漫画好き100人が選ぶ!動物漫画おすすめランキング

スポンサーリンク

Contents

スポンサーリンク

動物漫画おすすめランキング

漫画好きの方100人におすすめの動物漫画をお聞きしランキング形式でまとめました。かわいい動物たちが沢山出てくる素敵な漫画揃いです。ぜひ漫画選びの参考にしてみてください。

6位タイ.WILD HALF(2票)

動物漫画「WILD HALF」がおすすめの理由

まず、犬を含めた「ワイルドハーフ」という種族の動物達が喋って人型に変身するという内容が、動物と何らかの意思疎通が出来たなら…と願う私を含めた世の動物好きのツボを突いているなと思いました。物語の中で描かれる人間と動物の絆の描かれ方も笑いあり涙ありでとても魅力的です。動物好きの方には特に読んでいただきたい作品です。(20代女性)

とても魅力的なキャラクター達と動物たちと会話が出来てしまうという今までになかった設定に惹き付けられた。 また飼い犬や他の動物達が飼い主たちへの愛情によって人型に変身ができて、飼い主を守るためにバトル要素があるところも非常に面白い(20代女性)

 

 

6位タイ.あしょんでよッ~うちの犬ログ~(2票)

動物漫画「あしょんでよッ~うちの犬ログ~」がおすすめの理由

飼い主さん目線で、コーギーくんとの日常を描いた微笑ましいマンガ。散々、振り回されたりもしながら、わかりやすく懐っこいコーギーくんに、メロメロな飼い主さんの心情と、飼い主さんが大好きなコーギーくんの、自由気ままな相思相愛具合が伝わってきます。(30代女性)

飼い主のお父さんとコーギーの日常が、とても可愛く描かれています。無駄な背景が一切なくシンプルで読みやすいし、大人が読んでもほんわかした気持ちになる作品です。ペットを飼ったことがある人には「あるある」話がたくさんあり、いつでも読み返したくなります。(30代女性)

 

 

6位タイ.いとしのムーコ(2票)

動物漫画「いとしのムーコ」がおすすめの理由

とにかくムーコが可愛いんです。 生活に疲れた時の癒しです。 アニメ化もされていたことがあり、毎週見ていました。 コマツさんとの関係もいいですし、とにかく「こんなワンコが欲しい!」と思える物語です。 犬好きな方にも、そうでない方にもおすすめです。(20代女性)

とにかく雑種犬のムーコがおバカかわいいです。飼い主でガラス職人のこまつさんが大好きで、看板犬としては少し頼りないけど、愛らしさでは十分なアイドルです。四季折々のエピソードは読んでいて、ほっこりさせてくれます。(30代女性)

 

 

6位タイ.きのこいぬ(2票)

動物漫画「きのこいぬ」がおすすめの理由

まず絵がとても可愛い。マスコットキャラのようなきのこいぬをはじめ、人間の登場人物の絵柄もふんわりしていて見やすい。とにかくきのこいぬが表情豊かで、よく食べ、よく怒り、よく主人公のほたるに愛情表現している姿に癒される。(20代女性)

主人公は絵本作家のほたる。彼は犬のはなこを飼っていました。小さい頃からはなこといつも一緒でした。家族が交通事故で亡くなってからもはなことずっと一緒でした。ある日目を離した隙にはなこは亡くなってしまいます。病死でした。はなこが亡くなってからほたるは抜け殻のようになってしまいました。そんなある日庭にきのこが生えてきます。観察しているとそれはなんときのこの犬、きのこいぬだったのです。きのこいぬと出会ってからほたるはだんだん失っていたものを取り戻していきます。きのこいぬとのやりとりやそれを取り巻く人々との交流が心温まります。癒されたい時におすすめです。(20代女性)

 

 

6位タイ.しろくまカフェ(2票)

動物漫画「しろくまカフェ」がおすすめの理由

タイトルでもある「しろくまカフェ」の日常を描いた作品です。登場人物の多くは動物達でとってものんびりとしたスローライフを見せてくれます。 主人公のしろくま君はダジャレが大好きですごい数を繰り出してくれます。友達のパンダ君やペンギンさんなど多種多様な動物達がカフェに集まります。 忙しい日々を過ごしている時に、ホッとできる暖かい作品であると同時に、絶滅危惧種などへの問いかけなどもあり社会的に考えさせられる描写もあります。 地球に一緒に生きてる種族はいっぱいいることを教えてくれるとてもお勧めの漫画です。(30代男性)

しろくまカフェは、しろくまさんが経営するカフェを中心に巻き起こる、ほのぼの日常系ギャグ漫画です。全員が動物のままの姿で登場します。キャラクターは個性豊かで、愛着が湧きます。疲れた時に読みたくなる漫画です。(20代女性)

 

 

6位タイ.ねこ、はじめました(2票)

動物漫画「ねこ、はじめました」がおすすめの理由

タイトルの通り、主人公は猫なんですが元々は人間だったのですが、飼い主に対する心の声が面白いです。猫特有の表情や仕草がリアルでたまらなく可愛いです。全体的に可愛い絵柄ですが、特に猫の作画に作者さんのこだわりを感じます。猫好きには是非読んでもらいたいです。(20代女性)

交通事故にあった男子高校生がなぜか猫と身体が入れかわるお話で、人間の視点で猫社会や猫の行動をおもしろ可笑しく描いています。特に猫を飼っている人には共感できる面白いエピソードが満載です。1話完結なので読みやすく、ミャオの可愛い姿にも癒される漫画でおすすめです。(30代女性)

 

 

6位タイ.ねことじいちゃん(2票)

動物漫画「ねことじいちゃん」がおすすめの理由

優しいタッチの絵柄。島に暮らす主人公のじいちゃんと飼い猫、住人や野良猫たちとの日常がおだやかに描かれています。クスッと笑えたり、ホロリと泣いたり、ドラマチックな展開があるわけではないですが読み終わった後暖かい気持ちになる漫画です。(40代女性)

ネコ漫画てす。ネコが多く住む島のお爺ちゃんとその飼い猫の話。 ほんわか癒されます。仕事で疲れた時など、癒されたい時に読みます。 ネコとののんびりとした日常が一年を通じて書かれています。 絵のタッチが柔らかく、色付けも水性絵具のような色味で温かみがある絵です。(30代女性)

 

 

6位タイ.まっすぐにいこう(2票)

動物漫画「まっすぐにいこう」がおすすめの理由

なんといってもピュア。正しい恋愛の仕方を教えてくれているかのようです。この頃に戻りたいと強く思った作品です。またペットの犬も主役並み。犬の常識、笑えます。犬から目線の話もあり、嫉妬犬マメタロウこんな犬が欲しい‼とにかく読まないと損です。(40代女性)

雑種犬 マメとその飼い主の女の子 郁ちゃんをダブル主人公にしたほのぼのとした漫画です。 マメがメインの話では犬ならではの視点から悩みや楽しみが描かれて、郁ちゃんメインの話では恋愛、友情などが描かれています。 どこからでも読み始めることができるのですが、マメと郁ちゃんの絆をしっかり感じたいなら一巻からがやはりおススメです。 また、犬好きの人にはたまらない描写も満載です。(30代女性)

 

 

6位タイ.銀の匙(2票)

動物漫画「銀の匙」がおすすめの理由

畜産高校にて部活に頑張ったり恋愛、受験と高校生ならではの話です。注目した点が、高校生ながら起業を行おうとする点です。40歳過ぎてから、生活できればいいやと考えながらどこかまだがんばりたいという気持ちにさせてくれる漫画です。休載中ですが連載が再開することを楽しみにしている漫画です。(40代女性)

進学校に通っていた主人公が勉強で挫折して全く別路線の農業高校へ進学する話 そこへ通う生徒達はみな家が農家や酪農や養鶏で将来は後継になるためや視野を広げてやりたいことがあるから農業高校に進んでいるという子達でやりたいことも何もない空っぽの主人公がその子達と関わることによって自分の知らない世界を広げたり、動物達との関わり方を考えたりそれを踏まえて自分がやりたいことをみつけていくストーリー 個々のキャラも好きだし楽しいし要所要所で考えさせられる所も好きです(30代女性)

 

 

6位タイ.銀牙(2票)

動物漫画「銀牙」がおすすめの理由

犬が主人公の漫画で、赤カブトという熊を倒しに行く漫画です。いろんな種類の犬種が登場して、犬好きには楽しめます。画力も高くて、ワクワクさせてくれます。強力な仲間ができていくストーリーにもカタルシスを感じます。男の子には読んでほしい漫画です。(30代男性)

犬をキャラクターにした漫画ですが、主役の「銀」をはじめ、様々な犬種の犬たちが繰り広げる動物主役のアドベンチャーコミックです。 人間の姿を犬に置き換え、闘争や争い、絶望と裏切り、友情と信頼など、読者自身の立場や目線に合わせ、人間の有様を振り返ってみたり、改めてみようとさせる内容が お勧めの理由で、現在の社会で有意義な内容の漫画だと感じています。(50代男性)

 

 

6位タイ.銀牙伝説WEED(2票)

動物漫画「銀牙伝説WEED」がおすすめの理由

犬が主人公の漫画ですが、主人公ウィードがお父さんを探して旅していく漫画で仲間と戦いや別れをしていく漫画で大人ながらにジーンとしてしまいました。とにかくお父さんに会うまで頑張れ!と応援したくなる漫画。ハラハラドキドキで楽しめました。(30代女性)

昔、ジャンプで連載していたの銀牙〜流れ星 銀〜の銀の息子の話になります!昔からのキャラクターがいっぱいいたり、もちろん話も繋がっていますので前作を知っている人はより楽しめると思います。 ほぼ犬しか出てこない作品なのですが、男気がすごかったり感動する場面も多くあります、ほぼ犬だけというのは他にはない漫画だと思うのでおすすめです。(20代男性)

 

 

6位タイ.獣医ドリトル(2票)

動物漫画「獣医ドリトル」がおすすめの理由

動物好きにはたまらない漫画です。犬や猫だけでなく、鳥や爬虫類まで直してしまう獣医の話です。ストーリーがとてもよくて毎回感動し、考えさせられます。この漫画を読んで獣医になりたい少年少女は多いと思います。おすすめの漫画です。(30代男性)

この本は高額の治療費を請求する悪徳獣医師のお話…ではなく、真剣に命と向き合う獣医師のお話でした。様々な動物の病気や特性について知ることが出来るだけでなく、絶滅危惧種や外来種など社会的な問題についても考えさせられる内容です。ストーリーもとても面白くみることが出来ました。動物を飼っている人、好きな人なら是非見てみて下さい。(40代女性)

 

 

3位タイ.WILD LIFE(3票)

動物漫画「WILD LIFE」がおすすめの理由

獣医さんとその患畜たちのお話です。出てくる動物たちが個性的で可愛らしく、丸っこいタッチも好きな所です。心温まる話や考えさせられる話、現代日本が抱える動物ビジネスの闇など多彩なストーリーも魅力の一つです。一話完結タイプも多いので、気軽に読める作品です。(20代女性)

獣医師にスポットを当てた漫画が少なく、獣医の仕事の大変さがわかる点がお勧めです。 また、様々な動物が患者として出てきますので、動物の生態系を学ぶことが出来る点がお勧めです。 また主人公が仲間と助け合いながら成長していく姿がかっこよくてオススメです。(20代男性)

耳がいい。たった一つのことだけれど、その長所が多くの動物を救うというストーリーが好きです。話自体は難しくもなく読みやすいですし、ギャグ要素もちらほら盛り込まれているので、獣医のことを知りながら楽しめました。(30代女性)

 

 

3位タイ.うさぎは正義(3票)

動物漫画「うさぎは正義」がおすすめの理由

かわいいうさぎにひれ伏す、オオカミ二匹がかわいいです。 立場逆転もののストーリーで読んでて面白いです。 見た目はかわいいうさぎなのに、中身はクール! このギャップに萌え萌えきちゃいます。 うさぎ好き以外にも読んでもらいたい本です。(30代女性)

うさぎさんと暮らしているならば、ついつい、「あるある」と思ってしまううさぎさんの性格が愛らしく表現されています。 その反面、現実ではありえないであろうオオカミとの関係が、とても微笑ましくて、うさぎだからこそできる設定だと思います。 絵も漫画なんですが、本物の良さを表現できていると思います。(30代女性)

「うさぎは正義」のおすすめ理由は、何と言っても、狼のバナナとコマツナのボスのうさぎの可愛いさにやられます!!狼のバナナとコマツナは、群れから逃げ出して、ある日お腹を空かせてると…うさぎに遭遇します!お腹ぺこぺこの2匹はもちろん!うさぎを食べようとしますが、うさぎは!何と!うさキックを炸裂し、狼2匹を撃退しますが…うさぎは、お腹空かせてるのを知って、「謝る事はない遠慮せず喰ってくれと言います。狼2匹は、うさぎの自己犠牲に狼狽えて食べれるわけなかったら、うさぎはさあどうぞ召し上がれと食糞を食べろと言う意味だったらしいですが、その後、うさぎが、お互い暖をとればお互いあたたかいぞとねっ転がると狼2匹はそのもふもふさに心奪われて、狼2匹のうさぎに対する尊敬は無くなる事なく、うさぎをボスと名付けました!そして、師弟関係が生まれました!ボスは白いうさぎでもふもふしてて、強くて、マイペースで、本当に可愛いです!狼2匹の性格も対象的で、ボスに甘えるの上手で、真面目な狼とツッコミ担当の哀れな扱い担当の狼がいます!真面目な方がバナナで、葉っぱを咥えてるのが、コマツナと、ボスは名付けました。海に行ったり、山へピクニックに行ったりして、山でピクニックで、ボスが壮大な言葉をバナナとコマツナの前で朝日の中、言ってましたが…ボスは可愛い事に朝日がおまんじゅうにも見えてきた…とナイスなボケにコマツナがせっかくイイカンジだったのにとツッコミを入れるところが本当にくすっと笑えて面白いです。ボスの強さは寝てる間にも発揮されて、ハエをうさパンチで一撃必殺する強靭なうさぎさんです。ボス…凄いです。ボスは人間と過去に何かあったらしく、うさぎが幸せに過ごせる楽園を探してるらしいですが、その、人間と過去にあったことが気になって仕方ないです!ボスは基本ポーカーフェイスです! この漫画を知ったのが、pixivでフォローさせて頂いてる、井口病院さんと言う方が著者で、pixivコミックにも掲載されてるので、おすすめです!他にも、同時収録で、「うさぎと合コン」と「新入社員はうさぎ」があり、「うさぎと合コン」の人間の巻き髪の女性、ひとみちゃんと額にリボンとレースのスカートと、立派なモフ(襟毛)がついた、きなこもちちゃんのバトルも可愛いくて、面白いし、二人の友情もきゅんとします! 「新入社員はうさぎ」も新入社員のうさぎの二階堂モコモコとジト目のサラリーマン見吉(みよし)のコメディーが面白いです!色んなうさぎさんが出るのでうさぎさん好きには堪らない漫画になってます!おすすめです!(20代女性)

 

 

3位タイ.ぼのぼの(3票)

動物漫画「ぼのぼの」がおすすめの理由

ぼのぼのという、ラッコの主人公の四コマ漫画です。とてもゆるふわな雰囲気が流れていて、とても癒されます。大笑いするような感じではないのですが、クスクスっとくる内容ですね。嫌なことがあった日などに読むととても心が安らぎます。(30代男性)

一見可愛らしい動物ギャグ漫画なのですが、無邪気に見える彼らの発する言葉の深さに考えさせられます。もちろん何も考えずに笑える場面もありますが、畳みかけるような笑いではなく独特の間を持つ何とも味わい深い作品です。(40代女性)

言わずと知れた、ラッコを中心とする動物たちの4コマ漫画。 まるで人間社会のように、いろいろな性格の動物たちが登場するが、 主人公のぼのぼのは、大らかで、のんきに我が道を行くタイプ。 いろんなヤツがいたっていいじゃないか、 仲良く出来ればすればいいし、イヤなヤツのことはあんまり気にせず生きれば良い。 だけど優しさだけは持ち続けなきゃね、と思わせてくれるところが良い。 何十巻もある中の、1巻は特におすすめです。 絵や、セリフには全て描かれていない、「雰囲気」「表情」「間」といった、 読み手の観察力が「オチ」につながる話も多い1巻は、 読み甲斐を感じます。 察することが得意で、笑うことが好きな人に、ピッタリな1冊です。(40代女性)

 

 

2位.同居人はひざ、時々、頭のうえ。(6票)

動物漫画「同居人はひざ、時々、頭のうえ。」がおすすめの理由

ミステリー作家で人嫌いの主人公朏素晴(みかづきすばる)と猫の話です。 各話ごとに主人公と猫視点で話が進みこのときお互いがどう思っていたのかを見れるのがとても楽しいです。猫は自分の作ったご飯なんてまずそうで食べてくれないんだと思っている切ない話の次の話では猫がこっそり盗み食いをしていてお腹がいっぱいだったことを知って主人公!猫ちゃん盗み食いしてるよ!と思わず言いたくなります。ほのぼのとして癒される漫画です。(30代女性)

飼い主の目線と、猫の目線から同じ日のことが描かれているので、あのとき猫は何を思って行動していたのか分かる漫画になっています。主役は飼い主なのに、猫のほうが飼い主を守ろうとしている様子に強い絆を感じます。(30代女性)

世話焼きの拾い猫と、人づきあいが不器用なミステリー作家の2つの視点で描かれているところが面白いので、猫好きな人におすすめの漫画です。 締め切り前になると食べることも忘れて執筆活動に熱中して倒れてしまったところに、猫ちゃんが自分のキャットフードを持ってきてくれたところや、 飼い主が出会ったペットショップの店員さんのところにいる猫が、偶然、猫ちゃんの弟だったところが好きです。 うちで飼っている猫ちゃんも漫画の猫ちゃんと同じで、元は野良猫ちゃんなんですが、キャットフードやネズミを持ってきてくれることがあるので、うちの猫ちゃんもこういうことを考えているのかなぁと思いながら読んでいます。(30代女性)

極度の人嫌いの主人公が小説を考える材料として野良猫を飼うことになり、1人と1匹の共同生活がスタートしていくお話です。このお話は主人公目線と猫目線で描かれており、猫の考えていることが少し分かるようになるかもしれません。今まで人と接することを避けてきた主人公が猫と出会って変わっていく姿が描かれてます。(20代女性)

単純に猫が大好きなのでオススメします。 このマンガには主人公目線と猫のハル目線のストーリーと別れて書かれています。二通りの目線で見ることが出来るのでとても面白いです。あの時ハルちゃんはどうしてそんなことをしたの?という疑問が、あぁ!そういうことだったの!とハルの気持ちが知ることが出来ます。 読み進めていくうちに心が晴れやかになっていくので、是非読んで欲しいです。(30代女性)

不器用な一人暮らしの青年が、猫と暮らす話しです。一つの話を青年と猫の二つの視点で描かれていて、猫視点の話がとにかくかわいいです。青年が猫を通して、人とのつながりや感情の揺れに気付く様子や、猫と青年がお互いを思う気持ちに思わず感情移入し、読み終えるとほっこり温かい感じがします。(40代女性)

 

 

1位.動物のお医者さん(26票)

動物漫画「動物のお医者さん」がおすすめの理由

80.90年代の名作漫画。やさしい性格のハスキー犬チョビに終始癒されます。他のお医者さん漫画のようなアツイ手術シーンや悲しいお別れシーンは皆無です。最初から最後まで安心して読める、コメディタッチの漫画です。(20代女性)

獣医学部が舞台の、獣医を目指している主人公のお話なのですが、コメディータッチで獣医学部の日常が描かれていてとても面白いです。 関西弁で(実際に喋っている訳ではないのですが)姉御肌なミケ猫、温和でおとなしい性格と厳つい外見とのギャップがすごいハスキー犬など、登場するどの動物もキャラが立っていて魅力的です。 作者の佐々木先生の、リアリティのある画力も魅力のひとつで、とても細かい部分まで丁寧に動物の描写がされています。獣医学部が舞台ということで様々な動物が出てきますが、丁寧な描写とその動物に絡めたストーリーとで、まるで実際にその動物を見たような気持ちになれます。 また、獣医学部の登場人物達も獣医学部に入った癖にネズミ嫌いな主人公の親友や、アフリカ好きな教授など、濃ゆいキャラばかりで目が離せなくなります。 子どもの頃から読んでいる、大好きな漫画です。(30代女性)

シベリアンハスキーを知ったきっかけの漫画があったことを思い出し、調べてみると佐々木倫子さんの「動物のお医者さん」でした。学生時代に、友人達と漫画や雑誌の貸し合いをしていて、花より団子などの学園ものラブコメものとは違って、異色で面白かったのが獣医師を目指す学生の日常をコメディタッチに描いたストーリーで、シベリアンハスキーが動物のセリフと描写がユーモアとインパクトがあり、記憶に残る上で、久々にまた読みたいと思ったので、おすすめです。(30代女性)

面白くて為になる漫画です。獣医さんになるために大学に通う学生さんのお話で一話一話のエピソードが面白く、個性的な動物がたくさん出てきます。動物の生態や獣医学部という学校のことも知ることが出来る本で、動物好きなら是非見てもらいたい本です。(40代女性)

獣医を目指す大学生、北海道を舞台としている漫画なのですが、獣医を目指すにはこんなこともやらないとならにのだと勉強になります。また出てくる動物がくせがあり面白いのです。主役とも言える強面のハスキー犬のチョビが強面で大型ながらも性格が気弱でかわいいのです。獣医になりたいと思ったらまず読んでみるといいのではないでしょうか。獣医を目指していない人にももちろんおすすめです。(40代女性)

出てくる登場人物がみんな個性的な上に動物達まで個性的なんです。だから何でもない行動が面白くて仕方ないんですよね。北海道の大学が舞台なので大自然の中での生活がなんだか癒されます。笑いながら動物に関する知識も増えて動物とふれあいたくなります。優しい気持ちにさせてくれる作品なので忙しい人にこそちょっと手に取ってみてもらいたいです。(40代女性)

動物たちと主人公含めた人間との掛け合いが、「クスッ」と笑える作品です。絵も丁寧に描き込んであって、特に動物の細かい描写には見入ってしまいます。 実際は喋ることない動物たちに、吹き出しは付いていないけれど台詞を与えていて、それが何ともいえず人間的というか、本当にそう言っているかのような表情で愛らしいです。ただただ癒されるマンガです。(30代女性)

そのタイトルとは裏腹に、動物が死んだりシリアスな展開にはならない。 例えば、猫の帝王切開の手術を任された新米の獣医(主人公の友人)が、成功しないと命が危ないという状況でも使えるものを使って切り抜けて行く様がコメディ的なタッチで描かれている。絶対に何とかなるのが分かっている安定感はある意味水戸黄門なみに安心して見ていられる。 リアルな絵柄の動物たちがとても可愛らしく、セリフまで付いている。 作者が医学の知識に精通しているところがまた良い。(30代女性)

H大学獣医学部で獣医を目指す生徒たちの奮闘ぶりをコミカルに描いた漫画で、当時この漫画を見てチョビならぬシベリアンハスキー犬を実際に飼いたいと本気で思ったものでした。登場する動物のキャラクターもどれも個性的で可愛らしくて何度も読み返したくなります。動物ものの漫画の代表作品と言えると思います。(30代女性)

始めは絵が苦手で敬遠していましたが、読んでみるとクセのある登場人物が多く面白かったです。人間と会話してる訳ではないけど動物が話しているセリフが書いてある意外性も面白いです。また主人公が飼っている動物たちも個性的でメインのペットの犬チョビは可愛くハスキー犬ブームを引き起こしました。(40代女性)

獣医学校がどのような勉強や実習がされているか分かり、動物が好きな人には興味がでる漫画だと思います。 かなり以前の漫画なので、キャラクターの服装がややバブル寄りですが、個性的で面白いし、何より出てくる動物がリアルで可愛いです。(40代女性)

チョビという大型犬のハスキー犬が出てきて、パピーの頃から大人に成長していく過程が犬好きにはとても、たまらなく可愛い くてチョビを見てるだけでも癒されるところです。飼い主の男の子もいい味を出してて、心あたたまるお話です。(40代女性)

主人公とその主人公の飼い犬の仲の良さがすごくわかるし主人公が通っている大学の友人との日常的な話がほんわかしていて読んでいて面白いし気持ちが癒されてペットが飼いたくなるくらいの気持ちになる内容の濃いマンガです。(30代女性)

北海道にあるH大学獣医学部に通う大学生、ハムテルこと西根 公輝と飼い犬のシベリアンハスキーのチョビと、家族や友人、大学の仲間などの生活を描いた漫画です。 連載開始が1987年と約30年も前の作品なのに、今読んでも面白いんです。大きな事件や、キャラクターたちの葛藤や心理が描かれることはなくて、今でいうなら『日常系』と呼ばれるジャンルになるのではと思います。出てくるキャラクター達の、のんびりしていて洒脱なセリフのやり取りに癒されます。(30代女性)

獣医学部の学生の日常を描いた作品。医者にはクセのある人間が多い。専門的な知識も身につき、獣医になるとはどういうことかを教えてくれる。獣医学部ならではの事件(健康診断に動物の排泄物を提出して大騒ぎになる)など、面白い話が多い。(30代女性)

H大学の獣医学部を舞台に、獣医師のたまごたちが織りなすほっこりコメディー。少女雑誌『花とゆめ』に掲載されていてドラマにもなった。姉がそろえていたので、借りて読んだら面白かった。アフリカ(のお面)好きの医者をはじめとして登場人物はシュールな輩が多い。フキダシなしの明朝体で書かれる動物たちのセリフも個性的。動物トリビアも多く、1度や2度読んだくらいじゃあきません!(30代男性)

面白いです。 基本的にはたんたんと進む話なのですが、登場人物のキャラが濃く、何度読んでも飽きません。 主人公と飼い犬のやりとりも見逃せない物があります。 後、色々な動物が出てきますので、動物好きにはたまらない漫画です。(40代女性)

個性豊かな登場人物多いのに対して主人公がどこにでも居そうな青年の公輝がひょんな事から獣医である漆原教授からハスキー犬を貰い、獣医になる為の獣医学部に進学をする漫画です。 派手なコメディではなく、シュールな笑いがおすすめの漫画です。(30代女性)

初めは絵が綺麗だなと思って読み始めました。読み進めていくうちにストーリーの面白さ、登場人物の人間関係の素敵さにも惹かれていきました。このお話はある大学の獣医学部が舞台となっており、主人公たちは獣医師を目指して様々な経験を積んでいきます。獣医師に関する知識がなくても、作中でしっかり説明されているので作品を飽きることなく読み進めることができます。また、周りの動物達のつぶやきが、物語をとてもユーモラスにしてくれています。(30代女性)

なんと言っても動物好きな人にはたまらない程に色々な動物達が登場して進んでいくストーリーに魅了されます。動物たちの絵もリアルで、綺麗に描かれているので読んでいてすごいなと感心してしまうほどです。 また、登場人物も個性たっぷりです。特に「菱沼 聖子」という人物には、毎回お腹を抱えて爆笑させてもらっている不思議な魅力のキャラクターです。(30代女性)

自分が小学生の頃、この動物のお医者さんを読んで、獣医になりたいと思うようになった(実際には学力が及ばずになることができていないが)。最初は、人間の描き方に癖のある漫画だなと思ってたが、動物の描き方が非常に上手で、動物の表情をかなり豊かにかける作者さんの腕に感動した。(20代女性)

有名すぎる漫画ですが、やはり動物漫画といえばこれです。動物がたくさん出てくる上に、どれもみな個性があって可愛い。人間たちもみなキャラが強くて、でも憎める人がひとりも居ません。動物が出てくるからといって、メルヘン漫画ではなく、獣医を目指す主人公の成長物語でもあるので、現実的にどんな事を学び、どんな未来が待っているのか、色々とためになる漫画でもあります。(40代女性)

獣医を目指す学生たちの物語です。医師を主人公にしたドラマや小説はたくさんありますが、獣医はあまり見かけないので、面白かったです。動物とのコミュニケーションションにはまってしまう、なんとなくオタクちっくな彼らの性質が微笑ましく、子どもにも安心して読ませられます。(40代女性)

やや昔の作品ですが今読んでも変わらず面白さのある作品だと思います。獣医を目指すハムテルとその友人の二階堂、強烈な個性を持った教授など出てくるキャラクターがどれも面白いです。動物達視点で台詞がでてくるシーンも多いけれど皆個性豊かで読んでいて楽しいです。(30代女性)

絵に対抗がなければ、はまる漫画だと思います。取材がしっかりされた内容なので、飽きることなく、長く読めるないようです。絵がとても丁寧で動物の絵が凄くリアルですが人間味があって面白いです。登場するキャラクターみんなが癖のある人達ばかりで、毎回、勉強にもなるし、笑います。(40代女性)

登場人物が非常に個性豊かで、独特の雰囲気の漫画。いわゆる「泣ける」話ではないが、温かみもあるし、淡々としているようで奥が深い。獣医学部の学生の話で、入学前から話が始まるので登場人物の成長が感じやすいのもよい。(30代女性)

 

 

1票入ったおすすめの動物漫画も紹介

BEASTARS ビースターズ

動物漫画「BEASTARS ビースターズ」がおすすめの理由

肉食獣と草食獣が人間みたいに生活する学園ものです。しっかりと種族が判別出来るのに、実に人間らしく描かれていて読みやすいです。しかし肉食獣、草食獣であることの葛藤や本能と戦う姿、弱さが描かれていてドラマチックです。(30代女性)

 

 

HACHI 東京23宮

動物漫画「HACHI 東京23宮」がおすすめの理由

ギリシャ神話の神々や空想上の生き物が半神(ハーフ)という形で人間界に存在している漫画。半神は、通常は人間の姿で人間界に居てるのですが、変身することが出来る力を持っています。人間から動物に変身するシチュエーションが好きな人には一度読んでみて欲しいです。個人的にはオススメです。ちなみに好きなキャラはユニコーンに変身するキャラです。どんなキャラかは読んでみてのお楽しみと言うことで。(30代男性)

 

 

うさぎ彼女

動物漫画「うさぎ彼女」がおすすめの理由

うさぎの女の子が飼い主の青年に恋しちゃう物語です。 もう、かわいすぎてたまりません。 飼い主くんに好きになってもらえるためには、なんでもする健気なうさぎが素敵です。 ちょっとおバカなとこもありますが、かわいく見守りたくなります。(30代女性)

 

 

うちの猫がまた変なことしてる

動物漫画「うちの猫がまた変なことしてる」がおすすめの理由

もともとTwitterやブログに載せられていた四コマ漫画が人気になり書籍化されたものです。作者の卵山玉子さんが共に暮らす二匹の猫・トンちゃんとシノさんの可愛くて笑える日常ほのぼの猫漫画になります。猫飼いの人は思わずあるある!と共感できるし、猫を飼っていない人も猫ってこんなに可愛いんだ!と楽しめる漫画だと思うので、猫好きの人みんなにおすすめしたいです。(20代女性)

 

 

うどんの国の金色毛鞠

動物漫画「うどんの国の金色毛鞠」がおすすめの理由

香川県出身の独身男性と昔助けてもらった狸が化けた子供の心温まるアニメです。 私は何度も主人公が難題にぶつかるとその狸が化けた子供が主人公を助けようと必死になる姿が私はとても心奪われました。 出身地から出たくて東京に出ていった主人公も地元に帰って地本でやり直そうとしてる姿にも心打たれます。(30代女性)

 

 

エンペラーといっしょ

動物漫画「エンペラーといっしょ」がおすすめの理由

とにかくほのぼのする漫画です。皇帝ペンギンを飼うお話です。人間がお話の中心なので皇帝ペンギンは一切しゃべらないのですが、セリフなしでも本当にきゅんきゅんします。皇帝ペンギンの生態も知れて、勉強にもなります。(20代女性)

 

 

おさんぽの時間

動物漫画「おさんぽの時間」がおすすめの理由

登場する犬も、主人公の小6の女の子杏もかわいらしいことで、さすがは水沢めぐみさんらしいほのぼのした作品です。トイプードルはカラーバリエーションが豊富な犬種だと、この漫画を読んで勉強になりました。実際に犬を飼っていない方は、これを読むとペットショップに行ってみたくなるでしょう。(30代女性)

 

 

おじさまと猫

動物漫画「おじさまと猫」がおすすめの理由

家族を失った(と思われる)おじさんが、ペットショップで売れ残った猫を買い取って暮らし始める漫画。ぶさいくな猫ふくまるが、初めて自分を必要としてくれたおじさんのことを大切に想う様子が健気で可愛い。またふくまるを迎え入れ、ふくまるのために一生懸命頑張るおじさんも見ていてて心温まる。(20代女性)

 

 

キジトラ猫の小梅さん

動物漫画「キジトラ猫の小梅さん」がおすすめの理由

猫好きにはたまらないラブリーな猫漫画です。猫が好きで無くても、その可愛らしい絵と、登場する猫ちゃん達のしぐさに癒されること間違いなしのほのぼの系の漫画です。猫の柄の種類も色々出て来るので、お気に入りの猫がきっと見つかるはずです。(40代女性)

 

 

キミと話がしたいのだ

動物漫画「キミと話がしたいのだ」がおすすめの理由

猫の言葉が話せるしんのすけさんと、しんのすけさんが飼っている猫のクマの日常がほのぼのと描かれている作品です。クマが友達猫達と池や家の中などで遊んだりする場面は、本当に癒されます。猫達がしんのすけさんに普通に話しかけてきたりするので、なんだか笑ってしまったり、猫達の飼い主さんも皆本当に猫に対する愛情が豊かで、読んでいると心が優しくなる漫画です。(40代女性)

 

 

けものフレンズ ようこそジャパリパークへ

動物漫画「けものフレンズ ようこそジャパリパークへ」がおすすめの理由

女の子の姿をした動物。そういう存在が好きな人にはもう堪らない漫画です。実在の動物をモデルにして、色んな性格の女の子が居てます。何故か空想上の生き物も混じってるところがまた面白いところです。皆さん、自分の好きな動物がどんなキャラか、一度確かめられてはいかがでしょうか?(30代男性)

 

 

シートン動物記

動物漫画「シートン動物記」がおすすめの理由

有名なシートン動物記を巨匠白土三平先生が漫画にしたものです。動物のデッサンがとても素晴らしいです。絵がうまいですし、展開もいい。とても楽しく読めるのです。動物の生態を描いていて動物好きにはたまらない作品ですね。読んでみてほしいです。(30代男性)

 

 

しみことトモヱ

動物漫画「しみことトモヱ」がおすすめの理由

二匹の雌猫と飼い主の日常を「猫あるある」を交えて描いている可愛らしい作品です。個性的かつほのぼのとした絵柄で癒されますが、独特な台詞回しやちょいちょい挟み込まれるギャグが不思議な存在感を放っていて癖になります。猫の描写の他、飼い主の内面や心理的葛藤なども書かれたエッセイのような趣もあり奥深いです。一話一話が短いので気楽に読み進められますし、comicoなど一部を無料で読めるサイトもあるのでおすすめです。(30代女性)

 

 

ジャングル大帝

動物漫画「ジャングル大帝」がおすすめの理由

動物漫画の傑作ですね。白いライオンのレオがアフリカの大地で生きる物語です。ストーリーは今読むととても古く、まさに古典ですが、手塚先生の描く動物たちがとても魅力的で、見ているとワクワクしてきます。動物好きな人にお勧めしたいですね。(30代男性)

 

 

ジンメン

動物漫画「ジンメン」がおすすめの理由

ある日突然、人は動物に支配される。 この異質な設定と人間と動物に地位逆転や戦い。支配されるという心理的にも考えさせられるストーリーになっていてとても引き込まれます。 ある動物園では戦前から動物に人と同じようにしゃべる力と表情を与える力を研究していた。 動物たちが次々に人の顔を持ち始め、人間を食べ、支配し始めた。人の顔を持った動物達を「ジンメン」とよんだ。 主人公はその動物園のハナコというゾウと昔から仲がよかった。しかし、そのハナコもジンメンになってしまう。(10代女性)

 

 

タヌキとキツネ

動物漫画「タヌキとキツネ」がおすすめの理由

絵のタッチが本当にかわいいです。今キャラクターとしても人気のあるのでたくさんのグッズを集めたくなるのも分かります。お話は日常系ですが、その日常がかわいいです。トムとジェリーを見ているような感じです。少しずる賢いキツネとそれでも仲良くするタヌキがかわいいです!(20代女性)

 

 

チーズスイートホーム

動物漫画「チーズスイートホーム」がおすすめの理由

お母さん猫とはぐれてしまった子猫が、三人家族に保護され一緒に生活をしていくという話です。 とにかく、絵柄が可愛くて読んでいてとても癒されます。 主人公である猫のチーはもちろん、作中には個性的な猫がたくさん出てきて皆いい子たちなのです。 疲れた時に読みたくなります。(30代女性)

 

 

とりぱん

動物漫画「とりぱん」がおすすめの理由

岩手在住の作者が、身近な自然を題材に日常を描く、4コママンガ。身近にいる野鳥、小動物を愛情のこもった視線で描いている。 このマンガを読んで以来、今まで、目を向ける事のなかった身近な自然に関心を持つようになりました。(50代女性)

 

 

ぬこづけ!

動物漫画「ぬこづけ!」がおすすめの理由

取り敢えず登場人物がそれぞれかわいい。ぬこ猫と人間の間の動物もかわいいが、人間の性格がそれぞれ個性豊かでいい。ゆうや、ささめ、ケイの暮らしぶりがおもしろいし。でも、すこしだけ暗いお話も含まれていてギャップがまたいい。(30代女性)

 

 

ねこまた

動物漫画「ねこまた」がおすすめの理由

心がほんわか温まるマンガだからです。主人公にしか見えないねこまたがとても可愛くて健気で癒やされます。このマンガを読むと一家に1匹ねこまたが欲しくなります。4コママンガなので区切りが付きやすく読みやすいので時間の無い人にもオススメです。(30代女性)

 

 

バケツでごはん

動物漫画「バケツでごはん」がおすすめの理由

動物園に勤める動物たちが主人公となって、彼らの送る日常が生活描かれた漫画です。動物が主人公ですが、彼らの生活が人間のそれと同じようにリアリティに富んでいるところがおすすめの理由です。中途採用と新卒採用の従業員の壁、職場内恋愛、ご近所付き合いや実家との距離感など、人間にとってもおなじみのストーリーがペンギンたちを中心に進められていきます。動物である彼らを通して、人間社会の抱える問題や慣習の良い点・悪い点に気付ける点が、この漫画の魅力だと思います。(20代女性)

 

 

ハムスターの研究レポート

動物漫画「ハムスターの研究レポート」がおすすめの理由

ハムスターを長年買っている作者による、ハムスターを飼っていた中で起こったトラブルや発見、普通のハムスターの買い方の本にはまず載っていないようなことを面白おかしく記録した四コマ漫画です。家の中を散歩中のハムスターが戸棚の下に別荘を作ったり、一般的には子沢山の動物なのに大きいのが二匹しか生まれなかったりと、思わず「こんなこともあるの!?」とびっくりしてしまうようなことも沢山。ハムスター好きが読んでも、きっと新たな発見があるはずです。(20代女性)

 

 

ビースターズ

動物漫画「ビースターズ」がおすすめの理由

物語の舞台は擬人化された動物たちが暮らす世界。肉食動物が草食動物を捕食することは禁じられているものの、非合法に屍肉が取引されていたり、肉食動物による食殺事件が起きることもあるという設定です。現実社会における「欲望」との付き合い方を考えさせられます。(30代男性)

 

 

ぴくぴく仙太郎

動物漫画「ぴくぴく仙太郎」がおすすめの理由

やんちゃなうさぎの仙太郎と、主人公の男性漫画家バクちゃんとのやりとりが面白く、のほほんとする漫画です。小さな子どもでも読めるような内容で、うさぎや猫、犬などのペットが沢山出てきて可愛くもあり、両親も一緒になって読んでいました。時にはペットの死や別れなども描かれていて、それを乗り越えていく人間の姿に涙することもありました。(20代女性)

 

 

ぷくぷく天然かいらんばん

動物漫画「ぷくぷく天然かいらんばん」がおすすめの理由

絵がすごくかわいく、とてもキャラクターの濃い犬や猫がたくさん登場して、おもしろいギャグもたくさん入っていてすごく楽しい漫画です。絵は子供向けの様にもみえますが、大人が読んでもしっかり楽しめる内容になっています。(20代女性)

 

 

ベジタリアンは菜食主義ではありません

ベジタリアンは菜食主義ではありません

動物漫画「ベジタリアンは菜食主義ではありません」がおすすめの理由

著書がベジタリアンになった理由、ベジタリアンのメリットが書かれているのですが、日本も戦前まではずっと菜食民族で、戦後、米国の政策で畜産が始められたのですが、それは米国で余っていた脱脂粉乳を日本で在庫処分するための政治政策だったのす。菜食の戦前までは日本人のガン罹患率は1%未満、現代日本では2人に1人がガンになり、成人病も増加の一途です。畜産で殺される動物たちは年間700億頭といわれます、世界の畜産、毛皮、動物性衣類の搾取における純粋な動物たちの苦しみは想像を絶するほど残酷です。 しかも、肉食、乳製品はタバコよりも発がん性があり〈米国の学会でアスベスト並みの発がん性があると報告されてます。〉老化、肥満の主原因であり、動物性衣類も残酷極まりない生産現場です、これらをすぐに断つべきであることを理解することができる漫画です。日本でも世界でもこの事実を知ってるのは1%いないかもしれない、だから普及してほしい。(30代女性)

 

 

ポヨポヨ観察日記

動物漫画「ポヨポヨ観察日記」がおすすめの理由

猫好きじゃなくても、その外見の可愛さと中身のギャップに思わず読み進めてしまう作品です。主役は猫のポヨ、元は野良猫、ヒロインに拾われた事で飼い猫となりますがその男らしさが猫を超えてる。さらにその外見は丸猫・デブ猫をデフォルメしたんだろうなと思いきや作中ではほぼ筋肉質で骨格筋率は最大。レントゲンで確認しようとするとブレーカーが落ちたりして正確な骨格は不明とその謎さも魅力となっています。それでいて猫なので癒されるという何度も美味しい作品です。(30代男性)

 

 

ホワッツマイケル

動物漫画「ホワッツマイケル」がおすすめの理由

最近では猫が漫画などのほか、様々な分野でブームのような感じになっています。しかし、昔もホワッツマイケルという猫の漫画が、かなりの人気がありました。アニメにもなっています。当時は猫に興味がない人にも読まれていました。今見ても面白い漫画です。(40代男性)

 

 

みかん絵日記

動物漫画「みかん絵日記」がおすすめの理由

みかん色した猫がある一家に迷い込み、愛くるしい子猫で、そこの少年が飼いたいとなるのだが、その猫なんと二本足で歩けるだけでなく、しゃべれる猫なのです。好物はお酒。その猫と少年中心とした家族や友人たちとの様々な日々を漫画にしたものです。なんといっても、猫のみかんがかわいいのです。かわいくまたせつなく、笑えもする漫画です。(40代女性)

 

 

海獣の子供

動物漫画「海獣の子供」がおすすめの理由

とてもビジュアルが美しく漫画というよりはやや画集を眺めているような気持ちになります。しかし内容はとても深いものがあり海や宇宙、人体や細胞を緻密な描写で描きながら私たちはどこから生まれ、どこへ行くのか…そういった哲学的、環世界的な視点をテーマにしています。漫画でありながらも小説を読んでいるような充足感があり、早々と読むよりはじっくり時間をかけて読み進めたいと思わせる1冊です。(30代女性)

 

 

銀河

動物漫画「銀河」がおすすめの理由

犬と人間の絆もあり、ほとんどが犬だけで展開されていき、犬と犬との会話など非現実的ではありますが、続きを読まずにはいられないストーリーで昔から大好きな漫画です。今では沢山、続編も書かれているので幅広い年代が楽しめるというところがおススメの理由です。(30代女性)

 

 

鴻池剛と猫のぽんた ニャアアアン!

動物漫画「鴻池剛と猫のぽんた ニャアアアン!」がおすすめの理由

この猫まんがは、飼い主である鴻池氏が「そんなに猫好きという訳でもない」というところがポイントだと思います。 いまいち懐かない猫と、未だに❝猫心❞がわかってない飼い主で、いつまでも心が通わない微妙な距離感がたまりません。 猫あるあるネタがふんだんに盛り込まれており、猫を飼っている人なら笑わずにはいられないでしょう。(30代女性)

 

 

少年アシベ

動物漫画「少年アシベ」がおすすめの理由

ゴマちゃんという赤ちゃんアザラシとアシベという少年を中心とした日常ほのぼの漫画。 出てくるキャラクターがみんな魅力的。 漫画だからもちろん誇張してありますが、こんな人いるよなーと思わせてくれる説得力があります。 作者の方には鋭い観察力があるのでしょうね。 4コマ漫画だし、サクッと読めます。おすすめです。(30代男性)

 

 

織田シナモン信長

動物漫画「織田シナモン信長」がおすすめの理由

織田信長や明智光秀など戦国時代の名だたる武将たちがとっても可愛らしい犬の姿で現代によみがえって、みんなで昔を懐かしみながら犬ライフを満喫している姿がなんともほのぼのとしていて癒されます。 たまに人間の姿の武将たちが描かれているのも、犬の姿とのギャップがあってクスッと笑ってしまいます。(30代女性)

 

 

椎名くんの鳥獣百科

動物漫画「椎名くんの鳥獣百科」がおすすめの理由

舞台は大学で、動物を研究している教授たちの漫画です。おすすめの理由は、様々な動物が登場することで癒されますし、その動物の豆知識も知ることができることです。動物が大好きな方やハシビロコウが見たいという方にとっては嬉しい漫画だと思います。(20代女性)

 

 

秘密のレプタイルズ

動物漫画「秘密のレプタイルズ」がおすすめの理由

爬虫類の飼育にはまってしまった主人公の話です。爬虫類飼育の魅力を伝えてくれる漫画で、色んな種類の爬虫類が出てきて、飼い方なんかも解説してくれていたりします。恋愛的な要素のストーリーもあり、とても楽しめる漫画です。(30代男性)

 

 

夜回り猫

動物漫画「夜回り猫」がおすすめの理由

ただの動物の漫画ではありません。おそらく誰もがときに涙し、ときに「うんうん」と共感し、そして読み終わった後には、心がじわりと温まっているのに気づくでしょう。くよくよしていないで、さあ明日からまた元気出してがんばろう、そんな気持ちになれる数少ない素晴らしい漫画です。(50代女性)

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました