受験生からビジネスマンまで!「記憶術」に関する本おすすめ56選

スポンサーリンク

Contents

スポンサーリンク

受験生からビジネスマンまで!「記憶術」に関する本おすすめ56選

 

1.樺沢紫苑「覚えない記憶術」

記憶術に関する本 樺沢紫苑「覚えない記憶術」がおすすめの理由

「覚えるためには書き出し、書いたら一旦忘れる」という一見遠回りな記憶の方法が紹介されます。これは即ち「覚えようとするんのではなく理解しようと努めれば、自然と記憶に定着できる」、というシンプルな理論であり、理解してから自然な記憶定着を目指す流れが読み取れます。(30代男性)

覚えたいときは「紙に書き出し、書いたら一旦忘れる」という一見遠回りにも感じる記憶の方法が紹介されます。つまり、「覚えようとするのではなく理解しようと努めれば、自然と記憶に定着する」、というシンプルな理論であり、理解してから自然な記憶への定着を目指す流れが読み取れます。(30代男性)

記憶術なのに覚えないとは一体どういうことなのだろうというタイトルからつかまれてしまった一冊で、それは特殊な訓練を行った知的能力の高い人や潜在能力のあった人だからということではない普通の人が普通に鍛えられる記憶術を伝授してくれるから。(30代女性)

タイトルからして興味をそそる本でとても読みやすくなるほどと思うことが書いてあります。脳に記憶するよりも記録することが大切だと著者は言っています。自分が感じたことを,言葉で書き留め記録することが大切だとわかりました。(40代女性)

学ぶ気持ちがあり一生懸命学んだ事や内容を忘れないため、自分のものにできるかどうかは、アウトプットしているかどうかということ、それにかかっています。この本はそれがとても大切で合理的で、自己成長できる大事なことであると痛感できる1冊です。(40代女性)

記憶する上で知らなくてはならないことがあった。それは効率良く記憶するには「理解」「整理」「記憶」「反復」の4ステップが必要ということだ。特に「理解」と「整理」に十分時間をかけることにより、「エピソード記憶」として記憶しやすく忘れにくいのだ。また午前中に「理解」と「整理」をして午後に「記憶」と「反復」をすると良いみたいなので今からやってみる。他にも記憶に関するたくさんのことがあるので、ぜひ色んな人に読んでもらいたい。(50代男性)

日本では記憶術というとテストの一夜漬けに使用できる便利な方法ぐらい認識ですが、欧米の人は根本的に日本人と発想の仕方が違うのか、記憶というものを、フィジカルスポーツなどと同様に競技にしてしますところが凄いと感じました。記憶術をスポーツと捉えることで、体力をつける為に筋トレをしたり、効率良く体を動かす為にテクニックを習得したり、それを自分流にアレンジするなど、フィジカルスポーツとなんら変わらないことを、参加者が真剣に長期間挑戦していることに少し感動しました。番組では紹介されなかった、彼らがどのようにこの競技会の練習問題を入手してトレーニングしているのか知れたのが、この書籍の最大のメリットでした。(30代男性)

この本は名著だと思いました。覚えたことはすぐにアウトプットしていくことがとても大切なんだと学びました。まさに目から鱗でしたね。実践してみると確かに忘れない。これからも日常で意識していきたいと思います。素晴らしい読書体験となりました。(30代男性)

 

 

2.斎藤直子「世界一の記憶術」

記憶術に関する本 斎藤直子「世界一の記憶術」がおすすめの理由

記憶術の世界大会でのトレーニング方法がだれにでも可能である事に共感でき、一般の私でも記憶術のレベルを上げる事が可能だと確信でき、日常生活において無理なく無駄がなくトレーニングができるから、この本をおすすめします。(40代男性)

世界一の記憶術を持つ人が出てくるのですが、その人の訓練法が紹介されていてとても参考になりました。私は記憶力がかなりない方なのでこの人の訓練法を試しています。いつか人並み以上の記憶力を持てたらいいなと思いながら頑張っています。いい本でした。(30代男性)

世界記憶力選手権を書籍化した本で、番組に出ていた世界一の記憶力をもつ出場者のその記憶トレーニング方法を普通の一般の人にでも可能な記憶術と脳の鍛え方を紹介してくれています。役に立つかは置いておいて、読むだけでもなかなか面白いです。(40代女性)

資格試験の際に勉強方に悩んでいたときに買ってみた本でです。いつかのNHK『ワンダー×ワンダー』で放送されていた内容です。「世界一の記憶力」を持つ人たちの紹介する本でした。暗記や記憶が苦手なわたしですが参考になりました。(20代女性)

テレビで放送された「世界記憶力選手権」に登場した人達の記憶術について書かれた本であり、優勝者の記憶術も紹介されている。これまで記憶術を実践したことのない人でも気軽に実践することが出来、特にテレビ放送を見ていなかった人は興味深く読むことが出来る本である。(20代女性)

 

 

3.池田義博「脳にまかせる勉強法」

記憶術に関する本 池田義博「脳にまかせる勉強法」がおすすめの理由

「脳に任せる」という趣旨がよく伝わりませんでしたが、「記憶するためには反復が大切」と紹介する著書です。例えば文章を読むなら何度も読むことが大切ですが、更に「3回、徐々にスピードを上げて読む」などのコツも併せて紹介されています。(30代男性)

何度も読むでは無く、三回読むなんですね。 勉強が嫌いだったのでとてもためになりました。 まずは脳みそのメカニズムを知らないと記憶も出来ないですよね。 今なら色々と勉強できそうです。 学生さんにオススメですね 。(40代女性)

社会、歴史など記憶をいかす教科の勉強の仕方にもってこいだと思います。 だだ、勉強をするための勉強となると、時間の使い方としてどうなのかとも思いますので、親御さんがこれを読んで子供に実践させるのはどうでしょうか? オススメです。(40代女性)

記憶術の要諦が分かりやすく記されているため、効率のいい記憶法を理解する事ができます。 例えば、本書の中では、記憶の定着率はペンキ塗りのようなもので、回数を重ねて覚えていくと効率よく覚えられる、と説明しています。そして、一日で4時間暗記に使うよりも、1時間を4日繰り返して暗記をする方が、記憶の定着率がいいという事例が紹介されています。 また、人は覚えた物のうち、42%を20分で、56%を1時間で、74%を一日で忘れてしまうという統計が示されており、さまざまな記憶に関するデータから、記憶のメカニズムを学習する事ができるので、記憶法だけでなく記憶についての知識まで幅広く学ぶ事ができます。 とてもよくまとまっている良書ですので、記憶力を上げたい、という人におすすめしたい一冊です。(30代男性)

この本は、とても興味深い内容だと思いました。 理由は、あらゆる記憶のメカニズムというのを 研究して、その中でも3回読んで1分書くだけで覚えていくと言う驚異の暗記力の方法だと思いました。 それを復習しながらやっていく勉強法というのが とても興味深かったです!(20代女性)

 

 

4.トニー・ブザン「マインドマップ記憶術」

記憶術に関する本 トニー・ブザン「マインドマップ記憶術」がおすすめの理由

「記憶術」というよりも「脳細胞を活性化させるトレーニング方法」という面が紹介される著書です。文章を、絵を想像しながら読んだり、実際にイラストに描き起こしたりなど、脳細胞を刺激するような習慣を身に付けられる著作だと感じました。(30代男性)

「記憶術」というより「脳細胞を活性化させるトレーニング法」が紹介される著書です。文章を、絵を想像しながら読んだり、実際にイラストに描き起こしたりなど、脳細胞を刺激して記憶に結びつけるような習慣を身に付けられる著作だと感じました。(30代男性)

イメージを働かせる事と連想を働かせる事、そして、行う事により記憶力を高める事が可能になる。さらに重要な事が、それは、短気記憶から長期記憶への移動がどのようにしてなされるかが書かれている事でとても分かりやすく書かれていました。(50代男性)

記憶に有効な「脳細胞を活性化させるトレーニング方法」が紹介される著書です。文章を、絵を想像しながら読んだり、実際にイラストに描き起こしたりなど、脳細胞を刺激するような「習慣を」身に付けられるきっかけに感じました。(30代男性)

 

 

5.佐藤大和 「ずるい暗記術―偏差値30から司法試験に一発合格できた勉強法」

記憶術に関する本 佐藤大和 「ずるい暗記術―偏差値30から司法試験に一発合格できた勉強法」がおすすめの理由

暗記が苦手だった筆者の実体験をもとに書かれているので、自分事化して読みやすい。「ずるい」という文字通り正攻法ではないかもしれないが、多くの人にとって暗記が必要なのは資格試験などでの正答率を上げるためだと思われるので、この本の内容は役立つはずだ。(20代男性)

「暗記術」に関する著書ですが、学校の試験対策に特化した内容である点に注意です。要は「先に答えを見て、あとから問題を解いてみる」という方法。結果的に時間短縮となり、がむしゃらに書いて覚えるよりは知識が定着しやすいでしょう。(30代男性)

「暗記術」に関する著書ですが、仕事術というよりは、学校の試験対策に特化した内容です。要は「先に答えを見て、後から問題を解く」という方法。これを行うことで、結果的に時間短縮となり、がむしゃらに書いて覚えるよりは知識が定着しやすいでしょう。(30代男性)

 

 

6.六波羅穣「一流の記憶法 あなたの頭が劇的に良くなり「天才への扉」がひらく」

記憶術に関する本 六波羅穣「一流の記憶法 あなたの頭が劇的に良くなり「天才への扉」がひらく」がおすすめの理由

この本は、記憶に関する9つの原則と、12の記憶術をコンパクトにまとめた一冊で、記憶のメカニズムや記憶の原則について学べるので、読んでいてとても面白かったです。読み進めていくだけで12個の記憶術をマスターできるというところもおすすめポイです。(30代女性)

記憶術を紹介するだけではなく、実際にそれを使いながら解説してくれるので、効果を確かめながら学ぶことが出来ます。記憶する仕組み、忘れないような覚え方、記憶にアクセスするきっかけのつくり方も教えてくれます。(40代男性)

短時間に多くのことを記憶できる人がテレビに出て、その能力を披露したりすると、「すごい」と思い、「とても自分には真似できない」と感じる人が多いのではないでしょうか。しかしその能力のタネはこの本に載っています。(50代男性)

 

 

7.「記憶に自信のなかった私が世界記憶力選手権で8回優勝した最強のテクニック」

記憶術に関する本 「記憶に自信のなかった私が世界記憶力選手権で8回優勝した最強のテクニック」がおすすめの理由

「ジャーニー法」という記憶術に関する説明と実践方法が詳しく記載されています。方法は、自らの道(日常のルーチン)の中に記憶したいものを配置するというもの。つまり、覚えたいものを日常に組み込むことの有用性について、術として紹介されています。(30代男性)

認知科学の記憶に関する知見は、多少目にした事があるが、なるほど、あれを具体的なメソッドに落とし込むとこうなるのかと思った。イメージを常に駆使し続けることによって、脳の柔軟性が磨かれそうだと思いました。早速、自分も記憶力を鍛えるプログラムを作ってみようと思いました。(50代男性)

 

 

8.山口佐貴子「時間をムダにしない記憶術」

記憶術に関する本 山口佐貴子「時間をムダにしない記憶術」がおすすめの理由

頭にはいる量を格段に増やす方法の本なのですが、記憶力がわるいかたに、オススメします。加速学習のしかたなども、書いているので、この一冊で克服できる本です。受験勉強を頑張っているかたなどにも、記憶力をあげる方法でもいいとおもいます。(30代女性)

その本をただただ読むだけで、暗記略のアップに繋がり速読の能力も大幅に向上されます。 どうしてそういうことが起こるのかは理解できませんが、マインドコントロールなような物の一種で、読んでいるうちに身に付くのではいでしょうか。(30代男性)

 

 

9.池谷裕二「受験脳の作り方 脳科学で考える効率的学習法」

記憶術に関する本 池谷裕二「受験脳の作り方 脳科学で考える効率的学習法」がおすすめの理由

大学受験生向けの本と感じさせるタイトルではあるが、記憶に関する実験や研究などをもとに、効率的に記憶力をアップさせる方法を述べている本であるため、受験生以外にもおすすめしたい。科学的な観点で記憶について述べており、信憑性も高い。(10代女性)

効率的な記憶術を科学的な根拠を示しながら教えてくれて、説得力があるからです。この本は受験生向けに書いてある本ですが、大学生や社会人にも当てはまる内容です。記憶に必要な、脳のはたらきや仕組みから分かりやすく説明しています。(20代女性)

 

 

10.出口汪「出口汪の「最強!」の記憶術」

記憶術に関する本 出口汪「出口汪の「最強!」の記憶術」がおすすめの理由

ところどころに挿入されている、記憶にまつわる1コマ漫画が秀逸であり、記憶力に自身のない女の子と著者である出口汪との対話形式で展開されていくため、難しいと思いがちな記憶術を、飽きることなく読み進め、理解できるから。(10代女性)

1時間で約50%のことを忘れてしまうことを踏まえた上で、記憶するための効率のいい方法を伝授してくれる内容となっています。脳ミソの仕組みも分かりやすく、記憶するためには睡眠も大事なこと、復習するタイミングなども書かれていて役に立ちます。(30代女性)

 

 

11.出口汪「出口汪のマンガでわかるすごい! 記憶術 本当に頭がよくなる一生モノの勉」

記憶術に関する本 出口汪「出口汪のマンガでわかるすごい! 記憶術 本当に頭がよくなる一生モノの勉」がおすすめの理由

私は、旦那によく「記憶力なさすぎ!」と言われ内心腹がたっていました。なので、記憶力を身につけたいと思い、記憶術を学ぼうとして出会ったのがこちらの本でした。やはり漫画が主なのでわかりやすく、スラスラと読めてすんなりと自分の中に入ってきました。できる人の考え方ややり方がわかりやすく理解出来ました。(30代女性)

記憶=覚えるという単純な公式だと思っていた概念を根底から覆してくれます。漫画なのでどんどん読み進められるし、「学ぶ」ことの根本を教えてくれる内容です。頭が固くなってしまった大人に是非とも読んでほしい本です。(40代男性)

 

 

12.吉永 賢一「東大家庭教師が教える 頭が良くなる記憶法」

記憶術に関する本 吉永 賢一「東大家庭教師が教える 頭が良くなる記憶法」がおすすめの理由

目の前の問題を解消し自分の望みを叶えていき、良いものを学び、自分の中に取り込み、行動や考え方を改善しいき、本の活かし方を学びたいと思ったことがきっかけで手にとった本です。目的別にTO DOリスト形式を用いて、特に習慣化するものについての管理方法が勉強になりました。(50代男性)

五十を過ぎてからどうも物忘れや新しいことが覚えにくくなってきたことを実感していた。 久しぶりにこの本を読んだところ、物事を効率的に覚えるテクニックが具体的にいくつも紹介されており、年をとって頭が悪くなったことを嘆くより、今やれることをやって、再活性させてみようと前向きになれた。(50代男性)

 

 

13.並木 秀陸「脳にこじつけていつでも引き出す記憶術」

記憶術に関する本 並木 秀陸「脳にこじつけていつでも引き出す記憶術」がおすすめの理由

イメージしやすい具体例が多く、記憶術が丁寧に説明されていて、大変わかりやすい本です。思い出す=使うために覚えるという書かれていて、理論的な記憶をする説明が多いが、具体的な記憶の方法がメインに書かれていて読みやすい 。今までの暗記の常識を疑いました。目的を考えて重要度を決めて、重要な部分をおさえ、枝葉は効率化する。効率よく、必要なところを記憶するという内容です。(50代男性)

齢。50歳を過ぎて日に日に弱まっていく記憶力をなんとか補おうという方にはおすすめします。とにかく印象付けとこじつけでも『覚えやすい方法で憶える』という事が書かれた著書です。ベストな方法は個々が選んで決めて覚えていく。ちょっと共感して、旧世代の暗記術に共通している部分もあるなぁと思いました。(50代男性)

 

 

14.樺沢紫苑「脳を最適化すれば能力は2倍になる 仕事の精度と速度を脳科学的にあげる方法」

記憶術に関する本 樺沢紫苑「脳を最適化すれば能力は2倍になる 仕事の精度と速度を脳科学的にあげる方法」がおすすめの理由

脳科学の本は何冊か読んできましたが、この本はもう少し深く掘り下げて詳しく書いて下さっているので、何冊か読んだあとに読むと理解しやすいと思います。脳内の分泌の成分について詳しく書いてあってパフォーマンスが落ちた時にどうすれば回復するのかが詳しくかいてあり参考になりました。(30代男性)

冒頭にあなたはまだ自分の脳を使いこなせていないと書かれていてそれはなぜだろうと考えて読み始めてすぐに脳が働くのに大切なドパミン分泌、アドレナリン分泌、エンドルフィン分泌、アセチルコリン分泌など能力を上げていくために必要不可欠でどれがかけてバランスを崩しても記憶として働くことがでいないだけではなく人間生活を円滑にできないため自分がどれだけ脳を使いこなせていないかを実感できそれを使えるようになることで自分自身どんな風に活躍できるかも想像できるそんな 魅力的な本です。(50代女性)

 

 

15.山口佐貴子「勉強も仕事も時間をムダにしない記憶術」

記憶術に関する本 山口佐貴子「勉強も仕事も時間をムダにしない記憶術」がおすすめの理由

記憶の仕組みの紹介に始まり、本の読み方、勉強のコツ、フォトリーディング法、メモの取り方、仕事をする上での情報処理術について書かれていた。目次が充実しており、速読向きの本であった。様々な情報が盛り込まれており、数回読んで記憶の定着を図るにはちょうど良い本かと思う。フォトリーディング法には興味があるため、それについて詳しく書かれた本を読もうと思う。(50代男性)

著者はフォトリーディング集中講座の受講をきっかけに、仕事を効率化できたことに感銘を受け、フォトリーディングインストラクターとなりました。「今までの10分の1の努力で、頭に入る量を格段に増やす」をべ-スに記憶術を分かり易く記述しているところが、魅力的です。(60代男性)

 

 

16.「「1分スピード記憶」勉強法」

記憶術に関する本 「「1分スピード記憶」勉強法」がおすすめの理由

記憶一般についての話ではなく、資格試験対策の著書です。択一問題の勉強をする際は、「先に解答・解説を理解しておき後から問題を解く」「暗記しようと努めず、しかし何回も解く」ことの重要性と効果が、手順と共に説明されます。(30代男性)

 

 

17.枝川 義邦「「覚えられる」が習慣になる!記憶力ドリル」

記憶術に関する本 枝川 義邦「「覚えられる」が習慣になる!記憶力ドリル」がおすすめの理由

記憶力を高める方法と記憶のコツ、記憶力を高める練習問題が載っている。1番記憶を定着させるために大事なのは、覚えたい対象を何度も反復することであろう。それにより、その対象を脳が必要な情報と判断し、脳にその情報を収めてくれるそうだ。明確に文章化された記憶定着法が紹介されているため、記憶力が悪くて困るという人は読んで損はないだろう。私も人の名前を覚えることがどうも苦手なので、この本で紹介された方法で記憶の定着を図ってみようと思う。(50代男性)

 

 

18.椋木 修三「「顔と名前」の記憶術」

記憶術に関する本 椋木 修三「「顔と名前」の記憶術」がおすすめの理由

僕は接客業をやっているので、お客様の顔と名前を覚えたくて藁にもすがる思いで読みました。印象に残っている技は、どうしても名前を思い出せない時は、名前はなんですか?と聞き、相手が苗字を言ってきたらそこで下の名前が聞きたかったんですよ、とごまかす技。 あとはさっき会った人の顔と名前を意識的に心の中で復習する癖をつけること。(20代男性)

 

 

19.出口注「「最強!」の記憶術」

記憶術に関する本 出口注「「最強!」の記憶術」がおすすめの理由

著者は論理力を養成する画期的な言語プログラム「論理エンジン」を開発し、私立を中心に全国250校以上の小中高で導入されています。この脳科学に基づいた記憶術が対話形式の記述によって、興味深く理解出来るところが魅力です。(60代男性)

 

 

20.菅原洋平「40代からは「記憶法」が変わります “大事なこと”を覚えられる! 忘れない! 思い出せる!」

記憶術に関する本 菅原洋平「40代からは「記憶法」が変わります “大事なこと”を覚えられる! 忘れない! 思い出せる!」がおすすめの理由

20代の頃と、40代以降の人の記憶方法が全く違うことが、詳しく書かれています。 また、中高年以上の人が記憶する方法が具体的に示されているので、40代に入ってから、「若い頃と比べて、最近物覚えが悪くなったな~」と不安を覚えている人にお勧めです。(50代男性)

 

 

21.樺沢紫苑「アウトプット大全」

記憶術に関する本 樺沢紫苑「アウトプット大全」がおすすめの理由

これまで自分は勉強して知識を得てきてインプット重視でしたが、長期的には覚えることができず無理があるのでアウトプットすることの重要性をこの本から学びました。アウトプットの様々な方法が書かれているので役に立ちました。(30代女性)

 

 

22.椋木 修三「あなたも天才!記憶術―速く、正確に、大量に、長期間記憶する」

記憶術に関する本 椋木 修三「あなたも天才!記憶術―速く、正確に、大量に、長期間記憶する」がおすすめの理由

仕事で最近忘れやすくなってきたので、ちょっとした興味で読んでみましたがとても内容の濃い本でした。まずじっくりとおぼえこむには、イメージを思い浮かべて関連付けて覚える、とうのをゆっくりと実践しながらやってみようと思いました。(40代女性)

 

 

23.米山公啓「できる人の脳が冴える30の習慣」

記憶術に関する本 米山公啓「できる人の脳が冴える30の習慣」がおすすめの理由

単なる記憶術の本かと思いきや、具体的な脳の活性化方法などを記しており、とても読みやすいです。今すぐ始めることができることから書いてあるので、本を参考に毎日の生活習慣を直していこうとモチベーションを上げることが出来ました。(20代男性)

 

 

24.「マンガで身につく超高速勉強法 速さは、努力に勝る。」

記憶術に関する本 「マンガで身につく超高速勉強法 速さは、努力に勝る。」がおすすめの理由

活字だけで読み続けるのが辛い方におすすめの一冊です。半分ほどは漫画での解説になるので、無理なく自分のペースで楽しみながら読めます。漫画がある分、あまり勉強している、という感じがないので頭に入りやすいです。(30代女性)

 

 

25.石井貴士「やってはいけない勉強法」

記憶術に関する本 石井貴士「やってはいけない勉強法」がおすすめの理由

私はこの本を読んでとても驚きました。なぜなら私がいつもやっている勉強法のほとんどがやってはいけないと書かれていたからです。書いて覚えるより見て覚える、音読よりもページをめくることに集中するなど、石井先生流の面白いかつ効率的な勉強法がたくさん紹介されていて読んでいるのがとても楽しかったです。(20代女性)

 

 

26.清水建二・すずきひろし著 本間昭文 イラスト「英単語の語源図鑑」

記憶術に関する本 清水建二・すずきひろし著 本間昭文 イラスト「英単語の語源図鑑」がおすすめの理由

英単語の覚え方は語源学習。語源を覚えることで知らない単語の意味もわかるようになる、といったこの本。ただ英単語が並んでいる暗記本ではなく、イラストを使って覚えることができます。実際にこの本になっている単語数は少ないのですが、語源を知ることで初めて出会う単語の意味を理解できるようになりました。実際にTOEICのスコアが上がり、ただ暗記するということが苦手な方にはオススメの本だとわたしは思います。(20代女性)

 

 

27.DAIGO「科学的勉強法」

記憶術に関する本 DAIGO「科学的勉強法」がおすすめの理由

予備校に行かずに慶応に合格した著者の脳の使い方や心理学的な思考でもって勉強の記憶を高める方法を教えてくれます。DAIGOはメンタリストと言っていますが元々マジックもしていた人なのでどこまでが自力なのか本当なのかは分かりませんが私が暗記のしかたを理解して勉強に取り組んだ経験からとても面白かった本です。確かに塾に行かずに合格することは出来るので自分の力を信じるには為になる本です。(40代女性)

 

 

28.矢沢 大輔「稼げる記憶術」

記憶術に関する本 矢沢 大輔「稼げる記憶術」がおすすめの理由

人の名前や数字がなかなか覚えられないので、なんとかこの辺のスキルを身に着けたいです。音感、漢字イメージ法、当事者化、かみ砕き、要約を主張文と理由、事例に分けて整理することなど、実際に試してみたいと思います。(50代男性)

 

 

29.樺沢紫苑「学びを成果に変えるアウトプット大全」

記憶術に関する本 樺沢紫苑「学びを成果に変えるアウトプット大全」がおすすめの理由

毎日YouTubeに動画をアップロードし、1日1冊本を読むという普通の人では出来ないことを継続している樺沢紫苑さんのノウハウが詰まった1冊である。非常に実行しやすく、効果的であるように思える。また、一つ一つの事項が区別されており、大変見やすい。アウトプットの重要性がとてもよく分かりやすく、是非読んで欲しい1冊である。(20代男性)

 

 

30.「簡単記憶術」

記憶術に関する本 「簡単記憶術」がおすすめの理由

歳をとるにつれ人間はなかなか物事を覚えることが難しくなってきます。そんな悩みなどを解消してくれる本になってます。学生などにも凄く効果的な本でもあり、大変重宝されるのではないかと思います。 本に記載している記憶術の方法も凄く簡単なものです。(30代男性)

 

 

31.「奇跡の記憶術 脳を活かす奇跡の「メタ記憶」勉強法」

記憶術に関する本 「奇跡の記憶術 脳を活かす奇跡の「メタ記憶」勉強法」がおすすめの理由

勉強した知識を記憶として定着させるには反復が重要と説く著作です。一般論ではありますが、記憶が24時間以内にほぼ消えるという前提にたてば、反復することがいかに重要であるか、脳科学の視点からも描かれ紹介されています。(30代男性)

 

 

32.伊藤 真「記憶する技術」

記憶術に関する本 伊藤 真「記憶する技術」がおすすめの理由

記憶力があまり良くないので、こちらの本を読みました。記憶をするために、本にラインを引くときは蛍光ペンより色鉛筆、色鉛筆がよく、強弱をつけ、何度も色を変えたりして書く、など参考になり、実践して頑張ってみようと感じました。(40代女性)

 

 

33.宇都出雅巳「記憶術サクッとノート」

記憶術に関する本 宇都出雅巳「記憶術サクッとノート」がおすすめの理由

これまでに書かれた本のイイトコどりの内容のような感じです。ほんとサクッと読めますね。記憶術や本を速く読むための内容やトレーニングの素材がコンパクトにまとめられています。ワーク形式で書込みができるようになっているのが、ノートの所以でしょうか。ただ、一見わかりやすいエッセンスだけが読みやすく記載されているのは、罠にもなるのかなと思いました。本質の裏側にある背景とか過程とかが大事なんじゃないのかと感じます。(50代男性)

 

 

34.ウィリアム・リード「記憶力・発想力が驚くほど高まるマインドマップ・ノート術」

記憶術に関する本 ウィリアム・リード「記憶力・発想力が驚くほど高まるマインドマップ・ノート術」がおすすめの理由

マインドマップというと、「どことなく胡散臭い…」と思っている方も多いかもしれません。実際私もその一人でした。この本も、学生時代に買って、長らく本棚に仕舞い込んだままでしたが、社会人になってふと手に取ってみると、なるほどと思うことがたくさんありました。この本を読んで思ったのは、マインドマップの良い点は「全体を俯瞰して見ることができる」ということ。社会人になり、問題の可視化の大切さを嫌というほど感じていた私は、マインドマップは「事象を捉えるための1つのツール」だということに気付いたのです。試しに書いてみると、実際に手を動かすだけあって、記憶にも残りやすく、また、一目で全体をパッと掴むことができるので、発想の飛躍にも役立ちました。学生や社会人の方に、特におすすめの本です。(30代女性)

 

 

35.柿木隆介「記憶力の脳科学」

記憶術に関する本 柿木隆介「記憶力の脳科学」がおすすめの理由

記憶に関する知見を、脳波などを専門とする脳生理学者が、包括的に分かりやすく解説した本です。記憶力について詳しく解説してくれていて、暗記の効率的な方法も教えてくれています。記憶にはまだ明らかになっていない点もあるので、本著でも解っていない点については「解っていない」と明言されているのが良いです。(20代女性)

 

 

36.大島 清「記憶力を高める50の方法」

記憶術に関する本 大島 清「記憶力を高める50の方法」がおすすめの理由

もじ通り、記憶力を高める50の方法がかいてあります。目次で、5章にわけ50の方法を記載してあります。説明分と方法が書いてあり、具体例もそれぞれ書いてあります。脳の図解も書いてあり分かりやすく理解できます。また、目次は自分にあいそうなものから選んで読めるように書いてあり、実行できそうなものから読んでいくこともでき、実践しながら読めるのもおすすめの理由です。(40代女性)

 

 

37.齋藤孝「記憶力を鍛える齋藤孝式「呼吸法」」

記憶術に関する本 齋藤孝「記憶力を鍛える齋藤孝式「呼吸法」」がおすすめの理由

呼吸法が気になっていた。そんな時に見つけた本。3秒間空気を吸う→2秒間空気を吸った状態を保つ→15秒以上細く長く空気を吐き出す呼吸法は、数行で説明できる簡単なものだけど、実は、これがすごいということが沢山書かれていた。実際やってみると吐くときが意外と苦しくなる。思い出した時に日に何度もやっています。(50代男性)

 

 

38.池田 義博「記憶力日本一が教える`ライバルに勝つ’記憶術 仕事も勉強も面白いほど成果が出る!」

記憶術に関する本 池田 義博「記憶力日本一が教える`ライバルに勝つ’記憶術 仕事も勉強も面白いほど成果が出る!」がおすすめの理由

記憶部分の箇所がよかった。単にイメージするだけでなく、個々の暗記対象をひとまとめに、イメージして覚えるのを実践すると、確かに記憶できる絶対数が上がった。又、エピソード記憶という、ワードをストーリに登場させてしまうやり方も、昔から走っていたが、思い出せた。(50代男性)

 

 

39.池田義博「記憶力日本一を5度獲った私の奇跡のメモ術」

記憶術に関する本 池田義博「記憶力日本一を5度獲った私の奇跡のメモ術」がおすすめの理由

書くと覚えると昔から言われてましたよね。 聞いたことあります。 実際、わたしもそうやって勉強した昭和の人です。 でも、ペンのいろや、書き方などで効率が違うとは考えてなかったかな。 読んで実践してみたいと思います。(40代女性)

 

 

40.東大家庭教師友の会「現役東大生が実践している「勉強法」のきほん」

記憶術に関する本 東大家庭教師友の会「現役東大生が実践している「勉強法」のきほん」がおすすめの理由

この本は、私が高校一年生の時、台湾の紀伊国屋で買った本です。 しかし、その時の私の日本語能力は「全然読めない」ので、実は高校三年生になった後、読み始めます。 この本が好きになった理由は: 1.イメージが多いので、多分理解できます。 2「勉強計画」、「目標管理のPDCA」、「記憶の仕組み」、「記憶法」などを詳しく書いてあります。 3.ページの右側に「東大生の声」を書いてありますので、その方法の「実用例」が見えます。 大好きな文章のタイトル/佳句: 紙に書かずに、繰り返し声に出して覚えたり、読むだけで済ませてい東大生も一定数存しています。その意味では、「書いて覚える」ことは、時間の余裕があり、確実に知識を定着させたい人におすすめの勉強法であると言えます。(10代女性)

 

 

41.「語源でわかった!英単語記憶術」

記憶術に関する本 「語源でわかった!英単語記憶術」がおすすめの理由

英単語の覚え方として紹介されますが、実際は語源を巡る豆知識の著書です。予備知識がないと暗記方法には不向きですが、単語の背景にある由来やラテン語やケルト語との関係など、個々の英単語の歴史の本として読むと面白いでしょう。(30代男性)

 

 

42.本山 勝寛「最強の暗記術 ~あらゆる試験・どんなビジネスにも効く「勝利のテクニック」~」

記憶術に関する本 本山 勝寛「最強の暗記術 ~あらゆる試験・どんなビジネスにも効く「勝利のテクニック」~」がおすすめの理由

記憶術ではなく暗記なので、断片的な単語などをどの程度頭の中に留めておけるかということについて、暗記には、細切れ時間で何度目を通せるかが主軸かもしれません。個人的に暗記したことを使える記憶にするため、アウトプットするというのが1番大切だと感じました。(50代男性)

 

 

43.「思考の整理学」

記憶術に関する本 「思考の整理学」がおすすめの理由

1986年の本ですが、内容は今でも通用するような人間の思考や記憶にかかわる普遍的な事柄が書かれています。情報をいかに記憶(インプット)するか、またそれをアイデアとしていかにアウトプットするか、考える生き方のためにたくさんの示唆を与えてくれます。(30代男性)

 

 

44.碓井孝介「試験は暗記が9割」

記憶術に関する本 碓井孝介「試験は暗記が9割」がおすすめの理由

本書では、試験に合格するための効率的な暗記方法がたくさん書かれています。一般的に、物事を記憶するためには、暗記よりも理解が重要視されることが多いですが、本書では暗記に特化した記憶術が満載です。明日から試してみたくなる記憶術が見つかると思います。(20代女性)

 

 

45.メンタリストDaiGo「自分を操る超集中」

記憶術に関する本 メンタリストDaiGo「自分を操る超集中」がおすすめの理由

今まで試してきた中で一番効果があった。この本に書かれていることは色々な大学で研究されたことや論文として発表されたことなど信用性がとても高く、科学的に証明されたことばかりなのでとても信用できる。どうやったら集中できるのか効率的に仕事をこなせるようになるためとてもオススメ。(20代男性)

 

 

46.大島 清「図解 これが記憶法のすべてだ!」

記憶術に関する本 大島 清「図解 これが記憶法のすべてだ!」がおすすめの理由

仕事的にお客さんの名前と顔を覚えるのが大事なのでなかなか覚えられないので、この本を読むと顔と名前をすぐに覚えることができるようになるという言葉に惹かれて読みました。書いて覚えるとか音読するなど私でも出来るような方法が載っていてとても役に立ちました。分かりやすく書いてあるのが良いです。(40代女性)

 

 

47.池田 義博「世界記憶力グランドマスターが教える 脳にまかせる勉強法」

記憶術に関する本 池田 義博「世界記憶力グランドマスターが教える 脳にまかせる勉強法」がおすすめの理由

資格取得に向けて参考書を買って勉強したのですが、思うようには頭に入ってこなくって、そんなときに買った本です。勉強法としては、一分間でまとめる方法が書いてあり、詳しく書けないところは、自分のわからないところ、そこを復習すればいいので、的外れな勉強をしなくて済みます。暗記のコツ、脳の仕組み、モチベーション維持法など勉強の仕方の概要を学べました。(50代男性)

 

 

48.「絶対ミスしない人の脳の習慣」

記憶術に関する本 「絶対ミスしない人の脳の習慣」がおすすめの理由

精神科医でもある著者、樺沢紫苑さんの新刊です。なんと「脳を最適化すればすべて解決できる」とのこと。表現がさすがに合理的というか、コンピューターチックではありますが、うっかりをなくす、物忘れをなくす、かん違いを治すといった身近なテーマが盛りだくさんだったのでおススメです。(40代女性)

 

 

49.「川島隆太教授の脳を鍛える大人の計算ドリル」

記憶術に関する本 「川島隆太教授の脳を鍛える大人の計算ドリル」がおすすめの理由

1日に1枚ずつ足し算引き算・掛け算割り算の混じった100問のドリルを解いていくことによって、左右の脳を鍛えるトレーニング方法が実用的でした。記憶力を高めていく効果とともに、コミュニケーション能力や自制心を養うことにも繋がるものがありました。(30代男性)

 

 

50.河野 玄斗「東大医学部在学中に司法試験も一発合格した僕のやっているシンプルな勉強法」

記憶術に関する本 河野 玄斗「東大医学部在学中に司法試験も一発合格した僕のやっているシンプルな勉強法」がおすすめの理由

細かい内容は抜きにして、記載してあることは当たり前のこと。でも、それができないのが現実です。いかに上手にコツを掴む、ポイントを掴むかが、効率に大きく関わってくる。優先順位とどこまで極めるか、そしていつまでやるか、いつやるか、タイミングも本当に重要で、ビジネスと同じ。現状とあるべき姿のギャプを明確にして、ゴールから逆算してスケジュールを立てるというのもビジネスの基本、改めて、当たり前のことをちゃんと徹底的にやるのが大事ということを気づかせてくれた。(50代男性)

 

 

51.上野 潤「東大卒・弁護士がコッソリやった 倍速×記憶勉強法」

記憶術に関する本 上野 潤「東大卒・弁護士がコッソリやった 倍速×記憶勉強法」がおすすめの理由

やる気を持って取り組めば高い能率が期待できるし、反対にやる気が無い状況では時間を欠けて勉強してもそのせいかは心許ない。だからこそやる気を挙げるためのスイッチがどこにあるかを認識することが大切である。一見無駄なことであっても、それによってやる気をあげられるのならば遠回りをするのは効果的な方法だといえる。(50代男性)

 

 

52.西岡壱誠「東大読書」

記憶術に関する本 西岡壱誠「東大読者」がおすすめの理由

自分の偏差値が低い人がこの読書術のおかげて東大に合格できたという本で自分も読書好きだから読んでみたら書いてある事も分かりやすくこんな読書の方法があったんだと関心させられる方法ばかりでとても勉強になる一冊になってると思います。自分も勉強できて無い方だったのでこの方法は本当に頭に入りやすいと思います。(20代男性)

 

 

53.「読んだら忘れない読書術」

記憶術に関する本 「読んだら忘れない読書術」がおすすめの理由

例えば記憶をするためには「アウトプットする」「書いてある内容にのめり込む」のが有効、などの記憶のコツが紹介されます。あえて丸暗記しようと努力しなくても、例えばその文章の作者の人生に興味を持てば、書いてある内容も自然に自分の記憶に定着するだろう、といった流れでした。(30代男性)

 

 

54.「脳の力の伸ばし方がよくわかる 記憶力を磨く方法」

記憶術に関する本 「脳の力の伸ばし方がよくわかる 記憶力を磨く方法」がおすすめの理由

脳科学者とサイエンスライターの共著。脳の仕組みによる根拠に基づいた記憶力アップの方法を伝授してくれているので、納得して取り入れることができます。若者からシニアまで生活の中で簡単に行える知恵が満載でためになります。(30代女性)

 

 

55.和田秀樹「勉強したくなった人のための大人の「独学」法」

記憶術に関する本 和田秀樹「勉強したくなった人のための大人の「独学」法」がおすすめの理由

具体的で、読者の興味のある箇所からで読むことができる。ビジネス書の発行部数を考えると、インプットをするために本を読むだけでビジネス・パーソンの上位1パーセント以内に入ることができるという視点はなるほどだった。加えて、本書の主張は、インプットを通じて自分のテーマを見つけて時間をかけて勉強し、アウトプットしてみよう、というもの。問題解決も大事だが、問題発見はもっと大事だということを改めて考えた。興味深かったもう一点は英語の勉強法。読みやすい英文を辞書なしで読んでみて、解らなかった語句については必ず後で辞書を引くこと、覚えておきたい言い回しや文をノートに控えておくことはオーソドックスだが良い勉強法だと思います。(50代男性)

 

 

56.牛山恭範「遊びながらでもほったらかしで記憶する自動記憶勉強法」

記憶術に関する本 牛山恭範「遊びながらでもほったらかしで記憶する自動記憶勉強法」がおすすめの理由

勉強では反復が大事だということはよく言われますが、問題集を一周してからまた一周するのではなく、同じページを何度も復習して、覚えきったところで次のページに進む、という方法が紹介されていて、実際に試してみたら暗記効率がよくなりました。他にも参考になる項目がいくつかありますので、おすすめです。(20代女性)

 

 

タイトルとURLをコピーしました