悩んだ時や恋愛やビジネスにも!心理学や心に関するおすすめの本まとめ

スポンサーリンク

Contents

スポンサーリンク

心理学や心に関するおすすめの本まとめ

「嫌われる勇気」

心理学に関する本「嫌われる勇気」がおすすめの理由

自分の考え方、自分は何が好きで嫌いで、どうしたいのか、改めて考えることができる本だと思います。 質問→答えの順に進んで行くので、飽きずに読めると思います。一見難しいと思いがちな心理学の本ですが、とても分かりやすくて、心理学に少し興味がある人にもオススメの本です(20代女性)

初めて読んだアドラーの本なのに、ひとつひとつの言葉、文章が心にスッと入ってくる感覚でとても腑に落ちました。それでいて、自分の固定観念や弱さを思い知らされたような気分にもなりました。読み進めていくたびに改めて自分と向き合い、自分を認めた上で新たな挑戦をしたいと思えた本です。本当に勇気をもらうことができました。迷いや変わりたいという願望がある方、自分を知りたい方に読んでほしいです。(30代女性)

アドラー心理学の何たるかが書いてある本です。この本を読む前はあまり心理学について興味がなかったのですが、読んでからはほかの心理学にも興味が湧いてきました。人が好い人生を送るためには「嫌われる勇気」が必要となってくるのだと実感できました。(20代男性)

一言で言うと深いと言うますか、嫌なことも物事が起こる全てが自分が起こしているんだということと、嫌なことも自分が寛容しているんだということが深いと思いました。どういう状況であれ自分がすることはシンプルであることなど面白く読めました。(40代男性)

この本はアドラー心理学についてわかりやすく、かつ実際にすぐ実行できるような親しみやすさを感じる作品である、心理学というと堅苦しく専門家じゃなければ難しくてよくわからないとあまり手に取りずらいジャンルの本だったが、そんな苦手意識も感じずこの本は【楽しみながら】読むことができた。なぜかというとこの本は学者と生徒が対話をしながら心理学を深めていくというまさに、読んでる読者が本当に学者と話しているような気持ちになりながら読める本だからだ。質問もごく普通に私たちが感じているような仕事や人間関係の問題を扱ったているので、読むだけでアドラーの心理学を極めたような錯覚を起こす本である。目から鱗。考え方ひとつで、とらえ方ひとつでこんなに人生が変わるのかと、思える本です。(20代女性)

まるで人生の教科書のような本。この本を読んでから、悩みは尽きなくても以前よりも対処の仕方がうまくなった。この本を読むことで正しく自分と向き合うことができ、また自分に足りないものだけでなく、自分の良いところも見つけられるようになった。(10代女性)

どのように生きるべきかを、アドラー心理学と絡ませながら物語形式で分かりやすく書かれている。書かれている内容はとても根拠がしっかりとしていて矛盾がなく、またアドラー心理学も初心者にも理解できるような丁寧な書き方をされている。認知を正し、より良い生き方をする手助けをするという自己啓発の本来の目的にかなっていると言える。(20代女性)

ストーリー仕立てで書かれているので、登場人物に共感しやすく小説のように読みやすいです。人生の悩みを簡潔にとらえ、解答もしっかりと書かれているので読後感がよいです。自分の人生に対する考え方を見直すよいきっかけになる本だと思います。(40代女性)

 

 

「なぜか人生がうまくいく人の理由」

心理学に関する本「なぜか人生がうまくいく人の理由」がおすすめの理由

人生がうまくいっていない人に向けて、うまくいく人のものの考え方や見方をせつめいしたり、上手に生きるコツなども説明してあり私の好きな言葉は、失敗とは成功の糸口がわかることなどについても書かれていてとてもためになる本ですのでおすすめです。(40代男性)

ほどよい加減があなたの人生を楽しくする、などの人生を上手に生きている人の考え方や、行動を事細かく説明してありとても参考になります。失敗したときは、チャンスはまだまだある、という考え方なども勇気をくれる本なのでおすすめです。(40代男性)

人生にとても悩みを抱えている私にとっては、とても参考になる一冊でした。人生がうまくいく人は多くの失敗を経験してきた人、失敗は成功へのチャンスなどの具体的な説明が書いてあり勇気が湧いてくる本でもあります。人生を変えたいと思っている人におすすめです。(40代男性)

 

 

「シロクマのことだけは考えるな!人生が急にオモシロくなる心理術」

心理学に関する本「シロクマのことだけは考えるな!人生が急にオモシロくなる心理術」がおすすめの理由

『ホンマでっかTV』に出演している、 心理学者、植木理恵さんの本です。 タイトルのインパクトが強いので、 心理学に興味のない方も手にしやすく、 かつ理解できるよう、書かれています。 シロクマというのは、 アメリカで行われた “シロクマ実験”のこと。 覚える、どちらでもよい、考えるな。 この中で人間が記憶しやすいのは、 本のタイトル通り。 心理学は特別ではなく、 日常にあることだと 教えてくれる一冊です。(30代女性)

恋愛や職場など、身近な人間関係に役立つ心理学が、読んでいて楽しい一冊です。 相手のちょっとした仕草から性格や心理状態を分析出来たり、過去の嫌なことを早く忘れる方法など、知っていると重宝する情報が満載です。(30代女性)

 

 

「影響力の武器」

心理学に関する本「影響力の武器」がおすすめの理由

明日から活用できる実践的心理学の知識が凝縮しています。人が下した決断が、いかに回りからの影響を受けているのかを、具体的な事例を交えて、解説されています。商品の価格を下げても売れ残ってしまったものが、価格を2倍に設定したら、即売れてしまった等、仕事でも、私生活でも役にたつ知識が満載です。(30代男性)

人間が、どのように他人から影響されて考え方や行動を変えてしまうかについて、実例を中心に分かりやすく解説している。実例は主にアメリカの例になるが、カルト宗教や詐欺商法などが用いている手口についてであり、そのようなものに引っかからないようにする基礎的な知識を得るためには最適な内容だと言える。著者はアメリカの社会心理学者であり、実際の社会心理学の研究結果をもとにして、それぞれの実例を説明するスタイルを取っている。そういった意味で、著者の思い込みだけで書かれていることの多い他の心理学の本とは一線を画す内容となっている。分かりやすく、学問的に、日常の「騙されにくさ」を手に入れるための本だと言える。やや値段が高いのが難点。(40代男性)

 

 

「今日が、人生最後の日だったら。」

心理学に関する本「今日が、人生最後の日だったら。」がおすすめの理由

人生がうまくいかない時に読むと、気持ちが楽になるのでおすすめです。一日一日の大切さや毎日真剣に生きる大切さを、もう一度考えさせてくれる本です。あと人間はいつ死ぬかわからないことが幸せなこと、いつ死ぬかがわかったらとても不幸なことを教えてもらいました。(40代男性)

毎日毎日、仕事のことやお金のことで悩んで落ち込んでいる私に成功者やお金持ちが、今この瞬間を命がけで生きていることや本当に充実した人生とは何かなど人生について深く考えさせてくれるとても勉強になる本です。人生に悩んでいる人にはおすすめです。(40代男性)

 

 

「心理学[第5版]」

心理学に関する本「心理学[第5版]」がおすすめの理由

心理学を生物学や医学などを含めた様々な視点から取り上げた本で、理解のために行われた様々な実験が掲載されていて非常に理解しやすいです。私が面白いと思ったのは幼児の脳の発達についてで、それが明らかになる過程は驚きだったのでぜひとも読んでほしいです。(20代男性)

心理学を学びたい人にとって、基本的事項が一冊に分かりやすくまとめられています。その上、図やグラフが豊富なため、印象に残りやすいです。また、文体も個人的には馴染みやすく、手元に置き、いつでも見直せる参考書です。(30代女性)

 

 

「トークいらずの営業術」

心理学に関する本「トークいらずの営業術」がおすすめの理由

メンタリストである著者の本は前から興味があったので買ってみました。「トークいらず」といいつつ、まったくトークがいらないわけではないけれど、根回しすることによっていこんなにもスムーズに交渉できるのか~ととても参考になりました。仕事は事務ですが、ひとと話したり得意先と電話で話すこともあるので、自分なりに置き換えて考えて参考にさせてもらっています。ただ論理的な本より、ひとの心理から書いてあるので、納得も出来るしより日常に使えるのでおススメです。(40代女性)

 

 

「「幸せな子」に育てるアドラーの教え」

style=border:none

心理学に関する本「「幸せな子」に育てるアドラーの教え」がおすすめの理由

アドラー心理学の本を読むきっかけとなった本です。アドラーの特に子育てに関する考えを翻訳者の方が1~92項目にわけて訳しています。本全体の説明のある「はじめに」から読んだ方がいいと思います。内容は1項目ずつ完結されているので興味のある目次から読むことができます。子供がもっと小さい頃この本に出会っていればと思いました。すばらしい本です。(40代女性)

 

 

「「思いグセ」を変える7つの鍵」

心理学に関する本「「思いグセ」を変える7つの鍵」がおすすめの理由

今の自分の生き方を変えたい人や、人生をポジティブにかえるために手をかしてほしい人に向けた本で考え方の変え方を、教えてくれるとても良い本です。色々な人の悪い考え方を例に挙げてどのようにその考え方を変えていったら良いかなどを教えてくれ、参考になります。(40代男性)

 

 

「3分で分かる心理学」

心理学に関する本「3分で分かる心理学」がおすすめの理由

3分で分かる心理学がオススメな理由は、分かりやすくポイントをしっかり押さえて、絵も多い為理解しやすく、実行に移しやすい所です。いろんな心理学の本を読みましたが頭に無理なく入ってくる本はそんなにたくさんはありません。この本はそれぞれの形で学ぶ事が出来ます。 1.自分が分かる。2.コミュニケーションについて。3.恋愛。4.仕事。5.世間での心理学。6.自分の弱さを知る。構成になってます。日常生活の中で実行しやすく、理解しやすく、脳が感じやすいので、自分を知る、人を知る、対策を知る為には、とてもオススメのほんです。初心者の方にも分かりやすいので是非読んで頂けたらと思います。 自分を知り、人を知る事で、随分見方が変わって来るので、自分を知る為、職場の人間関係、恋愛に是非読んでみてください。(40代男性)

 

 

「7つの習慣」

心理学に関する本「7つの習慣」がおすすめの理由

著者のスティーブン・R・コヴィーさんの考え方を学ぶことができます。中学生の時に母に勧められて読んだのですが、とても勉強になりました。自分自身に対して、また他人に対しての考え方を知ることができ、良かったです。(20代女性)

 

 

「Q&Aこころの子育て」

心理学に関する本「Q&Aこころの子育て」がおすすめの理由

心理学者河合隼雄先生の著書。たくさんの子ども達と親に寄り添ってきた先生の言葉は、温かく優しく、ユーモアがある。 子どもと向き合っていく中で迷いが生じたときにいつも立ち返る本。 お亡くなりになった今でもなお、色あせずに私の育児のバイブルとなっている。(30代女性)

 

 

「あがり症のあなたは社交不安障害という病気。でも治せます!」

心理学に関する本「あがり症のあなたは社交不安障害という病気。でも治せます!」がおすすめの理由

人前で話すのがとても嫌で、声は震えるは手が震えるは、手汗もすごい私はとても読みたい本でした。色々な障害のことが書いてあり、それをひとつずつ細かく解説して悩みを解決していくとてもためになる本です。是非おすすめします。(40代男性)

 

 

「アサーション入門」

心理学に関する本「アサーション入門」がおすすめの理由

「自分も相手も大切にする自己表現法」として、何故それが大切なのかに始まり、自分はどのタイプの表現方法を用いるのかも知ることができる内容となっている。場面ごとの説明や質問なども充実しており、実践に繫がりやすい工夫がされている。(30代女性)

 

 

「アドラー心理学」

心理学に関する本「アドラー心理学」がおすすめの理由

今までの考え方が大きく覆される一冊です。これまで私は、○○できないのは○○のせいだからだ。と言い訳をすることが多かったですが、そのできない決断をしているのは、まさに自分であるということに初めて気がつきました。(30代女性)

 

 

「アドラー心理学入門」

心理学に関する本「アドラー心理学入門」がおすすめの理由

精神科医のアドラーが、人はどのように生きていけば幸福に生きていけるだろうか等、多くを語り指針を示していて、共感や関心を覚えられます。 心理学が初めての方でも入りやすく、理解しやすい構成になっていると思います。 自分ならば、こうして生きていくと幸福なのではないだろうか等 様々な思考をすることが出来て、他者の観点の「思考」を見る事も知る事も出来て、非常に面白いです。(20代男性)

 

 

「あなたを変える52の心理ルール」

心理学に関する本「あなたを変える52の心理ルール」がおすすめの理由

スプーン曲げ、トランプ絵柄当て、ババ抜き等、誰もが遊べるゲームを心理テクニックを以って攻略する、テレビで大人気のメンタリストDaiGoが書いた本書。人生が変わる心理テクニックを52個、学ぶことができます。たった640円(税別)だけで。(20代男性)

 

 

「あの人と和解する」

心理学に関する本「あの人と和解する」がおすすめの理由

相手のことを理解するには話し合いの場を設けること。言うのは簡単だが、実際にやるとなると難しい。北朝鮮とアメリカの話し合いだってできていないじゃないか。それでも、カウンセラーという立場で書かれている本は興味深かった。(30代女性)

 

 

「インタフェースデザインの心理学 ―ウェブやアプリに新たな視点をもたらす100の指針」

心理学に関する本「インタフェースデザインの心理学 ―ウェブやアプリに新たな視点をもたらす100の指針」がおすすめの理由

ジャンルとしてはウェブデザインの本で、人間の習性や行動に基づいた見やすいユーザーインターフェースに関して書いてあります。内容的にはデザイン自体よりも人間の認知の仕方や興味を引くものなどについて書いてあり、心理学寄りの内容ですが堅苦しさはないので、読み物としての面白さもあります(20代男性)

 

 

「うまくいっている人の考え方」

心理学に関する本「うまくいっている人の考え方」がおすすめの理由

私の以前の同僚で、とても明るい方がいますが、まさにこの本に書いてある通りの方です。自分は成功すると信じる、失敗したらはっきり謝る、やりたくないことははっきり言うみたいな。そういう人ばっかだと、ちょっと困るけど。あくまで本人の仕事の流れはうまくいってます。いいように割り切れ!っていう内容でした。(30代男性)

 

 

「オーラで運気をとことんあげる!」

心理学に関する本「オーラで運気をとことんあげる!」がおすすめの理由

私がまず、運気がなく、運良く過ごしたいなと思いこの本を購入しました。恋愛面、仕事面での運気の上昇方法を書いており、ここの神社にいくとよいなどのアドバイスや、普段からの行動で実践できるものもあり、運気上昇したい方は是非手に取ってみて欲しいと思います!(20代女性)

 

 

「お母さんのための子供のデジタルマナーとしつけ」

心理学に関する本「お母さんのための子供のデジタルマナーとしつけ」がおすすめの理由

「お母さんはどうせわからないから」と、子供に好き勝手させないために購入しました。子供とのルール作りに大変参考になりました。そして、子供の連絡網もラインでする時代。ママ友とのコミュニケーションにも役立っています。(30代女性)

 

 

「キーワードコレクション 心理学」

心理学に関する本「キーワードコレクション 心理学」がおすすめの理由

さまざまなジャンルの心理学についての基本用語が書かれている。内容はシンプルに容易な言葉を用いられており、あまり知識のない初心者でも簡単に理解することが出来る。また、辞書のようにも使えるところがよいと思う。(10代女性)

 

 

「グズは必ず治せる」

心理学に関する本「グズは必ず治せる」がおすすめの理由

私はなかなか行動を起こせない人間で、この本はグズの3つのタイプの説明や、自信がなくてなかなかスタートできないタイプのことを説明して解決策が書いてあります。あと成功するためのコツ、なども書いてありとても勉強になりました。(40代男性)

 

 

「コールドリーディング~ニセ占い師に学ぶ!信頼させる「話し方」の技術」

心理学に関する本「コールドリーディング~ニセ占い師に学ぶ!信頼させる「話し方」の技術」がおすすめの理由

占い師がどのようにコールドリーディングを駆使して相談者から信頼を得ているかについて書いてある本です。 人の心理の傾向を用いて信頼させる方法がテクニックとして分かりやすく書かれています。 私は占い好きで、どの占いにいってもすごく当たっていると思っていたのですが、この本を読んで、コールドリーディングで寄せられているのではないか・・ と少し冷静に考えさせられました。 占い依存症や占いジプシーの方、占い師の勉強をされている方にお勧めの一冊です。(30代女性)

 

 

「こころ」

心理学に関する本「こころ」がおすすめの理由

夏目漱石作の小説。親友とひとりの女性をめぐる心理描写に惹かれる作品。かなり過激な心理の動きにすごく引き込まれます。女性を独り占めしようとする主人公の心理描写の表現には、驚愕させられます。夏目漱石の観察力に唖然とさせられるサスペンス的な作品としても堪能できます。(40代男性)

 

 

「ココロを軽くする考え方のレシピ」

心理学に関する本「ココロを軽くする考え方のレシピ」がおすすめの理由

その時々にぶつかっている問題に対しての解決策がレシピとして多数載っていて、ひとつの悩みが3分で消えるというフレーズに惹かれ手に取りました。 実際に自分が感じていない問題のレシピでもこういう問題にぶつかったらこう対処していけばいいんだ、といった勉強になります。 実際に自分がぶつかっている問題に対しては本当にココロを軽くしてもらえました。 自分をもっと大切にしてあげようと思える本です。(20代女性)

 

 

「こだわらないとらわれないもう悩まない。」

心理学に関する本「こだわらないとらわれないもう悩まない。」がおすすめの理由

誰もが思い悩みがちな事柄を項目ごとに2、3ページにまとめてあるのでとても読みやすいです。可愛らしい絵も添えて。自分が置かれた状況、その時々に悩んでること行き詰まってることに対しモノの見方を少し変えるだけで変わることを教えてくれる心が軽くなる本だと感じています。(30代女性)

 

 

「仕事ができて、なぜか運もいい人の習慣」

心理学に関する本「仕事ができて、なぜか運もいい人の習慣」がおすすめの理由

3年後の幸せな自分を思い浮かべることから始まり、ベストな仕事の見つけ方や運気を上げる言葉などいろいろなアドバイスを細かく説明してあります。どんなことでもあっさり言えるじぶんになるなどなど、いろいろなことを学べます。とてもおすすめです。(40代男性)

 

 

「セラピスト」

心理学に関する本「セラピスト」がおすすめの理由

筆者が実際に受診した、カウンセリングや心理診断の経験をもとに考察をしているところが、リアルで面白かった。自分も精神科に通院していた過去があるため、感情移入出来たこともその要因だと思う。心の翳りに興味がある人にはオススメの本です。(20代女性)

 

 

「できる!できる!ゼッタイ成功できる!」

心理学に関する本「できる!できる!ゼッタイ成功できる!」がおすすめの理由

成功をした人たちが、どのような考え方やどのような行動をとって成功したのかが書いてあり、とても参考になる本なので人生に迷っている人、成功したい人にはとてもおすすめです。あと読んでいるとだんだん前向きな考え方になれるところもおすすめです。(40代男性)

 

 

「なぜ生きる」

心理学に関する本「なぜ生きる」がおすすめの理由

私の年齢になると色々な事を経験して歳を重ねています。最近友人が病気になって良く愚痴を言いながらいつまで生きているのかしらと言いのを聞くと病気の辛さが伝わり本当に辛くなりある日ふらっと立ち寄った本屋さんでこの本を見つけました。宗教っぽい感じもしましたがタイトルに惹かれて購入しました。幸せに生きたい、生きている意味はなど精神科医と哲学者の二人が読む人に一考を与えてくれる本でした。(70代女性)

 

 

「ファスト&スロー(ダニエルカーネマン)」

心理学に関する本「ファスト&スロー(ダニエルカーネマン)」がおすすめの理由

心理学を経済学に波及させ、行動経済学という一分野を築き、自身もノーベル経済学賞を受賞したダニエルカーネマンの代表的著書。あくまで心理学を基盤としており、本書内で多くのテストご書かれており、人間の認知的問題ついて自分で体験し、納得しながら読むことができる。平易だが、人間の奥深さを感じられ、私が最も多くの人におすすめしてきた本でもある。(20代男性)

 

 

「プロカウンセラーの共感の技術」

心理学に関する本「プロカウンセラーの共感の技術」がおすすめの理由

非常に読みやすく、そして詳しく共感とはなんだということが書いてあります。 この本は、終始「共感」のテーマだけで書き上げている内容で、単元ごとに要点をまとめて分かりやすく説明してくれます。 心理学初心者にも、中級者にもオススメできます。(20代女性)

 

 

「ヘトヘトに疲れる嫌な気持ちがなくなる本」

心理学に関する本「ヘトヘトに疲れる嫌な気持ちがなくなる本」がおすすめの理由

対人関係のストレスで悩んでいたときに道しるべになる考え方を教えてくれた本です。 人に振り回されないように生きるためにどのように自分が振舞えばよいか? そして、人に振り回されてしまうメカニズムがわかりやすく書いてあります。 何度も読んで取り入れることで、対人関係が楽になってきました。(30代女性)

 

 

「ほんとうのあなたがわかる夢分析の本」

心理学に関する本「ほんとうのあなたがわかる夢分析の本」がおすすめの理由

夢に関する基礎知識を心理学的な立場から解き明かしていくことによって、日常生活の人間関係に役立てるところが面白かったです。毎日の夢を分析して記録することによって、自らの理想的な生活が見えてくることを感じました。(30代男性)

 

 

「マーフィーの法則」

心理学に関する本「マーフィーの法則」がおすすめの理由

マーフィーの法則の本は、たくさん種類が出ています。私もたくさん持っているのですが、何冊持っていても良いくらい毎回読むたびに、なるほどなーと勉強になっています。潜在意識と滞在意識に注目しているマーフィーの本です。(40代女性)

 

 

「マンガでわかる「幸せ」の教科書」

心理学に関する本「マンガでわかる「幸せ」の教科書」がおすすめの理由

大人気ブロガーHappyさんの本ですが、マンガなので、読みやすくて、分かりやすいです。 今、巷では「引き寄せ」が流行っているように感じますが、 引き寄せようとしても上手くいかない方、逆に苦しくなっている方に、 是非読んでいただきたい本です。(40代女性)

 

 

「やる気を起こせ!」

心理学に関する本「やる気を起こせ!」がおすすめの理由

やる気に燃えている人に「手遅れ」はない、ということについてわかりやすく説明してあったり、自分に勝ち癖をつける方法などの説明も書いてあり、変わることを恐れては何もできないなどいろいろ読み進めていくとやる気が出てくる本ですのでおすすめします(40代男性)

 

 

「ワルい心理学」

心理学に関する本「ワルい心理学」がおすすめの理由

人の心の9割は誰でもカンタンにわかる、というフレーズが目に止まり心理学の本は読みにくてお堅いイメージだったので避けてましたが特別ページ数が多い訳でもないし、お値段もお手軽な値段だったので即購入しました。早速読んでみると、字が小さすぎず大事な部分や単語が色分けされていてとても読みやすくて内容が分かりやすかったです。図や絵も所々にあって疲れずに読むことができました。最後には人に試せる心理テストも乗っていて色んな人に試して楽しくてオススメです。(20代女性)

 

 

「一瞬で気持ちを切りかえる!凹まない人の感情整理術」

心理学に関する本「一瞬で気持ちを切りかえる!凹まない人の感情整理術」がおすすめの理由

箇条書きにして、1~2ページで簡潔にまとめてあるので読みやすいです。 自分の悩みや対人関係など、道に迷った時に参考になる本です。 いろんな項目ごとにまとめてあるから便利です。 本の内容も難しくなくて簡単です。(30代女性)

 

 

「科学的に元気になる方法集めました」

心理学に関する本「科学的に元気になる方法集めました」がおすすめの理由

科学的な研究の結果「効果あり!」と認められたものを紹介している本でなるほどな~と思えるものが多く実際に実践してみて納得できるものが幾つかありました。なんとなく気力がわかないときに読むと実践しなくてもただ読むだけで元気になっていく本じゃないかなと思います。あとイラストがゆるい感じで好みはあると思いますが個人的にはとても和みました。(40代女性)

 

 

「輝ける子」

心理学に関する本「輝ける子」がおすすめの理由

子育てハッピーアドバイスで著名な明橋大二先生の本です。思春期のお子さんの気持ちに寄り添った親へのアドバイスが書いてあります。私の子育ての悩みにドンぴしゃりでした。主に思春期の子供の心理がよく理解できる内容です。どうしたらいいのか、子供によって対応は違いますが指針となる本です。(50代女性)

 

 

「鏡の法則」

心理学に関する本「鏡の法則」がおすすめの理由

いじめの実話の話になります。そして、人生についてのことも書いてあります。やはり自分だけでは、無理がある他の人がいるからこそ、助けがあるから自分 がいると、言うことを気づかせてくれる本だと思います。ありがとが自然とでるように(40代女性)

 

 

「空想教室」

心理学に関する本「空想教室」がおすすめの理由

作者の植松さんは、北海道で宇宙ロケット開発関係の会社をの社長さんをされています。私は出身が近いこともあり、著者を購入しました。仕事でも夢をもってやっていこう、みたいな内容で、どちらかというと男性の方が面白く読めるかも。私より夫が、感心してました。(30代女性)

 

 

「結局、怒らない人が長生きする」

心理学に関する本「結局、怒らない人が長生きする」がおすすめの理由

精神科医として多くのがん患者の心のケアに取り組んできた、著者の優しさ溢れる言葉でいっぱいな1冊になります。自らの怒りの感情をコントロールしていくことによって、他者との新しいコミュニケーションが生まれていくのが面白かったです。(30代男性)

 

 

「言葉でわかる「話を聞かない男、地図を読めない女」のすれ違い」

心理学に関する本「言葉でわかる「話を聞かない男、地図を読めない女」のすれ違い」がおすすめの理由

200万部近いヒットを出した「話を聞かない男、地図を読めない女」のシリーズ本です。 例として男女の会話を持ち出し、脳の構造と考え方が、男と女でどのように違うかを書いています。 極端な例も見受けられますが、男と女の食い違いを鋭く指摘されています。(30代女性)

 

 

「誤解キャラ&偽装キャラ 取扱説明書」

心理学に関する本「誤解キャラ&偽装キャラ 取扱説明書」がおすすめの理由

よく誤解される人、自分というキャラを偽装する人がなぜ、よく誤解されるのか、なぜキャラを偽装するのかを解説しています。そして、そのような人とどのように接するのが、よいのかも解説しています。巻末では、偽装キャラ63パターンの紹介も行っています。(20代男性)

 

 

「好きな人から愛されるマーフィーの法則」

心理学に関する本「好きな人から愛されるマーフィーの法則」がおすすめの理由

この本は10年以上前に何気なく手に取り購入したのですが、読んでみるととても心に響き、私にとって運命の一冊となりました。 それまで自分にまったく自信が持てなかったのですが、この本を読んでから自分に自信を持つことができ、自分を好きになれました。 人生をポジティブに生きていこう!と思える本だと思うので、おすすめです。(30代女性)

 

 

「黒すぎる心理学」

心理学に関する本「黒すぎる心理学」がおすすめの理由

この本は主に行動心理学から来た実践的な技などが書かれています。人の行動からその人の心理を読めるようになれるのでおススメです。また、この本を読んだ後に様々な会社を見てみると、まさにその技を使っていることに気付き、生活が面白くなります。(20代男性)

 

 

「史上最強カラー図解 色彩心理のすべてがわかる本」

心理学に関する本「史上最強カラー図解 色彩心理のすべてがわかる本」がおすすめの理由

色彩の歴史からゆっくりとひも解いてくれる本なので、色彩について一から学びたい人に向いている本です。 その中で、色彩を理解した上で心理的な状態・どんな色がどんな影響を及ぼすかなどひも解いていく本なので、心理的状態に対してまで詳しく学べる本です。(20代女性)

 

 

「視線がこわい」

心理学に関する本「視線がこわい」がおすすめの理由

嫌な視線の持ち主というのはどこにでもいる。眠いのか機嫌が悪いのか、それともそれが普通なのか。とにかく、視線を合わせないために、スマホはとても役に立つ。こんなことを相談しても変人扱いされるだけ。困っていた時にこの本と出合い助けられた。(30代女性)

 

 

「小さいことにくよくよするな!」

心理学に関する本「小さいことにくよくよするな!」がおすすめの理由

この本は当たり前の事が書いてあるようで、日常の中で自分が出来ていないことを気が付かせてくれて、凄く悩んでる事も、「あ、こんな小さな事だったんだ」と元気とヒントをくれる本です。こうした方が人生生きやすくなるヒントが凄く為になる本であり、悩みがすっと抜けていく感じがします。好きな名作の一つです。(30代女性)

 

 

「心理学がイッキにわかる本」

心理学に関する本「心理学がイッキにわかる本」がおすすめの理由

冒頭に心理学のルーツの紹介があり初めて手に取った場合でも堅苦しくなくかんたんに読み進めていくことができます。目次は見出しが分かりやすく並んでいて調べたいことや興味のあることからピックアップすることができるので知りたいことがすぐに解決できるようなしくみになっていることがおすすめの理由です。(40代女性)

 

 

「心理学大図鑑」

心理学に関する本「心理学大図鑑」がおすすめの理由

さまざまな心理学が歴史を追っていく形式でわかりやすく知っていくことができます。また、レイアウトも美しく、眺めているだけで素敵です。心理学というものを楽しみながら知っていくのによい図鑑です。大判でフルカラーであることもポイントです。(20代女性)

 

 

「新・数字と色が人生を変える 心相数&幸福色情報ハンドブック 誕生日からのメッセージ」

心理学に関する本「新・数字と色が人生を変える 心相数&幸福色情報ハンドブック 誕生日からのメッセージ」がおすすめの理由

日常生活や仕事上での人間関係を円滑に進めるために、数字や色が果たしている大きな役割が伝わってきました。スピリチュアルな考え方だけではなく、統計学的な膨大なデータからアプローチしていくところが面白かったです。(30代男性)

 

 

「人は見た目が9割」

心理学に関する本「人は見た目が9割」がおすすめの理由

インパクトが大きく、反感を持つ人もいるであろう題名だが、内容を読んでみると、なるほどそういうことかと納得できる本。見た目と言っても、本書で言われているのは「性格」や「能力」も外見に出てくるということであり、見た目を美しくすることの重要さをイラストや具体例を交えてわかりやすく書いてあり、とても読みやすかった。(20代女性)

 

 

「人を見る目がない人」

心理学に関する本「人を見る目がない人」がおすすめの理由

元々ホンマでっかの植木先生のファンだった為、 本を読んでみようと思ったのが最初のきっかけでしたが、心理学の専門的な難しい用語も自分たちに身近な 分かりやすい言葉や表現に置き換えてくれているので 理解しやすく楽しく読めたから。(20代女性)

 

 

「図解 やさしくわかる認知行動療法 治療の流れと活用のしかた」

心理学に関する本「図解 やさしくわかる認知行動療法 治療の流れと活用のしかた」がおすすめの理由

初めての人でも簡単に認知行動療法が行えるように丁寧に解説しています。まず、認知行動療法とは何を目的にしたものかを解説し、具体的な方法を図解しながら、自分で認知行動療法を進められる構造になっています。ストレスに悩む方が、思考や行動パターンのくせを見直し、変えていくことが容易にできるようにワークシートも入っています。初心者におすすめです。(20代男性)

 

 

「正しく悩む技術」

心理学に関する本「正しく悩む技術」がおすすめの理由

心理カウンセラーである筆者の杉田隆史氏による、「心の病ではないけどなんとなく生きづらい」人へ向けたヒントが書かれた本。筆者の体験談も交えながら、難しい言葉ではなく、誰でも読みやすい内容になっています。人間関係や自分のやりたいことがわからないということに悩みを抱えている方にはおすすめです。(30代男性)

 

 

「生きるために大切なこと」

心理学に関する本「生きるために大切なこと」がおすすめの理由

『嫌われる勇気』で有名になったアドラーの原典ですが比較的読みやすいと思います。私は『嫌われる勇気』の噛み砕いた表現よりも、こちらの少々きつくても直接的な表現の方がしっくりきました。アドラーの自分を正確に理解し社会との繋がりを大切にするという本来の考えがよくわかる本だと思います。(40代女性)

 

 

「折れない心をつくるたった1つの習慣」

心理学に関する本「折れない心をつくるたった1つの習慣」がおすすめの理由

私は、心が弱く困難なことがあるとすぐ心が折れて楽な方楽な方へ逃げてしまいます。そんな自分がいやでこの本で自分を変えたいと思い読みました。物事をマイナスに考えるのではなく、プラスに考えることが大事やネガティブに考えるのではなく、ポジティブに考えるなどとても勉強になりとてもおすすめです。(40代男性)

 

 

「絶対にミスをしない人の脳の習慣」

心理学に関する本「絶対にミスをしない人の脳の習慣」がおすすめの理由

脳を使って間違えを減らす方法や記憶容量を増やすため方法について、丁寧に分かりやすく掲載している。 ミスをした時の原因などについても、どうしてそうなったのかを精神科医が噛み砕いて説明しているので、理解しやすい。(30代男性)

 

 

「他人の心がわかる心理学用語事典」

心理学に関する本「他人の心がわかる心理学用語事典」がおすすめの理由

行動や仕草、口癖で、その人が何を考えているか、その背景には何があるのかわかりやすく解説してくれている本です。心理学に興味ある方にはぜひ1度は読んでみてほしい本です。きっと、あのは人の癖には、何か隠されている…と思うと、とても面白く読み進められます。また、性格や心理学用語や心理学者についても述べられていて、とても読み応えがあり、初心者でもわかりやすく書かれている本です。心理学を学んだことがある自分でも重宝しています。(20代女性)

 

 

「他人を攻撃せずにはいられない人」

心理学に関する本「他人を攻撃せずにはいられない人」がおすすめの理由

職場の人間関係に疲れこの本を読んで、初めて「フレネミー」という言葉を知った。まさしく、私を悩ませているあの人物の事ではないか。 精神科医である著者が、実例を交えて効果的な対処法を綴っている。救いの1冊です。(30代女性)

 

 

「徹底図解社会心理学 歴史に残る心理学実験から現代の学際的研究まで」

心理学に関する本「徹底図解社会心理学 歴史に残る心理学実験から現代の学際的研究まで」がおすすめの理由

知っておきたい社会心理学の基本が、カラーイラストと共に分かりやすく解説されています。社会という公的な場面における人間の行動、振る舞いの傾向を予め把握しておく事で、事件・事故などのトラブルを回避するのに役に立つと思います。(20代女性)

 

 

「怒らない技術」

心理学に関する本「怒らない技術」がおすすめの理由

私は子育てをしている時毎日怒ってばかりいて、イライラしていました。 もうこんな生活を抜け出したいと思っているときにコンビニの本の棚にこの本を見つけました。 読んでいるうちに、怒っても何にもならないと思うようになってきて、本を読み終わるころにはすっかり怒らなくなっていました。 子どもにも優しくなれ、本当に救われました。 ぜひ、毎日怒ってしまうお母さんに読んで欲しいと思います。(40代女性)

 

 

「怒りがスーッと消える本」

心理学に関する本「怒りがスーッと消える本」がおすすめの理由

怒りの原因とは何か、怒りに対してどのような認識を持つとよいかについて教えてくれる本です。 精神科医の先生が書かれている本なので、とてもわかりやすく書かれています。 怒りが消えるかどうかは個人差があると思いますが、怒りに対する考え方、認識の仕方に良い影響を与える情報が得られると思います。(20代女性)

 

 

「働く気持ちに火をつける」

心理学に関する本「働く気持ちに火をつける」がおすすめの理由

もともと働くのがとても嫌いで、仕事が長続きしない性格でそんな自分をかえたくて読んでみました。読み進めていくとだんだんと自分に自信が出てきて、これから頑張ろうという気持ちになってきました。ぜひ一度読んでみてください。(40代男性)

 

 

「道は開ける」

心理学に関する本「道は開ける」がおすすめの理由

「道は開ける」は、デール・カーネギーの著書です。 「人を動かす」で有名なカーネギーですが、本書も名著です。 本書で扱うのは「悩み」です。 実例を豊富に挙げながら方法論を展開していくため、わかりやすくなっています。 下手なビジネス書を読むよりは心が楽になると思います。(30代男性)

 

 

「日本心理学諸学会連合心理学検定局編『心理学検定 基本キーワード』実務教育出版、2009年」

心理学に関する本「日本心理学諸学会連合心理学検定局編『心理学検定 基本キーワード』実務教育出版、2009年」がおすすめの理由

心理学検定の公式テキストであり、大学の心理学専攻でどのような知識を学ぶのかがコンパクトにまとめられています(教科書的な記述が少々退屈です)。書店には多くの心理学書が並んでおり、どれから手を付ければよいのかがわからなくなる場合もあります。本書で心理学の全体像をつかんでおくと、今後学ぶ上での道標ができるでしょう。興味をもった分野に関して、実際に心理学検定を受けてみるのもよいかもしれません。(30代男性)

 

 

「脳が変わる生き方」

心理学に関する本「脳が変わる生き方」がおすすめの理由

脳科学者の茂木健一郎が書いた本で、人生をどう生きるかや人はどこまでも変われることを人間の、脳の視点から細かく説明されていてとても勉強になります。あと不安や恐怖がある理由なども脳科学の理屈から述べられていて、とても分かりやすかったです。(40代男性)

 

 

「敏感すぎて生きづらい人の 明日からラクになれる本」

心理学に関する本「敏感すぎて生きづらい人の 明日からラクになれる本」がおすすめの理由

人の気分や感情にすぐ左右される性格の私。あと他人と本音では話せない、友達が少ないなど自分にピッタリの本です。ちょっとしたことで嫌になり逃げ出してしまうような人にとてもおすすめの本です。この本を読んだ後はなんだか自分も変われることを実感できます。(40代男性)

 

 

「不安のしずめ方」

心理学に関する本「不安のしずめ方」がおすすめの理由

この本は加藤諦三先生の書いた本なのですが、加藤諦三先生は精神病の人の強い味方です。 病気になってしまった人は、基本的にひどい人間関係の中で生きてきたという主張をしています。 周りにおかしな人が10人いれば、それはおかしくなって当然である。 周りにおかしな人ばかりがいる時は、ひとりになって「本を読もう」と提案されています。 ちなみに、不安のしずめ方は、「きちんとした生活」をすることです。 心の病におかされるような人は、きちんと朝きちんと起きるとか、食事をきちんととるとか、整理整頓をするとか、基本的なことがおろそかになっているから、おかしくなっていく。 そういう基本的なことをきちんとしましょう。そうすれば狂っていった歯車がまた良くなっていきますよと言っています。 (その根拠をこの本では心理学から得ています)(30代男性)

 

 

「怖い心理テスト」

style=border:none

心理学に関する本「怖い心理テスト」がおすすめの理由

サイコパス診断として有名な著書だったので購入しました。実際にサイコパスの心理描写が合っているのかは分かりませんが、選択肢として想像すらしない様な選択を平気でする場面など、ちょっとした衝撃を受ける先品でした。(30代男性)

 

 

「本当にわかる!心理学」

心理学に関する本「本当にわかる!心理学」がおすすめの理由

植木さんっていう、さんまの、ほんまでっかTVに出ていた女性が書いた本です。外見とタイトルで、分かりやそうだなと思って購入しました。中身はホントに、心理学の本です。あいまいな「こんなことがあったら?」とかじゃなく、「〇〇理論」とか、「人がやる気を無くすのは、なぜか」とか、「スピリチュアルとかじゃない」っていうような、具体的なことが書かれてます。(30代女性)

 

 

「本当は怖い心理学」

心理学に関する本「本当は怖い心理学」がおすすめの理由

当時、この書籍を読んだとき、私は高校生でしたが当書籍に記載してあった項目が面白い程、当たっていたからです。 ページ数も、それほど多くなく文庫本サイズなので、電車内やスキマ時間で読みやすいという点でもオススメできます。(20代男性)

 

 

「毎朝1分で人生は変わる」

心理学に関する本「毎朝1分で人生は変わる」がおすすめの理由

何かを変えようとするときには、大きな目標を立てがちですが、そうではなく、ちょっとしたことから、やる気を出していく。そして、それが、自信になって、まだ、新たな目標ができる。そういうような、良いサイクルができるという前向きになるための、本です。(50代女性)

 

 

「未来イソップ」

心理学に関する本「未来イソップ」がおすすめの理由

イソップ童話を未来風に書いた星新一さんの作品です。 ウサギとカメ世界的にはよくあるお話ですが、星新一さんはカメは準備していた。 ウサギはスピード違反で警察に捕まる、今レース中なんですけどカメは前日にレース時間とウサギの事を伝え準備していました。 未来イソップはショート作品童話を未来はこうなるよと伝えたかったんだと僕は思います。(40代男性)

 

 

「夢をかなえる口ぐせの心理学」

心理学に関する本「夢をかなえる口ぐせの心理学」がおすすめの理由

お金も恋愛も仕事も全てに通じます。有名な医学博士の佐藤富雄さん執筆作品。初めて心理学の本を読むにもすごく読みやすい!最後のページにある口ぐせ集は今日から今からすぐに使っていきたい言葉ばかりです。これならどんな人も考え方で幸せになれる。(20代女性)

 

 

「娘を早く嫁がせる法 ある心理学者の赤裸な告白」

style=border:none

心理学に関する本「娘を早く嫁がせる法 ある心理学者の赤裸な告白」がおすすめの理由

心理学や精神医学を、分かりやすい表現で多くの人たちに伝えていく取り組みが良かったです。自らの生い立ちや家族との関係性をありのままに語るスタイルは、今の時代の心療内科やカウンセリングに繋がるものがありました。(30代男性)

 

 

「明治大学で教える「婚育」の授業」

心理学に関する本「明治大学で教える「婚育」の授業」がおすすめの理由

心理学を学びながら恋愛テクニックが学べる。普段さりげなく行っている仕草でも、相手の心理をついてやればモテる要素が取り込まれていることに気づく。日常簡単にできることばかり書いてあるので実践もしやすく内容も分かりやすい。(20代女性)

 

 

「明日死ぬかもよ?」

心理学に関する本「明日死ぬかもよ?」がおすすめの理由

日常を毎日過ごしている中、死について強く考える事がどれだけあるだろうか? 病気?身近な人の死?人生の節目?大きな出来事がない限りそこまで意識する事はなかった。でも、人は生きている限り死からは逃げれない。長い人生と思っていてもそれはいつ訪れるかわからなくて、なんとなく過ぎて行く時間も死を意識すればとても貴重な時間で‥今、当たり前に思っている事ひとつひとつに意識を向ければ物の見方や人への感謝の気持ちも変わって来ると感じました。(30代女性)

 

 

「面白いほどよくわかる!NLPの本」

心理学に関する本「面白いほどよくわかる!NLPの本」がおすすめの理由

NLPとは「N」はNeuro=神経、「L」はlinguistic=言語(言葉)、「P」はProgramming=プログラミングで、五感と言葉を使って脳に行動、思考、感情(気持ち)のプログラムをつくる方法ということです。自分とのコミュニケーション、他人とのコミュニケーションの質を上げる秘訣のようなものが示されており、コミュニケーション力をあげることの必要性をわかりやすく説明した1冊であり、仕事でもプライベートでも活用できるのではないかという内容です。(40代女性)

 

 

「夜と霧」

心理学に関する本「夜と霧」がおすすめの理由

「夜と霧」は、ヴィクトール・E・フランクルの著書です。 フランクルは第2次世界大戦中、ユダヤ人の強制収容所に収容されてしまいました。 そこでの壮絶極まる体験を綴った本です。 フランクルは精神科医・心理学者でもあったため、収容された人々の心理状態を冷静かつ的確に分析しています。 そして絶望の中になってなお、侵されることのない人間の精神の崇高さも描き出しています。 今絶望の淵にいるという人にこそ読んでほしい名著です。(30代男性)

 

 

「恋愛の俗説は8割ホント。: 心理学から“男と女の真理”を探る――」

心理学に関する本「恋愛の俗説は8割ホント。: 心理学から“男と女の真理”を探る――」がおすすめの理由

実際にネットサーフィンなどをして「こんな話本当なのかなぁ?」疑ってしまう節が皆さんあると思うのですが、それをしっかりとどのような心理が働いてなのか解説してくれて、納得させてくれるような内容が載っています。 タイトルにもあるとあり「8割」は本当で「2割」の嘘の話もあり、なぜホントで何故ウソなのかというものに興味ある人には是非オススメな本です(20代女性)

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました