【2019年】BOYS AND MENおすすめの曲ランキング10

スポンサーリンク
スポンサーリンク

【2019年】BOYS AND MENおすすめの曲ランキング10

東海地方を拠点に、オーディションを勝ち残ったメンバーで構成されたグループです。活動初期は舞台をメインにしており、演技力のあるメンバーもいて、個人の活躍をグループに持ち帰り、グループを強化するという考えで全員が個々にも活動しており、現在に活かされています。NGなし、なんでもやる、名古屋のエンターテイメント集団です。

 

 

第10位.BOYS AND MEN「男気・夢・音頭」

BOYS AND MEN – 「男気・夢・音頭」MV

BOYS AND MEN「男気・夢・音頭」がおすすめの理由

ボイメンらしい一曲。お祭り的なイメージを一番重視しており、楽しい曲です。特に大太鼓に挑戦している辻本達規くんがグループ一の頑張り屋で熱血漢。そういう個性も取り入れられたMVになっています。一番強面の田中俊介くんが優しさアピールで慣れないウサギを可愛がるあたり、ファンの間ではキュートすぎると話題に。「熱い涙」ということで小林豊くんは玉ねぎを切っていますが、これも彼がプロのパティシエで料理上手、メンバー内のオカンという立ち位置を活かしていて、数秒ずつのメンバーのやっている事にファンの反応は歓喜しかありませんでした。

 

 

第9位.BOYS AND MEN「友ありて・・・」

BOYS AND MEN – 「友ありて・・」MV (short ver.)

BOYS AND MEN「友ありて・・・」がおすすめの理由

平均年齢を数年前に20歳超えているのに、頑張って学ランです(普段の衣装も学ランですが)。一般的な制服の学ラン衣装はほぼ初。しかも作詞が阿久悠、作曲が都倉俊一という一曲。未発表歌詞を阿久悠プロジェクトで歌わさせていただく事になりました。ボイメンは活動当初からグループでの活躍を大事にしてきており、個人の活動での成果を持ち帰ってグループのパワーに変えることをメンバー全員で実現してきたので、この曲の世界観にぴったりハマってとても良い曲になりました。普段はおふざけの多いわちゃわちゃした学生の集団みたいなグループですが、とても真面目な良い雰囲気のMVになっています。

 

 

第8位.BOYS AND MEN「UFO」

BOYS AND MEN – 「UFO」MV (short ver.)

BOYS AND MEN「UFO」がおすすめの理由

こちらも阿久悠プロジェクトで歌わさせていただいた、ピンクレディーのUFOです。まさか過ぎるメンバーの女装。普段女装担当のメンバーではないメンバーが女装での登場でファンも大騒ぎでした。特に女将の田中俊介くんが、(似合うだろうとは思われていましたが)化粧で変わりすぎです。以前のミュージックビデオでも女装をしたことがある辻本達規くんがずっと踊り続けているのも楽しすぎて、またそれを見ていたリーダー水野勝くんが嫌そうな顔をしていたのに立ち上がって踊り始める、というコンビ(2人はメジャーデビュー前から非公認のコンビを組んでいます)ならではの面白さ。曲から入った人もメンバーを知れば更に楽しめる一曲です。

 

 

第7位.BOYS AND MEN「帆を上げろ!」

BOYS AND MEN -「帆を上げろ!」MV(short ver.)

BOYS AND MEN「帆を上げろ!」がおすすめの理由

作曲ヒャダインさん、作詞いしわたり淳次さんによる明るく楽しい曲です。ドラマ主題歌にも起用されていました。振り付けはラッキィ池田さんでラッキィさんらしい面白い動きで、ボイメンらしいパワフルでわちゃわちゃなミュージックビデオになっています。この曲の為だけに準備された、メンバーカラーのデッキブラシも面白すぎです。歌うときにメンバーが持って出てくるのでなかなか普通のライブにはない光景が見られます。歌詞の世界観もグループが戦う荒波や試練を上手く表現していただいて、改めてずっと応援してきて良かったと思えた最高の一曲です。

 

 

第6位.BOYS AND MEN「炎・天下奪取」

BOYS AND MEN – 「炎・天下奪取」MV

BOYS AND MEN「炎・天下奪取」がおすすめの理由

こちらもドラマ主題歌にも起用されていた曲。メンバーへのそれぞれのツッコミにただただ笑うしかありません。ファンがいつも思っていることをまとめたような言葉の数々。そこからのメンバー全員が脱ぐという流れは何事かと思いますが…銭湯でギリギリまで挑戦するあたり、やはりボイメンらしいとしか言えないのかもしれません。さすがにライブで全裸はないですが、桶を持って踊るというのもまた珍しすぎます。一度ライブで聴いて欲しい曲です。あと、ミュージックビデオごとに髪型の違う田中俊介くんにも注目です。よく髪型が変わるので、どのタイミングで撮影されたのかファンが毎度いろんな意味でドキドキしています。

 

 

第5位.BOYS AND MEN「YAMATO☆Dancing」

BOYS AND MEN「YAMATO☆Dancing」Dance ver. –Music Video- (Short ver.)

BOYS AND MEN「YAMATO☆Dancing」がおすすめの理由

ユニバーサルミュージックより再デビューとなった一発目の曲。賞をいただいたりと貴重な記念の一曲となりました。東海地方以外でも初めて購入出来たシングルで感無量でした。ボイメンの男らしさ、パワフルさを押し出した曲になっています。衣装の学ランも新調されヤマト学ランと呼ばれていました。近くで見るととても綺麗な学ランで、推しメンも気に入っていました。この曲でレコード大賞の新人賞をいただき、生中継される前に推しメンから「見とけよ!」と言われたのが懐かしいです。テレビ番組も東海地方でしかほとんど見られなかったので、地方でライブ放送で見ることができたのは感激です。

 

 

第4位.BOYS AND MEN「進化理論」

BOYS AND MEN – 「進化理論」MV

BOYS AND MEN「進化理論」がおすすめの理由

TBS系列で一年以上放送されているアニメ、シンカリオンの主題歌に抜擢され今も毎週放送されている曲です。ありがたすぎて泣きました。ボイメンの元気さ、挑戦して進化していく姿が歌詞の世界観に反映されていて最高の一曲です。これまでボイメンを知らなかった世代、ジャンルのオタクからも見てもらえるようになり、ボイメンファミリー(ファンのことをそう呼びます)も格段に増加、また新しいファンを獲得した曲でした。特に電車好きの子供たちがたくさん見てくれるようで、幼稚園などで子供たちの間で歌われているのをよく耳にします。

 

 

第3位.BOYS AND MEN「ヤングマン〜B.M.C.A.〜」

BOYS AND MEN – 「ヤングマン〜B.M.C.A.〜」MV

BOYS AND MEN「ヤングマン〜B.M.C.A.〜」がおすすめの理由

西城秀樹さんのヤングマンを完全にボイメンバージョンに歌詞を変更した曲です。MVの撮影場所がボイメングッズショップで、見覚えのある店内でメンバーがわちゃわちゃしています。狭いところで暑苦しいですが、ボイメンらしさが溢れています。辻本達規くんが客を煽り、衣装を変えながら途中逆立ちをしていますが、ライブでもこれがあり、その都度逆立ちをしたままメンバーからいじられるという面白さも。毎回何かと違うことをやってくるので期待してしまいます。基本的にいじられキャラで前に前に出てくるタイプなので、彼の見どころのひとつ。是非ライブで楽しみたい曲です。

 

 

第2位.BOYS AND MEN「ARC of Smile!」

BOYS AND MEN 「ARC of Smile!」発売中 CMスポット映像

BOYS AND MEN「ARC of Smile!」がおすすめの理由

最初のメジャーデビュー曲。残念ながらユニバーサルではないので今ではなかなかお目にかかれませんが、アニメ遊戯王のエンディングテーマとして起用され、毎週放送されていたありがたい一曲。MVもロケに出ていてドローン撮影もあり、メンバーが走り回って元気あふれるボイメンらしい感じに仕上がっていますが、ロケ日は極寒で大変だったそう。メンバーの苦労も考えると本当に勿体無いので、なんとか世に出したいと思っています。衣装もこのために新調されたアニメっぽいものに変更されていて、見どころのひとつ。振りがかなり激しいのでライブ中には大変そうな日もありました。

 

 

第1位.BOYS AND MEN「Wanna be!」

「Wanna be!」Music Video WEB ver. /BOYS AND MEN

BOYS AND MEN「Wanna be!」がおすすめの理由

これもユニバーサル前の曲で、退団したメンバーがいるのでほとんど見られなくなった勿体無い曲です。最高にキラキラで可愛く演出されていて、普段のボイメンとは程遠いほどのイメージですが、演技力のあるところも見せてくれる大事なMVです。ドラマの主題歌にも起用され、現在YouTubeで見られる中では一番オススメ。普段の衣装が学ランなので、白スーツに身を包むメンバーを見られる貴重なものです。この時の特典会で推しメンが最高に王子様感を醸し出していて、普段とは違う印象がとても良かったので、たくさんの人に知ってもらたいと思っています。

 

 

タイトルとURLをコピーしました