2019年 浜崎あゆみおすすめの曲ランキング10

スポンサーリンク
スポンサーリンク

2019年 浜崎あゆみおすすめの曲ランキング10

浜崎あゆみといえば、当時圧倒的なビジュアルと歌声で、女子高生や若い女性たちのカリスマ的存在でした。そしてまた、歌詞は本人自身が書いているため、ストレートな歌詞が非常に若者に共感を得ていて、今でも人気の曲が多いです。

 

 

第10位.浜崎あゆみ「HEAVEN」

浜崎あゆみ / HEAVEN

この曲は、あまり曲自体は長くないのですが、すごく存在感のある曲で、常に口ずさんでいました。確か、映画の主題歌でも使われていて、儚さがすごくあっていました。はじまりの暗い感じから、サビになると浜崎あゆみの高音の透明感ある歌声の良さもありますが、すごく盛り上がって感情が入って心地よい迫力があります。そして浜崎あゆみといえばPVもいつも力が入っていますが、この曲は曲調にあったモノクロのPVにしていたのがとても印象的です。ひとりで街中をイヤホンで聴いたり、夜にひとりでゆっくりと聴きたくなるような曲です。

 

 

第9位.浜崎あゆみ「ANGEL’S SONG」

Ayumi Hamasaki – ANGEL'S SONG

この曲は、8曲くらいのアルバムの曲で、1曲目に流れるのですが、本当にオープニンソングのようなはじまりで、これから何かがはじまる、わくわくするような曲です。そのため、当時ドライブをする時ははじめに必ずかけていました。気分もノリノリになるテンポで、カラオケやドライブなどみんなで聴くのにも、とても盛り上がる曲でした。当時の浜崎あゆみらしい曲です。また、PVも全盛期の浜崎あゆみらしくですごく凝って撮影していて、おもしろくて見入ってしまいます。そしてとにかくビジュアルがかわいくて歌声もすごくかわいいです。

 

 

第8位.浜崎あゆみ「YOU’re my sunshine」

浜崎あゆみ / YOU

この曲は、浜崎あゆみのセカンドシングルで、アーティスト浜崎あゆみとしてが少し露出が増えた頃の曲です。夜中の音楽番組で、この曲がPVとともに流れていて、衝撃的な可愛さと歌声だったのを今でも覚えています。初期の頃特有の、すごく丁寧に歌っている感じ、そして伸びのある高音と、もうすごく良くてTVに釘付けでした。そして、その後メモして調べてCDを買いにいきました。何度聴いても飽きない歌声で今までにない声に感動さえしました。そしてこのルックス、一年後には、一瞬にしてカリスマアーティストになっていっていきました。

 

 

第7位.浜崎あゆみ「JEWEL」

浜崎あゆみ / JEWEL

この曲は、アルバムの中の一曲でバラードで、すごくいい曲です。メロディー歌詞、そしてこの曲の浜崎あゆみの歌声は、本当に好きです。歌詞も愛する人との幸せに思う日常をストレートに表現していて、小さな幸せをとても感じることのできる歌詞です。きずいたら、この曲を何度も何度もリピートしていました。ピアノの間奏もとてもよくて、仕事の帰り道、夜、デートの帰り道など、疲れていたり、余韻に浸りたい時に聴きたい曲です。また、浜崎あゆみのこの曲の歌い方はすごく歌詞をはっきり歌っているので、頭に歌詞も残り、すごく口ずさみたくなります。

 

 

第6位.浜崎あゆみ「Voyage」

浜崎あゆみ / Voyage

はじめてこの曲を聴いた時は、衝撃的でした。すごいスケールが大きく、壮大な曲で浜崎あゆみがどんどん成長して大きくなっていき、すでに手の届かないアーティスト、スターになっていくのを感じました。PVも映画仕立てのようにしていて、当時、非常に話題にもなりました。しかし歌詞は、デビューから変わらないストレートな表現で伝えている歌詞で浜崎あゆみらしい歌詞です。イントロ、間奏、声質もすべての部分が素晴らしく、全盛期の浜崎あゆみの完成系にも思える1曲ではないでしょうか。この曲の時はかわいいではなくきれいな浜崎あゆみでした。

 

 

第5位.浜崎あゆみ「A Song for XX」

浜崎あゆみ / A Song for XX

この曲は、まだ浜崎あゆみが初期の頃の曲なのですが、ずーっと愛されて続けている曲です。曲も素晴らしいのですが、やはりこの曲は歌詞が特徴的でいいのだと思います。浜崎あゆみ自身がすごく描かれている曲で、当時の葛藤や暗い影、どこかいつも寂しそうな浜崎あゆみがいます。そして、この歌詞は傷ついたり、居場所がなかった、とストレートに表現していることから、そういった迷いのある若者たちからの共感がものすごく高く、この曲に救われたという若者が当時はたくさんいました。浜崎あゆみがこの曲を歌う時の感情表現には圧倒されます。

 

 

第4位.浜崎あゆみ「BLUE BIRD」

浜崎あゆみ / BLUE BIRD

浜崎あゆみは、夏になるといつも夏らしい曲をリリースしていて、その中でも好きな一曲です。これはイントロから最高です。イントロが流れるだけで、きたー!という感じなります。また、この曲はPVがもうすごくすごく素敵です。青い空、青い海、白い砂浜、白いワンピース、すべてが美しくて、浜崎あゆみもすごくかわいかったです。サビのあの声も最高です。コンサートでもメンバー紹介の時に使われていたり、非常に盛り上がり、夏曲でありながらもとても感動する曲です。夏の歌を歌わせたら女性アーティストでは浜崎あゆみが一番だと思います。

 

 

第3位.浜崎あゆみ「Greatful days」

浜崎あゆみ / Greatful days

浜崎あゆみさんの曲の中で一番好きな曲です。曲調、歌詞、PVともにすべて好きです。この曲はもうザ・夏!といった感じで、夏になると海やドライブ、あらゆる夏の場面で聴きたくなります。特に、短い夏がはじまっていく〜からラストは、短い夏が終わりを告げる〜という歌詞の部分がすごい好きで、楽しい夏は短いというのをストレートに表現していて妙に納得したのを覚えています。イントロも浜崎あゆみらしいlalalala〜とはじまり、わくわくするイントロでテンションが上がります。元気いっぱいの曲で、PVもすごくかわいいです。

 

 

第2位.浜崎あゆみ「A Song is born」

浜崎あゆみ – A Song is born (2005 03 24)

この曲は、小室哲哉プロデュースでglobeのKEIKOとデュエットソングですが、アルバムの中で浜崎あゆみがソロで歌っています。かなりの高音の曲で、KEIKOとのデュエットも非常に良かったのですが、浜崎あゆみの当時の高音の声質はキーキーというのではなく、非常に聴き取りやすくて、この曲での高音は最高です。そのため、ソロで歌っていてもすごく心地いい曲です。そしてこの曲の歌詞は浜崎あゆみが担当したとのことですが、やはりストレートな歌詞、伝わりやすい歌詞で、さらにこの曲の意味の重さを感じ、素晴らしい曲です。

 

 

第1位.浜崎あゆみ「Who…」

浜崎あゆみ Who…

の曲は、セカンドアルバムの収録曲で、アルバムでありながらも出た当時から非常に人気の高い曲で、浜崎あゆみ自身のコンサートでもラストによく歌われていました。メロディー、歌詞ともに本当によくて、とてもなぜか感動さえもする曲で、心地よく、特に歌詞に共感していた若者は当時多かったと思います。エールがすごいストレートに伝えている曲で、また、当時の浜崎あゆみの歌声の良さに加わり、この曲は語りかけるように歌うので、非常にかわいさもありました。何度も繰り返して聴きたくなる曲です。カラオケでもラスト一曲の時に、みんなでよく歌っていました。

 

 

タイトルとURLをコピーしました