企画力や発想力をつけたい方に!アイデアに関する本おすすめ96選

スポンサーリンク

Contents

スポンサーリンク

アイデアに関する本おすすめ

1.「アイデアのつくり方」

アイデアに関する本「アイデアのつくり方」がおすすめの理由

発行されたのが自分が生まれた年に近い本で縁があると思ってたまたま買って読んだ本です。わたしは個性がなく頭が固いのでアイディアを出すのが苦手でしたが、この本を読んだら考え方の参考になりました。一からアイディアを生み出すのは難しいけれど、資料集めや自分が経験したことなど、物事を組みあわてみれば新しいアイディアがでるものだと学びました。確かに最初から頭を柔軟にするのは難しいですが、色んな経験から生み出せれるきっかけは日頃の積み重ねだなと思いました。(20代女性)

おすすめの理由は「圧倒的に読後、行動に移せる本」だからである。 本書は薄く読みやすい文体で1時間もかからず読めてしまう。 しかし、その手軽さに反してアイディアを生むための具体的な方法論(how to)が書かれており、すぐに行動に移すことができる。 アイディアやクリエイティブに対する本の多くが考え方のみ掲載され、実践としてどのようにしたらよいか途方に暮れてしまうのに対し、 ステップごとに行動が書かれる本書は、真にアイデアの「生み方」ではなく「つくり方」を教えてくれる人生の指南書なのである。(20代女性)

 

 

2.「アイデア・スイッチ 次々と発想を生み出す装置」

アイデアに関する本「アイデア・スイッチ 次々と発想を生み出す装置」がおすすめの理由

仕事などの分野において「知識をつけるほど、未成熟なアイディアを軽視し排除する傾向にある」というのは耳が痛い指摘でした。排除するのは簡単ですが、いかにアイディアにつながる情報を読み取るかという姿勢を学びたいと思える著書です。(30代男性)

 

 

3.「アイデアの99% 「1%のひらめき」を形にする3つの力」

アイデアに関する本「アイデアの99% 「1%のひらめき」を形にする3つの力」がおすすめの理由

アイディアを実現するには、「整理力」「仲間力」「統率力」が必要と説明する著作です。一見分かりにくい理屈ですが、例えば「自分に合わない意見だからといって遠ざけていると、柔軟な対応ができない」など、仕事の上で意識した方が良い広い視点が語られます。(30代男性)

 

 

4.「アイデアのちから」

アイデアに関する本「アイデアのちから」がおすすめの理由

「独創的なアイディアを出す技術」ではなく「独創的なアイディアは魅力的だ」とする内容です。当たり前のことではありますが、なぜ独創的なら人の記憶・印象に残りやすいのかを理論立てて説明されるので、学問的な思考を突き詰めることができます。(30代男性)

 

 

5.「アイデアの接着剤」

アイデアに関する本「アイデアの接着剤」がおすすめの理由

思いつきやひらめきで考え出したアイディアは、客観性や理論の面で再確認すべしと説く著書です。確かに、アイディアは理屈・理論から生まれるものではありませんが、一度生まれたアイディアを客観的に見直し、考えようとする姿勢は興味深いものです。(30代男性)

 

 

6.「アイデア大全」

アイデアに関する本「アイデア大全」がおすすめの理由

この本では、古今東西、様々なアイデア法や着想法が42個紹介されています。 さらに、「アイデア大全」では、単純にアイデアの着想方法が列挙されているだけではありません。 そのアイデアの発想方法が生まれた背景も紹介されております。 アイデアがどうしても出ないとき、この本で紹介される方法を使えば、今まで生み出せなかった発想が生まれると思います。(20代男性)

 

 

7.ムック出版社による「世界のこども部屋 ROOMS FOR KIDS」

アイデアに関する本ムック出版社による「世界のこども部屋 ROOMS FOR KIDS」がおすすめの理由

インテリアのアイデア本として見れますが、私的にはお部屋の可愛さと、子供たちの明るさとがマッチしていて、何度となく癒されました。どのページも明るくて、楽しいです。新築したらこういうお部屋にするといいなぁ、という想像がたくさん生まれます!(50代女性)

世界各国のかわいい子供部屋の写真とエピソードを集めたかわいらしい本です。写真を見ていると、インテリアのアイデアがたくさんわいてくると思います。子供部屋というわくわくする空間を見ていると、それだけでリラックスできるのでおすすめです。(30代女性)

 

 

8.桜井輝子「配色アイデア手帖 めくって見つける新しいデザインの本」

アイデアに関する本桜井輝子「配色アイデア手帖 めくって見つける新しいデザインの本」がおすすめの理由

デザイン関係に興味のある人以外でも楽しめる小さな厚みのある手帖です。色見本のようなものですが、色の持つイメージやその色によって表現されるデザイン画なども参考にのっています。項目ごとにコメントが短くのっているのですが、いろの使い方、まとめ方について重要なテクニックものっていて勉強になりました。(40代女性)

Amazonでベストセラー1位にもなったこの商品、 非常にわかりやすく具体的なデザインのアイデアが詰まっています。 単なる配色だけではなく、 目的からデザインと色を選ばなければいけないという アイデアの基本が盛り沢山に収録されています。(40代女性)

最近本屋さんで見つけた本ですが、塗り絵をやっていたり、デザイン系のお仕事をしていたりする方にはアイデアの詰まった時の気分転換、または参考になると思います。ただ持っていても色が気持ちを楽しくさせてくれる様な本です。本の中のちょっとしたコメント覧が参考になり、購入しまいました。(40代女性)

 

 

9.「「家事のしすぎ」が日本を滅ぼす」

アイデアに関する本「「家事のしすぎ」が日本を滅ぼす」がおすすめの理由

家事は女性の仕事という固定観念を壊してくれ、できて当たり前という義母からのプレッシャーから解放してくれた。国によって家事に対する考え方が様々で、読んでいて楽しかった。決して、大袈裟に書いているのではない。、家事が日本を滅ぼすことがあるかもしれない。(30代女性)

 

 

10.「「無印良品」この使い方がすごい!」

アイデアに関する本「「無印良品」この使い方がすごい!」がおすすめの理由

安くて丈夫な無印良品のアイテムを上手く利用した、生活の中でのアイデアや工夫が参考になりました。収納スペースの確保や散らかった部屋の整理整頓だけではなく、思わぬインテリア雑貨としても楽しめるところが面白かったです。(30代男性)

 

 

11.鶴見済「0円で生きる -小さくても豊かな経済の作り方-」

アイデアに関する本鶴見済「0円で生きる -小さくても豊かな経済の作り方-」がおすすめの理由

人見知りなので、空き缶拾いなど憧れる。それだけで生きていけたらいいけれど、こんな世界にもルールがあって、厄介な人間関係が付いてくる。少しずつ謙虚にやっていこう。辛い時は、辞めればいいんだから。副業を探している人にお勧めの本。(30代女性)

 

 

12.「0秒思考」

アイデアに関する本「0秒思考」がおすすめの理由

誰にでも体験のあるであろう、ひらめき、おもいつき それらをいかにつかまえ、とりまとめ、最終的には文章化、実現するまでのノウハウ。ひとりブレインストーミングとでも呼べるのではないか。書き出すという具体的な方法論についてコンサルティングファームでの実践・体験に基づいた細かなチューニングがなされていて実践しやすい。なまじ優秀な方が我流に陥るよりも素直に筆者のやり方に従い、また、継続することにより、アイデアの自己制限が外れていくように思う。(50代男性)

 

 

13.「101デザインメソッド」

アイデアに関する本「101デザインメソッド」がおすすめの理由

仕事において革新(イノベーション)を起こすための方法が、辞書のように列挙されている著作です。これら全てを試そうとするのではなく、状況や自分の能力に応じた方法論を探すという読み方ができ、また成功した例を調べることもできます。(30代男性)

 

 

14.「60歳からの笑顔で暮らせる片づけ術 ラク・安心・心地いい住まいの仕組みづくり」

アイデアに関する本「60歳からの笑顔で暮らせる片づけ術 ラク・安心・心地いい住まいの仕組みづくり」がおすすめの理由

パートナーとの死別や定年退職などの人生の節目を迎える60歳以上の世代にお勧めの、収納・整理整頓術が豊富に紹介されています。身の回りの環境を整えることによって、精神的にも肉体的にも健康で有意義なシニアライフを送ることができそうです。(30代男性)

 

 

15.杉崎 めぐみ「Happy 手づくりカードブック」

アイデアに関する本杉崎 めぐみ「Happy 手づくりカードブック」がおすすめの理由

お店のPOPに活用しているのが大きいですが、たまに地域の入場券のアイデアとしても活きています。一言でいうと、内容のすべてが「おしゃれ」です。女の子の着せ替えも、小さな子のお誕生日に作ってあげるといいな、と思いました。(50代女性)

 

 

16.「sonyの逆襲」

アイデアに関する本「sonyの逆襲」がおすすめの理由

sonyの社長は音楽を愛するあまり、新しい技術を取り入れることを拒みました。デジタル化することによりコピーされやすくなり、アーティストに印税が入らなくなるためです。私たちが音楽を楽しめるのは、彼らの努力のお蔭なんですね。(30代女性)

 

 

17.「あな吉さんのゆるベジ”野菜100%”お弁当教室」

アイデアに関する本「あな吉さんのゆるベジ”野菜100%”お弁当教室」がおすすめの理由

アイディアがすごい!肉・魚・砂糖・卵・乳製品・だし を使わない料理レシピブックです。ゆる〜くマクロビオティックが体験できます。マクロビと聞くとガチガチの自然派というイメージがありますが、このレシピはちょっと食べすぎたな、胃を休めたいななんてときに野菜だけで美味しい料理を作ることができます。(20代女性)

 

 

18.「あれも、これも、おいしい手作り生活。」

アイデアに関する本「あれも、これも、おいしい手作り生活。」がおすすめの理由

料理初心者のお子さんやオーガニック好きで自家製をしてみたいけど料理が苦手な方がアレってどうやって作るんだろう?が分かる料理本です。内容は普段から使っているソースやジャムなど調味料からパンや麺類といった主食系や、さつまあげなど練り物、ダンボールで出来る燻製などをイラストや漫画を交えて少ない手順で簡単にわかりやすく説明してあるので子供から大人まで料理が苦手でも楽しく作れるようになっています。作者さんの自家製レシピなので慣れれば自分の好みにアレンジすることもできますし、自分で作ると健康志向の方はとくに無添加で作り置きもできるのでとてもおすすめしたいです。(20代女性)

 

 

19.「いとしの自家製 手がおいしくするもの。」

アイデアに関する本「いとしの自家製 手がおいしくするもの。」がおすすめの理由

梅干しやコンポートだけではなく、ケチャップやマヨネーズなどの調味料の手作りにもチャレンジしているところが面白かったです。健康的なレシピが参考になり、毎日の食卓に活かすことができるアイデアが満載でした。(30代男性)

 

 

20.「うまみたっぷり簡単!漬け物おかず」

アイデアに関する本「うまみたっぷり簡単!漬け物おかず」がおすすめの理由

身近な漬け物を活かして炒めたり混ぜたりするアイデアレシピが、豊富に紹介されているところが良かったです。リーズナブルな価格の食材や余りものの野菜を使用して、思わぬ漬け物ができるところも参考になりました。(30代男性)

 

 

21.「お気に入りを長く着る衣類のお手入れ 洗濯・しみ抜き・つくろい・しまい方」

アイデアに関する本「お気に入りを長く着る衣類のお手入れ 洗濯・しみ抜き・つくろい・しまい方」がおすすめの理由

毎日のお手入れから衣類のしまい方まで、日常生活の中で役立つちょっとしたアイデアや工夫が参考になりました。緊急時のしみ抜きやかぎ裂きのつくろい方など、自分のお気に入りを大切になることを考えさせられました。(30代男性)

 

 

22.「お金をかけずにすっきりかわいい収納&インテリア1000テク」

アイデアに関する本「お金をかけずにすっきりかわいい収納&インテリア1000テク」がおすすめの理由

身近な材料や100円ショップで売っているようなリーズナブルな価格のアイテムが、思わぬインテリアに変わっていくところが面白かったです。収納スペースを活かしたアイデアや、整理整頓のコツや工夫が参考になりました。(30代男性)

 

 

23.食のスタジオ「かんたん!ラクチン!作りおきの野菜おかず205」

アイデアに関する本食のスタジオ「かんたん!ラクチン!作りおきの野菜おかず205」がおすすめの理由

食材や調理方法の写真がとても多く、見やすいです。 一つの野菜にいくつかの簡単な作りおきのレシピが載っていて、ちょっとした一品を足したい時に便利です。 調理時間や保存期間の目安なども載っていて参考になります。(30代女性)

 

 

24.「がんばりすぎないごはん」

アイデアに関する本「がんばりすぎないごはん」がおすすめの理由

時間がない時の献立表や忙しい朝のお弁当作りに役立つ、アイデアを込めた料理が良かったです。著者自身の仕事を抱えながらのふたりの子育てのエピソードや、料理を通しての家族へのメッセージには心温まるものがありました。(30代男性)

 

 

25.「きちんと切ると料理はもっとおいしい 50年の名門料理教室の確かなワザとレシピ」

アイデアに関する本「きちんと切ると料理はもっとおいしい 50年の名門料理教室の確かなワザとレシピ」がおすすめの理由

リーズナブルな価格で身近な材料を遣ったアイデアレシピが参考になりました。同じ食材でも味付けや素材に合した包丁を選び適切な切り方をすることによって、見た目も美味しさも変わっていくところが面白かったです。(30代男性)

 

 

26.「きょうの寄り道 宵ミーツ 京阪神 「ちょっと行く?」「どこ寄ろ?」。毎日必ずやってくる、仕事帰りの幸せ時間。」

きょうの寄り道 宵ミーツ 京阪神 「ちょっと行く?」「どこ寄ろ?」。毎日必ずやってくる、仕事帰りの幸せ時間。

アイデアに関する本「きょうの寄り道 宵ミーツ 京阪神 「ちょっと行く?」「どこ寄ろ?」。毎日必ずやってくる、仕事帰りの幸せ時間。」がおすすめの理由

日々の生活の繰り返しにうんざりしてしまったり毎日の仕事に疲れ切ってしまった時に、寄り道をすることで自らを変えていくところが良かったです。大阪のデパ地下街や神戸の街並みや裏通りの魅力が伝わってきました。(30代男性)

 

 

27.「ジョコビッチの生まれ変わる食事」

アイデアに関する本「ジョコビッチの生まれ変わる食事」がおすすめの理由

世界で有名なテニスプレイヤーのジョコビッチ選手が教える食事の仕方が記されている。食事の内容はもちろんであるが、時間やタイミング等、たくさんのアイデアがあり、スポーツ選手だけでなく主婦などにもおススメできる本である。(20代男性)

 

 

28.「すっきり、ていねいに暮らすこと」

アイデアに関する本「すっきり、ていねいに暮らすこと」がおすすめの理由

暮らしていくにあたって居心地のいい家、快適に過ごせる空間にするにはどのようにしたらいいのか大変身近で参考になります。 収納や物の持ち方はもちろん、ちょっとしたレシピや身の回りについてのお話は自分の生活にも取り入れたいアイデアが沢山あります。(20代女性)

 

 

29.「ちょっと道草緑の地図」

アイデアに関する本「ちょっと道草緑の地図」がおすすめの理由

ドクダミやヨモギをはじめとする、身近過ぎて気づかなかった野の花を活かした飲み物やスイーツのアイデアが面白かったです。何気ない日常の枯れ葉や雑木から、ポストカードセットや栞を作る工夫も参考になりました。(30代男性)

 

 

30.「ドイツ流 掃除の賢人」

アイデアに関する本「ドイツ流 掃除の賢人」がおすすめの理由

ドイツと日本の気候は違うから、少し変えなければいけない部分もある。それでも、ドイツの掃除方法は効率が良くて、綺麗になると思う。文庫本なので手元に置き、分からないところがあったらすぐに確認できるのも良い。(30代女性)

 

 

31.的川泰宣「ニッポン宇宙開発秘史」

アイデアに関する本的川泰宣「ニッポン宇宙開発秘史」がおすすめの理由

日本における宇宙開発の歴史が紹介される著作です。この中で、「予算や技術がないので、今ある物で代用した」という事実が多いことに驚かされます。実際の仕事でも「ないから買う」ではなく「ある物で代用する」姿勢を身に付けるきっかけにしたいものです。(30代男性)

 

 

32.ジュウ・ドゥ・ポゥム「パリのプチパンのカラフルな暮らし」

アイデアに関する本ジュウ・ドゥ・ポゥム「パリのプチパンのカラフルな暮らし」がおすすめの理由

プチパンというのは、フランス人と中国人のご夫婦のデザイナーユニットの名前です。カラフルで可愛らしく、どこか懐かしさがあるデザインが魅力です。彼らのご自宅を紹介した本です。鮮やかな色を豊富に使い、とてもわくわくするようなインテリアを見ていると、アイデアが湧いてきます。(30代女性)

 

 

33.「ピカピカかんたん1分おそうじ」

アイデアに関する本「ピカピカかんたん1分おそうじ」がおすすめの理由

風呂上がりに浴槽をしたり、料理をしながら水回りを掃除したり。掃除はついでですると楽にできる。場所によって掃除方法が細かく書かれているので手本にしやすい。重曹だけは、まだ使いこなせていないが、これで年末の大掃除もかなり楽になるだろう。(30代女性)

 

 

34.「ビビらない技法」

アイデアに関する本「ビビらない技法」がおすすめの理由

私は、もともと気が弱く言いたいこともあまり言えません。そんな自分を変えたくてこの本を買いました。マイナス思考の止め方や物おじしない人がやっていることなどが細かく書かれていてとても勉強になりました。こういうタイプの人におすすめです。(40代男性)

 

 

35.「ひらめきをデザインする 熱狂的ヒットのつくりかた」

アイデアに関する本「ひらめきをデザインする 熱狂的ヒットのつくりかた」がおすすめの理由

頭の中で思い描いているイメージを、如何にして実体化して世の中に送り出していくか考えさせられました。自らが追い求めていく理想と、企業や消費者からのニーズとのギャップを埋めていくことの大切さを感じました。(30代男性)

 

 

36.早川タダノリ「プロパガンダ・ポスターにみる日本の戦争」

アイデアに関する本早川タダノリ「プロパガンダ・ポスターにみる日本の戦争」がおすすめの理由

第二次世界大戦時、日本での戦争動員のためのポスターが紹介される著書です。人々を感動させ鼓舞し服従させる仕掛けが巡らされており、当時世界で流行した近代的なデザインが採用されており、国策動員のために国がいかにして大量の資金や能力をポスターに費やしたか伺えます。(30代男性)

 

 

37.「ミセス美香の美ハウスレッスン」

アイデアに関する本「ミセス美香の美ハウスレッスン」がおすすめの理由

整理整頓や日常生活の家事の中で役立つ、斬新なアイデアや自由な発想での収納が良かったです。自分にとって何が必要で何が要らないのかはっきりと区別して、時には思い切ってすててしまうことも大切なのかもしれません。(30代男性)

 

 

38.「もっとこだわりの家がつくりたい!」

アイデアに関する本「もっとこだわりの家がつくりたい!」がおすすめの理由

一級建築士として活躍している夫の意見と一般的な主婦としての妻の立場を合わせた、効果的なリフォーム工事が参考になりました。収納スペースを確保することやライフスタイルを楽しむためのアイデアが参考になりました。(30代男性)

 

 

39.中牟田洋子「モレスキンのある素敵な毎日」

アイデアに関する本中牟田洋子「モレスキンのある素敵な毎日」がおすすめの理由

有名な画家や作家たちが愛した「モレスキン」ノート。その一見書きこなすのが難しそうな上質なノートの有意義かつ個性あふれる使い方を、あらゆる視点から紹介している一冊です。単にメモや手帳として使うだけでなく、絵や写真、文章作品の記録やまるで自作の本を作るかのようにノートを使いこなす達人たちの様子は見ているだけでわくわくします。写真や細かい説明書きも豊富で、モレスキンノートだけでなく普段の手帳活用術のアイデアとしても楽しめるようになっています。(30代女性)

 

 

40.わたなべぽん「やめてみた」

アイデアに関する本わたなべぽん「やめてみた」がおすすめの理由

普段忙しい生活に追われて、意外と気づかない無駄なことや必ずしも必要ではないもの(家電や身の回りの物)に気づいたから。自分には取り入れにくいこともあったが、マネしてみて「目からウロコ!」ということや「何で今まで気づかなかったんだろう」ということが多く書かれていて、生活や気持ちがが少しラクになったから。(40代女性)

 

 

41.「ラクかわ園児べんとう380 はじめてでもおいしく作れる 朝ラクPOINT満載!」

アイデアに関する本「ラクかわ園児べんとう380 はじめてでもおいしく作れる 朝ラクPOINT満載!」がおすすめの理由

忙しい朝の時間帯にもお弁当作りが楽しみになる、豊富なアイデアやユニークな工夫が参考になりました。子どもたちが好き嫌いすることなく残さず完食するための、可愛らしいキャラクター弁当に役立てていきたいと思います。(30代男性)

 

 

42.「ラクして2倍楽しむみんなの育児アイデア」

アイデアに関する本「ラクして2倍楽しむみんなの育児アイデア」がおすすめの理由

表紙に「めざすはラク育児」とかわいいイラストで書かれている通り、赤ちゃんやこどもの育児で参考になる面白いアイデアがたくさんでとてもありがたい一冊でした。お世話の項目ごとにわかれていたり、イラストもいっぱいでとても見やすいです。(30代女性)

 

 

43.「ラクしてスッキリシンプル家事 必要なのはやる気じゃなくて効率化」

アイデアに関する本「ラクしてスッキリシンプル家事 必要なのはやる気じゃなくて効率化」がおすすめの理由

お金をかけずにお洒落な空間を演出するインテリアのコーディネートや、整理整頓のアイデアや工夫が参考になりました。自分が使いやすくするための収納スペースの確保とともに、家族の快適さを両立させているところが良かったです。(30代男性)

 

 

44.「ワンコインでできるはじめての花の飾り方」

アイデアに関する本「ワンコインでできるはじめての花の飾り方」がおすすめの理由

花屋さんやスーパーなどで、小さな花束としてよく店頭で売っている五百円くらいのミニブーケを花瓶に飾って楽しむ以外に、フラワーアレンジメントという観点から、気軽にアレンジ出来る方法が載っている。中身も専門者向きではないのに、色のアレンジなどもとても良く、最後の方に基礎的な事が最低限に書かれていて、本の薄さからしてもお得な内容だと思った。(40代女性)

 

 

45.「愛されるアイデアのつくり方」

アイデアに関する本「愛されるアイデアのつくり方」がおすすめの理由

「アイディアを伝えたいときは、伝えたい相手を大切にする」という基本姿勢が描かれています。当たり前のことなのですが、現実には様々な障壁があって困難であることも多いでしょう。だからこそ、現場を支えるサポートの大切さを実感できます。(30代男性)

 

 

46.ウィリアム C. テイラー「圧倒的な強さを築く オンリーワン差別化戦略」

アイデアに関する本ウィリアム C. テイラー「圧倒的な強さを築く オンリーワン差別化戦略」がおすすめの理由

「成功するための技術」というよりむしろ「成功した事例の紹介」でしかありません。しかし、その成功した実例をエンターテインメント風の文章で追うことができます。固定観念に囚われない協力が新機軸を生んだ流れは、フィクション小説のような盛り上がりを感じます。(30代男性)

 

 

47.「引き寄せの法則」

アイデアに関する本「引き寄せの法則」がおすすめの理由

日々こうなりたいと思っても現実の忙しさに流されてうまくいかないなと思ってしまいます。考えたこと、思ったことは現実におきてしまいます。自分がこうなりたい、こうなったらいいなと思っていることを引き寄せることを引き寄せの法則と言います。悪いことを考えると悪いことを引き寄せます。いいことを考え、イメージするといいことを引き寄せます。引き寄せ方が書いてあるおすすめの一冊です。(30代男性)

 

 

48.「沖縄発パパッとご飯しっかりご飯」

アイデアに関する本「沖縄発パパッとご飯しっかりご飯」がおすすめの理由

余りものの食材を活かしたアイデアレシピが豊富で、単身者や働く女性にも手軽にチャレンジできるところが良かったです。沖縄出身の栄養士らしく、カロリー計算に気を付けて季節を感じることができる料理が参考になりました。(30代男性)

 

 

49.「嫁姑ののしり円満術 若夫婦とうまくつき合う秘訣」

style=border:none

アイデアに関する本「嫁姑ののしり円満術 若夫婦とうまくつき合う秘訣」がおすすめの理由

女優さんとして野村浩将監督や大林宣彦監督の映画の中で活躍した功績だけではなく、息子夫婦との関係性に悩む著者の日常生活が伝わってきました。世代のギャップを受け入れることとともに、それぞれの生活やプライバシーを守るアイデアが参考になりました。(30代男性)

 

 

50.「家事ぐせ」

アイデアに関する本「家事ぐせ」がおすすめの理由

真似したいアイデアがたくさん詰まった1冊です。家事に使っているアイテムのメーカー等を紹介してあるページがあるので、同じものを検索・購入できるので助かります。家事が苦手・面倒な人への教科書のような感覚です。写真付きで見やすいです。(30代女性)

 

 

51.穂村弘「蚊がいる」

アイデアに関する本穂村弘「蚊がいる」がおすすめの理由

歌人として活躍する穂村弘のエッセイ集です。なんともユニークな視点で世の中の些細なことを切り取っていることがわかり、読むたびに自分の世の中に対する見方も変わっていくような不思議な感覚がします。考え方や物の見方のアイデアが詰まった1冊です。(30代女性)

 

 

52.養老 孟司「解剖学教室へようこそ」

アイデアに関する本養老 孟司「解剖学教室へようこそ」がおすすめの理由

タイトルのとおり、解剖学という学問の分野について著述した本なのですが、ところどころに養老氏の哲学が現れているのが興味深いものです。自分がよく分からないことについて批判ばかりする人がいるが、それは内容を把握していない場合が多いから、という例は他の分野でも見られる現象でしょう。(30代男性)

 

 

53.「革命のファンファーレ」

アイデアに関する本「革命のファンファーレ」がおすすめの理由

クラウドファンディングの手法や、これからの広告について実体験を交えながら面白可笑しく紹介されている。各コンテンツに対する知識の無い方でも、ある程度イメージしながら読み進めることができると感じた。本文で紹介されている関連書も合わせて読むと、さらに理解が深まる。(20代男性)

 

 

54.「缶タン!缶ゲキ!ウマ缶レシピ 缶づめと瓶づめでおいしくなる!」

アイデアに関する本「缶タン!缶ゲキ!ウマ缶レシピ 缶づめと瓶づめでおいしくなる!」がおすすめの理由

シーチキン缶やコーンをはじめとする、身近でリーズナブルな価格の缶詰めを使用しているアイデアレシピが参考になりました。お弁当のおかずの1品や日々の食卓に欠かせない作り置きにも役立つところが面白かったです。(30代男性)

 

 

55.河西智彦「逆境を「アイデア」に変える企画術 ~崖っぷちからV字回復するための40の公式~」

アイデアに関する本河西智彦「逆境を「アイデア」に変える企画術 ~崖っぷちからV字回復するための40の公式~」がおすすめの理由

思い付いたそばからアイデアを否定していては、なかなか良い発想は生まれません。逆境を跳ね返すほどの優れた発想力はどのようにして出せるのか、著者自らの経験から導き出した公式が、きっとその答を出してくれます。(50代男性)

 

 

56.「狭くても使いやすい台所 悪条件をプラスに変えた」

アイデアに関する本「狭くても使いやすい台所 悪条件をプラスに変えた」がおすすめの理由

毎日の料理を作ることが楽しくなるような、アイデア溢れるキッチンスタイルが良かったです。限られたスペースを有効に活用している収納術や、自分らしいライフスタイルに合わせた使いやすい工夫が参考になりました。(30代男性)

 

 

57.「古民家スタイル No.12 マンションで古民家を味わう。」

アイデアに関する本「古民家スタイル No.12 マンションで古民家を味わう。」がおすすめの理由

東京と大阪から始まっていき日本全国各地で広がっている、古民家再生事業の地道な取り組みが伝わってきました。一軒家やカフェなどに限ることなく、マンションのリフォーム工事にも活かせるアイデアが良かったです。(30代男性)

 

 

58.斎藤一人「幸せをよぶ魔法の法則」

アイデアに関する本斎藤一人「幸せをよぶ魔法の法則」がおすすめの理由

有名な一人さんの本です。自己啓発本といっていいのかわかりませんが、読んでいてこれを実践したら確かに幸せな気持ちになるだろうなと思いました。ちょっと引き寄せ的な本です。いつもい気分でいいたい人におすすめです。(40代女性)

 

 

59.「広場のデザイン」

アイデアに関する本「広場のデザイン」がおすすめの理由

実際に実行された街並みのデザインを写真入りで紹介しています。丁寧なデッサンや計画表が載せられていて、見ていても楽しくなる本です。内容的には、文章が大学の教科書の様な書き方をしていますが、その分、長く読み込める本だと思います。(40代女性)

 

 

60.「考具」

アイデアに関する本「考具」がおすすめの理由

博報堂に勤めている筆者がオススメする、アイディアを生むためのフレームワークをたくさん紹介しています。これまで漠然と考えていたアイディアを生む作業が、この本によって、量と質がグッとレベルアップしました。(20代男性)

 

 

61.「仕掛学」

アイデアに関する本「仕掛学」がおすすめの理由

自分が日常過ごす時にどんな仕掛けによってどう動いているのかを客観的に見れるようになり、日常生活とリンクしていて面白いです。 仕事やバイトにおいてもどう見せようか、どうすれば「なんとなくこうしてしまう」という人の感覚を捕まえられるかと普段から考えられるようになります。(20代女性)

 

 

62.「四国はどこまで入れ換え可能か」

アイデアに関する本「四国はどこまで入れ換え可能か」がおすすめの理由

タイトルのとおり四国と北海道やオーストラリアを入れ替えてみたり、ティッシュや納豆の気持ちになって考えてみたり、と様々な視点がアイデアの宝庫。これを読めば日常のなにげない風景にはアイデアのヒントがたくさん隠れていると気づきます。(30代女性)

 

 

63.「思考の整理学」

アイデアに関する本「思考の整理学」がおすすめの理由

御茶ノ水大学名誉教授・外山滋比古先生の勉強法や思考をどう展開させていくかの方法をまとめた本です。各章ごとにやり方がまとめられていて簡単に読めますが奥が深いです。学生やこれから勉強を始めようと思っている方には特におすすめです。(20代女性)

 

 

64.「私のカントリー ナチュラルな暮らしを楽しむ NO.100 ずっと私を支えてくれたカントリーのある暮らし」

アイデアに関する本「私のカントリー ナチュラルな暮らしを楽しむ NO.100 ずっと私を支えてくれたカントリーのある暮らし」がおすすめの理由

部屋の中にコンサバトリーを設置することによって、電気代の節約術やおしゃれな空間を演出するアイデアが面白かったです。インテリア雑貨やアンティーク調の家具の工夫によって、自分に合った心地よい住まいづくりの工夫が参考になりました。(30代男性)

 

 

65.「私のカントリー ナチュラルな暮らしを楽しむ NO.102 テーマのある住まい ターシャの愛用品を手作り」

アイデアに関する本「私のカントリー ナチュラルな暮らしを楽しむ NO.102 テーマのある住まい ターシャの愛用品を手作り」がおすすめの理由

ミニマリストの先駆者とも言うべき、ターシャー・テューダーをイメージしたインテリア雑貨や手作りの作品が美しさ溢れていました。ほんの少しのアイデアと工夫によって、自分らしいライフスタイルや理想的な生活を送ることができることを感じました。(30代男性)

 

 

66.「若返り片付け術 ため込むと老け込むは一緒です」

アイデアに関する本「若返り片付け術 ため込むと老け込むは一緒です」がおすすめの理由

余計なものを抱え込んで家の中にためこんでしまうことによって、人間の脳に与える重大な影響について考えさせられました。思い切って棄てていくこととともに、日常生活の中で整理整頓と収納の大切さが伝わってきました。(30代男性)

 

 

67.「手づくりしたい漬け物・保存食」

アイデアに関する本「手づくりしたい漬け物・保存食」がおすすめの理由

梅干しやぬか漬けをはじめとする漬け物の作り方からしめ鯖やアジの干物まで、様々なアイデアレシピが良かったです。かつては非常食としてもそれぞれの家庭で作られていた、佃煮の伝統的なメニューも参考になりました。(30代男性)

 

 

68.「手抜きエコ家事100のコツ」

アイデアに関する本「手抜きエコ家事100のコツ」がおすすめの理由

日常生活の中で何気なく棄ててしまう物を、身の回りの整理整頓や掃除に役立てていくアイデアや工夫が参考になりました。ひとつひとつは小さな効果でも、積み重ねていくことによって家計にも環境保護にも繋がるものがありました。(30代男性)

 

 

69.「小さな習慣」

アイデアに関する本「小さな習慣」がおすすめの理由

努力は出来るけれど続かないという人にぴったりの本です。考え方はとってもシンプルなのですが、理論的な説明もあり裏付けが頼もしかったです。分かりやすい例えもあり、応用しやすかったです。何より「ばかばかしいほど小さな目標を立てる」という発想が気に入りました。小さな「出来た」をまず体感していくことの大事さも感じました。「出来た」という自信と嬉しさが継続のモチベーションになるのだと気づくと、毎日がんばるのではなく、少しだけやるだけでいいんだなぁと思い気持ちが楽になりました。(40代女性)

 

 

70.福永信「小説の家」

アイデアに関する本福永信「小説の家」がおすすめの理由

小説とアートワークのコラボレーションが興味深い著書です。ニスで印刷されているので本を傾けながらでないと読めなかったり、文字がゲシュタルト崩壊を起こしたり、イラストに文字が侵食されたりと、小説の内容だけでなくアートも楽しめる秀逸な著作でした。(30代男性)

 

 

71.「松浦弥太郎の仕事術」

アイデアに関する本「松浦弥太郎の仕事術」がおすすめの理由

仕事や暮らしの中にある普通の事をを追求ししっかり考えることで見えてくる本質をつかって素敵に生きていくアイディア詰まった本です。暮らしの手帖の編集長をされている松浦弥太郎ならではの本質の味方がとても面白く参考になります。(30代男性)

 

 

72.川端基夫「消費大陸アジア」

アイデアに関する本川端基夫「消費大陸アジア」がおすすめの理由

アジア市場は成長が著しいものですが、そこで日本製品を売るためには単に「品質が良い」というだけでは足りません。何か「意味づけ」が必要だと説くのが本著です。例えばポカリスエットは「断食月明けの渇きを癒すのに向いている」とイスラム圏にアピールしたなどのエピソードが興味深いものです。(30代男性)

 

 

73.「情報の呼吸法」

アイデアに関する本「情報の呼吸法」がおすすめの理由

「ツイッターからアイディアを得る」という方法論いついて詳しく書かれています。現在では実用性は薄いと言えますが、ツイッター利用が普及し始めたときはツイッターに過大な夢と幻想を抱く人が多かったと知れますし、今も部分的には取り入れられるところもあるでしょう。(30代男性)

 

 

74.「色で運命がわかる」

アイデアに関する本「色で運命がわかる」がおすすめの理由

身の回りのインテリア雑貨や家具などの、自分らしく快適に過ごせるための住まいづくりのアイデアが面白かったです。仕事上の人間関係や友人たちとの付き合い方を、ラッキーカラーを考えながら変えていく工夫も参考になりました。(30代男性)

 

 

75.「人の目を気にせずラクに生きるために黒猫が教えてくれた9つのこと」

アイデアに関する本「人の目を気にせずラクに生きるために黒猫が教えてくれた9つのこと」がおすすめの理由

おすすめする理由は、この本は物語風になってるみたいでとても読みやすくイメージしやすかったです。 結果のことも書いてありましたし、私でもできそうなことがあったので面白く感じました。 このような考え方もあるのか、と感じながら読むと面白いんではないでしょうか。(20代女性)

 

 

76.「人生逆戻りツアー」

アイデアに関する本「人生逆戻りツアー」がおすすめの理由

この話は、些細なことから死んでしまった主人公クロードが天国から己の人生を見つめていくというものです。私はこの本を読み、自分の人生や運命に対してどのように向き合っていけばよいのかを考えさせられました。日常の嫌な出来事をそのまま「嫌」と捉えるのではなく、その出来事に対する捉え方や考え方を変えていくことで人生に価値を見出せると筆者は伝えたいのだと思います。この本のおかげで、人生を豊かにすることができました。(10代男性)

 

 

77.トリシア タンストール「世界でいちばん貧しくて美しいオーケストラ: エル・システマの奇跡」

アイデアに関する本トリシア タンストール「世界でいちばん貧しくて美しいオーケストラ: エル・システマの奇跡」がおすすめの理由

オーケストラや音楽の新しいあり方について考えることができるため。この本に出会うまでは、音楽家を本業として活動する方は、幼少から莫大な資金を使い、専門的な教育を受けた人のみだと思っていた。しかし、本では貧しい地域であっても、音楽教育の可能性、また才能に富む人物の輩出が可能であることを教えてくれた。特に音楽関係の方にはおすすめの一冊。(20代女性)

 

 

78.中山繁信「世界で一番美しい名作住宅の解剖図鑑」

アイデアに関する本中山繁信「世界で一番美しい名作住宅の解剖図鑑」がおすすめの理由

建築の本は、写真で構成されたものが多いのですが、写真だといかようにも取れるようになったこの時代、あえて、色鉛筆画のように、住宅のデザイン画を主体にまとめあげてくれています。色々な角度からみた構図が逆に想像力をかきたててくれてとても良いです。(40代女性)

 

 

79.「世界のサンゴ礁をつれてくる リビング・スペースの海水魚飼育」

世界のサンゴ礁をつれてくる リビング・スペースの海水魚飼育

アイデアに関する本「世界のサンゴ礁をつれてくる リビング・スペースの海水魚飼育」がおすすめの理由

リビングルームに小さくて清潔感のある深海魚や天然サンゴの水槽を設置する、斬新なアイデアが面白かったです。暮らしの中に癒しや潤いが生まれていくこととともに、深海の奇跡や生命力の大切さも伝わってきました。(30代男性)

 

 

80.「青柳啓子のお買い物手帖 ナチュラルスタイルの衣食住」

アイデアに関する本「青柳啓子のお買い物手帖 ナチュラルスタイルの衣食住」がおすすめの理由

キッチンアイテムであれファッション雑貨であれ、ひとつの物に対して愛着を持って使い続けるアイデアや工夫が参考になりました。お気に入りの愛用品との出会いのエピソードや、長年に渡る思い入れが伝わってきました。(30代男性)

 

 

81.「青柳啓子のキッチンは私のアトリエ 手作り、料理、おもてなしのアイデアはここで生まれます」

アイデアに関する本「青柳啓子のキッチンは私のアトリエ 手作り、料理、おもてなしのアイデアはここで生まれます」がおすすめの理由

おしゃれなインテリアによってキッチンを演出するアイデアや、遊び心たっぷりとしたおもてなし料理のレシピが良かったです。日常生活の中で整理整頓を楽しむことによって、豊かな生活を送ることについて考えさせられました。(30代男性)

 

 

82.「青柳啓子のナチュラルスタイルブック」

アイデアに関する本「青柳啓子のナチュラルスタイルブック」がおすすめの理由

ワイヤーを使用している工芸品や空き缶を利用したインテリア雑貨など、お金をかけることなくインテリアを楽しむアイデアが満載で参考になりました。背伸びをせずに自分らしいライフスタイルを楽しむ姿には共感できました。(30代男性)

 

 

83.「洗濯上手 こつのコツ」

アイデアに関する本「洗濯上手 こつのコツ」がおすすめの理由

洗濯が苦手で、手に負えない物はすぐにクリーニングに出していた。そんなことではいけないと手に取った本がこれ。クリーニング代が節約でき、環境にも配慮できるという優れもの。。一つ裏ワザを知っているだけでかなり楽ができる。(30代女性)

 

 

84.「素顔の家づくり 泣いた!笑った!「住まいづくり」体験談」

style=border:none

アイデアに関する本「素顔の家づくり 泣いた!笑った!「住まいづくり」体験談」がおすすめの理由

新築の苦労やこだわりぬいた住まいづくりの思いが、リアルな体験談から生き生きと伝わってきました。リフォームやより良い環境造りのアイデアが豊富で、それぞれの家族の暮らしまで見えてくるところが面白かったです。(30代男性)

 

 

85.細山田デザイン事務所「誰も教えてくれないデザインの基本」

アイデアに関する本細山田デザイン事務所「誰も教えてくれないデザインの基本」がおすすめの理由

現在社会人にとって、PC操作、ワードやエクセルは必須ですがそれらを用いてデザインをする方法はなかなか教わらないものです。ですがどんな仕事の中でも、たとえ広報担当でなくても「デザインをする」ということは自然と行わなければなりません。名刺やポスター、張り紙ひとつとっても学ぶ機会がなく悩んでいる人は多いでしょう。そんな、今更誰にも聞けない…というようなフォントや写真の扱い方などの基本中の基本から印刷の仕組みといった複雑な内容までわかりやすくまとめてあり、読んでいるだけで学びながら日々の業務のアイデアをもらえる社会人必携本です。(30代女性)

 

 

86.「天才たちの日課」

アイデアに関する本「天才たちの日課」がおすすめの理由

「習慣化」の意義が紹介されます。成功した有名人は、必ずしも特異な仕事ぶりが見られる訳でもありません。ただし、長年にわたり「毎日文章を書く」など単純な努力を着実にルーチン化していたという共通点がよく見られる、という紹介でした。(30代男性)

 

 

87.「天才とは努力を続けられる人のことであり、それには方法論がある」

アイデアに関する本「天才とは努力を続けられる人のことであり、それには方法論がある」がおすすめの理由

天才には方法論があるといい、天才は努力が必要ということを力説しており、努力の必要性を言っているところがいいと思います。そして、スケジュールはあえて立てない、朝食は早めに、昼食は遅めに、基本書をネット注文してはいけない、など努力する過程での基本が書かれていることがいいと思います。(20代男性)

 

 

88.「転ばぬ先の「老前整理」捨てる?捨てない?もう迷わない!」

アイデアに関する本「転ばぬ先の「老前整理」捨てる?捨てない?もう迷わない!」がおすすめの理由

友人が、もっと早く実家を片付けておけばよかったと愚痴をこぼしていました。そして勧められたのがこの本です。友人から毎年届く同人誌など、捨てるのに困る物をテーマに面白おかしく書いてあります。この本のおかげで掃除が苦ではなくなりました。(30代女性)

 

 

89.「豆本づくりのいろは」

アイデアに関する本「豆本づくりのいろは」がおすすめの理由

赤井都の世界観は一言で言えば「凄い」。 豆本にかかる素材全てにこだわっている。 和紙は和紙で何千もの種類があることでしょう。 普通紙は普通紙で何万もの種類があることでしょう。 ビーズはビーズで何千もの種類があることでしょう。 いろんな分野に種類があるように。 きめ細やかさは優しさをあらわしています。(30代女性)

 

 

90.「日本のスイッチ」

アイデアに関する本「日本のスイッチ」がおすすめの理由

2000年代前半にiモードと新聞メディアを使い、216万人が参加したプロジェクトの結果をまとめた本。「デパ地下の惣菜は、グルメというより手抜き」や「体育の日はやっぱり10月10日がよい」などそういえば納得!と思える視点が満載。(30代女性)

 

 

91.「発想のヒント 創造的思考力をのばす」

アイデアに関する本「発想のヒント 創造的思考力をのばす」がおすすめの理由

物事の問題点を発見していき、ひとつひとつの解決方法を導き出していく思考方法が参考になりました。新しいアイデアを生み出していき創作意欲を高めていくことによって、自分らしく豊かな人生を送ることも考えさせられました。(30代男性)

 

 

92.「夫婦のきずなごはん ビギナーでも1献立40分以内でおいしく作れる100レシピ」

アイデアに関する本「夫婦のきずなごはん ビギナーでも1献立40分以内でおいしく作れる100レシピ」がおすすめの理由

プロサッカー選手として活躍している夫のコンディションを食事の面から支える、調理師の妻のアイデアレシピが参考になりました。短い時間で栄養バランスとカロリー計算に気を遣った、料理の工夫が豊富で良かったです。(30代男性)

 

 

93.「片づけスイッチがONになる本 「親の家の片づけ」で子どもに迷惑をかけないために 今こそはじめる自分の家の片づけ」

アイデアに関する本「片づけスイッチがONになる本 「親の家の片づけ」で子どもに迷惑をかけないために 今こそはじめる自分の家の片づけ」がおすすめの理由

収納コーディネーターの宮城美智子のアドバイスが、生活に密着した提案で参考になりました。整理整頓によって自らのシニアライフを快適に楽しむこととともに、残される子供たちへの思いやりの心も伝わってきました。(30代男性)

 

 

94.「保存食と常備菜」

アイデアに関する本「保存食と常備菜」がおすすめの理由

身近で手に入りやすい食材や身の回りの余りものを使って、意外な保存食や常備菜を作り上げるところが面白かったです。非常食やお弁当のおかずの一品としてだけではなく、毎日の食卓のメニューにアレンジできるところも良かったです。(30代男性)

 

 

95.「暮らしのおへそ The stories of various people and their everyday routines Vol.22 習慣には、明日を変える力がある」

アイデアに関する本「暮らしのおへそ The stories of various people and their everyday routines Vol.22 習慣には、明日を変える力がある」がおすすめの理由

毎日の家事や仕事の中でちょっとした役に立つ、それぞれのコツや工夫が参考になりました。女優さんや個性的な俳優だけではなく、自営業者や主婦などの市井に生きる人たちにもスポットライトを当てているところが微笑ましかったです。(30代男性)

 

 

96.北村良子「倫理的思考力を鍛える33の思考実験」

アイデアに関する本北村良子「倫理的思考力を鍛える33の思考実験」がおすすめの理由

考えるのが面白いと気づかせてくれる入門書です。33の問題の中からそれぞれ考え方のヒント、問題から浮かび上がる心理的な要素等が書かれており、自分の中の思考力をワンステップランクアップ、多方面からの思考能力を鍛えるにはとても役に立つ内容です。(20代女性)

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました