転職を考えたら読みたい「転職本」おすすめ73選

スポンサーリンク

Contents

スポンサーリンク

おすすめの転職本

 

1.北野唯我「このまま今の会社にいていいのか?と一度でも思ったら読む 転職の思考法」

 

転職を考えた時に読みたい本 北野唯我「このまま今の会社にいていいのか?と一度でも思ったら読む 転職の思考法」がおすすめの理由

物語形式で、主人公がいるので自分に置き換えて読みやすい。 もはや転職に必須とも言える転職エージェントとの賢い付き合い方、転職で入るべき会社、そうでない会社、入る前に良い会社かどうか見分ける方法などを詳しく説明している点。(20代男性)

誰もが一度は思ったことのある、このままこの会社にいていいのかということから、転職をすすめ本になっています。転職するにはどう行ったことが必要なのかや、転職するための費用など様々なことが書いてあり、とても身になる本です。(10代男性)

今私がしていることが正しい選択なのか疑問に感じたから。今の会社の良さや、他の会社の良さを見つけ出せるきっかけになると良いと思ったから。また、新しく仕事を探すときにどのような職につくと良いのかなど考えてみたいから。(20代男性)

仕事をしている意味や考え方の軸の基本が記載されていると思います。業界の分析や動向など全体俯瞰をしながら転職先を決めていく事が書かれています。心理面においても揺さぶられるものがあり、本を読み終えた時に気分がすっきりしたことです。(30代男性)

転職経験がある方はいかにこれまでのやり方が間違っているかを実感する本でした。短期的な思考や転職攻略法とかではなく、自分が一生食べていける(1つの会社でというわけではなく、長い社会人人生を踏まえて)考え方やマインドを気付かせ構築させてくれる本でした。転職を考えている今、そして無駄な失敗をしたくないので、まず自分を考えをまとめこんで転職活動に挑みたいと思います。(30代女性)

今の仕事を辞めるかどうかで悩んでいたのですが、この本に出合えてとても勇気が湧いてきました。会社とは所詮ほかの人が作ったものであり、社員は奴隷のようになりがちなのですが、常に自分主体で動くことが大切なんだと学びました。自分で選択できる立場に立ち続けることでパフォーマンスがあがるのですね。(30代男性)

転職に関する本が多数出版されている中、この北野唯我さん著書「このまま今の会社にいていいのか?と一度でも思ったら読む 転職の思考法」では今までの転職する上で必要なスキルやテクニックではなく心の持ちようと考え方、あり方について話を展開してらっしゃいます。文章もとても理解しやすく、物語形式で進んでいくため読みやすいです。また、今の時代にあった転職術のようにも感じました。初めての転職を考えている方には一読の価値がある一冊だと思います。(30代女性)

転職に対する考え方が参考になった。 今のままで良いのか?と考える人はたくさんいるだろう。 けしてこうしたら良いというものではなく、あくまでも個人の自由を軸として考えている本。 恐れず転職しても良いのかもしれない。 迷っている人の背中を押してくれる一冊です。(40代女性)

転職するか迷っていたときにこの本を読み、自分の背中を押され転職しました。読み進めると悩んでいることが自分の中で解決していくので転職する勇気をもらえます。内容も読みやすいので転職するか悩んでいる人におすすめです。(30代女性)

 

 

2.北川恵海「ちょっと今から仕事やめてくる」

 

転職を考えた時に読みたい本 北川恵海「ちょっと今から仕事やめてくる」がおすすめの理由

日々の忙しさに追われ、自分の時間を大切にすることを忘れがちですが、自分自身を大切にすることを再認識できます。また、仕事とは何か、自分にとって大切なことは何か、何のために働いているのかなど、見直すいいきっかけになります。(30代女性)

ブラック企業で働いている、仕事が合わないけれど辞める勇気がない、無職になるのがこわくてダラダラ働き続けている。そんな悩みを抱える人におすすめ。人生は今いる会社がすべてじゃない、自分とその周りを大切にしようという想いに気づかせ、転職の後押しをしてくれる本。(30代女性)

今、仕事で悩む人が多くいます。この本はそんな人たちに仕事を辞める勇気を持たせてくれる本です。自殺を考える前に仕事を辞めるという大事なことを教えてくれます。また、非常に読みやすく、自分と重ね合わせたり、共感できる部分も多いため仕事以外のすべてのことに悩む人たちにとってもおすすめです。さらに主人公を助ける重要な役割の男の真相についても物語の始めから終わりまで迫ることもでき、とても面白いです。(10代女性)

今、仕事で苦しんでいる人は世の中にたくさんいると思います。その事で自ら命を絶とうとする人もいます。本の中ではそんな時、一人の男の人に出会って人生が変わっていきます。仕事をしている当事者としても本の中に入り込めるなと思ったことと、私は母親なので将来子供が仕事でつまづいてしまった時に本ででてきたような言葉をかけられる素敵な母親になりたいと思いました。(20代女性)

自分の中で何が1番大切なのか、大切にしたいのかを分からせてくれる本でした。体調を崩して死にたくなるまで追い詰められて、それでも仕事ってそんなに大切なの?と今の社会に疑問を抱きました。自分のことを大切に思ってくれている人にも気付かされます。(20代女性)

 

 

3.汐街コウ「「死ぬくらいなら会社辞めれば」ができない理由(ワケ)」

 

転職を考えた時に読みたい本 汐街コウ「「死ぬくらいなら会社辞めれば」ができない理由(ワケ)」がおすすめの理由

今いる会社を辞めたい。毎日そう思うけどなかなか一歩が踏み出せない。周りに相談してもなかなか理解してくれない。そんな人を理解してくれるのがこの本です。キャリアアップよりも、今いる会社がつらい人の転職を後押しする1冊です。(30代女性)

会社辞めていなければ、陰に陽に様々な圧力をかけられ、この本の冒頭にあるような衝撃的なアクションを起こしかねなかったと思っているのでこの本を最初読んだときは、ゾッとしたのを覚えている。ブラック企業や組織に属するだけでなく、デスマーチなプロジェクトに入ってしまうと陥りやすい視野狭窄など危険な状況をマンガというわかりやすい形で教えてくれている。(40代男性)

この本は今の仕事が辛くてたまらない人や、退職、転職を考えている人に是非一度読んでもらいたい話です。著者が漫画で分かりやすく苦しんでいる人たちの様子や気持ちが描いてくれています。共感するポイントがたくさんあって、思わず泣きそうになるぐらいでした。死ぬぐらいなら今の仕事辞めちゃえ、逃げは恥じゃない、生存戦略なんだって思えました。私はこの本を読んで、転職したいと思っていた時に励まされました。(20代女性)

 

 

4.「本気の転職パーフェクトガイド」

 

転職を考えた時に読みたい本 「本気の転職パーフェクトガイド」がおすすめの理由

転職をする時にどうしたら希望の仕事に受かるのかを探る為にこの本を購入しました。 面接のノウハウや服装に至るまで事細かに受かる為の秘訣が書かれていて参考になります。 私はこの本の通りに面接を受けて見事採用されました!(20代女性)

最初の転職マニュアルとして最適な1冊ですね。 スケジュール管理から、転職時期、自己分析、企業研究、履歴書・職務経歴書の書き方、面接対策、退職方法、引き継ぎのコツなど、転職活動に必要となる事柄を網羅しています。どの項目も、ある程度深く掘り下げて解説されていて、この本があればスムーズに転職活動が出来るようになるでしょう。(50代男性)

履歴書の書き方のコツや、内定を貰いやすい面接での受け応えの仕方など、次に企業へ就職するために出来ることを勉強出来るためおすすめします。また、パーフェクトガイドと言われているだけあり、転職するにあたってのスケジュール管理なども細かく記載されています。(10代女性)

 

 

5.SPIノートの会「【テストセンター・SPI3‐G対応】転職者用SPI3 攻略問題集【改訂版】」

 

転職を考えた時に読みたい本 SPIノートの会「【テストセンター・SPI3‐G対応】転職者用SPI3 攻略問題集【改訂版】」がおすすめの理由

自宅でWebで就職試験対策ができる。 基礎能力テストはとてもめんどうですが、練習できるならやっておく価値ありですね。 一般常識、簡単な計算のテストはどこの会社もどの程度かみたいものでしょうからね。 オススメです。(40代女性)

転職時に企業によって課せられるWeb試験の対策に最もおすすめの一冊です。SPIは中学生レベルの国語や数学を応用した問題が出題されますが、社会人になってこれを思い出すことはなかなか難しいです。この問題集を解くと非常に短期間でテスト対策ができます。特に忙しい場合に有効な一冊です。(30代男性)

 

 

6.東洋経済新報社「「会社四季報」業界地図2019年版」

 

転職を考えた時に読みたい本 東洋経済新報社「「会社四季報」業界地図2019年版」がおすすめの理由

転職先を探すのに自分がずっと身を置いていた教育業界以外は無頓着だったので何も分からず、どういう業界があるのかすら訳が分かっていませんでした。しかしこの本を見ればどんな業界が世の中には職業として存在しているのか、それぞれの業界ではどういう企業が大手なのかが一目瞭然でとても分かりやすいです。(20代女性)

 

 

7.「「求人していない会社」に転職・就職する方法」

 

転職を考えた時に読みたい本 「「求人していない会社」に転職・就職する方法」がおすすめの理由

求人票を出していない会社に転職・就職する方法について詳細に書かれています。中高年になると人材紹介会社を通しても転職・就職することが難しいのですが、本書では自己開拓転職という方法を用いて、転職・就職したい会社の人材の潜在ニーズをいち早く見つけ、求人票を出す前に自分を売り込む方法の手順を説明しています。(20代男性)

 

 

8.「10日で受かる!乙種第4類危険物取扱者 すい~っと合格」

 

転職を考えた時に読みたい本 「10日で受かる!乙種第4類危険物取扱者 すい~っと合格」がおすすめの理由

全くこういった方面の知識に縁のない方でもすごくわかりやすく解説しています。 普段の生活でも知っていたら「へえー。そうなのか」と役に立つ内容もあります。 ふとした事で火事にならないよう、普段から気を付けれるようになれるんじゃないかと思います。 ガソリンスタンドでいつも何気なく見ている文字や、いろいろある設備の意味も、だんだん分かってきて面白いです。(40代女性)

 

 

9.「13歳のハローワーク」

 

転職を考えた時に読みたい本 「13歳のハローワーク」がおすすめの理由

小さな子供のうちから職業という概念を確立することができるだけでなく、大人が読んでも世の中にはさまざまな業種や職種があるということ、また転職をするにあたって、本当に知りたい、具体的にはいくら稼げるのかといった、しびやな話にも触れてくれているので、疑似体験や試用期間なんかよりももっとリアルに仕事の奥深さを実感できる一冊だからです。(30代女性)

 

 

10.渡部幸「1週間で面接に自信がつく本」

 

転職を考えた時に読みたい本 渡部幸「1週間で面接に自信がつく本」がおすすめの理由

私は過去に、転職活動の経験がありますがいつも面接が苦手で、緊張してしまいなかなか上手くいかず、結局転職を諦めその時に働いていた所で落ち着いてしまった事があります。 なので、少しでも自身を向上させられるかなと思いこちらの本を読みましたが、わかりやすく短時間で読み理解する事ができました。 なので、転職および就活生にもおすすめな1冊です。(30代女性)

 

 

11.「21世紀型ライフスタイルマニュアル 自分らしく自由に生きる」

style=border:none

転職を考えた時に読みたい本 「21世紀型ライフスタイルマニュアル 自分らしく自由に生きる」がおすすめの理由

今まで既成概念にとらわれすぎていた自分の考えをある程度、違う生き方を考えさせられた本でした。会社に依存しすぎている割には会社側からの恩恵はさほどないのに何とかしがみついているような自分があり、それではこれからの時代はダメだと思わされ、そしてこれからはどういう風にして生きていった方がいいか等、色々勉強になりました。読む価値ありだと思います。(50代男性)

 

 

12.アレックス・ロビラ「Good Luck」

 

転職を考えた時に読みたい本 アレックス・ロビラ「Good Luck」がおすすめの理由

自分の人生は運命や偶然でうまくいくものではない。 自分で情報を集める。下積みをする。うまい話には乗らないなど、自分の努力なくしては自分が納得する人生にならない。という事が物語になっており、とても読みやすい。(30代女性)

 

 

13.リンダ・グラットン他「LIFE SHIFT」

 

転職を考えた時に読みたい本 リンダ・グラットン他「LIFE SHIFT」がおすすめの理由

現在の年齢別に応じて、これからどのような働き方をするのがふさわしいかを説明してくれている本です。これから10〜30代前半ほどの若者は、終身雇用や年金など親世代にある当たり前にあったものがなくなるので、会社だけでなく、自分の強みや趣味を生かし複数の仕事をする必要があると痛感させられ、これからどんな仕事をすべきか自分を見つめ直すきっかけになりました。一度は読んでおくべき本だと思います。(20代女性)

 

 

14.「あなたのキャリアのつくり方 ──NPOを手がかりに」

 

転職を考えた時に読みたい本 「あなたのキャリアのつくり方 ──NPOを手がかりに」がおすすめの理由

「フルタイムで終身雇用」というかつて「普通」と思われていた働き方が難しくなってきた現在、会社に依存するだけではなく自分の意志でキャリアを作っていこうという新たな働き方の道を示している本です。著者が研修しているNPOを例に挙げていて具体的にキャリアデザインを考えることができます。(30代女性)

 

 

15.「いいことがいっぱい起こるすぐ動く人になる8つのコツ」

 

転職を考えた時に読みたい本 「いいことがいっぱい起こるすぐ動く人になる8つのコツ」がおすすめの理由

仕事の場面でも大いに参考になりますが、私自身は転職活動時に活躍してもらった1冊です。 就職活動というのは仕事にも通じており、いかにチャンスを掴むか、またそれをどう活かしていくかが肝になっていきます。それには行動力・実行力が鍵となり、それらをどう自分のなかで対処していくのかが、テーマ毎に見開きでパッと読めます。だから、目次を見ながら、今の自分に何が足りないのかを考えたらすぐにその参考になる解説・コツが載っているので、転職活動中は、面接の時など持ち歩いていました。ちゃんと「頭が真っ白」になった場合のことも載っているので、転職活動時における様々な場面に適応できます。(30代女性)

 

 

16.トム・ラス「さぁ、才能に目覚めよう」

 

転職を考えた時に読みたい本 トム・ラス「さぁ、才能に目覚めよう」がおすすめの理由

詳細な自己分析ができる。自分に一体何が向いているのか、自分でやりたいと思っていたことは果たして、適切があるのかどうか、自分の事について客観的に判断するための診断ツールつきで、転職の際の方向性を決める上でも役に立ちます。5つの才能を診断してもらえるのでそれらから職業選択を行うヒントが得られます(20代女性)

 

 

17.「サラリーマンだけが知らない好きなことだけして食っていくための29の方法」

 

転職を考えた時に読みたい本 「サラリーマンだけが知らない好きなことだけして食っていくための29の方法」がおすすめの理由

サラリーマンとして組織や上司の言うことをこなしているだけの毎日を過ごしている私にとって画期的な一冊。企業に属さず自分がいいと思うことに対しての見解やモチベーションの高め方、意識の持ち方の考え方が改まり嫌なことをしていき生活する毎日から勇気を持って自分本位に考えをスタートさせるきっかけが出来た。(20代男性)

 

 

18.「タウンワーク」

タウンワーク

転職を考えた時に読みたい本 「タウンワーク」がおすすめの理由

今自分が今後働いて行くのに適した内容の詳しい説明、会社の所在地、時間帯、雇用体制、福利厚生 作業時間 どういった作業内容 または年末年始 お盆休み 有給休暇 社員旅行などが詳しく説明されていて、とても内容が充実した一冊です。(50代男性)

 

 

19.尾原 和啓「どこでも誰とでも働ける――12の会社で学んだ“これから”の仕事と転職のルール」

 

転職を考えた時に読みたい本 尾原 和啓「どこでも誰とでも働ける――12の会社で学んだ“これから”の仕事と転職のルール」がおすすめの理由

12社もの企業を渡り歩いた後独立し、本当の意味での自由な生き方を手に入れた著者が、これからの社会で幸せに生きるには何が必要かということを述べています。最早一つの企業に依存して生きる時代ではないことがよくわかる一冊です。(50代男性)

 

 

20.「ニーチェ勇気の言葉」

 

転職を考えた時に読みたい本 「ニーチェ勇気の言葉」がおすすめの理由

ドイツの哲学者ニーチェの名言が、ヨーロッパの美しい写真と共に掲載されています。見ているだけで「世界は広い!ここでウジウジしていたらダメだ!!」と思わせてくれます。名言も背中を押してくれるものが多く、「自分が人生の主人公だ!」という気持ちが生まれるので転職への力になるでしょう。(30代女性)

 

 

21.「ニサッタ、ニサッタ」

 

転職を考えた時に読みたい本 「ニサッタ、ニサッタ」がおすすめの理由

就職した会社が潰れたのを皮切りに、不運が重なり、自分自身にも問題があった主人公はワーキングプアになってしまうが、そこから様々な経験を経て、立ち直る姿を描いた小説だが、読んでいて自分も頑張ろうという気持ちになる。(20代女性)

 

 

22.「ビジネスエリートへのキャリア戦略」

 

転職を考えた時に読みたい本 「ビジネスエリートへのキャリア戦略」がおすすめの理由

ビジネスエリートが実践したキャリア設計法、世の中の動向、キャリアに対する伝統的な考え方の間違い、人材市場の実態などを具体的に書かれており、転職する際のブレインストーミングになくてはならない武器といってもいいです。仕事に対する我々の常識はエリート世界では非常識かもしれないので、それを分かったうえで劇的に人生を変えるマジックがあります。今まで数回転職してきましたので、自信を持ってこの本をお勧めします。もちろん、今までの転職は全部大成功です。(30代女性)

 

 

23.B-ing編集部「プロ論」

 

転職を考えた時に読みたい本 B-ing編集部「プロ論」がおすすめの理由

現在は休刊となった転職情報誌「B-ing」の巻頭インタビュー50人分をまとめた一冊。経営者、作家、タレントなど様々な分野で活躍している方の話は実に興味深く刺激を受ける。これから転職しようとしている人に限らず、自分の人生を見つめ直すきっかけとなるヒントが沢山あるので、是非、沢山の方に読んでほしい本。(40代男性)

 

 

24.「ポール・スミザーの気持ちがスーッとラクになる生きるヒント」

 

転職を考えた時に読みたい本 「ポール・スミザーの気持ちがスーッとラクになる生きるヒント」がおすすめの理由

転職したい!けれど今自分が抜けたら会社に迷惑がかかる。そんな悩みをかかえてズルズルと居座ってしまう人は多いはず。この本はそんな人生の分岐点に立っている人を応援してくれる本。植物の特徴に合わせて書かれたメッセージを読むと、何を大切にすべきかよくわかってきます。(30代女性)

 

 

25.ちきりん「マーケット感覚を身につけよう」

 

転職を考えた時に読みたい本 ちきりん「マーケット感覚を身につけよう」がおすすめの理由

相場を見極めた「価値」の見つけたかを教えてくれる本です。自分の得意なこと、好きなことの中で、何が世の中に売れるのか?を考える時に、役に立つ思考論を展開しています。自分の社会的市場価値を知りたい、考えたい時にオススメです。(20代女性)

 

 

26.森 絵都「みかづき」

 

転職を考えた時に読みたい本 森 絵都「みかづき」がおすすめの理由

しがない用務員のお兄さんが一人の女の子との出会いにより塾社長になっていくのですが時代背景がよくとらえていて実際にあった話のような錯覚を覚えます。また社長になったあとも子供や孫まで塾に関わりを持っていくのですがとても面白いのでまずは読んでみてください(40代女性)

 

 

27.福島 創太「ゆとり世代はなぜ転職をくり返すのか?」

 

転職を考えた時に読みたい本 福島 創太「ゆとり世代はなぜ転職をくり返すのか?」がおすすめの理由

若者の転職についての原因やとりまく環境について書かれており、自分にも思い当たる節があると納得できる部分や、そういう考え方もあるのかと驚かされる部分が書かれておりあり大変興味深く読み進めることができる。(30代女性)

 

 

28.マイケル・ゲイツ・ギル「ラテに感謝!」

 

転職を考えた時に読みたい本 マイケル・ゲイツ・ギル「ラテに感謝!」がおすすめの理由

この本の作者は、超一流広告企業のトップとして働いていた白人男性のお話です。離婚、突然の解雇が重なり、自分の人生に本当に大切なものは何かを見つめ直す物語です。ひょんなことから、スターバックスのバリスタとして働くことになった高齢男性。そこから学ぶことは素晴らしい仕事価値と人間関係だった。(50代女性)

 

 

29.「リネンで雑貨」

 

転職を考えた時に読みたい本 「リネンで雑貨」がおすすめの理由

私が転職というか、仕事探しで自分にあった仕事に向き合えたきっかけを作ってくれた本です。そして、そんなに難しく考えなくとも、ただ見ているだけで、何だか、ほっとするんです。私目線ですが、私の価値観にあった写真だったり、文章も私サイズの文章なので、そんなに難しく読んでいて、頭が痛くなりません。素直に的を得ている本です。(30代女性)

 

 

30.「ルー・タイス『アファメーション』」

 

転職を考えた時に読みたい本 「ルー・タイス『アファメーション』」がおすすめの理由

新しく何かを始めたいと思っている方にお勧めの本です。 自分が成功している所をイメージすることで、自己の限界にチャレンジしていく気持ちを養っていく。 本書は成功イメージうと現実のイメージを一致させる重要性が説かれています。(50代男性)

 

 

31.「一生、同じ会社で働きますか?」

 

転職を考えた時に読みたい本 「一生、同じ会社で働きますか?」がおすすめの理由

転職は悪いイメージがある。しかし、著者は12回も転職をしているという強者。転職は、あと2回できると余裕を持つことが大切らしい。転職も、自分の夢を叶えるための一つの手段として、選択肢に入れて働いていきたいと思う。(30代女性)

 

 

32.「下克上転職」

 

転職を考えた時に読みたい本 「下克上転職」がおすすめの理由

転職したい時に友人に紹介された一冊です。転機をどう好転するか、ビジネスへの考え方などが分かりやすく書かれています。資格取得の必要性や一発逆転するにはどうするべきか学ぶことができます。私もオススメしたい一冊です。(30代女性)

 

 

33.「可愛いままで年収1000万円」

 

転職を考えた時に読みたい本 「可愛いままで年収1000万円」がおすすめの理由

「好きなことを 好きなときに 好きな場所で 好きなだけ」をコンセプトに女性の新しい働き方を発信している本です。好きを仕事にするにはどうしたらいいのか、ご自身が年収1,000万円になるまでの実体験から今の仕事について書かれているので『自分も一歩踏み出して挑戦してみよう』とやる気を出させてくれます。仕事も人生も思い通りに行く秘密のリストがこの本には書かれています。セカンドビジネスや今の仕事に満足いかず、自分らしく働きたい方はオススメです。(30代女性)

 

 

34.湯本香樹実「夏の庭」

 

転職を考えた時に読みたい本 湯本香樹実「夏の庭」がおすすめの理由

主人公は二人の友達河辺と山下と死生観について興味本位で知らないおじいさんを観察するお話です。主人公の家庭での話も面白いのですがおじいさんとの関係(成長)ということに関しても自分の生き方を見直そうと思わせるような人生にとって大切な話が書いてあります。(30代女性)

 

 

35.「暇と退屈の倫理学」

 

転職を考えた時に読みたい本 「暇と退屈の倫理学」がおすすめの理由

とにかく暇で退屈で仕方がなくて、仕事を辞めたい!会社を辞めたい!と思っていた時に読んだ本です。この本を読むことで、この考え方に陥る仕組みがわかり、自分が求めているのは刺激であり、好きなことも明確になって、転職にいたりました。(30代女性)

 

 

36.平林千春「花王 強さの秘密」

 

転職を考えた時に読みたい本 平林千春「花王 強さの秘密」がおすすめの理由

花王という会社の強さに何があるのかがわかりやすく書かれている。主に企業理念やそれを浸透させるための取り組みについて描かれているが、それらが独特の風土が築かれる理由となることがよくわかる。花王に転職したい人、実直で正直な生き方を求める人におすすめ。(20代女性)

 

 

37.「嫌われる勇気」

 

転職を考えた時に読みたい本 「嫌われる勇気」がおすすめの理由

嫌われる勇気では、アドラー心理学の説明をされています。アドラー心理学では、自分の気持ちに嘘をついていては、幸せになれないことを言われています。転職と言うとマイナスなイメージがありますが、自分が転職したいと思ったときに、後押ししてくれる本です。(20代男性)

 

 

38.中越裕史「好きなことが天職になる心理学」

 

転職を考えた時に読みたい本 中越裕史「好きなことが天職になる心理学」がおすすめの理由

カウンセラーとして活躍してらっしゃる著者が仕事を通して幸せになる方法を解説してくださっています。こうしろ、ああしろという紋切り型ではなく、また無理難題を吹っかけるわけでもなく、やさしい語り口でユーモアを含めながら自分を見つめなおさせてくれるいい本です。(40代女性)

 

 

39.稲垣えみ子「魂の退社」

 

転職を考えた時に読みたい本 稲垣えみ子「魂の退社」がおすすめの理由

稲垣さんが、退職を考えてから行動に移すまでの準備が描かれています。生活費を抑えるために電気代や食費の節約方法なども載っています。退職して幸せに生きている稲垣さんに憧れを抱きました。私たちはお金を得るために、知らず識らずのうちに幸せを失っているのかもしれません。(20代女性)

 

 

40.小島美津子「採用される履歴書・職務経歴書はこう書く〈実例付き)」

style=border:none

転職を考えた時に読みたい本 小島美津子「採用される履歴書・職務経歴書はこう書く〈実例付き)」がおすすめの理由

面接が上手くいかない原因などよくわかりますが、自己分析のやり方や答えにくい質問への回答なども詳しく学べます。各業界でどんな人材が評価されるのかなど解説されているので転職のヒントを得られるのでおすすめです。(20代女性)

 

 

41.田畑 晃子「採用側のホンネを見抜く 超転職術」

 

転職を考えた時に読みたい本 田畑 晃子「採用側のホンネを見抜く 超転職術」がおすすめの理由

転職を考えている20代の若者には刺さる本だと思います。転職活動に対する考え方、進め方のイロハが詰まっています。企業研究と自己分析の方法と、両者をマッチさせる方法しか書いてありません。企業研究をどのように進めればよいか、自己のビジネス経験をどのように棚卸すればよいか、を知りたい方にはおすすめだと思います。両者をマッチさせるための方法論や、転職エージェントとの付き合い方も参考になります。(50代男性)

 

 

42.「採用側の本音を知れば転職の書類選考は9割突破する」

 

転職を考えた時に読みたい本 「採用側の本音を知れば転職の書類選考は9割突破する」がおすすめの理由

この本は、転職における書類選考を採用側の視点で解説し、応募者がどの点に注意して応募書類を作成していけばよいかを詳細に解説しています。例えば、趣味・特技欄で採用側は、業務に支障のない健全な生活をしているかや物事への取り組み姿勢を見ていることを解説し、ギャンブルや副業、長期休暇の取得を予測させるような記述を避けるようにアドバイスしています。転職する際の書類作成においてはかなり優秀です。(20代男性)

 

 

43.「仕事は楽しいかね?2」

 

転職を考えた時に読みたい本 「仕事は楽しいかね?2」がおすすめの理由

求人広告で、「他社に負けない給与・待遇」と書いてある会社を探してはいけない。それは、どこにでもある会社と言っているようなものだから。私は、仕事を探す時点で間違っていたらしい。思いっ切って、「才能のある人募集」に応募してみようと思う。(30代女性)

 

 

44.「資格2000」

資格2000

転職を考えた時に読みたい本 「資格2000」がおすすめの理由

国家と公的と民間の資格が2000種類が買いており、それぞれの資格に学歴制限や年齢制限などが買いております。 転職には資格が大きな結果を生みます。 年に何回の試験があるか?手続きは何時?受験票は何時に届くか?試験地は何処?試験開始時間は?試験料金はいくら? どの様な仕事に使えるか?その資格で資格手当と昇格と賞与は?等色々なアドバイスが解りやすく書かれています。(30代男性)

 

 

45.福澤徹三「自分に適した仕事がないと思ったら読む本」

 

転職を考えた時に読みたい本 福澤徹三「自分に適した仕事がないと思ったら読む本」がおすすめの理由

現在は作家業をなされてる氏ですが、高校を卒業後は多くの職を転々とされたそうです。最初は就職マニュアル本かと思ったのですがそうではなく、就職とは何か?働くとはどういう意味なのか?といった割と根本的なことについて書かれています。若い方が就職するとなるとどうしても待遇面だったり、会社の大きさを基準に置きがちですが、氏は自分はおちこぼれと認めたうえで、そんな人にこそ手に取ってほしいと書いています。(30代男性)

 

 

46.SANCTUARYBOOKS「自由であり続けるために、僕らは夢でメシを喰う―自分の店」

 

転職を考えた時に読みたい本 SANCTUARYBOOKS「自由であり続けるために、僕らは夢でメシを喰う―自分の店」がおすすめの理由

タイトルのとおり自由であり続けるために夢でメシは喰える、好きなことを好きなようにやって喰っていけるのだと気付かせてくれます。本書はその方法として自分の店を持つプロセスを解説していますが、そうでなくても時間を切り売りして嫌な仕事をしている方、生きるためにしょうがなくやりたくもない仕事をこなしている方に必ず夢を与える本だと思います。自分もこの本をきっかけに夢を持ち独立開業しました。(30代男性)

 

 

47.「社会人大学人見知り学部 卒業見込」

 

転職を考えた時に読みたい本 「社会人大学人見知り学部 卒業見込」がおすすめの理由

オードリーの若林著の作品です。 エッセイですが、生き方や仕事について考えさせられる言葉が沢山ありました。 転職を考えている人やこれから就職活動をする人に、「生き方=働き方」という目線で読むこの本をお勧めしたいです。(30代女性)

 

 

48.藤井佐和子「受かる人はここが違う!転職面接 採用を勝ち取る技術」

 

転職を考えた時に読みたい本 藤井佐和子「受かる人はここが違う!転職面接 採用を勝ち取る技術」がおすすめの理由

まさに、転職面接のバイブル。長年離職していて、面接のノウハウなどすっかり忘れていた私。若かった頃は、面接で事前に用意することなしに挑んでいたのは、若さを買われていただけだったんだと痛感しました。この本では、どこをポイントに自己アピールすれば良いかが詳しく書かれていてとても参考になりました。(40代女性)

 

 

49.武田双雲「書く力」

 

転職を考えた時に読みたい本 武田双雲「書く力」がおすすめの理由

サラリーマンだった著者が書道家として生き始めてから、人生を楽しく生きている姿がとても好感が持てました。書くことの大切さを知り、感謝の気持ちを持って生きている事、文面からもゆったりとした人柄が伺えます。書くことによって、自分を受け止めたりすることが出来る効果があるなんて思ってもみませんでした。お勧めの本です。(60代女性)

 

 

50.「女子のキャリア海老原嗣生著(ちくまプリマー新書)」

 

転職を考えた時に読みたい本 「女子のキャリア海老原嗣生著(ちくまプリマー新書)」がおすすめの理由

ちくまプリマー新書はティーンズ向けのシリーズですが、その内容はこれから就職を控える若い人だけでなく大人の女性にもずしんと響くものです。 転職を考えている女性にとって、これからの生き方や会社選択のヒントになる内容が盛りだくさんです。 大人の女性にもぜひ読んでいただきたい。(40代女性)

 

 

51.「女性が税理士になって成功する法」

 

転職を考えた時に読みたい本 「女性が税理士になって成功する法」がおすすめの理由

女性が社会に進出し、バリバリ働いてキャリアを積みたいと思う反面、結婚や出産も経験してみたいと考える人も多いはず。どちらも人生において重要な選択ですが、両立は大変難しいのも事実。そんな中で「税理士」資格を取得することで、女性の働き方について新しい道を紹介している本です。税理士として独立し仕事と家庭を両立していたり、大手の会計事務所でキャリアを積んでいたりと様々で転職に悩む女性にお勧めです。(40代女性)

 

 

52.妹尾河童「少年H」

 

転職を考えた時に読みたい本 妹尾河童「少年H」がおすすめの理由

戦前から戦後の様子などが書かれており少年H と少年Hの家族の過ごす様子や外国と日本の厳しい関係が分かりやすく表現されています。中でも父と居る時の場面が印象的です。結論 戦争というちっぽけな戦いでいろんな人が傷つき死んで行くまた後に精神が不安定になる。そういう戦争はあなたはどう思いますか?という本だと思います。(30代女性)

 

 

53.三浦しをん「神去なあなあ日常」

 

転職を考えた時に読みたい本 三浦しをん「神去なあなあ日常」がおすすめの理由

大学受験に失敗した高校生が街角広告にガムを飛ばして見つけた女性に会いたいが為に林業の世界に飛び込んだ話です。この本からどんなきっかけでも頑張り次第ではなんでも天職となる仕事に巡り会えるのではと考えさせられ、また今転職するかで悩んでいる人にも受け取り方はそれぞれ違えど読み終えた後に何か心に残る、そんな内容なので是非読んでもらいたいです。(20代女性)

 

 

54.「絶対にやってはいけない!!NG転職活動」

 

転職を考えた時に読みたい本 「絶対にやってはいけない!!NG転職活動」がおすすめの理由

転職活動で悩んでいる方におすすめです。履歴書の志望動機書き方や面接での振舞い方など参考になりました。この本を読む前は面接落ちまくっていたのですが、この本を参考にして実践したら偶然かもしれませんが受かりました。(20代女性)

 

 

55.「専業主婦が就職するまでにやっておくべき8つのこと」

 

転職を考えた時に読みたい本 「専業主婦が就職するまでにやっておくべき8つのこと」がおすすめの理由

17年間専業主婦をして全く働いていなかった著者が、40代で最初の仕事である給食のおばちゃんから、外資系一流ホテルの副支配人を経て、最終的には5つ星のラグジュアリーホテルに勤務というわらしべ長者的な出世街道に、元気づけられる主婦がたくさんいると思ったのがオススメの理由です。(40代女性)

 

 

56.「多動力」

 

転職を考えた時に読みたい本 「多動力」がおすすめの理由

どこかの会社の従業員である限り給料をもらっている以上は苦しさや必要の無い慣習、必要のない時間や努力をしなければ 生き残っていけないという古い考えの中、現実を受け入れ頑張っている社会人も多い。 しかしひとつのことにこだわらず自分がよいと思うものを次から次へとやっていくこと、縦社会を横にして活躍の場を広げていくことが 仕事になることなど自分の今後に参考になる内容だった。(40代女性)

 

 

57.「退職・転職を考えたらこの一冊」

 

転職を考えた時に読みたい本 「退職・転職を考えたらこの一冊」がおすすめの理由

退職、転職の際にかかわる雇用保険・健康保険から年金・税金まで、面倒な退職・転職前後の手続きと書式の書き方を丁寧に解説してくれており、分かりやすいかったです。退職して不安な時にどうしたらいいのか読んで対処できるので助かります。(30代女性)

 

 

58.「大企業は20代でやめなさい」

 

転職を考えた時に読みたい本 「大企業は20代でやめなさい」がおすすめの理由

日本では朝と夜になるとスーツを着た大勢のサラリーマンが満員電車に揺られて通勤している。そんな彼らの顔は全くいきいきしていない。それは大企業という歯車の中におり、ただただ毎日を過ごしているからだ。今は大企業で一生働く世の中ではない。そんなことを考えさせられる本である。(20代男性)

 

 

59.谷所 健一郎「誰にも聞けない転職の正解がわかる本」

 

転職を考えた時に読みたい本 谷所 健一郎「誰にも聞けない転職の正解がわかる本」がおすすめの理由

さすがに正解はわからないが、広く浅く全体を知れる。本屋でパラパラ見たときに、自己分析のワークが比較的充実していたのが選んだ理由です。残業がとか有給がとか突発多すぎとか細々した希望から挙げているうちに、心身ともに健康に働けるというコレしかない感あるワードにたどり着きました。そのために社内外両方見渡しながら進もう、実際転職活動することになったら、手順とかまた読み返そうと思いました。(50代男性)

 

 

60.「超一流になるのは才能か 努力か?」

 

転職を考えた時に読みたい本 「超一流になるのは才能か 努力か?」がおすすめの理由

この本は、フロリダ州立大学心理学部教授アンダース・エリクソン氏が書かれた本です。高業績を挙げた人や偉大なひとを見ていると、天性の才能というところにどうしても視点がいってしまいますが、この本は、普通の人でも努力によって、偉大な成果を挙げることができる事例と、それを実証的に証明している内容が盛りだくさんに書かれてます。自分には才能がないなと思った方は、是非読んで元気を出していただきたいと思います。普通の人が長期間にわたって努力し続けることで、偉大な成果を挙げることができるということについて確信すると思います。(50代男性)

 

 

61.「天職がわかる心理学 いまの仕事で心が満たされていますか?」

 

転職を考えた時に読みたい本 「天職がわかる心理学 いまの仕事で心が満たされていますか?」がおすすめの理由

転職するかどうか悩んでいた時に購入しました。 じぶんが本当にやりたいことはなにか?実は過去の記憶に潜んでいる…等見つけ方をわかりやすく解説してくれていて、どんどんページをめくって読みたくなる本でした。(20代女性)

 

 

62.高野秀敏「転職して「成功する人」と「後悔する人」の習慣」

 

転職を考えた時に読みたい本 高野秀敏「転職して「成功する人」と「後悔する人」の習慣」がおすすめの理由

成功する人の職場での行動、習慣等について書いてあり、最初の仕事で成果の出来不出来で自分に対する印象が左右されることや、人より早く出社し意欲的な姿勢を見せるなど当然に思える内容なのだが、こう言った当たり前に思える事を習慣的に行動に移す事で成功に繋がるのだと改めて再認識させられる本なのでおすすめである。(20代男性)

 

 

63.黒田 真行「転職に向いている人 転職してはいけない人」

 

転職を考えた時に読みたい本 黒田 真行「転職に向いている人 転職してはいけない人」がおすすめの理由

転職するのに向いている、向いていないが突き詰めて書いてありました。 向いていない人にはちょっと厳しく感じるかも知れませんね。 実際に転職を考えている人はぜひ動く前に読んだ方が良いのかもしれません。 とてもオススメです。(40代女性)

 

 

64.山藤佳道「転職のススメ 辞める理由 辞めない言い訳」

style=border:none

転職を考えた時に読みたい本 山藤佳道「転職のススメ 辞める理由 辞めない言い訳」がおすすめの理由

仕事のできない人ほど、ああだこうだと言い訳を並べる。結局は、転職をするのが怖いだけ。仕事のできる人は、条件の良い会社へ行くものだ。転職がダメいう時代は終わった。転職を考えている人に、是非読んでもらいたい。(30代女性)

 

 

65.鈴木康弘「転職の赤本」

 

転職を考えた時に読みたい本 鈴木康弘「転職の赤本」がおすすめの理由

適職が判断できるチャート付き。 こう言うところは参考になりました。 それから、著書の考えが根本的に全面に押し出されるのでやはりこれも参考程度にして、それと比較して自分の考えをまとめるのに適しています。 そういった意味でオススメです。(40代女性)

 

 

66.「転職パーフェクトガイド」

 

転職を考えた時に読みたい本 「転職パーフェクトガイド」がおすすめの理由

これは夫が、以前勤めていたブラック企業から今の会社に転職する前に購入してきた本です。今も家にあります。夫はなかなか腰が重く、私が読んでくどくど聞かせました(笑)私自身は特殊な業界にいるのであまり参考にならないけど、こちらの本はサラリーマンの方など会社にお勤めの方向けで、転職の面接や履歴書の書き方、退職の理由など具体的に書いてあり分かりやすいです。(30代女性)

 

 

67.丸山 貴宏「転職面接の話し方・伝え方」

 

転職を考えた時に読みたい本 丸山 貴宏「転職面接の話し方・伝え方」がおすすめの理由

やっとの思いで転職したのに、転職先の企業はイメージとは違い、こんなはずじゃなかったのにと後悔してしまう様な、そんな失敗転職にならないための転職面接本です。面接官が気に入りそうな回答例を用意しておけばよいでしょう。しかし、転職で本当に幸せになるには、自分の希望をしっかり伝え、理解してもらったうえで入社する必要があります。1万人以上の転職希望者と面談し、利用者満足度96%をほこるキャリアコンサルタントである著者が、希望が叶う転職を成功させるための、話し方・伝え方のコツを紹介してくれます。(50代男性)

 

 

68.戸田智弘「働く理由」

 

転職を考えた時に読みたい本 戸田智弘「働く理由」がおすすめの理由

「仕事」に関する先人たちの言葉と著者の解説が載っています。今の仕事、なんだかな~、と思っていたとき、読んで良かったです。自分は20代終わってしまいましたが、改めて「やりたいこと」を探してみようという気持ちになりました。 人が働く理由はそれぞれですが、やっている仕事は同じでもどう意義付けをするかで自分の人生における仕事にかける時間の重みがだいぶ変わってくるということを改めて感じました。キャリアを選ぶ軸として足りなかった視点を補うことができたと思います。 就職活動してる人にはおすすめです。(30代女性)

 

 

69.「僕の仕事は YouTube」

 

転職を考えた時に読みたい本 「僕の仕事は YouTube」がおすすめの理由

YouTuberであるHIKAKINがどのようにYouTuberになったかの経緯が書かれいている一冊になります。 私も以前からYouTuberに興味があったのでとても役立つ本だと思いました。 楽な仕事のようで、そうではない世界だという事がわかりました。(20代男性)

 

 

70.喜多川泰「僕の就職活動を変えた十通の手紙」

 

転職を考えた時に読みたい本 喜多川泰「僕の就職活動を変えた十通の手紙」がおすすめの理由

就職活動をする際に、自分がこれから社会人としてどう生きていくのかを考える際にとても役立ちました。特に、ただお金を稼ぐためだけではなく、会社を1人の人間として例え、どんな人間の細胞になりたいかという観点で会社を選ぶという価値観が新鮮でした。主人公が就職活動中でストーリ仕立てになっているのも共感しやすく、全体的に読みやすい本になっています。(30代女性)

 

 

71.渡辺 秀和「未来をつくるキャリアの授業 最短距離で希望の人生を手に入れる! (日経ビジネス人文庫)」

 

転職を考えた時に読みたい本 渡辺 秀和「未来をつくるキャリアの授業 最短距離で希望の人生を手に入れる! (日経ビジネス人文庫)」がおすすめの理由

東大の授業で取り入れられているもののようです。 キャリアは自分で作るもの、キャリア形成とは? に迫れる本です。 自分次第というところでモチベーションが上がりますね。 本書は特別な能力が無くても良いというのが基本的な考え方なので誰しもやる気が出せそうです。 オススメいたします。(40代女性)

 

 

72.メンタリスト DaiGo「面接官の心を操れ! 無敵の就職心理戦略」

 

転職を考えた時に読みたい本 メンタリスト DaiGo「面接官の心を操れ! 無敵の就職心理戦略」がおすすめの理由

面接官を操れという題名にひかれて購入。 ハロー効果など、心理的な作戦もさることながら単純に面接官も人間なので心をくすぐる事が必要なのかもと感じました。 例えば会社を三つ誉めるとかです。 自分をアピールするという考え方が吹っ飛びました。(40代女性)

 

 

73.草下 シンヤ「裏のハローワーク」

 

転職を考えた時に読みたい本 草下 シンヤ「裏のハローワーク」がおすすめの理由

世の中には実にいろいろな怪しい仕事があり、ブラック企業とはまた別の視点で転職を考える上で今のまま留まるのもひとつの方法だと逆に思わせてくれるような内容がまとまっている。人にはいろいろな生き方があるのだとあらためて考えさせる本。(50代男性)

 

 

タイトルとURLをコピーしました