【2019年】天野月子おすすめの曲ランキング10

スポンサーリンク
スポンサーリンク

【2019年】天野月子おすすめの曲ランキング10

独特の世界観を持つ、十代の多感な時期に聴いたら影響うけること間違いなしの女性ミュージシャンです。 力強い歌声と、美しい日本語で綴られた歌詞(英語もありますが)が特徴で、和風ロックが好きな人には特に強く突き刺さるでしょう。

 

 

第10位.天野月子「枳」

枳(天野月子) by M.G.

天野月子「枳」がおすすめの理由

壮大な和の曲調と美しい日本語で綴られた叙景的な歌詞は、聴いてるだけでグイと天野月子の世界観に引き込まれます。一言でいうと「まるで現実拡張アプリを付けているかのよう」に荘厳で美麗な和風ファンタジーの世界が、脳裏に広がっていくかのようだ。まさにBUMP・OF・CHICKENやSoundHrizon/LinkedHrizon、SEKAI NO OWARIやkarafinaのような「耳で聴く物語音楽」と言っても過言ではないでしょう。惜しむらくはマイナーなアーティストである天野月(天野月子)が歌う曲の中でも、あまり知られていない曲であることです。

 

 

第9位.天野月子「ライオン」

【Tsuki Amano】ライオン【AMNリクアワ2015】

天野月子「ライオン」がおすすめの理由

男女のすれ違いと別れを切々と歌い上げた曲。寂寥感溢れながらも優しい歌声のおかげか、聴いていると悲しみがせり上がってくるというよりも、どこか明るく前向きな気持ちになってきます。恋人と別れた時や、同居解消/離婚の時などにこの曲を聴くと精神が落ち着いてくるかもしれません。また、どこか漠然とした希望を胸に抱きたくなるような曲でもあるので、新しい門出を迎える際に「今までの自分と別れる」というイメージで聴いてみるのもありかとしれないと個人的に思います。別れというものは存外そんなに悪いものではない、と思わせてくれるような曲です。

 

 

第8位.天野月子「龍」

天野月子「龍」がおすすめの理由

こちらも先ほどの「枳」のような、迸る和の風情と鮮烈な激情が感じられる叙景的な曲です。高らかにかき鳴らされる、まるで雷鳴のようなギターの旋律と龍の咆哮を思わせる、女性ながらも力強い歌声が相まって、雨風吹き荒れる嵐の中を雄々しく泳ぐ龍の姿が脳裏に浮かんでくるようです。この曲を聴いていると不思議と「逆境でも負けない、図太くともしたたかに生きてやる」という気概と活力が満ちてきます。そのくらいパワーとエネルギーに満ち溢れた曲と言えるでしょう。落ち込んだ時や、元気を得たい時などに是非ともおすすめすしたい曲です。

 

 

第7位.天野月子「銀猫」

銀猫

天野月子「銀猫」がおすすめの理由

可愛らしい曲名と歌詞のギャップに脅かされる、炎のように燃え盛る激情と、まるで絞り出すような魂の叫びが、聴いてるこちらにまで伝わってくるようなドラマティックな曲です。男女の別れの曲だと思っている人もいたり、いわゆる「ヤンデレ(行為を抱いた対象に歪んだ執着を抱くキャラクターの事)」な女性の曲だと思っている人もいたり、死体になった女性の視点から語られる、恋人への愛の曲だと思っている人もいたりで、歌詞の内容も聴く人によっていろいろと見方の変わる曲であり、想像を掻き立てられるようで何回もそれこそ繰り返し繰り返し聴いていても飽きることはありません。

 

 

第6位.天野月子「スナイパー」

Sniper

天野月子「スナイパー」がおすすめの理由

天野月(旧天野月子)の曲にしては珍しく、POPかつキャッチーで華やかなメロディーラインの可愛らしい曲です。そんな可愛らしい曲調とは裏腹に、「もしあなたがわたしを狙い、黒い銃を構えているなら。外さないでね。一撃でココを射止めて」というやや物騒なサビで、ジャケットの表紙もスーツをびしっと着こなした凛とした女性が主体のものになっており、そのギャップに驚かされます。PV映像も狙う側(スナイパー)と狙われる側(スナイパー)とハラハラした綱渡りの様子を、恋する女性の気持ち(「意中の相手に射止めて貰いたい乙女の恋心」)を例えたものになっています。

 

 

第5位.天野月子「鮫」

【PV】天野月子 – 鮫 PV

天野月子「鮫」がおすすめの理由

「龍」や「枳」のような和風な曲でありながら、激しさと強さを全面に押し出した、まさに和風ロックな曲であり、聴いていて胸がすくような気持のよい曲です。「銀猫」で書いたような「「ヤンデレ(行為を抱いた対象に歪んだ執着を抱くキャラクターの事)な女性」のことを歌ったと思われる歌詞ですが、深く共感できるところもいくつかあり、嫌なことがあった際などにカラオケなどで思いっきり歌うとストレス発散になること間違いなしです。PVも非常に格好よく、出演者の爽快なバトルシーンもあり、和風や西部のガンマンが好きだという人には必見の価値ありのものになっています。

 

 

第4位.天野月子「聲」

♪ 聲(歌詞付き)  天野月子

天野月子「聲」がおすすめの理由

この曲は株式会社コーエーテクモゲームズ(前テクモ)から発売された日本のホラーゲーム・零シリーズの三作目「零-刺青の聲-」の主題歌として書き下ろされた曲で、天野月(旧天野月子)のファンはもとより、ゲームの雰囲気・各主人公キャラの心情も作品のテーマ・方向性にも強くマッチしている点から、零シリーズのファンにも非常に高い人気と認知度を誇る曲になっています。特にEDでは、映像と一緒に流れる主題歌の相乗効果も相まって素晴らしいものになっており、一見の価値ありです。恋人を無くした女性の悲しい想いに寄り添った曲なので、零を知らない人でも深く共感しながら聴くことができます。

 

 

第3位.天野月子「ゼロの調律」

ゼロの調律 Zero no Chouritsu – 天野月子 Tsukiko Amano with Lyrics HQ

天野月子「ゼロの調律」がおすすめの理由

この曲は「聲」と同じく株式会社コーエーテクモゲームズ(前テクモ)から発売された日本のホラーゲーム・零シリーズの四作目「零-月食の仮面-」の主題歌として書き下ろされた曲です。先に挙げた「鮫」や「龍」にも劣らない位激しいギターのメロディーと、天野月(旧天野月子)叩きつけるような歌声が魅力的で、こちらもやはり何度繰り返し聴いていても飽きることはありません。これほど激しい曲調なのに、視聴後には不思議な爽やかさが残ります。これも前述の「聲」と同じく、ゲームの雰囲気や作品のテーマ・方向性にとても寄り添って作られており、ED後に映し出される映像とも相まって、心を震わすこと間違いなしな曲になっています。もちろんゲームに触れたことがない人にもおすすめな曲です。

 

 

第2位.天野月子「蝶」

[PV] 天野月子 – 蝶

天野月子「蝶」がおすすめの理由

この曲は「聲」「ゼロの調律」と同じく株式会社コーエーテクモゲームズ(前テクモ)から発売された日本のホラーゲーム・零シリーズの二作目「零-紅の蝶-」の主題歌として書き下ろされた曲です。天野月(旧天野月子)が株式会社コーエーテクモゲームス(前テクモ)とタッグを組んだ一番最初の曲でもあり、2004年リリースという非常に古い曲でありながらも、いまだに根強い人気を誇る曲でもあります。天野月(旧天野月子)を知らない人でも、零シリーズに触れたことがないという人でも、この曲は知っているという人も少なくないと思われます。天野月(旧天野月子)特有の力強い声にしっとりした曲調、そして激しいギターのメロディーは聴く人を虜にすること間違いなしです。

 

 

第1位.天野月子「箱庭~ミニチュアガーデン~」

箱庭 ~DECADE Ver.~

天野月子「箱庭~ミニチュアガーデン~」がおすすめの理由

天野月(旧天野月子)のデビュー曲です。デビュー曲とは思えないくらいに歌声も歌詞もよく、一番古い曲であるのに結構な人気を誇る曲でもあります。やや退廃的な印象を受けるしっとりしたAメロ・Bメロから一転して激しく叫ぶようなサビに変わる瞬間や、終盤の激しいリズムから優しく穏やかなメロディーに戻る瞬間はいつ聴いても心揺さぶります。ラストのたたみかける歌詞と、だんだん高くなっていく感情を剥き出しにした歌声は、まるで悲鳴や懇願のようで切なくもあります。甘やかでありつつも、どこか物憂げな歌詞は、昼のドラマやハーレクイン小説のようで個人的にはとても好きな曲です。

 

 

タイトルとURLをコピーしました