Sia(シーア)おすすめの曲ランキング

スポンサーリンク

Contents

スポンサーリンク

Sia(シーア)おすすめの曲ランキング

 

8位タイ.Sia(シーア) 「Big Girls Cry」(2票)

YouTube動画はこちら

Sia(シーア)「Big Girls Cry」がおすすめの理由

大人だって泣く事は悪くないし、泣いても良いと気持ちを優しくさせてくれる曲なので、少し疲れてや休みたいと言う女性におすすめです。泣きたいけど泣けない人にもおすすめです。(20代女性)

悲しくも美しい彼女の歌声と、マディーのまだ幼い子供とは思えないような表現力に度肝を抜かれます。「Chandelier」でグラミー賞にノミネートされたシーアと同じくそのPVに出演していたマディー・ジーグラーがタッグを組んだ曲です。(50代男性)

 

 

8位タイ.Sia(シーア) 「Breathe Me」(2票)

YouTube動画はこちら

Sia(シーア)「Breathe Me」がおすすめの理由

Rolling Stone誌上で”繊細で忘れられない曲”と評価されている楽曲で、TVドラマ「Six Feet Under」をはじめ多くのメディアで使用されて、オーストラリアのシンガー、Siaによる2004年のシングルで、アメリカで120万本以上の売り上げを記録しています。(50代男性)

今や欧米の音楽シーンで引っ張りだこのシーアがメジャーになる前の曲です。不安定な心情を綴った歌詞とかすれボイスにピアノメインのシンプルな伴奏が合わさって今にも壊れてしまいそうな美しさのある曲です。(20代女性)

 

 

8位タイ.Sia(シーア) 「Flames」(2票)

YouTube動画はこちら

Sia(シーア)「Flames」がおすすめの理由

どんなトラックに乗っても存在感を失わず、逆に全てを飲み込んでしまうSiaの声はここでも健在で、フランスはパリのDJ、David Guettaと、オーストラリアのシンガー・ソングライターSiaによるグッドバイブスな曲です。(50代男性)

このFlamesは何と言ってもシーアさんの今年2018年の最新曲です。大人気のデイビットゲッタさんとのコラボにより、より豪華な曲に仕上がっております。シーアさんの力強く心に響く歌声と歌詞が、印象に残る1曲です。(20代女性)

 

 

8位タイ.Sia(シーア) 「Helium (Sia vs. David Guetta & Afrojack)」(2票)

YouTube動画はこちら

Sia(シーア)「Helium (Sia vs. David Guetta & Afrojack)」がおすすめの理由

映画「Fifty Shades Darker」で使用され、ドイツやスウェーデン、イギリスなどでヒットし、フランスのチャートでNo.10を記録しています。オーストラリアのシンガー・ソングライターであるSiaによって、2017年にリリースされたバラードです。(50代男性)

シーアの曲を、デイヴィッド・ゲッタとアフロジャックがリミックスしたもので、シーアのソウルフルな歌声とエモーショナルなサウンドがよくマッチしていて、夕暮れ時に聴きたくなります。誕生日のドライブデートで、夕日がきれいな海沿いを走りながら流せばとてもロマンチックです。(50代男性)

 

 

8位タイ.Sia(シーア) 「Move Your Body」(2票)

YouTube動画はこちら

Sia(シーア)「Move Your Body」がおすすめの理由

歌い方が唯一無二なので好きな人はまちがいなく上がるでしょう。恋に熱くなっていたあの頃を思い出させてくれるようなそんな一曲です。(50代男性)

非常に積極的な一夜を思わせますが、どこか儚さも同時に感じられます。また、PVの映像があの頃の懐かしい思い出を沸き立たせてくれました。(30代男性)

 

 

8位タイ.Sia(シーア) 「She Wolf」(2票)

YouTube動画はこちら

Sia(シーア)「She Wolf」がおすすめの理由

ベルギーのフェスティバル、Tomorrowlandで初パフォーマンスされていて、フランスのDJでプロデューサーのDavid Guettaと、オーストラリアのシンガー・ソングライターのSiaによるコラボレーションです。(50代男性)

超有名DJのDavid Guettaとの夢のコラボ。綺麗な歌声と曲間の激しいEDMが意外とマッチしている。(20代女性)

 

 

6位タイ.Sia(シーア) 「Never Give Up」(3票)

Sia(シーア)「Never Give Up」がおすすめの理由

絶対に諦めない、と言うこの曲は、どん底に落ちても、周りに何を言われても、自分自身の生き方に絶対に諦めないと言う力強いエネルギーをもらえます。心強くなりたい人におすすめです。(20代女性)

彼女は現在40代で、意外に苦労人もで、女性アーティストの中で、今最も才能を爆発しているのがシーアです。出す曲全てが画期的です。(50代男性)

勇気づけられることが多いSiaの楽曲の中でも特に勇気をもらえる曲です。Never Give UpとSiaが歌うたびに「そうだ、私もこんなところで諦めてらんない」と思えるのとに、メロディは軽快で聞き取りやすいので聞いていてストレスがないです。一緒に歌いたくなるような曲です。(20代女性)

 

 

6位タイ.Sia(シーア) 「Santa’s Coming For Us」(3票)

Sia(シーア)「Santa’s Coming For Us」がおすすめの理由

SIAのクリスマスソングで、スローテンポで聴きやすく、ハイトーンボイスが良い感じです。パーティーやショップのBGMなどにもはえそうで、おすすめです。(30代女性)

オシャレでノリノリになれるとてもすてきな曲で、この曲はGoogle Home「クリスマスパーティーにも篇」のCMに起用された曲です。(50代男性)

聴いていてとても楽しい一曲になっていて、これまでのSiaのダークな曲とは対照的に、彼女の特徴でもあるハスキーボイスとクリスマスムードあふれる曲調がとてもバランスが良いです。(50代男性)

 

 

4位タイ.Sia(シーア) 「Cheap Thrills」(4票)

Sia(シーア)「Cheap Thrills」がおすすめの理由

楽曲の「チープ・スリルズ」は、哀愁のあるメロディアスな美しい曲でシーアの歌の上手さが光る曲で、この曲は、ベト・ペレス選曲MegaMix53の中のZumba曲です。Siaは、ヒップホップ・ファンク・ソウルをベースにしたオーストラリア出身の実力派シンガーソングライターです。(50代男性)

Sean Paulをフィーチャリングした曲で、懐かしいさもある切ないメロディとレゲエが入り混じった曲でおすすめです。(30代男性)

女性に向けて歌っている曲なので、特に女性におすすめします。メロディが軽快で身体を動かしたくなるほど元気な曲なので、背中を押してほしい時や頑張り時に聞くと元気が出てお勧めです。(20代女性)

「Cheap Thrills」は、オーストラリアのシンガーソングライター・シーアの7thアルバム「This Is Acting」に収録されている曲で、同アルバムから2枚目にシングルカットされた曲です。世界中でロングヒットを記録し米国ビルボードトップ100では1位、UKシングルスで2位、オーストラリアでは6位、その他カナダ、フランス、ドイツ、スペインなど20ヶ国以上でトップチャートを獲得し、2017年グラミー賞ではベストポップパフォーマンス・デュオ部門にノミネートされました。(20代女性)

 

 

4位タイ.Sia(シーア) 「Elastic Heart feat. Shia LaBeouf & Maddie Ziegler」(4票)

Sia(シーア)「Elastic Heart feat. Shia LaBeouf & Maddie Ziegler」がおすすめの理由

メロデイももちろん好きですが、詩に関してもセンスを感じるため、魅力的です。柔軟な心を持つことは、どんな場面にも役に立ちます。(20代女性)

世界各国でヒットし、5カ国でプラチナ認定を受けているトラックです。オーストラリアのシンガー・ソングライターであるSiaによって、2015年にシングル・リリースされたバラード。アメリカのDJでプロデューサーのDiploが制作に携わっています。(50代男性)

典型的なバラードからは、かなり隔たりがありますが、だからこそ紹介するべきだと思い、彼女の声からは、まるで隔離された世界か宇宙から突如、下界に降り立ったような純粋さがあります。これはシーアでしか歌えない曲です。これも新しいバラードとして聴くべきです。(50代男性)

心をうつシーアの声。力強く心を奥底から揺り動かすようなせつなく低い声で歌い上げるかなうことない希望の歌だからです。(20代男性)

 

 

3位.Sia(シーア) 「Alive」(8票)

Sia(シーア)「Alive」がおすすめの理由

自分が追い込まれた時、人生、仕事、失恋、さまざまなことが起こると思いますが、この曲を聴くと、そのような逆境も乗り越えてやるという強いエネルギーをもらえます。Siaはサバイバルや生き残るぞという、命の危機を感じるような曲を作るのが得意で、その中でこの曲もそのような曲の一つです。(50代男性)

なんだか、ものものしくて、ミステリアスな曲です。 シーアの歌は精神的にぐっとくるものが多いですね。 ダークな感じ。(40代女性)

MVに土屋太鳳ちゃんが出ていて、ダンスがとてもなめらかで上手で驚きました。歌とダンスが合っていて感動します。(20代女性)

落ち着きのあるイントロから壮大な曲調に変わるところが自分の気持ちも盛り上がり聴いていてとても爽快なところです。シーアの特徴である裏声もたくさん聴けてとてもかっこいい楽曲です。MVも独特の世界観で楽曲ごとにシーアの世界に入れて自分もアーティスト気分を味わえます。(20代女性)

日本版のMVだと土屋太鳳とコラボしたことで知られていますが、本家のMVで力強く空手をこなす少女の方もお勧めです。MVに負けずその曲名にあるように「生きている」と感じさせてくれるメロディや歌詞には元気を分けてもらえます。Siaのバックボーンを思いながら聞くとまた一層深みが増すのでおすすめします。(20代女性)

日本のCMでも使用されている曲です。MVも日本の空手の女の子が出ていて知っている人は曲とビデオどちらも楽しめると思います。(20代女性)

1月は新年でもあり、また学生などでは受験目前の時期となり、四月に最高のスタートを切る為、その最後の追い込みでもあるのです。そんな時には、気合を入れる曲も必要になります。だから、シーアの「Alive」が力をくれる。(50代男性)

ホンダのオデッセイのCMソングとして、耳にしたことがあるかもしれません。PVの独創性が耳も目も惹く1曲で、何度聞いても飽きません。(20代女性)

 

 

2位.Sia(シーア) 「The Greatest」(9票)

Sia(シーア)「The Greatest」がおすすめの理由

自分が前に進みたくてもどこかに壁があって暴れたくなる、という様なこの曲は、完璧になりたい自分をどこまで進められるかチャレンジさせられる曲です。落ち込んでいる時に元気になる曲なのでおすすめです。(20代女性)

これから壮大な仕事を成し遂げるという気持ちになれ、勉強に集中することができ、歌詞に込められたパワフルなメッセージも一層やる気を奮い立たせられる。精悍な気持ちになれる顔を隠していることでも有名な歌姫シーアの一曲です。(50代男性)

全体的に激しい曲の多い彼女。今回もかなり激しいアップチューンになっております。ただ、曲調の中にもどことなく悲しさもこもっている印象です。訳詞も上昇志向のe高いものとなっております。なんせthe greatestですしね。(20代女性)

siaは鬱 アルコール依存 薬物依存などの精神状態が 悪いという話があるんですが そういう経験した人だからこそのいい歌だと思います。 和訳など聞いて見るとすごくいいことを言ってます。 この歌は頑張ろうと思えますよ〜! 是非辛くなった時聞いてください。(10代女性)

シーアの曲はどれも良いのでなかなか1つには選べませんが、あえて1つ選ぶならこれでしょうか。歌詞がポジティブで好きです。(20代女性)

テストや就活、何のためにやってるんだろう。自分のためだった。一番大切なことを忘れてた。大丈夫。まだスタミナ残ってる。(30代女性)

世界観が好きだからです。ミュージック・ビデオの女の子の表現力が素晴らしく、シーアの心のこもった歌声と凄くマッチしています。曲を聞くたびにその映像が頭に浮かびます。(20代女性)

サビの部分が力強くてカッコいい。シーアの力強い歌声と、Don’t give upと繰り返し歌うところからパワーをもらえるので元気が欲しい人にお勧めです。(20代女性)

CMでシーアの透き通った歌声を聞いてからファンになりました。この曲の歌詞のとうり落ち込んだり、ネガティブの時はいつも励まされ勇気を貰える曲です。(40代男性)

 

 

1位.Sia(シーア) 「Chandelier」(26票)

Sia(シーア)「Chandelier」がおすすめの理由

シーア独特の面白い歌詞で作られたこの曲は、個性的でミュージックビデオと共に一度は聴いてもらいたい曲です。(20代女性)

彼女は長年ヒット曲に恵まれずに苦労していたのですが、この曲で一躍ポップスターになりました。サビの部分はテレビCMにも使われているので、知っている人も多いと思います。彼女のいままでの苦労などがうかがい知れる楽曲です。(50代男性)

シーアの大ヒットの名曲です!初めて聴いた時の歌唱力の素晴らしさに聴き惚れて虜になりました!シーアの声は力強くて癒されます。(30代女性)

シーア本人がアルコール中毒だった頃の経験がものになった曲。どん底から命の限り叫ぶような、切実な思いが伝わってくる。(20代女性)

生きていくことの辛さや葛藤を歌った歌。シーアの唯一無二の声でしか出せない生きることへの葛藤を歌う。 MVで注目されたシャイアのダンスも圧巻で、シーアのそのハスキーで力強くシャウトするような歌声の世界観を彩ります。 明日のことなんてどうでもいい、このグラスのお酒を飲んで。今さえ乗り越えられれば… でも、その歌声から生きることへの強い強い執着が伝わってきます。(30代男性)

歌詞がとても気の重くなる曲です。 でも、そういう生き方している女性が本当にいるんだろうな。 ストレス社会の今、響く歌です。(40代女性)

Siaといえばこの曲です。PVに出てくる女の子マディちゃんのダンスが歌詞をよく表現していると思います。歌詞とSiaの歌声が力強く、何度も何度も聞いてしまう曲です。(30代女性)

DiorのCMで起用されていた曲です。苦しい日常と、それに対して力強く生きていく、女の子の心境を歌っています。勇気の出る歌詞とSIAの力強い歌声が見事にマッチしている作品です。(20代女性)

cmで初めて聞いてとても印象に残り、youtubeで調べてダウンロードして何度も聞きました。サビ部分の盛り上がりがとてもパワフルで聞いてきて気持ちがいいです。テンションを上げたいときに聞くと、パーっと気持ちが晴れ渡るようなすっきりした気持ちになります。(40代女性)

ディオールのCMで聴いたことのある方も多いのではないでしょうか。プロモーションビデオで踊っている少女の魂の叫びのようなダンスと、シーアさんの儚い歌声がマッチしていて芸術性が高いです。また、歌詞はダークで、パーティーガールは傷つかないと言いつつ、心の奥深くの苦しみを比喩するのにシャンデリアをつかうところにセンスを感じます。また、高い歌唱力と声量には圧倒されます。(10代女性)

cmにも起用されていて、知っている人も多く耳に残りやすい曲。女性の華やかだけれど裏では傷ついてるような心境を歌った歌詞が素敵な曲です。(10代女性)

この曲は、是非英訳だけで聴くのではなく和訳で聴いて欲しいと思います。英訳だけで聴いていたら、本来の歌詞の意味が分からず歌詞の深みに気づかないまま損をしてしまうからです。特にいつも我慢している人、悩みに押しつぶされそうな人にとっては共感でき、またこの曲は勇気付ける曲というより、自分の中にある気持ちに寄り添ってくれるような歌詞なので親しみやすいとおもいます。(60代女性)

音だけでなく、PVやライブ映像も是非見て欲しい作品。ずっとプロデューサーや作曲家として裏方だったシーアが売れた曲です。情熱的な曲です。(30代男性)

素顔を明かさないシーアの圧倒的な歌唱力と自滅的な歌詞ですごくヒットした曲です。でもこの曲といえばやはり幼い少女が幻想的(なような)ダンスを踊るMVが印象的でした。(40代女性)

曲がとてもかっこよく、シーアの独特の声が心に突き刺さります。聞いた後は何回も聞きたいと思えるオシャレな曲だと思います。(30代男性)

テレビCMがきっかけで知りましたが、聞けば聞くほどsiaのパワフルな歌い方がクセになります。自分を強く持ちたいときに聞きます。(20代女性)

中毒性のある音楽とシーアのちょっとハスキーな歌声が すごく好きです。pvも独自性もあり、何回でもみたくなります。(30代女性)

シーア独特のハスキーボイスで高音が出せるという特徴とサビに入るところで盛り上がるところがとてもおススメです(10代女性)

独特の世界観があるPV、誰も真似できない声量、一度聞くと何度も聞きたくなる中毒性がある、PVの女の子がかわいい(20代女性)

CMソングに起用されていたので聞き覚えがあると思うでの効きやすいと思う。メロディも同じ単語を繰り返していたりして聞き取りやすく、力強い歌声が耳に残るからお勧めです。(20代女性)

有名化粧品ブランドのコマーシャルに使用されており、サビが印象的な曲。力強くも儚い声がとても魅力的である。(20代女性)

グラミー賞にもノミネートされた曲で、シーアの代表曲といっても過言ではない曲です。シーアの曲が聞きたいのであればまずこの曲からという曲です。(20代女性)

Siaの代表曲として知られる「chandelier」ダークな歌詞と、耳に残るサビがオススメです。そしてこの曲は、MVが話題となり、登場するバレエダンサーの少女は一躍有名になり、何度かSiaのMVに出演している。(20代男性)

かなりハスキーな声の持ち主で、勝手な印象ですけど、リアーナという歌手と似た系統の声の持ち主の方かと思います。一本の映画を見ているようなミュージックビデオと抒情感あふれる歌声は思わず見終わるまで目が離せなくなりそうです。(30代女性)

シーアの歌声が好きで、特にシャンデリアがお気に入りです。ミュージックビデオも美しくアートみたいな芸術性を感じます。(30代女性)

この曲はシーアが一気に人気になった曲です。私が特に気に入っているのはシーアの声の美しさです。とても高音がでて、声が全くブレないところがすごいと思います。(20代女性)

 

 

1票入ったSia(シーア)おすすめの曲も紹介

 

Sia(シーア) 「Alice」(1票)

YouTube動画はこちら

Sia(シーア)「Alice」がおすすめの理由

生き抜く事の大切さを教えてくれる曲です。自分は絶対に強くなれると教えてくれる曲なので、つまずいてしまっている人には特におすすめです。生きている毎日に感謝できます。(20代女性)

 

 

Sia(シーア) 「Angel By The Wings」(1票)

YouTube動画はこちら

Sia(シーア)「Angel By The Wings」がおすすめの理由

こんな曲と出会えた事に感謝で、これはドキュメンタリー映画「The Eagle Huntress」の主題歌なのですが、これが本当に最高に素晴らしい。シーアの最新曲となります。(50代男性)

 

 

Sia(シーア) 「Bang My Head」(1票)

YouTube動画はこちら

Sia(シーア)「Bang My Head」がおすすめの理由

2015年のSFファンタジー・ホラー映画「Victor Frankenstein」のテーマ・ソングとして使用されて、人生の困難を克服することについて歌われている。David GuettaとSia、Fetty Wapによるコラボレーションで、2015年にリリースされました。(50代男性)

 

 

Sia(シーア) 「Bird Set Free」(1票)

YouTube動画はこちら

Sia(シーア)「Bird Set Free」がおすすめの理由

一見すると暗い感じの曲に思えてしまうのですが、サビの力づよさを聴くと頑張ろうという気持ちにさせてくれる応援歌の1つです。その中でこちらは特にその特徴が感じられる曲だと思います。(50代男性)

 

 

Sia(シーア) 「Clap Your Hands」(1票)

YouTube動画はこちら

Sia(シーア)「Clap Your Hands」がおすすめの理由

暑苦しいのもいいですが、たまにはこういう爽やかな曲があると子どもたちにはいいリラックスになることでしょう。実によくできたカラフルなメロディがある曲です。(50代男性)

 

 

Sia(シーア) 「Dusk Till Dawn」(1票)

YouTube動画はこちら

Sia(シーア)「Dusk Till Dawn」がおすすめの理由

フィーチャリングにはオーストラリアのシンガー、シーアが参加していて、ワン・ダイレクションの元メンバーのゼイン・マリクの曲です。ゼインの歌声もシーアの歌声もとっても良くて感動的な曲です。(50代男性)

 

 

Sia(シーア) 「Eye of the Needle」(1票)

YouTube動画はこちら

Sia(シーア)「Eye of the Needle」がおすすめの理由

オーストラリアのシンガー・ソングライターであるSiaによって2014年にリリースされ、フランスやオーストラリア、イギリスなどでヒットしました。恋愛関係の破綻からまだ前に進むことができない、感情的な痛みについて歌われているピアノ・バラードです。(50代男性)

 

 

Sia(シーア) 「Free Me」(1票)

YouTube動画はこちら

Sia(シーア)「Free Me」がおすすめの理由

少しハスキーな厚みのある彼女の歌声は、一日の終わりにぴったりな味わいです。今作は、ピアノとストリングスの美しいアンサンブルが耳になじむスローバラードです。(50代男性)

 

 

Sia(シーア) 「Freeze You Out」(1票)

YouTube動画はこちら

Sia(シーア)「Freeze You Out」がおすすめの理由

ゆったりとしたメロディーなので、洋楽の中でも比較的歌いやすいナンバーです。あの白雪姫の続編を描かれた映画、スノーホワイトの主題歌に起用されているのが、Siaの「Freeze You Out」です。(50代男性)

 

 

Sia(シーア) 「genius」(1票)

YouTube動画はこちら

Sia(シーア)「genius」がおすすめの理由

程よいテンポで曲が進んでいくため、聞いていて心地よいところ。また単純な英語なので簡単に口ずさめるところ。(20代女性)

 

 

Sia(シーア) 「Kill and Run」(1票)

YouTube動画はこちら

Sia(シーア)「Kill and Run」がおすすめの理由

このトラックはLeonardo DiCaprio主演の2013年の映画「The Great Gatsby」で使用されて、Siaはオーストラリアのシンガー・ソングライターで、David GuettaやRihannaなどとのコラボレーションや、多くのアーティストへの楽曲提供などでも知られています。(50代男性)

 

 

Sia(シーア) 「Little Man」(1票)

YouTube動画はこちら

Sia(シーア)「Little Man」がおすすめの理由

Amy Winehouseのライブでカバーされたトラックで、このバージョンはUKガラージュ・アーティストのWookieによるもので、ナイトクラブでヒットしました。(50代男性)

 

 

Sia(シーア) 「My Love」(1票)

YouTube動画はこちら

Sia(シーア)「My Love」がおすすめの理由

一部巷ではこれに雨降りの効果音をBGMに合わせて聴くとより一層傑作になるという小業があるのです。映画トワイライトの挿入歌としても知られるシーアの名曲です。(50代男性)

 

 

Sia(シーア) 「Níl Sé’n Lá」(1票)

YouTube動画はこちら

Sia(シーア)「Níl Sé’n Lá」がおすすめの理由

Celtic Womanの代表曲の一つで、どこか懐かしいようなメロディで、ヴァイオリンの音や歌声が心地よくて、おすすめです。(30代男性)

 

 

Sia(シーア) 「Rainbow」(1票)

YouTube動画はこちら

Sia(シーア)「Rainbow」がおすすめの理由

シーアのドラマチックな歌声が聴けるこの曲を学校の出し物や演劇の感動的なシーンで使えば、観客の心をつかめそうです。キュートなユニコーンたちが主役のアニメ、マイ・リトル・ポニーの劇場版の主題歌で、シーアが歌っています。(50代男性)

 

 

Sia(シーア) 「Salted Wound」(1票)

YouTube動画はこちら

Sia(シーア)「Salted Wound」がおすすめの理由

2015年のロマンティック映画「Fifty Shades of Grey」で使用されたトラックで、Annie LennoxやEllie Gouldingなどをフィーチャーしたこの映画のサウンドトラックは、世界各国のチャートでNo.1を獲得しました。オーストラリアのシンガー・ソングライターであるSiaによってパフォーマンスされています。(50代男性)

 

 

Sia(シーア) 「Soon We’ll Be Found」(1票)

YouTube動画はこちら

Sia(シーア)「Soon We’ll Be Found」がおすすめの理由

イギリスやオーストラリアなどでヒットし、ベルギーのチャートでNo.13を記録して、オーストラリアのシンガー・ソングライターであるSiaによって、2008年にリリースされたトラックです。(50代男性)

 

 

Sia(シーア) 「Summer Rain」(1票)

YouTube動画はこちら

Sia(シーア)「Summer Rain」がおすすめの理由

もともとChristina Aguileraのために書かれたと言われており、2016年にリリースされたアルバム「This Is Acting」のターゲット・ボーナス・トラックとして収録されています。(50代男性)

 

 

Sia(シーア) 「Titanium」(1票)

YouTube動画はこちら

Sia(シーア)「Titanium」がおすすめの理由

オーストラリアのポップ・シンガーソングライターであるSia Furlerをフィーチャーして、「タイタニオ」というタイトルのスペイン語バージョンもレコーディングされており、アルゼンチンのシンガー、Meyがフィーチャーされています。David Guettaの5枚目のスタジオアルバム「Nothing but the Beat」からのプロモーション・シングルで、2011年にリリースされました。(50代男性)

 

 

Sia(シーア) 「To Be Human」(1票)

YouTube動画はこちら

Sia(シーア)「To Be Human」がおすすめの理由

DCコミックスの人気コミック「ワンダーウーマン」の実写化作品である映画「ワンダーウーマン」は、2017年に公開され、その主題歌に起用されたのが、「トゥ・ビー・ヒューマン」です。ワンダーウーマンの世界観とマッチした、力強い歌声が魅力の楽曲です。(50代男性)

 

 

Sia(シーア) 「Unstoppable」(1票)

YouTube動画はこちら

Sia(シーア)「Unstoppable」がおすすめの理由

P&GがプロデュースするGilletteの、2016年のオリンピック広告キャンペーン”Pretty Isn’t Perfect”で使用されたトラックです。ヨーロッパ各国でヒットしました。(50代男性)

 

 

Sia(シーア) 「Waterfall」(1票)

YouTube動画はこちら

Sia(シーア)「Waterfall」がおすすめの理由

ベルギーやハンガリー、ルクセンブルク、アメリカ、スコットランドなどでチャートのTop10入りを果たし、ニュージーランドでNo.1を獲得しています。ノルウェーのプロダクションデュオのStargateによって、2017年にデジタルダウンロードリリースされたトラックで、シンガーのP!nkとSiaによるボーカルをフィーチャーしています。(50代男性)

 

 

Sia(シーア) 「Wild Ones」(1票)

YouTube動画はこちら

Sia(シーア)「Wild Ones」がおすすめの理由

クリスマスの盛り上げ役と言えばやはりフロー・ライダーでといえるほど、とってもアゲアゲな気分にさせてくれます。フロー・ライダーの「Wild Ones」です。盛り上がるところもわかりやすいので、みんなで踊ってみてください。(50代男性)

 

 

Sia(シーア) 「You’re Never Fully Dressed Without a Smile」(1票)

YouTube動画はこちら

Sia(シーア)「You’re Never Fully Dressed Without a Smile」がおすすめの理由

ミュージカル映画のテーマソングなので、キッズのダンス曲にも活用できて顔を一切出さないシンガーソングライターのシーアが才能あふれる声で歌う、2014年版ミュージカル映画「アニー」のテーマ曲です。彼女たちが楽しげにリズムに乗ったりダンスをしたりする様子は微笑ましく、見ていて自然とこちらも笑顔がこぼれます。(50代男性)

 

 

タイトルとURLをコピーしました