マネジメントに悩むビジネスマンに!リーダーシップを学べる本おすすめ77選

スポンサーリンク

Contents

スポンサーリンク

おすすめのリーダーシップに関する本

1.人を動かす

リーダーシップに関する本「人を動かす」がおすすめの理由

人の上に立ち、人に命令を下す立場になったときに、一度は目を通してほしい書籍です。 人間という心のある生き物が、命令ではなく、どうやって自発的に自分から行動するのか書かれています。 世の中はこの書籍通りには進みませんが、人というもの(特に部下)を客観的にとらえるには、とても参考になる書籍です。(50代男性)

リーダーシップに関する著書の古典だそうです。力や強制によってではなく、人の心を動かすことが大切という趣旨が一貫しています。実際にそう行動するのは難しいでしょうが、「相手を傷つけないようにしつつ、言うべきことは言う」という心構えは日常生活においても参考になります。(30代男性)

リーダーシップに必要なスキルは何かと考えた時、『人を動かす』力だと思います。人を動かすと聞くと、人を操る、思うままにするなど支配的なイメージを持ちがちですが、この本は、いかにして自分の話を聞いてもらえるのかの極意が詰まっています。強いるのではなく、お互いが納得して話をするという基本を丁寧に教えてくれます。(20代男性)

自分の思うように他人を動かすために、自分はどうすべきか、という事がよくわかります。人間は一人では生きて行けず、 必ず他人の手助けが必要です。その時にいかに人を動かすことができるか、その為に、相手のことを考える必要性がよくわかる一冊です。(40代男性)

「人を動かす」という、ビジネスマンであれば一度は壁に感じたことについて、実例を交えながらその解決法を教えてくれる名著。 「人を動かす」ということはすなわちどういうことなのか。部下を持つ人間だけでなく、営業マンやマーケティング従事者にも読んでもらいたい一冊。(20代男性)

デール・カーネギー著で、古典中の名作古典です。 まさにタイトル通り「人を動かす」事に対する本質が書かれています。人類がAIにでも支配されたりしない限り、人間同士で仕事をする間は永遠に陳腐化することのない本だと思います。(40代男性)

言わずと知れたカーネギー氏による大ベストセラーであり、職業人として一度は耳にしたことのある一冊であるため、読書して役に立たないことはないと思うからです。またトップに立つ人間でなければわからないことは、実社会で成功してトップに立った人の言葉に耳を傾けることによってこそ得られるのではないかと思うからです。(30代女性)

ベストセラーの有名な本です。読んでみると、当たり前のことなんだけれども、実行するのはなかなか難しい。この本を読むことで、意識して人を動かすことができます。マネージャークラスの方は是非購読して欲しいです。(30代男性)

 

 

2.サーバント・リーダーシップ入門

リーダーシップに関する本「サーバント・リーダーシップ入門」がおすすめの理由

組織のリーダーは、組織の末端で現場で働く人々を支える立場である、と唱える著書です。正にその通りの組織であれば効率的に動くであろうと実感できました。リーダーとなる人々にこそ読んで実践してほしいと思える考え方だと思います。(30代男性)

この本のリーダーシップ論は、私が思い描いていたものとは異なることが書いてあり、大変参考になりました。わたしの中でリーダーシップとは、仕事を成功させるために部下を引っ張っていくことだと思っていました。この本には、真のリーダーとは部下の心に寄り添い共感できる人とあります。部下が気持ちよく仕事ができる環境を作ってやることも大事だと気付かされた1冊です。(30代男性)

 

 

3.もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら

リーダーシップに関する本「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら」がおすすめの理由

高校野球の話かな~と何気なく購入をしましたが、何かを成し遂げるためには、何をすべきかを分かりやすく教えてくれる本でした。 この本の中では、女子マネージャーがドラッカーの【マネジメント】に出会い、甲子園に行く為には何をすべきかを分かりやすく解説し要点ごとにまとめられていて、仕事とは何か、人をいかすとは何かを教えてくれる本です。今では仕事に行き詰ったら繰り返し読むほど 大切にしている本の一冊です。(20代女性)

経営学の大家であるドラッカーのマネジメント論を、高校の野球部で起こるドラマ仕立ての ストーリーにわかりやすく落とし込んだ本です。 読書が苦手な方にも読みやすくマネジメントの基本を理解できるため、学生の方や若手ビジネスパーソンに お勧めです。(20代男性)

 

 

4.リーダーになる人に知っておいてほしいこと

リーダーシップに関する本「リーダーになる人に知っておいてほしいこと」がおすすめの理由

パナソニックを創り上げた松下幸之助さんが書いた本が好きだし、道を切り開いていく人材になるために必要なことなどかかいてあってとても勉強になるから。また、値段的にもお手頃なのでぜひ読んでほしいおすすめの1冊です。(10代女性)

松下政経塾を作った松下幸之助さんが書かれた本なだけあり、説得力や言葉の深さと重みがあり、人間性にあふれていて、言葉の1つ1つが色々な経験から書かれているな、と感じる一冊。人間として、どう生きていくべきか、と考えさせられるような本。(20代女性)

 

 

5.ルフィと白ひげ信頼される人の条件

リーダーシップに関する本「ルフィと白ひげ信頼される人の条件」がおすすめの理由

昔と今では、好まれるリーダーシップが異なることをワンピースの登場人物で比較しているので、とてもわかりやすいです。 この本を読んで、ルフィがナミたち仲間をスカウトして、海賊団ができていく映画を見ると、さらに納得しました。夢が違っても、夢のある人、行動をともにすることで、個々の夢を実現させていくというリーダーシップが、今、望まれているのだと実感しました。(40代女性)

漫画「ONE PIECE」に出てくる対照的なリーダー、ルフィーと白ひげを企業でのリーダーとして考えた時に、どちらについていきたいか、自分がリーダーの立場であれば、どちらのタイプで組織をまとめていくかをわかりやすくまとめています。フラットな関係の中で、それぞれの得意分野でリーダーをやらせることで責任感と自信をつけさせることで、それぞれの存在価値を認め合う組織のリーダーは完璧である必要はなく、揺るがない目標に向かって進む前向きさ、仲間を信じる思いがあることで、皆がついていきたくなるリーダーのルフィー。それとは反対に、カリスマ的存在で上に立ち、皆にとり父のような存在でもある絶対的存在のリーダーとし人望を集め組織をまとめる白ひげ。それぞれのメリットデメリットもわかりやすく書かれています。一見、漫画を例にとって安易な経済書と思われがちではありますが、的を得たわかりやすい深みのある経済書として価値ある1冊であると思います。(40代女性)

 

 

6.ワーク・ルールズ! 君の生き方とリーダーシップを変える

リーダーシップに関する本「ワーク・ルールズ! 君の生き方とリーダーシップを変える」がおすすめの理由

著者の考えを知りたいのなら、原作を読むことをお勧めする。googleの人事が、どのように人材を探して採用しているのかが良くわかった。ただ、この方法が日本の会社に通用するかというと疑問である。頭の片隅にでも入れていおくと良いだろう。(30代女性)

一般論ではなくGoogle社における実践の紹介なので、なかなか真似はできないかもしれません。社員個人を尊重して、思い立ったらすぐ実践できる環境を作り、結果によって判断し、そして周りを信頼できる環境を築く過程が記されています。海外にはこんな会社もあるのか、という感覚で、読み物としては楽しめるでしょう。(30代男性)

 

 

7.信念に生きる

リーダーシップに関する本「信念に生きる」がおすすめの理由

元南アフリカ大統領のネルソン・マンデラ氏の自伝です。27年間も投獄されながら、それでも信念を貫き、南アフリカのアパルトヘイト撤廃に大きく貢献したマンデラ氏。リーダーとしての考え方や価値観について深く学べる本としてお勧めします。(30代男性)

南アフリカ元大統領である、ネルソン・マンデラ氏の自伝です。マンデラ氏は27年間投獄されながらも、『南アフリカを一つにする』という信念を持ち続け、アパルトヘイト撤廃を実現した世界的なリーダーです。生きる希望すら失いそうな環境の中で、どのように信念を持ち続け、人を惹きつけたのか。どの時代のリーダーにも変わることのない人間力を学ぶことができます。(30代男性)

 

 

8.人の上に立つ人の「見識力」

リーダーシップに関する本「人の上に立つ人の「見識力」」がおすすめの理由

渋沢栄一さんの書かれた本を、解説してくださり、分かりやすく書かれている本です。特に、得意のときだからと気をゆるめず、失意のときだからといって落胆せず、平常心で道理をふみ間違えないように心がけることが大切という言葉が印象的です。常に平常心で、驕らず、卑下せず誠実に生きることが、リーダーシップの極意と教えて頂けた本です。(30代男性)

今は亡き、渋沢栄一さんが、書かれた本です。稼ぐに追いつく貧乏なしの気持ちで頑張れば、貧乏にはならない。という言葉が印象的です。元祖経営の神様の言葉なので、自分自身、この言葉の気持ちで、稼ぐ事に集中する事が、結果的に、強いリーダーシップを発揮する事を学びました。(30代男性)

 

 

9.「ついていきたい」と思われるリーダーになる51の考え方

リーダーシップに関する本「「ついていきたい」と思われるリーダーになる51の考え方」がおすすめの理由

ボディショップやスターバックスの社長となった岩田さんの著書。プロの経営者が、いったいどのようなことを考え人を育てているのかというのがわかる本です。管理職というよりは、経営者やこれから企業する人が読むと大変勉強になる本です。オススメです。(40代男性)

 

 

.「ついていきたい」と思われるリーダーになる51の考え方

リーダーシップに関する本「「ついていきたい」と思われるリーダーになる51の考え方」がおすすめの理由

元スターバックスCEOの岩田 松雄の実体験から学びとったリーダーシップへのマインドの持ち方姿勢などが綴られています。新入社員から経営者までそれぞれのポジションにより色々発見がある良書だと思いますので一読で終わらず何度と繰り返し読みたい本です。(30代男性)

 

 

10.「会議ファシリテーション」の基本がイチから身につく本

リーダーシップに関する本「「会議ファシリテーション」の基本がイチから身につく本」がおすすめの理由

仕事で会議をする上で知っておいた方がよい情報が載っています。 会議を進める上での基本中の基本のようなことが書いてありますが、なかなか実践できていない会社も多いと思います。 わかりやすい本なので、ファシリテーターとして会社の業務改善に繋げれるような意欲があがると思います。(20代女性)

 

 

11.「人を動かす人」になれ!―すぐやる、必ずやる、出来るまでやる

リーダーシップに関する本「「人を動かす人」になれ!―すぐやる、必ずやる、出来るまでやる」がおすすめの理由

私がお勧めする本は三笠書房様の”「人を動かす人」になれ!―すぐやる、必ずやる、出来るまでやる”です、なぜお勧めするかと言いますと、当たり前のことでありながらそれがなかなかできない大人や、自分がどんどん年を重ねていくにつれ物事に関心がなくなって事に渇を入れたりと、本当に人材を動かしたいと考えているのならば「人」を変えるのではなく「自分」自身を見直し変えるべきだとこの本に全てのノウハウが記載されているからです。リーダーシップを高めるために必要なコツ、チャレンジ精神でどんどん行うことに対してのことの重要さ等、その結果をまとめた一冊と言っても過言ではないです。(20代男性)

 

 

12.58の物語で学ぶリーダーの教科書

リーダーシップに関する本「58の物語で学ぶリーダーの教科書」がおすすめの理由

リーダーに必要な題目があり、それらの例として名だたるリーダーたちのなし得た事が書かれています。単にリーダーシップとは何かやPDCAとは何か、人の心を動かすとは、部下を成功者に育成するにはを言葉で説明でなく、実際どう行動したのかで書かれていてわかりやすく、またリーダーシップのあり方を学べる一冊です。(40代女性)

 

 

13.9割がバイトでも最高のスタッフに育つディズニーの教え方

リーダーシップに関する本「9割がバイトでも最高のスタッフに育つディズニーの教え方」がおすすめの理由

夢の国であるディズニーランド。ここのスタッフはプロのすごい人ばかりかと思いきや、9割のスタッフはアルバイト!どうやって、夢の国のクオリティーを保っているのか?人を育てるってどういう事なのか?実際にディズニーであった問題を例に挙げながら、そのヒントを教えてくれる1冊です。(10代女性)

 

 

14.ANAの教え

リーダーシップに関する本「ANAの教え」がおすすめの理由

航空会社ANAの教えを読んでためになったことは、私自身がカフェの経営をしておりCSや雇用についてたくさんのことを考えさせられました。個人経営と大きな会社は規模が違うがお客様にいかに喜んでもらうか、従業員のテンションをいかにベストな状態で保つかなどぜひ読んで欲しい一冊です。(30代男性)

 

 

15.EQリーダーシップ 成功する人の「こころの知能指数」の活かし方

リーダーシップに関する本「EQリーダーシップ 成功する人の「こころの知能指数」の活かし方」がおすすめの理由

リーダーシップを発揮して人を動かすためには、心遣いや気の利いた言葉遣いが必要と唱える著作です。「複数のリーダーシップスタイルから、臨機応変に選択し使い分けるべき」という考えは他の著書にはあまり見られない考えでした。(30代男性)

 

 

16.HIGH OUTPUT MANAGEMENT 人を育て、成果を最大にするマネジメント

リーダーシップに関する本「HIGH OUTPUT MANAGEMENT 人を育て、成果を最大にするマネジメント」がおすすめの理由

現場マネージャーという立場として、高い業績をあげるための実務的なテクニックが紹介されています。例えばアウトプットとは何をすることを指すのか定義したり、低コストで問題を洗う方法を挙げたり、目標でなく過程を重視する会議をするなど、具体的な例が興味深いものでした。(30代男性)

 

 

17.あぁ、阪神タイガース

リーダーシップに関する本「あぁ、阪神タイガース」がおすすめの理由

野村克也監督が分かりやすく、リーダーシップの事についても書いている本です。特に、人間は無視、賞賛、非難の段階で試される。これは一流の人間を育てる原理原則である。とういう言葉が印象的で、人を育て、引っ張っていく方法が分かりやすく書かれている本です。(30代男性)

 

 

18.アキラとあきら

リーダーシップに関する本「アキラとあきら」がおすすめの理由

この本を読むきっかけになったのは、ドラマ化が決定したからです。また池井戸潤さんの作品であることも大きかったです。今までにも何冊が読んだことがあり好きな作家さんでもありました。内容は全く異なる生き方をした二人の生い立ちから始まり、二人が出会い銀行員としてお互いをみとめつつ成長していく物語です。普段本をほとんど読まない私ですが物語に引き込まれ時間を忘れて読んでいました。とても内容もわかりやすく、おすすめの本です。(40代女性)

 

 

19.あなたを悩ます話してもわからない人

リーダーシップに関する本「あなたを悩ます話してもわからない人」がおすすめの理由

仕事において想定される事態が概ね書いてあります。内容は、項目ごとに状況と対処法が書いてあり見やすいです。この本は、解決を一人で急がず、最終的には上司に相談しようという流れになっているので、どちらかというと新入社員や若手向けです。(20代女性)

 

 

20.エラスティックリーダーシップ ―自己組織化チームの育て方

リーダーシップに関する本「エラスティックリーダーシップ ―自己組織化チームの育て方」がおすすめの理由

組織をリードするためには、平坦な道だけでなく、困難に直面してそれを乗り越える体験も必要と説く著作です。現実には、直面した困難にじっくり対処できるほど余裕のある組織は少ないでしょうが、意識として心がけておくべき点として印象に残りました。(30代男性)

 

 

21.お金でなく、人のご縁ででっかく生きろ!

リーダーシップに関する本「お金でなく、人のご縁ででっかく生きろ!」がおすすめの理由

中村文昭さんは全国を講演して歩いて回られている方です。自分の青年時代の経験を面白おかしく紹介し、全国の若者から老人まで元気にさせてくれています。そんな中村さんが書いたこの本は、まさに元気になる、力がみなぎってくる本になっています。人とのご縁を通して生きてきた様を、文字と文章で和返りやすく、また伝わりやすく書かれています。なんのために生きていくのかがはっきり見えてくる、魔法のようなこの1冊。ぜひ紹介したい作品です。(50代男性)

 

 

22.カリスマ 人を動かす12の方法: コールドリーディング なぜ、あの人は圧倒的に人を引きつけるのか?

リーダーシップに関する本「カリスマ 人を動かす12の方法: コールドリーディング なぜ、あの人は圧倒的に人を引きつけるのか?」がおすすめの理由

リーダーシップについて、技術的な面ではなく、心理的な面から扱った本です。これを読むと、表面的な技術に頼っていても、リーダーにはなれないことが分かります。リーダーに必要なことは、技術ではなく、動揺しない落ち着きだということを理解できる本です。(30代男性)

 

 

23.グロービス MBAマネジメントブック

リーダーシップに関する本「グロービス MBAマネジメントブック」がおすすめの理由

今管理職の人、これから管理職になる人は、絶対に読んでおいた方が良い本です。MBAの本は数多くありますが、この本はその教科書的な1品だと思います。これを一読すれば、MBAの基礎的な部分は全てわかるといえるでしょう。「参考書」としてではなく「教科書」として読み切ればかならず効果がある本だと思います。(40代男性)

 

 

24.こだわらない練習

リーダーシップに関する本「こだわらない練習」がおすすめの理由

僧侶である、小池龍之介が自身の幼少時代、学生時代、僧侶見習いであった頃から外国での修行を経て、本当の僧侶な成るまでにブッタの教えを基に、人がどうすれば生きる上で自然と執着して苦しんでしまう生き方からあらゆる事にこだわらないで生きて行けるかを考えた、実践し易い分かりやすい本です。(40代男性)

 

 

25.ザ・ゴール コミック版

リーダーシップに関する本「ザ・ゴール コミック版」がおすすめの理由

ベストセラーのザ・ゴールが、日本企業に置き換えられて、読みやすくなった本です。主人公が工場再建のために奔走し、社内改善に成功するというものです。IOTの手法が分かりやすく書かれています。製造業に勤められている方は、是非見て頂きたい。(30代男性)

 

 

26.サーバント・リーダーシップ実践講座

リーダーシップに関する本「サーバント・リーダーシップ実践講座」がおすすめの理由

数あるリーダーシップ本の中で、日本人に合うリーダシップ論を示してくれると思います。 基本的には、自らが力を発揮するのではなく、メンバーが力を発揮できるようにサポートしていくという縁の下のリーダーシップ論を説いています。 日本ではワンマン社長とか悪い意味で使われることもありますが、このリーダーシップ論を読むと目からウロコが出ると思います。(40代男性)

 

 

27.しんがりの思想

リーダーシップに関する本「しんがりの思想」がおすすめの理由

リーダーシップという言葉は今や聞き飽きている人向けの、逆説的なリーダーシップの話です。経済成長が鈍化した現代の時代背景に対応した、リーダーというよりも「共に考えてくれる専門家」像について語られ、古臭い根性論から成るリーダー論と対峙する見解に思えました。(30代男性)

 

 

28.シンプルだけれど重要なリーダーの仕事

リーダーシップに関する本「シンプルだけれど重要なリーダーの仕事」がおすすめの理由

あまり活字体の本を読むタイプではないですが、本全体の読みやすい色使いと文字の大きさが自分に合っていてとても読みやすかったです。また、リーダーにある上で必要なスキルや困難事例の解決方法などが具体的に詳しく書かれていて何回も読み直しています。現在管理職の方やこれからリーダーになる方は一度は読んでおいてほうが職場内の人間関係や自分のリーダーとしての立ち位置が理解できる本です。おすすめです。(30代男性)

 

 

29.スティーブ・ジョブズ

リーダーシップに関する本「スティーブ・ジョブズ」がおすすめの理由

スティーブ・ジョブズの伝記になりますが、幼少期からAppleでの製品作り私生活での信念などが、大変興味深いです。常にシンプル・直感的を追い求めた人生。多くの名言もありますが、この本を読むとスティーブ・ジョブズの思いに近づけた気がします。彼のシンプルとは、今現在でも仕事・日常生活でも生かされる教訓だと思います。(40代女性)

 

 

30.ストレングス・リーダーシップ―さあ、リーダーの才能に目覚めよう

リーダーシップに関する本「ストレングス・リーダーシップ―さあ、リーダーの才能に目覚めよう」がおすすめの理由

組織内にてリーダーシップを発揮するためには、最上志向、原点志向、学習欲などの「才能」が必要と言いきってしまう著書です。才能がなければ努力ではカバーできないのかと思ってしまうが、「実行力を身に付けるべき」など部分的に参考にできる部分はあるでしょう。(30代男性)

 

 

31.セッター思考

リーダーシップに関する本「セッター思考」がおすすめの理由

php新書の本で元全日本女子バレーのセッターだった竹下佳江さんが書かれたものです。竹下さんは現役時代キャプテンを任せられたこともあり、チームを引っ張ることを経験されて方です。今の若い子を引っ張って行くにはどうしたら良いか、女性に対する指導はどうしたら良いか、職場の雰囲気はどうしたらいいかなど、自分の体験からリーダーに必要な考えを書かれています。リーダーの立場の方にはさまざまな方から信頼されるために呼んでほしい一冊です。(10代男性)

 

 

32.そうか、君は課長になったのか。

リーダーシップに関する本「そうか、君は課長になったのか。」がおすすめの理由

ビジネスマンが働いていく上で多くの方が通るであろう課長職を時に厳しく、時に自分の事を理解してくれている父のような言葉で課長職を通して仕事や暮らし、健康など行くていく上でのノウハウやマインドの持ち方を教えてもらった良書です。(30代男性)

 

 

33.ディズニー・ワールドで私が学んだ10のルール

リーダーシップに関する本「ディズニー・ワールドで私が学んだ10のルール」がおすすめの理由

仕事をする中での心の持ち方や考え方などを考え直すことができ、本を読むことで少し前向きに考えてみようと思える。リーダーとしてどのようにメンバーや周りの人とかかわるか、仕事をどのようにするかが変われば職場も変わっていくと思う(30代女性)

 

 

34.ディズニーを知ってディズニーを超える顧客満足入門

リーダーシップに関する本「ディズニーを知ってディズニーを超える顧客満足入門」がおすすめの理由

鎌田洋さんが書かれた本で、自分の頭で考え、決断し、行動してこそ、人生は充実したものになる。という言葉が印象的で、リーダーシップに必要なポイントが書かれていて、自分で何事も決断して物事を決めていこうという決意を持つ事が出来た本です。(30代男性)

 

 

35.デキる人は皆やっている一流の仕事術 浜口直太著

リーダーシップに関する本「デキる人は皆やっている一流の仕事術 浜口直太著」がおすすめの理由

就職して2,3年目で目に留まった購入した本です。当たり前の仕事術が描かれているのですが、わかりやすい文章内容な上、上司が具体的に教えてくれない仕事のコツというか、能率よく仕事をする方法が描かれています。仕事のルールというか、ルーティーンしている仕事でも丁寧に、トラブルを回避できる方法ば学べるのでお勧めです。(30代女性)

 

 

36.ど真剣に生きる

リーダーシップに関する本「ど真剣に生きる」がおすすめの理由

尊敬する稲森和夫さんが、仕事について書いた本です。仕事に、人間関係に行き詰まるとき、本質と向き合わなくてはいけないときです。そういうときこそ正直に、自分に素直に、人を傷つけることなく、社会の為を思って道を切り開くと、結果として、自分自身にも返ってくるということを、人生の哲学として教えてくださっております。人生を見つめ直すときにぜひ読んでほしい一冊です。(30代女性)

 

 

37.ピクサー流 創造するちから――小さな可能性から、大きな価値を生み出す方法

リーダーシップに関する本「ピクサー流 創造するちから――小さな可能性から、大きな価値を生み出す方法」がおすすめの理由

トイストーリーを初めてとした映画作成のノンフィクションとして読み応えもあるが、CGによる長編映画の作成という新しいマーケットの創造への作業へ、グループをまとめ上げ、プロジェクトを推進するリーダシップの方法と心の持ち方を教えてくれる本です。(50代男性)

 

 

38.ファシリテーションの教科書

リーダーシップに関する本「ファシリテーションの教科書」がおすすめの理由

会社部署などの組織を、特定の力強いリーダーなしでも稼動し続けられるようにするための方法が書かれている、正に教科書です。実践するには面倒だったり難しかったりする点も多々あるでしょうが、例えば無駄な会議を減らす方法は学べるという組織も多いことでしょう。(30代男性)

 

 

39.フツーの会社員だった僕が、青山学院大学を箱根駅伝優勝に導いた47の言葉

リーダーシップに関する本「フツーの会社員だった僕が、青山学院大学を箱根駅伝優勝に導いた47の言葉」がおすすめの理由

青山学院大学陸上部の監督である原監督の部員育成方法を書いた作品です。監督は、自分が普通の会社でやるべき教育を、大学陸上に適用していった様に書かれていますが、ほとんどの会社ではこういった素晴らしい教育はできていません。若手を育てるにはこういった考えの教育は非常に重要だと思います。監督職には是非読んでもらいたい本です。(40代男性)

 

 

40.プレジデント

リーダーシップに関する本「プレジデント」がおすすめの理由

発行される度に企画が違いますが、企業運営や所属企業でリーダーシップを発揮してこられた方の考え方を学ぶことが出来ます。社会的成功者達の成功した理由がわかる為、リーダーシップを発揮するにあたっての思想を作ることが出来ることが、おすすめの理由です。(30代男性)

 

 

41.モウリーニョの流儀

リーダーシップに関する本「モウリーニョの流儀」がおすすめの理由

日常の仕事では、様々な性格や人格のメンバー達と仕事していかなければならない。 時には、なかなか性格が合わなかったり、考え方が合わなかったりなど、悩みはトラブルは、日常茶飯事だ。 相手の性格を理解していなかったり、細かなルールが決まっていなかったりすると組織やチームはうまくいかなくなる。 そんな悩みを持っていた時、本屋で出会った本が、「モウリーニョの流儀」という本でした。 結果を残さなければすぐにクビにされるサッカー監督職。 モウリーニョ氏自身、トッププレーヤーとしての実績がない中、彼なりのスタンスで、チームをまとめ、最強の結果を出し、 マイナーなクラブチームをビッククラブに成長させ、偉大な歴史を築き上げていったその手法やマネジメント論が記されていました。 我が強いトップスポーツ選手をまとめ上げるリーダーシップの資質論は、業界は違えど、一般社会人のマネジメントにおいても 非常に為になることが多く記されており、様々な点で役に立ちました。 会社で、中間管理職で人をまとめなければならない人たちにオススメの本です。(30代男性)

 

 

42.モチベーション3.0 持続する「やる気!」をいかに引き出すか

リーダーシップに関する本「モチベーション3.0 持続する「やる気!」をいかに引き出すか」がおすすめの理由

人の上に立つ者としてスタッフのやる気にさせる、そのやる気を持続させるというのはどの業務においても重要で難しい事だと考えております。 もともと本来人間が行動を起こす上での原始的な物は「モチベーション1.0」で何かをすれな何か貰える、逆にしないと怒られるという即効性はあるが継続出来ない、アメとムチが「モチベーション2.0」自分の内側からやる気をださせ、継続する「モチベーション3.0」なのですが、一見難しいそうな内容ですが、モニター実験の内容、結果、ゆえにこうであるという説明があり非常に分かりやすく読み易い本でした。 読んでいる内容にも私自身、共感する部分が多く納得しました。 人材教育としてもそうですがリーダーシップを作る意味でも非常にオススメの本です。(30代女性)

 

 

43.ユダヤ人大富豪の教え

リーダーシップに関する本「ユダヤ人大富豪の教え」がおすすめの理由

作者の本田健さんが、実際にアメリカに行った時に体験したお話をふまえて、人としてどうあるべきか、お金のこと、色々教えてくれる本です。心の奥底にあるまだ見ぬ自分に対して、問いかけれる内容でこれからの人生において、必要な事が書いてあると感じます。(20代女性)

 

 

44.リーダー3年目からの教科書

リーダーシップに関する本「リーダー3年目からの教科書」がおすすめの理由

筆者自身がコンサルティングを行う会社の代表をつとめており、外資系企業でトップセールスとして君臨していた過去を持っているので、何より説得力がある。ビジネス書の中には、小難しく感じてしまうものも多いが、この本は誰にもわかりやすい言葉で綴られている。(20代女性)

 

 

45.リーダーシップの旅 見えないものを見る

リーダーシップに関する本「リーダーシップの旅 見えないものを見る」がおすすめの理由

組織をリードするためにはまず自分をリードしなければならない、という一貫した主張があります。具体的に言うと、「活動をすること」「行動に起こすこと」。リーダーシップは特殊能力ではなく、普段からの心がけから生じるという観点が勉強になりました。(30代男性)

 

 

46.リーダーになる人のたった1つの習慣

リーダーシップに関する本「リーダーになる人のたった1つの習慣」がおすすめの理由

マネージャーやチームリーダーになった時に陥ってしまいがちな状況を、例をあげてわかりやすく落とし込める本だからです。人のふり見て我がふり直せという言葉のように、出てくる事例を読んでふと気付いて直せるところが沢山あります。(20代女性)

 

 

47.リーダーに贈る「必勝の戦略」

リーダーシップに関する本「リーダーに贈る「必勝の戦略」」がおすすめの理由

主にビジネスに通じる、リーダーの持つべき考え方、リーダーの在り方、リーダーとはどんな人であるのか。そういったリーダー像を教えてくれています。 リーダーやリーダーシップということに対して、本書を読みながら自身と引き比べて考えてみると色々と学ぶべきことの多い一書です。(20代男性)

 

 

48.リーダー論 高橋みなみ

リーダーシップに関する本「リーダー論 高橋みなみ」がおすすめの理由

分かりやすい言葉で書かれているので20分ほどで読める。作者の言葉で書かれており知っていたことも改めて気づいたり、異なる視点で捉えることができる。特に10-20代の女性と関わる仕事に就いている人は一読の価値あり。(20代女性)

 

 

49.リーディングカンパニー

リーダーシップに関する本「リーディングカンパニー」がおすすめの理由

組織で働く人々や、組織にまつわりエピソードが書かれています。昔の本ですが、今読んでも考えさせられることが多く、役に立つ無いようになっているのでおすすめです。先人の偉大なリーダーシップやについて学ぶことができます。(30代女性)

 

 

50.レミゼラブル

リーダーシップに関する本「レミゼラブル」がおすすめの理由

罪を犯すことはいけないことだが、司教様のお言葉どおりに正直な人間になり、 まっとうな人生を歩んだ男の壮大な物語。 読んでいると深く感動し、時には涙を流すこともある。 書籍はこども版も出ているので良く知られている本だが、話しのネタや、部下に愛を与えるという点でもう一度読んでもらいたい本。(40代女性)

 

 

51.宇宙飛行士選抜試験

リーダーシップに関する本「宇宙飛行士選抜試験」がおすすめの理由

実際に行われた宇宙飛行士選抜試験を追った内容の本です。受験者数名が常に監視されながら様々な課題を課されていきます。宇宙という極限の環境でチームワークよく作業するにはリーダーシップとフォロワーシップの両面がバランスよく備わっている必要がある事を考えさせられました。(20代女性)

 

 

52.学習する組織

リーダーシップに関する本「学習する組織」がおすすめの理由

この本は全ての人が何かしらの組織に所属することを前提とし、一人一人が必ず何かしらの分野でリーダーシップを発揮することのできている組織がどんなものであるかを非常にわかりやすく書いてあるため、学生から社会人までにオススメできます。(20代女性)

 

 

53.奇跡の職場 新幹線清掃チームの働く誇り

リーダーシップに関する本「奇跡の職場 新幹線清掃チームの働く誇り」がおすすめの理由

一般に清掃業務は、誰でもできる簡単な仕事であり、いわゆる3Kの誰もやりたがらない仕事といえる。その仕事がしたいというより、他に仕事がなく仕方なくついた人が多い中、その仕事に誇りや高い意欲を持たせ、部下に働いてもらうことはどう考えても極めて困難だ。世の中にリーダーシップを謳う本は数多あるが、多くは、それなりの水準の企業で、ある程度有能な社員を相手にしたもの。この本のように、仕事にも、そして自分自身にも前向きになれない人間達を変え、引っ張ることができる本物のリーダーは、世界中見てもどれほどいようか。新幹線をまさしく「舞台」にしたドラマチックなリーダーシップ。読んでいると、ふと涙腺がゆるんでいることに気付く、そんな心が温まるストーリーに勇気づけられる。(40代女性)

 

 

54.逆算力

リーダーシップに関する本「逆算力」がおすすめの理由

ネスレのCEOが、自らの体験を語りつつイノベーションの重要性を伝えます。特にキットカットの有名な逸話である受験にちなんだ「きっと勝つ」の創生秘話などが語られておりイノベーション創出とはどのように行われて行くのかわかり興味深い。(40代男性)

 

 

55.教える技術

リーダーシップに関する本「教える技術」がおすすめの理由

行動科学を使って、どんな指導を下の立場の人に行っていけばいいのかを分かりやすく説明してあり。質問と回答という形式なので、読んでいて飽きることがなく、とても読みやすいので、本が苦手な人にもおすすめです。(30代男性)

 

 

56.功名が辻

リーダーシップに関する本「功名が辻」がおすすめの理由

「功名が辻」は、律儀なことだけがウリの戦国武将、山内一豊とその妻の活躍を描いた司馬遼太郎の歴史小説だが、律儀さや真心、優秀な妻や家臣の意見に耳をかすことで自分の才覚の無さをカバーし、下剋上の戦国の世を勝ち抜き、最後には土佐一国の主になった山内一豊の生き様が、リーダーとしての振る舞い方を教えてくれるため。(30代男性)

 

 

57.困った部下のタイプ別育成術 できる上司のアプローチ50

リーダーシップに関する本「困った部下のタイプ別育成術 できる上司のアプローチ50」がおすすめの理由

内容が分かりやすく、簡潔に書かれており読みやすいから。 様々なタイプの部下の育成術があり、すぐに実践できるようなものばかりで参考になる。 実際の会話法や図の解説などが盛り込まれていて、誰でも理解できるようになっている。(20代女性)

 

 

58.最前線のリーダーシップ

リーダーシップに関する本「最前線のリーダーシップ」がおすすめの理由

リーダーシップを発揮し続けることの難しさに重点が置かれた著書です。「権威とリーダーシップは別物」という前提には一見とまどいましたが、よく考えれば新たな視点として勉強になるものでした。和訳がやや読みにくいものの、断片的に実践できる知識が並んでいます。(30代男性)

 

 

59.采配

リーダーシップに関する本「采配」がおすすめの理由

この本は俺流という言葉を作った、野球人の落合博満の書籍になります。これまでの自身のプレイヤーや監督時代を通してのポイントとなる場面を組織として、マネジメントとしてどうなのかという風に置き換えられており、実際の仕事の現場でも使える考え方が特徴的です。(40代男性)

 

 

60.自問力のリーダーシップ

リーダーシップに関する本「自問力のリーダーシップ」がおすすめの理由

リーダーとは孤独な存在で、常に単独での意思決定が求められます。意思決定の判断がブレれば、人も組織も付いて来ません。あるいは、他者の意見に靡いて自身の意見を歪めてしまうこともあるでしょう。この本は、リーダーとしてどこに軸足を置くべきか。自分自身に問い続ける事で、リーダーとしての考えや価値観を学ぶことができる名著です。(30代男性)

 

 

61.社員の力で最高のチームをつくる 1分間エンパワーメント

リーダーシップに関する本「社員の力で最高のチームをつくる 1分間エンパワーメント」がおすすめの理由

社員の意識改革として、全社員が読んだ本です。どの役職も自ら考え行動する大切さを伝えています。チーム内で個々にタスクをこなしていた所から、情報共有する事でそれぞれの役割を把握しチーム全体が目的を認識出来るようになってきました。(40代女性)

 

 

62.社長とランチ なぜこの会社は人の心を惹きつけるのか

リーダーシップに関する本「社長とランチ なぜこの会社は人の心を惹きつけるのか」がおすすめの理由

様々なジャンルや業種で活躍を続けている、8人の社長の人となりや経営理念が映し出されている1冊になります。ランチタイムの中で語られているようなさり気なく奥深い言葉と、個性豊かなキャラクターが魅力的でした。(30代男性)

 

 

63.従業員をやる気にさせる7つのカギ

リーダーシップに関する本「従業員をやる気にさせる7つのカギ」がおすすめの理由

リーダーとして部下をモチベートするための具体的な方法を7つに分けて説明してあります。 真のリーダーシップを身につけ、組織を活性化させ結果をだすための助けとなるはずです。 部下を持つ立場の方、経営者の方、人事マネジメントの指針となる本です。(40代男性)

 

 

64.宿澤広朗 運を支配した男

リーダーシップに関する本「宿澤広朗 運を支配した男」がおすすめの理由

天才ラガーマンでありながら銀行専務取締役であった、宿澤広朗氏のノンフィクション。このタイトルどおり「運を支配」し、数々の偉業を成し遂げてきたリーダーシップぶりには、スポーツでもビジネスでも学ぶことが多い。(30代女性)

 

 

65.出会いを生かせば、ブワッと道は開ける!

リーダーシップに関する本「出会いを生かせば、ブワッと道は開ける!」がおすすめの理由

人生で出会う人は限られていて、そのひとつひとつの出会いを大切にすることで、自分の人生がより豊かになっていく事に気づける本だと思います。そして、出会いはわざわざ自分から出向いて、会いたい人にあえて出会うことも楽しいと気づけます。(30代女性)

 

 

66.上に立つ者の人間学完結編

リーダーシップに関する本「上に立つ者の人間学完結編」がおすすめの理由

船井幸雄さんが書かれている本で、特に印象的な言葉は、「人間として生まれてきた目的は、学び、働き、創造し、自他に貢献すること。真の成功者は、学び好きであり、働き好き。」という言葉で、人を引っ張っていくリーダーシップを身につけるには、常に、学び、働くことが大切である事に気づかせてくれた本です。(30代男性)

 

 

67.上司の一言コーチング

リーダーシップに関する本「上司の一言コーチング」がおすすめの理由

まずはコーチングをテーマにした本は小難しいというイメージがあったのですが、それを見事に払拭してくれた本です。部下に対して、どんな場面でどんな一言をかけると部下に自分が求めている目的や目標に向かいやすいかということが、1ページに大きく載っており、見開きの次ページに解説が載っています。また、その解説も横書きで掲載されているので、非常に読みやすく、読み手も理解がしやすいです。 さらにプラスアルファの解説も載っており、人材管理をしていた時はかなりお世話になった1冊です。(30代女性)

 

 

68.心を整える。 勝利をたぐり寄せるための56の習慣

リーダーシップに関する本「心を整える。 勝利をたぐり寄せるための56の習慣」がおすすめの理由

サッカー日本代表キャプテンを務める長谷部誠選手のエッセイです。コート上でも、たとえベンチであっても、常に平常心で周囲を見回し自分のすべきことを判断しなくてはならない。そのために日々の生活から心を整えている彼の「56の習慣」を赤裸々に教えてくれています。キャプテンとして日本代表を引っ張ってきた選手による、ただのリーダーシップ論、スポーツメンタル論ではない彼の人生論を学べる一冊です。(30代女性)

 

 

69.新入社員はなぜ「期待はずれ」なのか~失敗しないための採用・面接・育成~

リーダーシップに関する本「新入社員はなぜ「期待はずれ」なのか~失敗しないための採用・面接・育成~」がおすすめの理由

仕事の中で部下や後輩の育成やしつけに苦慮した際、この本を読んでいろいろと勉強になりました。改めて自分の教育方針や対応を考えさせることに繋がりました。また逆にこれから社会に出る学生達にも勧めたい本です。会社の面接時に面接官がどういう意味をもってそのような質問をしているのか、何を求めているのかが理解できる内容となっています。(30代男性)

 

 

70.神奈川を戦う監督たち

リーダーシップに関する本「神奈川を戦う監督たち」がおすすめの理由

高校野球で全国最激戦区と言われる神奈川県で長年にわたり好成績を残し続けている監督さんたちの生き様をまとめたドキュメンタリー仕立てになっている文庫です。甲子園に対する熱い情熱だけでなく生徒たちとの青春ドラマがすごく丁寧に描かれています。(40代男性)

 

 

71.人と組織を動かす能力 リーダーシップ論

リーダーシップに関する本「人と組織を動かす能力 リーダーシップ論」がおすすめの理由

コッター著のリーダーシップ論です。理論だけでなく、具体的な手法がいくつも書かれております。具体的な手法やプロセスが書かれている事により、実践の際にPDCAを回しながら、どこがうまく行き、どこがうまくいっていないのかがよく分かります。例えば、組織変革の8ステップであれば、「ビジョンと戦略の周知は出来ているが、従業員の自発は促されていない」と言った具合です。経営者や組織のマネジャーの、実践に使える理論書として良書です。(30代男性)

 

 

72.図解モチベーション大百科

リーダーシップに関する本「図解モチベーション大百科」がおすすめの理由

リーダーシップをとっていくうえで1番重要なのは部下のモチベーションをあげること。この本はモチベーションをあげるために様々な心理学実験を元にしてどういうときにモチベーションが上がるのかを解説しています。実験方法とその結果が端的に現れされてくれるので自分で考えながら予想を立てやすく、また解説も充実しています(20代男性)

 

 

73.戦国名将の条件 参謀の条件

リーダーシップに関する本「戦国名将の条件 参謀の条件」がおすすめの理由

戦国時代は表面的に見ると合戦の連続ですが、精神史の観点からすると、民族としての日本人の意識が空前の高まりをみせた時代であったと著者は言っています。乱生の生き方をし頼りない組織を見分ける達眼を持つことが必要とされる武将、部下の「勢い」で差をつける手腕の武将と、リーダーとして自分がどうあるべきか、部下を組織をどうしていくかをそれぞれの武将の列伝で語り、参謀の条件とは何かをまとめた1冊です。(40代女性)

 

 

74.相手を変える習慣力

リーダーシップに関する本「相手を変える習慣力」がおすすめの理由

管理職に着任することもあり、購入しました。職員さん達をマネージメントするという点で会話からその人との関係を良くしていく簡単な方法や 失敗例など大変わかりやすく簡潔に書かれています。仕事のちょっとしたモヤモヤや、家庭内でも起こりうる小さな人間関係の歪みを少しずつ ほぐしてくれるような本です。(30代女性)

 

 

75.僕にできないこと。僕にしかできないこと。 春山満

リーダーシップに関する本「僕にできないこと。僕にしかできないこと。 春山満」がおすすめの理由

24歳より進行性筋ジストロフィーを発症され首から下の運動機能を無くされるのですが、これをチャンスとばかりに自らを実験台にして、介護と医療のオリジナル商品販売会社を設立。 この著書を読んで一番感じたことは、健常者よ本気で生きろ!命がけで生きてみろ!俺は首から下が動かないけど死ぬ気で生きてるぞ!と強いメッセージを感じました。 また春山さん流の介護の心構えも書かれているので本当に目からうろこな部分や日本と海外の障害者への対応の違いも詳しく書かれています。 真の人間道ってこういう物なんだなと学んだ一冊です。(40代男性)

 

 

76.儲けとツキを呼ぶゴミゼロ化工場の秘密

リーダーシップに関する本「儲けとツキを呼ぶゴミゼロ化工場の秘密」がおすすめの理由

赤字でドロドロの汚い町工場が3S(整理・整頓・清掃)に出会って、会社が変わり、社員が変わって、利益を出せる会社に変貌していく様を書いた本です。社員の中には3Sをバカにしてやらない人もいるが、どのようにして人の心を変えていったらいいかということもよく分かります。(30代男性)

 

 

77.優れたリーダーはみな小心者である。

リーダーシップに関する本「優れたリーダーはみな小心者である。」がおすすめの理由

世界最大のタイヤメーカー株式会社ブリヂストン元CEOの著者が、自らの経験から人を動かす極意を教えてくれる本です。特に現場リーダーを育てるにはどうするべきかが、非常にわかりやすく解説されており、リーダシップの教科書と言われる名著です。(50代男性)

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました