ファンが選ぶ!THE YELLOW MONKEY(ザ・イエローモンキー)おすすめの曲ランキング10

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ファンが選ぶ!THE YELLOW MONKEY(ザ・イエローモンキー)おすすめの曲ランキング10

日本を代表するロックバンドですが、同時に日本のロック界の中では立ち位置がちょっと特殊なのが、イエモン(THE YELLOW MONKEY)の特徴であり魅力でもあります。特に歌詞が特殊であり、また大きな特徴を持っています。ロックバンドらしく社会風刺をしている歌詞もあれば、ユニークな言葉遊びもあります。そして心に大きく響く歌詞と声もあります。

 

 

第10位.THE YELLOW MONKEY(ザ・イエローモンキー)「バラ色の日々」

THE YELLOW MONKEY – バラ色の日々

THE YELLOW MONKEY(ザ・イエローモンキー)「バラ色の日々」がおすすめの理由

九枚目のアルバムの発売が予定されていますが、現在のところ最後のアルバムとされている八枚目の「8」に収録されている曲です。シングルでも発売されてヒットした曲ですが、曲調はミディアムテンポでイエモンが得意とするようなタイプの曲です。アルバム「8」が発売された頃は、バンドの状態が悪かったと言われていますが、しかし「8」には意外と名曲が多く収録されています。その名曲の筆頭となるのが、バラ色の日々になります。「誰かに生かされている」という歌詞の部分を聞くとハッとした気分にさせられます。自分の人生の日々を重ねてしまいます。ギターのリフもいいです。

 

 

第9位.THE YELLOW MONKEY(ザ・イエローモンキー)「SO YOUNG」

THE YELLOW MONKEY – SO YOUNG

THE YELLOW MONKEY(ザ・イエローモンキー)「SO YOUNG」がおすすめの理由

この曲はシングルとして発売され、ライブアルバム「SO ALIVE」の最後にも収録されています。人の感情を揺さぶるような曲がイエモンには多いですが、その特徴がかなり大きく出ている曲となっています。この曲を発表した頃のイエモンは、何かに挑戦したかったのか、かなりの長期に渡ってライブツアーを行なっていました。そのため、ライブを意識したような曲になっています。シングルやベスト盤に収録されているものを聞くのもいいですが、(ボーナストラックを除いて)わざわざライブアルバムの最後に持ってきているので、ライブの音源を聴いてみるのが良さそうな気がしています。

 

 

第8位.THE YELLOW MONKEY(ザ・イエローモンキー)「JAM」

THE YELLOW MONKEY – JAM

THE YELLOW MONKEY(ザ・イエローモンキー)「JAM」がおすすめの理由

イエモンのシングル曲の中では、2番目に売り上げたという曲です。ロックのバラードと言っていいでしょう。とりあえず、イエモンを代表する1番の曲と言っても過言ではないです。壮大なスケールを感じる曲です。テンポが遅くて歌いやすいので、カラオケで歌うのがオススメかもしれません。歌詞としては、社会風刺に近い内容となっています。また、人間の矛盾のようなものを歌い上げているような気もします。この曲を引っさげて当時の紅白歌合戦に出るのかと思いましたが、なぜか出ませんでした。これがとても不思議なのですが、しかし再結成してからは出ましたから良しとしたいです。

 

 

第7位.THE YELLOW MONKEY(ザ・イエローモンキー)「BURN」

THE YELLOW MONKEY – BURN

THE YELLOW MONKEY(ザ・イエローモンキー)「BURN」がおすすめの理由

イエモンのシングルの中では90万枚を売り上げており、一番ヒットした曲となっています。吉井和哉自身が、この時がバンドの頂点(最盛期)と言っています。そう言うだけあって、バンドの状態がとても良いことが感じられます。イエモンはミディアムテンポの曲が得意だと思うのですが、この曲もミディアムテンポで感情豊かに歌っています。イエモンのギターの菊地英昭は、良いギターリフを作る能力がありますが、BURNにおいても、印象的なギターフレーズを弾いています。元気の良いギターロックに聞こえますが、どちらかというと寂しさを感じさせる曲です。吉井和哉が夫婦喧嘩をしていたら思いついた曲ということですが、名曲はどこから生まれるか分かりません。

 

 

第6位.THE YELLOW MONKEY(ザ・イエローモンキー)「パール」

THE YELLOW MONKEY – パール

THE YELLOW MONKEY(ザ・イエローモンキー)「パール」がおすすめの理由

2001年に一度活動を休止して後に解散したイエモンですが、その終わる時期を疾走しているように感じる曲です。ミディアムテンポの曲が多いイエモンですが、珍しくテンポが早くてギターもボーカルもシンプルなメロディラインとなっている曲です。当時流行っていたギターパンクの影響を受けているのかもしれません。デモの段階ではドラムが入っていなくて、かなり雑な曲となっていたので、一旦ボツになったようですが、吉井和哉自身がプロデュースをして、シングルになりアルバムにも収録されました。歌詞のイメージとしては、夜の高速道路を車で走っているイメージです。

 

 

第5位.THE YELLOW MONKEY(ザ・イエローモンキー)「花吹雪」

https://www.youtube.com/watch?v=zgdGx7mNRx8
YouTube でお気に入りの動画や音楽を楽しみ、オリジナルのコンテンツをアップロードして友だちや家族、世界中の人たちと共有しましょう。

THE YELLOW MONKEY(ザ・イエローモンキー)「花吹雪」がおすすめの理由

イエモンの中では最高傑作と言われている「SICKS」というアルバムに収録されている曲です。イエモンの曲は感傷的な気分にさせてくれる曲が多いですが、この曲は感傷的な部分がもっとも大きい曲かもしれません。「SICKS」というアルバムでイエモンは色々な試みをしていますが、花吹雪もそうした部分を感じます。花吹雪の聴き方としては、「SICKS」というアルバムと切り離せないでしょう。できれば、「SICKS」の1曲目から聴いていって10曲目の花吹雪まで行きたいところです。ファンからの人気が高い曲なので、シングルとして発表されても良いのでは?と思ったのですが、アルバムの中の1曲としていたい気持ちもあります。

 

 

第4位.THE YELLOW MONKEY(ザ・イエローモンキー)「楽園」

THE YELLOW MONKEY – 楽園

THE YELLOW MONKEY(ザ・イエローモンキー)「楽園」がおすすめの理由

アルバム「SICKS」のリードシングルとなった曲です。この曲を発表した時は、イエモンがレコード会社を移籍した時期になります。そのためなのか、新たな旅に出発するような印象を与える曲です。他の名曲と同様に菊地英昭のギターリフが印象に残りますが、イントロあたりのシンセサイザーと思われるようなリフも魅力的です。当時は三国義貴さんがライブのサポートで、キーボードを担当していますが、三国さんの影響がありそうな気がしています。そしてシンセサイザーが印象的な曲は、イエモンには意外と多くあります。イエモンの中では前向きな気分にさせてくれる曲で、その意味ではちょっと他とは印象が違う名曲になるかもしれません。

 

 

第3位.THE YELLOW MONKEY(ザ・イエローモンキー)「熱帯夜」

THE YELLOW MONKEY – 熱帯夜

THE YELLOW MONKEY(ザ・イエローモンキー)「熱帯夜」がおすすめの理由

アルバム「smile」の最後に収録されている曲です。「smile」を発表する前のイエモンは、玄人受けするタイプのロックバンドでした。しかし、万人から支持されないとバンドは存続できないですし、人気が出ることをメンバー自身も望んでいました。そんな中発表されたのが、熱帯夜という曲でした。個人的には考えてみたら、熱帯夜という曲を聴いてからイエモンには興味を持って、熱心に聴くようになったのかもしれません。事実、バンドはそうした意図をもってこの曲を世に出したのでしょう。しかしイエモンが直接ブレイクしたのは、この曲のもう少し後になります。キャッチーな曲なのですが、なぜヒットしなかったのか不思議です。

 

 

第2位.THE YELLOW MONKEY(ザ・イエローモンキー)「真珠色の革命時代(Pearl Light Of Revolution)」

真珠色の革命時代

THE YELLOW MONKEY(ザ・イエローモンキー)「真珠色の革命時代(Pearl Light Of Revolution)」がおすすめの理由

イエモンの中では常に人気投票で上位に入る名曲です。イエモンの曲はミディアムかスローなテンポで感情を揺さぶる曲が多いのですが、その特徴を最も出している曲になるでしょう。ファンからの人気は高く、ライブでは最後の方で演奏することが多いです。

イエモンの記念すべきメジャーデビュー1作目のアルバムに入っている曲なのですが、アルバムに入っている曲と、ライブでは曲の印象がかなり変わります。ライブバージョンと聴き比べると、デビューしてから後の吉井和哉のボーカルの表現力が上がっていることが分かります。

ライブバージョンは、ライブアルバム「SO ALIVE」のボーナストラックとして聴くことができます。個人的にボーナストラックにしておくのは、勿体無いクオリティーの名曲です。

 

 

第1位.THE YELLOW MONKEY(ザ・イエローモンキー)「SPARK」

THE YELLOW MONKEY – SPARK

THE YELLOW MONKEY(ザ・イエローモンキー)「SPARK」がおすすめの理由

イエモンの中ではテンポの早い曲に入ります。当時はカラオケ屋が流行っている時代で、ヒット曲が出たらカラオケ屋で歌うことがとても多かったです。そんなカラオケ全盛期に出てきたのが、SPARKというノリの良いロックの曲です。イエモンのメンバー自身はどう思っているのか分かりませんが、SPARKを出したあたりが一番盛り上がっていた印象があります。そして、カラオケでSPARKをよく歌った思い出があります。そんなことから、個人的な思い入れを持ってしまう曲です。歌詞は最後が印象的で、「本当の愛で眠りたい」と歌っています。これだけ見ると、何か恥ずかしい歌詞に見えますが、曲全体を通して聴くと物事の本質を言っているように聞こえるのが不思議で素晴らしいです。

 

 

タイトルとURLをコピーしました