映画好きが選ぶ!近未来を舞台にした映画おすすめ68選

スポンサーリンク

Contents

スポンサーリンク

おすすめの近未来を舞台にした映画

 

1.インターステラー

近未来を舞台にした映画「インターステラー」がおすすめの理由

伏線がすごい。そして切ない。最初は話が長くてじれったいが、後の伏線回収があるので、最初から最後まで真剣に見るべし。 この映画は宇宙の話なんだけど、実際こんなことがあってもおかしくないと思えるし、そこに巻き込まれる人々の心情を思うと凄いせつなくなります。(20代男性)

荒廃した地球に変わる人類の新たな生息地を見つけ出すための、宇宙飛行士たちの冒険を描き出している作品になります。環境破壊や食糧問題への切実な危機感と共に、まだ見ぬ世界へのほのかな憧れも伝わってきました。(30代男性)

地球の寿命が尽きかけ、新たな人類が住む惑星を探しにいく話なのですが、一見して現実には起こりえないことが、相対性理論などに基づくと実際に起こりえるということを上手く映像で表現した作品であり、迫力のある映像だけではなく家族愛を表現したストーリー性も秀逸でお勧めです。(30代男性)

クリストファー・ノーラン節全開の、伏線ばちばちの名作。SFでよくある宇宙理論などを分かりやすく散りばめており、SF初心者にもおススメです。ストーリーも見事ながら、見たことのない映像を実現していることも魅力の1つです。登場するAIが可愛いです。(20代女性)

よくある父と娘の親子愛を描いたSF映画で、ヒューマンな映画としても秀逸なのですが、何といっても作中のSF表現が素晴らしい作品です。 今までのSF映画では映像表現が難しいとされてきた5次元の世界や、ブラックホールの内部の様子を映像としてみる事ができます。 また、サウンドも宇宙空間での緊迫感を上手く表現していて、SF好きにはたまらない映画ではないでしょうか。(20代女性)

 

 

2.バック・トゥ・ザ・フューチャー

近未来を舞台にした映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー」がおすすめの理由

この映画は3部作あり、特にオススメは2です。タイムスリップがテーマとなっている作品で、2には昔の人が考える2015年の未来も出てきて、なおかつ、1で出てきた日にちにタイムスリップして、1の話の内容も混ざっているので話の展開にワクワクします。(10代男性)

タイムマシーンに改造した車で未来、過去を行き来する。 映画が出来たのは21世紀前で21世紀の未来のことを映画の中で紹介している。 21世紀になった現在と比較して、現実になったものを考えていくと面白い。 また、夢とユーモア、ドキドキ感もある、家族とみても面白い名作であると思う。(40代男性)

全3作だが、SFとしてもヒューマンドラマとしても不朽の名作。主人公が博士と共にタイムスリップのパラドックスを攻略する物語。主人公がより良い未来に戻るためのさまざまな努力、1980年代に21世紀を予見できていたかどうかの検証の楽しみ、推理小説的な探求など、オススメの要素は語りつくせない。(40代女性)

ラスト30分くらいはドキドキしすぎて心臓が口から飛び出そうだった。マーティが過去の舞台で後の父と母をどうにかくっつけようと四苦八苦する姿がとても可愛かった。それがまた最初はうまくいかない。ドクもドクで1955年では破り捨てた手紙をちゃんと貼り付けて持ってたシーンが好き。(10代女性)

ある一人の少年が、未来と過去を行き来して、自分の不幸な生い立ちをやり直す。その過程で悪役と戦い、勝利することで未来が自分の思い通りになっている展開がしびれます。あと、ところどころくすっと笑えるシーンもあるのでコメディ映画としても面白いです。(20代男性)

 

 

3.レディ・プレーヤー1

近未来を舞台にした映画「レディ・プレーヤー1」がおすすめの理由

元になっているのはベストセラー小説「ゲームウォーズ」になり、2018年の4月20日に劇場公開された作品になります。2045年の仮想空間での冒険を通して、現実の世界へと向き合っていく少年少女たちの姿が微笑ましかったです。(30代男性)

VR(バーチャルリアリティー)で擬似世界を体験できるゲームが世界で流行っているという近未来の話です。その世界では自分は何者にもなれるのですが、ゲームの創設者が亡くなり、ゲームを支配できる権利と大量の資産をゲームのプレーヤーたちで争い合うという話です。 ガンダムが出てきたり、ゴジラが出てきたり、キティちゃんが出てきたり、様々なキャラクターが出てくる映画なので、色々なキャラクター好きなマニアの方にオススメの映画です。(20代男性)

近未来の映画で、世界中の人々がVRの中の仮想世界で生活をしています。仮想世界でお金を稼いだりと日々の生活のほとんどをVRの中で過ごしています。仮想世界の開発者が残した謎を解くためにミッションに挑戦していく話で、映像のきれいさとストーリーの面白さが味わえます。(30代女性)

近未来のバーチャルリアリティが現実に存在している世界の映画で、VRを体験しているととても楽しめました。日本のガンダムやサンリオのキャラクター達などが出演し活躍しているシーンもあり、字幕で観ると更に面白いです。(20代女性)

 

 

4.ガタカ

近未来を舞台にした映画「ガタカ」がおすすめの理由

近未来では生まれてきた子供の遺伝子を調べる事によって、適正者と不適正者に分けられる様になっています。知力や精神力があっても評価されない世界を怖ろしく思いました。何でも遺伝子で判断されるので遺伝子さえ優れていればOKです。本作ではこの様な社会から生じる悲劇や、不適正者であるヴィンセントがそれに立ち向かって行く姿などが描かれています。(40代女性)

近未来、遺伝子操作をすることが当たり前になった時代の話で生命倫理とは何かについて深く考えさせられる映画だ。大学の講義でも何度も取り上げられており、それだけ大きな問題を丁寧に取り上げている。倫理観の狭間で揺れ動く主人公が、現代社会を表している映画だ。(20代女性)

遺伝子操作によって生まれることが適正であるとされる近未来に、自然な出産で生まれた「不適正者」である主人公が、宇宙飛行士という夢を叶えるために「適正者」になりすまそうとします。低予算なSFながらも設定がとても秀逸。最後までハラハラしながら観てしまいます。(20代女性)

 

 

5.トータル・リコール

近未来を舞台にした映画「トータル・リコール」がおすすめの理由

火星旅行の記憶を追体験したことから、主人公が自らの過去に迫っていくという物語です。何が真実で何が嘘なのか、記憶と仮想がもたらす虚構と現実のミックス具合が最高です。火星にいる宇宙人もキャラが濃くて魅力的ですし、何度見ても面白い作品です。(20代男性)

元々は1960年代に制作された小説から映画化したもの。また、1990年にアーノルド,シュワルツェネッガーが主演の映画もつくられている。ストーリーは荒廃が進んだ地球で富裕層と貧困層が二極化した世界観。現在の格差が進んだような世界にも見えるので、なかなか考え深く勉強にもなりそうな映画でオススメ。(20代男性)

他人の記憶が買える時代という斬新な設定が気に入りました。記憶を自由に操作でき、主人公の記憶は本物なのか、またなぜ追われる身なのか、と始めから最後までドキドキが止まらない映画です。もし現実で他人の記憶が買えるようになったらどんな記憶が買いたいかなど想像して楽しめるのでオススメの近未来映画です。(20代男性)

 

 

6.パッセンジャー

近未来を舞台にした映画「パッセンジャー」がおすすめの理由

宇宙船の中で90年早く冬眠装置から目覚めてしまった、ふたりの男女の運命を描き出されていく作品になります。密室と化した船内の緊迫したムードと、極限状況下で次第に高まっていくお互いへの不信感がスリリングでした。(30代男性)

私が宇宙船で起こされたとしたら、絶対にその男性のことを許さない。今回は美男美女だから、こんな展開になっただけで、現実はもっと残酷なものになっただろう。ご都合主義に物足りなさを感じた作品。映像は素晴らしかった。(30代女性)

近未来。新たなる居住地を目指し、地球を後にした豪華宇宙船。冬眠装置で眠る乗客の中で、2人の男女だけが90年も早く目覚めてしまいます。目覚めたはいいけど、目的地の惑星到着まで120年。地球に戻ることもできない。設備が整っているとはいえ、この宇宙船で一生を終えると思うと、ゾッとします。無人島に取り残されたようなものです。しかし、主役の男女が数々の困難を乗り越えて、真実の愛を見出すまでの過程が丹念に描かれています。(40代女性)

 

 

7.マイノリティ・リポート

近未来を舞台にした映画「マイノリティ・リポート」がおすすめの理由

駅を逃走中に網膜を(勝手に?)スカンして、その人向けの広告映像が流れたり、クルマの工場シーンだったり、絶妙な近未来感の演出がうまい。さすがスピルバーグ、テンポ良く2時間オーバーの映画だけどだれずに最後まで観られる。アガサ役の子役は透明感があり、いいね。(50代男性)

犯罪を予知し未然に防ぐことができるようになった近未来を描いた映画です。犯罪予防局に所属する主人公が殺人を犯すという未来を予知され、追われることになるという物語です。未来余地に待つわる謎と過去の事件、陰謀など、手に汗握るストーリーが最大の見所です。(20代男性)

犯罪は、起こってから犯人を捕まえるよりも、未然に防げるならその方が良いと誰もが思うはず。しかし、どれが本当に正しいのか?と考えさせられる映画。日本でも予備罪などが話題になったことは記憶に新しいと思うが、今一度立ち止まり、熟考する事が必要だと教えてくれる。(50代男性)

 

 

8.月に囚われた男

近未来を舞台にした映画「月に囚われた男」がおすすめの理由

DVDジャケットがあまり好きではなかったのですが、一度見てみようと思い見てみました。 登場人物もとても少ないので外国人の名前を覚えるのが苦手な方にはとてもおすすめです。 時間も1時間30分程度と長くはないので気軽に見れます。 タイトルでは全く意味が分からなかったのですが、最後は納得しました。 1度見て損はない映画です。(40代女性)

ストーリー序盤から漂っている、不穏な空気にワクワクしました。これは何かあるなと思い、人工知能ロボットであるガーティを疑いましたが、彼は実はいい奴でした。次第に分かってくる事の真相には、ギョッとさせられました。こんな形でクローンが利用されているなんて、ありえないです。(40代女性)

月面基地で単独生活を送る主人公の孤独感と、繰り返しの生活の中から生まれた疑問や違和感により、徐々に追い詰められていく主人公の緊張感がよく伝わってくる良作。ラストシーンでタイトルの真意が明らかになる展開も見事。(30代男性)

 

 

9.オブリビオン

近未来を舞台にした映画「オブリビオン」がおすすめの理由

この作品は近未来の退廃した地球が描かれているのですが、その描写が悲しくも美しい映像であり実はアイスランドでロケされている様です。この様な景色が実際にあるのかと驚きました。また『2001年宇宙の旅』や『スター・ウォーズ』など数多くのSF映画作品へのオマージュがあり、見所満載です。(40代女性)

何と言ってもトム・クルーズが主演というだけで見る価値があります。ストーリーはやや込み入ってると言うか意外性もあり、疑問を持ちながら見ているとかえって緊張感が生まれて面白くなります。出演者があまり多くないのもストーリーを盛りたてる効果があり、モーガンフリーマンが出ていることでメリハリが効いているところも必見です。(60代男性)

 

 

10.ターミネーター2

近未来を舞台にした映画「ターミネーター2」がおすすめの理由

この作品はターミネーターシリーズで一番おススメです。一作目では敵だったターミネーターが今度は味方となり過去にやってくる。感情を持たないロボットが最後主人公と別れのシーンで、主人公ジョンの涙を拭くシーンは感動しました。(30代男性)

未来から自分を殺すためと守るためにサイボーグ・ターミネーターが送り込まれてくるというお話です。 自分を守るために送り込まれてきたターミネーターと友情のようなものが育まれていき、敵のターミネーターを倒すために溶鉱炉に一緒に飛び込むところは涙なくしては語れません。 アクションは確かにかっこいいのですが、それ以外の部分も丁寧に作られていると思います。 何度見てもいつ見ても色あせない作品です。(40代女性)

 

 

11.パシフィック・リム

近未来を舞台にした映画「パシフィック・リム」がおすすめの理由

巨大人型ロボットと怪獣の壮大な戦い、それに身を投じる人々の気持ちを見事に簡潔に描き切った作品です。監督の日本の特撮に対する想いがあふれ出ていて、特撮好きならぜひ一度は見てほしいと思います。街での戦闘シーンはもう圧巻です!(20代女性)

「KAIJYU」怪獣の言葉を日本文化として世界に配信してくれました。監督が日本の特撮の大ファンである事を映像からも分かります。突然海底から現れた70m近い怪獣が、人類を襲ってくる。人類最後の戦いとして、人型ロボットのイエーガー(怪獣と同じくらいの巨大ロボット)を作り出す。ロボットの中で2人のパイロットが操縦するのだが、左脳と右脳とを担当し、二人の意識をシンクロさせないと動かない仕組みになっている。怪獣との肉弾戦で、怪獣が関節技を使うなど、見どころが満載です。(50代女性)

 

 

12.ブレードランナー ファイナル・カット

近未来を舞台にした映画「ブレードランナー ファイナル・カット」がおすすめの理由

近未来の世界を舞台に設定して、意識を持ち始めて脱走したレプリカントの追跡がスリリングなストーリーになります。酸性雨の降りしきる中で超人口過密状態の都市の中で暮らしている、無表情な人間たちが心に残りました。(30代男性)

この作品を初めて観たのは25年以上前ですが、都市の描写がとても斬新だった事を覚えています。またスターウォーズの「ハン・ソロ」の時とはまた違う、ハリソン・フォードを見る事が出来おすすめです。レイチェルをはじめ、ロイ・バッティやセバスチャンなど魅力的な登場人物やレプリカントが続々登場します。(40代女性)

 

 

13.ブレードランナー2049

近未来を舞台にした映画「ブレードランナー2049」がおすすめの理由

1982年に劇場公開されたSFアドベンチャーの傑作の、35年振りの続編になります。ロサンゼルス市警に所属し巨大な陰謀に立ち向かっていくブレードランナーKと、30年間行方不明だったデッカードの激しく交錯する運命に惹き込まれていきました。(30代男性)

SFの金字塔とも言われたブレードランナー、その続編が2017年に公開されました。前作を見らずに、今作を見てしまったのですが、冒頭の文章でなんとか雰囲気はつかめました。これぞSFといった世界観、引き込まれる伏線の数々は、SF好きにはおすすめの作品です。(20代女性)

 

 

14.未来世紀ブラジル

近未来を舞台にした映画「未来世紀ブラジル」がおすすめの理由

高度に情報統制が進んだ世界を批判的に描いた映画ですが、圧巻なのはその独特な視覚イメージです。近未来を描いたSF映画は、ストーリーやメッセージもさることながら、どれだけその世界観に驚かされるかが肝になると思います。初め観たときはもう、これこそが映画(創られた映像という意味で)なんだ、と思いました。(40代男性)

コンピューターにコントロールされた近未来の世界を舞台に、現実の世界と夢の狭間をさまよい歩く男の姿が奇妙な味わいのストーリーになります。サンバの陽気なメロディーと、機械に繋がれて人間らしさを失っていく人々とのコントラストが心に残りました。(30代男性)

 

 

15.12モンキーズ

近未来を舞台にした映画「12モンキーズ」がおすすめの理由

1995年テリーギリアム監督 未来からタイムスリップしてきた男ジェームズ・コールは1996年に行く予定だったがタイムマシンの故障で6年前の1990年に着いてしまう。 暴れて逮捕された先の警察署で出会った女性医師キャサリン・ライリーに対して「世界は滅亡する」「細菌まみれで地上では住めない」「それは変えられない」などと 意味不明なことを話結局、精神病院に入れられてしまう。 そこで出会ったジェフリー・ゴインズという男に対しても朦朧としながら細菌の事を話してしまう。無理やり未来に戻されたコールは、 あらためて事の起こりの1996年のデータを確認するとジェフリーに似た男の記事と12匹の猿の書かれた看板の写真が目に留まる。 「きっかけは自分だったのかもしれない」という疑念と共にあらためて1996年にタイムスリップをするジェームズ・コール(40代男性)

 

 

16.2001年宇宙の旅

近未来を舞台にした映画「2001年宇宙の旅」がおすすめの理由

人間の起源・歴史と近未来の宇宙開発をリンクさせたSF映画で、ストーリーがとても難解。複数回目直して初めて意味がなんとなくわかるというとても深いメッセージ性の強い作品。宇宙空間を描くシーンはリアルで見応えがある。(50代男性)

 

 

17.A.I.

近未来を舞台にした映画「A.I.」がおすすめの理由

難病の子供を抱えたひと組の夫婦のもとに送り込まれた、人工知能を持つロボットの運命を描き出していきます。急速に発展していくテクノロジーと人間性との関係からは、現実の社会がSFの世界に追いついてきたことを感じました。(30代男性)

 

 

18.PLANET OF THE APES 猿の惑星

近未来を舞台にした映画「PLANET OF THE APES 猿の惑星」がおすすめの理由

ティム・バートンが撮った猿の惑星。 なんたって猿の惑星シリーズのように全てを見て最近の創世記も見なくても良いである意味簡単に見られる。 テイラー船長たちとは別の宇宙船も別の場所に不時着してたと思って見ると、当時はオリジナルを超えているのは特撮部分だけとかいわれていたけどこれはこれで楽しめる。(40代男性)

 

 

19.アイ・ロボット

近未来を舞台にした映画「アイ・ロボット」がおすすめの理由

2035年の未来を舞台にしたロボット映画なのですが、まるで人間のような顔をした白いロボットが今見ても、本当に未来であちこちにいるんじゃないかな、と想像させられます。 ストーリーや世界観も面白く、アクションシーンもあり、何度も楽しく見ました。(20代男性)

 

 

20.アイアンマン

近未来を舞台にした映画「アイアンマン」がおすすめの理由

ロボット系や機械工学、情報処理工学、人工知能(AI)などが好きな方見てもらいたい作品です。 今人工知能(AI)が流行しているので、この作品を見れば近いうちにCGの時代が無くなりすべてが現実の世界なりそうです。(20代男性)

 

 

21.アベンジャーズインフィニティウォー

近未来を舞台にした映画「アベンジャーズインフィニティウォー」がおすすめの理由

アベンジャーズ最強の敵、サノスが現れます。 マイティ・ソーの弟、ロキが殺され、インフィニティ・ストーンを集めるサノスの部下達が地球に現れます。 アベンジャーズはウルトロンとの戦い以降、分裂中で総力戦にはならない苦しい戦い。 遂には、サノスにインフィニティ・ストーンをすべて集められてしまう。 その先がどうなるのか、気になってしかたがない映画です。 また、ウルトロンとの戦い以降の新メンバー、ドクターストレンジや、スパイダーマンの活躍もみどころです。(50代男性)

 

 

22.イヴの時間

近未来を舞台にした映画「イヴの時間」がおすすめの理由

近未来、人型ロボットが一般家庭で普及した世界を描くアニメ映画。本編のほとんどがイヴの時間という名の喫茶店での会話劇となっており、ロボットと人間の会話の中で心情の動きを丁寧に描く。随所にさまざまな映画作品のオマージュが盛り込まれており、普段アニメ映画を見ない人でも引き込まれる作品である。監督は当時無名の吉浦監督。DVDの副音声では監督によるオーディオコメンタリーにて映画製作の裏話も楽しめるので是非お試しいただきたい。(20代男性)

 

 

23.インセプション

近未来を舞台にした映画「インセプション」がおすすめの理由

主演 レオナルド・ディカプリオ 装置を使い、標的の夢の中へ忍び込み深層心理にある考えを植え付けるという内容。夢の中の夢、そのまた夢と何回層にもある中で、自分自身が夢の中なのか現実に戻れたのかわからなくなるというリスクもある。それぞれに現実に戻れたのかどうかを確認する道具(トーテム)があり、主人公は最後にコマを回すが、止まる前にエンディングを迎えるという考えされられる映画であった。(20代男性)

 

 

24.ヴァレリアン千の惑星の救世主

近未来を舞台にした映画「ヴァレリアン千の惑星の救世主」がおすすめの理由

日本では2018年3月に公開しています。近未来をテーマにした映画でスターウォーズなどSFが好きな人は絶対気に入ると思います。近未来を表現する映像は想像よりも色鮮やかで毎秒圧倒されます。主演のカーラデルヴィーニュは普段はモデルですがそのスタイルの良さも近未来映画にはピッタリでした。(20代女性)

 

 

25.エイリアン

近未来を舞台にした映画「エイリアン」がおすすめの理由

シリーズ物の第1作ではあるが、宇宙船の中でたった1匹の怪物にひとりひとり殺されていくストーリーが、単純ではあるが、惹かれてしまう。近未来の人間が宇宙に活動の場を求めていく中で、異星との接触で起こしうる内容を暗示している作品(50代男性)

 

 

26.エイリアン4

近未来を舞台にした映画「エイリアン4」がおすすめの理由

ウィノナ・ライダーが可愛いのですがアンドロイド役として出ていて、不思議な魅力があります。宇宙船の中のシーンしかないところが近未来感を引き立てており、さらに逃げ場がない環境も恐怖を引き立てています。エイリアンが人を襲うだけの存在ではなく、切ない生き物だと感じてしまうシーンもあり、良い意味で異色の映画です。(20代女性)

 

 

27.エリジウム

近未来を舞台にした映画「エリジウム」がおすすめの理由

エリジウムという富裕層だけが住むスペースコロニーというものがあって、地球に住んでいるのは貧困層だけという近未来の話です。主人公は事故により、余命五日の命となり、助かるためにはエリジウムに行かなければなりません。自分の未来、ひいては貧困層の将来のために戦う男たちの姿がかっこいい映画です。(20代男性)

 

 

28.オデッセイ

近未来を舞台にした映画「オデッセイ」がおすすめの理由

火星探査で一人ぼっちにされちゃう男の物語だから、近未来ですよね。まだ火星に人はいってないし。挿入歌がディスコミュージックで主人公もユーモアあふれる人物だから、すっごく暗くなりそうな内容なのに全然楽しい。理科や化学の授業に出てきそうな内容が随所にちりばめられているので、夏休みの宿題の参考の為にも学生に見てもらいたい。(30代女性)

 

 

29.ガールズ・イン・トラブル スペース・スクワッド EPISODE ZERO

近未来を舞台にした映画「ガールズ・イン・トラブル スペース・スクワッド EPISODE ZERO」がおすすめの理由

地球規模での犯罪が多発する近未来の世界を舞台にして、特捜戦隊のメンバーと宇宙刑事たちの活躍が痛快なストーリーになります。木下あゆ美や菊池美香を始めとする、フレッシュな女優さんの体当たりの演技が良かったです。(30代男性)

 

 

30.キングコング

近未来を舞台にした映画「キングコング」がおすすめの理由

とりあえず迫力があって面白いです。わたしは4Dです見たので迫力満点でこの映画を楽しむことができました。ネタバレになるかもしれませんが、キングコングのデカさと迫力は異常です。さらに、キングコングの優しさも後半では出てきます。髑髏島の不思議がとても面白いです!(10代男性)

 

 

31.ゴースト・イン・ザ・シェル

近未来を舞台にした映画「ゴースト・イン・ザ・シェル」がおすすめの理由

スカーレット・ヨハンソン主演の近未来映画です。自分の体をサイボーグに義体化し、人とPCが直接接続できたりする近未来を描いている世界は素晴らしいものがありました。何と言っても映し出される香港の街並みが近未来的で強烈にインパクトのある映像美でした。出演している北野武さんや桃井かおりさんにも注目していただきたいです。(30代女性)

 

 

32.サイコパス

近未来を舞台にした映画「サイコパス」がおすすめの理由

SFの設定に非常に興味を持ちました。 AIでないけれど、とある国家的な仕掛けで人が完全に管理される社会の設定が面白い。 管理されている人々は、何に管理されているかわからない。 そんな中、犯罪を裁くのは管理システムであり、裁判などの司法制度がない社会で人が生きていく描写が面白い(50代女性)

 

 

33.さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち

近未来を舞台にした映画「さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち」がおすすめの理由

人気のせいか、この後もラストの設定を替えて様々な続編が作られたが、この作品で終わらせておけば良かったと思える完成されたアニメ映画。ストーリーも人物描写もテレビ番組として放映されていた第一作よりも洗練され見ごたえのある作品(50代男性)

 

 

34.サラバ静寂

サラバ静寂

近未来を舞台にした映画「サラバ静寂」がおすすめの理由

2018年の1月27日に劇場公開された、一切の娯楽が禁じられた近未来の日本を舞台に送るロードムービーです。廃墟に残されていた音楽を見つけたふたりの青年が、法律の眼を掻い潜りながら新曲を作り始める姿が痛快でした。(30代男性)

 

 

35.シックスデイ

近未来を舞台にした映画「シックスデイ」がおすすめの理由

近未来にクローン技術が発展し、もし人間を複製出来るようになったらどんな恐ろしい事が起きてしまうのかが描かれていて興味深いです。実際にクローン技術は日々進歩しており、動物などは複製に成功していますが、人間は例え可能だとしても、絶対に複製してはいけないのだなと、この映画を観て感じました。(30代男性)

 

 

36.ジュブナイル

近未来を舞台にした映画「ジュブナイル」がおすすめの理由

未来から過去に宇宙人の侵略を食い止める為に、送り届けられたロボットジュブナイル、その小型ロボットと少年、少女が色々な苦難に合いながらも協力し合い、宇宙人と戦うストーリーです、タイムトラベルして現れたジュブナイルがかわいいのなんのって、最後は涙有り、笑いありでおすすめです。(40代女性)

 

 

37.ジュラシックパーク

近未来を舞台にした映画「ジュラシックパーク」がおすすめの理由

恐竜の化石からDNAを採取して科学的に復活させ、恐竜たちをフルCGで役者たちと共演させる演出が当時目新しく、さすがはスピルバーグと思いました。後半、恐竜が暴走してからいけすかないハッカーが恐竜に食べられるのは見ていてスカッとしました。(30代男性)

 

 

38.シン・ゴジラ

近未来を舞台にした映画「シン・ゴジラ」がおすすめの理由

ただ歩いて移動しているだけのゴジラに対する名ばかりの政治家を皮肉たっぷりに弄っているところが面白い。自衛隊の装備が詳細に映像化されていて感心しました。 最後のシーンに凍結したゴジラの尻尾のアップシーンがありますが、あの尻尾から生えている人型はなんでしょうね? 次回作の布石なのでしょうか?気になりますね。(60代男性)

 

 

39.スーサイトスクワッド

近未来を舞台にした映画「スーサイトスクワッド」がおすすめの理由

スーサイドスクワッドに出てくるJOKERというキャラが大好きな私は、絶対にこの映画を推薦します。日本で莫大な人気を得たハーレイクインや、ほかのキャラがたくさん出てきて、悪役たちの映画になっています。ヒーローより悪役が好きな人は必見です。(10代女性)

 

 

40.スペース・スクワッド ギャバンVSデカレンジャー

近未来を舞台にした映画「スペース・スクワッド ギャバンVSデカレンジャー」がおすすめの理由

宇宙の平和を守るために日々戦う、近未来の刑事と特捜戦隊の斬新なコラボレーションが痛快なストーリーになります。邪教団・幻魔空界の恐るべき陰謀と待ち受けている罠に、果敢に立ち向かっていくヒーローたちの姿が勇ましかったです。(30代男性)

 

 

41.セブン・シスターズ

近未来を舞台にした映画「セブン・シスターズ」がおすすめの理由

世界的な人口増加と食糧難が加速していく2073年を舞台に設定して、平凡な一家に生まれた7つ子の数奇な運命が映し出されていきます。1人7役に扮した、ノオミ・ラパスの変幻自在な演技と多彩な表情には驚かされました。(30代男性)

 

 

42.ゼロの未来

近未来を舞台にした映画「ゼロの未来」がおすすめの理由

世界観がまず独特です。寂れた教会に住む、数式を解くことを仕事としたほぼ引きこもりの男。そして、そこに現れる女性。数式に支配された世界では、人との繋がりとはどこまで重要なのか。独特な世界観や美術センスのため、好き嫌いが分かれると思いますが、わたしはこの世界観が好きです。ハマる人にはとことんハマる映画だと思います。(20代女性)

 

 

43.ソイレント・グリーン

近未来を舞台にした映画「ソイレント・グリーン」がおすすめの理由

未来の世界では人口増加で食料が枯渇していました。そんな中、国民にはソイレント・グリーンという謎の食べ物が配給されていました。しかしその食べ物の原料は不明で、それを怪しんだソーン刑事は生産会社であるソイレント社を捜査します。この映画は食糧難から狂いだす人々を生々しく描いており、映画の結末には驚かずにはいられません。(20代女性)

 

 

44.ダークタワー

近未来を舞台にした映画「ダークタワー」がおすすめの理由

2018年の1月27日に劇場公開された、スティーヴン・キングの長編小説を実写化したSFアドベンチャーになります。拳銃使いのローランドと世界崩壊を目論むウォルターが、異世界を舞台にして繰り広げる戦いが迫力満点でした。(30代男性)

 

 

45.ターミネーター

近未来を舞台にした映画「ターミネーター」がおすすめの理由

AIの進歩や核戦争など、将来起こる可能性がますます高くなり、SFではあるが今後のシミレーションとしても参考になる映画。アクションシーンはそれなりに楽しめるが、ストーリーの展開と結末がとてもぞっとする作品でもある。(50代男性)

 

 

46.ターミネーター:新起動/ジェニシス

近未来を舞台にした映画「ターミネーター:新起動/ジェニシス」がおすすめの理由

アーノルド・シュワルツェネッガーがブレイクするきっかになった1作目から30年以上経過してのシリーズ作品です。1作目を観た人は所々でデジャヴューを覚えると思いますが、ストーリーはがらっと変わっていて、どこかユーモラスな印象も受けます。(50代男性)

 

 

47.デイアフター2020 首都大凍結

近未来を舞台にした映画「デイアフター2020 首都大凍結」がおすすめの理由

北極圏での石油掘削が原因となって巻き起こっていく、地球壊滅までのカウントダウンを描き出していきます。世界各地での異常気象のシーンがリアリティー溢れるタッチで再現されていて、エネルギー問題について考えさせられました。(30代男性)

 

 

48.トゥモローランド

近未来を舞台にした映画「トゥモローランド」がおすすめの理由

映画自体はSFではありますが、まさにAIの時代の近未来をイメージさせられるようなリアルさを感じる映画でした。SF映画としても物語の構成もとても面白く、未来の生き方、AIとの共存など未来をイメージする参考になる部分も多いのではないかと思います。観て損はない映画です。(40代女性)

 

 

49.トゥルーマン・ショー

近未来を舞台にした映画「トゥルーマン・ショー」がおすすめの理由

平凡な保険会社の主人公、しかし実はその住む街は箱庭、行動の全ては監視されていた…という、コメディの形を借りた近未来SFの傑作。全ての事実を知った時に主人公は、周囲の人間は何を考えどう動くのか。考えさせられる映画です。(40代男性)

 

 

50.トランスフォーマー

近未来を舞台にした映画「トランスフォーマー」がおすすめの理由

大迫力のSF映画です。ロボット同士の戦闘シーンやトランスフォームするスピード感が原作のアニメを大きく上回るほど、カッコいいです。イケてないグループの主役のサムもどんどんかっこよく見えてきます。女性もセクシーです(30代男性)

 

 

51.バーチャル・レボリューション

近未来を舞台にした映画「バーチャル・レボリューション」がおすすめの理由

近未来の仮想空間を舞台に、大量殺人事件の真相を追い求めていく私立探偵の活躍がスリリングなストーリーになります。オンラインの中だけで満足していた人たちが、現実の世界で生きる喜びを見いだしていく瞬間には胸を打たれました。(30代男性)

 

 

52.バック・トゥ・ザ・フューチャー2

近未来を舞台にした映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー2」がおすすめの理由

バックトゥザフューチャーの中でも特に好きな第2作。2015年の未来に行って色々な技術の発展に驚く場面が面白かったり、ある事件を解決したと思ったら現在が変わっていたり、過去に戻って事件を解決したら続編に続いたりと心躍る展開ばかりで面白いです。(30代男性)

 

 

53.ビルとテッドの大冒険

近未来を舞台にした映画「ビルとテッドの大冒険」がおすすめの理由

ビルとテッドというとてもバカなロック好きの少年2人が学校の課題に取り組む。課題は歴史の偉人たちのレポート。その時、未来から電話ボックス型のタイムマシンが2人の前に現れる。そこから始まる2人のとんでもない課題勉強。青年時代のキアヌリーブスも見どころ。(30代男性)

 

 

54.ブレードランナー

近未来を舞台にした映画「ブレードランナー」がおすすめの理由

物語は逃亡したレプリカントを追うというシンプルなものです。しかし、近未来の描写は息を飲むほど細かく緻密で繊細です。以後のSFのお手本とも言うべき作品。一度見て理解するよりも何回も見て、細かい伏線や世界観を知ることで楽しめます。(30代男性)

 

 

55.マトリックス

近未来を舞台にした映画「マトリックス」がおすすめの理由

近年話題にも上がる人口知能が進化した末に待ってる人類の姿を考えさせられる映画でした。派手なアクションはもちろんの事、謎解きの要素もあり、常にワクワクしながら観られました。3部作なので、全て見終わった時にようやく分かる事も多く、シリーズモノが好きな方にはオススメです。(20代男性)

 

 

56.マトリックス リローデッド

近未来を舞台にした映画「マトリックス リローデッド」がおすすめの理由

とにかくキアヌリーブスがカッコいい!前作同様面白く夢中になります。相変わらずアクションから映像までとてもカッコ良いです。さらに進化していると思います。内容はちょっと複雑で一度じゃ少し理解できずDVDでもう一度見ました。(40代女性)

 

 

57.ミッション:8ミニッツ

近未来を舞台にした映画「ミッション:8ミニッツ」がおすすめの理由

『列車爆破テロに巻き込まれた男の記憶の中』という、独特の舞台設定がまず興味を狩り立てます。そして、主人公が行動するのはほぼ列車内という限られたスペースながらも、ループするごとに異なるアクシデントが起こって展開が変わる、という巧みなストーリー運びにより、見る側を飽きさせません。壮大なばかりで大味なSFに食傷気味な方へ、ぜひおすすめしたい一作です。(30代男性)

 

 

58.メッセージ

近未来を舞台にした映画「メッセージ」がおすすめの理由

2017年の5月19日に劇場公開されたドゥニ・ヴィルヌーヴ監督によるSFアドヴェンチャーになっております。もとになっているのはテッド・チャンによる「あなたの人生の物語」になり、エイミー・アダムスの主演によって映像化されている作品になります。ある日突然に世界各地に出現した、巨大な飛来物に刻まれたメッセージの謎に惹き込まれていきます。まだ見ぬ世界への憧れと共に、人類に秘められている無限の可能性が感動的でした。(30代男性)

 

 

59.ライフ

近未来を舞台にした映画「ライフ」がおすすめの理由

地球外生命体の脅威にさらされていく、宇宙飛行士たちの戦いをテーマにしたSFアドベンチャーになります。世界各国から集められた6人の男女が、お互いの違いを乗り越えて力を合わせていく様子には胸が熱くなりました。(30代男性)

 

 

60.リアルスティール

近未来を舞台にした映画「リアルスティール」がおすすめの理由

初めは子供のことを甘く見ていて嫌なやつな父親が、子供との関わりを通していろんなことに気づかされ、いいやつに変わっていくのが面白い。ロボットファイトは爽快だし、子供がかわいいし、親子の絆が変化していくストーリーはわくわくする。(20代女性)

 

 

61.リベリオン

近未来を舞台にした映画「リベリオン」がおすすめの理由

完全な管理社会、地下に潜るレジスタンス、武力行使を厭わない警察機構とディストピア感あふれる作品で物語にのめり込んでしまいます。 また、劇中で披露されているガン=カタは日本のテイストも取り入れられた武術で爽快感も満点です。 ストレス発散におすすめの映画です。(20代男性)

 

 

62.ルーパー

近未来を舞台にした映画「ルーパー」がおすすめの理由

独特の世界観と荒廃した雰囲気が、新鮮な近未来映画です。 標的が30年後の自分である、という設定も面白く斬新で、豪華キャストの共演も楽しめます。 ラストはしみじみと色々なことを考えさせられ、不覚にも泣いてしまいました!(30代女性)

 

 

63.ロボット

近未来を舞台にした映画「ロボット」がおすすめの理由

人間の感情を持ち始めていくロボットが巻き起こす騒動が、ブラックユーモアたっぷりなSFアドベンチャーになります。荒唐無稽なストーリー展開の中にも、最先端のテクノロジーに潜む危険性への鋭いメッセージが込められていました。(30代男性)

 

 

64.猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)

近未来を舞台にした映画「猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)」がおすすめの理由

退化していく人類と進化を続けていく猿との間で繰り広げられる、生き残りを賭けた壮絶なバトルが迫力満点でした。テクノロジーの暴走や環境破壊を始めとする、現実の世界への鋭いメッセージや批判が込められていました。(30代男性)

 

 

65.聖ゾンビ女学院

近未来を舞台にした映画「聖ゾンビ女学院」がおすすめの理由

新型ウイルスのパンデミックによって文明が滅んだ近未来の世界を舞台にして、7人の少女たちの戦いがスリリングなストーリーです。人肉を喰らう死者「ギンプ」の想像を絶する恐怖に立ち向かっていく、美しくも勇ましい姿が感動的でした。(30代男性)

 

 

66.第5惑星

近未来を舞台にした映画「第5惑星」がおすすめの理由

それは、遠くない未来のお話。その頃、人類は銀河系を征服しようとしていた。異星人との戦争の真っ最中。主人公は、戦闘機のパイロットとして異星人と戦っていたが、ある戦闘で相討ちとなり、両者とも同じ星に不時着する。敵意丸出しの両者。が、そこは、協力しなければ生きていけない土地だった。やがていつしか2人には友情が芽生え……。壮大なスケールで描く、一大スペースファンタジー。必見。(50代男性)

 

 

67.日本沈没

近未来を舞台にした映画「日本沈没」がおすすめの理由

地震が最近また目立ってきている中で、究極的にはこのようなこともありうると予言しているかのような映画。原作者の小松左京からの科学的根拠および近未来の予想としてのメッセージを実写にてうまく表現している作品。(50代男性)

 

 

68.僕の彼女はサイボーグ

近未来を舞台にした映画「僕の彼女はサイボーグ」がおすすめの理由

とにかく綾瀬はるかが可愛いです!タイトルの通り、僕の彼女はサイボーグで近未来的な内容ですが恋愛映画でもあり時空を超えた設定もあるので見所がたくさんあります。キュンキュンするシーン、感動するシーン、クスッと笑えるシーンと盛りだくさんです。(20代女性)

 

 

タイトルとURLをコピーしました