槇原敬之おすすめの曲ランキング

スポンサーリンク

Contents

スポンサーリンク

槇原敬之おすすめの曲ランキング

 

10位タイ.槇原敬之 「GREEN DAYS」(2票)

YouTube動画はこちら

槇原敬之「GREEN DAYS」がおすすめの理由

あまりドラマとは合っているようで合ってないという印象でしたがエイベックス移籍後の第1弾シングルのようです。曲自体はとても元気がもらえる曲です。(50代男性)

2007年の曲だが現地点で最後のシングルベスト10入りした曲。直訳すると緑の日々だが、青春時代という意味らしい。真っ直ぐな誠実過ぎる歌詞は今の複雑な社会には不向きかもしれない。でも彼のスタンスが揺るがなければ、またこういう曲を必要とされる時代がくると思う。(40代男性)

 

 

10位タイ.槇原敬之 「ズル休み」(2票)

YouTube動画はこちら

槇原敬之「ズル休み」がおすすめの理由

イントロなどで流れるオリエンタルな雰囲気のテーマメロディーがとても良い曲です。失恋を歌っていて強がるような歌詞もすごく良いです。(30代男性)

会社をズル休みした一人の青年がカフェで別れた彼女のことをぼんやり想っている情景が鮮明に思い浮かぶ、ストレートな歌詞に少しもの寂しげなアレンジが高いレベルでマッチした一曲です。(50代男性)

 

 

10位タイ.槇原敬之 「東京DAYS」(2票)

YouTube動画はこちら

槇原敬之「東京DAYS」がおすすめの理由

今で言えば厨二病チックな部分がありますが、私も含めそういう方の心には響き共感できる人生応援ソングで、童心を忘れない大人が退屈な東京の空気に揉まれる日々を描いた曲です。(50代男性)

東京に出てきて葛藤しながらも一生懸命生きている毎日を歌った曲。ほのぼのとした歌詞に槇原敬之の優しい歌声がマッチしています。(40代男性)

 

 

10位タイ.槇原敬之 「桃」(2票)

YouTube動画はこちら

槇原敬之「桃」がおすすめの理由

イントロで二胡が使われている曲はなかなかないと思うのですが、それによって中華風の曲調になっています。歌詞がとても良くて、大好きな人に優しくありたいと思わせてくれる曲です。(30代女性)

自分が気付けなかった気持ちを桃に例えて表現されています。曲の雰囲気や歌詞の内容など、結婚式などのBGMにぴったりだと感じました。(50代男性)

 

 

8位タイ.槇原敬之 「No.1」(3票)

YouTube動画はこちら

槇原敬之「No.1」がおすすめの理由

メロディーも歌詞も素敵でとてもいい曲です。誰かのナンバーワンになれるのは素敵なことで幸せだなと思える歌です。(40代女性)

シングルランキングで初めて初登場第1位。タイトル通りにNo.1を狙って達成した曲。後の「世界に一つだけの花」に通ずるような一番じゃなくても、自分たちの中での一番になろうという彼らしい考え方。(40代男性)

明るいラテン風の曲調に、幸せな恋の歌詞がマッチして、自然と楽しくなって踊り出してしまいそうです。2015年、映画「俺物語!!」の主題歌に決定し、実に22年の時を経て、自身によるリアレンジバージョンが使用されました。(50代男性)

 

 

8位タイ.槇原敬之 「北風 ~君にとどきますように~」(3票)

YouTube動画はこちら

槇原敬之「北風 ~君にとどきますように~」がおすすめの理由

一時期、槇原さん自身が最も気に入っている作品として挙げていましたが、歌詞もさることながら、イントロのコーラスと鐘やオルガンの音色が、冬の恋を連想させます曲です。(50代男性)

さっきより酷く窓が泣いてる。こんな素敵な表現はなかなか出来ない。15歳の時に作った曲だそうで、真っ直ぐな少年のような心がそのまま映し出された名曲。(40代男性)

寒い季節を感じるようになると必ずこの曲を聴きます。男性ボーカルで恋人の事に対する素直な気持ちを冬を季節を感じる単語を交えて歌っている所がおススメです。(20代女性)

 

 

7位.槇原敬之 「世界に一つだけの花」(4票)

槇原敬之「世界に一つだけの花」がおすすめの理由

オーケストラをバックにこの曲は迫力が凄すぎる。SMAPがいなくなっても、槇原敬之がいる。これからもずっと日本人の心の応援歌であって欲しい。(40代男性)

元SMAP さんも歌っている曲ですが、本人の方がもっと素敵です。優しい歌声で、私は私のままでいいと思わせてくれて心が軽くなります。(40代女性)

制作した槇原敬之さん本人によるセルフカバーバージョンです。こちらのバージョンの本人による表現のマッチした音楽はまた違う魅力を持っています。いわずと知れたSMAPに提供された近年の代表曲です。(50代男性)

SMAPのものとは異なり、ささやくような歌声が良いです。また、歌詞が元気付けられます。一番じゃなくても頑張っていけば良いんだと思える曲です。(40代女性)

 

 

6位.槇原敬之 「SPY」(5票)

槇原敬之「SPY」がおすすめの理由

歌詞がまるで中継をしているような感じになっていて聞いているこちらも展開にドキドキしてしまいます。歌いやすいのでカラオケでもよく歌っていました。(40代女性)

過去のヒット曲が爽やか過ぎて、ここらでちょっとフェイントをかけたくなる。ちょっとクレイジーな部分もあっていいんじゃないか?最後に刺されるとか。この曲も大ヒットするけど、色々と実験的なことも施されている。(40代男性)

彼女の行動に疑いを持った男の人の恋心の信じたいと信じられないが交じり合った繊細な歌詞の曲でリズム感も好きだから。(40代女性)

彼女を尾けていくと浮気現場を目撃するというあまりにストレートで衝撃的な内容が異彩を放ちます。自身をスパイと歌い、それでも諦められない自分をスパイ失格と歌う自虐的な歌詞です。(50代男性)

彼女の浮気現場を目撃してしまった男性のリアルな気持ちを歌っていてちょっと切なくなります。男性の情けない気持ちが分かる曲です(40代女性)

 

 

3位タイ.槇原敬之 「遠く遠く」(6票)

槇原敬之「遠く遠く」がおすすめの理由

メロディーも素敵ですが、歌詞が胸に突き刺さります。初めて親元を離れ、上京した不安、郷愁がにじんでいて、特に『どんなに高いタワーからも、見えない僕のふるさと~』のフレーズがグッときます。(60代女性)

遠く離れてしまった友達たちに、自分は頑張っていると思える曲です。くじけないで頑張ってる姿、弱さを見せない強さが感じられる曲でオススメです。また、いろんな人がカバーしていているだけあって名曲です。(40代女性)

最初の出だしからもう涙が出そうになるくらい素敵な曲です。メロディーも素敵で数年後に家を出る息子を思って泣けます(40代女性)

故郷に住む友人を思い書かれた歌だそうで、懐かしい情景が鮮やかに思い浮かんできます。発売後に何度かセルフカバーされたりCMソングになったりと注目され、ライブでもよく披露され、今や槇原さんの代表曲のひとつになりました。(50代男性)

素晴らしい音楽の才能に恵まれたアーティスト。都会に暮らす若者が望郷の思いを綴った名曲。リリースから25年以上経っても尚現在もCMソングで使われている。(40代男性)

歌詞から変わってはいけないものは変えずにもちつづけ、でも未来に向かって変わっていくことが大切だということを感じ、くじけそうになったときに前に進もうと思えた。(20代男性)

 

 

3位タイ.槇原敬之 「冬がはじまるよ」(6票)

槇原敬之「冬がはじまるよ」がおすすめの理由

冬になると聴きたくなる‼︎最後まで幸せな曲なのに、槇原さんの声で、胸が苦しく、切なくなるー!メロディーも声も最高です。(30代女性)

冬になると聴きたくなる曲で、メロディーも軽やかで覚えやすくついつい口ずさんでしまうようなとてもいい曲です。(30代女性)

軽快なウインターソングです、冬を楽しみにしている雰囲気が伝わってきます。多数のアーティストにカバーされているこちらも槇原敬之さんの代表曲のひとつです。(50代男性)

ビールのCMでした。歌詞にも入っている。毎年寒くなってくるとこの歌を口ずさみたくなる。槇原敬之は当時大学生だったけど、その一生懸命に歌う姿もまた好感が持てた。(40代男性)

マッキーの歌詞はなぜか女性目線で書かれているようで共感できます。この時期に聞くとほんとに切なくて長袖か半袖のシャツのどちらを選ぶのか考えます。(40代女性)

昔CMでも起用されていて、この曲を聴くと冬だなぁと感じます。冬は寒いけどなんだか暖かい気持ちになれる曲です。(40代女性)

 

 

3位タイ.槇原敬之 「僕が一番欲しかったもの」(6票)

槇原敬之「僕が一番欲しかったもの」がおすすめの理由

優しさに溢れるとても素敵な曲だからです。この曲を聴いていると温かい涙が出てきます。ストレスがたまっているときに聴くとスーッとした気分になります。(30代女性)

歌詞がすごく素敵。自分が欲しかったものを人に譲ることで得るものがあることを知り、人への親切でどれだけ心が温かくなるかを再認識した。(20代女性)

友人の結婚式で聴いて。新郎も新婦もそれを聴きながらとても幸せそうで、歌の雰囲気ととても合っていて参加した皆がとても感動する素敵な結婚式だったからです。(30代男性)

ドラマ「ラストプレゼント 娘と生きる最後の夏」の主題歌として起用されました。誰かに幸せを与えることで得られる幸せ、忘れていたことを思い出させてくれるような歌詞に、じーんと込み上げてくるものがあります。(50代男性)

優しく切ない、その上聞いているとパワーがもらえる曲。送別会や結婚式など大事な場面でこれが流れると100%泣きます。(30代男性)

この曲は相手に感謝を伝えたい時にお勧めの曲。 特にさび後半の「僕があげたものです沢山の人が幸せさうに笑っていて」の部分を聞くとありがとうの恩返しが続いてるような聞こえがするから一番好きな曲(20代女性)

 

 

2位.槇原敬之 「もう恋なんてしない」(11票)

槇原敬之「もう恋なんてしない」がおすすめの理由

この曲を聴くと失恋したときの気持ちを思い出して泣けてしまいます。でも、この優しい声に癒されてもう一度恋愛しようと思えました。(40代女性)

歌詞の描写が現実にありそうな出来事ばかりなのでより心に響きます。「恋なんてしないなんて言わないよ絶対」と最後に強がりをみせるところが更に失恋の辛さを物語っているように思えます。(40代女性)

イントロなどで流れるメロディーが素敵な曲です。歌詞は切ない感じが強いですが、少し前向きな感じがする曲調で良いです。(30代男性)

歌詞がすごく素敵な曲。同棲していた彼女がいなくなってからたくさんの大切なことに気付く曲。ヤカンに火をかけて紅茶の在処が分からないとかすごく現実っぽい。(20代女性)

まさに、中学生頃の恋愛真っ盛りの時期にこの曲を聞き、自分のシチュエーションとはかけ離れているのに毎日陶酔しきって聞いていたのを昨日の様に覚えています。今でもこの曲をカラオケでも歌ってしまうほど好きな曲です。その次代を思い出させてくれるとても貴重な曲です。(30代女性)

失恋した男性の気持ちが歌われている曲で少し強がっている歌詞あたりがとても切なくきゅんとします。とても好きな曲です。(40代女性)

失恋した気持ちを歌った歌です。一緒に暮らしている時は気づかないけれど、離れてみるとさみしい、やっぱり大切な人だと感じる、当たり前の事を幸せだと思わせてくれる曲です。(40代女性)

男性側の赤裸々な失恋ソングというのはそんなに数が多くなく、男性の失恋時にストレートに泣ける貴重な曲となっています。ストレートな失恋の歌詞が共感を呼びミリオン達成となった名曲です。(50代男性)

一緒に住んでいた彼女が出ていってしまい、始めは別に寂しくないような強がりを言っている彼。けれど、ラストでは「本当に本当に君が大好きだったから もう恋なんてしないなんて言わないよ絶対」と閉める歌詞。まるでドラマを見ているかのようにかんじさせてくれる果実と、槙原さんの甘い声がマッチした切ないラブソングなのでおすすめです。(50代女性)

もう恋なんてしないなんて言わないよ絶対。結局どっちやねんと槇原敬之自身がツッコんじゃうほど優柔不断な主人公。ドラマの主題歌とマッチして、ダメ男だけどカッコつけちゃうしモテちゃう。人間、完璧じゃないから支えたくなるのかな。(40代男性)

どこか落ち着く伸びやかな歌声が聴いていて心地よいです。きゅんと切ない歌詞で恋愛をした人は共感できる曲です。(30代女性)

 

 

1位.槇原敬之 「どんなときも。」(16票)

槇原敬之「どんなときも。」がおすすめの理由

映画を、みて、この曲が、流れていて、合っていると思いました。聴くと、頑張って、自分らしく、生きて、いこうと感じます。(50代女性)

どんなときでも、元気になれる、前向きになれる。頑張れる力をもらえる、歌詞の青年の素直さ謙虚さがとても魅力的です。(40代男性)

自分らしくいようという前向きな歌詞で、聴いているだけで頑張ろうという気持ちになります。優しい歌声です。(40代女性)

この曲で槇原敬之さんの存在を初めて知ったのですが、「自分は自分らしくいればいい」という歌詞が本当に胸にきました。最初に聴いたのは中学生のときでしたが、大人になった今でも名曲だと思います。(40代女性)

この時代に歌詞を聞いていても全く古臭さを感じない名曲だと思います。頑張りたいという気持ちを応援してくれる歌詞も良いです。またカラオケでも歌いやすい曲です。(40代男性)

応援歌などでもよく使用され現在でも色あせないどの世代にも愛される名曲となっています。どんなときも、と諦めない気持ちがよく感じられる力強い歌詞が印象的で、槇原敬之さん最大のヒット曲で、代名詞ともいえる曲です。(50代男性)

どんなときもはヒット曲でメロディが好き。ついつい聞き入ってしまう。槇原敬之の曲の中では一番好きです。(40代女性)

とても前向きになれる歌です。メロディーラインは元気よく聞こえますが、少し物悲しさを含んでいるように聞こえるところで心に入ってきます。(40代男性)

生きていく上で正直に素直に生きることの大切さを教えてくれる曲だと思います。なにか悩んだときにきくと勇気づけられます。(20代女性)

抽象的なタイトルなんだけど、「僕が僕らしくある為に」と誓った青年は25年以上経って、まだ正直に生きているのだろうか。就活の映画だったかな、社会人になって会社の一部になって楽しい生き方が出来ているのか。逆に今の時代の「どんなときも」が気になる。(40代男性)

過去を懐かしみながら、うまくいかない現実に折れそうになる心を奮い立たせようとする歌詞が、とても共感できます。槇原さんの透き通った歌声も素敵です。(40代女性)

槙原さんの作る曲や歌詞がすごくよくてこの頃が一番良かった。カラオケも歌いやすいしスマップにも作った曲もとてもいいです。(40代女性)

幼い頃から母親の車で聞いていた慣れ親しんだ曲で高校生の時に音楽の授業でも取り上げられたことで人生の長い間において慣れ親しんだ曲だからです。また、歌詞も何か挫けそうな時に背中を押してくれる曲なのでみんなに知ってもらいたいです。(20代男性)

槇原敬之さんと言えばこの曲で名曲だと思います。辛いときや悲しい時に随分この曲に励まされたと思います。(40代女性)

世代を超えて愛される名曲です。辛いことがあった日でも、この曲を聞くとポジティブな気持ちになれるような気がします。(20代女性)

悩んで行き詰まったときにきくと心がスッとするような曲で元気をもらえます。自分を見失いそうになったときに聴くのがおすすめです。(30代女性)

 

 

1票入った槇原敬之おすすめの曲ランキング

 

槇原敬之 「Are You OK?」(1票)

YouTube動画はこちら

槇原敬之「Are You OK?」がおすすめの理由

ミュージカル風の曲調で、スウィングする楽しげなリズムに、思わず踊り出してしまいそうで、PVでは、槇原さん自身もノリノリで鍵盤を叩き、軽快にステップを踏む場面もあります。(50代男性)

 

 

槇原敬之 「Fall」(1票)

YouTube動画はこちら

槇原敬之「Fall」がおすすめの理由

ドラマ「きょうは会社休みます」の主題歌であり、ドラマのための書き下ろし作品です。アップテンポなディスコ調サウンドに、横向きや逆さまのカメラワークでひたすらに落ちていくMVが、何ともスタイリッシュです。恋愛を知らない女性が恋を知り、新しい世界に落ちていく…というドラマのシナリオに準えた歌詞になっています。(50代男性)

 

 

槇原敬之 「Firefly~僕は生きていく」(1票)

YouTube動画はこちら

槇原敬之「Firefly~僕は生きていく」がおすすめの理由

自分に生きていく価値を見つけられないならば、誰かの幸せの小さなきっかけになりたい…という歌詞が胸を打ちます。映画「KIDS」の主題歌で、切なさの中に、力強いメッセージが込められた曲です。(50代男性)

 

 

槇原敬之 「Hungry Spider」(1票)

YouTube動画はこちら

槇原敬之「Hungry Spider」がおすすめの理由

ある日、その蝶が蜘蛛の巣に引っかかってしまい、さて蜘蛛はどのような決断をする。怪しくも切なく美しい歌ですが、MVの最後には少し背筋がぞっとする仕掛けが隠されています。ドラマ「ラビリンス」の主題歌にもなりました。(50代男性)

 

 

槇原敬之 「Love Letter」(1票)

YouTube動画はこちら

槇原敬之「Love Letter」がおすすめの理由

風景が目の前に出てきます。歌詞の風景が、曲が進むのと同時に目の前を流れていくという感じ。誰かを思っていても何もできず、進め方もわからず、そのまま思いをしまいこんでしまった、、、という、若い頃皆一度はあった恋愛の思い出が蘇ってくる曲です。後半に向けて曲も歌詞もどんどん盛り上がっていくところもすごく良いテンポです。ライブでゴスペルをバックに歌われているバージョンを見たことがありますが、YouTubeでは削除されてしまっていて残念。(40代女性)

 

 

槇原敬之 「LUNCH TIME WARS」(1票)

YouTube動画はこちら

槇原敬之「LUNCH TIME WARS」がおすすめの理由

OLさんの昼休み、ランチをめぐるちょっとした戦争がコミカルに描かれており、思わず笑ってしまいます。ご存知「ヒルナンデス!」のオープニングテーマ曲です。(50代男性)

 

 

槇原敬之 「MILK」(1票)

YouTube動画はこちら

槇原敬之「MILK」がおすすめの理由

ノスタルジーな印象も最高で、ごく一部の人はこのミルクに対して変な解釈をしているみたいですが、私はとてもいい曲だと思います。(50代男性)

 

 

槇原敬之 「チキンライス」(1票)

YouTube動画はこちら

槇原敬之「チキンライス」がおすすめの理由

作詞はダウンタウンの松本人志さん、作曲を槇原敬之さん、歌をダウンタウンの浜田雅功さんと槇原敬之さんが担当した、詞、曲共に温かさに溢れており、本職はお笑い芸人であるため少し拙い浜田雅功さんの歌声も曲の一部だと感じられます。誰もが知るクリスマスの名曲です。(50代男性)

 

 

槇原敬之 「てっぺんまでもうすぐ」(1票)

YouTube動画はこちら

槇原敬之「てっぺんまでもうすぐ」がおすすめの理由

「この前のデートの時は帰るの電車君の方に回しそびれた手」ともどかしい思いから最後はハッピーエンドを連想させる恋する人に勇気を与える素敵な曲だと思います。(50代男性)

 

 

槇原敬之 「どうしようもない僕に天使が降りてきた」(1票)

YouTube動画はこちら

槇原敬之「どうしようもない僕に天使が降りてきた」がおすすめの理由

日本テレビ「TVおじゃマンボウ」のエンディングテーマに起用され、ジョセフ・ウィリアムズが後に英語詞でカバーするなど隠れた名曲で、彼の友人の実話をもとに書かれた歌詞を軽快なサウンドに乗せて歌った一曲です。(50代男性)

 

 

槇原敬之 「まだ生きてるよ」(1票)

YouTube動画はこちら

槇原敬之「まだ生きてるよ」がおすすめの理由

当時流れた”槇原敬之死亡説”を皮肉った作品で、彼のセンスが光る歌詞に注目の作品で、タイトルからは想像もつきませんが、冬の歌です。(50代男性)

 

 

槇原敬之 「君の後ろ姿」(1票)

YouTube動画はこちら

槇原敬之「君の後ろ姿」がおすすめの理由

この曲も例には漏れませんが、普通に解釈すれば切ない片思いを歌った甘酸っぱいラブソングで、君の後姿を見送るときだけ君に恋してるとても切ない歌詞です。(50代男性)

 

 

槇原敬之 「君の名前を呼んだ後に」(1票)

YouTube動画はこちら

槇原敬之「君の名前を呼んだ後に」がおすすめの理由

誰かを想い続ける気持ちの尊さに、あらためて気付かせてくれる曲で、PVには松嶋菜々子さんが出演しており、槇原敬之さんの透明感のある声が心にしみるバラードです。(50代男性)

 

 

槇原敬之 「君は僕の宝物」(1票)

YouTube動画はこちら

槇原敬之「君は僕の宝物」がおすすめの理由

1992年発売のアルバム「君は僕の宝物」のタイトル曲で、安定感抜群の古き良きマッキーサウンドは、今もなおファンの心を掴み続けています。(50代男性)

 

 

槇原敬之 「君を抱いたら」(1票)

YouTube動画はこちら

槇原敬之「君を抱いたら」がおすすめの理由

シングル曲ではありませんがThe 90年代のラブバラードという感じの車のラジオやカセットプレイヤーで聴きたくなるような歌です。(50代男性)

 

 

槇原敬之 「犬はアイスが大好きだ」(1票)

YouTube動画はこちら

槇原敬之「犬はアイスが大好きだ」がおすすめの理由

犬の可愛らしい部分がギュッと凝縮された曲で、この曲は、なんだかオシャレでありながらもポップで聴きやすいです。(50代男性)

 

 

槇原敬之 「軒下のモンスター」(1票)

YouTube動画はこちら

槇原敬之「軒下のモンスター」がおすすめの理由

綺麗で生々しい表現に引き込まれます。聴く人が同性愛者であってもなくてもこの曲には共感できる部分が多いのではないでしょうか。槇原敬之さん自身も同性愛者であることをカミングアウトされており、この曲は非常にメッセージ性の高い仕上がりになっています。(50代男性)

 

 

槇原敬之 「今年の冬」(1票)

YouTube動画はこちら

槇原敬之「今年の冬」がおすすめの理由

固有名詞も暖かさを連想させるものが多く冬の寒さとの対比が素敵、寒い真冬の朝起きるときに聴きたいと思うスローテンポなラブバラードです。(50代男性)

 

 

槇原敬之 「四つ葉のクローバー」(1票)

YouTube動画はこちら

槇原敬之「四つ葉のクローバー」がおすすめの理由

流れるような8分の6拍子に、壮大なメロディライン、じんと心に響く歌詞、まさに槇原ワールド全開の名曲で、作曲当時、槇原敬之さんはテレビの収録でアイルランドに行っており、アイリッシュをフィーチャーしたケルト風の曲に仕上がっています。(50代男性)

 

 

槇原敬之 「雪に願いを」(1票)

YouTube動画はこちら

槇原敬之「雪に願いを」がおすすめの理由

幸せなクリスマスソングだがアルバムからのシングルカットだったのでヒットはしなかった。幸せになれない人の多い今の時代だから色んな人に聴いて欲しい。(40代男性)

 

 

槇原敬之 「素直」(1票)

YouTube動画はこちら

槇原敬之「素直」がおすすめの理由

しっとりピアノの弾き語りで、槇原敬之さんの曲と詞と声の魅力をあらためて感じさせてくれる一曲です。アステル東京のCMソングでしたが、2000年代に入ってからもアルバムバージョンが飲料や鉄道のCMに起用されました。(50代男性)

 

 

槇原敬之 「超えろ。」(1票)

YouTube動画はこちら

槇原敬之「超えろ。」がおすすめの理由

サビに何度も繰り返され曲名にもなっている「超えろ」というフレーズがとても印象的で、頑張っている人への応援歌のような勇気付けられる曲です。(50代男性)

 

 

槇原敬之 「彼女の恋人」(1票)

YouTube動画はこちら

槇原敬之「彼女の恋人」がおすすめの理由

好きになった彼女が友達の恋人であり、実らない恋への想い、自分ではどうしようもできない悔しさなどを歌った歌詞にも注目の一曲です。ブラックミュージックとポップスの融合を実践したようなサウンドが特徴の一曲です。(50代男性)

 

 

槇原敬之 「理由」(1票)

YouTube動画はこちら

槇原敬之「理由」がおすすめの理由

とても直球ストレートて正義感あふれる歌詞が印象的な元気をもらえる素敵な曲で、尾野真千子×江口洋介出演のドラマ「はじめまして、愛しています」の主題歌です。(50代男性)

 

 

槇原敬之 「涙のクリスマス」(1票)

YouTube動画はこちら

槇原敬之「涙のクリスマス」がおすすめの理由

寒くなると毎年思い出す曲です。失恋の辛い気持ちを歌う優しい歌声が沁みます。切ない気持ちに浸りたい時におススメの曲です。(30代女性)

 

 

タイトルとURLをコピーしました