初心者にも!瞑想・マインドフルネス本おすすめ89選

スポンサーリンク

Contents

スポンサーリンク

瞑想・マインドフルネス本おすすめ

瞑想・マインドフルネス本のおすすめをまとめました。初心者の方にもおすすめの入門書から、経験者の方向けの本も揃っております。ぜひ瞑想・マインドフルネスに興味がある方は参考にしてみてください。

 

 

1.宝採有菜「始めよう。瞑想 15分でできるココロとアタマのストレッチ」

に関する本 宝採有菜「始めよう。瞑想 15分でできるココロとアタマのストレッチ」がおすすめの理由

「この本は、瞑想は科学であるという視点で書かれています。」と、筆者は言っています。 瞑想と聞くと何か神秘的なことを思い浮かべますが、ここでは人間の心の動きを科学的にとらえ、瞑想を論理的に説明されています。 15分で手軽にできる方法、上手にマスターする手段など具体的に説明されていて、初心者の方にもおすすめできる内容になっています。(50代男性)

瞑想の詳しいやり方、どうするれば頭を空に出来るか具体的な方法や、瞑想をやると脳はどう働き、どのような効果があるか、瞑想をすれば頭と心がどう変わっていくか、など詳しく書かれています。瞑想をこれから始めようと思っている方の手引き書になると思います。(40代女性)

瞑想経験者の方にもオススメですが、瞑想未経験者、初心者の方へおすすめしたい本だと思います。 なぜならば、瞑想はただ無になるだけのものではなのではし、ただの宗教的なものでもありません。 科学的にも証明され、効果があるものということをわかりやすく教えてくれます。 きっと、瞑想をしたくもなると思います。(30代女性)

瞑想というものがよくわからない人、瞑想にチャレンジしてみようという人、初心者にオススメな本です。 最初は上手くいかない瞑想ですが、瞑想のコツを教えてくれるので、だんだん瞑想が上手に出来るようになれます。(20代女性)

 

 

2.吉田 昌生「~1日10分で自分を浄化する方法~マインドフルネス瞑想入門」

に関する本 吉田 昌生「~1日10分で自分を浄化する方法~マインドフルネス瞑想入門」がおすすめの理由

ヨガのインストラクターが書いたマインドフルネス入門書である。 マインドフルネスがどういうものか、どうやるのかということが書かれている。 物事をどう捉えるかという観点でも勉強になる 付属の瞑想導入CDの出来も良く、日々の瞑想に活用すると良い。(30代男性)

瞑想と書かれていると少し難しく感じますが、こちらの本では初めての人にもわかりやすい内容が書かれています。 騙されたと思って始めてみると良いと思います。 疲れている人、ストレスを抱えている人に読んでもらいたいです。(30代女性)

 

 

3.「1分間瞑想法」

に関する本 「1分間瞑想法」がおすすめの理由

瞑想を行うことへのハードルを大きく下げてくれるからです。瞑想は最近流行ってきたとはいえまだ大きく認知されていません。しかしこの本には瞑想のやり方や効果が初心者向けに分かりやすく書かれており、生活に取り入れやすいやり方が書かれています。そなため、この本を読めば瞑想を行いやすくなります。(20代男性)

よほど瞑想に深く携わっていない限り一分間で瞑想をするというのは逆に難しい気がします。 ですから、それを期待するわけではなく、まずは試しに一分間瞑想をしてみましょうという本です。 チャレンジするきっかけとなりますから、入門したい人には良いと思います。(40代女性)

 

 

4.「世界のエリートがやっている最高の休息法 「脳科学×瞑想」で集中力が高まる」

に関する本 「世界のエリートがやっている最高の休息法 「脳科学×瞑想」で集中力が高まる」がおすすめの理由

「ぼーっとしているだけでは脳の疲労を回復させることはできない」として、瞑想による脳の疲労回復効果を紹介した著作です。あくまで科学的見地から瞑想を解説し、また著名人のインタビューを通じて瞑想の効果が紹介されるので説得力を感じました。(30代男性)

マインドフルネスはグーグルの社員がやっているということで有名になった。マインドフルネスというと、なんだろうと思うかもしれないが、東洋世界では昔からおなじみの瞑想法の一種である。今マインドフルネス関係の本は、巷に多く出回っているが、私が本書を選んだのは、物語形式になっていて、具体的であった点だ。物語になっていると、主人公に感情移入するし、それがどのように変化していったのかもわかりやすいと感じた。ストレスにさいなまれていた主人公だけではなく、周りの人々も巻き込んでいく、マインドフルネスの力がわかりやすくてよい。話が少しうまくいきすぎの感もあるが、マインドフルネスの入門そして概要をつかむには最適の書と考える。(50代男性)

 

 

5.ジャン・チョーズン・ベイズ「「今、ここ」に意識を集中する練習」

に関する本 ジャン・チョーズン・ベイズ「「今、ここ」に意識を集中する練習」がおすすめの理由

マインドフルネスという言葉は聞いたことがあったけれど、実践するとなるとハードルが高いように感じていた。しかし、この本を読んでみて、マインドフルネスというのは一瞬の集中、ひと呼吸だけでも集中して行う、今に意識を向けることができれば、もうそれがマインドフルネスの訓練になっている。そういった事例をわかりやすく書かれているので、マインドフルネスとはどういうものか知りたい人にはおすすめしたい。(30代男性)

 

 

6.苫米地英人「「頭のゴミ」を捨てれば、脳は一瞬で目覚める!」

に関する本 苫米地英人「「頭のゴミ」を捨てれば、脳は一瞬で目覚める!」がおすすめの理由

要は、嫌なことは忘れてしまえということ。分かってはいても実践するのは難しい。すぐに効果が出るわけではないので実践あるのみ。部屋を掃除するように、頭の中も整理する。きっとあなたも、いらない情報の多さに驚くだろう。(30代女性)

 

 

7.「「敏感すぎる自分」を好きになれる本」

に関する本 「「敏感すぎる自分」を好きになれる本」がおすすめの理由

題名に、敏感に反応して購入。接客業をしていると、たくさんのお客さんに対応します。仕事が終わる頃にはぐったりとしてしまうのですが、自分なりのサービスをすれば良いと勇気を貰いました。私のために書かれた本のようです。(30代女性)

 

 

8.藤井英雄「1日10秒マインドフルネス」

に関する本 藤井英雄「1日10秒マインドフルネス」がおすすめの理由

時間に追われていたり、ストレスが溜まっていたりするど、日々の些細なことでイライラしやすくなります。そんな時にタイトルに惹かれて購入しました。1日10秒なので、通勤中やお昼休み、トイレなんかでもできるところが魅力です。(20代女性)

 

 

9.「1日3分聴くだけ!心がスッキリ片づく習慣」

に関する本 「1日3分聴くだけ!心がスッキリ片づく習慣」がおすすめの理由

某サッカー選手やテニスプレイヤーが取り入れてると知り、興味を持ちました。全く知らない分野でしたので、値段的にも手頃なこの一冊にしました。CDも付いているので、足がかりとしてはちょうど良いボリュームかと思います。イラストも可愛いです。(20代女性)

 

 

10.吉田昌生「3分間マインドフルネス」

に関する本 吉田昌生「3分間マインドフルネス」がおすすめの理由

マインドフルネスの本は数冊読んだことがありますが、一番わかりやすい本でした。 こころの状態や悩み別に対処法と効果が紹介されています。 文章だけでなく所々イラストがあり、イメージしやすいです。 心と身体を整えるマインドフルネスがあり、心と身体がつながっていることも実感できました。 タイトルの通り、3分間でマインドフルネスがわかる解説があります。 マインドフルネスに興味があり、はじめてみたい方に是非おすすめの本です。(30代女性)

 

 

11.「Dr.コパの金運風水大全 決定版 基本からインテリア、土地、間取り、盛り塩まで入門編にして決定版!!」

に関する本 「Dr.コパの金運風水大全 決定版 基本からインテリア、土地、間取り、盛り塩まで入門編にして決定版!!」がおすすめの理由

風水実践の提唱者としてだけではなく、建築家としても活躍している著者の開運理論が良かったです。スピリチュアルな考え方と、インテリアの配置や間取りにこだわりぬいた自由な発想で金運アップを呼び込むところが面白かったです。(30代男性)

 

 

12.佐野 美代子「あなたが願う 愛と幸せは現実になる」

に関する本 佐野 美代子「あなたが願う 愛と幸せは現実になる」がおすすめの理由

ザシークレットの作者が書いた本らしいのですが、私はこの本から作者を知りました。 個人的には引き寄せの方にはあまり興味がありませんが、快い瞑想ができているのでその上引き寄せも出来るなら願ったり叶ったりなのかもしれません。 おすすめいたします。(40代女性)

 

 

13.「ある観法 自分癒しのワークブック」

に関する本 「ある観法 自分癒しのワークブック」がおすすめの理由

敢えて治療しない選択肢を選び、現在の自分自身の姿をあるがままに捉えているところが斬新な発想でした。長い人生の中の哀しみや苦しみに生きる意味を見いだして、エネルギーへと変えていく前向きな姿勢が良かったです。(30代男性)

 

 

14.大嶋信頼「いちいち悩まなくなる口ぐせリセット」

に関する本 大嶋信頼「いちいち悩まなくなる口ぐせリセット」がおすすめの理由

私は普段、どんなことを呟いているんだろう。口ぐせを書きだしてみたら、負の感情を表現する言葉が多かった。独り言とかって周りに影響力があるから、改めて気をつけなければいけないと。書いて心の整理できました。(30代女性)

 

 

15.「いちばんやさしい瞑想入門」

に関する本 「いちばんやさしい瞑想入門」がおすすめの理由

瞑想というとお寺で座禅を組んでするものというイメージがありました。 しかし、この本を読んでその概念が無くなりました。 もっと気軽に、普段の生活から出きるものであり、お風呂の中でも自分の部屋でもできるもの。 くよくよ悩む癖がありましたが瞑想のおかげでスッキリしました。おすすめです。(40代女性)

 

 

16.エレイン・N・アーロン「ささいなことにもすぐに「動揺」してしまうあなたへ。」

に関する本 エレイン・N・アーロン「ささいなことにもすぐに「動揺」してしまうあなたへ。」がおすすめの理由

今日は頑張って働いたなーと思っても、これくらいで満足してはいけない。もっと頑張らなくてはと無理をする。頑張らなくてもいいんだよと言われても、綺麗ごとにしか聞こえなかったのに、この本だと素直に受け止められた。(30代女性)

 

 

17.「シンプルに生きる ストレスからの解放」

に関する本 「シンプルに生きる ストレスからの解放」がおすすめの理由

フランスで生まれて世界各地を回りながらヨガや墨絵・曹洞宗を学んだ、著者の生き方が興味深かったです。複雑な人間関係やストレス社会の中でも、自分らしくシンプルなライフスタイルを送ることを考えさせられました。(30代男性)

 

 

18.「すすっと瞑想スイッチ」

に関する本 「すすっと瞑想スイッチ」がおすすめの理由

手軽にできる瞑想方法を知ることができます。忙しい現代人に向けた、座禅を組まなくてもできる瞑想方法を紹介しています。風呂場やトイレなど日常生活の中で、できる方法が多いので、すぐに試してみたくなります。また瞑想にまつわる偉人のエピソードや著者の体験談などが紹介されており、読み物としても面白いです。細かい章に分かれていて読みやすく、表紙や挿絵も可愛くて安心感があるので、眠る前にピッタリな本です。(30代女性)

 

 

19.ひろさちや「捨てちゃえ、捨てちゃえ」

に関する本 ひろさちや「捨てちゃえ、捨てちゃえ」がおすすめの理由

私の周りだけで、何人いるんだろう。一人一人に合わせて居たら、そりゃあ疲れるよね。こちらにも選ぶ権利があって、不満なら不満だって言えばいい。物やプライドや、いらないものは捨ててしまい身軽に行こう。童話や仏教を例に挙げて、分かりやすく優しく諭してくれる。(30代女性)

 

 

20.熊野 宏昭「ストレスに負けない! 心のストレッチ はじめてのマインドフルネス」

に関する本 熊野 宏昭「ストレスに負けない! 心のストレッチ はじめてのマインドフルネス」がおすすめの理由

NHKの番組「まる得マガジン」をテキストにしたものである。 とにかく図が多いので、1時間くらいで読める。 図のおかげで、実践するときにはわかりやすい。 いいと思ったものはどんどん生活に取り入れることができる。 マインドフルネスの詳しいことはあまり書かれていないが、とにかくやってみたいという人には向く。(30代男性)

 

 

21.五木寛之「大河の一滴」

に関する本 五木寛之「大河の一滴」がおすすめの理由

この本は、私が19歳の時交通事故にあい、障害を負った時に家族に勧められ読んだ本ですが、40歳近くになった今でも、繰り返し人生のバイブルとして読んでいます。特に印象に残っている言葉は、「天上天下唯我独尊」というお釈迦様が説いた言葉で、のちに「人は誰も掛買がなく尊い存在だ」という意味だそうです。(30代男性)

 

 

22.タデウス・ゴラス「なまけ者のさとり方」

に関する本 タデウス・ゴラス「なまけ者のさとり方」がおすすめの理由

堅苦しくない精神世界の本なので、精神的に落ち込んでいる人や瞑想、精神世界のことを知りたい人に読みやすくなっています。毎日の生活に何かが足りないと思っている人やうつ気味になっている人に元気を与える一冊です。(40代女性)

 

 

23.「ニューアース」

に関する本 「ニューアース」がおすすめの理由

あれこれ思い悩みがちな毎日ですが,これを読むと,今私が生きている瞬間だけが大切なことだということがよくわかります。論理的に説明されているので,わかりやすいですし,困ったときには本に書かれたことを思い出すようにしています。(40代女性)

 

 

24.「ネガティブがあっても引き寄せは叶う」

に関する本 「ネガティブがあっても引き寄せは叶う」がおすすめの理由

ネガティブ思考でもいいんだと自分を認めてあげられる本です。引き寄せ実践アドバイザーの著書で実体験に基づく言葉なので説得力があります。ネガティブ思考でも大丈夫。願いはちゃんと叶うと前向きになれる本です。(30代女性)

 

 

25.「ネガティブでも手帳にこう書くと宇宙が願いを叶え出す」

に関する本 「ネガティブでも手帳にこう書くと宇宙が願いを叶え出す」がおすすめの理由

ネガティブ思考に悩んでいる人にぜひ読んでほしいです。願いは書いて叶えていこうと前向きにわくわく生きることができます。簡単な言葉で短いトピックで書いてあるのでとっても読みやすいし分かりやすいです。繰り返し読んでいます。(30代女性)

 

 

26.「ネガティブな人の引き寄せワークブック」

に関する本 「ネガティブな人の引き寄せワークブック」がおすすめの理由

引き寄せの法則で願いは口に出したり書いたりしてどんどん叶えていきたいなと前向きになれる本です。引き寄せると思うと、ポジティブなことばかり身の回りに溢れているような気がします。ネガティブな人にはぜひ一度読んでほしいです。(30代女性)

 

 

27.椎名 慶子「はじめての瞑想CDブック: 心が整い、日々生まれ変わる」

に関する本 椎名 慶子「はじめての瞑想CDブック: 心が整い、日々生まれ変わる」がおすすめの理由

この本とCDのセットはそれだけでとってもお得な気分です。 CDをかけて目をつむっているだけで簡単に瞑想が楽しめます。 一通り聞き終わるとリラックスできて頭もすっきりです。 先生の声で幸せに導かれる感じで音楽も良いです。 試してみる価値はあると思います。(40代女性)

 

 

28.「ブッダの瞑想法 ヴィパッサナー瞑想の理論と実践」

に関する本 「ブッダの瞑想法 ヴィパッサナー瞑想の理論と実践」がおすすめの理由

瞑想をして心を落ち着けたいと思ったときにこの本に出合いました。瞑想のやり方が細かく書かれています。ヴィパッサナー瞑想は普段の日常生活の中の一つ一つの行動が瞑想になるのです。歩いているとき、食器を洗っているときなど、一つの動作に意識を向けると、とても心が落ち着いていくのがわかりました。(30代男性)

 

 

29.「マーフィーの100の法則」

に関する本 「マーフィーの100の法則」がおすすめの理由

努力することも大切だが、「自分はできる」と思い込ますこともある意味一種の才能だ。そんな自信を持っている人に、人は集まってくるのだろう。何度も読み返して、内容を頭に叩き込もう。少し洗脳に近いかもしれないが、悪い本ではない。(30代女性)

 

 

30.藤井英雄「マインドフルネスの教科書 」

に関する本 藤井英雄「マインドフルネスの教科書 」がおすすめの理由

マインドフルネスを始めたいという人、まず手にすべき本だと思います。マインドフルネスとは何なのか、どうやったらマインドフルネスでストレスが軽減するのか、どのようなトレーニングをすればよいのか、ということが段階的に分かりやすく書かれています。既にマインドフルネスに取り組んでるという人も、この本を読むことでマインドフルネスの基本を復習できるのではないでしょうか。(20代男性)

 

 

31.有光興記「マインドフルネス瞑想がよくわかる本」

に関する本 有光興記「マインドフルネス瞑想がよくわかる本」がおすすめの理由

マインドフルネスの理論と瞑想の効果や方法が、簡潔な言葉で紹介された入門書といえます。心理学や東洋医学に基づく歴史も書かれているので、根拠を知りたいという場合にも適した著書でしょう。特に、自分を客観視しようというくだりは興味を惹かれました。(30代男性)

 

 

32.「マインドフルネス瞑想入門」

に関する本 「マインドフルネス瞑想入門」がおすすめの理由

瞑想する時の姿勢や呼吸法などが簡単に説明されています。マインドフルネスのイメージングに重きを置いてある本で、短時間の瞑想から始めることができます。自分自身に無理のないリズムで体験できるので、瞑想初心者におすすめです。(30代女性)

 

 

33.植西聰「ゆるす力」

に関する本 植西聰「ゆるす力」がおすすめの理由

世の中にはゆるせないことが多く、ついイライラしてしまうことがあります。しかしそういった怒りや憎しみは、自分の心を傷付け続けると言います。そんな心の棘をどうすれば手放せるのか、人生論の研究成果を体系化した「成心学」理論を確立した著者がわかりやすく説明してくれます。(50代男性)

 

 

34.Masami「ヨーガ―感じるヨガ」

に関する本 Masami「ヨーガ―感じるヨガ」がおすすめの理由

本の方は写真集、DVDの方はきれいな背景と共に著書のマサミさんがひたすらヨガをしているといったものです。 ヨガのレッスン的な要素はありませんが、究極の癒しといってもいいくらい脳みそがリラックスできます。 心と体が疲れている人、リラックス時に流す事をおすすめします。(40代女性)

 

 

35.加藤朝胤「ラク~に生きるヒントが見つかる 般ニャ心経」

に関する本 加藤朝胤「ラク~に生きるヒントが見つかる 般ニャ心経」がおすすめの理由

多くの人に知られているお経「般若心経」の教えを分かりやすく紹介している書籍です。 タイトルに「般ニャ心経」とある通り、般若心経の語句の意味や身近な例を、かわいらしい猫の写真と共に説明してくれています。 お堅いイメージのお経ですが、見開き1ページに1つの語句が優しく・分かりやすく紹介されているので、読みやすいです。 猫好きの方にもオススメです。(20代女性)

 

 

36.「リリアン・トゥーの風水 幸運のシンボル」

に関する本 「リリアン・トゥーの風水 幸運のシンボル」がおすすめの理由

風水実践において家の中の適切な場所に適切なアイテムを設置していく、シンボリズムの大切さを感じました。スピリチュアルな視点からだけではなく、インテリアとのコーディネートを考えながら自分の生活空間を創り上げていくところに共感できました。(30代男性)

 

 

37.「易花術入門 自然界からのあなただけの開運メッセージ」

に関する本 「易花術入門 自然界からのあなただけの開運メッセージ」がおすすめの理由

易経や万葉集をはじめとする古来から受け継がれている様々な学問の見地から、現代の不安や悩みに向き合っていくところが良かったです。自然界のメッセージに耳を傾けることによって、人間本来が持っている生命力を感じました。(30代男性)

 

 

38.「運のよさは「瞑想」でつくる」

に関する本 「運のよさは「瞑想」でつくる」がおすすめの理由

瞑想は運を良くするものではない。瞑想をすることによりポジティブになり、結果、運が良くなるのだと思う。それでも、この本をきっかけに瞑想を始める人が増えたらいいと思う。この本のおかげで雑念が減り、心身共に軽くなれた。(30代女性)

 

 

39.宝彩 有菜「楽しもう。瞑想心に青空が広がる」

に関する本 宝彩 有菜「楽しもう。瞑想心に青空が広がる」がおすすめの理由

この人の書いた本を他にも持っています。 瞑想について優しく解説されているので入りやすく、初心者にもおすすめです。 瞑想はほぼヨガとセットです。 そちらもやるとさらに瞑想しやすくなるので、とてもおすすめです。(40代女性)

 

 

40.「気楽体からだ道場 「何もしない…」という健康法!」

に関する本 「気楽体からだ道場 「何もしない…」という健康法!」がおすすめの理由

現代の医療機関や最先端の医薬品への、盲目的な信頼性について考えさせられました。自らの身体を宇宙の中のひとつと捉えている斬新な発想とともに、自分にあったライフスタイルを追い求めていくところに共感できました。(30代男性)

 

 

41.「気楽体元気 やさしく楽しい癒しへの道」

style=border:none

に関する本 「気楽体元気 やさしく楽しい癒しへの道」がおすすめの理由

鍼灸師の国家資格を持ち千葉県の松戸市で診療所を営んでいる、著者の地道な取り組みが興味深かったです。はりやお灸を使って人々を癒すだけではなく、気楽体のスピリチュアルな考え方を活かした治療方法が良かったです。(30代男性)

 

 

42.「気功時代 気を科学する! 高次元人体能力を探る!!」

style=border:none

に関する本 「気功時代 気を科学する! 高次元人体能力を探る!!」がおすすめの理由

気功師と科学者という対極に見える立場のふたりの、奇妙な繋がりや友情が興味深かったです。気功をスピリチュアルな面だけでなく科学的な見地からアプローチしていくことによって、自らの身体の仕組みや生命力についても考えさせられました。(30代男性)

 

 

43.「空手と禅 身体心理学で武道を解明! マインドフルネスが導く“全方位的意識へ」

style=border:none

に関する本 「空手と禅 身体心理学で武道を解明! マインドフルネスが導く“全方位的意識へ」がおすすめの理由

ターミナル医療では患者自身、そして医師や看護師などスタッフに多くのストレスがかかると言われています。それを少しでも減らそうと医療現場でもマインドフルネスが導入され始めています。 私自身、口腔外科医として働いていて、患者の死に関わることも少なくありません。。武道を嗜むこともあり、以前から何か生かせることはできないかと考えていたときに出会った本です。 この本との出会いをきっかけに、ストレスがかかった時の平静の保ち方を学びました。またマインドフルネスを専門的に学ぶきっかけになりました。 文体も読みやすく、是非読んでもらいたい本です。(30代男性)

 

 

44.エレマリア「見るだけで運がよくなる「聖なる絵本」」

に関する本 エレマリア「見るだけで運がよくなる「聖なる絵本」」がおすすめの理由

とてもカラフルな絵本で、見ているだけで癒されます。 自分の周りでさまざまなサポートをしてくれる存在に目を向け、感謝する気持ちになります。 パッと開いたページから今の自分に対するメッセージを受け取れる気がするので、ふと思い立った時に手に取る事をおすすめします。(30代女性)

 

 

45.丸井章夫「幸運を引き寄せたいなら ノートの神さまにお願いしなさい」

に関する本 丸井章夫「幸運を引き寄せたいなら ノートの神さまにお願いしなさい」がおすすめの理由

ノートは確かに勉強や仕事には欠かせないものですが、多くの人は備忘録程度にしか考えていないと思います。しかし運命カウンセラーである著者は、そのノートが人生を好転させる最強のツールであると断言しています。果たしてその真意とは?(50代男性)

 

 

46.「幸運を呼び込む不思議な写真」

に関する本 「幸運を呼び込む不思議な写真」がおすすめの理由

綺麗で不思議な写真の数々です。ただ綺麗なだけではなく、見ただけでなんともいえない力を感じる写真がいくつもあります。 これまでも風景写真を見たりするのは好きでしたが、写真の光にも癒されることがあると知ったのはこの本のおかげです。 おかげで自分でも写真を撮ったり雲を眺めたりすることが楽しくなりました。(40代女性)

 

 

47.ラス・ハリス「幸福になりたいなら幸福になろうとしてはいけない マインドフルネスから生まれた心理療法ACT入門」

に関する本 ラス・ハリス「幸福になりたいなら幸福になろうとしてはいけない マインドフルネスから生まれた心理療法ACT入門」がおすすめの理由

マインドフルネスを、もっと極めた、先鋭的な本です。文章はとても読み易く、マインドフルネスを習得した後にチャレンジしてみると、より一層、マインドフルな状態に導いてくれます。何かストレスを抱えている方には、毎日を快適に過ごす大切なヒントになると思います。(40代女性)

 

 

48.「考えない練習」

に関する本 「考えない練習」がおすすめの理由

僧侶の小池龍之介さんによる日常に役立つ心の持ち方を書いた本です。色々な情報が次々と入ってくる今の便利な世の中ですが、その分沢山の事に神経質になっているそうです。タイトルの通り考えすぎずシンプルに生きる事で幸せになれるヒントを沢山書いています。(30代女性)

 

 

49.「今が一番!気楽体覚書 そのまんまでOKのからだ観」

style=border:none

に関する本 「今が一番!気楽体覚書 そのまんまでOKのからだ観」がおすすめの理由

気の治療方法として注目されている、「気楽体」の斬新な健康方法が参考になりました。ありのままに生きることで、自らの身体の健康とともに周りの人たちに対しても優しい人間関係を築き上げていくところが良かったです。(30代男性)

 

 

50.「今の自分がみるみる好きになる本」

に関する本 「今の自分がみるみる好きになる本」がおすすめの理由

自分と向き合うには超おすすめの本です。自分のことを自分で知っていた方が何事もうまくいく。ちょっとしたことで気分よく過ごせる毎日になる。そのヒントが書かれてある本なので、女性にはぜひ読んでほしいと思います。(30代女性)

 

 

51.「最高の休息法」

に関する本 「最高の休息法」がおすすめの理由

タイトルは少し難しそうに感じますが、内容はマインドフルネスのことがわからない人にもわかる簡単な言葉に噛み砕いて書かれていて、すごくわかりやすかったです。後半は、ストーリー展開されていて、説明だけではわからないマインドフルネスの変化や効果をより深く理解することができ、読み進めやすい本でした。(20代女性)

 

 

52.「慈愛の先祖供養 宗教宗派を超えた最高の先祖供養」

に関する本 「慈愛の先祖供養 宗教宗派を超えた最高の先祖供養」がおすすめの理由

仏教と神道の立場から行われてきた、今までの日本の先祖供養のあり方が変わっていくことを感じました。宗教的な固定観念に捉われることのない、平和と死者への静かな祈りを込めた新しいタイプの考え方が伝わってきました。(30代男性)

 

 

53.アルボムッレ・スマナサーラ「慈悲の瞑想〔フルバージョン〕――人生を開花させる慈しみ」

に関する本 アルボムッレ・スマナサーラ「慈悲の瞑想〔フルバージョン〕――人生を開花させる慈しみ」がおすすめの理由

瞑想は実は短くて入門用のものと長くて本格的なものがあります。 短いものは本当の瞑想の入り口でしかありません。 こちらの本はメンタリストダイゴさんも推薦していますが、フルバージョンということで、様々な気づきが体験できると思います。 私は短いものもたくさん持って、本格的なものを探すという段階なのですがそうなると難しすぎたりします。 これは次のステップへ行くのにちょうど良いのでおすすめいたします。(40代女性)

 

 

54.「自分でできるマインドフルネス」

に関する本 「自分でできるマインドフルネス」がおすすめの理由

CDが付いていて、それを聞くだけでも心を落ち着かせることができる。説明も身近に誰もが経験したことがあるようなケースを取り上げている。また最新の科学的根拠に基づいた説明も記憶に残りやすい。いろんな実践方法が載っているので、興味を持った所から始められる。(30代女性)

 

 

55.加藤諦三「自分に気づく心理学」

に関する本 加藤諦三「自分に気づく心理学」がおすすめの理由

「そんなふうに育てた覚えはない」とよく言われたものだけど、それは、親が自分の力量不足を認めているってことなんだよね。自分の力不足を認めたくなくて、子供に責任を押し付けるような発言になるらしい。なるほどなー。(30代女性)

 

 

56.「自分を休ませる練習 しなやかに生きるためのマインドフルネス」

に関する本 「自分を休ませる練習 しなやかに生きるためのマインドフルネス」がおすすめの理由

少しずつですが読んでみて、自分のためになることが多く書いてありました。 一日のうち一回深く深呼吸することから初めてもいいそうです。 自分が楽になるためにどうすればいいかというヒントがたくさんかかれているので、悩んでいる方にはおすすめです。(40代女性)

 

 

57.「自分を変える気づきの瞑想法」

に関する本 「自分を変える気づきの瞑想法」がおすすめの理由

ヴィバッサナ―瞑想について、それが心身にとってなぜ有益かを平易な文章で説いた後で、そのやり方が図解入りで解説されており、説得力のある構成が初心者にも非常にわかりやすい内容となっています。単なるマニュアル書としてだけではなく、ただ読むだけでも気持ちが楽になってくる良書です。(50代男性)

 

 

58.ウ・ジョーティカ「自由への旅」

に関する本 ウ・ジョーティカ「自由への旅」がおすすめの理由

瞑想の方法や効果について、「ビジネス目的として」「仏教の思想を基準として」描かれている著作です。一般論ではなく著者の実践として書かれているため理解するのが難しい点もありますが、予備知識があれば理解を深められることでしょう。(30代男性)

 

 

59.「心を整える」

に関する本 「心を整える」がおすすめの理由

世界で活躍するプロサッカー選手長谷部誠選手が大きな試合前での自分のメンタルの保ち方や、試合の為に普段の生活の中で気をつけていること対人関係で気をつけていることなどが綴ってあります。 特に好きな匂いのお香をたいて、瞑想しながらリラックスする方法はとても参考になりました。 明日も頑張ろうと思わせてくれる1冊です。(20代男性)

 

 

60.「心を癒すマンダラぬり絵」

に関する本 「心を癒すマンダラぬり絵」がおすすめの理由

種類豊富な幾何学模様のマンダラを自由気ままになぞっていくうちに、不思議なヒーリング効果が湧いてきました。神秘的なムードを感じることができるとともに、指先を細かく動かすことによって脳の活性化も期待できそうです。(30代男性)

 

 

61.村山 友美「心身を浄化し、幸せを引き寄せる音瞑想CDブック」

に関する本 村山 友美「心身を浄化し、幸せを引き寄せる音瞑想CDブック」がおすすめの理由

瞑想の本は数えきれないくらい持っています。 音楽と言葉で瞑想へ導くものが多い中で、こちらは体も動かしながらする瞑想です。 ちょっと珍しいかもしれません。 今までの瞑想法に物足さを感じる方におすすめいたします。(40代女性)

 

 

62.「人の心を自由に操る技術」

に関する本 「人の心を自由に操る技術」がおすすめの理由

人の心を操ることが出来たら面白いし、人生が楽しくなります。 思い通りにいかないことは多いけれど、相手が何を望んでいるのか見ていると、自然とどう話せばよいのかわかる内容です。 メンタル的なテクニックも書かれていて、勉強になります。(30代女性)

 

 

63.「人間釈迦」

に関する本 「人間釈迦」がおすすめの理由

お釈迦様のお生まれから、幼少期、青年期、悟りを開くまでの過程を、一般の人にも、わかりやすく説明してあって、ためになる本である。彼の人生と、その偉大さがよくわかり、何度も何度も、私は読みました。感銘を受ける人には、心から感銘を受けると思います。(50代男性)

 

 

64.牧野内大史「人生が変わる 心のブロックの溶かし方: 一瞬で変わる変性意識のつくり方つかい方」

style=border:none

に関する本 牧野内大史「人生が変わる 心のブロックの溶かし方: 一瞬で変わる変性意識のつくり方つかい方」がおすすめの理由

自分の好きな生き方をするためには、心のブロックを溶かせばいいと言います。そのブロックとは何か、私たちの心には生き方を制限する何かがあります。そのことがわかりやすく説明されていて、明るい未来が見えてくるようてす。(50代男性)

 

 

65.「人生が変わるマインドフルネス」

に関する本 「人生が変わるマインドフルネス」がおすすめの理由

とても分かりやすい言葉で本当に大切なことが述べられています。また著者が経験から学んできたことを伝えている万人へのメッセージです。私は女性として学ぶこと、真似をしたいことがたくさんありました。マインドフルネスって何?と思っている人にもおすすめです。(30代女性)

 

 

66.「人生の「質」を上げる 孤独をたのしむ力」

に関する本 「人生の「質」を上げる 孤独をたのしむ力」がおすすめの理由

ネットでは、リア充と呼ばれる人たちが大勢存在する。その中に加わろうと必死になる自分。孤独を味方につける方法をこの本から教わった。一人で過ごすことのメリットとデミリットを見極め、有意義な時間を過ごしたい。(30代女性)

 

 

67.牧野内 大史「人生のシナリオを書き換えるイメージの法則 超☆きらめき」

に関する本 牧野内 大史「人生のシナリオを書き換えるイメージの法則 超☆きらめき」がおすすめの理由

自分の人生、このままでいいのかと思ったときに、やさしい言葉でアドバイスしてくれるのがこの本です。明確な目標を持つことは良いことですが、それに縛られてしまわないようにすることも大事だという言葉には愛が込められています。(50代男性)

 

 

68.ケン ヴェルニ「図解 マインドフルネス ―しなやかな心と脳を育てる―」

に関する本 ケン ヴェルニ「図解 マインドフルネス ―しなやかな心と脳を育てる―」がおすすめの理由

今話題のマインドフルネスとは、どのようなものかが詳しく描かれた本です。とても細かく書かれており文字数は多いのですが、おしゃれなイラストが多様されており、気楽に読むことができます。また、考え方が宗教のような感じではなく、なるべく偏りのないように書かれている点もおすすめです。(30代女性)

 

 

69.稲盛和夫「生き方」

に関する本 稲盛和夫「生き方」がおすすめの理由

人生に大切なことを分かりやすく稲盛さんの経験を通して書いてあり、また、人間としての活きるうえで大切だということを理路整然と書かれているため。基本的に、この本では、何事にも積極的に生きなければならないし、熱意を持たなければなら愛ということが記載されているため、非常に良い本です。(20代男性)

 

 

70.斉藤一人「絶対、よくなる!」

に関する本 斉藤一人「絶対、よくなる!」がおすすめの理由

幸せそうにふるまうこと、幸せは舞い込んでくると書かれていました。最初は納得できなかったのですが、空元気とは違うようですね。この意味を考えながら、生きていきたいなと思いました。負のループにはまっている時に、出会えてよかったです。(30代女性)

 

 

71.デイヴィット・リンチ( 草坂 虹恵 訳)「大きな魚をつかまえよう―リンチ流アート・ライフ∞瞑想レッスン」

に関する本 デイヴィット・リンチ( 草坂 虹恵 訳)「大きな魚をつかまえよう―リンチ流アート・ライフ∞瞑想レッスン」がおすすめの理由

映画、TVシリーズ「ツインピークス」の監督であるデイヴィット・リンチの本。彼自身のTM瞑想(トランセンデンタル・メディテーション)からの体験や彼が映画を制作するのになぜ必要かなど、瞑想がどのようなことをもたらすのか知ることができる。(40代女性)

 

 

72.「置かれた場所で咲きなさい」

に関する本 「置かれた場所で咲きなさい」がおすすめの理由

著者の方が、アメリカのノートルダム修道女会に入っておられただけあって、とても言葉が綺麗で心が温かくなります。また、様々な角度からたくさんの教訓をダイジェストにまとめてくれているので、隙間時間でも読みやすく、分かりやすいです。(20代女性)

 

 

73.「沈黙入門」

に関する本 「沈黙入門」がおすすめの理由

SNSで常に誰かと繋がっていたいと思う現代人。でも、そんな毎日にとうとう疲れてしまった方に、この本は静かに気付きを与えてくれます。 たまには、誰とも繋がらずに自分の内面をじっくりと覗いてみると新しい発見があるかもしれません。(30代女性)

 

 

74.「天源十二宮講義 (東洋易学・運命学大系)」

に関する本 「天源十二宮講義 (東洋易学・運命学大系)」がおすすめの理由

天保年間の御家人である横山丸三にさかのぼるほどの、天源術の奥深さが伝わってきました。生まれた時に授けられた運命に従うだけではなく、精神の向上に努めて人それぞれの本来の性質を活かしていくところに共感できました。(30代男性)

 

 

75.「鈍感な世界に生きる敏感な人たち」

に関する本 「鈍感な世界に生きる敏感な人たち」がおすすめの理由

題名が引っかかって購入。落ち込むことがあると、長時間動けなくなってしまうのですが、考える時間を持つことは大切と書いてあり安心した。スピードを求められる仕事をしているので、「考える暇があったら動け」と言われてきた。今の私を肯定されたようで嬉しい。(30代女性)

 

 

76.「内向型を強みにする」

に関する本 「内向型を強みにする」がおすすめの理由

インターネットの普及のおかげで、内向的な人も仕事が持てるようになった。家が職場という人も多いだろう。この本には、内向的な人にゴッホがいるから大丈夫と書いてある。極端な例だが、どんな人にも適材適所があるので見つけられると良いですね。(30代女性)

 

 

77.松村憲「日本一わかりやすいマインドフルネス瞑想」

に関する本 松村憲「日本一わかりやすいマインドフルネス瞑想」がおすすめの理由

呼吸と瞑想の関係に始まり、瞑想の技法がていねいに記されていて、辞書のように調べる目的としても使えます。前半のブッダの教え云々については冗長でしたが、後半の 例えば「歩きながらでも瞑想できる」といった技法は斬新で、日常に取り入れられることでしょう。(30代男性)

 

 

78.「猫はためらわずにノンと言う」

に関する本 「猫はためらわずにノンと言う」がおすすめの理由

分厚い本を買って学ばなくても、身近に素晴らしい先生がいるではないか。猫のように生きられたらと思いつつ、実際に行動するのは難しい。他人の評価を気にせずに、自由や単独行動を楽しんでみよう。それでもよって来てくれる人が親友だろう。(30代女性)

 

 

79.「脳疲労が消える 最高の休息法」

に関する本 「脳疲労が消える 最高の休息法」がおすすめの理由

瞑想の簡単な方法と、その効用について列挙されている著書です。「今この時だけに集中すること」「自分を客観視すること」といった基本から、瞑想に入るための補助として使えるCDが付属するなど、具体的な方法について実践が可能です。(30代男性)

 

 

80.草薙龍瞬「反応しない練習」

に関する本 草薙龍瞬「反応しない練習」がおすすめの理由

心に不安や心配がある方におすすめ!日常生活や仕事などでのブレない心の考え方、鍛え方を掲載しています。私自身も心が弱かったのでこの本を読んでからの人生が変わりました。不安や心配を抱えている方には必見です。(20代男性)

 

 

81.「風水 原理を生かす 幸運なツキをよぶ仕事と生活の知恵」

style=border:none

に関する本 「風水 原理を生かす 幸運なツキをよぶ仕事と生活の知恵」がおすすめの理由

オフィス内などの仕事のスペースだけではなく、プライベートな空間での風水実践方法が参考になりました。適切な場所に相応しいシンボルを設置することによって、水や風の流れが変わっていくところが面白かったです。(30代男性)

 

 

82.今津貴美「聞くだけでぐっすり眠れて疲れがとれる 寝たまんまヨガCDブック」

に関する本 今津貴美「聞くだけでぐっすり眠れて疲れがとれる 寝たまんまヨガCDブック」がおすすめの理由

アロマスクールで、開催されたヨガニドラーの教室でおすすめされて購入しました。 書籍の内容はとても分かりやすく、教室で習ったことに近いことが書かれていて、良かったです。 付属のCDの内容も良く、他の書籍のものは時間が短いので、集中しきれないのですが、 2曲目に登録されている「ネイチャー・リラクゼーション」は40分近くあり、ゆっくりできるのがいいので、おすすめです。(30代女性)

 

 

83.平井正修「忘れる力」

に関する本 平井正修「忘れる力」がおすすめの理由

最近物忘れが多いのに、嫌なことはしっかりと覚えている。人間って本当に面倒。完全に忘れるのは無理だろうけど、少しでも気持ちが楽になればと購入。今は実践あるのみ。効果が出てくるのを待つのみ。個人差があるだろうからあまり期待しないほうが良いだろう。(30代女性)

 

 

84.「夢と希望は捨てなさい」

style=border:none

に関する本 「夢と希望は捨てなさい」がおすすめの理由

まず、主観的な理由になることをご了承ください。 小さい頃からヒーロー戦隊やウルトラマンのような特撮やヒーローがヒロインと結ばれるという物語で刷り込まれていた、自分は特別という概念が、かえってそうでない現実にやられかけていた時に読んだ本です。 釈迦の教えをそのまま守っているという上座部仏教のスマナサーラさんという方が書かれた本で、瞑想の補助的な認識に実用的です。(30代男性)

 

 

85.「癒しのちから 秘伝龍家医療気功基礎編」

に関する本 「癒しのちから 秘伝龍家医療気功基礎編」がおすすめの理由

古代中国の陝西省西安市にさかのぼっていくほどの、龍家医療気功の奥深さが伝わってきました。製薬メーカーの研究所に研究員として勤務していた著者が、癒しの空間を求めて気功師として活動しているところが面白かったです。(30代男性)

 

 

86.「予言の効用」

に関する本 「予言の効用」がおすすめの理由

文学博士として大学の教壇に立ち続けた、竹内照夫の占星術や易経に対する造詣の深さが伝わってきました。スピリチュアルな見地からだけではなく、歴史や文化的なアプローチで古代からのメッセージを解読していくところが面白かったです。(30代男性)

 

 

87.「李家幽竹の開運風水 2018 いまより幸せになれる秘訣がいっぱい」

に関する本 「李家幽竹の開運風水 2018 いまより幸せになれる秘訣がいっぱい」がおすすめの理由

カラフルなイラストや図説と分かりやすい説明で、開運風水の世界観に親しみやすさが湧いてきました。自分の好きなものや行動パターンについても考えさせられ、次の1年に新しいことにチャレンジしてみたくなりました。(30代男性)

 

 

88.藤平光一「氣の威力」

に関する本 藤平光一「氣の威力」がおすすめの理由

氣というものを物理と心理の2つの側面から捉え、今まで抽象的で曖昧だった氣を説明しているのが本書です。実際に氣を活用した例を挙げているので、哲学チックな文章が苦手な人でも読みやすくとても自分のためになると思うのでオススメします。(20代男性)

 

 

89.「瞑想の極意」

に関する本 「瞑想の極意」がおすすめの理由

「瞑想とは何か」という問いに真っ直ぐに答えた書です。 瞑想の本質はこの世の雑然とした精神的な波動を遮断し、霊天上界の精妙な世界と同通するための修法です。 ではそれをどのようにしたらよいのか。そして、そこにおいて大事なことは何なのか。きめ細やかに、そしてバイブレーション溢れる一書です。(20代男性)

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました