【2019年】ORIGINAL LOVEおすすめの曲ランキング10

スポンサーリンク
スポンサーリンク

【2019年】ORIGINAL LOVEおすすめの曲ランキング10

オリジナルラブはやはり田島さんの声と歌唱力が一番好きな理由です。伸びやかでセクシーな声が、恋愛の曲は特に切なさを感じるところがたまらなく好きです。また、ロック、ソウル、ジャズ、パンクなど様々な要素が融合したリズムがおしゃれで、思わず踊りだしたくなる曲が多いのが好きな理由です。

 

 

第10位.ORIGINAL LOVE「ラヴァーマン」

ORIGINAL LOVE  "ラヴァーマン"

ORIGINAL LOVE「ラヴァーマン」がおすすめの理由

オリジナルラブが新しく再スタートしたタイミングのこの曲は、その決意というか熱意を感じ曲で勇気と希望をもらう一曲です。曲は昔のようにとてもポップなのですが、歌詞が現代をうまく表現しています。田島さんも新たなスタート地点で次に向かおうとしているのだから、私ももっと頑張らなきゃと思う曲です。始まりを感じさせるような春っぽいサウンドは、つい一緒にリズムをとってしまうものでノリの良さがやっぱりオリジナルラブだな、と感じます。何かを始めようかとしり込みしているときや、季節の変わり目なんかにいつも聞いてしまう一曲です。

 

 

第9位.ORIGINAL LOVE「流星都市」

ORIGINAL LOVE「流星都市」がおすすめの理由

この曲は一言「せつない」というイメージです。今までの力強い、ちょっとセクシーで情熱的な曲とは一転して、肩の力が抜けたのかな、という歌詞が印象的です。「首都高」だったり「東京タワー」など、歌詞がとても具体的でリアリティーがあり、心情の変化があったのかなと思わせる曲で、逆にそれが心に刺さりました。メロディーもとても単純な曲ですっと入ってくるものですが、そこに広がる世界観が自分とリンクする「空虚感」みたいなものと「安心感」みたいなものが同居していて、聞けば聞くほどいろいろ考えさせられる曲です。人生でこんなことってあるよね、と、田島さんに慰めてもらえるような、少し落ち込んだ時に聞きたい一曲です。

 

 

第8位.ORIGINAL LOVE「The Venus」

The Venus Original Love (ヴィーナス オリジナル・ラヴ)

ORIGINAL LOVE「The Venus」がおすすめの理由

この曲は、初期のオリジナルラブらしい、透明感のある声と情熱的な恋愛観が甘く切ない曲で好きな一曲です。リズムやサックスのソロパートなどがソウルっぽい印象的で、思わずリズムをとってしまいます。歌詞も「ひと夏の恋」を感じさせる甘酸っぱさを、大人っぽい田島さんの声がなんともセクシーでたまらない一曲です。恋の終わった後の思い出に浸っている曲なのですが、伸びやかな歌声が歌詞の切ない部分よりもとても満たされた時間を過ごしたことを彷彿させて当時の幸せだった時間をリアルに彷彿させる田島さんの世界観はさすがだな、と感じる曲です。

 

 

第7位.ORIGINAL LOVE「夜をぶっとばせ」

夜をぶっとばせ

ORIGINAL LOVE「夜をぶっとばせ」がおすすめの理由

この曲は、まさにピチカートファイヴというようなサウンドと歌詞がとても好きな曲です。歌詞をピチカートファイヴの小西さんが書いているので、今までのオリジナルラブにはないようなポップな言い回しが新鮮な一曲です。華やかな世界観と、今にでもパーティーに出かけたくなるようなポップなリズムに、伸びの良い田島さんの声が甘く切なくて楽しかった青春時代を思い出します。デビュー当時に比べると、だんだん力強くなっている田島さんの声が男らしくて、引っ張っていってもらえるような明るく前向きな気持ちになれる曲調がとても好きな一曲です。

 

 

第6位.ORIGINAL LOVE「Love Song」

LOVE SONG / ORIGINAL LOVE

ORIGINAL LOVE「Love Song」がおすすめの理由

これは実は最近知った曲で、YouTubeの配信で初めて知りました。2012年のライブ動画の中での曲ですが、またオリジナルラブを好きになったきっかけの曲です。昔の甘く優しい歌声から、とても力強さとロック感を感じ、純粋に「かっこいい」と思いました。そこから原曲にさかのぼって聞くようになりましたが、ちょうど20年ぐらいまえに出したアルバムの中の曲ですが、当時田島さんが所属していたピチカートファイヴがとても好きだったのですが、それを彷彿させるようなグルーヴ感がなつかしく、当時のことをなつかしく思いだしました。一周してまた新しい曲だと思います。

 

 

第5位.ORIGINAL LOVE「夢見る人」

ORIGINAL LOVE – 夢を見る人 – RAINBOW RACE

ORIGINAL LOVE「夢見る人」がおすすめの理由

この曲は、メロディーがシンプルなのでとても耳に残る曲でした。また、今までは恋愛の曲が多かったオリジナルラブには珍しく、人生観を歌った曲なのがとても印象的な一曲です。前向きな歌詞とシンプルなメロディーが、思わず口ずさんでしまう、そんな曲です。特に好きなのが「出かけよう、荷物はいらない」というところ。当時、自分の進路に思い悩んで煮詰まっていた時で、この曲を聴いて、パッと目の前が明るくなったように思いました。そうだ、深く悩んでいてもしょうがない、とりあえずやってみよう、そんな前向きな気持ちにさせてくれたのがこの曲です。

 

 

第4位.ORIGINAL LOVE「プライマル」

プライマル/オリジナル・ラブ

ORIGINAL LOVE「プライマル」がおすすめの理由

この曲はドラマの主題歌として使われていましたが、そのドラマの影響でとても好きになりました。曲の始まりに15秒くらいの余白があるところから、少し緊張感のあるような曲の世界観に一気に引き込まれていくところがとても印象です。ドラマの印象とリンクしてしまいますが、なかなかドロドロで難しい人間ドラマも含んだラブロマンスですが、この曲が流れることで、愛の神髄、「ただ愛している」というメッセージがドラマの臨場感をより盛り上げてくれるように感じました。すごく「愛」に対してまっすぐな歌詞と優しいメロディーが、今でも胸が熱くなるそんな一曲です。

 

 

第3位.ORIGINAL LOVE「朝日のあたる道」

朝日のあたる道 ORIGINAL LOVE (PV)

ORIGINAL LOVE「朝日のあたる道」がおすすめの理由

この曲は確かCMで使われていたのだと思いますが、歌詞がとても好きです。それまでの恋をする瞬間のような曲が多かった中、これは素敵な恋人同士が過ごす時間を描かれていて、当時お付き合いしていた彼にもこんな風に思ってほしいな、という願望もこもった曲です。当時の幸せな時間とリンクする部分も多く、素敵な思い出と共にとても印象に残る曲です。甘く切ない田島節がこの曲もとても生きていると思いました。また、シャンプーかなにかのCMだったと思いますがそれもとても爽やかな印象で、曲のイメージをより良くしているなと思いました。

 

 

第2位.ORIGINAL LOVE「月の裏で会いましょう」

オリジナル・ラブ 月の裏で会いましょう 1991

ORIGINAL LOVE「月の裏で会いましょう」がおすすめの理由

この曲はリリースされてから数年後に知った曲なのですが、接吻などの色気のある田島さんの声や曲調とはちょっと違い、とてもポップなノリの良いテンポで意外性を感じたのが第一印象です。しかし、その田島さんの声はとても透明感があって伸びやかで、心にスーッと入ってくるなと思いました。歌詞も相変わらずとてもロマンティックでありながら重たくなく、何度でも聞いていられる聞き心地の良さがある曲だなと思いました。田島さんの歌唱力の上手さを感じる一曲と言えるような気がします。今聞いても古く感じない曲調もとっても好きで、今でも何度も聞いています。

 

 

第1位.ORIGINAL LOVE「接吻」

接吻 ORIGINAL LOVE (PV)

ORIGINAL LOVE「接吻」がおすすめの理由

オリジナルラブの代表作と言えば接吻ではないでしょうか。甘く切ない歌詞と田島さんの独特な歌い方に、当時中学生だった私には非常に刺激的で、大人の世界を垣間見たようでドキドキしたのを覚えています。私も大人になったらこんな恋愛がしてみたいな、男性からこんな風に求められてみたいな、と子供心にもいろいろと想像したのを今でも思い出します。田島さんの声はとても伸びやかで、男の色気を感じさせ、歌詞の情景がふっと浮かんでくるようで、その世界間に吸い込まれてしまうようなところがあります。妄想好きだった思春期の時期には衝撃的な印象として今でもこの曲を聴くとドキドキしてしまいます。

 

 

タイトルとURLをコピーしました