【2019年】きゃりーぱみゅぱみゅおすすめの曲ランキング10

スポンサーリンク
スポンサーリンク

【2019年】きゃりーぱみゅぱみゅおすすめの曲ランキング10

独特で幅広い世界観とフラットな歌い方がアイドルとはまた違った不思議な可愛さと魅力がありました。 次々と新しいものに挑戦し成長し続ける姿に目が離せません。 リズミカルで耳に残るサウンドと面白い歌詞も毎回楽しみで好きなところの一つです。

 

 

第10位.きゃりーぱみゅぱみゅ「つけまつける」

きゃりーぱみゅぱみゅ – つけまつける , Kyary Pamyu Pamyu – Tsukematsukeru

きゃりーぱみゅぱみゅ「つけまつける」がおすすめの理由

印象的で不思議なタイトルが多い中でも特にそのイメージが強い一曲です。 つけるタイプの魔法と歌詞の中にあるようにつけまつげという一つのおしゃれアイテムで変身ができる、変わることができると気づかされます。 そしてそれは一つの自信に繋がるんだと伝えてくれます。 つけまつげ以外のものでもいいのかもしれません。 何か好きなものを身に着けることで明るくなれるんだとこの曲を聴くと思います。 つけまに聞こえる繰り返されるTO KAME UPの部分がうまいです。 おしゃれ好きの女の子はもちろん、おしゃれに悩む全ての人におすすめです。

 

 

第9位.きゃりーぱみゅぱみゅ「ファッションモンスター」

きゃりーぱみゅぱみゅ – ファッションモンスター,Kyary Pamyu Pamyu Fashion Monster

きゃりーぱみゅぱみゅ「ファッションモンスター」がおすすめの理由

いわゆるハロウィンソングの一つです。 曲調もPVも可愛い世界観から一転し、ハードなロックテイストのエレクトリック・チューンになっています。 ストーリー性、またメッセージ性の強い一曲です。 たくさんのひらがなの歌詞の中に混ざった自由や檻や感覚の文字を見るとその訴えに真剣な気持ちになり、キミという文字を見ると思わずドキッとします。 自由の難しさを知りながらそれでも追いかける強さを持つことで得られるものがあるんだと歌詞と思い切って表現することで人気者へと変身していくPVのモンスターたちが伝えてくれているんだと思います。

 

 

第8位.きゃりーぱみゅぱみゅ「ふりそでーしょん」

きゃりーぱみゅぱみゅ – ふりそでーしょん,Kyary Pamyu Pamyu Furisodation

きゃりーぱみゅぱみゅ「ふりそでーしょん」がおすすめの理由

ちょっと珍しい成人式、二十歳ソングです。 可愛らしいながらも他と比べて爽やかなメロディーになっています。 PVは紅白で曲調も明るく繰り返される言葉ははたち一色ですが、その中にある最後の晩餐の設定や小さな疑問の数々から大人になる不安や希望が交錯している様子が見えて少し切なくもあります。 こどもから大人になる心境や生まれてきた感謝のきもちを綴った曲だと語られています。 今後も成人式や二十歳になった記念に多くの人に聞いてほしいハッピーソングです。 また、未成年には未来へのわくわく感が伝わり大人はノスタルジーに浸れるかもしれません。

 

 

第7位.きゃりーぱみゅぱみゅ「CANDYCANDY」

きゃりーぱみゅぱみゅ – CANDY CANDY , Kyary Pamyu Pamyu – CANDY CANDY

きゃりーぱみゅぱみゅ「CANDYCANDY」がおすすめの理由

いわゆる原宿かわいいのイメージが強い一曲です。 甘酸っぱい乙女な雰囲気と少しレトロでありながら個性的なエレクトロニックな曲調がくせになります。 80年代アイドル風を目指したというこの楽曲は、狙ってないピュアさとキュートさがあり魅力的です。 そのまま80年代のアイドルを思わせるようなものではなくあくまでオリジナル感のある仕上がりになっているのはさすがです。 10代の女の子のきらめきや青春を歌っているせいかどこか切なさもあります。 君のリクエストなんて聞いているひまはないと歌う姿は初期からずっと変わっておらず自分を持っていて揺るがない風でそこが女子から愛される可愛さのバランスなんだと思います。

 

 

第6位.きゃりーぱみゅぱみゅ「PONPONPON」

きゃりーぱみゅぱみゅ – PONPONPON , Kyary Pamyu Pamyu – PONPONPON

きゃりーぱみゅぱみゅ「PONPONPON」がおすすめの理由

まさにポップでファンタジー、それでいてアンダーグラウンドな世界観が混ざっている新しさが初めてみた時にありました。 サビの音が出てくるたびに伴奏が変わっており、短い一曲の中で変化しているからこそ他とは違う魅力があり繰り返される歌もどこか心地よく楽しくなるのかもしれません。 PONPONという歌詞と弾けるような曲調がマッチしています。 曲だけでなく歌詞も明るいですが、可愛らしさよりポジティブで強い前向きさを感じます。 まるでシビアな世界を自由にカラフルに塗り替えていくようです。 海外からも広く愛された一曲でおすすめです。

 

 

第5位.きゃりーぱみゅぱみゅ「きらきらキラー」

きゃりーぱみゅぱみゅ – きらきらキラー / Kyary Pamyu Pamyu – Kira Kira Killer

きゃりーぱみゅぱみゅ「きらきらキラー」がおすすめの理由

アップテンポで疾走感のある楽曲のテーマはラッキーです。 PVは、ダークファンタジーな世界観でイントロできゃりーがいきなり死んでしまうので驚きます。 死を表したようなモノクロ姿で生と死の世界を体験しています。 きらきらのキラーの意味は殺し屋できらきら殺しらしいですが、考えれば考える程この曲は特にわかりません。 それでも不思議なことに後ろで聞こえるLUCKの声やハッピーやラッキーの言葉は本当にきらきらとして聞こえてきます。 歌声のフラットさや軽やかさが心地いいです。 ポップでありつつ、初期とイメージの違うこの曲は通して最後まで聴くと受ける印象が聞く人によって違うのではないかと思います。

 

 

第4位.きゃりーぱみゅぱみゅ「にんじゃりばんばん」

きゃりーぱみゅぱみゅ – にんじゃりばんばん,Kyary Pamyu Pamyu – Ninja Re Bang Bang

きゃりーぱみゅぱみゅ「にんじゃりばんばん」がおすすめの理由

オリエンタル・エレクトロ・ポップスでありながら、和テイストの新しさがあります。 刀の効果音も楽しいです。 不思議な言葉でありながら覚えやすいタイトルでもあるにんじゃりばんばんという繰り返される歌詞が耳に残ります。 サビが印象に残ることはよくありますが、この楽曲はどこか切なげなのが特徴です。 実話からできているところからそういった印象を受けるのかもしれません。 忍者から忍ぶ、そこから忍ぶ恋に繋がって恋の表現を花でしているところがきれいです。 和から色んな角度に広がった不思議なこの曲はこの先も他と被ることはないと思います。 末永く色んな場所で愛されてほしいです。

 

 

第3位.きゃりーぱみゅぱみゅ「もんだいガール」

きゃりーぱみゅぱみゅ – もんだいガール, kyary pamyu pamyu – Mondai Girl

きゃりーぱみゅぱみゅ「もんだいガール」がおすすめの理由

珍しく恋愛についてたくさん歌っていながらもとてもかっこいい曲です。 思いや不満をぶつけたという部分が出ているのかもしれません。 ファンタジーさよりはリアリティ、そんな印象を受けました。 ドラマの主題歌だったこともあり応援ソングのような側面もあります。 ただこれはみんなで頑張ろうといった普通の応援ソングとは違い、社会を痛烈に批判しながらも前向きに潔く戦おうとする姿を描いたものだと思いました。 自分で自分の人生を肯定して生きていくような前向きさとパワーがこの曲にはあります。 可愛いだけじゃないことがこの一曲で伝わると思います。

 

 

第2位.きゃりーぱみゅぱみゅ「最&高」

きゃりーぱみゅぱみゅ – 最&高 [Full ver.] , kyary pamyu pamyu – Sai & Co [Full ver.]

きゃりーぱみゅぱみゅ「最&高」がおすすめの理由

CMソングとして聞く機会が多く、すぐに覚えやすかったです。 それだけでなくAメロからずっとサビのメロディーが鳴り続けていることで聴きなじみ感が強く出ていて普通の曲より印象に残りやすい気がします。 タイトルの最&高という言葉もSNS上などで流行りましたし、キャッチ―なところもよかったです。 曲はきらきらと明るく開けた雰囲気で歌詞も前向きでメッセージ性が強く、PVではポップで不思議な世界観をいつも通り見せていましたが、今までとは少し違います。 これを聴いて印象が変わった人も多くいたんじゃないかと思います。 記念すべき5周年にふさわしい本当に最高の一曲でした。

 

 

第1位.きゃりーぱみゅぱみゅ「きみのみかた」

きゃりーぱみゅぱみゅ – きみのみかた , KYARY PAMYU PAMYU – Kimino Mikata

きゃりーぱみゅぱみゅ「きみのみかた」がおすすめの理由

可愛さを抑えたグルーヴィな曲調は、らしさを残しながらも初期と比べるとナチュラルな印象があります。 それは変わったというよりも進化したと思わせる魅力があり、この先どんなものをまた見せてくれるのか次が楽しみになりました。 歌詞は、ちょっと息苦しい世の中に対しての救いになってくれるようなもので最近の社会の様子が思い浮かぶような部分がありました。 思わず泣きたくなったのも初めてでした。 幅広い世代にぜひ聞いてもらいたいです。 ゆっくりとしたメロディーでありながら、初披露ラップが混ざっています。 良い意味で期待を裏切られた一曲でした。

 

 

タイトルとURLをコピーしました