起業を考えたら必ず読みたい!おすすめの起業本まとめ

スポンサーリンク

Contents

スポンサーリンク

おすすめの起業本まとめ

起業やフリーランスを考える女性・男性が読むべき起業本をまとめました。世界の名著から最近の本まで必ず起業した時に役に立つ本ばかりです。ぜひ起業を考えているなら手に取って読んで見てください。

 

「革命のファンファーレ ~現代のお金と広告~」

 

起業したい人に「革命のファンファーレ ~現代のお金と広告~」がおすすめの理由

起業ということを中心に書いている本ではありませんが、起業する上では必ず読んだほうが良い本です。お金とはどういうものかを的確に説明しており、そのために自分は何をすれば良いのかを実体験から学んだことから説明してくれているのでとても理解しやすいです。(20代男性)

著者は自身の絵本を無料公開したり、クラウドファンディングで何かとネット上で話題のキングコング西野氏ということもあり、知名度の面でも非常にわかりやすく、また長年芸能界でたたきあげたセンスで、非常に面白く読みやすく書かれています。 今の活動の裏にある「常識に対して疑問をいだく」という発想は、これから起業するにあたって、必要なことではないでしょうか。(40代女性)

何かと話題のキングコング西野さんの著書です。西野さんの経験に基づくお話なので、わかりやすく、理解ができました。リスクを取らず、上手く立ち回り、お金を稼ぐという、少しずるい生き方です。西野さんの生き方や考え方に共感します。(30代男性)

 

 

「道をひらく」

 

起業したい人に「道をひらく」がおすすめの理由

きっと日本で一番売れたビジネス書じゃないかと思います。 誰もが知るパナソニック創業者の松下幸之助の書籍です。 特に「サービスする心」という項目は、商売する上での重要な考え方を改めて教えてくれます。 起業したい人は、いつも傍らに置いて、時折でも見返して欲しい本ですね。(50代男性)

パナソニックを起業した松下幸之助さんの本です。見開き2ページで1つのテーマについて書かれており、電車などの隙間時間で読むのにぴったりです。はっとするような内容もあり、優しく語りかけられているような本です。(20代女性)

著書である、経営の神様と言われる松下幸之助の考え方が一冊に纏めてあります。山あり谷ありの人生の中でどのように生きていくのが良いのかを分かりやすい言葉で書いてあります。また、上手く行く時や上手く行かなかった時にどのように心を安定させるのかヒントが沢山あります。(30代女性)

 

 

「ゼロ―なにもない自分に小さなイチを足していく」

 

起業したい人に「ゼロ―なにもない自分に小さなイチを足していく」がおすすめの理由

自分の根本的な部分をぶらすことなくナチュラルにやりたいことをどんどんやっていくことによって 古い固定観念を気にして日々や仕事をやりすごすのではなく、自然に起業することや仕事をして楽しんでいくことの おもしろさが論理的で時代にもあっていて読みやすい(40代女性)

堀江さんの本は好きでよく読んでいます。その中でもこの本は衝撃でした。海外に行くと人生観が変わるとか言いますが、私はこの本を読んで、人生観が変わりました。働くとは何か。ただ、生きていくためだけではない。深く考えさせられる本でした。(30代男性)

 

 

「そろそろ会社辞めようかなと思っている人に、一人でも食べていける知識をシェアしようじゃないか」

 

起業したい人に「そろそろ会社辞めようかなと思っている人に、一人でも食べていける知識をシェアしようじゃないか」がおすすめの理由

まだやりたいことが見つかっていないひと、何をすべきかわからない人に向けて、実際いま日本で成功している企業の“土台”をイラスト・グラフを用いて分かりやすく解説されています。 起業への考え方や「すき」なことを仕事にするヒントなど盛りだくさんなので、これから起業する方にはヒントが盛りだくさんです。(20代女性)

会社を辞めた後、どうやってお金を生み出していくのかを書いた本です。さらに「好き」で「食う」ためにはどうすればいいかということにフォーカスしています。会社勤めだと意識しづらい、お金はどうやって生み出されるのか、継続的に稼ぎを作るシステムづくりの実例などが書いてあり、起業するにあたっての具体的な行動がわかるようになっています。(30代女性)

 

 

「マイペースで働く!女子のひとり起業」

 

起業したい人に「マイペースで働く!女子のひとり起業」がおすすめの理由

中身が文章だけでなくイラストや写真も載っていて読みやすい。実際に起業した方々の紹介が特におもしろく、開業にかかった費用や起業したきっかけ、お店の大きさ、一日のスケジュール等、読みごたえある。起業をするのは大変そうなイメージがあったがこの本を読むと身近なものに感じられるので、起業を考えている人、特に女性に読んでほしい。(20代女性)

女性が一人で起業し、事業を運営していく事についてのノウハウが書いてある本になっています。女性ならではの家事や子育て、介護などと並行しながら、どのようなスタイルで起業していったらよいのか、低リスクでお金もあまり掛けずにゆとりをもって企業するにはどうしたらよいのか、女性にはどのようなビジネスが向いているのかなど分かりやすく書いてあります。内容も難しくなく、理解しやすいのでこれから起業したいと考えている女性の方は、導入としてこの本から読んでいっても良いのではないでしょうか。(20代女性)

 

 

「金持ち父さんの起業する前に読む本」

 

起業したい人に「金持ち父さんの起業する前に読む本」がおすすめの理由

起業する前に、どういったことに気をつけ、どういったことを学習してから起業した方が良いかを、ロバート・キヨサキの失敗体験を中心に、分かり易い文章で書かれていて、とても読みやすい内容の本の為。また、簡単に起業したり、簡単に投資で、お金持ちになれることはなく、まずは自分自身にしっかりと投資しないといけないことを気づかせてくれる本の為。(30代男性)

ロバート・キヨサキさんが、書かれた本です。傲慢は、無知の始まり。という言葉が印象的でした。自分は何でも知っているんだと、傲慢になるのではなく、謙虚に、周りの意見に耳を傾ける事が、起業家にとっては、大切な資質の一つという事を教えて頂けました。(30代男性)

 

 

「金持ち父さん貧乏父さん」

 

起業したい人に「金持ち父さん貧乏父さん」がおすすめの理由

子供の頃『どうやったらお金持ちになれるのか?』という素直な気持ちか偽金を作ってしまう子供にたいし、対象的な2人の父が教えてくれる。極端だが、考え方や価値観の違いで人生が変わること、ハウツー本ではなく、考え方や価値観の話が多く物語になっていて経済的な話だけでなく、生活にも当てはまる点が多く何度読んでも勉強になる本だ。(30代女性)

私が実際に現在起業しており、その考え方の根幹を作ってくれた本なので非常におすすめです。内容としては、自分の今の働き方では将来が見えてしまったということと、今時分のしている努力が未来につながっているかを見つめ直すことが出来るものでした。(30代男性)

 

 

「思考は現実化する」

 

起業したい人に「思考は現実化する」がおすすめの理由

明確な目標を持って、それに邁進することにより成功を収めた成功例の紹介を一部でしています。成功例だけでなく、失敗例もあり、またなぜ失敗したのかも理由をつけて解説している本です。人生という長期のビジョンで、何度かの失敗は必ずあることを前提に、失敗した際の対処法なども書いてあります。そして何より、成功する者の心構えについては、これでもかと書かれていますが、どれも深く納得のいく内容で、立ち止まってしまった際にまた読んでみたいという本なのでぜひ推薦します。(40代男性)

非常に有名な本ですが、読み終えると、タイトル通り思考は現実化できるのだと確信を得ることができます。 自分の目標としている事、夢などを明確化でき、且つ行動に移すことができます。 いかに行動に移すかが成功の秘訣となりますので、本書を読むことで行動を起こさざる負えない、そのような感情にさせてもらえます。 一度ではなく、二度三度と読み返すことで、さらに成功に近づくことができる、そのような本です。(30代男性)

 

 

「多動力」

 

起業したい人に「多動力」がおすすめの理由

この本を読んだことによって、自分の失敗や短所が成功への近道や長所に変わり、また、仕事の面でも日々の生活においても見方が変わり物事がうまくいくようになりました。本の内容もわかりやすく書いてあり大変読みやすく、無駄な内容が一切ありませんでした。(30代女性)

現代の社会において行動がいかに大事かを書いてあり、才能よりも努力、感情よりもその先にどのような答えがあるか、今の常識がつまらなく興味のある物には、チャレンジが必要だという事。一人で全てを極めるのではなく合理的に物事を進めて行くのだと力強く書いてある。(30代男性)

 

 

「「ひとり出版社」という働き方」

 

起業したい人に「「ひとり出版社」という働き方」がおすすめの理由

一人で起業することを考えている人の背中を押す一冊。出版不況が叫ばれて久しい世のなかで出版社を興した人々のサクセスストーリー。みな偶然と必然に導かれるようにして、身の回りで誰もやっていなかった「出版」という起業に挑戦している。手探り状態でぶつかる壁も非常に大きいが、起業をしたことで一度きりの人生に生きがいを見出し、心から楽しんでいる経験に勇気づけられること間違いなし。(20代女性)

 

 

「1万円起業」

 

起業したい人に「1万円起業」がおすすめの理由

Amazonのレビューでも高めの評価で自分が読んだのは町の図書館にあったのですがこの本の最初から中盤までは起業のやり方や考え方やきっかけやネタ探し等がありますが後半部分は何をウリにするのか、どのような営業スタイルでいくのか、また収益システムを作るにはどうするか、という具体的な内容も書いてあって起業をしてもしなくても読み物として面白い本でした。在庫や資金がなくてもまずはやってみる、というマインドにさせてくれる本です。(30代男性)

 

 

「20代でお店をはじめました。 女性オーナー15人ができるまで」

 

起業したい人に「20代でお店をはじめました。 女性オーナー15人ができるまで」がおすすめの理由

20代で自分の店を持ちオーナーとなった、15人の女性の起業家たちの生きざまや思いが映し出されている1冊になります。アパレル業界であれ飲食業であれ、自分の好きなものをとことん追い求めていく姿が微笑ましかったです。(30代男性)

 

 

「50歳からの新しい稼ぎ方」

 

起業したい人に「50歳からの新しい稼ぎ方」がおすすめの理由

本のタイトルからターゲット年齢ははっきりしていて、思わず読んでしまいました。50歳を過ぎると転職はかなり難しくなります。そこでどういう働き方が良いのかが、重要になり、この本は様々なヒントや事例を示してくれています。自分にピッタリの例はないと思いますが、そのエッセンスなどは十分に参考になると思います。(50代男性)

 

 

「50代からはじめる月5万円副業術」

 

起業したい人に「50代からはじめる月5万円副業術」がおすすめの理由

リスクもなく元手要らずで、パソコン1台から手軽に始めることができる副業が参考になりました。空き時間を有効に活用することによって思わぬ収入が生まれていくこと共に、自分自身のスキルアップにも繋がるものがありました。(30代男性)

 

 

「50万円の元手を月収50万円に変える不動産投資法」

 

起業したい人に「50万円の元手を月収50万円に変える不動産投資法」がおすすめの理由

資金が少なくても、不動産投資が始められるやり方を丁寧に紹介した本です。今、はやりの古い一軒家をお金をかけずにリノベーションして再生させる手法が紹介されています。初心者でも読みやすく、理解しやすいです。(30代男性)

 

 

「airbnb story 大胆なアイデアを生み 困難を乗り越え 超人気サービスをつくる方法」

 

起業したい人に「airbnb story 大胆なアイデアを生み 困難を乗り越え 超人気サービスをつくる方法」がおすすめの理由

現在世界を席捲しているAirbnb の奇跡ともいえる軌跡を追う物語。 ただしその成功は、大きなる偶然と緻密な戦略と堅実な努力が交わってなしえたものである。物語は、3人の創業者のスタートからを精密に描き進行する。(50代男性)

 

 

「COFFEE STAND 開業と経営、スタイルとノウハウ」

 

起業したい人に「COFFEE STAND 開業と経営、スタイルとノウハウ」がおすすめの理由

それぞれの地域で地元の人たちから愛され続けている、独自のコーヒースタンドの魅力が伝わってきました。1杯のコーヒーに思いを込めるオーナーたちの、経営者としての真摯な取り組みや斬新なアイデアが良かったです。(30代男性)

 

 

「V字回復の経営」

 

起業したい人に「V字回復の経営」がおすすめの理由

中小企業の経営に関わっているのですが、同じような立場にある人には是非読んで欲しいです。経営立て直しの本となると、自分の経験上の自慢話的な内容のものがほとんどですが、きちんと理論立てされた内容となっており、会社建て直しのヒントが満載です。(40代男性)

 

 

「イノベーションと企業家精神」

 

起業したい人に「イノベーションと企業家精神」がおすすめの理由

イノベーションを見つけ出すための、考え方を体系化した本。たとえば「価値観ギャップ」という言葉が出てきます。これは例えば、売り手側は、この商品はこんな価値があると思って売っていたのに、買い手側はまったく売り手側とちがうところに魅力を感じて買っていたなどという、ギャップのことです。こういったところにイノベーションの機会があると、筆者は主張しています。そう考えると、イノベーションのネタは身のまわりにころがっているわけで、これから起業しようとする人に、そういったイノベーションの探し方について体系的な知識を与えてくれる良書だと思います。(40代男性)

 

 

「おうち起業のはじめ方」

 

起業したい人に「おうち起業のはじめ方」がおすすめの理由

女性がおうち起業(自宅サロンなど)をできるように書かれた指南書です。私は整理収納アドバイザー資格を取りましたが、副業としてやっていきたいと考えていたときにこちらを読みました。家で本当に起業する場合の、お店の名前や名刺作りなど細かいところが載っていて良かったです(起業は、しなかったけど)(30代女性)

 

 

「クリエータが「独立」を考えたとき最初に読む本」

 

起業したい人に「クリエータが「独立」を考えたとき最初に読む本」がおすすめの理由

経営上、特に資金面での遣り繰りについて具体的な例が多く記載されていて、現役のデザイナー、クリエータの方にはもちろん、志望の方、特に独立して自分の事務所・スタジオを持ちたいと思っているに参考になる。共同事務所みたいな例もあり、そのような形態を考えている人にも参考になると思います。(50代男性)

 

 

「これならできる個人事業のはじめ方と運営」

 

起業したい人に「これならできる個人事業のはじめ方と運営」がおすすめの理由

この本は、これから初めて起業する人向けに書かれた本です。心構えから、実際の業務を、詳しく説明してくれています。所々にイラストもあるので、それほど堅苦しくないです。時系列で書いてあります。具体的な準備から各所に書類を届けるやり方など、他にもたくさん説明がされています。(40代女性)

 

 

「スタートアップ・マニュアル」

 

起業したい人に「スタートアップ・マニュアル」がおすすめの理由

小さく初めて少しずつ改善していくアジャイル開発的手法を取ったリーンスタートアップについて詳しくまとめられている。必要となるプロセスが事細かに説明されているので、本の内容に沿って実践していくだけでビジネスアイデアが形になっていく。(20代男性)

 

 

「スティーブ・ジョブズは何を遺したのか パソコンを生み、進化させ、葬った男」

 

起業したい人に「スティーブ・ジョブズは何を遺したのか パソコンを生み、進化させ、葬った男」がおすすめの理由

スティーヴ・ジョブズの時代の寵児としての栄光だけではなく、倒産寸前だったアップル社の立て直しの苦労も伝わってきました。最先端の技術を駆使したテクノロジーを目指しつつ、人と人との繋がりを大切にした生きざまが良かったです。(30代男性)

 

 

「ゼロからはじめる起業の法律 必ず知っておきたいこと100」

 

起業したい人に「ゼロからはじめる起業の法律 必ず知っておきたいこと100」がおすすめの理由

こちらの作品は企業をする際に必要な法律が大まかに100個記載されています。初心者向けから上級者向けまで様々な法律に関して詳しく書かれており一つの項目に対して詳しく書かれているためある程度の知識をこの一冊で得ることが出来ます(20代男性)

 

 

「ゼロトゥワン」

 

起業したい人に「ゼロトゥワン」がおすすめの理由

起業を志す人にとっては、その根底にあるべき考え方を、そうでない人にとっても事業の戦略や考え方を教えてくれる本である。著者自身が起業家であり、著名なベンチャーキャピタリストであるからこそ、よくある起業本とは異なった、徹底的な論理的思考と哲学が感じられる。起業が主軸であるが、多くの働く人におすすめしたい。(20代男性)

 

 

「ネーミング革命」

 

起業したい人に「ネーミング革命」がおすすめの理由

たかがネーミング、されどネーミング。 商品やサービス、会社名を考える際に非科学的でありながら多くの経営者がプロに鑑定を依頼しています。 せっかくなら、売れる名前、魅力的な名前を探している方へのヒントになること間違いありません。(40代女性)

 

 

「バイトやめる学校」

 

起業したい人に「バイトやめる学校」がおすすめの理由

山下陽光さんによる著作で、自活していくにはどうしていけばいいかが、具体的な方法とアドバイスで書かれています。作者自身もオリジナルブランドを経営しており、どういった経緯で仕事を成長させてきたかも知る事ができます。やりたい事があるけれど、バイト生活から抜けられないという方必見です。(20代女性)

 

 

「ひとりビジネスの教科書 自宅起業のススメ」

 

起業したい人に「ひとりビジネスの教科書 自宅起業のススメ」がおすすめの理由

資本金も少なく、一人で始められる自宅起業のための一冊です。起業というとハードルが高いけれど、社員に給料を払う必要もなく、出社の必要もない自宅起業。新い働き方として興味がある人にはぜひ読んで貰いたい一冊です。(30代女性)

 

 

「プレジデント」

 

起業したい人に「プレジデント」がおすすめの理由

内容の濃い記事から知識を深めスキルアップするには最適な本だとは思います。私も定期購読をしております。仕事上で詰まった時などにはバックナンバーを出してきて再読します。有名、知名人に拘らず書かれている記事はきっとお役にたちます。(60代女性)

 

 

「ミレニアル起業家の 新モノづくり論」

 

起業したい人に「ミレニアル起業家の 新モノづくり論」がおすすめの理由

ミレニアル、特定の年代生まれ起業家が思う、伝えたい考えが描かれている。 著者は誰もが羨むような経歴の持ち主である。外資系投資銀行、世界最大のSNSと渡り歩き自分の居場所、目的の為に自分の会社を起業した。 起業とはなんなのか。モノづくりとはとは何なのかを考えさせられる内容となっている。(40代男性)

 

 

「モバイルボヘミアン」

 

起業したい人に「モバイルボヘミアン」がおすすめの理由

本田直之氏と四角大輔氏による共作です。ノマドワーカーの先駆けであるお二人が、場所や時間に捕われずに働く方法やアドバイスがそれぞれの視点で書かれています。好きなことを仕事にしたい方や独立したいとお考えの方におすすめです。(20代女性)

 

 

「リーンスタートアップ」

 

起業したい人に「リーンスタートアップ」がおすすめの理由

起業する方法を丁寧に説明してくれている本です。起業は完璧な状態はないので、まずサービスを立ち上げてそこから消費者の反応を見ながら改善して行く方法が良いという内容ですが、不安が大きい起業前に読んでおくととても勉強になります。(20代男性)

 

 

「わたしは、なぜタダで70日間世界一周できたのか?」

 

起業したい人に「わたしは、なぜタダで70日間世界一周できたのか?」がおすすめの理由

元・大手広告会社コピーライターで、ブロガー・作家として現在は様々な企画に携わるはあちゅうの本。学生時代に世界一周の旅を無料で叶えるという大胆な企画から実行までが書かれていて、そのアイデアや行動力はこれから起業をめざす人の参考になると思います。(30代女性)

 

 

「一日も早く起業したい人が「やっておくべきこと・知っておくべきこと」」

 

起業したい人に「一日も早く起業したい人が「やっておくべきこと・知っておくべきこと」」がおすすめの理由

一つ一つの項目が、とてもわかりやすく書かれている。私自身もこの本を読んで、起業に向けて準備を進めているところです。 著者が豊富な経験を持っているからこそ、起業を目指す人の視点で疑問や不安を解消してくれる1冊です。(40代男性)

 

 

「沖縄ビジネスウーマン! 〈インタビュー〉仕事・生き方・沖縄の未来」

style=border:none

起業したい人に「沖縄ビジネスウーマン! 〈インタビュー〉仕事・生き方・沖縄の未来」がおすすめの理由

沖縄県から新たなビジネススタイルを生み出していった、25人の女性のライフスタイルが伝わってきました。豊かな自然の恵みを活かした画期的な商品や、地元の人たちに愛されるものづくりの姿勢には共感できました。(30代男性)

 

 

「可愛いままで年収1000万円」

 

起業したい人に「可愛いままで年収1000万円」がおすすめの理由

文章の中にハートが使われていたりと、活字嫌いの人でも読みやすい内容となっています。 また起業というと、頭が良くて優秀な人がするイメージですが著者は全くの一般人から起業しているなで、とても親近感や共感を得ることが出来ます。(20代女性)

 

 

「稼ぎたければ、働くな。」

 

起業したい人に「稼ぎたければ、働くな。」がおすすめの理由

数年前に逝去された未来工業の「山田明男」氏の著書です。 当たり前と思っていることでも少し角度を変えれば違った意味を持ち、 稼ぐことに繋がるというものですが、難しく考えることはないです。 例えば警備のためにガードマンを雇用する必要が本当にあるのかということで そもそもそんなに重要性のあるものがあるのかということで考えたところ、 警備システム、警備員両方必要なくしてしまったという逸話もあります。 当たり前が当たり前ではなくよくよく考えてみることで、 「働くことなく右から左に儲かる」というようなこと、 逸話があるのでおすすめです。(40代男性)

 

 

「起業のためのお金の教科書」

 

起業したい人に「起業のためのお金の教科書」がおすすめの理由

起業するにあたり、必要となってくるのが資金です。ですが、起業と一言でいっても、やりたいことによってはかかる費用もさまざまです。そんなときに役に立つのがこの一冊。元国税調査官の方が語る限界ぎりぎりの話が面白いです。(30代女性)

 

 

「起業のファイナンス」

 

起業したい人に「起業のファイナンス」がおすすめの理由

法人化を考えるなら読んでおくべきと聞いて読んでみました。基本的な知識をまとめている印象で、特に真新しいこともなかったけど再確認に有用。ストックオプション周り最終的なリターンなどはもう一度読み直す必要ありだと思いました(30代女性)

 

 

「起業のリアル」

 

起業したい人に「起業のリアル」がおすすめの理由

起業を考えるとき、まず何から始めたらいいのかが分からないケースが多い。この本では設立に必要な手続き方法などが、実際の事例をもとに分かりやすく記されている。相談しずらい内容も記されているので今後、起業を考えている人にはぜひおススメしたい本である。(20代男性)

 

 

「個人事業の教科書1年生」

 

起業したい人に「個人事業の教科書1年生」がおすすめの理由

個人事業やフリーランスを始めた人、または、これから始める人に必要な事柄が分かりやすく説明されている。一般の人では分からない、事業登録の仕方や場所、用意する物。事業の種類別。申告の種類・やり方。そういったものがイラスト付きで分かりやすく丁寧に説明されています。(40代男性)

 

 

「個人事業の始め方」

 

起業したい人に「個人事業の始め方」がおすすめの理由

個人事業の始め方 中野裕哲監修 西東社。個人事業の起業のノウハウ本です。オールカラーで見やすく起業に必要な事が事細かく書かれています。起業コンサルタントの中野裕哲氏が監修している為、分かりやす起業に向けた注意事項やノウハウが書かれています。価格はオールカラーで1400円(税抜き)と安いです。(20代男性)

 

 

「好奇心を天職に変える 空想教室」

 

起業したい人に「好奇心を天職に変える 空想教室」がおすすめの理由

アメリカのプレゼン大会、TEDにも出場して話題の、植松さんの著書です。 資金がなくても、特別な学歴がなくても、北海道で小さなロケット会社を設立し、今ではNASAからも注目されている植松さんが、起業はもちろん、働くことの意味、勉強する意味、仕事の意義、生きる意味までも 「論理的」にわかりやすく解説し、説いています。 植松さんの解説のなかで特徴的なのは、世にあふれる「小手先の処世術」の話ではなく、ビジネスがうまくいくには、生きることの本当の意義をとらえようとする姿勢、「生きる姿勢」がその人のビジネスを成功させるか失敗に終わるのか、 決めている点を、精神論で終わらせず、理論で説いてくれるところだと思います。 起業や転職だけでなく、進学や育児など、人生の節目に応用できるすばらしい内容だと思います。 一読の価値ありだと思います。(30代女性)

 

 

「荒野の古本屋」

 

起業したい人に「荒野の古本屋」がおすすめの理由

東京・神保町の老舗古書店から独立して、萱場町に自分の店を立ち上げるまでを描いたエッセイ。 転職や起業を具体的に考えていなくても、仕事についてないかしら思うところがある方には響くと思います。 文章も格好良く、読み物としても秀逸です。(40代女性)

 

 

「最低で最高の本屋」

 

起業したい人に「最低で最高の本屋」がおすすめの理由

「暮らしの手帖」前編集長の松浦弥太郎氏が古本屋さんだった頃のお話。 ポリシーをしっかり持って仕事をする姿は、起業を考える人にはもちろん響くと思いますし、企業に属して働く人にもきっと響くところがあるのではないかと思います。(40代女性)

 

 

「雑貨店おやつへようこそ 小さなお店のつくり方つづけ」

 

起業したい人に「雑貨店おやつへようこそ 小さなお店のつくり方つづけ」がおすすめの理由

子育てを続けながらも京都市内で小さな雑貨店を営んでいる、ひとりの女性の生きざまが映し出されている1冊です。ネットショップから始まり地元の人たちに愛されるお店へと成長していくまでの、真摯な取り組みが良かったです。(30代男性)

 

 

「仕事は楽しいかね?」

 

起業したい人に「仕事は楽しいかね?」がおすすめの理由

黙々と与えられた仕事をしているだけだった私。この言葉にドキッとした。夢を仕事にするとはどういうことなのか?人と同じことをしていても、成功はしないということ。空港で足止めを食らい、そこで偶然出会った人物に成功の秘訣を聞くという、解かりやすいストーリーで進んでいく。(30代女性)

 

 

「子どもを「0から稼げる起業人」に育てる法 高学歴でも就職できない時代に備え、格差社会に負けない人に育てよう」

 

起業したい人に「子どもを「0から稼げる起業人」に育てる法 高学歴でも就職できない時代に備え、格差社会に負けない人に育てよう」がおすすめの理由

学歴社会や出自に捉われることのない自由な発想で、これからの時代の子どもたちを起業人へと育てていくところに共感できました。自分の好きなものをとことん追求できる環境を、大人たちが整えてあげることの責任を感じました。(30代男性)

 

 

「自分を操る超集中力」

 

起業したい人に「自分を操る超集中力」がおすすめの理由

メンタリストDaigoさんによる書籍です。これは未来に向けた思考力を鍛える内容だと思います。そして夢を叶えるために必要なことを教えてくれています。今の自分を変えたいと思う人に有効な本です。日々の習慣の重要さや脳をリセットする大切さ、そして自分の感情をコントロールすることで着実に前へ進めることを教えてくれます。生き方に迷った時、読み返したい本です。(20代女性)

 

 

「借金2000万円を抱えた僕にドSの宇宙さんが教えてくれた超うまくいく口ぐせ」

 

起業したい人に「借金2000万円を抱えた僕にドSの宇宙さんが教えてくれた超うまくいく口ぐせ」がおすすめの理由

自分の想ったことは全て叶うようになっているという引き寄せの法則を分かりやすく書いている本です。その上で口ぐせはとても大事であることが分かります。この考え方をマスターすれば、怖いものなしで、全てが上手くいくようになります。(20代女性)

 

 

「渋谷ではたらく社長の告白」

 

起業したい人に「渋谷ではたらく社長の告白」がおすすめの理由

こちらはサイバーエージェントの社長藤田晋の自伝です。本を読んだタイミングがちょうど、転職したタイミングでなかなか新しい仕事になじめずにいたが、今は成功している人でもつらい下積み時代があったことを感じられ、とてもやる気が出る本だからです。(20代男性)

 

 

「女子のひとり起業 マイペースで働く!」

 

起業したい人に「女子のひとり起業 マイペースで働く!」がおすすめの理由

仕事ごとに分けて書かれているので、自分の状況に合いそうなものを読むことができ、一般的なことがたくさん書いてある本より読みやすかったです。 また、「起業」と聞くと大変そうな感じもしますが、一気に会社を立ち上げるのではなく、簡単なことから小さく始める方法が書いてあるので親近感が沸き、自分にもチャンスがあるように感じました。(20代女性)

 

 

「女子の古本屋」

 

起業したい人に「女子の古本屋」がおすすめの理由

タイトルのとおり、女性が店主の古書店にスポットを当てた一冊。 店主へのインタビューをまとめたものです。始めようと思った経緯、起業準備など、けっこう具体的です。 思い切りがよく男前な方がたくさん登場し、同性ながら惚れ惚れします。 他業種の起業を考えている女性にも、参考になる部分が多いと思います。(40代女性)

 

 

「女流経営 12の成功物語」

 

起業したい人に「女流経営 12の成功物語」がおすすめの理由

一流の女性経営者たち12人が、自らの起業時の思い出や苦労を語っている1冊になります。女性であれ男性であれ組織の中で活躍していきながら、自分のやりたいことを見付けて形にしていくことを考えさせられました。(30代男性)

 

 

「小さなパン屋さん、はじめました。女性オーナー10人に学ぶお店のはじめ方・続け方」

 

起業したい人に「小さなパン屋さん、はじめました。女性オーナー10人に学ぶお店のはじめ方・続け方」がおすすめの理由

起業から地元の人たちに愛されるパン屋さんへの長い道のりを、10人の女性のオーナーが語っている本になります。焼きたての美味しい味わいの魅力だけではなく、包装紙や店内のインテリアまで繊細な心遣いを感じました。(30代男性)

 

 

「庄内の起業家 創造的挑戦の軌跡」

 

起業したい人に「庄内の起業家 創造的挑戦の軌跡」がおすすめの理由

山形県庄内地方の豊かな自然に囲まれている風土や伝統を活かして成功した、5人の起業家の生きざまが伝わってきました。地元の人たちと密着型のビジネス展開とともに、地方から都市への挑戦する気持ちも感じました。(30代男性)

 

 

「神速スモール起業」

 

起業したい人に「神速スモール起業」がおすすめの理由

いつかは自分の会社を、働きながら自分のスキルを活かして隙間の時間で何かできないか。この本には、働きながら、リスクを最小限に抑え、最も早く、自分の仕事を作り出すためのツールや考え方が書かれています。起業するのに必要な、きっかけを与えてくれる本だと思います。(20代男性)

 

 

「図解 知識ゼロからはじめる起業の本」

 

起業したい人に「図解 知識ゼロからはじめる起業の本」がおすすめの理由

この本をおすすめする理由は、何と言っても、起業するにあたってのやり方が、簡単な内容で丁寧に分かりやすく書いてあるところです。 見開き2ページで、ひとつの項目になっているので、ひとつひとつチェックしていうのに、向いています。(30代男性)

 

 

「図解でわかる! ディズニー 感動のサービス」

 

起業したい人に「図解でわかる! ディズニー 感動のサービス」がおすすめの理由

「お客様を感動させるディズニーの哲学」って所に興味があったので本を購入してみよと思いました。 いつもディズニーランドやシーをお客として参加している中に、ディズニーの仕事の仕方や心構えが事細かに書かれている事です。(30代女性)

 

 

「世界一ハードルが低い!1日1時間らくらく起業術」

 

起業したい人に「世界一ハードルが低い!1日1時間らくらく起業術」がおすすめの理由

自らの過去の経験をコンテンツとして販売していく、新しいタイプの情報起業がユニークでした。元手もなく人脈も使わずに稼ぐ方法が参考になり、働くことに対するイメージや将来のビジョンについても考えさせられました。(30代男性)

 

 

「世界一わかりやすい 4コマビジネス書ガイド」

 

起業したい人に「世界一わかりやすい 4コマビジネス書ガイド」がおすすめの理由

これまで読み継がれてきた名作や新作、話題作などのビジネス書籍や自己啓発書などの要点のみをまとめてイラスト付きでわかりやすく集約されています。時間がなく多くの本が読めない方、読書が苦手な方、要点のみ知りたい方などに非常におすすめです。(20代女性)

 

 

「生き方」

 

起業したい人に「生き方」がおすすめの理由

100万部を突破した、稲盛和夫さんのロング・ミリオンセラーです。 夢をどう描き、どう実現していくか?人間としてもっとも大切なこととは何か? 多くの著名人にも愛読されている理由は読んだ人には必ず分かります。(30代男性)

 

 

「生協の白石さん」

 

起業したい人に「生協の白石さん」がおすすめの理由

東京農工大学生協内で、生協への要望を自由に書けるアンケート用紙に書き、◯◯を置いて欲しいと書いて設置以外にも、無理難題な要求に対しても面白、おかしく、真剣に返答コメント返信する事で起業が上昇している。(50代女性)

 

 

「青年社長」

 

起業したい人に「青年社長」がおすすめの理由

和民を作った渡邉美樹さんが題材になった高杉良さんのノンフィクション作品です。起業するための資金作りからはじまり、起業後の成長や途中で起きる様々なトラブルがリアルに描かれてまして、非常に入り込みます。特にも創業時から一緒だった方との変化する人間関係が面白いです。(40代男性)

 

 

「孫正義300年王国への野望」

 

起業したい人に「孫正義300年王国への野望」がおすすめの理由

孫正義社長がソフトバンクを作るまでの過程や、今後どういう方向へ向かっていくのかを壮大なプランで且つ明確に書いてある本で、自分自身にもかなり勉強になった本だったので。今でも少し弱気になった時や道に迷った時に定期的に読み返してやる気を出しています。(40代男性)

 

 

「地域と社会を変えた起業家たち」

 

起業したい人に「地域と社会を変えた起業家たち」がおすすめの理由

自らのやりたいことを追い求めていくこととともに、生まれ育った町やお世話になった人たちへの恩返しには心温まるものがありました。起業家への綿密なインタビューからは、今の時代に地方が抱えている問題点も浮かび上がってきました。(30代男性)

 

 

「働き方」

 

起業したい人に「働き方」がおすすめの理由

京セラを創業した稲盛和夫さんの本です。人は何のために働くのか。ということが沢山書かれています。とにかく一生懸命働けば報われるという精神論的ですが、モチベーションが下がっている時に読むと、やる気が出ます。(30代男性)

 

 

「読んで、考え、書き記す 起業「成功」ノート」

 

起業したい人に「読んで、考え、書き記す 起業「成功」ノート」がおすすめの理由

ワーク形式でチェックしながら起業することについて学んでいけるのが一番のおすすめポイントです。 何をするべきか、今後どうやっていくべきか、求めているものは何なのかを自分のやりたいことに重ねて確認し、見直すことのできる一冊です。(30代女性)

 

 

「不格好経営ーチームDENAの挑戦」

 

起業したい人に「不格好経営ーチームDENAの挑戦」がおすすめの理由

DENAの創業者、南場智子さんの著書です。全く何もない状況から、プロ野球チームを所有するほどの優良企業になったのか、MBAホルダーらしい思考からその生き様とビジネスへの情熱を赤裸々に描いています。勇気がもらえる内容です。(40代男性)

 

 

「法律の抜け穴全集」

 

起業したい人に「法律の抜け穴全集」がおすすめの理由

商売的・企業的活動だけでなく庶民の日常生活でも起きがちな、法律が関係してくるようなことに潜んでいる落とし穴を、ほぼ網羅していると思います。 これを読んでおけば、うっかり被害に遭うことが防げると思うので、特に何か起業/開業しようと考えている人は絶対に読んだほうが良いといえます。(50代男性)

 

 

「僕はミドリムシで世界を救うことに決めました。」

 

起業したい人に「僕はミドリムシで世界を救うことに決めました。」がおすすめの理由

日本で唯一グローバルに勝負できそうなバイオベンチャーとその社長のことが理解できるため。 また自分も自分で事業を起こすことを目指しているため、著者の「ベンチャー・マインドとは、自ら定めた領域で一番になること亅という言葉に感銘を受けた。 実際にミドリムシに関する研究やビジネスで一番になっている著者が言うからこそ、説得力のある言葉だと思う。(20代男性)

 

 

「僕らはまだ、世界を1ミリも知らない」

 

起業したい人に「僕らはまだ、世界を1ミリも知らない」がおすすめの理由

大学在学中に広告サービスを起業。その後は語学留学や世界一周、さらに会社設立も果たした著者の本。ここでは世界一周中のできごとが書かれていて、日本に足りないものや世界のできごとなど、実際に体験した情報が満載で起業アイデアのヒントになる。(30代女性)

 

 

「未来から選ばれる働き方」

 

起業したい人に「未来から選ばれる働き方」がおすすめの理由

起業をし、事業を成功させるために、おすすめの本です。従来通りの働き方や経営の仕方ではなく、新しい事業展開や理念の打ち出し方が、この本を読むと分かります。また、著者の一人はダイレクトマーケティングの第一人者なので、マーケティング理論の本としてもおすすめできます。(30代男性)

 

 

「夢をかなえるゾウ」

 

起業したい人に「夢をかなえるゾウ」がおすすめの理由

自分の人生後悔したくない、でもみんな出来ない理由ばかり考えている。収入、世間体、不安、人を縛ってる鎖なんてみんな同じ。やらずに後悔していることを今日から始めようという文章に共感しました。これから何かを始めたい、でも一歩が踏み出せないという人に読んで欲しい本です。(30代女性)

 

 

「儲けのしくみ」

 

起業したい人に「儲けのしくみ」がおすすめの理由

起業しようと思ったときに、まずはお金がないと起業できないと思っている人が多い。そんな中、50万円からできるビジネスモデルが50個紹介されている。今すぐ行動にうつせる面白いビジネスもあり将来的に起業を考えている人にもぜひおススメしたい本である。(20代男性)

 

 

コメント

  1. あっきー より:

    初めまして。
    起業に関する本について
    楽しく記事を拝見させていただきました(*´ー`*)

    またお邪魔します♪

タイトルとURLをコピーしました