【2019年】Juice=Juiceおすすめの曲ランキング10

スポンサーリンク
スポンサーリンク

【2019年】Juice=Juiceおすすめの曲ランキング10

モーニング娘。などで有名なハロー!プロジェクトに所属するアイドルグループ、Juice=Juice(ジュースジュース)が大好きです。ハロプロの精鋭とも呼ばれ、歌唱力の高い。メンバーが多く、安心してライブや楽曲を楽しむことができます。メンバーの声の個性も際立っているので、オススメです。

 

 

第10位.Juice=Juice「TOKYOグライダー」

Juice=Juice – TOKYOグライダー

Juice=Juice「TOKYOグライダー」がおすすめの理由

カッコいいダンスナンバーです。メンバー皆、歌が上手すぎ!とほれぼれしてしまうのがこの曲です。ジュースジュース歌の大黒柱である高木紗友希ちゃんの伸びのある歌声と、ホープ段原瑠々ちゃんの軽々と歌い上げる様を聴くのにこれほどぴったりな曲はないでしょう。この曲を聴いて、アイドルが憧れる実力派アイドルだった℃-uteの後を継ぐのはジュースジュースになるに違いない、と確信をしました。稲場愛香ちゃんを加えてダンスも補強されたジュースジュースは無敵です。ライブでのパフォーマンス、生歌でさらに魅力が増すのがこの曲の良いところです。

 

 

第9位.Juice=Juice「大人の事情」

Juice=Juice 「大人の事情」

Juice=Juice「大人の事情」がおすすめの理由

大人に禁止される恋に立ち向かう女の子の曲です。植村あかりちゃんメインの曲となっており、彼女の独特な声がよくいかされていると感じます。大サビの宮本佳林ちゃんの切ない歌い上げも素晴らしく、彼女のアイドルとしての表現力を感じずにはいられません。アイドルの子たちはこの歌をどんな気持ちで歌うんだろうか、など色々なことを考えさせらました。歌詞もですがメロディが素晴らしく、切なさを盛り上げるサビ前は最高です。また、ジャケ写の衣装も可愛いです。たまにはこんなザ・アイドルな衣装も着てほしい!とジュースジュースのファンは皆思ったはずです。

 

 

第8位.Juice=Juice「Vivid Midnight」

Juice=Juice『Vivid Midnight』(Juice=Juice[Vivid Midnight])(Promotion Edit)

Juice=Juice「Vivid Midnight」がおすすめの理由

ジュースジュースに新メンバーが加入して5人が7人に増員されたあとの曲です。5人グループとして完成されていただけに、正直、新メンバーの必要ないのでは、と思うところがありましたが、この曲で私の印象は大きく変わりました。もちろんfiesta fiestaでも新メンバーは頑張っていたので悪くは思っていなかったのですが、私好みの可愛い曲の時どうなるかというのは大いに気になっていたからです。歌唱力モンスターの段原瑠々ちゃん、上手さを強調する歌い方だけでなく可愛い表現もできるんだ、という嬉しい発見ができました。新制ジュースジュースが大好きになった曲です。

 

 

第7位.Juice=Juice「CHOICE & CHANCE」

Juice=Juice『CHOICE & CHANCE』(MV)

Juice=Juice「CHOICE & CHANCE」がおすすめの理由

1stアルバムFirst Squeeze!からの1曲です。ジュースジュースが一皮むけた!と感じた曲です。攻撃的で激しい曲調が特徴的です。植村あかりちゃん歌が上手くなってない!?という衝撃をもたらしました。他のメンバーと声質が全く異なり、曲のスパイスになっています。宮崎由加ちゃんも長いソロがあり、がんばって歌っていました。ジュースジュースはボーカルグループとしてやっていくんだなぁという決意のようなものを感じます。アルバム全体に素晴らしい曲が多く、様々な楽曲に挑んでいくジュースジュースの姿勢を表すような名曲です。

 

 

第6位.Juice=Juice「ロマンスの途中」

Juice=Juice 『ロマンスの途中』 [Romance is on its way] (MV)

Juice=Juice「ロマンスの途中」がおすすめの理由

ジュースジュースのデビュー曲です。ハロプロ研修生でも有名だった宮本佳林ちゃんがデビューするということでジュースジュースには注目が集まっていました。それがいかにもハロプロ!という感じの曲で出てきたので納得した記憶がありました。切れの良いダンスと「ロマンスの途中」というリズムにのった歌詞がデビューしたて、という感じで大好きです。当時から高木紗友希ちゃん宮本佳林ちゃん金澤朋子ちゃんと、5分の3が歌唱力の高いグループでしたが、今のジュースジュースを知っているとこの曲のCD音源ではまだ未完成だったことにも気がつきます。ジュースジュースの成長を知るためにも欠かせない一曲です。

 

 

第5位.Juice=Juice「Magic of love」

Juice=Juice 「Magic of Love (J=J 2015Ver.)」

Juice=Juice「Magic of love」がおすすめの理由

元々はメロン記念日の曲だったものをジュースジュースがカバーしたものです。久々に会う彼とのデートに行くウキウキした気持ちと好きの気持ちを明るく歌っています。カバーを考えついたスタッフ、最高です。元々高い歌唱力で知られていた高木紗友希ちゃんの魅力に改めて気がつかされた一曲です。他のメンバーもソロパートで持ち味を発揮しています。そして何より、ライブでこの曲をメンバーが歌う時の生き生きとした表情が素晴らしいです。こちらまで幸せになれるというか。メロディも歌詞も素晴らしい曲なので、これからも歌い継いでいってほしいです。

 

 

第4位.Juice=Juice「愛愛傘」

Juice=Juice 『愛・愛・傘』

Juice=Juice「愛愛傘」がおすすめの理由

曲名のとおり愛愛傘をするという、かわいらしい曲です。前奏や間奏もロマンチックなので、おとぎ話のような素敵な雨の情景が浮かび上がってきます。こういう可愛い曲での宮本佳林ちゃんは最高です。かわいらしい中にも情緒があってサビ終わりの「この雨がやむまえに」を聴くと、映画でもみていたかのような気分にさせてくれます。あまり歌が得意ではない宮崎由加ちゃんのたどたどしさも、この曲の中ではいい味です。メンバーの乙女な部分を存分に発揮してくれている一曲です。ライブでは傘をもってパフォーマンスすることが多いので、曲の雰囲気にひたることができます。

 

 

第3位.Juice=Juice「イジワルしないで抱きしめてよ」

Juice=Juice 『イジワルしないで 抱きしめてよ』[Don't be spiteful, but embrace me](MV)

Juice=Juice「イジワルしないで抱きしめてよ」がおすすめの理由

ジュースジュースにハマったきっかけになった曲です。略してイジ抱き。まだデビューしてそこまで間がない彼女たちの大人っぽい魅力を楽しむことができます。特に、金澤朋子ちゃんの「私はローズクォーツ」は名フレーズです。声質の色っぽさが存分にいかされており、今後の彼女のキャラ付けにも影響したのではないでしょうか。MVでは宮本佳林ちゃんが事情でいないため、モーニング娘。の石田あゆみちゃんが代打で踊っておりますので勘違いしないように注意が必要です。その変わり、宮本佳林ちゃんがモーニング娘。の夕暮れは雨上がりに出演していたりするので、その異グループ交流も含めて大好きです。

 

 

第2位.Juice=Juice「禁断少女」

Juice=Juice – Kindan Shoujo

Juice=Juice「禁断少女」がおすすめの理由

禁断症状と禁断少女をかけて、恋する女の子が好きな人に会いたくて禁断症状になりそうだ、という気持ちを歌った曲です。王道のアイドルポップスといった曲で、メンバーのかわいらしさを堪能することができます。ライブではすっかり定番曲になりました。ダンスが簡単なので、手の振付だけでも覚えると一緒に楽しむことができます。1番はソロが多め2番はユニゾンが多めで、ジュースジュースの声の多様さやユニゾンの組み合わせの面白さを堪能できる曲です。大サビの宮本佳林ちゃんの「好きよ~」の部分は佳林ちゃんならではの表現力で、胸がきゅんとなります。

 

 

第1位.Juice=Juice「チクタク私の旬」

Juice=Juice 『チクタク 私の旬』

Juice=Juice「チクタク私の旬」がおすすめの理由

「賞味期限チクタク私の旬」という歌詞でコミカルに可愛らしく、恋する女の子の焦りや気持ちを歌った曲です。20代後半にこの曲を聴いて歌詞にグサッときました。わかるよ、その気持ち。女の賞味期限をここまでかわいらしく歌った曲はほかにないのではないでしょうか。ライブや音楽番組などのパフォーマンスでは、宮本佳林ちゃんが輝いています。ウインクや表情の作り方が抜群に上手です。アイドルの女の子だから、重すぎずに自分の賞味期限を歌えるのでしょうね。ジュースジュースは全然賞味期限がきていません。くりかえし見て聞いても飽きないかわいらしさがこの曲にはあります。

 

 

タイトルとURLをコピーしました