西城秀樹おすすめの曲ランキング

スポンサーリンク
スポンサーリンク

西城秀樹おすすめの曲ランキング

 

13位タイ.西条秀樹 「愛の園」(2票)

YouTube動画はこちら

西条秀樹「愛の園」がおすすめの理由

子供のコーラスで歌う曲、子供の澄んだ声と西城秀樹のハスキーな声が相反するがそのミスマッチが気持ち良い、賛美歌のような曲。(40代男性)

スティービー・ワンダーのカバーに坂本龍一がアレンジを加えた。子供たちとの美しいハーモニーが魅力のバラード。(40代男性)

 

 

13位タイ.西条秀樹 「一万光年の愛」(2票)

YouTube動画はこちら

西条秀樹「一万光年の愛」がおすすめの理由

直立不動の状態から歌い出すと途端にスイッチが入る。タキシードがまた似合う。つくば万博で現在の天皇陛下の前で披露した曲としても有名。(40代男性)

作曲を井上大輔がしています。同じような曲で、郷ひろみの2億4千万の瞳の曲があるが同じ井上大輔が作曲しています。「国際科学技術博覧会“科学万博つくば ’85”」開会式のテーマソングとなった曲です。(50代男性)

 

 

8位タイ.西条秀樹 「ターンAターン」(3票)

YouTube動画はこちら

西条秀樹「ターンAターン」がおすすめの理由

歌謡曲は古臭くて合わない、というイメージをお持ちの方もいると思いますが、この曲は、和のリズムを生かしたシンフォニック・ロック、といえば分かりやすいと思います。(50代男性)

ターンAガンダムの主題歌。これまでのガンダム作品の歴史を語るかのように世界観を表現する西城秀樹の真骨頂。(40代男性)

ターンAガンダムの主題歌という、ある種あの時代ではかなり斬新な起用だったと思います。「時が未来に進むと、誰が決めたんだ」というフレーズは今でも心から離れません。(30代男性)

 

 

8位タイ.西条秀樹 「ブーメラン・ストリート」(3票)

YouTube動画はこちら

西条秀樹「ブーメラン・ストリート」がおすすめの理由

理屈抜きで、カッコ良い、力強い歌です。曲の開始から秀樹さんのちょっとハスキーな声がめちゃくちゃハマる歌です。こんなカッコ良い唄…是非知って欲しいです。(50代男性)

ヒット曲のツボをこれでもかというくらいに押さえたこの楽曲。なかなかに奥深いのに、聞こえはとてもポップという、70年代歌謡曲の妙、という感があります。(50代男性)

腰を使って頭の上で肩から手を回転させる振り付けが印象深い。当時ブーメランも流行した。情熱のある歌い方に激しいアクションが西城秀樹らしい。(40代男性)

 

 

8位タイ.西条秀樹 「抱きしめてジルバ-Careless Whisper-」(3票)

YouTube動画はこちら

西条秀樹「抱きしめてジルバ-Careless Whisper-」がおすすめの理由

渋くて色気があって背も高くて、日本人離れしています。昔は理解していなかったけれどもこうしてみてみると、当たり前ですが歌も上手いです。じっくり聴けます。(40代女性)

ワムのケアレスウィスパーの日本語バージョンです。西城秀樹の歌声とメロディがマッチしていて素敵なバラードになっています。(40代女性)

イギリスの音楽グループワム!のCareless Whisperをカバーした曲で、郷ひろみも続いてケアレス・ウィスパーをリリースしたため競作となった。ただし、日本語詞はまったく異なる。(50代男性)

 

 

8位タイ.西条秀樹 「眠れぬ夜」(3票)

YouTube動画はこちら

西条秀樹「眠れぬ夜」がおすすめの理由

オフコースの曲を西城秀樹さんがカバーしたものですが、彼の声質がこの曲に非常にあっています。どちらのバージョンも好きですが、秀樹バージョンのビブラート感がすごくいい感じです。(40代男性)

オフコースのカバー。西城秀樹の場合はしっとりとハスキーな感じではあるがアイドルらしい若さ溢れる世界も垣間見れる。(40代男性)

小田和正さんがオフコース時代に歌っていましたが、5年後カバーして歌っていました。色々な方が歌っていますが、西城秀樹さんが歌うと一味違います。(40代男性)

 

 

8位タイ.西条秀樹 「勇気があれば」(3票)

YouTube動画はこちら

西条秀樹「勇気があれば」がおすすめの理由

シングル表題曲となったバラード曲「若き獅子たち」「ブルースカイブルー」と比べるとマイルドな曲調のバラード曲で、『第21回日本レコード大賞』には、当時の規定により選考の対象外となった「YOUNG MAN (Y.M.C.A.)」の代わりに本曲でエントリーした。(50代男性)

理由はないのですが、私の応援ソングでした。何か一歩踏み出そうとするとき、自分に向けてこの歌を歌うとなかなかやる気になりますよ!。是非皆さんにも聞いて歌って欲しいです。(50代男性)

バラードです。名曲です。今は今で良いのですが、今と違うのは一人でステージに立って絵になるということです。(40代女性)

 

 

6位タイ.西条秀樹 「ラストシーン」(4票)

西条秀樹「ラストシーン」がおすすめの理由

しっとりとして落ち着いたバラード曲にも挑戦して、とっても好評でした。1976年12月20日に発売し22.6万枚のヒット曲でした。(50代男性)

西城秀樹の曲の中ではさほど有名ではなさそうだが、歌詞のメッセージ性とスローテンポな曲調がとてもよい名曲。(50代男性)

これで21歳だそうです。大人の男性で清潔感と野性的な感じと色気があったと今になって分かります。壮大な歌です。(40代女性)

秀樹の数少ないバラード調の曲です。切ない別れの1シーンを秀樹が切々と歌い上げていて、そっと心に染み渡っていくような名曲だと思います。(50代女性)

 

 

6位タイ.西条秀樹 「情熱の嵐」(4票)

西条秀樹「情熱の嵐」がおすすめの理由

たかたかし、鈴木邦彦、馬飼野康二による作品で、編曲の馬飼野康二がブラス・ロック・サウンドを大胆に取り入れ、西城秀樹にとって初めてのベスト10ヒットに導いた。この曲をステージで唄っているときの、客席のファンからの“(君が望むなら♪)ヒデキー!!”コールが話題となった。(50代男性)

イントロを聞くだけで「キターーー」となるような、情熱的なメロディーが好きだから。歌詞が一途な熱い男を表していて、聞いていてキュンとするから。(20代女性)

西城秀樹が情熱系、熱唱系と言われる所以となった曲。衣装やヘアスタイルなど影響力、大胆な演出、彼のエンターテインメント性が時代を変えたと言っていい。(40代男性)

元気で、情熱の塊の様な西城さんだったのに残念な気分になりますが、年配の方に青春を呼び起こし、あの頃の一途な思いを懐かしんでください。YouTubeには年代別に何曲が出ていますが、是非聞き比べて下さい。(60代女性)

 

 

5位.西条秀樹 「傷だらけのローラ」(6票)

西条秀樹「傷だらけのローラ」がおすすめの理由

傷だらけのローラがホットでエネルギッシュな曲のため、寒い冬のイメージではないことから発売を延ばし、カナダでは1975年3月31日にレコードが発売された。(50代男性)

この時代だから、こんなに激しく歌わなくてもと思ったり斬新なスタイルに違和感を持つ人もいただろう。でもそれを貫いたことはけして間違ってはいなかったと、後世においても伝説として語られる人物だと思う。(40代男性)

当時小学生だった私は西城秀樹のファンでこの曲を聴いたとき大変衝撃をうけました。子供ながら大人の愛を歌った曲でこんなに感動した曲はありません。(50代女性)

この曲をリリースした当時、まだ10代という若さで、とても情熱的に歌い上げた愛の曲でした。若い女性は皆、「ローラ~」の後に黄色い歓声をあげたものです。何年経っても色褪せない、愛の名曲です。(40代女性)

圧倒的な歌唱力と声量がある。また情熱的なパフォーマンスで、歌を聴くというより、ミュージカル的な印象を受け、伝わる。(40代女性)

西城秀樹の代表曲です。テレビで真似をして他のタレントもよく歌っていました。西城秀樹の歌唱力の高さが分かる曲です。(30代女性)

 

 

4位.西条秀樹 「ギャランドゥ」(8票)

西条秀樹「ギャランドゥ」がおすすめの理由

熱のこもった歌唱は、少し怪しげで魅力的な雰囲気をかもし出しているし、ちなみにギャランドゥとはもんたよしのり曰く、造語とのことです。代表曲の一つとして欠かせない、ヒデキ流のロック・ナンバーです。(50代男性)

ギャランドゥの意味も分からず何度も歌った事を思い出します。聴けば誰でも歌いたくなります。元気になれる曲です。(40代女性)

ギャランドゥって女性の名前らしいけど、どこの国の人何でしょうね?おへそあたりの毛のことを一時期は呼ばれてたけど、それも遠い昔。キラキラで眩しい時代、この国自体が若さで熱く輝いていた。(40代男性)

西条秀樹が独立をして、髪も切って心機一転して出した曲。もんたよしのりの曲とマッチしていました。おしゃれな曲です。(40代男性)

ユーミンが広めた、毛深い人を指す言葉「ギャランドゥ」は、本来はデタラメ英語の女性名なんだそうで。でも、西城さんもその意味を気に入り受け入れたことが、この曲が後世に長く認知されるようになった切欠でもあるんですよね。コミックソング的な聴き方になりがちですが、昭和の良き個性とインパクトのある旋律は、曲としてのクォリティの高さを物語っています。懐メロって、それぞれの曲に強いオリジナリティーがあって、たまに聴きたくなるのですよね。(40代男性)

とても有名な曲で、よく小さい頃真似して歌っていたのを覚えています。悔しいけれどお前に夢中ギャランドゥー!と振り付きで歌っていました。(40代女性)

44枚目のシングルなんです。でも、西城秀樹さんのハスキーボイスはめちゃくちゃ力強くてカッコいいんですよ!(50代男性)

西城秀樹の大ヒット代表曲です。歌詞が特徴的で、ギャランドゥーという言葉もとても流行り、定着させました。(30代女性)

 

 

2位タイ.西条秀樹 「ブルースカイブルー」(9票)

西条秀樹「ブルースカイブルー」がおすすめの理由

ちょっと悲しい事や辛い事があったときに、沈んだ気持ちを励ましてもらえるというか、空(うえ)を向く事ができるようになれる歌の一つです。是非みんなに知って歌って欲しい一曲です。(50代男性)

愛する人との別れの思い出を青空にダブらせて歌ったバラードで、作詞は阿久悠で、1978年8月25日にリリースされた26枚目のシングルです。(50代男性)

大人の愛を描いたバラードです。とても切ない歌詞で失恋したときに聴くと心に響くと思います。大人になってきいてこの曲の良さがわかりました。(20代女性)

名曲中の名曲。今後色んな人達がカバーし歌い継がれていくことを望みたい。と同時に西城秀樹の名前がそこに残っていけば尚嬉しく思う。(40代男性)

作詞阿久悠・作曲馬飼野康二、日本の歌謡界を代表する二人が製作した、西城秀樹の歌手としての魅力が最大限に詰まった美しいバラッド。(50代男性)

不倫の恋を若者ならではの率直さで爽やかに表現した作詞家阿久悠さんの歌詞。青空を最愛の人に置き換えて別れを惜しむ心情が切なく、もうこうした歌詞を書ける人はいない気がする。(40代女性)

西条さんが亡くなった時にテレビで何度もかかり、名曲だったなと改めて認識された方も多かったと思います。もう二度と会えない恋人への切ない気持ちと、それを断ち切った潔さが伝わって来る、感動的な1曲です。古い曲ですが、本当に今聞いても良い曲です。(40代女性)

壮大なバラード、しかも亜久さんの歌詞です。歌いはじめて20年以上経っても歌いかたを変えていない、聴き手にとっては本当に嬉しいです。深みが増した位が変化といえるでしょうか。良い歌です。(40代女性)

大好きになってしまった女性には彼氏がいるのにもかかわらず強引に奪おうとする抑えきれないストレートな気持ちがよく現れている曲で涙腺が緩みます。恋もかなわず最後に主人公の吹っ切れた感じの青い空に向かって叫ぶさよならは心に大変染みます。(40代男性)

 

 

2位タイ.西条秀樹 「走れ正直者」(9票)

西条秀樹「走れ正直者」がおすすめの理由

ちびまる子ちゃんのエンディングとして使われていてとても大好きな曲です。リンリンランランソーセージというところを大声で歌っていた懐かしい記憶がよみがえります。(30代女性)

ちびまる子ちゃんの歌を歌っていて、彼の違う一面を見ることが出来ます。歌いやすくて一緒に歌いたくなります。ノリノリです。(40代女性)

作詞がさくらももこ先生で、アニメ「ちびまる子ちゃん」のエンディングテーマでした。チビッ子に大人気の明るく楽しい曲で、「リーンリーン、ラーンラーン、ソーセージ~」は、まる子ファンなら誰でも歌える、名曲です。(40代女性)

この曲を聴くと元気になれます。 ちびまる子ちゃんの主題歌でも有名でしたね。 今ではお年を重ねた西城秀樹さんですが、少年のようなまっすぐな瞳とピッタリマッチした曲だと思います。(40代女性)

今は亡き西城秀樹さんとさくらももこ先生の共同作品です。楽しい歌詞と西城秀樹さんの歌声がマッチした聞いていて元気になる歌でおすすめです。(30代女性)

西城秀樹の初めてのアニメソングで今までの愛や青春のイメージを払拭したコミカルな曲に大変衝撃を受けました。さびの部分でも「傷だらけのローラ」を彷彿させるかすれた歌いまわしに鳥肌が立ちます。(40代男性)

ちびまる子ちゃんで聴いて印象に残っている。りんりんらんらんソーセージといった独特な歌詞と西城秀樹の歌声がいいと思う。(30代女性)

90年代初頭のちびまる子ちゃんのED曲の一つ。「ヒデキの大ファン」のまる子のお姉ちゃん役の声優さん(佐々木優子さん)、続いて西条さんが、そしてさくらももこさんが立て続けにお亡くなりになった今、平成とともに始まり、その時代を駆け抜け、平成の終わりを前にその作者が逝去したちびまる子ちゃんという偉大な作品と共に忘れられない一曲になったと思う。(30代男性)

ちびまるこちゃんのエンディング曲でよく真似て歌った大好きな曲です。サビも子供達が分かりやすい歌詞とメロディーです。(30代女性)

 

 

1位.西条秀樹 「YOUNG MAN (Y.M.C.A.)」(29票)

西条秀樹「YOUNG MAN (Y.M.C.A.)」がおすすめの理由

西城秀樹は自分の青春時代を代表する歌手で大スターです。この曲を聴くと自然に体が動き元気になります。今となってはお亡くなりに生で聴く事はできませんが永遠のヒット曲です。(50代男性)

小さい頃からテレビで見てました。その時はこの曲の意味が分からなかったけど、とても元気が出る歌で自然と頭に記憶されて踊っていました。誰でもフリができる所も好きです。(40代女性)

秀樹といえばこの曲でしょ。振り付けも簡単で、皆で盛り上がれるし、とても元気がでて来る曲です。若かりし頃のとてもカッコ良くて、歌唱力のある西条さんにぴったりの曲です。(50代女性)

元気がないときにきくと元気になれる歌です。会社の40代、50代の方たちとカラオケに行った際に歌うと盛り上がります。(20代女性)

この曲を聴くと元気になりまた身体を動かしたくなる振り付けが最高です。老若男女で聴けるこの曲は最高です。(40代女性)

世代を問わず誰でも知っている曲なので、カラオケなどで盛り上がると思います。一度西城秀樹さんのコンサートに行ったことがあるのですが、世代ではないのにこの曲を生で聴けてものすごくテンションが上がりました!!元気になれます!(30代女性)

西城秀樹さんといえばもうこの曲ですね!今では若手のアーティストがカバーしたりして私も忘年会でダンスを踊りまし、ノリノリで盛り上がる曲で大好きです。(20代女性)

元気が出る一曲だからです。YMCAと、体で表現してわいわい楽しみながら一曲聞けるとこらがおすすめです。(20代女性)

いつ聞いても元気になれるからです。子どもの運動会のダンスでも使われていました。この曲は時代を超えて愛されているんだと感じています。(30代女性)

この曲と「Y.M.C.A」の振り付けを知らない人が、はたして日本にいるのかと聞きたくなるほど、あまりに有名な曲です。誰もが元気になれる曲です。(40代女性)

西城秀樹さんの代表曲とも言え、知らない人はいないくらい有名な曲でいろんなところで使われている名曲だと思います。(40代女性)

この曲を聴くと、とても元気になります。また振り付けもあるので、この曲のサビになると踊りたくなります。(20代女性)

昭和のヒットソングを代表する歌だと思います。子供から年配の方まで曲を聴いただけで曲名が出て歌う事が出来ると思います。今年元祖アイドル西城秀樹は亡くなりましたがこの曲は歌い続けられていくと思います。この曲の良い所はどんな時でも元気を貰える所です。またカラオケではみんなが躍りながら盛り上がれる最高の曲だと思います。(50代男性)

ポップな明るいメロディに合わせて、明るい青春に向けてのメッセージを、高らかに歌いあげているので、いつ聞いても元気になれる最高の一曲です。(40代男性)

西城秀樹の代名詞であり、当時の日本に元気と活力を与えた曲。元々はカバー曲だが彼らしい力強さ、前向きになる歌詞もまさに素晴らしい。(40代男性)

アメリカのディスコミュージック・グループのヴィレッジ・ピープルがヒットさせた「YMCA」のカバー曲です。「Y」「M」「C」「A」の4文字を全身で表現し、全世界に向けて共通のメッセージを発信、皆で歌い、心身を躍動させて一緒に踊るという、観客参加型のパフォーマンスがブームとなりました。(50代男性)

亡くなられた西城秀樹さんの曲で秀樹さんの歌声がよく通っていて歌がうまく曲自体も流れるような若さ溢れる曲なのでおすすめです。(40代女性)

リアルタイムで見たことのない世代でも知ってる名曲。誰もが踊れて聴くと元気になれる最強の曲だと思います。(20代女性)

この曲は、小さい子からお年寄りまで皆で歌えて楽しむ事が出来ます。振り付けも簡単なのでダンスが苦手な人にもオススメです。(40代女性)

みんなが楽しく歌い元気になる歌です。亡くなられて残念ですが、いつまでも歌い続けられて行くと思います。(40代女性)

ベストテン、トップテン、夜ヒットなど歌番組をいろいろ観ながら一緒になって踊りながら歌っていたのを覚えています。(40代女性)

誰もがイントロから知っている日本を代表する曲。また今年は西城秀樹さんが亡くなられたこともありよくいろんなテレビやラジオで流されておりすごく耳に残ってます。 この曲を聴くだけで不思議と元気が出てきます。(40代男性)

元気になる最高のパワフルsongだと思います。ノリもよく、パフォーマンスも天才的にすばらしいし、カッコいいです。(30代男性)

西城秀樹さんの名曲といったら、この曲でしょう。老若男女問わずパワーをもらい気持ちが元気になれる曲でみんなで踊れる曲です。(40代女性)

明るい曲調で聞いているだけで元気が湧いてくるような曲調が良い。YMCAの部分は特に元気が出る。若者を応援する歌詞なので万人に受けると思う。(30代女性)

どの年代からも幅広く支持される曲であり、振り付けやサビのフレーズは誰でも簡単に合わせられるので、カラオケなどで困った際にも間違いはない曲です。わかりやすい歌詞と秀樹独特の歌声は、今後も色あせる事ない元気チャージ曲でしょう。(50代女性)

老若男女誰もが知っている曲で、本当にいろんな場面で使われ流れていて、振り付けともに馴染みのある楽曲です。(30代女性)

元々のカバーの曲は同性愛者の曲だったそうですが、西城秀樹のヤングマンは若者へのメッセージ性が高く踊りも真似しやすく大人気の曲です。 あと、西条ではなく西城です。(40代女性)

今年亡くなった西城秀樹さんの代表曲なのでしっかり聴きたいなと思い選びました。広島県出身の大物アーティストでもあるので誇らしく思うところがあるので是非聞いて欲しいです。(20代女性)

 

 

1票入った西城秀樹おすすめの曲も紹介

 

西条秀樹 「Do You Know」(1票)

YouTube動画はこちら

西条秀樹「Do You Know」がおすすめの理由

この楽曲で3度目となる第13回東京音楽祭ゴールデン・カナリー賞を受賞、同世界大会で初の銀賞を受賞した。(50代男性)

 

 

西条秀樹 「NEW YORK GIRL」(1票)

YouTube動画はこちら

西条秀樹「NEW YORK GIRL」がおすすめの理由

日本語詞は秋元康のカバー曲。87年、少年隊や光GENJIなどダンスを軸にしたアイドルグループが台頭し本人なりに危機感があったかもしれない。情熱系からダンスを取り入れた動きに果敢に挑戦している。(40代男性)

 

 

西条秀樹 「いくつもの星が流れ」(1票)

YouTube動画はこちら

西条秀樹「いくつもの星が流れ」がおすすめの理由

「いい事ばかりが続かないけど行先真っ暗と決まっちゃいない」という歌詞にそっと背中を押され、勇気が出て泣きそうになります。(30代女性)

 

 

西条秀樹 「ナイト⋅ゲーム」(1票)

YouTube動画はこちら

西条秀樹「ナイト⋅ゲーム」がおすすめの理由

この曲の映像がミックスされているので、色んな西城秀樹さんを見ることが出来ます。どの西城秀樹さんもカッコよくて観ていて楽しいです。たまにかすれる声がセクシーです。(40代女性)

 

 

西条秀樹 「愛の十字架」(1票)

YouTube動画はこちら

西条秀樹「愛の十字架」がおすすめの理由

迫力がある声が素晴らしいですし、聴いているだけで情熱的で熱く歌っている姿が思い浮かぶカッコ良い曲だからです。(30代男性)

 

 

西条秀樹 「時のきざはし」(1票)

YouTube動画はこちら

西条秀樹「時のきざはし」がおすすめの理由

作詞、作曲、コーラス、プロデュースを少年時代から西城秀樹に憧れていた河村隆一(Я・K)が担当した作品です。最近のダンサブルな楽曲とはうって変わった甘く切ないバラード曲で、パワフルなヴォーカルと秋らしいサウンドが魅力的です。(50代男性)

 

 

西条秀樹 「心で聞いたバラード」(1票)

YouTube動画はこちら

西条秀樹「心で聞いたバラード」がおすすめの理由

この曲、タイトルについては、字は“聴いた”が正しいんじゃないかななどと突っ込んでみたくもなったりなんですが、ものすごくいい曲でして、にもかかわらず約7千枚しか売れてないんだそうです。是非聴いて見てください、この曲のいい所がわかると思います。(50代男性)

 

 

西条秀樹 「薔薇の鎖」(1票)

YouTube動画はこちら

西条秀樹「薔薇の鎖」がおすすめの理由

初恋の様な気分になれる歌。優しい歌い方が好きだったし色っぽい声が好きでした。子供の頃からの秀樹ファンで選ぶのが難しいですね。 ※西城秀樹の字が間違ってます。(50代女性)

 

 

西条秀樹 「蜃気楼」(1票)

YouTube動画はこちら

西条秀樹「蜃気楼」がおすすめの理由

蜃気楼の歌詞にあるもう一度だけなら立てる気がした、焦げ付きそうなこの体という歌詞に、暗がりの中から一筋の光が見えたような、そんな気がしました。僕自身にエールを送るためでもありますが、聴いてくださる皆様にも心に響いた歌でもあったようですと秀樹が言っていたのを初めて聞いて好きになりました。(50代男性)

 

 

タイトルとURLをコピーしました