起業家や経営者やフリーランスの方に!経営本おすすめ91選

スポンサーリンク

Contents

スポンサーリンク

経営本おすすめ

1.「ザ・ゴール」

経営に関する本「ザ・ゴール」がおすすめの理由

目標達成へのプロセスやマインドがわかりやすく、仕事に関する意識が変わった。全体最適や問題点の発見から解決するまでの流れが物語仕立てになっていて飽きる事無く一気に読み切りました。仕事に限らず生活の色々な場面の見方が変わった。(40代男性)

会社はどこに向かっていってくべきなのかがとてもよく頭に入ってきて、納得できる内容なので、管理職はじめリーダー達は読むべき良書だと思います。課題に対してどのように取り組んで行くべきか、ボトルネックとなっている課題をどのように克服して行くのが良いか方向性を見出せると思います。(30代男性)

 

 

2.「金持ち父さん、貧乏父さん」

経営に関する本「金持ち父さん、貧乏父さん」がおすすめの理由

一言で言えば、金持ちになるための導きが書いてある本ですから、これをきちんと理解すれば、必ず金持ちになれるという本です。 これからのお金のやりくりのやり方も考えさせられ、どのようにすれば老後も安心ですさきるかの礎となる本なので、色々な人にオススメです。(30代女性)

ビジネス書や自己啓発書に専門的な知識がなくてもサクサク読めて入門。経済的自由を得るためにはどうすればいいか。学校の 教育では教えてもらえないお金の流れ(キャッシュフロー)について筆者の体験談をふまえてわかりやすく書かれている。日本人は、良い大学に入って大手企業に入って真面目に働くことが成功という風潮があるがこの本を読むと、その考え方に疑問を抱いてしまう。起業する前の必読書。(20代男性)

 

 

3.ピーター・ドラッカー「現代の経営」

経営に関する本ピーター・ドラッカー「現代の経営」がおすすめの理由

マネジメントの大家、ピーター・ドラッカーの著書です。 ドラッカー経営の基本的な概念がわかりやすくまとめられています。 上下巻の長編ですが、1冊読むと経営やマネジメントの基本が一度に理解できるため、 ビジネスパーソンへの入門書としてお勧めです。(20代男性)

経営の大家である、ピーター・F・ドラッカーの真髄の経営書である。「顧客の創造」を行うためのイノベーションとマーケティングの機能の重要さを力説し、現代の組織におけるマネジメントの本質を解明した著作である。これ以後、マネジメントは多くの企業経営者、組織を運営する者の追求するものとなった。(60代男性)

 

 

4.前田 裕二「人生の勝算」

経営に関する本前田 裕二「人生の勝算」がおすすめの理由

著者のポリシーに感動したため。母親を亡くした幼少から投資銀行トップの座に登り詰めるまでの彼の経験に共感、感動するとともに、現在運営しているshowroomの社会派な部分、著者の心の温かみに触れることができた。新しい経営者の在り方だと思った。(20代女性)

格差が拡がる一方の現代社会で、恵まれない境遇から身を起こし、成功を掴んだ自身の体験を綴った本です。この若き起業家の考え方には、学ぶべきところが多いと言えます。自分にもやれるのではないかと勇気をもらえる一冊です。(50代男性)

 

 

5.「革命のファンファーレ」

経営に関する本「革命のファンファーレ」がおすすめの理由

おすすめの理由その1はとても読みやすい、本をよんでいるのに目の前でしゃべっているかのようにサクサク言葉が頭に入ってきます。ビジネスの本ですがこれからの時代に必要で認識しておく事がよくわかります。これから社会に出る人にも、社会に出ていきずまっている人にも知識として読んでおいて損はない本ではないかと思います。(30代女性)

キングコングの西野さんが書いているビジネス本。絵本の「えんとつ町のプペル」がベストセラーになった理由は何なのか?クラウドファンディングとは何なのか?なぜ西野さんはディズニーランドは倒せるとは思ったのか?など読むと読む前よりも視野が広くなります。(30代男性)

すでに有名になりつつある一冊です。作者の西野が1つの本をどのように書いたか、そしてこれからの日本について教えてくれます。今の若者がどのようにこれから生きていくべきか、今までの大人のような生き方をしていいのか、考えされられる一冊です。(20代女性)

 

 

6.「「壊れ窓理論」の経営学」

経営に関する本「「壊れ窓理論」の経営学」がおすすめの理由

経営者が、顧客に対してどのような事に気をつけなければいけないかが、分かりやすく書かれていて、理解しやすかったです。特に、どんなビジネスにおいても、大衆は究極の判定者である。という言葉が印象にのこりました。ビジネスというのは、常に誠実に真摯に、顧客である大衆と向き合っていかないといけない事を再確認させてもらいました。(30代男性)

 

 

7.ソフィア・アモルーソ「#GIRLBOSS 万引きやゴミあさりをしていたギャルがたった8年で100億円企業をつくり上げた話」

経営に関する本ソフィア・アモルーソ「#GIRLBOSS 万引きやゴミあさりをしていたギャルがたった8年で100億円企業をつくり上げた話」がおすすめの理由

女性が女性らしくきらきらと働くことができることを証明している点がおすすめである。 読むたびに「これは出来ない」と読者に思わせてしまうほど、著者は非常に行動力がある。 そんな女性が活躍できる舞台がこの世の中にあるということが、この本の与える価値である。(20代女性)

 

 

8.久田真紀子「14歳のホステス」

経営に関する本久田真紀子「14歳のホステス」がおすすめの理由

題名の通り、14歳で年齢を偽りホステスをしていた作者が中卒にも関わらず、今や年商10億のIT企業の経営者になったという体験記です。何の知識も無かった作者がIT業界で成功したのはホステス時代に培った人の縁を大事にしたからでした。それと一歩踏み出す勇気です。仕事をしていく上でなにが大切なのか再認識できる一冊です。(50代女性)

 

 

9.「2000社の赤字会社を黒字にした社長のノート」

経営に関する本「2000社の赤字会社を黒字にした社長のノート」がおすすめの理由

著者が27歳の頃から書き始めたというノート。そこには、なるほど!というものから、基本的な事までたくさんのことが書かれています。マイナスな口癖が多いと、社内の雰囲気は暗くなります。こんな小さなことでもやっぱり大切なんですね。(30代女性)

 

 

10.猪飼智弘「21世紀型ライフスタイルマニュアル」

style=border:none

経営に関する本猪飼智弘「21世紀型ライフスタイルマニュアル」がおすすめの理由

これからの日本社会での働き方と同時にネットビジネスでの成功するためにどのようにやっていけばいいか、そして著者自身の実際の例を挙げていて凄く勉強になります。もしネットビジネスに興味がある方、または現在社会で働いていてやりがいを感じない方に読んでほしいと思える本です。(20代女性)

 

 

11.「23歳からの不動産投資術」

経営に関する本「23歳からの不動産投資術」がおすすめの理由

専門用語や分かりづらい言葉を使わないよう配慮された文体は、初心者でも読みやすいです。漠然とある将来への不安、見えない具体的対策、今こそ解決しませんか。不動産と聞いただけで尻込みしてしまう方にこそ読んでいただきたい一冊です。自分の身を誰かに守ってもらう時代は終わりを迎えています。快適な老後生活のため、まずは手に取ってみてください。(20代女性)

 

 

12.「3億稼ぐ主婦の成功法則」

経営に関する本「3億稼ぐ主婦の成功法則」がおすすめの理由

タイトルがすごいなと思いますが、内容は、ゲームやアニメのキャラが出てきて面白く読めました。 主婦で3億稼げる人はなかなかいないので、どのような思考や心理なのか学ぶことが出来て楽しいです。 かなり勉強になるなと感じます。(30代女性)

 

 

13.山崎康司「ECR」

経営に関する本山崎康司「ECR」がおすすめの理由

流通に向けの本てす、 経営者の方々が読んだほうがいいですね せいさんから販売まで一連の流れがある 各システムが整備しなければならないです。 各企業に連携しながら、進まないといけないです。 ぜひ一度読んでください。 以上です(30代男性)

 

 

14.林信行「Googleの決断思考」

経営に関する本林信行「Googleの決断思考」がおすすめの理由

東日本大震災の発生後、グーグルは2時間以内に情報特設サイトを立ち上げ、メディアや警察や携帯電話会社とも連携して情報配信を行いました。この強さは、柔軟なワークスタイルやプロジェクトの進め方に裏打ちされていたと背景が紹介される、興味深い著書です。(30代男性)

 

 

15.リュディガー ユングブルート「IKEA 超巨大小売業、成功の秘訣」

経営に関する本リュディガー ユングブルート「IKEA 超巨大小売業、成功の秘訣」がおすすめの理由

世界で最も大きなホームファニシング企業であるイケアの成功の秘密を紐解く本です。イケアの成功の秘密はその独自の企業戦略や徹底したコストカット意識、社員を家族のように扱う企業文化にあります。さまざまな資料を駆使し、その歴史を徹底的に紐解いています。経営者必読の1冊です。(30代女性)

 

 

16.内之倉 礼子「MBA ENGLISH 経済・会計・財務の知識と英語を身につける」

経営に関する本内之倉 礼子「MBA ENGLISH 経済・会計・財務の知識と英語を身につける」がおすすめの理由

この本はとても勉強になります。 「MBA」つまり経営学修士に関する本です。 それも英語で学べるということで、 まさに一石二鳥の本といえます。 経営学という分野は多岐にわたります。 経済・会計・財務の知識は、 欠かすことは出来ません。 ビジネスをする全ての方たちに、 おススメできる一冊です。(20代男性)

 

 

17.フィル・ナイト「SHOE DOG 靴にすべてを。」

経営に関する本フィル・ナイト「SHOE DOG 靴にすべてを。」がおすすめの理由

米スポーツ用品大手の「ナイキ」創業者による自伝です。自伝と言っても、仲間と共に数々の難題を次々とこなしてゆく様は実に爽快で、まるで青春ものの小説を読んでいるかのようにスムーズに読めます。事実と言うより読み物として楽しめるでしょう。(30代男性)

 

 

18.「USJのジェットコースターはなぜ後ろ向きに走ったのか?」

経営に関する本「USJのジェットコースターはなぜ後ろ向きに走ったのか?」がおすすめの理由

畑違いの会社からユニバーサル・スタジオ・ジャパンに入社して、同社の業績を回復させた著者による、経営戦略とアイディア出しの本です。 著者は決してアイディアマンではなく、論理的に詰めてアイディアを絞りだしていきます。その過程を学ぶことは、アイディアを必要とする人にとって極めて有益です。(60代男性)

 

 

19.「USJを劇的に変えた、たった1つの考え方 成功を引き寄せるマーケティング入門」

経営に関する本「USJを劇的に変えた、たった1つの考え方 成功を引き寄せるマーケティング入門」がおすすめの理由

NHKのプロフェッショナルでマーケターも森岡さんの存在を知り、もっと知りたいと思い買いました。USJがV字回復したと話題になっていましたが、なぜV字回復することができたのか、どんな過程を経て今のUSJが出来上がったのか書いてあります。そして森岡さんのユーモアなものの考え方も書かれていてとてもおもしろいです。(20代女性)

 

 

20.「インテル世界で最も重要な会社」

経営に関する本「インテル世界で最も重要な会社」がおすすめの理由

現在のIT社会にとって、マイクロソフトとアップルとともにその創生のころから現在まで非常に重要な会社であり続けると稀有な存在である「インテル」。 その創業から現在までの歴史をほぼ完全に理解できる本である。またシリコンバレーの歴史を俯瞰する意味でも外せない。(50代男性)

 

 

21.ワタナベ薫「お金の格言」

経営に関する本ワタナベ薫「お金の格言」がおすすめの理由

女性の目線でお金の使い方を教えてくれる。節約を推奨するのではなく、またどんどん使うことを推奨するのでもなく、等身大のお金の使い方を指南してくれる。お金の使い方に悩んでいる人に、考え方の土台を教えてくれる。(40代女性)

 

 

22.「カルロス・ゴーン経営を語る」

経営に関する本「カルロス・ゴーン経営を語る」がおすすめの理由

日産を復活させた人・カルロス・ゴーン流の経営手法は、業種や産業は違えどもあらゆる経営に携わる人々に何らかの指針をもたらせてくれる経営バイブル的な本です。至極感銘を受けた彼の経営者像について言葉なのですが、「それは、企業の過去も未来もあるがままに引き受ける人間である」ということです。(40代男性)

 

 

23.岩本義弘「ジャイアントキリングを起こす19の方法」

経営に関する本岩本義弘「ジャイアントキリングを起こす19の方法」がおすすめの理由

経営だけですと広すぎる分野になってしまいますが、 この本の根本はサッカーから始まってしまうのですが運営側のどう行動するやどう周りと打ち解け会うかなど応用になってしまう部分はあるが生かせるととても役に立つマネジメント術になるのではと考えております。(20代男性)

 

 

24.アル・ピタンパリ「すごいヤツほど上手にブレる」

経営に関する本アル・ピタンパリ「すごいヤツほど上手にブレる」がおすすめの理由

日本語版は、テンポよく読みやすい。原書はかなり難しかった。力を抜くときは抜くということが書かれている。よく勘違いをしてサボる人がいるけど、何が重要か分かるようになって一人前。そこは自分で考えていかなければならない。(30代女性)

 

 

25.株式会社スターフライヤー「スターフライヤー 漆黒の翼、感動を乗せて――小さなエアラインの大きな挑戦」

経営に関する本株式会社スターフライヤー「スターフライヤー 漆黒の翼、感動を乗せて――小さなエアラインの大きな挑戦」がおすすめの理由

改革によって経営危機から見事に立ち直った、スターフライヤー社の詳しい舞台裏が綴られています。安全に対する徹底したこだわりを保ちつつ、経営の合理化を推進していく影には、従業員たちのプライドがありました。問題解決の根本的な考え方を学べる一冊です。(50代男性)

 

 

26.滝澤みなみ「スッキリわかる日商簿記2級第3版」

経営に関する本滝澤みなみ「スッキリわかる日商簿記2級第3版」がおすすめの理由

イラストと図表が豊富で内容がすんなりと頭に入ってきます。他の簿記の参考書が難しいと感じたら本書の一読をお勧めします。他の級のテキストもシリーズで出版されており、それらもあわせて通読すると、簿記や会計のイメージが非常につかみやすくなります。(30代男性)

 

 

27.「ゼロ」

経営に関する本「ゼロ」がおすすめの理由

堀江貴文さんが書かれた本で、今までのホリエモンのイメージを払拭させるような今までの人生の話とモチベーションや考え方など、心に響くような内容で溢れています。このままの自分じゃダメだ!何か変わらなきゃ!って気づいた方や仕事をこれから起業しようと思ってる方におすすめの1冊です。(20代女性)

 

 

28.「ツイてる」

経営に関する本「ツイてる」がおすすめの理由

納税額1番を達成された銀座まるかんの社長さいとうひとりさんが書かれた本です。タイトル通り人生前向きに生きるコツが書かれています。私は常々金持ちになりたいと思っていますが、金持ちになるには10年は必要だけど金持ちになると決めた事が成功の始まりというのを読んで励まされました。(40代男性)

 

 

29.「ディズニー そうじの神様が教えてくれたこと」

経営に関する本「ディズニー そうじの神様が教えてくれたこと」がおすすめの理由

私はディズニーランドが大好きです。人々がみんな笑顔になれる場所だと思います。あの場所が何故そんなにも人々に愛されるのか、その理由がこの本の中には沢山あります。読み進めて行くと、決してみんながどの瞬間も笑顔でいられる訳ではない事が想像できるようになり、どうしたらそこに笑顔を取り戻すのか、考えさせられるようになります。(30代女性)

 

 

30.「ディズニーの絆力」

経営に関する本「ディズニーの絆力」がおすすめの理由

元ディズニーの職員の、鎌田洋さんの書かれた本です。従業員を大事におもてなしすることが、ゲストのハピネスにつながっていく。という事が印象的でした。経営において、お客様から支持を得るには、まず従業員から、支持を得る事が大切である事を学ばせて頂きました。(30代男性)

 

 

31.「ディズニーを知ってディズニーを超える顧客満足入門」

経営に関する本「ディズニーを知ってディズニーを超える顧客満足入門」がおすすめの理由

元ディズニーランドの職員である、鎌田洋さんの書かれた本です。サービスは想像力。目の前のお客様は今どのような状況にいて、無意識のレベルも含めて何を求めているのか。一人一人違うニーズに想像をめぐらせて、その都度、最適と考えられるものを提供していく。それが感動を生むサービスの極意。という言葉が印象的です。経営において、一人ひとりのお客様の気持ちに寄り添う事の大切さを、教えて頂きました。(30代男性)

 

 

32.「ドリルを売るには穴を売れ」

経営に関する本「ドリルを売るには穴を売れ」がおすすめの理由

物が売れる仕組みということを根本から見つめ直すきっかけをくれた本であり、自分が消費者という立場であっても面白く読み進められるようになっています。ニーズがあるのは、そこに価値を感じている人がいるからであり、その価値を生み出すことこそが重要であるというまさに目からウロコの逆転の発想がよいと思ったから。(30代女性)

 

 

33.ワタナベ薫「なぜかお金を引き寄せる女性 39のルール」

経営に関する本ワタナベ薫「なぜかお金を引き寄せる女性 39のルール」がおすすめの理由

お金の見方が変わります。お金をためるのも大事ですが、ためて流通をストップさせるのではなく、使って流通させることで、自分のもとに流れてくるお金も増えるということがよくわかりました。風水的な要素も少しあり、勉強になりました。(40代女性)

 

 

34.「なぜビジネスホテルは、一泊四千円でやっていけるのか」

経営に関する本「なぜビジネスホテルは、一泊四千円でやっていけるのか」がおすすめの理由

何年か前に読んだと記憶しております。この本の良さはタイトルが長いことだと思います。消費者に購入(購買)意欲をさそってくれます。そのタイトルの長さ(具体性)は内容に対する消費者の期待が厳しくなるようにみえますがそれへの対応は、売り側の「罠(うまさ)」を感じさせるほどの、著者だけではなく本を出版した関係者全体の「経営」(商売)のありかたをご教示させてくれます。著者は次の仕事へむけて喜んでいるかもしれません。(40代男性)

 

 

35.エド・キャットムル、エイミー・ワラス「ピクサー流 創造するちから」

経営に関する本エド・キャットムル、エイミー・ワラス「ピクサー流 創造するちから」がおすすめの理由

世界的有名なピクサーをどのようにしてここまで成功させたかについて、体験談を踏まえながら丁寧に描かれる。 失敗から学ぶこと、仲間と社員を思いやる心がいかに大切かがよくわかる本である。 経営について学びたい人だけではなく、ピクサーとディズニーの関係性や成長についても知ることができるので、 幅広い世代が手に取りやすい一冊となっている。(20代女性)

 

 

36.「ビジョナリー・カンパニー」

経営に関する本「ビジョナリー・カンパニー」がおすすめの理由

何年にも渡って各界の経営者が読み、人に進める本として有名ですが読めば分かる内容となってます。 何年もトップに君臨する企業は他の企業と何が違うのかを独自の視点で膨大な資料を元に解析し どういう事象を行い、結果が出たのか。2,3番手の企業とトップ企業との僅かな差は何なのかを説明してくれてます。 全てが当てはまる訳では無いですが、一度読んでおいて損は無いと思います。(40代男性)

 

 

37.「プロフェッショナルの条件」

経営に関する本「プロフェッショナルの条件」がおすすめの理由

P・F. ドラッカーの本はビジネスマンなら一度は拝読しないとならないと言われていますね。 流動的で変化の激しい社会でも、どのような意識で日々の仕事に取り組むべきかの教訓が供されています。 経営者の視点ですが、一般的で誰にでも参考になることが書かれていて、必見の価値ありです。(20代男性)

 

 

38.「まごころレストラン」

経営に関する本「まごころレストラン」がおすすめの理由

「もつやき処 い志井」他、い志井グループの代表である石井宏治がもつ焼き屋をやっている父に背くような形で25歳のときに渡米し、自分の甘さを痛感していたところに出会ったレストランの老夫婦に、何が大切なのかを教えられます。石井は帰国し父のところで修業をすることに決めます。そこで改めて父の仕事を見ると、丁寧な心ある仕事をしていることに気づき、自分の浅はかさを知ることとなります。その父の跡を継ぎ、また米国で出会った老夫婦の意思を継ぐ夢を持ち、い志井グループとしてFCをどんどん展開していくようにるという、商売で一番大切なものは何かを教えてくれる1冊です。商売=笑売。(40代女性)

 

 

39.ハーバード・ビジネス・レビュー「マネジャーの教科書」

経営に関する本ハーバード・ビジネス・レビュー「マネジャーの教科書」がおすすめの理由

仕事において立場が変われば、仕事の見え方も変わってくる、という事例を具体的に紹介している著作です。また、マネジャーに昇進しただけでは何も変わらないことをあらかじめ心得ておくことによって、心理的負担がずいぶん変わってくることでしょう。(30代男性)

 

 

40.岩崎夏海「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら」

経営に関する本岩崎夏海「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら」がおすすめの理由

経営学の分野で巨人とも称されたドラッカーの『マネジメント』を高校野球の舞台に置き換えてわかりやすく解説した本です。ドラッカーの著作そのものも大変面白いのですが、いかんせん、内容を身近に感じることは難しい。それに対して本書は誰しも見たことがあり、また、経験者も多い部活を通じてドラッカーの考えを女子マネージャーが実践する姿を描いているため、自分に置き換えて考えやすいです。2013年には250万分以上の大ベストセラーになっています。この機会に、ぜひ、一読してはいかがでしょうか。(40代男性)

 

 

41.「ゆっくり、いそげ。」

経営に関する本「ゆっくり、いそげ。」がおすすめの理由

西国分寺にあるクルミドコーヒーというカフェオーナーの書かれた本なのですが、カフェやコーヒーのことだけでなく経済のことについても分かりやすく書いてあります。また、考え方が魅力的で、経営者のみならずどんな人にも参考になります。読み終わった後に、優しい気持ちになれる本です。(20代女性)

 

 

42.リチャード・ブランソン「ライク・ア・ヴァージン ビジネススクールでは教えてくれない成功哲学」

経営に関する本リチャード・ブランソン「ライク・ア・ヴァージン ビジネススクールでは教えてくれない成功哲学」がおすすめの理由

経営のノウハウ本ではなく、もっと大きく根本的な経営哲学に関する啓もう書と言っていいと思います。結局のところ、経営はどのような価値を世の中に実現したいのかが出発点になるので、その点で稀代の経営者が何を思い、何を実行してきたのかをつぶさに追体験できる本として大変貴重な内容です。(40代女性)

 

 

43.亀井 利明 亀井 克之「リスクマネジメント総論」

経営に関する本亀井 利明 亀井 克之「リスクマネジメント総論」がおすすめの理由

日本におけるリスクマネジメントの大御所といっても過言ではない亀井利明氏による総論であり、おおよその礎がここに総括されており、学問としての経営学を知る上で必携の一冊といえるので大学生や社会人におすすめの一冊です(30代女性)

 

 

44.「レクサス星ヶ丘の奇跡」

経営に関する本「レクサス星ヶ丘の奇跡」がおすすめの理由

飲食店で働いている時に見つけた本で、今も当時も経営について興味があり、尚且つ星ヶ丘レクサスは地元なので親近感が湧いたのをキッカケに、この本を購入しました。 親や祖父母はレクサスを所有していますが、わたしは星ヶ丘レクサスのお店には入った事が無く通り過ぎる事しかありませんでした。なので、お店の中でどのような接客をしているか等は全く知りませんでした。 この本によると誰もが出来ることを誰も真似できない程徹底的に続けるです お辞儀の角度やおもてなしの心、先回りした接客。 初めて接客した頃に比べると今の自分は、接客に関してとても雑になっていました。 この本を読み、初心の大切さがここまで響くなんて思いもしませんでした、 初心の気持ちを長く続けることはとても難しいですが周りの仲間と高め合うことで良いチームワークでお店が出来上がり、その気持ちがお客様に伝わっているんだなと思いました。 もし私が経営者としてスタッフを抱える身となった時には参考にさせて頂きたくなる程勉強になりました。(20代女性)

 

 

45.稲盛和夫「稲盛和夫の実学 経営と会計」

経営に関する本稲盛和夫「稲盛和夫の実学 経営と会計」がおすすめの理由

起業したときに先輩社長から勧められ、読めば読むほど経営に関する心構えのようなものがわかる。起業して数年経った今でも繰り返し読んでいますが本当に参考になります。 これから起業を考えている方もすでに経営されている方もどちらの方が読んでも為になると思います。(30代男性)

 

 

46.「影響力の武器」

経営に関する本「影響力の武器」がおすすめの理由

実際にあったあらゆる事由をもとに人間のものを買う行動心理を学べる非常に経営に役立てられるいい本です。うちの商品はこんなに良いのになんで売れないのだろうと悩んでいるような人にとってはとってもお勧めな一冊です。(30代男性)

 

 

47.「稼ぐが勝ち~ゼロから100億、ボクのやり方~」

経営に関する本「稼ぐが勝ち~ゼロから100億、ボクのやり方~」がおすすめの理由

堀江の子供の頃の描写や大学時代に何故東京大学を選んだかという事が書かれている。 あまりテレビなどでそうのような過去の事をあまり語らないのでこの本を読めば堀江氏が幼少期どのような環境に置かれていたかを知る事ができる。 経営の仕方に関しては会社名でさえもマーケティングに変えてしまうしたたかさも伺える一冊(20代男性)

 

 

48.竹内謙礼 青木寿幸「会計天国」

経営に関する本竹内謙礼 青木寿幸「会計天国」がおすすめの理由

決算書の読み方を、コミカルなストーリーの中で教えてくれる本です。 会社がどれくらいお金を稼いだのか、どのようにお金を使ったのか書いてあるのが決算書ですが、細かい数字が多いため、苦手な方が多いかもしれません。 この本では、そんな決算書を読むのがどんなに大切か、読む時にどこを意識すればいいのか分かりやすく学べます。 主人公は交通事故で死んでしまった会計コンサルタントの男性。現世で困っている人を五人幸せにすれば生き返れると天使に言われ、会計の知識を生かして奮闘します。(20代男性)

 

 

49.本田宗一郎「会社のために働くな」

経営に関する本本田宗一郎「会社のために働くな」がおすすめの理由

サラリーマンにとって一番勘違いしがちな働く事の本質がわかりやすく書かれています。 一見すると会社の為に働くという事が自分の為になると思いがちですが、それが違うという事がこの本を読むとよくわかります。 自分を大切にすることを気付かせてくれます。(20代男性)

 

 

50.「会社は頭から腐る」

経営に関する本「会社は頭から腐る」がおすすめの理由

衝撃的なタイトルであるが、ただの企業批判、トップ批判ではない。 著者が経験してきた企業再生の現場から培われた視点での提言である。 名だたる大企業の不祥事が連日報道されることが日常になりつつある昨今。 そうなってしまったのか、日本の企業が陥ってしまった理由がよくわかる。 しかし、分かって批判しているだけでは意味がない。 次の世代を担いつつある私たちはどうするのか、というところにまで考えを及ばしてくれる良著。(30代女性)

 

 

51.「看板のない居酒屋」

経営に関する本「看板のない居酒屋」がおすすめの理由

私の大好きな本の一つになります。人材育成についてや商売というものについて理論理屈などではなく心のありかたでうったえられる本だと思います。この本は心にスッと入ってきて自分もできることからコツコツと頑張ろうという気になりますし、鏡の法則ではないですが、自分の事を見直しまた考え直せるいいきっかけになる本だと思います。初心の気持ちをいつまでも忘れない。接客業の方にはぜひぜひおすすめの本です。(30代女性)

 

 

52.「危機を超える経営」

経営に関する本「危機を超える経営」がおすすめの理由

経済界では有名な伊藤先生が描く本です。これからの企業が超えなくてないけない経営に危機について書かれた本。といっても、難しい本ではなく、成功した企業失敗した企業を実例を具体的に掲げており、経済的に危機に直面している日本企業1つ1つがこれからどうしていくべきかを論じています。これからマネージャーになる人に読んでもらいたい本です。(40代男性)

 

 

53.田所 雅之「起業の科学」

経営に関する本田所 雅之「起業の科学」がおすすめの理由

誰もが憧れる一国一城の主。そこへの最短の道が起業ですが、成功するのはごく一部という厳しい現実があります。企業にはギャンブルに近いイメージもありますが、本書に書かれているように「科学」という見方ができるということは、目から鱗です。(50代男性)

 

 

54.「逆転力」

経営に関する本「逆転力」がおすすめの理由

この本の題材になってる人はネスレジャパンに働いていた人であり、自分の寿命を42歳と定めています。これはこの人の父や祖父が42歳で亡くなっているからでありちゃんとした背景に説得力がありました。本の題名の通り42歳という寿命であると考えそこから逆算して人生計画を立てているというのはとても参考になりました(20代男性)

 

 

55.「経営に終わりはない」

経営に関する本「経営に終わりはない」がおすすめの理由

今や世界的企業になったホンダこと本田技研工業、世間的には創業者本田宗一郎がとりあげられるが、本当に経営を担っていたのは副社長の藤沢武夫であった。 ホンダの最大の成長のドライバーであるバイク事業その中のスーパーカブの開発秘話、今やホンダの最大のマーケットであるアメリカ市場への進出など、古くから未来に向けての投資を惜しまなかった彼の先見性が為になる一冊です。(30代男性)

 

 

56.「経営学」

経営に関する本「経営学」がおすすめの理由

元ヤマト運輸社長の小倉氏の書いた経営者のための経営学の本です。当時の運輸省と真っ向から対立しながらも自身の正義を貫き通したり、女性の活躍を見据えた運送システムを構築したりと、経営者としての心構えや先を見る目について学ぶことが出来ます。(30代男性)

 

 

57.「経営者になるためのノート」

経営に関する本「経営者になるためのノート」がおすすめの理由

ファーストリテイリング代表柳井正氏の著書です。 これほど1ページをめくるのに時間がかかる本もありませんでした。 あまりに内容が濃いため、1ページごとに自分の中で何度も咀嚼していかなければいけないと感じるためです。 ユニクロの成功に始まる柳井氏の経営術。そのノウハウを隠すことなく開示してくれている贅沢な一冊です。 本当に優れた経営者は後進の育成のため、自身の成功の秘訣を隠すことなどなく、利他の精神に則り生きているのだと感じ、その崇高な精神に敬服します。 読むことで明らかに仕事への価値観、目的意識が変わります。企業したい人や、経営者だけでなく、仕事に誇りを持つ人すべてにオススメしたい最高の一冊です。(20代女性)

 

 

58.玄場公規・湊宣明・豊田裕貴「Excelで学ぶビジネスデータ分析の基礎 ビジネス統計スペシャリスト・エクセル分析ベーシック対応」

style=border:none

経営に関する本玄場公規・湊宣明・豊田裕貴「Excelで学ぶビジネスデータ分析の基礎 ビジネス統計スペシャリスト・エクセル分析ベーシック対応」がおすすめの理由

ビジネス統計検定の指定テキストの1つです。基礎的な集計から回帰分析まで、ベーシックなスキルを一通り学べます。Excelを操作しながら学ぶスタイルのテキストですが、統計の説明も丁寧でわかりやすく、検定受験者のみならず、統計分析入門者全般にお勧めです。(30代男性)

 

 

59.高須 克弥「行ったり来たり 僕の札束 日本一有名な整形外科医が初めて語る医者とカネ」

経営に関する本高須 克弥「行ったり来たり 僕の札束 日本一有名な整形外科医が初めて語る医者とカネ」がおすすめの理由

「Yes!高須クリニック」のCMで有名な高須克弥院長が、仕事とお金について書いた本です。それまでのお金の稼ぎ方や使い方で、かなり豪快なエピソードが多いです。しかしビジネスとして理に叶っていることが多く、経営者には大いに参考になります。(50代男性)

 

 

60.「斎藤一人の勝手に人が育つ経営の極意」

経営に関する本「斎藤一人の勝手に人が育つ経営の極意」がおすすめの理由

人を育てるにはどういった言動が好ましいか、斎藤一人さんの言葉がとても分かりやすく書いてあります。筆者の方の失敗談などもあげてあって、経営者のみならず、子供を育てている人にもとても良い本ではないかと思います。(40代女性)

 

 

61.「作家の収支」

経営に関する本「作家の収支」がおすすめの理由

現役の小説家、森博嗣氏が、自分の作品で得た収入に関することを公開しています。 とても具体的に原稿料や印税のことを、その言葉の説明と共に知ることが出来ます。 これから作家を目指す人にはとても参考になるのではないでしょうか。(50代女性)

 

 

62.デイル・ドーテン「仕事は楽しいかね?2」

経営に関する本デイル・ドーテン「仕事は楽しいかね?2」がおすすめの理由

ある老人から教わった考え方を実践して出世した著者が部下のことで悩み、再びその老人に教えを請います。理想の部下を手に入れるのに高い報酬は必要ないと言います。その驚くべき考え方に、またまた目から鱗が落ちます。(50代男性)

 

 

63.「渋沢栄一現代ビジネスに活かす言葉」

経営に関する本「渋沢栄一現代ビジネスに活かす言葉」がおすすめの理由

明治の経営の神様と謳われている、渋沢栄一が残した言葉として、とにかく、誠実にひたすら努力して自ら運命を切り開いていくのだ。もしそれで失敗したら「自分の知恵が足らなかった」とあきらめよう。逆に成功したら「知恵を上手く活用出来たから」と考えればよい。とにかく、成敗は天命に託してじたばたしない。という言葉がとても力強く勇気をもらえる著書となっています。(30代男性)

 

 

64.「女子高生ちえのMBA日記」

経営に関する本「女子高生ちえのMBA日記」がおすすめの理由

MBAを学ぶために様々な本が出ています。しかしながら、実際に難しすぎて読破できないという方は多いと思います。そんな方にオススメしたいのが本書です。ひょんなことから女子高生にして社長なってしまった女の子が、会社経営のかたわらMBAのビジネススクールに通うといった小説仕立てのビジネス書です。MBAの全てを学べる訳ではありませんが、くじけることなく基礎の流れを掴むことができます。(40代男性)

 

 

65.「勝てば官軍 成功の法則 藤田田」

経営に関する本「勝てば官軍 成功の法則 藤田田」がおすすめの理由

日本マクドナルド創業者 藤田田が書いたビジネス書です、この本はビジネス彼のビジネスに対する厳しさと先見が詰め込まれています。 現在の日本が陥っているデフレ状況を予測し、低成長の時代に何が必要かを企業の内部的な視点、マネジメントの視点、グローバルな視点、そして宗教や言語的な視点など複合的に語られている。(30代男性)

 

 

66.「商売の心得帖 経営の心得帖」

経営に関する本「商売の心得帖 経営の心得帖」がおすすめの理由

「商売の心得帖/経営の心得帖」は、松下幸之助の本です。 「道をひらく」を読み、もっと実践的なものが読みたいと思った人にこそ読んでほしい本です。 商売について、経営について、松下が忌憚なく綴っています。 時代が変わっても通用する商売・経営の要諦が詰まっています。(30代男性)

 

 

67.「小さい農業で稼ぐコツ」

経営に関する本「小さい農業で稼ぐコツ」がおすすめの理由

農家のイメージを覆す小さな農業でも、こんな風にやれば生活がやっていける、こんな工夫をしたらもっと広がるし楽しくなる、今後の若い農業者に読んでもらいたい一冊です。農業にも様々なやり方があって、決して辛いだけのイメージではなく自分のペースで自分が思うように仕事ができると言う魅力が伝わってきます。参考にしたい本です。(20代男性)

 

 

68.金谷 勉「小さな企業が生き残る」

経営に関する本金谷 勉「小さな企業が生き残る」がおすすめの理由

会社の業績が悪くなると、新しいことに手を出して何とか立ち直りを図ろうとしますが、うまくいかないことか多いようです。それは、自社だけで何とかしようとしていることが原因であることが多いと言います。他社に頼ってみることも、時には必要だということを学べる一冊です。(50代男性)

 

 

69.「真説・企業論 ビジネススクールが教えない経営学」

経営に関する本「真説・企業論 ビジネススクールが教えない経営学」がおすすめの理由

世間一般的には、ベンチャー企業やオープンイノベーション、アメリカのベンチャー業界について良いことばかりが広まっています。けれども、本書では、本当の現状について、詳しく語られています。負の部分もたくさんあるのだということを。(40代男性)

 

 

70.「図解 ドラッカー入門 (1時間でわかる)」

経営に関する本「図解 ドラッカー入門 (1時間でわかる)」がおすすめの理由

「働く人のためのマネジメント」をはじめ、「先輩」「上司とマネージャー」「リーダーとマネージャー」「イノベーターの」といったそれぞれの立場にある、働く人と経営者のためのマネジメントにおけるポイントを、ドラッカーの本の引用と分かりやすいイラストページで解説されている。(40代女性)

 

 

71.「図解 儲けのカラクリ」

経営に関する本「図解 儲けのカラクリ」がおすすめの理由

例えば、ファミレスに食事に行って「これ、一体原価はいくらなんだろう」と思った人は多いはず。 色んな業種の儲けの出し方がリアルで、図解入りで解りやすく解説してある。 大人はもちろん、子供にもおススメの1冊です。(30代女性)

 

 

72.「数字は人格 できる人はどんな数字を見て、どこまで数字で判断しているか」

経営に関する本「数字は人格 できる人はどんな数字を見て、どこまで数字で判断しているか」がおすすめの理由

中小企業の経営者向けのビジネス本です。これまでは無借金経営が最善と考えていましたが、良い借金の仕方など考え方が変わりました。おかげさまで大きな設備投資に踏み切ることが出来ました。数字の大切さがよくわかる本です。(30代男性)

 

 

73.「世界一シビアな「社長力」養成講座」

経営に関する本「世界一シビアな「社長力」養成講座」がおすすめの理由

「情け無用!屁理屈なし!」と情け容赦ない戦略がビシバシと綴られています。大概の会社の社長さんは、ここに書かれている事とは逆の事をしているんだろうなと。 途中で投げ出したくなると思いますが、「良薬は口に苦し」です。(30代女性)

 

 

74.「星野リゾートの教科書」

経営に関する本「星野リゾートの教科書」がおすすめの理由

なぜ、この人口減のなか宿泊業界でトップを走れるようになったのかが、明快な文章でつづられていました。 経営とは、来る人もそして働く人の心を、いかにきもちよく動かせるかどうかということにかかっているのではないか?と、とても考えさせられました。 お金ではない、こころの満足 を追及する様子にこころ打たれます。(40代女性)

 

 

75.「赤字店を年商20億円に導いた飲食店開業・経営の成功メソッド」

経営に関する本「赤字店を年商20億円に導いた飲食店開業・経営の成功メソッド」がおすすめの理由

私は飲食店で調理師として働いていたためこの本を手に取りました。 調理師の仕事は忙しく、日々の業務に忙殺されていたのですが、本屋さんに立ち寄りふとこの本を見て『経営者目線から物事を考えてみよう』と思い読み進めました。 結果としては、考え方がガラリと変わりました。 労働者は、一度でいいので経営の本を読むことをオススメします。(20代男性)

 

 

76.高橋伸夫「大学4年間の経営学が10時間でざっと学べる本」

経営に関する本高橋伸夫「大学4年間の経営学が10時間でざっと学べる本」がおすすめの理由

東大経済学部の高橋伸夫教授が書いた本。 経営学の入門書であるが、最新のトピックスも多く盛り込まれている。 一つの項目に関して見開き2ページを割り振り、左ページが説明、右ページが図表となっている。 このような体裁なのでとても読みやすい。 経営学の最初の一冊には手頃だろう。(30代男性)

 

 

77.「大空に賭けた男たち ホンダジェット誕生物語」

経営に関する本「大空に賭けた男たち ホンダジェット誕生物語」がおすすめの理由

バイク、車、汎用品、ボートなどエンジンがあるもの全て作っているホンダこと本田技研工業、陸と海を制覇し最後のフロンティアである空飛行機を作る過程を追った物語です。 移動する喜びというホンダイズム、個性的でありながら人の生活に役立つと言う呪縛から35年極秘プロジェクトのため、家族にも言えずにひたすら飛行機をつくる姿は今の日本企業にない姿でした。(30代男性)

 

 

78.「誰がアパレルを殺すのか」

経営に関する本「誰がアパレルを殺すのか」がおすすめの理由

アパレル業界の成長、衰退、新たな取り組みの事例など、アパレル業界の仕組みがよくわかる内容でした。現在のアパレル業界は破滅の道へ自分たちで自ら進んでいます。業界の問題提起と改善案がわかりやすく書かれています。(30代男性)

 

 

79.「池上彰のやさしい経済学」

経営に関する本「池上彰のやさしい経済学」がおすすめの理由

とてもわかりやすく、経済について説明しているので理解がしやすいです。 また、文字数が少ないのであまり小さな文字を追うのが苦手な方には読みやすい本だと思います。 また、自分では理解できない経済学もこれを見れば簡単に分かることができるので 経済学を学びたい方にはちょうどいい本だと思います。(20代女性)

 

 

80.「挑戦する企業」

経営に関する本「挑戦する企業」がおすすめの理由

創業者が生み出した独自のアイデアや技術を、如何にして次の世代に伝えていくか考えさせられました。自社の強みと弱みを客観的に分析しながら、顧客や市場の幅広いニーズに的確に応えていく難しさも伝わってきました。(30代男性)

 

 

81.蓑豊「超・美術館革命」

経営に関する本蓑豊「超・美術館革命」がおすすめの理由

金沢という、北陸の一地方都市にできた美術館が、なぜ世界一の美術館である、フランスのルーブル美術館からも視察に来るなど、国内外のアート業界から注目を集めるほど、多くの来場者を集めることが出来たのか、館長によるオープンに至るまでと、オープンしてからの集客のためのあらゆるアイデアの実現のための紆余曲折の話は、様々なビジネスにおいても当てはまり、とても興味深く読めました。(40代男性)

 

 

82.馬英華「逃げ切る力」

経営に関する本馬英華「逃げ切る力」がおすすめの理由

中国人女性社長の自伝です。貧しい家に生まれ、両親の反対を押し切って日本に留学し、エレベーター保守会社を起業するに至った経緯がリアルに描かれます。どんな逆境にあっても負けずに前向きに生きた姿勢からは、学びたい点を見つけられることでしょう。(30代男性)

 

 

83.「道をひらく」

経営に関する本「道をひらく」がおすすめの理由

「道をひらく」は、経営の神様と呼ばれた松下幸之助のエッセイです。 1つのテーマが見開き2ページで完結しており、字も少なくとても読みやすいです。 読みやすいが、人生において大事なことが詰まっています。 あまり本を読んでこなかったという人は、まずはここからチャレンジしてみるのもいいでしょう。(30代男性)

 

 

84.「日本で一番大切にしたい会社」

経営に関する本「日本で一番大切にしたい会社」がおすすめの理由

経営者として、会社をやっていく上での心得帳として非常に素晴らしい事が書かれている……だけではなく、それを実践されている企業の実例を幾つも紹介されており、決して口だけの内容になっておらずこれから先の時代を生き残る上での参考にするべき知識が沢山得られるので。(20代男性)

 

 

85.「日本最大のビジネススクールで教えているMBAの超基本」

経営に関する本「日本最大のビジネススクールで教えているMBAの超基本」がおすすめの理由

MBAを勉強する人に一番最初に読んでほしい本。グロービズに通った著者が、その知識を世に広めようとして書いた一冊です。MBAとは何か?だけでなく、こういった経済ビジネススクールの研修がどういったものなのか?どういった人が通っているのか?ということを知るためにも良い本だと思います。(40代男性)

 

 

86.「年収1億を稼ぐ人年収300万で終わる人」

経営に関する本「年収1億を稼ぐ人年収300万で終わる人」がおすすめの理由

読みやすさと行動意識を今すぐから変えられ実践出来る即効性のある内容なのと、1章毎にまとめが表記されてあるので具体的に何から行動すれば良いのかとても解りやすく行動できます。朝の時間の使い方から仕事中での行動視点、夜寝るまでの時間の使い方など習慣を見直し新しい習慣を取り入れる素直さと柔軟性があれば年収の結果に結び付きやすい自分を手に入れれるイメージがリアルになります。(30代男性)

 

 

87.「売る力 心をつかむ仕事術」

経営に関する本「売る力 心をつかむ仕事術」がおすすめの理由

この本はセブンイレブンの鈴木敏文社長が自らの経営理念を綴った本です。コンビニ業界のトップにたつ鈴木敏文社長がどんな考えを軸に現在のセブンイレブンを作り上げたのか、また別の業界でトップに立つ人はどんな人なのかを鈴木社長が実際対談を行った経験を基に書いた一冊です。(20代男性)

 

 

88.「不恰好経営」

経営に関する本「不恰好経営」がおすすめの理由

女性として強く生きる勇気をもらったから。創業者の南場智子さんが会社の立ち上げに関わるまで、そしてその後のdenaの成長について、苦難をおもしろおかしく描いている。経営者という女性としては少数派の彼女の人生の壮絶さを感じるとともに、自分の抱えている問題が小さく見えてくる。(20代女性)

 

 

89.細田高広「未来は言葉でつくられる 突破する1行の戦略」

経営に関する本細田高広「未来は言葉でつくられる 突破する1行の戦略」がおすすめの理由

新しい時代・組織・商品には魅力的な未来を語る言葉=ビジョナリーワードが大切だ。クリエイティブな言葉は、広告よりも経営そのものにこそ必要だとだと著者は主張する。経営者が未来を語る言葉は新鮮な響きを持って人に新しい可能性を見せるものでなくてはならない。(40代女性)

 

 

90.「儲かる農業論:エネルギー兼業農家のすすめ」

経営に関する本「儲かる農業論:エネルギー兼業農家のすすめ」がおすすめの理由

農業は儲からない産業だと昨今言われるようになり、重労働のイメージから若者の農業離れが深刻化している。 この厳しい農業の立場に追い討ちをかけるかのようにTPPが妥結されさらに厳しい状況に。 しかし、専業農家にこだわらず、小規模農業に転換してなおかつエネルギー発電をするなど兼業農家として生き残れる可能性を示している。 農家を志している私にとっては多いに参考になる一冊。 農業に興味がなくても、いま農業が置かれている立場と、それを打開する策を見ることができます。(20代男性)

 

 

91.「儲ける仕組みをつくるフレームワークの教科書」

経営に関する本「儲ける仕組みをつくるフレームワークの教科書」がおすすめの理由

経営学の基本が分かりやすく書いてあり、まさに「教科書」です。学問というよりは、難しくことを分かりやすくしてくれる解説書のような書籍になっています。独学で経営学について学んでいた時期があり、その頃読んだ様々な本の中で一番分かりやすく読みごたえもあるおすすめの一冊です。(30代女性)

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました