

61.東京の森のカフェ

旅行・旅に関する本「東京の森のカフェ」がおすすめの理由

豊かな自然に囲まれている風景と穏やかに流れる時間の中で、自分らしいカフェをオープンさせた人たちの喜びを感じました。身近過ぎて気付かなかった、東京の隠れ家的な場所を探して旅するところも微笑ましかったです。(30代男性)

 

 

62.東北さかな紀行

旅行・旅に関する本「東北さかな紀行」がおすすめの理由

三陸沖の漁業者の生活風景や日本海の浜料理の魅力を、綿密なリサーチで映し出すルポルタージュになります。秋田のハタハタや宮城のボッケなど水揚げされる魚が個性豊かで、地元の食材を活かした料理が実に美味しそうです。(30代男性)

 

 

63.日本奥地紀行

旅行・旅に関する本「日本奥地紀行」がおすすめの理由

明治初期、英国人イザベラ女史が東京から函館までを旅する紀行文なのですが、西洋人のフィルターを通して描かれているこの当時の日本のありのままの様子を知ることが出来、 また彼女自身が描いたリアリスティックな絵も相乗効果をもたらしており、読んでいて非常に興味深いし楽しいです。(40代男性)

 

 

64.猫がもてなす宿

旅行・旅に関する本「猫がもてなす宿」がおすすめの理由

秋田県の日景温泉や宮城県の鬼首にあるペンション・ミッキーハウスなどの、動物たちと触れ合うことができる宿泊施設の魅力が伝わってきました。ユーモアセンスたっぷりとした紀行文と、可愛らしい猫の写真に癒されます。(30代男性)

 

 

65.秘密のパリ案内 Q77

旅行・旅に関する本「秘密のパリ案内 Q77」がおすすめの理由

パリの「なるほど!知識」「トリビア」が、載っています。 「フランス国旗の三色の意味は?」「パリの水道水は飲める?」「自由の女神像は、パリにいくつある?」「スーパーで買えるお土産?」等々・・ 読んでいるだけで楽しくて、会話のネタにしたい「トリビア」が、満載です。(60代女性)

 

 

66.美しいものを見に行くツアーひとり参加

旅行・旅に関する本「美しいものを見に行くツアーひとり参加」がおすすめの理由

イラストレーターの益田ミリさんの本です。40代に突入した彼女が人生は一度キリなのだから、これからは出来る限り行きたい所に行って、見たいものを見て、食べたいものを食べるのだ!と思い立ち、お一人様参加OKな海外ツアーに参加した際の旅日記となっています。北欧のオーロラツアーやドイツのクリスマスマーケットなど、同世代の私も一度は行ってみたいと思っている、いわゆるベタなツアーばかりなので、もしかしたら自分もいつか行くかも知れないし!と言う様な心持で楽しく読めます。現地で買ったお土産やプチ情報などのイラストも可愛らしいです♪(40代女性)

 

 

67.表参道のセレブ犬とカバーニャ要塞の野良犬

旅行・旅に関する本「表参道のセレブ犬とカバーニャ要塞の野良犬」がおすすめの理由

お笑いコンビオードリーの若林正恭が著したキューバ旅行記である本書は、軽妙な語り口でキューバの風景と著者の考えが織り交ぜて書かれていて、面白く読めるとともに日本で生きていることについて考えさせられます。(20代女性)

 

 

68.歩いてまわる小さなパリ

旅行・旅に関する本「歩いてまわる小さなパリ」がおすすめの理由

パリは小さな町です。その中にはびっしりとステキな店が詰まっています。セーヌ川の右岸と左岸を分けて紹介しています。 またパリから日帰りができる「ヴェルサイユ」「シャルトル」も紹介されています。それぞれへの行き方、切符の買い方も丁寧に紹介されています。(60代女性)

 

 

69.本当にうまいそばの名店宮城

style=border:none

旅行・旅に関する本「本当にうまいそばの名店宮城」がおすすめの理由

蕎麦好きライターとして日本全国の手打ちそばのお店を巡っている菅原ケンイチが、宮城県内の隠れ家的なムードを感じることができる名店を旅していきます。ドライブマップと旅の記録がユニークで、著者の足跡を辿ってみたくなります。(30代男性)

 

 

70.魅惑の東欧・ポーランドインテリア&雑貨めぐり

旅行・旅に関する本「魅惑の東欧・ポーランドインテリア&雑貨めぐり」がおすすめの理由

ポーランドの古都クラフクの街並みの中にある、様々なインテリアショップや雑貨屋さんを巡る旅が良かったです。伝統的な建築物が立ち並んでいる中から、最先端のファッションが生まれていくところが面白かったです。(30代男性)

 

 

71.夢見る美しき古都 ハンガリー・ブダペストへ

旅行・旅に関する本「夢見る美しき古都 ハンガリー・ブダペストへ」がおすすめの理由

ハンガリーに行く予定はなくても、美しい写真と文章で「行った気」になれるから。ヨーロッパ旅行が好きなのですが、なかなか行けるものではないので、読むだけで現実逃避できます。定番の観光スポットもそうですが、美しい場所、郊外のおすすめスポットもたくさん載っていて、読んでいるだけでわくわくします。(20代女性)

 

 

72.明日は、いずこの空の下

旅行・旅に関する本「明日は、いずこの空の下」がおすすめの理由

上橋菜穂子さんの旅エッセイで、お母さまのエピソードがとにかく面白いです。とかげの卵を率先して食べようとしたり、旅先で転んで骨折したのにゴッホの最後の麦畑がどうしても見たくて娘の上橋さんにおんぶしてもらっても観に行く貪欲さが愛おしくて、側にいた母にすぐにこのエピソードを話して聞かせてしまいました。(30代女性)

 

 

73.立ち飲み酒

旅行・旅に関する本「立ち飲み酒」がおすすめの理由

東京を東西に分け、老舗からおしゃれなお店まで数々の名店を、実況中継した一冊であり、引き込まれるような臨場感と空腹感やお酒が欲しくなる描写は、まさにそのお店に行くために旅がしたくなる一冊だと思ったため。(30代女性)

 

 

74.旅の手帳

旅行・旅に関する本「旅の手帳」がおすすめの理由

国内の旅先の様子が くわしく書かれています。毎月、旅の目的別に 数多くのライターさんが、写真を多く取り入れながら、いろいろ書かれて読みやすいです。毎月、次の旅行の情報を得るために 楽しみに買い求めています。(50代女性)

 

 

75.両親に見せたいとっておきのパリ案内

旅行・旅に関する本「両親に見せたいとっておきのパリ案内」がおすすめの理由

「両親に見せたい」というコンセプトなので、年齢高めな方向けのパリ案内の本です。 すべての店の住所と、地図が載せてありますので、載っている店に出かけることができます。 落ち着いた雰囲気の店がたくさん載っています。写真も多く行きたい気持ちにさせる本です。(60代女性)

 

 

76.冷静と情熱のあいだ-blu

旅行・旅に関する本「冷静と情熱のあいだ-blu」がおすすめの理由

読めばまるでイタリアで生活しているように感じます。主人公、順正は修復士でありルネサンス時代の絵画の保存を手がけています。彼の目を通して感じるフィレンツェやミラノの町並みや生活風景、美術館などを日本にいながら楽しめます。(30代女性)

 

 

77.ことりっぷ

旅行・旅に関する本「ことりっぷ」がおすすめの理由

写真入りでその都道府県や国のことが簡潔に書かれているのがわかりやすくて参考になって良いです。手持ちサイズなので旅行先でも気軽に読めるのがいいです。可愛いレイアウトやイラストもお洒落なので気分も上がります。(20代女性)

女子旅で参考にするなら『ことりっぷ』がオススメです。旅情報誌のように紙面がゴチャゴチャしておらず、オシャレでかわいいレイアウトです。お店もカフェや雰囲気のいい雑貨屋さんなど、女子に嬉しい情報が掲載されています。(30代女性)

本のサイズが携帯時に丁度良く、掲載写真もポスカードのように素敵なものばかりなのでとても楽しく読み進めることができます。食事やお土産などとても細かく記載されており、特に女性の旅行にうってつけです。各都道府県集めたくなるような本です。(40代女性)

金沢へ旅行に行く際に購入して使いました。そこで、北陸、金沢版には各場所の見所やスポットの案内が載っているだけではなく、効率よく回れるモデルコースや市内の交通機関についても詳しく載っていた。また、Webでも載っており本とwebを併用したことで楽しく充実した旅行となったから。(20代男性)

良く旅行に行くのですが、初めて行く場所だとどこが有名かなど調べなくてはなりません。ですがことリップがあれば、可愛い雑貨のお店やご飯が美味しいお店ものっているので、この一冊だけで十分に旅行を楽しむことが出来ます。(20代女性)

 

 

78.じゃらん

旅行・旅に関する本「じゃらん」がおすすめの理由

じゃらんは、今の時期だと温泉特集が凄く豊富に記載されていてお得な情報もあり旅行を検討されてる方にお勧めです。その時々のイベント情報も沢山寄せられています。食べ物に観光スポットに詳しく読んでいて楽しみになるくらいお勧めです。(20代女性)

 

 

79.まっぷる 鎌倉江ノ島mini

旅行・旅に関する本「まっぷる 鎌倉江ノ島mini」がおすすめの理由

今まで過去に販売されていたような雑誌サイズではなく手に収まる小さいサイズで旅行中にも見ながら移動できる。 また、紙面の中に記載されたQRコードを読み取るとスマートフォンやタブレットで電子書籍としてみることもできるため手荷物を減らすこともできる。(30代女性)

 

 

80.関西ウォーカー

旅行・旅に関する本「関西ウォーカー」がおすすめの理由

毎月発売されていますが毎回いろんな場所が特集されています。 近くでも今まで知らなかった場所や、凄く行ってみたくなる場所が沢山掲載されています。 家族で行けるところや、カップルで行けるところ、一人楽しめるところなど様々です。(30代男性)

 

 

81.地球の歩き方

旅行・旅に関する本「地球の歩き方」がおすすめの理由

世界各国、国別になっているのでひとつひとつの国の詳細がわかりやすいガイドブックです。見どころや交通手段が詳しく書かれているのはもちろんのことですが、実際の体験談もところどころに記載されているのが、その場の様子が分かりやすくて良いです。さらに、危険情報や注意すべき事も細かく書かれており、緊急時の対応方法も併せて書いてあるので安心です。(20代女性)

色んなガイドブックがある中で、一番分かりやすく流行に左右されないと思うからです。また他のガイドブックでは少ない情報しかなくても、地球の歩き方は色んな国の本が多く出てるので、マイナーな国でも細かく情報が得られるためです。(30代女性)

他の旅行書物では取り扱っていない海外旅行の詳細を知るのに、とても便利で頼りになるシリーズです。 ネットで検索しても出てこない様な、マイナーな最新情報が事細かく明記されていて、随分と旅の充実度が上がりますので、 是非海外旅行に行かれる際には、チェックして頂きたい1冊です。(40代男性)

発行され随分たちますが数年に一度、どの地域も必ず改訂版が出版され、情報が新しくなっていきます。改訂版の最新号を書店で探すのもまた楽しく、中東地域版は旅行に向いていないこともきちんと書いてあるので、現地を実際調べて、ウソを言っていない気がします。(40代女性)

海外旅行の雑誌と言えばほかにも何冊もあるが、地球の歩き方は本当に細かいことまで掲載されており、トラブルに巻き込まれた際の対処法や必要最低限の現地での言葉なども載っているため、少し危なそうな海外に行く際などは凄く参考になる。サイズも小さく持ち運びに便利なので海外旅行に行く際は他の旅行雑誌より、地球の歩き方が一番良いかもしれない。(20代女性)

ネットで評判も良かったので購入しました。 わりとコンパクトで持ち歩きもしやすそうだし、写真と文章のバランスも良く、読み応えもあって気にいっています。グルメやお土産情報も豊富だし、歴史のページなんかは飛行機での時間つぶしに読むのに丁度いいかなと思っています。(20代女性)

様々な国や地域のバージョンがあり、旅行に行くときはもちろん、本を見るだけでもその場所へ行ったような気持ちにさせてくれる。基本的な旅行の内容のものから、ドライブに特化したもの、ある特定の場所に特化したもの等、多様なジャンルに対応している。(30代女性)

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました