【2019年】ASIAN KUNG-FU GENERATION(アジカン)おすすめの曲ランキング10

スポンサーリンク
スポンサーリンク

【2019年】ASIAN KUNG-FU GENERATION(アジカン)おすすめの曲ランキング10

アジカンの好きなところは、作る歌の詞がちょっと悲しかったり、ネガティブだったりすることが多い点です。 私は性格がちょっと後ろ向きなところがあるのですが、アジカンの曲を聴くと自分は一人ではないんだと言う気持ちにさせてくれます。 アジカンの曲には後ろ向きな自分にそっと寄り添ってくれるような、そんな雰囲気があるものが多いです。

 

 

第10位.ASIAN KUNG-FU GENERATION(アジカン)「リライト」

ASIAN KUNG-FU GENERATION 『リライト』

ASIAN KUNG-FU GENERATION(アジカン)「リライト」がおすすめの理由

リライトはアジカンが有名になるきっかけとなった歌だと思います。10年以上前の曲なのですが、知名度はアジカンの曲の中で1位、2位を争うほどなのではないでしょうか。ですので、アジカンのことをあまり知らない人ももちろん知っていますし、カラオケで歌おうとなっても大体の人がなんとなくでも歌うことが出来るので、盛り上がることが出来ます。それはライブでも同じで、アジカンにあまり詳しくない人とライブに行っても、この曲なら知っている人が多いので、安心してみんなと盛り上がることが出来ます。また、メンバーが今よりもずいぶん若いころに作った曲なので、曲調が今よりも若干激しい感じがあります。ノリが良いアジカンの曲を求めている人にはこの曲を是非お勧めしたいです。

 

 

第9位.ASIAN KUNG-FU GENERATION(アジカン)「君という花」

ASIAN KUNG-FU GENERATION 『君という花』

ASIAN KUNG-FU GENERATION(アジカン)「君という花」がおすすめの理由

この曲はアジカンのライブでとても盛り上がる曲の一つです。この曲はもう10年以上昔の曲なのですが、ファンの間で未だに根強く人気が高い曲だと思います。この曲が始まった時の会場の一体感が凄く、ファンとメンバー一緒になって叫ぶ掛け声もあります。ライブでは絶対外せない曲だと思っています。この曲がライブで演奏されなかった時の方が少ないんじゃないか?と言うくらい有名な曲なので、アジカンのファンになったばかりで、アジカンの曲をまだあまり知らないと言う人でも、この曲は知っていると思いますし、知らないなら是非知っておくべき曲の一つだと思います。

 

 

第8位.ASIAN KUNG-FU GENERATION(アジカン)「センスレス」

Asian Kung-Fu Generation – Senseless Live 2016

ASIAN KUNG-FU GENERATION(アジカン)「センスレス」がおすすめの理由

この曲は歌詞と言うより、雰囲気がとてもかっこいい曲です。曲自体がとても長い曲なのですが、サビに入るまでもとても長く、けれどサビまでの盛り上げ方が凄く上手な曲だと思います。サビに入るまでのワクワク感がとにかくすごいです。私はこの曲を初めて聞いたのがライブだったのですが、一発で好きになってしまいました。ライブでの臨場感が凄く、とても盛り上がりますし、iPodで聞いたり、車の中で聞くのも大好きです。凄くかっこいい雰囲気な曲なので、アジカン好きな人の中でこの曲を知らない人は、勿体ないので是非聞いてみて欲しいです。

 

 

第7位.ASIAN KUNG-FU GENERATION(アジカン)「橙」

Daidai 橙 – Asian Kung-Fu Generation [Sub Español] [Live HD]

ASIAN KUNG-FU GENERATION(アジカン)「橙」がおすすめの理由

この曲はちょっと切ない雰囲気がある部分が好きです。サビの部分に「何一つ残らなくても、君が笑えばそれでいい」と言うような表現があるのですが、ここがとても好きです。多分自分が好きな人にそう思ってもらいたいと言う気持ちがあるのかも知れないですが、とても心に響きました。初めて聞いたときに色々と人間関係に悩んでいる時期だったので、この歌を聴いて、周りの目よりも本当に自分のことを大切に思ってくれるような人を探したいなと感じたのを覚えています。私自身も大切な人を見つけたら、その人の心の支えになって上げれるような人になりたいと感じる曲でした。

 

 

第6位.ASIAN KUNG-FU GENERATION(アジカン)「ワールドアパート」

World Apart (Sub Español) – ASIAN KUNG-FU GENERATION

ASIAN KUNG-FU GENERATION(アジカン)「ワールドアパート」がおすすめの理由

この曲の歌詞はとても抽象的で分かりづらいイメージがあるのですが、何となく狭いアパートの中で隔離されたような気持ちで、何もない自分に絶望している人物像が浮かびました。初めて一人暮らしを始めて、寂しさと不安で毎日苦しみながら生活していた頃の自分を思い出します。この曲は昔から知っているのですが、好きになったのは、大切な人と二人で暮らし始めてからです。今の二人暮らしはとても幸せなのですが、この曲を聴くと辛かった一人暮らしの日々を思い出して、二度とあの日々には戻りたくないと感じます。だからこの曲は、幸せな日常を大切にしようと感じさせてくれる大切な曲です。

 

 

第5位.ASIAN KUNG-FU GENERATION(アジカン)「新世紀のラブソング」

ASIAN KUNG-FU GENERATION 『新世紀のラブソング』

ASIAN KUNG-FU GENERATION(アジカン)「新世紀のラブソング」がおすすめの理由

この曲はメロディとしては単調で大きな波の無い歌なので、最初のうちはあまり好きではなかったです。しかし歌詞を聞いてみると、とても心に染みるものがあります。私は以前、人を愛するとは何なのかについてとても悩んでいた時期がありました。その時に偶然、この曲を聞いたのですが、歌詞の中に私と同じような気持ちを歌った歌詞がありました。「本当のことは誰も知らないし、相手のことをすべて知らなくても、それを愛と呼んでいいんだ」と言うような表現に、自分自身を肯定されたような気持ちになって、当時悩んでいた自分はとても気持ちが楽になったことがあります。いまでもこの曲を聴くと自分を励まされるような気持ちになります。

 

 

第4位.ASIAN KUNG-FU GENERATION(アジカン)「夜のコール」

AJIKAN – YORU NO CALL

ASIAN KUNG-FU GENERATION(アジカン)「夜のコール」がおすすめの理由

歌に入る前の前奏がとてもかっこいいです。ライブでこの前奏を聞くと、本当にテンションが上がります。アジカンの曲の中でも比較的明るく、ライブで盛り上がる曲と言えます。曲の雰囲気ももちろんいいのですが、歌詞もとても好きです。私は自分の思いを言葉にするのがとても苦手で、よく途中で「面倒だからもういいや。」といった気持ちになってしまうのですが、この歌の歌詞では、「言葉にして相手に伝えることは大事なんだよ」と言ったことを教えてくれているような気がして、大切な人へ自分の気持ちをきちんと伝えようと言う気持ちにさせてくれます。

 

 

第3位.ASIAN KUNG-FU GENERATION(アジカン)「新しい世界」

Asian Kung Fu Generation Atarashii Sekai Sub Español

ASIAN KUNG-FU GENERATION(アジカン)「新しい世界」がおすすめの理由

この曲は、落ち着いた曲が多い、アジカンの曲の中でも割と元気がある曲です。この曲を聴くのが一番好きなシュチュエーションは、ライブの一番最後です。ライブで一番最後の曲としてこの曲を演奏してくれると本当にテンションが上がります。終わりっぽい雰囲気だけど、元気な雰囲気なので、すごい良い気分でスッキリとした余韻を残し、ライブから帰ることが出来ます。同じアジカン好きの友達とカラオケに行ったときなども、新しい世界を一番最後に歌うことが多いです。私が明るい曲だけでアジカンのオススメ曲リストを作るとしたら、新しい世界がダントツの1位になると思います。

 

 

第2位.ASIAN KUNG-FU GENERATION(アジカン)「夏蝉」

Natsusemi – Asian Kung-fu Generation [Sub Español] [HD]

ASIAN KUNG-FU GENERATION(アジカン)「夏蝉」がおすすめの理由

この歌は夏の終わりについて歌っているような歌詞で、ちょっと切ない感じがして好きです。私は夏が暑いとか周りが騒いでいてうるさいとかいう理由で嫌いなのですが、この歌を聞いたとき限定で、夏の終わりに少し寂しさを感じます。夏の終わりがけ、ほんのりと秋の始まりを感じる頃に聞くのが心に染みて一番良いと思います。夏の終わりがけではない時にも聞くときは勿論あるのですが、そんな時は一週間の仕事を無事終えて、疲れと達成感でぼーっとしたい夕方ごろに聞くのが、曲の雰囲気に自分の気持ちがぴったりと合うことが多いのかなと感じています。

 

 

第1位.ASIAN KUNG-FU GENERATION(アジカン)「無限グライダー」

Mugen Glear [無限グライダー] – Asian Kung-Fu Generation Sub español

ASIAN KUNG-FU GENERATION(アジカン)「無限グライダー」がおすすめの理由

歌詞が少し悲しいのが特徴です。私は大学生時代に将来どうすればいいか悩んでいた時によく聞いていました。この曲はその時の自分の気持ちにぴったり合う気がしています。正直この曲を聴いて元気が出るという事は無かったのですが、こういったことは自分だけじゃないんだと、自分を肯定してもらえているような気持ちになり、心が癒される感じはありました。心が癒された後は、自然と元気にもなるので、結果としては聴いて元気になる曲と言えるかも知れないです。社会人になった今でも時々聞くのですが、当時の思い出がよみがえってきて、ときどき切ない気持ちにはなります。

 

 

タイトルとURLをコピーしました