【2019年】東京事変おすすめの曲ランキング10

スポンサーリンク
スポンサーリンク

【2019年】東京事変おすすめの曲ランキング10

メンバーそれぞれの個性がきちんと出ているし、またそれぞれの演奏技術やテクニックがとても素晴らしいバンドだと思うからです。今は活動していませんが、それぞれ個人として活動はしているし、いつか再結成してくれることを望んでいます。

 

 

第10位.東京事変「今夜はから騒ぎ」

東京事変 – 今夜はから騒ぎ

東京事変「今夜はから騒ぎ」がおすすめの理由

曲調ももちろんですが、この世界観をポピュラーでキャッチーなまま楽曲に落とし込めることに感動した曲です。PVもとてもその世界観がよく現れていて、見ているだけで映画を見ているかのようなワクワク感を感じることができるので、なんども見たくなるし、ストーリーの続きやあらすじを勝手に考えたくなってしまうようなPVになっています。そしてこれが彼らの解散曲となりましたが、この曲でファンになった人も多いらしく、いい意味で最後を感じさせることのない、さすがとしか言いようがないような東京事変らしい楽曲担っていると思います。

 

 

第9位.東京事変「ハンサム過ぎて」

東京事変 – ハンサム過ぎて

東京事変「ハンサム過ぎて」がおすすめの理由

曲の全歌詞が英語になっていますが、「ハンサムな男」のことを歌った歌です。PVには和訳も出て来ます。その歌詞を見てみると本質を歌っているかのような歌詞にもはっとさせられます。「裏側に真意はないわ すべてを知りたいのなばらもっと表面だけをみて」と言う歌詞がありますが、男の人だけに限らずなのですが、ハンサムと言う言葉だけに引っ張られて、その人個人の中身や性格、本質などを見極めることがとても大事なことなんだと改めて気づかされる歌詞だと思います。PVではメンバーが役になりきっているので一見面白いなと思ってしまいますが、曲調はとてもかっこよく歌詞もよく聞けばとても考えさせられる曲だなと思います。

 

 

第8位.東京事変「生きる」

生きる/東京事変(ウルトラC)

東京事変「生きる」がおすすめの理由

日本語歌詞がとても素晴らしいなと思える曲です。とても難しい曲なので、椎名林檎さんの歌唱力も素晴らしいなと思いますし、他のメンバーの技量もはっきりと感じられる曲だと思います。途中から曲調もアップテンポになってきて、聞いていて面白くとても楽しい曲です。そしてタイトルも「生きる」と言う名前で、歌詞の中にも「なんてこの世は果てしないんだろう」と言う歌詞があって、これから始まっていく未来に希望を見出せるような曲です。何にも囚われないで自分の好きなように生きてみようと、自分の人生を作るのは自分なんだと、改めて気付かせてくれる曲です。

 

 

第7位.東京事変「スーパースター」

東京事変 – スーパースター<from ウルトラC>

東京事変「スーパースター」がおすすめの理由

椎名林檎さんがイチロー選手のことを思って作った曲だと言われています。全く違う業界のお二人がお互いの才能を尊敬しあっていると言う話を聞いて、どのジャンルでも一流の人は一流なんだなと感じました。誰にとってもスーパースターはいて、いつでも自分の心の中の指針となって見てくれている。そのスーパースターに一歩でも近づけるように、自分自身も目指して走っていく。この曲を聴くといつもこんなところで立ち止まってはいられないと奮い立たされます。「答えは無限大さ、自分で造っていく。」と言う歌詞にもあるように、自分自身で人生を切り開いていくんだと言う気持ちにさせてくれます。

 

 

第6位.東京事変「21世紀宇宙の子」

21世紀宇宙の子/東京事変

東京事変「21世紀宇宙の子」がおすすめの理由

曲調から元気がもらえる曲です。「君の期待通り世界は 今日から真新しいね」と言う歌詞になんども元気をもらって頑張ろうと言う気持ちにさせられました。新生活が始まるときにこの曲をずっと聞いていて、不安な気持ちでいっぱいだった気持ちを明るく励ましてくれました。これからの自分の世界は自分で切り開いていくんだ、希望と期待に満ち溢れた世界を私は生きていくんだ、という前向きな気持ちで奮い立たせてくれた曲です。私の青春の曲で、きっとこれから先何か辛いことや乗り越えなければならない壁を感じた時にもずっと聴く曲だと思うし、その度に助けられる曲だと思います。

 

 

第5位.東京事変「透明人間」

Tokyo Jihen – 透明人間 (Invisible Man) from 'Adult' (2006)

東京事変「透明人間」がおすすめの理由

透明人間と言う設定で歌われている曲ですが、こんなにもこの世界観を綺麗で可愛くてまっすぐで儚くて曲に落とし込める才能に脱帽します。生きている人全員が一度は透明人間になりたいとお思ったことは一度はあるだろうし、憧れる存在だと思いますが、この曲を聞くと透明人間にはなれなくとも心の中だけはいつまでも透明で、裏表のないクリアなまっすぐな人間になりたいと思えます。「好きなひとやものなら有り過ぎる程有るんだ」と言う歌詞に、本当にそうだなと思います。人間はいつでも損得勘定を入れて好きか嫌いかを判断してしまうけど、本来ならば全てを愛することができる生き物なんではないかと思えた曲です。

 

 

第4位.東京事変「キラーチューン」

東京事変 – キラーチューン

東京事変「キラーチューン」がおすすめの理由

歌詞にとてもはっとさせられる曲です。豊かさや便利さばかりを追い求めがちになってしまう現代で、「贅沢するにはきっと財布だけじゃ足りないね」「「今日は一度切り」無駄がなけりゃ意味がない」という歌詞に考えさせられることがたくさんありました。何を「贅沢」と思うかは、その人自身の感性や感覚によるもので、誰かに決めつけられたものでは無いと言うこと。そしてその「贅沢」をするために自ら行動していかなければいけないと言うこと。その自分にとっての「贅沢」さえできれば、生きていく人生そのものが「贅沢」なものになっていくと言うこと。人生において考えるきっかけをもらった曲です。

 

 

第3位.東京事変「閃光少女」

東京事変 – 閃光少女

東京事変「閃光少女」がおすすめの理由

元気がもらえて、そして明日からの活力になるような曲です。その人にとって大事な時は一瞬で、青春と呼べるものや思い出はその時今現在しかないのだと言うメッセージにとても感銘を受けました。この曲を聞くと生きているうちに、今しかないこの命をしっかりと使い切って生きていかなければならないと強く感じさせられます。今を作っていくのは他でもない自分自身だし、その自分自身の人生だからこそ一生懸命走り抜けていくことが大事なんだと気づかされます。歌詞の中の「今日現在(いま)を最高値で通過して行こうよ」と言う言葉に自分にとっての最高の瞬間が、「今」であることができるように悔いなく生きて生きたいと思える曲です。

 

 

第2位.東京事変「女の子は誰でも」

東京事変 – 女の子は誰でも

東京事変「女の子は誰でも」がおすすめの理由

椎名林檎さんは見ているだけで女性としての魅力がとても溢れている方で、こんな風になれたらいいなと思えるような尊敬する存在ですが、この曲を聴くと女の子としての自分をとても肯定してくれているような励まされる気持ちになります。とっても可愛くって、それでいてかっこいい綺麗な大人の女性になりたいとも思わせてくれるような曲です。「女の子は誰でも魔法使いに向いている」とい歌詞に勇気付けられた女の子はとても多いと思いますし、私自身もその一人です。女の子は誰でも憧れているものになれるのだ、と言うメッセージに背中を押される曲です。

 

 

第1位.東京事変「群青日和」

東京事変 – 群青日和

東京事変「群青日和」がおすすめの理由

言わずと知れた東京事変の名曲中の名曲だと思います。この曲はもう15年ほど前の曲になりますが、いつ聞いても歌詞もメロディーも世界観も一つも衰えることはなく今でも鮮明な光を放ち続けている曲だと思います。他のバンドには真似しようにも決して真似することができない素晴らしい曲だと思います。そしてこの歌を聞くたびに日本語を大事にしているバンドだなと感じることもできます。できれば2020年、オリンピックの年にまた東京事変のメンバーが再集結して、バンドを再結成してくれたら最高ですし、この曲を歌ってくれるとこの上ない喜びです。

 

 

タイトルとURLをコピーしました