【2019年】奥華子おすすめの曲ランキング10

スポンサーリンク
スポンサーリンク

【2019年】奥華子おすすめの曲ランキング10

ほとんどの曲を自身で作詞作曲されており、楽曲提供などもよくされています。恋愛を題材とした楽曲が多くて、その中でも特に失恋についての歌が印象的です。人が隠したがる欲深い感情をストレートな言葉で伝えてくるところに胸を打たれます。ピアノやウクレレなどの楽器を使った弾き語りにも定評があって、歌というよりは詩を聴いているような気持ちになります。

 

 

第10位.奥華子「泡沫」

泡沫 – 奥華子 (Utakata – Oku Hanako)

奥華子「泡沫」がおすすめの理由

「愛してくれなければ愛せない」というフレーズが印象的この歌は、元カレに対して当時思っていた感情を直球な言葉でぶつけてくれた思い入れのある曲です。ドロドロと汚く醜い感情なのかも知れないけど率直で素直な本音でもある。キレイな感情だけが恋ではなくて、そんな気持ちも持ってていいんだと思わせてくれました。サビの力強さも好きですが、「本当の私がいてそのすべて受け止められず」「偽りの私がいてそのすべて投げ捨てられず」という歌詞が当時の私の心に刺さって、とても共感しました。全体的に暗い曲調なのですが、サビ部分の力強い感情の爆発具合が聴いていて爽快な気分になります。

 

 

第9位.奥華子「タイムカード」

タイムカード

奥華子「タイムカード」がおすすめの理由

なんとなく夜明けを連想するような曲調。他に夢があるけどお金がなければ夢も叶えられないからと必死になってバイトを頑張ってたはずが、目的を見失って色んな事がままならなくなっていた頃の自分を思い出します。本当にやりたいことは、このバイトじゃないはずなのに、いつの間にか叶える勇気なんか無くなってて「本当は他に夢があるなんて簡単に口にできなくなってた」や「私の唯一の居場所は名前の書いてあるタイムカード」という歌詞は、当時の自分と重ねてとても共感してしまいます。サビの「「大丈夫だよ」って言ってくれた」の声の透明感や曲の盛り上がりが好きです。ラストサビの「タイムカードはもういらない」と力強く言い放つところがお気に入りです。

 

 

第8位.奥華子「愛してた」

愛してた

奥華子「愛してた」がおすすめの理由

「「愛してる」ってそんな言葉はずっといらないと思ってた」からの出だしから心を掴まれます。元カレと上手くいっていなかった時にこの曲を聴いて、その時の自分の状況と重なって共感しまくりでした。「始まりがなければ永遠に」の言い方が緩い滑舌で個人的にツボです。この歌の世界観をより一層膨らませてくれるメロディーも好きなところなのですか、歌なのにまるで物語を聴いているような感覚になります。曲最後の音の盛り上がりから終わり部分の「抱きしめて今あなたが思うより」の「今」の息の吐き方がより切なさを表していて、胸がギュゥっとなります。

 

 

第7位.奥華子「最終電車」

最終電車

奥華子「最終電車」がおすすめの理由

元カレとプチ遠距離恋愛をしていた頃を思い出します。住んでいる県が違っていたのでどうしてもタイムリミットはあって、いつも終電が近付いてくると切ない気持ちになってたそのままを言い当てられたかのような歌詞です。特に2番目からの歌詞が共感しまくりで、当時よく聴いていました。現在も時々聴いては、甘酸っぱい恋をしていた頃の思い出に浸っています。サビに向かっていくまでの「吊革につかまってテープを巻き戻してくように」の歌詞部分のドンドコドンドコみたいなリズムのところが好みです。最後の「やっぱり今日も好きでした」で心を射抜かれます。

 

 

第6位.奥華子「笑って笑って」

笑って笑って

奥華子「笑って笑って」がおすすめの理由

昔死んでしまったわんちゃんを思い出します。「大事なものを強く握り締めたら粉々になって指の隙間から落ちていった」「だから今度はそっと手の平にのせてみたら音も立てず風に吹かれて消えてしまった」という歌詞は、わんちゃんだけじゃなく私が中学生の頃自殺してしまった同級生の事も思い出して心が痛くなります。生きていれば笑えないことも沢山あるけど、それでも笑って笑って歩いていれば、またいつか会えると背中をふわりと押してくれる歌です。奥華子さんの曲の中では珍しいメロディーも印象的です。最後のサビ部分の「涙こらえて」の裏声がとても素敵です。悲しいのに優しくて温かい歌です。

 

 

第5位.奥華子「HIKARI」

HIKARI

奥華子「HIKARI」がおすすめの理由

大切な人に贈りたくなる歌。声優の竹達彩奈さんに提供した曲で、18才の頃コンビニでバイトをしていた時に有線から聴こえてきて、その当時は奥華子さんの作詞とは知らなかったのですが、気になって必死でネットで調べた思い出があります。奥華子さん作詞と知って「やはりな」と、勝手に得意気になっていました。この曲は、元カレと上手くいっていなかった頃に仲良くしてくれていた方がいて、この曲を聞く度にその人のことを思い浮かべていました。落ち込みやすい性格のわたしをよく励ましてくれていて、本当に光のような人でこの歌にぴったりだなと。今ではその方が現在の彼氏さんなのですが、この曲はやっぱり彼に贈りたくなる曲です。

 

 

第4位.奥華子「恋」

奥華子ちゃん 恋 TIME NOTE

奥華子「恋」がおすすめの理由

悲しげなピアノの旋律が心に沁みる、片想いの切なすぎる気持ちをドストレートに歌った歌。自分の好きになった人には他に好きな人がいて、それでもその人のことを好きでいることをやめられない気持ちが直球で伝わってきて、初めて聴いたとき、今まで片想いをしたことがないわたしにとって、きっと片想いってこんな感情なんだと教えてくれました。特に歌詞の「好きなのに」でいつも涙腺が緩くなってしまいます。2番目の「好きになってくれる人だけを好きになれたらいいのに」の「いいのに」の歌い方が切実すぎて喉を締め付けられるような気持ちになります。

 

 

第3位.奥華子「迷路」

迷路

奥華子「迷路」がおすすめの理由

珍しく?恋愛系ではない歌。自分の上手く言えない心のモヤモヤを代わりに叫んでもらえたような歌です。出だしのピアノ部分も大好きなのですが、歌詞の一つ一つがとても心に突き刺さります。特に最初の「わたしにとってはただのゴミにしか見えない紙切れも誰かにとっては大切なお守りかもしれない」という詞が好きです。サビ部分の力強い歌い方も良くて、特にサビ最後の「私の声を聞いて欲しい」が、より強く感情がこめられていてすごく好きです。Cメロ前の「誰にも分からない迷いなど消えないゲームの世界ではない」のたたみかけてくるような部分は何回聴いても心が締め付けられます。

 

 

第2位.奥華子「二人記念日」

二人記念日

奥華子「二人記念日」がおすすめの理由

奥華子さんの曲の中でも明るい歌。想い合う二人の今までと、これからを感じられる曲。出逢えたことへの感謝やこれからも一緒に歩いていきたいという幸せな感情が、温かく心が跳ねるようなリズムと奥華子さんのやさしい歌声で表現されていて、大切な人と一緒に聴きたくなる曲です。歌詞の「今見えない未来にどんなに不安があっても大丈夫二人がいればなぜかそう思えるよ」の部分が、今の状況と重なるところがあって背中を押してもらっているような、日だまりに包まれているかのような優しい気持ちになります。おそらく男性目線の歌なのかもしれないのですが、全体的に可愛らしくて結婚式とかで流したくなる感じです。

 

 

第1位.奥華子「ガーネット(弾き語り)」

奥 華子/ガーネット(弾き語り)

奥華子「ガーネット(弾き語り)」がおすすめの理由

細田守さん監督の「時をかける少女」で使われていて、奥華子さんを初めて知ったきっかけとなった曲。特に奥華子さんがピアノ演奏する弾き語りバージョンが好きで、最後のCメロはAメロと同じ詞なんですが、また最後にAメロと同じ歌詞を繰り返すことで1回目のときよりも深く心に切なさが突き刺さってきます。「他の誰かを好きになったとしてもあなたはずっと特別で大切で」の部分が、奥華子さんのピアノ演奏も相まって、深く切ないけど温かい気持ちにさせてくれます。失恋ソングともとれるけど、恋愛以外のことにも置き換えれて、寂しいけどけして後ろ向きな気持ち一色でもない。そんなところが大好きな歌です。

 

 

タイトルとURLをコピーしました