【2019年】クリープハイプおすすめの曲ランキング10

スポンサーリンク
スポンサーリンク

【2019年】クリープハイプおすすめの曲ランキング10

ボーカルの尾崎世界観による、独特なハイトーンボイスが魅力的なのに加え、歌詞ではストレートな表現や、物語性を感じる独特な表現のある曲が多く、個性的なバンドだと感じる。耳にも残りやすい曲が多いため、一度聞いたら病みつきになる曲が多く、すぐに聞きたくなる。

 

 

第10位.クリープハイプ「ボーイズENDガールズ」

クリープハイプ(尾崎世界観) ボーイズ END ガールズ

クリープハイプ「ボーイズENDガールズ」がおすすめの理由

とてもストレートに書かれているラブソングで、聞いていてすっと歌詞が入ってくる曲です。恋愛をしているときに聞けば、自然と相手の顔が浮かんでくる、そう言った幸せなラブソングに聞こえます。曲調も可愛らしい明るい曲調になっており、幸せな気分になれます。<いつでもあなたのそばにいたい>という気持ちを、色々な表現で伝えており、特に<シャンプーの匂いが消えないうちに>という表現にキュンとします。私の中で、匂いというものは記憶に残りやすく、相手のことや、出来事など、その人を感じやすい表現だと思っているからです。

 

 

第9位.クリープハイプ「イト」

クリープハイプ – 「イト」MUSIC VIDEO (映画「帝一の國」主題歌)

クリープハイプ「イト」がおすすめの理由

クリープハイプが「帝一の國」という映画で主題歌になったとのことで、かなり話題になり、よりファンが増えた曲です。アップテンポなのでテンポも良く、割とポップに聞こえる曲なので、自分としてはテンションが上がり、元気がない朝とかに聞きたくなる曲です。また、帝一の國の主題歌になっているように友情をテーマにしていると感じ、他の曲は恋愛ソングが多いクリープハイプからしたら、いつもとは一風変わった曲になっており、他の曲との差別化されている曲だなとも感じ取れるので、気分転換や、テンションを上げたいときには良い曲だと思います。

 

 

第8位.クリープハイプ「寝癖」

クリープハイプ – 寝癖

クリープハイプ「寝癖」がおすすめの理由

クリープハイプが前のレコード会社ともめてしばらく休んだあとで久しぶりに発表した曲だったため、待ちに待っていた上に、休んでいても変わらない、曲調も歌詞もクリープハイプの良い味が出ており好きな曲です。実際クリープハイプ自身も、ファンや世の中の人たちへ、予想を裏切るような地に足が着いた曲を作りたかったそうです。最初の歌詞では「君が嘘をつく次の日は決まって変な寝癖が」と始まり、嘘をついてるとわかっていてもそばにいたいという気持ちを歌っていますが、最終的には別れという道を選んでいます。寝癖という表現を使って2人の関係を表現しており、作詞力がすごいなと感じさせられます。

 

 

第7位.クリープハイプ「大丈夫」

大丈夫

クリープハイプ「大丈夫」がおすすめの理由

この曲の歌詞で、<あー、辛くてたまらないなら酒飲んで酔っ払ってそのまま朝になるまで寝てれば良いよもう大丈夫だから>という歌詞があり、ここが一番好きなところです。辛かったら辛いからお酒に逃げても良い、と曲から自分が肯定されているか気分になるからです。実際、悩んでいたり、辛いことがあった時は、自分もお酒を飲むことが多く、友達とお酒をワイワイ飲むことで、元気も出るし悩んでることもその場ではそこまで気にならなくなります。そういった方法で辛いことを考えない行動も取っていいんだ、と思わせてくれる、包容力のある曲だと思います。

 

 

第6位.クリープハイプ「二十九、三十」

クリープハイプ 「二十九、三十」MUSIC VIDEO

クリープハイプ「二十九、三十」がおすすめの理由

自分の年齢が、この曲とマッチしているため、とても共感できる部分が多く感情移入しやすいのと同時に、最後の歌詞でも<前に進め>と、この年代の人たちに向けて、応援してくれていると感じ、元気がでる曲です。実際に自分がこれからの将来を年齢的に考えていることが多く、仕事に恋愛、と落ち着きたいのに落ち着かず、焦りたくないのに焦ってしまい、「いつか」の幸せな転換期を期待しながら、同じ毎日を繰り返している、そう感じる年齢なんだなと感じる。この曲を聴くと、同じ年代の人達は同じ悩みを抱えており、それでも前に進め、と背中を押してもらえる、そういった曲だと感じる。

 

 

第5位.クリープハイプ「愛の標識」

クリープハイプ / 愛の標識

クリープハイプ「愛の標識」がおすすめの理由

男性目線で書かれた失恋ソングですが、女性目線でも聞くことが出来、誰もが共感できる曲になっていると思います。イントロはハイテンポのギターソロで始まり、テンションを上げたあとで、<死ぬまで一生愛されてると思ってたよ>という、辛辣な歌詞から始まります。しかし、明るくハイテンポなので、気持ちが落ち込むような曲ではないのが、この曲の良いところです。題名が「愛の標識」になっている通り、この歌詞の人物は、標識通りに進んでも愛が行き止まりと表現しており、曲も標識のようにハイテンポで進んでいく歌詞も魅力の一つです。

 

 

第4位.クリープハイプ「オレンジ」

クリープハイプ – オレンジ

クリープハイプ「オレンジ」がおすすめの理由

この曲は、クリープハイプの中では珍しく、希望的な明るい歌詞のラブソングになっている。一番初めの出だしから、<あのオレンジの光の先へ>という明るい曲調と明るい歌詞で始まるイントロが、とても元気を与えてくれる始まり方となっている。しかし、そのあとで、ただの幸せな希望的なラブソングで終わらないのが、さすがクリープハイプと思ってしまう、そういった一曲になっています。というのも、そのあとで、彼女の嘘を彼が暴いたことにより、2人は別れてしまったのが歌詞から連想されるようになっているからです。良い意味でも悪い意味でも、期待を裏切られた、というのと同時に、クリープハイプとしては、期待通りの歌詞、といった曲であります。

 

 

第3位.クリープハイプ「ラブホテル」

クリープハイプ – ラブホテル

クリープハイプ「ラブホテル」がおすすめの理由

夏フェスで歌われると有名な曲でもあり、第一声が<夏のせい>からはじまるのもあり、かなり盛り上がる曲である。この曲を夏フェスで聞くと、夏が来た!という気分をすごく感じさせてくれる曲であり、自分の気分が高揚するのを感じ、テンションが上がるため、大好きな曲である。また、歌詞では、夏のせいで、軽くないと思っているが、男性と何度かホテルに行ったものの遊ばれていた、という内容だが、そのような経験を昔していたな、と懐かしい気持ちになるが、曲調が暗くないため、明るい気持ちで聞くことができるのも魅力の一つである。

 

 

第2位.クリープハイプ「憂、燦々」

憂、燦々 クリープハイプ

クリープハイプ「憂、燦々」がおすすめの理由

クリープハイプが好きな人なら必ずと言っていいほど誰もが知っている有名曲。ライブでも度々歌われており、この曲が歌われるとファンが喜ぶ一曲である。憂、燦々という曲名からも分かる通り、夏のイメージを連想させる曲となっており、夏フェス等ではかなりの確率で歌われることが多く、野外にも似合う曲となっている。歌詞は女性目線で書かれており、彼にどっぷりはまってしまい、一途に愛している、幸せなような、少し切ないような歌詞になっている。自分が昔大好きだった人に抱いた、寂しく苦しい時もあれば、幸せな温かい気持ちを思い出させてくれる曲

 

 

第1位.クリープハイプ「5%」

5% クリープハイプ 弾き語りカバー

クリープハイプ「5%」がおすすめの理由

アルコールのパーセントとかけた歌詞になっている曲です。5パーセントという低いアルコール分から、重たいラブソングとは違い、軽いのんびりとしたラブソングに聞こえる一方で、<ずっとそばにいて>という歌詞を繰り返し使用している。軽い言い方で、そばにいてほしいという言葉を伝えているところが、男性目線の恥じらいを感じ、可愛らしく聞こえる。実際に、曲を聞いている途中で軽く聞こえる時と重たく聞こえる歌詞が心地よく、ぼーっとのんびりと聞くことができるので、耳の心地も良く、温かい気持ちになる。ライブでも聞いたことがあるが、心地よく、大好きな曲である。

 

 

タイトルとURLをコピーしました