漫画好き100人が選ぶ!サッカー漫画おすすめランキング

スポンサードリンク




サッカー漫画おすすめランキング

8位タイ.BE BLUES!〜青になれ〜(2票)

サッカー漫画「BE BLUES!〜青になれ〜」がおすすめの理由

主人公 一条 龍の少年からの成長を描くサッカー漫画です。小学生ながら天才サッカー少年として活躍するのですが、不慮の事故から日常生活もままならない体になってしまいます。龍は再びグラウンドに立つために壮絶なリハビリを経て戻って来ますが、怪我する前とは全然違う自身の体に戸惑います。壁にぶち当たるのですがその度に努力し壁を乗り越え、より成長していく姿に感動するのでオススメです。(20代男性)

BE BLUES!〜青になれ〜は、一条龍と言う天才少年が主人公のサッカー漫画で、世代最強間違いなしの誰からも期待される少年だったのですが、幼馴染の男の子が車に轢かれそうな所を庇い、階段から転落して重症を負いサッカーとしての選手生命はおろかスポーツ自体まともにできるのかと言う所からの復活で、本来の一条の天才的な技術などには戻らなくてもそれでも諦めずにサッカーを続けて行く漫画で、とてもオススメです。(20代男性)

 

 

8位タイ.イナズマイレブン(2票)

サッカー漫画「イナズマイレブン」がおすすめの理由

弱小サッカー部が大会で優勝をめざす話しなのですが、その過程で友の裏切りや相手サッカーチームの不正など子供が読むのに、かなり踏み込んだ内容も多く描かれています。なにより、キャプテンとマネージャーの恋のお話がきゅんきゅんするので読んでいただきたいです。キャプテンが鈍感すぎて全然気づいてくれないです。(10代女性)

超次元サッカーという名目で、少年たちがサッカーを守るために巨大な組織と戦っていく漫画です。大きく分けて3部構成になっています。1部や2部で倒した強敵たちが、次の部から味方として一緒に戦っていくのが熱いです。メインキャラクター(ストーリーに関わってくるキャラ)以外のチームメンバーもきちんと考えられいます。どんなに相手が強くても諦めない主人公のサッカーが好きな気持ちに元気をもらえます。(20代女性)

 

 

7位.エリアの騎士(4票)

サッカー漫画「エリアの騎士」がおすすめの理由

僕は今までにキャプテン翼やホイッスルなどのサッカー漫画を見て来ましたが1番面白いと思ったのがエリアの騎士です。天才の兄と平凡な弟がサッカー部に所属しておりある日突然兄と弟が交通事故で兄が命を落とします。その兄の心臓を引き継いで弟が部活でサッカーをするという物語です(20代男性)

サッカーやスポーツが好きな人にはオススメの漫画です。実際に実現可能な範囲のことを行なっていることも自分は好きなことです。主人公が困難にぶつかりながらさまざまな人に出会い成長していくことが楽しめます。 漫画ならではの色んなライバルが現れその都度主人公が成長していきます。 サッカー好きな方にはとくにオススメです。(20代男性)

兄の背中を追う弟がサッカーで成長していく漫画です。サッカーがうまかった兄が亡くなりその背中を追う弟が兄と比べられながらも葛藤しそれでも諦めず夢を追う、そんな夢を諦めなければいつか叶うと思わせてくれるような勇気をもらえる漫画です。(30代男性)

この漫画はとても良いです。 アニメ化もされています。 高校のサッカー部のお話です。 講談社の「週刊少年マガジン」に、 おいて連載されました。 ストーリー的には少し、 ショッキングな内容も、 あります。しかしそれを、 主人公が乗り越えていくところに、 感動があります。サッカーの、 講談社。渾身の作品です。(20代男性)

 

 

6位.アオアシ(6票)

サッカー漫画「アオアシ」がおすすめの理由

本格サッカー漫画です。技術的な部分までしっかり描かれて素人にもわかりやすい内容になっています。ユースサッカーを題材にした点でも他のサッカー漫画と一味違いますし、プロになるために頑張る姿を見ると励まされます。(30代男性)

主人公が凄い視野を持っていて、ユースの監督に出会い東京へテストを受け合格する。 ポジションはFWで凄い視野を生かし活躍して行くと思いきや監督からサイドバック転向を命じられた。 サイドバックの選手が主人公なんて今までになかったからこれからの展開が予測出来ず面白そうです。(30代男性)

サッカー漫画では、学校の部活動を舞台にしたものが多い中で、プロチームの下部組織が舞台であるので、珍しい切り口です。 主人公も、どちらかといえば鈍臭い感じで、成長していく過程も楽しめます。内容も、サッカーの技術の中で、「視野」や「考える」といった表現しにくいことを表題に出していますが、非常に読みやすいです。(20代男性)

主人公アシトはサッカーが上手な少年であり、 その才能により、ある監督からスカウトを受けジュニアユースの一員になります。 しかし、自分のチームとは違い、ユースはレベルが高く苦難します。 その中でアシトが大きく成長を遂げるサッカードラマであり、落ちこぼれ、凡人からというありがちな漫画の設定でなく、天才ならではの悩みや苦難を描いており、また違った世界を想像することができるからです。(20代男性)

主人公は地方出身者の小柄なFWで、中学時代はそれなりに名を知られた選手であった。ある試合で活躍し、それを見ていた東京のプロサッカー下部組織のコーチから声がかかり、セレクションを経てユース入団することとなったが、サッカーの知識が乏しかった主人公は、基礎中の基礎から勉強し、周りのエリート選手達に必死に食らいつくスポコン漫画である。多くの試合や練習を経て成長していく主人公を応援したくなるところがおすすめである。(20代男性)

他のサッカー漫画のように、スーパープレイが飛び交うわけではないが、 「考えるサッカー」というものを教えてくれます。 この漫画を読んでから、サッカーの試合そのものを見る目も変わったと思います。 おすすめです!(40代男性)

 

 

4位タイ.シュート!(7票)

サッカー漫画「シュート!」がおすすめの理由

サッカー、それも高校サッカーを題材にした漫画が色々ありますが、シュートは青春サッカー漫画として非常に良くできており昔ワクワクしながら読んでいたことを思い出だします。特に、主人公の憧れ久保選手のまさかの死亡には当時本当に衝撃を受けました。恋愛漫画としても良くできていて、今読んでも面白いと思います。(40代男性)

高校時代にオンタイムで読んでいた漫画で、現実離れしすぎていないところが好きです。絵も顔の表情や筋肉の質感もリアルで好きです。当時、サッカー部だったので同級生とのライバル関係や先輩後輩との人間関係なんかも被って、今でも読み込んでしまう漫画です。(30代男性)

友情と勝負の真剣さが描かれています。サッカー漫画の火付け役ともいえるぐらい有名な作品ですが、仲間との絆と、勝利への執念など読んでいてとても引き込まれます。難しいけど練習すればできるようになりそうなサッカーの技も魅力です。(30代女性)

幼少期、兄の持っていたサッカー漫画でした。これをみてサッカーを始めたと言っても過言ではありません。様々な困難を乗り越えたり、また困難を乗り越える時には常に友の存在があったりと…。青春とスポーツでえることのできる成長を描いた、実に素晴らしい漫画だと思います。(20代男性)

試合の内容がとにかく面白いです。そして、天才久保がナクナル場面は泣いてしまいます。でも私のお気に入りは神谷です。最初は意地悪な人物なのですが、実は部のことをよく考えていて、久保の良き理解者で、いい奴だからです。(30代女性)

昔、少年ジャンプで連載していました。特にサッカーに興味のない私でもスラスラと読みやすく、サッカーのルールもこの漫画で覚えました。主人公の男の子の成長を通して、チームメイトとの絆を深めていく漫画です。キャプテン翼よりも現実味があり、面白い作品です(30代女性)

少し古くなりますが、キャプツバよりは少し現実味があってサッカー好きな人はみんな知っている漫画だと思います。知らない人でも、初めから読んでいたらきっと久保嘉晴さんを忘れることは出来ないと思います。「サッカーすきか」は明言です。(30代男性)

 

 

4位タイ.ホイッスル!(7票)

サッカー漫画「ホイッスル!」がおすすめの理由

親が監督で名門に入ったものの三軍ですごす毎日にめげず練習後に一人練習するが、試合に出れないため転校し心機一転頑張ろうとする主人公。しかし、名門にいたことがばれチームメイトにすごい期待をされるが試合経験のなさで実力がばれる。が、必死に練習しへこたれない精神に次第にチームメイトが動かされてみんなで強くなって行くサッカー漫画です。(30代男性)

主人公の風祭くんの成長を描いた作品であり、サッカーに対する思いや青春がリアルで、とても共感が持てた。決して周りに比べてと能力が高いわけではないが、泥臭くも周囲に影響をストライカーになってくるところが面白い。特にシゲと試合は面白かった。(30代男性)

中学サッカーに取り組む主人公の努力の物語。 主人公の頑張りに心打たれる。 自分も何かに対して前向きにがんばろうと思える作品。 ひとりひとりのキャラクターも立っており、楽しく読むことができる。 サッカー好きには特におすすめ。(30代男性)

サッカーが上手になることを夢見た少年、風祭将が 弱小サッカー部を盛り上げ、強くなっていく、青春サッカー漫画です。主人公、将の成長はもちろん、周りを取り巻く仲間たちがそれぞれいいキャラしてます。 サッカーセンス抜群の水野竜也、ちゃらけてるけど実力はピカイチ、佐藤成樹、などなど。ライバルたちも個性派の曲者ぞろい。でも、主人公が頑張る姿には純粋に心が熱くなるし、思わず応援したくなります。 連載は終了していますが、新シリーズとして 登場人物を一新し、連載がスタートしているようです。(30代女性)

10代の頃にすごくはまっていて、アニメも見ていたし漫画も集めていたのですが、今読み返してもキャラクター一人一人の個性がしっかりたっていると感じるし、自分も夢や目標に向かって頑張ろう!と改めて思える作品だなと感じるからです。(20代女性)

サッカーが大好きだけど補欠人生だった主人公、風祭将が仲間たちと共に成長していく話。王道の展開が続くサッカー漫画でありながら作者が女性ということもあってか、思春期の描写や家族との絆も描かれていて長編ながらも飽きずに最終巻まで読むことができます。 また、風祭くん以外のキャラクターもそれぞれに魅力的で、彼らにフォーカスされた話もあるので、好みのキャラに寄った読み方もできる作品です。(30代女性)

サッカーだけでなくスポーツ系の漫画ではよくある現実離れしたプレー、どう考えても実際には出来ないと思うようなプレーが少ないです。中学生で出来るかと言ったら難しいかもしれませんが、読んでいて現実離れし過ぎていない、気持ちの良い漫画です。(30代女性)

 

 

3位.DAYS(16票)

サッカー漫画「DAYS」がおすすめの理由

主人公はごくごく普通の少年で天才サッカー選手に出会い彼と一緒にサッカーをしたいがためにサッカーに打ち込んでひたむきにトレーニングをして行く真面目な子です。このマンガを読むといつも涙が止まらなくなるぐらい感動するストーリーです。(20代男性)

少年漫画だったので、女性である私は入りにくいかなと思ったのですが、絵が綺麗で、すんなり世界観に入れました。登場人物全員がサッカーに対してとてもあつく、何度もうるっとしてしまいました。主人公の成長スピードが速く、さくさく気持ちよくあっという間に読み進めてしまいます。(20代女性)

主人公つくしが同級生の勧めでサッカーをはじめめきめきと成長するお話です。主人公を固めるサッカーの仲間で先輩や後輩、敵チームの選手のキャラがとても良いです。特にキャプテンの水樹は怪物といわれるくらいにサッカーがうまいですが天然キャラでプレー中と全然雰囲気が違います。そのギャップがとてもプレー中をかっこよく見せてるんだと思います。(30代男性)

サッカーをしたこともなく、運動が苦手だった主人公のつくしが、必死に走り、それに感化されていく仲間との友情に涙が出てしまいます。天才肌だけど影で練習している同級生と、個性的な先輩達、今は全国大会で最強高校に3点リードされるもつくしと同じく素人から始めて大成したキャプテンの活躍もあって追い上げ、これからの展開も楽しみです(40代男性)

普通の高校生、柄本つくし(主人公)は高校入学前に出逢った風間陣とフットサルをすることになる。そこで体験したことをキッカケにつくしは高校で風間と共に高校サッカーの世界に入る。サッカーの面白さだけではなく、つくしの成長やその仲間たちと一緒に駆け抜ける姿は心熱くさせる作品です。(20代男性)

自転車ロードレースの漫画Over Driveの作者である安田剛士が描いている高校サッカー漫画。 最近流行りの実際にスポーツをやる上で役に立つ練習内容やメンタルトレーニングを重視した漫画と違い、昔ながらのスポ根漫画のテイストに近い。 Over Driveと同じで作者があまりサッカーに精通している様には思えなかったが、 最近登場人物たちが成長し面白くなってきたので愛読している。 サッカーの詳しい知識が無くても読めるのでおすすめ。(40代男性)

スポーツ漫画など読んだことのない私ですが、初めて面白いと思った漫画でした。 主人公の真面目さと一生懸命さにいつの間にか惹かれ、漫画を読みながら応援してる自分がいました。 感動もあり、笑いもあり、全てにおいて最高の漫画です。(20代女性)

いろんなタイプの人たちが大好きなサッカーを通して1つにまとまっていく姿に感動します。 よくある小さくていじめられっこの主人公だけど、心に秘める思いや行動、周りに与える影響、ついつい自分に置き換えて励まされしまいます。 友達って大事だな。目標を持って突き進むって素敵だなと思えるので、現状の自分に嫌気がさしているときにおすすめです。(40代女性)

DAYSは主人公がサッカー未経験で、スポーツ自体未経験の普通の子だったのですが、風間君と言うカリスマ的な存在に出会いフットサルから初めて名門校のサッカー部に入って、そこから主人公がとてつもないぐらいの努力を重ねてどんどん活躍していくストーリーなのですが、所々泣けるシーンなどがあったりなどとてもいい漫画だなと思います。(20代男性)

つくしがサッカーにかける情熱はとても涙が出ます。つくしにとってのサッカーというのがとてもよく現れていて、でも挫折もあって…というリアルな感情もでていて思わず見入ってしまいます。各キャラクターも個性が強いんですけどサッカーを始めればひとつになるのも見ていて楽しいです。(20代女性)

背も小さくて体力もない気弱な主人公が高校に入学してサッカーと出会い、周りの人やチームメートにいくら馬鹿にされても諦めずに進んで成長していく姿は、これぞ王道の少年漫画!という感じで、見ていて気持ちがいいよく、ついつい主人公のつくしを応援したくなります。(30代女性)

現在、週刊少年マガジンにて連載されている DAYSが私はおすすめです。 サッカー漫画ですが、 サッカー名門校に主人公が入部するわけですが、この主人公がサッカー初心者なんですが 人並み以上の練習に努力を重ねていき、初めはチームメイトから認められていなかったが、その練習 努力している姿に やがてチームメイトも心を開き認め、仲間と共に一緒に成長する漫画なのですが、主人公がよくあるドジで間抜けで一本のことしか できないやつが、なんか私なりに好感をもて、描写も私の好きな感じで、ストーリーもこれからどうなっていくんだろうとドキドキとワクワク感を 与えるので、サッカー漫画をみたことのない初心者にもぜひおすすめしたい漫画になります。(40代男性)

サッカー初心者の主人公が、クラスメイトに誘われサッカー部に入部し、へたくそながらも強くなりたい気持ちと性格を持ち味にしたサッカープレイで全国大会優勝を目指していくストーリー。主人公のひたむきさが部内のモチベーションをあげるカギとなっており、また部員も個性あふれるキャラクターでオフショットネタの面白いところが見どころ。(20代女性)

高校入学までサッカー経験のない落ちこぼれの少年が名門のサッカー部に入部し、エリートを超えていくマンガです。 少年がサッカー部に入ったのは高校入学前に一人の男の人とフットサルをしたことがきっかけでその男の人とサッカーがしたいがためにはじめました。 サッカー部では個性豊かな部員が多く、それそれ魅力的なキャラクターがいます。 現在は全国大会で優勝を目指しており、努力、友情が 中心なマンガになっております。 ぜひ読んでみてください。(20代男性)

サッカーを特に好きでなくても、健気でめげない主人公のオトコのコを、無条件で応援したくなるサッカー漫画。泣き顔には、毎回もらい泣き必至です。サッカーどころか、運動音痴でもある主人公の努力と成長と、イケメン×個性派揃いのチームの辿る軌跡。ストーリー展開にも、ハラハラドキドキさせられます。(30代女性)

主人公がサッカーを通じて心身ともに成長していく様子は涙もの。主人公を囲む、聖蹟のチームのメンバーや、他校のライバルもそれぞれ魅力的で、いわゆる悪役がいないところもすごい。そしてこの作者さんは、脇役の引き立たせ方が上手い。(20代女性)

 

 

2位.キャプテン翼(21票)

サッカー漫画「キャプテン翼」がおすすめの理由

サッカーファンならば誰もが一度は憧れて子供時代に読んだ漫画だと思います。ひたむきにサッカーに向き合う翼くんの姿には元祖サッカー魂を感じます。サッカーのスーパースターもこの漫画を見て育ったと言われるほど人気がある漫画で、サッカー好きであれば人生で一度は読むべき作品だと思います。(30代女性)

サッカーってとても面白いんだなと思った作品でした。サッカーに打ち込む少年たちの姿にも胸をうたれました。そして数々の必殺シュートは必見です。子どものころは、練習すればこんなシュートが打てるようになるんだと必死で練習していました。すべてのサッカー好きに読んでほしいです。(30代男性)

サッカー漫画というのは、今ではいろいろなものがありますが、それらの始まりや原点は、キャプテン翼からです。また、爽やか系のスポーツ漫画の原点とも言えるかもしれません。現在も続いている漫画ですが、無印版のキャプテン翼が一番おすすめできます。(40代男性)

日本のみならず世界中のサッカー少年に大きな影響与えた。 日本では、中田英寿、川口能活、中村俊輔・・・ 海外では、ジダン、トッティー、ロナウジーニョ・・・ サッカーの歴史に残る素晴らしい選手も見ていて影響を受けたと言うのも凄い。 サッカー漫画のバイブルみたいなものでしょう。(50代男性)

自分の若いころを思い出し、そういえばやっていたなぁと気持ちが若返り、中学校時代に右のウイングとして走り回っていた自分のことを思い出せる。 また、ゴールキーパーをしていた時期にスパイクで蹴られ、痛めた右足を見つめる。(50代男性)

サッカー漫画の金字塔と言うべき作品 わたしもこれを読んでサッカーをはじめました(笑) 世界中でも読まれており、世界のトッププレイヤー達も読んでいるほど。 元ドイツ代表の選手もこちらの作品のファンでJリーグに移籍したなんて話もあります。 内容的には実際にはありえないプレーも多いですが一読の価値はある作品です。(40代男性)

サッカー漫画と言えばこの作品の名前が挙げられる代表作です。海外のサッカー選手も愛読していた人が多いらしいです。ライバルとの熱い友情シーンと本当にサッカーに真っ直ぐな思いが描かれており、サッカー経験有無を問わず読んで欲しい一作です。(30代男性)

小さい頃から見てますがこのマンガのお陰でサッカーのルールに詳しくなりました。 弱小の少年サッカーチームに転校してきた少年が加わりチームを強くしていくお話ですが、本当に出来るのか真似したくなるシュートが沢山ありワクワクしながら見てました。(40代女性)

ありえないシチュエーション、ありえない技の応酬。 その中にもドラマがあり、ストーリーはわりとしっかりしている。 幅広い世代で知られており、どんな人とも話題が共有出来、私にとって良いコミュニケーションツールです。(30代男性)

キャプテン翼は、とても古い漫画ですが大空翼君と言うサッカー少年が主人公で、その少年がサッカーを通して若林君や岬君や日向君など様々なライバルや仲間達と出会い成長して行く漫画なのですが、熱い友情などがありとても良いなと思うのでオススメです。(20代男性)

言わずと知れた傑作ですが、意外と読んだことがない方が、特に若い世代で多いように思います。日本にサッカーブームを巻き起こし、ひと世代のJリーグ選手はみんなキャプテン翼に憧れたと言っても過言ではないと思います。海外でも絶大な人気です。(20代女性)

漫画を通じて、日々の努力と前向きな姿勢が自分の結果につながるんだという勇気がもらえる。苦難に遭遇しても、なんとか乗りきっていこうという場面か多々あり、自分も頑張っていこうと前向きになれ、向上心にも繋がっていける。(30代男性)

サーカー漫画の中でも一番有名な作品だと思います。現在サッカーをしているプロの選手でも子供の頃にこの漫画を見てサッカーを始めたという人も多いです。主人公の大空翼が成長していく姿も見ていて応援したくなります。(30代男性)

今のプロサッカー選手の中でもキャプテン翼を読み影響を受け、プロになった選手も多いかと思います。 主人公いがいにも出てくるキャラクター1人1人にドラマがあって、感動する場面も多く、子供心にいい刺激になると思います。 サッカー好きなら誰でも一度はハマっているのではないでしょうか。(40代男性)

弟が夢中になって読んでいるので、一緒になって読んでいたら、はまってしまいました。実は、サッカーのルールがちゃんと理解できたのは、この作品のおかげです。これがきっかけで、ワールドカップも観るようになり、視野が広がりました。(40代女性)

主人公がやるドライブシュートがかっこよく魅力的なので、自分でもやってみたくなり練習をしたくなるくらいです。 他にもオーバーヘッドを使用する必殺技なんかも迫力があって素晴らしいですし、それぞれのキャラが持っている必殺技も読んでいて楽しいです。(30代男性)

サッカー漫画といったらやっぱりキャプテン翼だと思います。かなり人間離れしているところがたくさんありますが、でもやっぱり現実同様チームワークの部分や仲間たちとの熱い絆の部分もきっちりあってするのでいい漫画だと思います。(30代男性)

サッカー漫画といえば、このタイトルですが、現実離れした必殺技の内容に魅力があるのもそうですが一番は友情かなと思います。南葛や東邦、ふらのなどの翼・日向・松山などを中心選手を支える周りの選手たちも熱く、胸熱くしてくれるところがおすすめです。(20代男性)

サッカー少年が、主役の漫画となっています。「ボールは友達。」というのが名言で、いつでもどこでもボールと一緒にいる翼くんに、勇気がもらえる漫画となっています。大好きな事であれば、どんなに大変で、辛くても頑張れる事を教えてくれる漫画となっています。(30代男性)

子供のころから、読んでいて、サッカーのおもしろさが伝わる。 ありえない技や展開力に夢がある。 マンガとして完成されている。 絵も見やすく、迫力が感じられる。 キャラクターもおおく、おもしろい。 高橋陽一のマンガが好きである。(40代男性)

サッカーを通じてスポーツの楽しさ、仲間やライバルとの熱き友情を描いています。とにかくサッカーの試合シーンは感動やドラマ性があって熱いです。 多く登場するキャラクターの持つアイデアたっぷりの必殺シュートも魅力的な作品です。スポーツは嫌いという人でもこの作品はきっと楽しめると思います(20代男性)

 

 

1位.GIANT KILLING ジャイアントキリング(26票)

サッカー漫画「GIANT KILLING ジャイアントキリング」がおすすめの理由

試合中のコマ割りが上手く、読んでいると実際の試合を見ている感じで引き込まれていきます。 また登場人物やチームが試行錯誤しながら成長していく姿も読んでいて、楽しくなる要素であり次の展開が楽しみな作品です。(40代男性)

王道のサッカーマンガと違いメインヒーローは監督です。もともと彼は天才サッカー選手だったのですが怪我でサッカーができなくなってしまって監督になるのですが、彼のチームは次々と格上のチームに勝って生き次々とジャイアントキリングを起こして行くストーリーです。(20代男性)

サッカーの話ですが、女性でも、サッカーの事をあまり知らない人でも楽しく読みやすい漫画です。 文字もそんなに多いわけでもなく、かと言って、絵ばっかりで文字が少ないわけでもなく、とても読みやすく男の方はもちろん、女の方でも全然読めます。(20代女性)

サッカー漫画の中でも選手が主役ではなく、イングランド帰りの元選手で新人監督が主人公の作品です。万年下位に低迷しているETUというチームを任された主人公が、選手の適性を見抜き、相手を研究し、チームを育て上げ、サポーターたちはチームの勝利と選手の成長に歓喜する。その姿がとてもリアルに描かれていますし、主人公の部下の適性を見抜きモチベーションを上げる手段は「こういう人が上司だったら思う存分仕事ができるなあ」と思わされます。私はサッカーのサポーターなので、ところどころ出てくるクラブの人の本音や、サポーターの本音に時々にやりとします。(30代女性)

GIANT KILLINGは日本のJリーグを舞台にした漫画です。特にその中でも監督にスポットを当てています。監督から見た選手や選手から見た監督、サポーターから見たチームのことが第一に描かれており悲願のタイトルを目指していきます。サッカーに興味がなくてもとてもおすすめです。(10代男性)

サッカーや野球などスポーツを題材とした漫画は多数ありますが、そのほとんどが学生を主人公とした学園スポコンものだと思います。しかしGIANT KILLINGはそういった他のスポーツ漫画と違って、主人公は学生でないどころか35歳でしかも現役の選手ではないのです。舞台はプロのサッカーチーム。主人公は元スター選手だが引退後に監督としてチームを勝利に導くというストーリーです。チームの強化や相手チームを調べつくした上での戦術など今までのサッカー漫画ではなかった題材にとても魅力を感じました。一度は2部まで落ちてしまった弱小チームが1部の優勝目指して強豪チームを倒そうと頑張っていくのは手に汗握ります。(30代女性)

通常サッカー漫画では選手の主人公が成長していくところを描かれることが多いですが、 この漫画の目線は監督である達海 猛と選手の椿 大介の2人になります。 あまり監督目線がメインになる漫画はない中でかなり新しいサッカー漫画ではないかなと思います。 達海監督の力で椿がジャイアントキリングを達成しようとする成長物語がかなりグッとくる作品です。(20代女性)

この漫画は「GIANT KILLING」というタイトル通り、弱いものが強いものに立ち向かう姿が描かれていて、どうやって攻略していくのだろうとワクワクさせられます。サッカーに詳しくない人でも楽しめて熱くなれるのでおすすめです。(20代女性)

タイトル通り弱小チームが如何にしてビッグチームに勝利していくかが描かれているが、個性豊かなキャラクターと臨場感溢れる試合展開が魅力。 青年誌連載なので必殺技などでなく戦術やチーム事情等リアルな点も面白い。(20代女性)

大体サッカー漫画と言えばフィールドプレイヤーのどこかのポジションである事が当たり前だったのに対してこの漫画の主人公は『監督』というサッカー漫画にしてはあまりに異質な漫画です。それにただ監督業をしてるだけの漫画というわけではなく主人公も元選手だったというのもあってチームメイトの様々な弱さを見つけては改善していきます。それにタイトルを訳すと大物食いとなるのは話の内容だけでなく、今までのサッカー漫画を食ってしまうというのもお勧めの理由です。(30代男性)

日本のJ1のチームもモチーフしたクラブチームがたくさん登場し、下っ端のどん底クラブチームを次々と下部から上部のクラブチームを撃破していく物語。 この漫画は、過去にNHK Eテレで放映された実績があり、それも十分見応えがある作品となっていて、今後日本のJリーグをより面白くさせてくれるからです。(20代男性)

このサッカー漫画は、タイトルの通りジャイアント キリング(弱いチームが強いチームを倒す)がテーマになっていて、他のサッカー漫画とは一味違った漫画です。選手一人一人の才能は劣っていても、監督の采配やメンバー同士の意思の疎通などで下馬評を覆して弱いチームが強いチームを倒すことがあります。そこにフォーカスを置いているので、非常に読み応えのある漫画です(40代男性)

主人公がサッカーのプレーヤーではなく監督というのが斬新で他にないと思えたことと、いろんな練習方法や選手の起用方法で格上のチーム相手に勝負をし勝ちに導いていくのが爽快な漫画です。 作中の中で、選手だけでなくファンの人やクラブの経営者の立場や考えかたが見えるのも面白いです。(20代男性)

元々チームのスターであった主人公(達海猛)が監督となり、チームを立て直す。弱いチームが強いチームを倒すジャイアントキリングがメインテーマ。構成が非常にわかりやすく、主人公の考えをもとにチーム全員が前を向き、成長していく様子が描かれている点が素晴らしい。(20代男性)

サッカーの技術にスポットが当たる漫画が多い中でチーム運営や監督にスポットを当てた作品です。 チームスタッフの葛藤やサポーター同士の軋轢も描かれていたり選手が成長していく様子がお勧めです。 また監督が現役復帰をしがちな漫画界の中で監督業に専念していたりする点もお勧めです。(20代男性)

弱いチームが監督が変わることによって、 どんどん強くなっていく ストーリーがとても面白いです 。自分の 日常生活の中での 考え方にも 、役に立ちそうな気がして 、読んでいても積極的な気持ちになれるので好きです。(40代男性)

この漫画は「サッカー」という作品を監督の目線から描く大変秀逸な作品。選手の技術的能力の話だけでなく、戦略やポジション取りのセンスなど、今まで描かれなかったサッカーをやっている人の気持ちに立った漫画。派手さはないが痛快さがあり、読んでて気持ちが良い作品。(20代男性)

今までは選手にフォーカスを当てていた物語だったのが、監督がどういう風にチームを勝たせるかというところにフォーカスを当てている作品になっています。強い相手にどう戦って勝つかというところを必死に考える主人公に、見ている方も熱くなります。(20代男性)

私はサッカーが好きで今現在サッカーをやっておりますが、強い相手や強いチームと対戦したことが多々あります。その時絶対に勝てないと思われるチームにも勝ったりすることがあります。この漫画はそういった作品で絶対に敵うはずがない相手やチームに果敢に挑戦し勝つというものなので読んでいて面白いです。(20代男性)

サッカーを子供の頃からしていたため、サッカー漫画は様々読んだ。 その中でも「ジャイアントキリング」は異色の面白さであった。 特に、主人公が選手ではなく、「監督・チーム」に置かれている点が非常に新しかった。 夢物語ではなく、自分に近い感覚で展開されるサッカー漫画の印象。(20代男性)

サッカー漫画の中では特殊で、選手を中心に描くのではなく、監督を中心に運営側視点で描いている漫画です。なので、1選手、1チームを徐々に強くしていくというよりは、いろんなチームが監督によってここまで変われたり、今まで最下位だったチームが激変したりする内容が見ていて面白いです。(40代男性)

ほかのサッカー漫画と違い、戦術論や、プロサッカーチームのマネージメント、サポーターについて触れている部分が多く、見ていて飽きない。色々な要素があるのに、笑いもあり、涙もあり、普通のサッカー漫画とは一味違った視点で楽しめる。(20代男性)

サッカーのプレイ描写がリアルです。弱小チームが強くなるのに変わろうとしているところがもどかしくて面白いです。監督の最初が受け入れられないところも少しずつチームに受け入れられていくところも自然にな感じなので読みやすいです。最初目立たなかった選手が監督の指導で上達していき、代表候補になっていくところも面白いです。(20代女性)

サッカー漫画の大半は選手が主人公ですけど、この漫画は監督が主人公なのでサッカーを監督目線で感じれるところだったり、タイトルのごとく弱いチームが強いチームに勝つ為にどうなって行くのかというストーリー展開がオススメです。(30代男性)

スポーツ漫画の主人公は基本的にはプレーヤーであるのが定石であると思うが、これは監督の方にフォーカスされてる。戦術であったり、漫画ではあまり語られることないセカンドボールやディフェンスの話もよく出てきて、本当のサッカーを描いているリアリティを追求した素晴らしい作品。(20代男性)

人気すぎて今さらだけど、やっぱり外せません。特別サッカー好きではないけど、ハマってる漫画です。プレイヤー、フロント、サポーター…関わる人たちのそれぞれの心の動きよく描かれていて引き込まれます。そしてなんといっても、監督、達海猛。飄々とした風貌とは裏腹にサッカーに対しては熱く、1番真摯に向き合っているのが本当にカッコいい!(40代女性)

 

 

1票入ったおすすめのサッカー漫画も紹介

FANTASISTA

サッカー漫画「FANTASISTA」がおすすめの理由

主人公の坂本轍平は長崎の離島で育ち、同じくファンタジスタの姉から英才教育を受けていたが、高校生になり 、姉の元でサッカーをするために東京へ出てきたのだが、その後仲間たちと触れ合うことで成長し、最後にはオリンピックで金メダルを獲得するまでに至る物語が壮大で、日本のサッカー界の未来を夢見させてくれた。(30代男性)

 

 

Jドリーム

サッカー漫画「Jドリーム」がおすすめの理由

サッカーというスポーツがどういうものかよく分かります。最近のサッカーはスポーツであり、確かにそれは正しいのですが、ことワールドカップなどに関して言えば「戦争の縮図」でもあると言えます。どんな手を使っても勝つというのは卑怯かも知れませんが、見方を変えれば勝利に対して最も純粋で貪欲である証拠なんです。普通に読んでも十分面白い作品です。登場キャラも魅力的な選手が多いので。(30代男性)

 

 

オフサイド

サッカー漫画「オフサイド」がおすすめの理由

もうかなり昔の漫画ですが、たしか少年マガジンで連載してましたね。 面白いのは、この作品の作者は女性であること。(堀内夏子さん) 当の本人はラブコメなどは描けないらしいですが。 登場人物の描写がきめ細かに描かれている点では、他のスポコン漫画と一線を画していると思います。(40代男性)

 

 

キャプテン翼 海外激闘編 IN CALCIO 日いづる国のジョカトーレ

サッカー漫画「キャプテン翼 海外激闘編 IN CALCIO 日いづる国のジョカトーレ」がおすすめの理由

数あるキャプテン翼の中でもあえて、日向小次郎と葵新伍を中心に物語が進んでいくところに面白みを感じました。キャプテン翼は基本サッカーの話で進みほとんど日常の話とくに恋愛の話はあまりない中、めずらしく日向小次郎の恋愛の話もあり、キャプテン翼の新しい面を感じました。(40代女性)

 

 

ゴールデンエイジ

サッカー漫画「ゴールデンエイジ」がおすすめの理由

中学生で日本でも有名な天才サッカー少年が運動神経が常人場慣れしているが不良の少年とその仲間に出会い、ど素人だった不良全員を引き入れて市立中から大会優勝へ導くというサクセスストーリーがとても面白い。また15巻という読破するには丁度いい巻数なため有名サッカー漫画よりも取り掛かりやすいと思うのでおすすめです。(20代男性)

 

 

サッカーの憂鬱 裏方イレブン

サッカー漫画「サッカーの憂鬱 裏方イレブン」がおすすめの理由

サッカー漫画と言えば8割か9割は選手が主役の漫画だと思いますが、この漫画はサッカーを支える「裏方さん」を主役にした漫画です。 サッカーを支えるたくさんの人に日が当たります。「実況アナウンサー」と「第3ゴールキーパー」の話は号泣ものです。(40代女性)

 

 

サポルト! 木更津女子サポ応援記

サッカー漫画「サポルト! 木更津女子サポ応援記」がおすすめの理由

サッカーマンガではなく、サッカーのサポーターを描いたマンガです。 地元の弱小クラブを応援する女子高生たちのサポーターらしい喜怒哀楽が溢れた作品です。 スタジアムに一度でも足を運んだことがあるならぜひ一度読んで見ることをおすすめいたします!(50代男性)

 

 

シューダン!

サッカー漫画「シューダン!」がおすすめの理由

昔からスポーツ漫画が苦手だったのですが、そんな私でもすごく読みやすかったです。キャラクター同士のちょっとしたやりとりがすごく現代風というか、親しみやすいノリだけど、そんな中でこんな小学生時代を送りたかったなぁと憧れるような熱い展開もあって、読んでいて微笑ましくなるのでおすすめです。(20代女性)

 

 

シュート!~新たなる伝説~

サッカー漫画「シュート!~新たなる伝説~」がおすすめの理由

シュート!は掛川高校サッカー部を舞台に物語が進んでいくのですが、この新たなる伝説は九十九里浜高校が舞台となって高校サッカー界に新たなる伝説を創っていく お話です。当然掛川高校のメンバーも登場するので前作が好きだった方も楽しめるとても熱いサッカー漫画です。(20代男性)

 

 

ビーブルーズ

サッカー漫画「ビーブルーズ」がおすすめの理由

スポーツ漫画は派手な技のイメージが多いですが、こちらの漫画は選手や監督の心理が大きく影響します。 またサッカーの技術だけでなくフォーメーションが試合を左右し展開が全く予想つきません。 サッカーに全てを注ぎ込んだ少年の物語。サッカー好きの方にはおススメです。(30代男性)

 

 

フットボールネーション

サッカー漫画「フットボールネーション」がおすすめの理由

よくある学園物の話ではないので大人でも読んでいて身近に感じやすいと思います。趣味でサッカーをしている人ならこれを読めばサッカーのスキルが上がるんじゃないかなと思ってしまうほどいろんな情報が載っているのでサッカーの技術を上げるのにも役立つ気がするからです。(20代女性)

 

 

ぺろり!スタグル旅

サッカー漫画「ぺろり!スタグル旅」がおすすめの理由

スタジアムグルメを中心としたJリーグのアウェイ遠征の楽しみを描いた、これまでなかったジャンルのサッカー漫画です。名前やディテールは少しずつ変えてあるのですが、実在するグルメやマスコットキャラクターが登場し、ガイドブック的にも使えます。(40代女性)

 

 

俺たちのフィールド

サッカー漫画「俺たちのフィールド」がおすすめの理由

幼い頃からの夢を叶えるためにがむしゃらに走り続ける主人公とその仲間たちが強大なライバルに立ち向かい、強くなっていく姿がとても熱くなれます! 幼馴染との約束や、恋愛模様も楽しめる要素であり、個性的なキャラクターもたくさんいてとても楽しめる作品です。(30代男性)

 

 

少年疾駆

サッカー漫画「少年疾駆」がおすすめの理由

週刊少年ジャンプで連載されていました。主人公の晴輝は小学6年生で、根が単純というか子供っぽいというか、その辺りはキャプテン翼などと少し異なる点だと思いました。薫というサッカーの天才少年が転校してきて、晴輝が段々変わっていくところが読んでいて面白いです。(30代女性)

 

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です