0歳の男の子におすすめの絵本

スポンサーリンク

Contents

スポンサーリンク

0歳の男の子におすすめの絵本

 

1.安西 水丸「がたんごとんがたんごとん」

 

0歳の男の子におすすめの絵本 安西 水丸「がたんごとんがたんごとん」がおすすめの理由

「がたん ごとん がたん ごとん」と走ってくる汽車に「のせてくださーい」と言って哺乳瓶やコップなどが乗っていくのを繰り返します。赤ちゃんは、同じ言葉の繰り返しやリズム感の良い言葉が好きなので楽しそうに聞いてくれます。特に男の子は小さな頃から乗り物が好きな場合が多いので喜んでくれます。(30代女性)

とってもシンプルで、電車がガタンゴトンしているだけの絵本ですが、そのリズムがとても良いと思います。順番にかわいらしいミルクやスプーンがやってきて、乗り込んでいくのが単純でわかりやすいのかなと思います。電車好きになる初めの一歩かなと思います。(40代女性)

とってもシンプルな黒色の機関車が、がたんごとん、とやってきて、いろいろなものを乗せていく。ただそれだけのことなのに、電車が大好きなうちの子が大好きだったこの絵本。何度読んだか分かりませんが、0歳児にも分かりやすいはっきりとしたシンプルなイラストと、がたんごとん、と繰り返すリズムがくせになるようでおすすめです。(40代女性)

男の子なら誰でも好きな電車が出てくる0歳からでも楽しめる絵本です。がたんごとんと読み手が言いながら赤ちゃんを揺らしたり、赤ちゃんと一緒に楽しめるようになっている。出てくるものも哺乳瓶やスプーン、果物など赤ちゃんにも馴染みのあるもので0歳から読めて長く読み続けられるいい絵本です。(40代女性)

「がたんごとん」とひたすら繰り返される内容なのですが、「がたんごとん」という言葉が面白いみたいで息子はよく笑ってくれました。息子はこの絵本を読み出してから電車に興味を持ち外で電車を見かけると「あ!」と指差しするようになりました。(30代女性)

男の子はたいてい電車や車やメカ系が好きです。この本はシンプルにデフォルメされ、子供の目を奪うカラフルな電車のイラストが各ページにあり、文章は赤ちゃんが喜ぶがたんごとんがたんごとんというリズミカルでワクワクする音です。うちの子もこの本の読み聞かせを0歳の頃、嬉しそうな声をあげながら聞いていました。(40代女性)

まずはきかんしゃなのが男の子だからかウケが良かったです。内容も単純なので入りやすく読み方でいろんな雰囲気が出せるのも面白いところです。がたんごとんの繰り返しのフレーズも心地よいようで何度も読みました。(40代女性)

同じ言葉がリズムで繰り返されるのが小さい子どもは好きだし、興味を持ちやすい。男の子は乗り物などが好きな子どもが多いので楽しみながら見て聞くことができると思う。物語にもなっていて内容も面白いし、小さい子どもでも楽しめると思う。(30代女性)

がたんごとんと乗せてくださいの言葉の繰り返しで、繰り返しの表現がおもしろいです。乗り物が好きな男の子にオススメです。だんだんと電車に哺乳瓶や、赤いカップがのっていくのも、身近なものでおもしろいと思います。また、電車が一生懸命働いている様子の絵も大変おもしろいです。(30代女性)

0歳児にはストーリー性のある本というよりリズム感良くリアクションや動きを取り入れて楽しめる本な方が良いです。男の子の場合は小さい頃から乗り物に興味を示すことが多く、この絵本は電車の音で体を揺らしたりそれらしく擬音語で読むことで男の子がとても喜びます。(20代女性)

この絵本は、「がたんごとん」と繰り返される言葉が楽しく、一緒に揺れたり発しながら楽しんで見ることができます。リズムよくノリノリになれるのも魅力的ですよ。電車や車など動く物が好きな男の子にぴったりです。(20代女性)

 

 

2.かがくいひろし「だるまさんが」

 

0歳の男の子におすすめの絵本 かがくいひろし「だるまさんが」がおすすめの理由

だるまさんか転んだ!と思いきや、だるまさんがしぼんだり、伸びたりして、「だるまさんが」の掛け声でページをめくると、子供は大爆笑したり、びっくりしたり、楽しめること間違いなしです。だるまさんシリーズは他にもたくさんあります。(40代女性)

赤ちゃん向けの絵本は単調なものが多く、読んであげる側としても退屈に感じることがあります。また、絵本をどういう風に読んであげればいいか悩むパパママもいるでしょう。この絵本でそんな悩みも解決です。だるまさんの絵を真似しながら読むだけで、とっても楽しく絵本を読むことができます。0歳だと、絵本を読んであげても反応がイマイチだったりしますが、やはり絵本は読み手が楽しく読むことが一番!どてっと転んだり、びよーんと伸びたり、赤ちゃんが大好きな擬音がいっぱいで真似しやすいです。そのうち赤ちゃんがケタケタと笑いだしますよ。(30代女性)

初めて読んであげた絵本ですが、だるまさんは赤ちゃんが好きな赤と丸で大きく書いてあるのでとても目を引きます。リズムの繰り返しで効果音が面白いので、10ヶ月くらいになると笑ってご機嫌で見てくれるようになりました。(30代女性)

息子が大好きで何度も読み聞かせをしたから、オススメです。だるまさんがのところを本を左右にゆらしながら読みパッとページをめくると大喜びで笑ってくれていました。シンプルなフレーズの繰り返しで、内容を覚えてしまうので声を出せるようになってからは、一緒に読めて長く楽しめる本だと思います。(30代女性)

息子が0歳の時にとてもお気に入りだったからです。まだだるまさんが何かも分かっていなかったと思いますが、読むたびに楽しそうに笑っていました。だるまさんの絵もとても優しく、表情も豊かでとても温かみを感じる絵本です。大人が読んでもだるまさんのコミカルな動きに面白味を感じます。(30代女性)

うちの息子にも読み聞かせをしていましたが、だるまさんの表情が可愛く親も楽しめる絵本です。ページをめくるたびに息子もにこにこしていましたし、すごく興味を示しておりました。シリーズになっているので集めてます。(20代女性)

絵が可愛くて、鮮やかで子供にはオススメです。0歳でも言葉や絵が面白いので、喜んで読んでいると笑ってくれます。そして内容がかわいくて面白いです。男の子が好きそうな話だと思います。シリーズがあり、それも全てオススメです。(20代女性)

読み方が大事になってきますが、シンプルで単純で、絵もかわいいので子どもが興味を持ちやすい。『どてっ』や『びろーん』などの擬音が小さなこどもにとっても楽しく、おもしろいのではないかと思いおすすめします。(30代男性)

 

 

3.まついのりこ「じゃあじゃあびりびり」

 

0歳の男の子におすすめの絵本 まついのりこ「じゃあじゃあびりびり」がおすすめの理由

息子が0歳の時に初めて読んだ絵本です。簡単な効果音で絵本の色もカラフルでとても喜んでいました。特に男の子なので自動車と踏切のページが気に入っていました。この絵本のおかげでブーブーなど早めに言葉を発しました。(20代女性)

はじめての絵本に購入しましたが、乗り物や動物などの音を繰り返しのリズムで読むので、言葉の意味が理解できてなくても、音で楽しむことができます。絵は原色でハッキリとしたイラストなので、目で見ても楽しむことができます。(30代女性)

書かれている言葉がテンポがよく、0歳児の耳によく響く。なので絵本に食い入るように見てくれる。絵も0歳児が興味を持つような原色かつ優しい風合いで、親子でその絵を見ながら一緒に声を出して遊べるのでとてもオススメです。(30代女性)

いろんな本も図書館で借りて見させましたがこの本を見せたとき一番反応がよく手足をぶるぶるふって喜んでいました。泣くのをやめさす為に最終手段として活用させて頂きました。色も興味を示してくれて、おすすめの一冊です。(30代男性)

自動車、飛行機、掃除機、水道や赤ちゃんの泣き声など身の回りにある物と音が書かれています。 音の表現が子どもにはツボのようで読むとすごく絵本をみています。絵と音がわかりやすいのがとにかくいいです。本の形状も小さくて硬いので小さい子が扱いやすいです。(40代女性)

擬音の繰り返しの絵本です。0歳の子供でも認知しやすいはっきりとした色合いの絵柄で、楽しい音の繰り返しに赤ちゃんも喜んでくれると思います。言葉が出始めると、「じどうしゃ」というと「ブーブーブーブー」などと続きを答えてくれるようになり、とても可愛いです。(40代女性)

赤ちゃんに読み聞かせるのにとても便利な擬音語ばかりが集められているのが特徴的な絵本です。猫は「にゃーにゃ―」車は「ぶーぶー」といったように上手な言葉を選択している点も魅力ですが、可愛らしいイラスト付きで分かりやすいのもおすすめしたい点です。(30代男性)

 

 

4.松谷みよ子「いないいないばあ」

 

0歳の男の子におすすめの絵本 松谷みよ子「いないいないばあ」がおすすめの理由

いないいないばあとページをめくるときゃっきゃっ言ってとても喜んでいました。初めての検診の時も保育士さんが待ち時間退屈しないようにこの本を読んでいたので子どもに分かりやすくてとてもいい本なんだなぁと思いました。2歳になった今でも大好きな絵本の一冊です。(20代女性)

いろんな動物がいないいないばあをします。甥っ子が8ヶ月のとか声を上げて笑ってくれました。絵本の中にはいろいろな動物が登場し、イラストや色遣いも可愛らしく夢中になってみています。最後に女の子がいないいないばあをするのですが、それと一緒にいないいないばあをしており、自分でいないいないばあができる楽しみを見つけたようです。(30代女性)

色々な動物が出てきて、いないいないばあをするところが赤ちゃんの心をつかみます。動くのが好きな男の子でも、一緒にいないいないばあの動作ができるので楽しめます。ばあのところはとても盛り上がるので良いです。(30代女性)

息子が0歳のときに購入しました。文字がわからない年齢の時でもページをめくりながら「いないいないばあ!」とやるとニコニコと笑っていました。とくにクマちゃんのページがお気に入りのようで、絵本を読んであげていない時でも、自分で絵本を持ってきてじぃーっと見ていることもありました。1歳になった今では絵本を読んであげると真似していないいないばあをします。0歳から長く使える本なので、お勧めします。(30代女性)

この絵本は自分が小さい頃、親に読み聞かせしてもらっていた絵本の一つです。タイトルの「いないいないばあ」は赤ちゃんをあやしたり、遊ぶ時に使う言葉の一つだと思います。この絵本を読みながら、あるいは読み終わったあとに赤ちゃんに向かって「いないいないばあ」とやってみるのもいいかもしれません。0歳だけじゃなくて1,2歳のお子さんにも読み聞かせできるのがおすすめの理由です。(20代男性)

私には現在0歳2ヶ月の息子が居ます。その息子が3、4ヶ月検診というものをこれから受けるのですが、その際に受けに行った場所で、3冊の絵本の中から2冊の絵本を貰えるというお話を市役所の方から受けました。その3冊の中で「いないいないばあ」があった為、0歳くらいの子にはその絵本がオススメだから、こうして絵本を頂けると思ったら、このアンケートでも「いないいないばあ」をおすすめしたくなりました。(20代女性)

 

 

5.柏原晃夫「しましまぐるぐる」

 

0歳の男の子におすすめの絵本 柏原晃夫「しましまぐるぐる」がおすすめの理由

生後3ヶ月ぐらいから、目が見え出してすぐから楽しめる本です。しましま柄と、ぐるぐる柄が順番に出てくる単純な構成になっていますが、それぞれしましまの魚だったり、ぐるぐるのヘビだったり、物もかわるし、色もカラフルに変わるので何度見ても飽きがきません。本も分厚くて丈夫なので、赤ちゃんが自分でめくりやすく、よだれがついても大丈夫であるし、私の息子も大好きな本なのでおすすめです。(30代女性)

あかちゃんが注目する黒を中心に2ヶ月児でも見やすいコントラストの強い配色にデザインした絵本なのがいいと思います。あかちゃんが生まれながらに反応する顔や反応のいいとされる『しましま』と『ぐるぐる』がいっぱいのかわいくてきれいな絵本なのでおすすめの絵本です。(30代女性)

まだ視力が弱い0歳児でも形が認識できるように原色で描かれているので、子供に見せた時の反応がとてもよい。文章も短く簡単に、かつ子供が聞いた時に興味を持つような音で書かれているので飽きずに何回も読んでとリクエストされたので。(30代女性)

色がはっきりしていて興味を持ちました。また、「しましま」「ぐるぐる」の繰り返しが子供にも覚えやすい。小さな子が認識すると言う顔の絵もあります。 うちの子は、1歳近くなってくると、顔の絵を指差したり、動物の絵を指差して喜んだりしていました。(20代女性)

しましま模様で描かれたカラフルでコントラストな基調のデザインが印象的な絵本です。大人から見ても不思議な世界観が描かれており、それが赤ちゃんの好奇心を揺すぶってくれること間違いなしです。また魚など動物の絵が多く男の子の興味を引く仕掛けがしてあるのが特徴です。(30代男性)

うちの息子が0歳2ヶ月の時から、この絵本を読み聞かせる度に手を伸ばして触ろうとしたり、絵を見てにこにこ笑ったりしていたから。5ヶ月の今では、絵本の表紙を見るだけでテンションが上がっています。落ち着きがない男の子でも少しの間おとなしく座ってくれると思います。(20代女性)

 

 

6.エリック・カール「はらぺこあおむし」

 

0歳の男の子におすすめの絵本 エリック・カール「はらぺこあおむし」がおすすめの理由

うちの三男は0歳の時から保育園に通っております。そこで先生が絵本を読んでくれたのが「はらぺこあおむし」。この本は絵もカラフルで子供の目には魅力的なよう。絵本と一緒の歌もあり、初めて覚えた歌がこの絵本の歌でした。今でもとてもお気に入りの1冊です。(30代女性)

私の弟が小さい頃に読んでもらっていました。絵が可愛いし、面白いので、内容が理解できなくても楽しく見ることが出来ると思います。絵が面白かったりする絵本はまだまだ小さくても楽しめたりするかな?って思ったのでオススメです。(20代女性)

はらぺこあおむしの絵本には歌がついていて、その歌を同時に覚えると、おおよそ7歳位までは、はらぺこあおむしの絵本を楽しめると思います。はらぺこあおむしの絵本はとても認知度が高いので、児童館などでも見つけやすく子供自身が見つける機会もでき、好みにハマれば知育につながると思います。(30代女性)

イラストがとても綺麗で絵にもとてもインパクトがあり、生まれたばかりの青虫が見つけたものをたくさん食べて日に日に成長して行く青虫の姿は、子供に夢を持たせるようでとても面白く、世界中でも愛されている名作だと思ったからです。(20代男性)

あおむしがたくさんのものを食べてちょっとずつ、大きくなっていくところをみて、これからたくさんの食べ物をあなたたぺて成長するときれいな姿になれるんだよっていうのを絵をみて教えてあげたいから。あとグリーンが多いので目にもいいからです(20代女性)

 

 

7.たにかわしゅんたろう / もとながさだまさ「もこもこもこ」

 

0歳の男の子におすすめの絵本 たにかわしゅんたろう / もとながさだまさ「もこもこもこ」がおすすめの理由

男の子6歳と3歳のママです。赤ちゃんの頃、2人とも大好きだった『もこ もこ もこ』いつも読まされました。いろんな形のもこっとしたものがでてきます。読み手が高い声や低い声、ゆっくりやはやいスピードで読みます。そうすると大喜びして見てくれます。我が家の子供達の場合は、赤ちゃん~幼稚園年少さんぐらいまで楽しめました。また上のお兄ちゃんが覚えて、弟に読んであげてました。とても微笑ましい光景でした。とてもおすすめします。(30代女性)

「もこもこ」や「ぽこぽこ」などの言葉だけで構成されていて、まだ言葉が分からない幼児でも「音の響き」で楽しめる絵本だと思います。絵のタッチも優しく、色も多いので、絵だけでも楽しめます。また、よく話を見ると、新しい命が生まれてくるようなストーリーになっていて、大きくなってから見返すとまた違った発見があり楽しい一冊です。(20代女性)

0歳でも、はっきりとしたカラーで、大きく、シンプルに書いてあるところが、まず目で見て楽しめると思います。文字にしても、「もこもこ」「にょき」「ふんわふんわ」などの響きが楽しくリズミカルな言葉が並んでいるので、聞いていても楽しめると思います。(30代女性)

空と地面しか無い絵から、「もこ」って地面が盛り上がっていきます。擬音だけの絵本ですが、地面がもこもことだんだん盛り上がっていく様子が、単純でおもしろいです。0歳児の子でも目で見て楽しめますし、擬音も楽しめます。(40代女性)

性別は問わないと思いますが、小さい子にとても人気のある絵本です。どんどん色が変わる場面と、もこもこしたものが大きくなっていく様子が、子供達は好きみたいです。言葉よりも絵や色で感情に訴えかける内容ですので、0歳児にもオススメです。(20代女性)

 

 

8.木村裕一「いないいないばああそび」

 

0歳の男の子におすすめの絵本 木村裕一「いないいないばああそび」がおすすめの理由

1枚1枚の絵が大きくとてもインパクトがあります。実際にお母さんも一緒に遊ぶことができるような仕掛けのページもあるので、0歳であっても興味をもって見てくれました。犬や恐竜などに絵もあるので、男の子にもぴったりかなと思います。(20代男性)

カラフルで大きな絵で表現されているので、まず子供の興味を引くことができます。仕掛け絵本になっていて、同じキャラクターが顔を隠した状態から顔を見せる形で保護者が声に合わせてページをめくるととても喜びます。(30代女性)

「いないいないばあ」を、子供に親しみのあるキャラクターと共に楽しめます。「いないいない」の後に顔を隠した部分をペラっとめくり「ばあ」。声を出して笑ったり自分でめくろうとしたり、何度見ても飽きないようです。イラストも大きく見やすく、厚紙なので赤ちゃんにも最適ですね。ママの場面は目に穴が開いているので、お面のようにして「いないいないばあ」をすると、子どもも大喜びします。繰り返し楽しめるしかけあそび絵本としておすすめです。(50代女性)

ページをめくると、ひよこ、ねこ、犬などが順番に、顔を隠したところから、いないいないばぁをします。0歳児にもわかりやすい、シンプルな絵の絵本です。急に飛び出してくる、ひよこなどを見て、笑顔になるはずです。(40代女性)

 

 

9.かがくいひろし「だるまさんと」

 

0歳の男の子におすすめの絵本 かがくいひろし「だるまさんと」がおすすめの理由

絵がとにかく可愛いです。だ、る、ま、さ、ん、と、と区切りながら子どもの目を見て読むときゃーと笑顔になります。リズムも赤ちゃんには聴きやすいものになっていると感じました。我が子も0歳ですが9ヶ月ごろには自分からだるまさんの絵本を見に行きます。(30代女性)

だるまさんが赤い色なので赤ちゃんが視えて楽しめること。絵本のお話が同じ動作の繰り返しであること。繰り返しの中にも次に何が来るか期待したり、予測出来る面白さがあること。1番は親子でその動作を楽しめること。単純なので赤ちゃんにとっても分かりやすく、それが楽しく面白い。(20代女性)

読み出しはだるまさんと~から入る、いろいろな擬音語などで想像力が芽生えるだるまさんシリーズ。ネタバレになりますが、この本のおならの音を連想させるページは特に男の子が好きな共通のネタです。 だるまさんシリーズはページをめくる度に、自分の頭で次の展開を考えるので発育にオススメです。(20代女性)

 

 

10.まつおか たつひで「ぴょーん」

 

0歳の男の子におすすめの絵本 まつおか たつひで「ぴょーん」がおすすめの理由

最初のページに飛ぶ前の生き物(かえる)めくるとぴょーんと飛んだ動物が描かれていて、0歳の赤ちゃんでも次にくるものを期待して、見てしまうと思います。 飛んでいる絵がちょっとリアルでかわいいし、言葉も簡単なので読みやすいと思います。(40代女性)

本自体はコンパクトで持ち運びが便利なサイズですが、いろんな動物やキャラクターが縦二面にわたってぴよーんと飛ぶという内容で、『ぴよーん』と音が子供の聴覚と飛び上がるという画像が視覚を捉えて釘付けになります。動きが大きいので活発な男の子に向いていると思うから。(40代女性)

0歳児の男の子に読み聞かせを始めるのであれば、この「ぴょーん」をおすすめします。ページを縦にひらいて読むタイプの絵本なのですが、表紙のかえるさんはじめ、いろいろな生き物が出てきては、ぴょーんと飛んでみせる、というただそれだけの内容に、目をくりくりさせて興味深そうに見て、聞いていました。「ぴょーん」という一言を、いまかいまかと待ちわびるその感じを今でも覚えています。0歳児なのでまだ登場する生き物を理解していないはずなのに、0歳児でも男の子、生き物に興味があるのだな、と感じました。(40代女性)

 

 

11.柏原 晃夫「あかあかくろくろ」

 

0歳の男の子におすすめの絵本 柏原 晃夫「あかあかくろくろ」がおすすめの理由

本の色彩がはっきりしているので、生後3か月くらいから見せるとじーっと見つめます。その他に、本の作りが丈夫なので、自分で物をいじれるようになる生後7か月くらいからは本を舐めたり、めくったり、バンバン叩いて遊んでも破れたりしません。(30代女性)

この作者を初めて聞きますのは友達からの紹介でした。それから、彼の作品を探しました。そして、この絵本を見ました。この絵本の画面を見て、結構いいと思います。猫ちゃんはかわいいと思って、子ともに向けは良いと思います。(20代女性)

 

 

12.三浦太郎「くっついた」

 

0歳の男の子におすすめの絵本 三浦太郎「くっついた」がおすすめの理由

0歳でも分かりやすい絵と、赤ちゃんも家族もニコニコになるストーリーが良いです。ほっぺをくっつける動作もあり、動きたい盛りの男の子も食いついて見ることができるのでおすすめです。見ていると、心が温まるお話です。(30代女性)

「〇〇と〇〇がくっついた」の繰り返しが楽しい絵本です。最後の「パパとママと赤ちゃんがくっついた」の場面で、絵本を読みながら自分の子どもとほっぺたをくっつけると、子どもも嬉しそうにしますが、親も幸せな気持ちになれます。(40代女性)

 

 

13.なかがわりえこ「ぐりとぐら」

 

0歳の男の子におすすめの絵本 なかがわりえこ「ぐりとぐら」がおすすめの理由

今から50年以上前に作られた、世代を超え、国境を超えて読み継がれている絵本。料理と食べることが何より大好きな野ネズミのぐりとぐら。森で巨大な卵を発見したものの何を作ろうか迷った二人(匹?)はカステラを作ることに決めた。森の動物とのふれあいがほっこりとさせる、いつまでも読み継がれてほしい名作です。(40代男性)

野ねずみのキャラクターが冒険に出て、美味しい食べ物を求めたりするところに幼少期の絵本としてワクワク感と楽しさを感じると考えています。60年近く前に初めて公開された作品であり私自身も触れて親に読んで貰った思い出があるからです。(20代男性)

 

 

14.わらべ きみか「とびだす!うごく! どうぶつ (てのひらえほん)」

 

0歳の男の子におすすめの絵本 わらべ きみか「とびだす!うごく! どうぶつ (てのひらえほん)」がおすすめの理由

男の子用なのでとびだす。動くタイプがいいと思いました。過去にお祝いとしてプレゼントしてとても喜ばれた記憶があります。わらべ きみかさんの作風はいやみがなく子供の目に優しく映ると思うので安心して贈れます。(50代女性)

てのひらサイズの絵本なので、お出かけのときに持ち運べ、子どもがぐずったらすぐ取り出せるのでいいです。絵本のしかけも、動物の特徴をあらわしていて、キリンは首がのびたり、カバは口が大きく開いたりと、動きがダイナミックなので、子どもも毎回飽きずに楽しめます。(20代女性)

 

 

15.佐野洋子「100万回生きたねこ」

 

0歳の男の子におすすめの絵本 佐野洋子「100万回生きたねこ」がおすすめの理由

昔何回もよんでもらった思い出のある本です。0歳の子供にすぐに理解できるような内容ではないですが大きくなった時に理解が進んで様々な感情を感じ取るようになったときにこの本を読み聞かせてよかったと感じると思います。(20代男性)

 

 

16.駒形克己「FIRST LOOK(はじめてのかたち)」

 

0歳の男の子におすすめの絵本 駒形克己「FIRST LOOK(はじめてのかたち)」がおすすめの理由

初めて赤ちゃんが見えるラインが白と黒らしいです。ですから、子どもがはっきり見た!ということがよくわかる本だと思います。0歳の男の子の目を見ていてください。きっと、本を見てくれていることがよくわかると思いますし、読んでいてうれしくなると思う本だからです。(40代女性)

 

 

17.まつい のりこ「あかちゃんのほん」

 

0歳の男の子におすすめの絵本 まつい のりこ「あかちゃんのほん」がおすすめの理由

絵が身近なものでかわいいし、親がめくってあげてもいいし、子どもがめくってもいいと思います。めくるにつれ、子どもが興味を持つように絵が描かれているので、好奇心を持って見てくれると思います。ところどころ字が書いてあるので、絵とマッチしているし、読んであげるとその言葉を覚えるかもしれません。(50代女性)

 

 

18.いまき みち「あがりめ さがりめ」

 

0歳の男の子におすすめの絵本 いまき みち「あがりめ さがりめ」がおすすめの理由

娘ですが大のお気に入りだったからです。あがりめ、さがりめという歌に合わせて読めるので、リズムもよく子どもも聞きやすいと思います。最後の意外な展開にびっくりしましたが、子どもにはそれが面白かったようです。話せるようになれば一緒に読んでいたので、長く楽しめる絵本だと思います。(30代女性)

 

 

19.中川ひろたか「あっぷっぷ」

 

0歳の男の子におすすめの絵本 中川ひろたか「あっぷっぷ」がおすすめの理由

単調なフレーズとイラストの表情に模倣したり、指さししたり、喃語を引き出し「もっかい」「ぷー」と言う姿がこの絵本の良さだと思います。また女の子より男の子の方が反応がよく一緒にノリノリになって読み聞かせを楽しめる事にオススメだと思います。(30代女性)

 

 

20.いもとようこ「ありがとう」

 

0歳の男の子におすすめの絵本 いもとようこ「ありがとう」がおすすめの理由

まず絵が可愛い。子供向けの絵ですごく食いつきが良い。0歳の頃からありがとうと読み聞かせしていたら大きくなったときに、ありがとうと言える子供になると思う。また絵本の文字が大きくて子供も読みやすいのでオススメ。(20代女性)

 

 

21.いしづちひろ「おいし〜い」

 

0歳の男の子におすすめの絵本 いしづちひろ「おいし〜い」がおすすめの理由

離乳食をなかなか食べてくれなかった我が子に悩んでいた時に先輩ママさんに勧められた一作です。 もぐもぐもぐ、とかおいしいね、とご飯をひたすら食べている絵本なのですがその独特のリズムが小さな子には面白いらしく飽きずに聞いていてくれました。 ご飯の時にもぐもぐもぐ、と応援?してあげるともちょっとずつですが食べてくれるようになり一安心。 ご飯に興味を持たせられる、色んな方にオススメできる一作です。(20代女性)

 

 

22.ヘネヒテン,ヒド・ファン「おさかなちゃんのおいでおいで」

 

0歳の男の子におすすめの絵本 ヘネヒテン,ヒド・ファン「おさかなちゃんのおいでおいで」がおすすめの理由

カラフルで色合いのコントラストが強く見ていて元気が出ます!おいでおいで〜〜!とこの絵本を読んであげると、キャキャキャと声を出して喜んでくれます。角が丸い作りで危なくないし、表紙が丈夫なのでいっぱい読んであげたいです。(20代女性)

 

 

23.前川かずお「おひさまあはは」

 

0歳の男の子におすすめの絵本 前川かずお「おひさまあはは」がおすすめの理由

明るい声で「あはは」と繰りかえして読んであげれる絵本で、その笑い声と絵本の絵がとても目をひく笑顔があふれているのでおすすめです。最後にでてくる子も男の子で感情移入しながら、失敗も一緒に笑い飛ばせるようになりたいと母親も思えていい絵本です。(40代女性)

 

 

24.真珠まりこ「おべんとうバス」

 

0歳の男の子におすすめの絵本 真珠まりこ「おべんとうバス」がおすすめの理由

男の子たちのだいすきな乗り物バスにおべんとうのおかずたちが乗り込む絵本です!おかずたちが「はーい!」と返事をするのに合わせて名前を呼んであげると子どももお返事をすることができます!最後はいただきますで食べる真似をすると喜びます!(20代女性)

 

 

25.柳原 良平「かお かお どんなかお」

 

0歳の男の子におすすめの絵本 柳原 良平「かお かお どんなかお」がおすすめの理由

0歳児に読み聞かせるには、とっても地味な色合いで、それほどカラフルなイラストではないにも関わらず、たくさんのいろんな顔が現れるのが楽しかったようで、いつもじいっと見て聞いていました。赤ちゃんのころであっても、人間の顔、目と鼻と口に注目する習性がある、と後ほど聞いて、なるほど、だからこの「かおかおどんなかお」の絵本にあれだけ興味を示していたのか、と妙に納得しました。男の子に読み聞かせしたときには、怒っている顔の登場で同じように怒る表情を見せる子もいますが、怖がる子もいて、その反応の違いが楽しい絵本です。(40代女性)

 

 

26.Sass/DADWAY「がおー!」

 

0歳の男の子におすすめの絵本 Sass/DADWAY「がおー!」がおすすめの理由

コントラストが強くはっきりした模様が多く、赤ちゃんが喜ぶ言葉がたくさん詰まった絵本だから。子どもに読み聞かせをしていると、まだ3ヶ月だがしっかり絵本を目で追い楽しんでいるように見える。絵本が終わるともっともっととせがまれる。(20代女性)

 

 

27.フィオナ・ランド「かず」

 

0歳の男の子におすすめの絵本 フィオナ・ランド「かず」がおすすめの理由

1から5までの数を、触りながら楽しめる絵本です。手触りが違う素材(ふわふわ、ザラザラ等)を使って、それぞれのページに可愛い生き物の絵が描いてあり、0歳の子にも指で触って感じさせてあげることができます。(30代女性)

 

 

28.平山和子「くだもの」

 

0歳の男の子におすすめの絵本 平山和子「くだもの」がおすすめの理由

くだものの大きなイラストに切って食べるイラストが載っておりとても分かりやすいです。離乳食に入り自分たちが食べてるものを実際に見せながら絵本の横に置くと不思議そうにじーっとみてくれます。名前を覚えるためにいい絵本だと思います。(30代女性)

 

 

29.きむら ゆういち「ごあいさつあそび」

 

0歳の男の子におすすめの絵本 きむら ゆういち「ごあいさつあそび」がおすすめの理由

0歳の子供なら正直男の子でも女の子でもおススメです。しかも長く喜んで読んでいるように思います。仕掛け絵本の要素があるので、自分でめくりたいと思うようになるし、ペラペラめくって、「こんにちは」とあいさつするのが、子供も楽しいかと思います。(30代女性)

 

 

30.いもとようこ「ごめんなさい」

 

0歳の男の子におすすめの絵本 いもとようこ「ごめんなさい」がおすすめの理由

絵がとても可愛い。子供が絵本を見入ってくれる。ごめんなさいと読み聞かせしていたら、どのような時に言うのか、どのような感情のときに言うのかを0歳の頃から学ぶことができる。また絵も文字も大きいため子供でも見やすい。(20代女性)

 

 

31.わかやまけん「しろくまちゃんのほっとけーき」

 

0歳の男の子におすすめの絵本 わかやまけん「しろくまちゃんのほっとけーき」がおすすめの理由

息子が小さい頃とても好きでした。ぽたーんなどの擬音語がたくさん使われていて、耳に残るのではないかと思います。絵も、丸いものが多くとてもかわいくて、読むたびに喜んでいました。字の読めない小さな子供は好きだと思います。(40代女性)

 

 

32.かがくい ひろし「だるまさんの」

 

0歳の男の子におすすめの絵本 かがくい ひろし「だるまさんの」がおすすめの理由

この絵本はゆるいイラストのだるまさんが主役です。このだるまさんが、「だるまさんの〜」手、目、歯、毛等とリズミカルなテンポで教えてくれます。また、その際の表情にインパクトがあるので、親子共に声を出して笑えるからです。だるまさんの可愛らしさと迫力が0歳の男の子におすすめです。(30代男性)

 

 

33.いしかわこうじ「どうぶついろいろかくれんぼ」

 

0歳の男の子におすすめの絵本 いしかわこうじ「どうぶついろいろかくれんぼ」がおすすめの理由

私が0歳の男の子におあうすめする絵本は「どうぶついろいろかくれんぼ」です。この絵本をおすすめする理由はまず紙が分厚いからです。ペラペラの普通の紙だとまだ0歳の赤ちゃんだと破いてしまったり、噛んでしまう心配がないので安心です。それと、色が鮮やかなのでまだ絵本に興味があまりなくても気を引けると思いますし、これは赤だよなどと教えれるのでとてもおすすめです。私の息子は動物を指差したりと楽しそうに見ています。(20代女性)

 

 

34.古川正和「とびだす・ひろがる のりものえほん」

 

0歳の男の子におすすめの絵本 古川正和「とびだす・ひろがる のりものえほん」がおすすめの理由

うちの子も0歳児でいつもこの本を見ています。男の子なので乗り物がいっぱい出てくると面白いみたいで、じっと見て興味深いようです。乗り物が飛び出したりめくって出てくる仕掛けが施されているので、小さい子でも自分でめくろうとしたり、読み聞かせや知育にもおすすめの絵本です。(30代女性)

 

 

35.とよたかずひこ「どんどこももんちゃん」

 

0歳の男の子におすすめの絵本 とよたかずひこ「どんどこももんちゃん」がおすすめの理由

文章が簡単で、言葉のリズムがよいので、音だけでも楽しめる絵本です。繰り返しの言葉が多く、子供も覚えやすいです。何があっても一心不乱に前に進むももんちゃんを応援したくなるのではないかと思います。最後は大好きなお母さんのところがゴールなので、だから急いでいたね、とほっこりできます。(40代女性)

 

 

36.いしづ ちひろ「にーっこり」

 

0歳の男の子におすすめの絵本 いしづ ちひろ「にーっこり」がおすすめの理由

娘ですが、0歳のときからから2歳になった今でもお気に入りの絵本だからです。にーっこりと笑う表情がとてもかわいく、ほほえましく温かい気持ちになれます。また最後のママがチューのところでは実際子どものほっぺにチューするととても喜びますし、親子の良いスキンシップが取れます。(30代女性)

 

 

37.Sassy「にこにこ」

 

0歳の男の子におすすめの絵本 Sassy「にこにこ」がおすすめの理由

私も子どもに買ってあげました。初めての絵本ということで、色がハッキリしていること、難しくないこと、何より絵が大きくてかわいいことを重視して選びました。子どもも初めは興味がなさそうでも、ハイハイができるころには自分で絵を叩いたり興味を示し出し現在では(1歳)自分でめくって遊んでいます。ただ、本自体が厚紙でできているので汚れ等には多少強いのだと思いますが落としたり投げたり、お出かけへの持ち運びには向いてないかなと思います。(30代女性)

 

 

38.マーカス・フィスター「にじいろの さかな 0歳の本」

 

0歳の男の子におすすめの絵本 マーカス・フィスター「にじいろの さかな 0歳の本」がおすすめの理由

初めての男の子でどれが良いのかわかりませんでしたが全ページつながっている見開きタイプであるためいいかなと思い購入しました。1歳未満ではただ広げて立ててみたり光るお魚をジッと見つめたり。興味はかなり持ってくれました。絵本の入口としては成功ですかね。(40代男性)

 

 

39.柏原あきお「ぬのひもえほん しましまぐるぐる いっしょにあそぼ」

 

0歳の男の子におすすめの絵本 柏原あきお「ぬのひもえほん しましまぐるぐる いっしょにあそぼ」がおすすめの理由

この本は、シンプルなつくりなのですが、私の子供が0歳の頃に渡してみるととてもはまっていました。色使いも子供にとってはすごい綺麗に見えたんだと思いますし、本にひもやタグもついているので赤ちゃんにとっては面白い本だと思います。(20代女性)

 

 

40.よねづ ゆうすけ「ぴたっ!」

 

0歳の男の子におすすめの絵本 よねづ ゆうすけ「ぴたっ!」がおすすめの理由

動物達が形(ハートや三角、四角など)の半分を型どっていて、次のページをひらくとぴたっ!とくっついて形が補完される仕組みです。色も一つの形に一色ずつなので、視覚的にとても分かりやすい仕様になっていると思います。(30代女性)

 

 

41.柏原晃夫「ぶんぶんきいろ」

 

0歳の男の子におすすめの絵本 柏原晃夫「ぶんぶんきいろ」がおすすめの理由

絵と色がハッキリしており、目が惹き付けられるようです。特に初めに出てくるバナナの絵がおすすめです。離乳食でバナナ好きになる男の子は多いと思いますが、うちの息子たちも大喜びで、毎回そのページに食いついていました。1ページずつに厚みがあるため、投げたり噛んだりしても破れることはありません。物使いが荒い男の子でも長持ちする絵本です。角が丸くなっているのも安全で、オススメポイントです。(30代女性)

 

 

42.柿木原政広「ぽんちんぱん」

 

0歳の男の子におすすめの絵本 柿木原政広「ぽんちんぱん」がおすすめの理由

私も0歳の女の子を現在育てていますが、他の絵本には全く興味を示さなかった娘が、この絵本にだけは自分からさわろうとするほどとても楽しそうに見ています。 「ぽんちんぱん」という赤ちゃんには面白い?言葉が何度も出てきて、毎回キャッキャと笑っています。 また、リアルなパンのイラストにも興味をひかれるのかもしれません。読み手もテンポよく読めるので、読み聞かせが初めてな人でも読みやすい絵本だと思います。(20代女性)

 

 

43.及川賢治、竹内繭子「まるさんかくぞう」

 

0歳の男の子におすすめの絵本 及川賢治、竹内繭子「まるさんかくぞう」がおすすめの理由

まる、さんかく、しかくやさんかく、ぞう、まるなど、鮮やかな色と、斬新なデザインで、シンプルな言葉と絵なので、色と形の認識がまだの赤ちゃんが、認識しやすい色と形やことばで載っているのがとても良いと思います。(30代女性)

 

 

44.中辻悦子「まるてん いろてん」

 

0歳の男の子におすすめの絵本 中辻悦子「まるてん いろてん」がおすすめの理由

いろんな丸の色があって、まだしっかり目が見えていない赤ちゃんにもしっかり見えるように描かれている絵本です。そして、絵本も赤ちゃんが舐めてもダメになりにくいように厚い本で作ってあるので赤ちゃんに舐めさせても安心です(30代女性)

 

 

45.ステラバゴット「みんなだいすきクリスマス」

 

0歳の男の子におすすめの絵本 ステラバゴット「みんなだいすきクリスマス」がおすすめの理由

ちょっとした仕掛け絵本ですが赤ちゃんでも動かすことができるので自分から進んで楽しく動かしてます。 読むというよりも変化を楽しむ絵本なので毎回読んでいても飽きずに喜んでいます。 いろんな動物がでてくるので教えることでそのうち覚えて親子で楽しめる絵本だと思ってます。(20代女性)

 

 

46.市原 淳「もいもい」

 

0歳の男の子におすすめの絵本 市原 淳「もいもい」がおすすめの理由

ネットで話題になっており、以前から興味があった。値段もそこそこするし、他の本はあまり興味がなかったのでダメ元で買ってみたところ、とても食いつきがよかった。言葉は「もい」「ぽ」ぐらいしか出てこないが、色がとてもはっきりしており、にこにこ見ているのでおすすめです。(20代男性)

 

 

47.tupera tupera「やさいさん」

 

0歳の男の子におすすめの絵本 tupera tupera「やさいさん」がおすすめの理由

男女限らず人気のある作品だと思います。その秘密は簡単なしかけ(ページをめくる)、綺麗な色どり、やさいの親しみやすさ、にあると思います。特に男の子はめくるのが好きなので、めくって展開があると楽しいようです。(30代女性)

 

 

48.いりやまさとし「わんわんだーれだ?」

 

0歳の男の子におすすめの絵本 いりやまさとし「わんわんだーれだ?」がおすすめの理由

動物の男の子におすすめです。動物のイラストの色調が優しく可愛らしいです。かくれんぼしている動物の鳴き声で、何の動物かを当てていくのですが、とても想像力を育てててくれ、親子でのコミュニケーションツールにもなります。(30代女性)

 

 

タイトルとURLをコピーしました