【2019年】CHEMISTRYおすすめの曲ランキング10

スポンサーリンク
スポンサーリンク

【2019年】CHEMISTRYおすすめの曲ランキング10

はじめて購入したCDが、ケミストリーの曲であり、昔から、たくさん聞いてきました。自分の周りでは、あまりブームにはならなかったのですが、当時流行りの曲を聞きながらも、自分の中で、大事にしていたグループです。今でも、たくさんの曲から癒やしてもらったり力をもらったりしています。年をとってから聞くと、また印象が変わる曲が多いのも特徴ですね。また昔とは違ったよさも感じながら、聞いています。

 

 

第10位.CHEMISTRY「Point of no return」

CHEMISTRY 『Point of No Return』MV

CHEMISTRY「Point of no return」がおすすめの理由

この曲はサビがとても有名で、誰でも1度は耳にしたことが、あると思います。逆に、全体を通して聞いたことがある人は、意外と少ないのではないでしょうか。もちろん、この曲の世代の人ならば知ってるよという人も、多いとは思いますが。歌詞としては、キミと別れたボクが過去を振り返って、後悔しているイメージでしょうか。ケミストリーの曲には、こういった歌詞の曲が多いような気がします。この曲のよさは、時の流れを表す言葉の美しさでしょうか。夏草が川を流れていく様子を、時の流れにたとえており、その情景が目に浮かぶような、見事な歌詞です。サビ以外にも、いい言葉がたくさん使われているので、歌詞を見ながら聞いてみると、いいかもしれません。

 

 

第9位.CHEMISTRY「Wings of words」

CHEMISTRY 『Wings of Words』MV

CHEMISTRY「Wings of words」がおすすめの理由

この曲はフィギュアスケートの、羽生結弦選手とケミストリーがコラボしたときに、使われた曲であるため、羽生結弦選手のファンの方は、知っている人もいるかもしれません。また、ガンダムのアニメの主題歌にもなっているため、そちらのファンの方の、人気も高いと思います。曲は、とても高音が気持ちのよい曲になっていて、ケミストリーのメンバー2人の、歌唱力の高さが、よくわかります。歌詞としては、友達から恋人になった人を、励ますというストーリーでしょうか。迷わずに、怯えずに、とりあえず前に進んでみて、もし道を間違えたなら、そこでまた悩めばいいさという、いろんな人の心に刺さるメッセージも込められています。かなり前に発売された曲でありながら、羽生結弦選手の影響で、再び脚光を浴びたこの曲、ぜひ聞いてみてほしいです。

 

 

第8位.CHEMISTRY「君をさがしてた〜New Jersey United〜」

CHEMISTRY 『君をさがしてた~New Jersey United~』MV

CHEMISTRY「君をさがしてた〜New Jersey United〜」がおすすめの理由

この曲は、アルバムの中の1つの曲でしたが、後に、シングルカットされた曲です。そのときに、ゴスペルのコーラスが加えられていて、結婚式のようなイメージが強くなりました。はじめは少し静かに始まりますが、曲が進むにつれて、ゴスペルのコーラスとともに激しさが増して、終盤はとても壮大になります。ケミストリーの2人の歌声とゴスペルのコーラスが織り成すハーモニーは圧巻の一言です。長い曲ですが、ぜひ通して聞いてほしいですね。ちなみに、この曲のシングルCDには、カップリングに、この歌のサビは変えずに、それ以外を、ラップにした曲が入っています。ラップ部分を、有名になる前の、SEAMOが歌っていて、それもまた、原曲とは違った良さがあるので、今現在手に入れるのは困難かもしれませんが、もし手に入るならば聞いてみてほしいと思います。

 

 

第7位.CHEMISTRY「PEACE OF A DREAM」

CHEMISTRY 『PIECES OF A DREAM』MV

CHEMISTRY「PEACE OF A DREAM」がおすすめの理由

この曲は、ケミストリーのデビュー曲であり、同時に最も有名で人気が高い曲と言えるのではないでしょうか。ケミストリーについて、あまり詳しくない方でも、この曲は知っている、もしくは、カラオケで歌っているという人も多いと思います。歌詞の、意味としては、過去の思い出を思い出して、少し後悔しているけど、戻れないのだから仕方がないというような意味でしょうか。この曲の中のキミは、恋人というだけでなく、友人であったり、その人によっていろいろなイメージが持てると思います。カラオケで人気の曲ですが、歌詞の意味を、イメージしながら、歌ったり聞いたりしてみると、また違った発見があるかもしれません。スルメのように味が深い曲といえますね。

 

 

第6位.CHEMISTRY「My Gift to You」

CHEMISTRY 『My Gift to You』MV

CHEMISTRY「My Gift to You」がおすすめの理由

この曲は、イメージがはっきりしています。冬、そして、恋愛。この2つが大きなテーマとなっていますね。クリスマスなどに、彼氏、彼女と一緒に聞くと、良いのではないでしょうか。全体を通して聞いてみると、冬と恋愛のうち、恋愛に関しては、この曲で歌われている恋人は、幼なじみなのではないかと思います。お互いに人生の節目で助け合いながら、いつしか恋人となる、そんな様子が浮かびます。幼なじみの方と、付き合っている方などは、より共感できるのではないでしょうか。この曲は、ケミストリーの曲の中でも、人気が高いため、知っている方も多いと思います。もし、知らないという方は、ケミストリーの冬の名曲、ぜひ聞いてみてください。

 

 

第5位.CHEMISTRY「It Takes Two」

CHEMISTRY 『It Takes Two』MV

CHEMISTRY「It Takes Two」がおすすめの理由

この曲は、人生で1番はじめに購入したCDに入っていた曲で、1位で紹介する曲と、一緒に入っていました。当時は小学生で、歌詞の意味もわからず聞いていましたが、改めて歌詞を見てみると、曲調の少し悲しげな感じとは違って、今は恋人と2人、離れているけど、きっといつかまた巡り会えるからという、どちらかというと、前向きなものでした。歌詞とメロディーに、少しギャップがありますが、それもまた面白いですね。ケミストリーの曲は、大抵、メンバー2人の、それぞれのパートがあるのですが、この曲は、それぞれで大分雰囲気が変わる気がします。堂珍さんの寂しい感じと、川畑さんの少し激しくて、前向きな感じが合わさって、とてもいい曲になっていると思います。

 

 

第4位.CHEMISTRY「You Go Your Way」

CHEMISTRY 『You Go Your Way』MV

CHEMISTRY「You Go Your Way」がおすすめの理由

この曲は、別れがテーマになった曲です。歌詞の意味としては、お互いに好きになって付き合ったはずなのに、どうして別れることになってしまったのか。お互いに別れてしまうけど、楽しかった記憶も、悲しい記憶も、忘れることなく、2人の中に残っているというような感じでしょうか。メンバーの2人が、壮大に歌い上げており、別れを経験した後には、心に込み上げるものがあります。この曲はサビがとても有名で、耳にする機会も多いため、サビだけは知っているという人も多いと思います。ただ、この曲はやはり、全体を聞くことで、良さが伝わるであると思うので、ぜひ、通して聞いてみてほしいです。

 

 

第3位.CHEMISTRY「アシタヘカエル」

CHEMISTRY 『アシタヘカエル』MV

CHEMISTRY「アシタヘカエル」がおすすめの理由

この曲を知ったのは、結構年をとってからのことでした。正確に言うと、それまで、サビだけは耳にしたことがあったのですが、それがこの曲だとわかったのが最近だということです。以前から、サビだけでもすごくいい曲だと思っていたのですが、全体を通して聞くと、歌詞のイメージが伝わってきて、またいいですね。時間帯としては、夕方、家への帰り道で聞きたい曲です。いつもは、ただただ歩いている道も、ゆっくりと周りを見渡せば、なにか新しい発見があるかもしれない。そんな風に、いつもの道を特別な道に変えてくれる曲です。仕事や学校で疲れた気持ちも、すぅっと癒やしてくれるでしょう。

 

 

第2位.CHEMISTRY「キミがいる」

CHEMISTRY 『キミがいる』MV

CHEMISTRY「キミがいる」がおすすめの理由

この曲は、スピード感のある曲調が特徴です。といっても、ロックのように、激しいわけではなく、爽やかに、歌い上げられています。イメージとしては朝でしょうか。PVでも、メンバーの2人が、朝から料理をしている様子が映されています。学校や仕事に行く前に、気持ちを上げたいときに聞くとよいと思います。ランニングなどをするときの、お供としてもよいですね。テンポがいいので、曲に合わせて、軽快に走ることができるかもしれません。歌詞としては、題名の通り、いつも変わらない日常でも、キミがいるだけでいいということが歌われています。大切な人に、歌ってあげてもよいかもしれませんね。

 

 

第1位.CHEMISTRY「SOLID DREAM」

CHEMISTRY 『SOLID DREAM』MV

CHEMISTRY「SOLID DREAM」がおすすめの理由

この曲は、人生で1番はじめに購入したCDに入っていた曲であり、思い出の歌です。当時は小学生で、なにか悲しいことがあったり、親から怒られたりしたときなどに、この曲の、優しい感じの曲調に癒やされていました。歌詞もポイントで、過去に囚われながらも、それをよい糧にして未来に進んでいこうというメッセージが込められています。小学生より少し大きくなり、歌詞の意味が分かってきてからは、卒業や、誰かとの別れなどのときにも、この曲に助けられてきました。これからの人生でも、なにか辛いことがあっても、過去ばかり振り返らずに、前を向けるように。この曲とともに歩んでいこうと思います。自分の中では、最も大事な曲です。

 

 

タイトルとURLをコピーしました