ファンが選ぶ!back numberおすすめの曲ランキング10

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ファンが選ぶ!back numberおすすめの曲ランキング10

曲はもちろん、メロディもかっこいいし、歌詞も泣かせてくれるし、歌もうまいし、ベースもドラムもうまいし、、というと他のアーティストさんだってそうだろうと思い案巣が、back numberは本当に歌詞がえげつないぐらい心に刺さります。表現力が半端ないです。ライブもすごいので見て欲しいです。

 

 

第10位.back number「スーパースターになったら」

この曲もライブで盛り上がる定番曲です。依与吏さんがこの曲が始まるとき、またかならず迎えに来るから!といってくれます。アンコールやライブ終盤でよく披露されますが、依与吏さんのその言葉が本当に応援していてよかったなという気持ちにさせてくれます。歌詞もスーパースターがよく出てきますが、スーパースターになって迎えに行くからという曲です。いまいちよく意味がわかりませんが、一度別れていたら厳しいのではとか思ってしまいますが、そう思っていても迎えに行く、男らしくなった僕で迎えに行く、うん待ってるといいたくなります。本当にいろいろな曲を生み出してくれるback numberがすごいなと思います。

 

 

第9位.back number「半透明人間」

これもライブの定番曲で、とても盛り上がります。また半透明という言葉がとても珍しいなと思います。別れたけど、君の前から姿を消すって言ったけど、消せない僕は半透明なんだ、という曲ですが、依与吏さんらしい未練たらたらの曲ですが、歌詞だけだといい歌詞ですが、メロディのおかげもあってアップテンポで未練たらたらな感じが薄まります。ライブでも曲がは始まったらすぐテンションが上がり、みんな飛び跳ねます。よくあるのが、似たような曲が多いアーティストさんがいますが、back numberはテイストがひとつひとつ違うので、聴いていて飽きないしより好きにさせてくれます。

 

 

第8位.back number「青い春」

back number – 青い春

この曲はback numberらしくない歌詞ですが、ライブの定番曲で一番盛り上がる曲かもしれません。最初のギターを弾き始めたらもう動かなければはじまりません。サビがずっとジャンプしてしまうので、体力がとても無くなります。でもそれぐらい熱く歌ってくれるし、熱く演奏してくれます。フェスでもほぼ必ず演奏してくれます。野外で聴くとまた違った印象を与えてくれます。歌詞もいつもは未練がましい恋の歌だったりしますが、この曲はとてもかっこいいです。背中を押してくれます。毎日がんばろうと思えます。特にサビの「理想の未来なんて用意されていない でもその中で願っているのさ光に包まれるその日々を」がとても好きです。

 

 

第7位.back number「はなびら」

back number – はなびら (Short ver.)

この曲も歌詞が本当に良いです。特に繰り返されるサビは、何度聴いても涙がでます。「抱きしめても春ははなびらのように僕の腕をすり抜けて それでも忘れたくなくて何度も何度も巻き戻して君ともう一回出会ってもう一回恋したいんだって今度はもう離さないよ嘘じゃない」。後悔しているのがとても伝わってきてつらくなります。はなびらというタイトル名も出てきて、そこにつながるのかと感動もしました。ライブで聴いたとき、依与吏さんの歌い方が苦しそうで、でも思いが伝わってきて、そこも涙でした。デビューシングルがとてもback numberらしくて、本当に自分は好きになってよかったなと思います。

 

 

第6位.back number「花束」

花束 – back number(フル)

この曲はいまやback numberの代表曲になったなと思います。私がback numberを好きになったのは、この曲を聴いて感動したからです。今では結婚式にも使われるほど有名になった曲ですが、結婚式にとても合うと思います。ひたすらかわいいな~こんな生活送りたいな~と思ってしまいます。でもとても感動もします。サビが特に大好きです。「僕は何回だって何十回だって 君と抱き合って手をつないでキスをして 思い出す度にニヤけてしまうような思い出を君と作るのさ」です。もうこのカップルに怖いものはないのではと思ってしまうほどラブラブだなと思います。ひたすらうらやましい曲です。

 

 

第5位.back number「瞬き」

back number – 「瞬き」Music Video

比較的最近の曲ですが、これも最初の歌いだしの歌詞がとても好きです。「幸せとは 星が降る夜と眩しい朝が繰り返すようなものじゃなくて 大切な人に降りかかった雨に傘を差せることだ」です。私が思う幸せは、いつも一緒にいれることではないのかなと思っていましたが、この曲のおかげで覆されました。大切な人に傘を差せること、これが幸せだと思うって本当に素敵だなと思いました。ほんのささいなことでも幸せにつながるのだということを、より考えさせられました。また最後のサビの歌詞に、「そしていつの間にか僕の方が守られてしまうことだ いつもそばに いつも君がいて欲しいんだ」と続きます。こんな思ってくれる彼氏最高すぎます。どこかに落ちていないかなと思います。

 

 

第4位.back number「幸せ」

幸せ / back number (cover)

この曲は片思いしている相手に好きな人がいるけれど、それでも好きだよ、私を選んで欲しい、でもそれはあなたにとって幸せではない、幸せになってと願っているよ、という曲です。つらすぎます。本当にライブでも涙が止まりません。この歌詞をかける依与吏さんが本当にすごいなと思ってしまいます。特に私的涙ポイントは、「私が聞きたかったのは終電の時間でも好きな人の悪口でもなくて せめて今日のために切った髪に気付いて似合ってるよって言って欲しかった」です。気付けよー男!ここにかわいい女子がいるぞ!とついつい思ってしまいます。好きな人が自分に全く興味のない感じが、本当に片思いがつらいものだなと感じさせられます。

 

 

第3位.back number「stay with me」

stay with me

私がライブで聞いたら必ず号泣する曲です。特に歌詞の最初の歌いだしの部分がとてもツボです。「私がいつでも笑っているのは弱い自分を隠す為 私があなたに優しくするのは嫌われるのが恐いだけ」もうなんでこんなに的確に心に刺さるような言葉が書けるのでしょう。もう尊敬の域に達します。私も個人的にいつも笑顔でいることをモットーに日々生きているのですが、この曲をはじめて聴いたときは、すぐ涙がでました。その通りなのだろうな、なんでわかったのだろう、そう思いました。たぶん失恋の曲(付き合っていたかは分かりません)だと思いますが、とても胸が苦しくなる曲です。

 

 

第2位.back number「高嶺の花子さん」

back number – 高嶺の花子さん

この曲もライブの超定番曲です。曲数の少ないフェスなどでも必ずといっていいほど毎回演奏してくれます。もうイントロでふぉーーとみんな叫び、ボルテージも上がります。何回聞いても飽きない演奏をしてくれます。特に夏フェスで聞くと一気に汗が出てきてどうしようもなくなります。煽ってくる依与吏さんもかっこいいです。もちろん歌詞も片思いしている曲ですが、自分でつっこみを入れたりしていてとてもおもしろくなっています。歌詞も最高ですが、この曲はPVもおすすめです。台湾で撮影していましたが、台湾のおしゃれな要素がたくさん詰まっています。ぜひPVも見て欲しいです。

 

 

第1位.back number「海岸通り」

back number / 海岸通り ベースカバー

この曲は、初めて聴いたのは2013年のツアーでした。一応勉強していったつもりでしたが、ミニアルバムに収録されていて、某有名レンタル店に無く借りられずじまいだったのですが、ライブで聴いたらめちゃくちゃ盛り上がっていてなにこの曲!?と思い、すぐアルバムをネットで探して購入しました。この曲はback numberの中でも特に盛り上がる曲で、ライブの定番曲でもあります。歌詞は私自身よく理解できていないのですが、別れの曲だと思います。でもさみしさもバネに変えてがんばるぞ!といった感じで元気をもらえる曲になっていると思います。ミニアルバムの依与吏さんの歌い方が初々しいのがポイントです。

 

 

タイトルとURLをコピーしました