2019年モーニング娘。おすすめの曲ランキング10

スポンサーリンク
スポンサーリンク

2019年モーニング娘。おすすめの曲ランキング10

高橋愛ちゃんがセンターで歌っていた頃のモーニング娘。が好きです。同性ですが見ていて可愛いし、歌もダンスも上手いです。真似したくなります。また、つんくさんが作詞、作曲した曲は、分かりやすくて伝わりやすい歌詞で、希望に満ちた曲、応援歌、可愛い女心を描いた曲が多くて共感が持てます。メロディもすぐ口ずさんでしまえる程覚えやすいです。また、全体的に明るい曲が多いので、聴いてて元気が出ます。

 

 

第10位.モーニング娘。「SONGS」

モーニング娘。『SONGS』

一番最初の歌い出しの歌詞(Aメロ)で、色んな事が下手くそだと言っているのですが、これらは正に自分の事を言っているのではないかと思えるくらい、自分自身によく当てはまる所に共感しました。また、一番最後の歌詞「Let’s sing a song」のsongを変声してコーラス風にしている所は、ちょっとした遊び心があって、聴いてておもしろいです。この部分は2009年春のコンサート映像で、モーニング娘。が不定期に首をかしげながら歌っていて、可愛くかつかっこ良いです。また、最後の伴奏はR&Bを思わせるような彷徨い感があり、自分の中の表に出せない心情を表しているように感じます。

 

 

第9位.モーニング娘。「愛しく苦しいこの夜に」

Morning Musume – Itoshiku Kurushii Kono Yoru Ni w/lyrics

モーニング娘。の中で可愛らしく、癒し系だった亀井絵里さんがメインボーカルの曲でとても可愛い歌声がよく聴ける曲です。亀井さんのソロ曲は少ないので、ファンの方には必聴です。モーニング娘。として歌っているので、他のメンバーの歌声も聴けるのですが、亀井さんが一人でソロとして歌うバージョンが聴きたくなる曲です。CDジャケットの写真のイメージにピッタリな曲で、彼女の歌の上手さも伝わってきます。歌詞とメロディは聴いてて切なくなります。季節的には秋を感じさせるような曲なので、ロマンティックな気分に浸りたい時にはおすすめです。

 

 

第8位.モーニング娘。「怪傑ポジティブA」

怪傑ポジティブA | カラーコードの歌詞 | Kaiketsu Positive A (Extraordinary Positive A) | Colour Code Lyrics

これぞまさしくモーニング娘。です!と言えるような、明るくて元気ハツラツな曲です。メラメラと勇気も湧いてきます。アップテンポな曲調で、カラオケでも盛り上がれます。振付けを考えて踊りたくなる曲です。歌詞は、Aメロの部分は何を言っているのか分かりづらさがありますが、Bメロから徐々に座右の銘のような歌詞と、ポジティブである事の意味が感じられ、サビはどんな事も解決できるヒーローを目指して突き進んでね、と言ったメッセージが伝わってくる曲です。9期生のソロパートがあり、若くて初々しい歌声も聴けます。9期生と同じ、若い世代に充てた教訓がノリノリで勉強できます。

 

 

第7位.モーニング娘。「ポップコーンラブ!」

Morning Musume「Popcorn Love」

女の子の恋する気持ちが素直に歌詞になっている曲で、好きな人を思うと、はちきれんばかりの嬉しさをポップコーンのはじける感じに例えた曲。この例えが上手いなと思いました。歌詞をじっくり聴くと、すんなり情景がイメージできてウキウキワクワクしてきます。2番目のBメロで「人目なんて気にせずに君を守りたいよ」と歌っているのですが、女性が男性を守るの?と、思わず意表を突かれます。意味深に思いますが、守りたいくらい大好きなんだなと納得できます。2007年春のコンサート映像の、脇をキュッキュッする振付けが可愛いらしくて、真似して歌いたくなります。

 

 

第6位.モーニング娘。「Only you」

モーニング娘。 『Only you』 (MV)

モーニング娘。の曲の中では激しく情熱的で切ない系の曲です。鞘師里保ちゃんの初々しい歌声と高橋愛ちゃん、田中れいなちゃんのさすが先輩、と思わせるような迫力のある歌声が交互に聴けます。歌詞的には男性の心情を女性が代弁して歌っているように感じます。MVの振付も激しくて、メンバーの立ち位置がコロコロ変わり、現在のフォーメーションダンスの原点と言えるような動きに目が離せません。カラオケではMVの本人映像を見て歌うことができるので、振付を真似したくなるはずです。MVの衣裳も白で統一されていて可愛いです。高橋愛ちゃんの金髪のショートヘアーが見れます。

 

 

第5位.モーニング娘。「歩いてる」

モーニング娘。 『歩いてる』 (MV)

久々にオリコンチャート1位になった名曲です。道重さゆみちゃんも大好きだという曲。歌詞もメロディーも素敵です。サビの「歩いてる~NANANA…」と、あえて歌詞を付けないでNANANAと言っているところは、聴いている人それぞれが自由に歌詞をつけて歌えそうな感じがします。この曲の最大の魅力は、モーニング娘。のメンバー一人一人の素顔が見れる所です。曲名通りに歩いてるのですが、私服?と思えるような衣裳を全員着ています。個人的には亀井絵里ちゃんの服が着てみたい…。後半は焚火の前で、みんなそれぞれに可愛いく、楽しそうに歌っています。ずっと見ていたいです。

 

 

第4位.モーニング娘。「Please!自由の扉」

モーニング娘。『Please! 自由の扉』

イントロのギターソロは、歌詞の「自由」さを表すような清々しさを感じます。まるで澄みきった青空を連想させるようです。Aメロは過去の経験から学んだ教訓や夢や憧れ、Bメロは現在の葛藤、サビは未来への希望といった歌詞の構成になっていて、明るいメロディーにのせています。2番目のAメロ「失敗がまた私の糧になるわ」という部分に、失敗する事が多い私は、聴いていていつも救われています。2007年秋のコンサート映像では、2番目のサビの最後「~素敵な夢を描くよ~」で、田中れいなちゃんが指でハートマークを描くところが可愛いです。

 

 

第3位.モーニング娘。「SEXYBOY~そよ風に寄り添って~」

モーニング娘。 『SEXY BOY ~そよ風に寄り添って~』 (MV)

歌詞は抽象的で、聴かせる曲というよりは、何となしに遊び人な男性をフワッっと描いているような、聴くのも歌うのも気楽な感覚でできそうな曲です。カラオケの本人映像でも見れるMVでは、モーニング娘。の曲の中では振付が覚えやすい方で、間奏のコーラス「巷で噂のセクシー上上」の上上を、指で表す振付が可愛いです。また曲のイメージなのか、モーニング娘。全員白いキャミソールのワンピースで、髪の毛をストレートにしていて、純真な女の子っぽさを表しています。そんな女の子が遊び人で自由人の彼に恋して思うところを歌とダンスで表現しているので、清純派女子が好きな男性には必見です。

 

 

第2位.モーニング娘。「浪漫~MYDEARBOY~」

モーニング娘。 『浪漫 ~MY DEAR BOY~』 (MV)

聴いていて鳥肌が立つくらい、感動を覚えて震えます。夢と希望に満ち溢れた素敵な歌詞とメロディです。2番目のBメロ「未来にタスキ渡す正義に迷いはない」という歌詞は、良い事を言っているなあと感心できます。最後の「MYDEAR~」の部分がマイナーチックなメロディなのが気に入っています。カラオケでもカッコ良く歌いこなして盛り上がれます。MVでは曲に合った振付で、カッコ良いモーニング娘。が見れます。特に3本の指で顔を隠しながらリズムをとっている所はキマっています。衣裳も紫色で、多少ヤンキーっぽくは見えますが、カッコ良さでカバーしています。石川梨華ちゃんの髪型は、曲のイメージなのでしょうか。

 

 

第1位.モーニング娘。「Handmadecity」

Morning Musume. – Hand made CITY audio

個人的に、モーニング娘。の中で一番好きな曲です。速いテンポのメロディが先立って、歌詞が入ってこない感じがあってもったいない気がしますが、歌詞をよくよく聴くと、素晴らしい教訓を歌っています。「ローマは一日にして成らず」ということわざからきているのだと思いますが、曲名をローマ=手作りの町として、一日やそこらの短期間では、大事なものほど達成できない、逆に大事なものこそ長時間かけて試行錯誤しながら、毎日努力して作り上げていくもの、といった意味なんだなと考えさせられます。私の日常も、一日一日を大切に過ごしていこうと思いました。深い話ですが、そういう考えにさせてくれたこの曲が大好きです。

 

 

タイトルとURLをコピーしました