Queenおすすめの曲ランキング10

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Queenおすすめの曲ランキング10

私は独特なサウンドでありながらシンプルなハードロック・バンドでありながら、オペラのような異なる要素の導入や録音を重ねることにより生まれる複雑でありながら奥深い音楽性がとても好きです。さらにメンバーの少し不思議な側面も魅力の一つだと思います。

 

 

第10位.Queen「One Vision」

Queen – One Vision (Extended) 1985 [Official Video]

Queen「One Vision」がおすすめの理由

この曲はアルバム「A Kind Of Magic」の収録曲です。とても不思議なイントロの導入から入ってくるギターが本当にカッコイイです。Queenの中でもノリのいい楽曲です。あまり長い曲ではありませんが随所に素敵な実にQueenらしいコーラスが曲を華やかにしていると思います。それだけでなく終始ハードで気持ちのいいギターが曲に厚みを出し、フレディのシャウトなどを盛り立てています。またこの曲は『IRON EAGLE』という映画のテーマソングになったのでそれも魅力の一つだと思います。他にも最後のフレーズで歌詞カードでは、”one vision”となっていますがフレディは”fried chicken”と歌っているのが面白いです。

 

 

第9位.Queen「RADIO GA GA」

Queen – Radio Ga Ga (Official Video)

Queen「RADIO GA GA」がおすすめの理由

この曲はアルバム「The Works」の収録曲です。まず気になるであろうこの不思議なタイトルの由来ですがロジャー・テイラーが赤ちゃんの時に「ラジオカカ」と言ったことを発想として付けられたものらしいです。また名前の響き的に分かるかもしれませんが、アメリカのシンガーソングライターのレディー・ガガの名前はこの曲から来ています。そしてこの曲はドラムのロジャー・テイラーが作曲したのですが私はこの独特の落ち着いた感じが好きな理由でもあります。また「RADIO GA GA」という言葉の繰り返しもあり頭に残ることから9位に選びました。

 

 

第8位.Queen「Seven Seas Of Rhye」

Queen – Seven Seas Of Rhye (Official Lyric Video)

Queen「Seven Seas Of Rhye」がおすすめの理由

この曲はセカンドアルバム「QueenⅡ」の収録曲です。タイトルにある『Rhye』というのはフレディ・マーキュリーが子どものころに想像したファンタジーの世界の名前です。曲の大きな特徴の一つがフレディによる独特なピアノの演奏が挙げられます。また歌詞もとても独特だと言えます。ギリシャ神話に出てくる巨人のTitanであったりと意外な名前が出てきます。しかし、私はこの曲が伝えたいのは1stアルバムを酷評されたQueenの自分たちのロックに挑戦するという決意表明のように感じました。その折れない心意気のようなものが私がこの歌を好きな理由と言えます。

 

 

第7位.Queen「Don’t Stop Me Now」

Queen – Don't Stop Me Now (Official Video)

Queen「Don’t Stop Me Now」がおすすめの理由

この曲はアルバム「Jazz」の収録曲です。まずやはり目を引くのが曲の構成だと思います。導入はフレディのピアノでゆったりと始まり、そのまま行くかと思いきや次第にテンポが速くなっていきます。そして”Don’t stop me now”と繰り返し歌われています。そして終盤に再びフレディのピアノでゆったりと終わります。私はこの構成はとても面白くワクワクする感じがとても好きです。また先述の通り、同じ歌詞が繰り返されるととても頭に残ることで口ずさみたくなるというのも魅力の一つだと思います。楽曲の序盤と中盤にはあまり聞こえないギターが終盤のソロがカッコいいのも好きな理由です。

 

 

第6位.Queen「Spread Your Wings」

Queen – Spread Your Wings (Official Video)

Queen「Spread Your Wings」がおすすめの理由

この曲はアルバム「News Of The World」の収録曲です。曲の特徴としましては一曲を通してストーリーのようになっています。サミーという少年の自由への渇望を手助けするように、後押しするような曲です。私が思う一番の魅力はフレディが呼びかけるように励ますように優しく歌い、力強く支えるようなロジャーのドラムそしてブライアンのまとまりを出すようなギターという一体感があります。今までの順位に挙げた曲とは違いメンバー全員で応援するような温かさを感じ、自らも応援されているような気がするのでとても好きな曲です。

 

 

第5位.Queen「The Show Must Go On」

Queen – The Show Must Go On (Official Video)

Queen「The Show Must Go On」がおすすめの理由

この曲はアルバム「Innuendo」の収録曲です。私はこの歌の経緯など知らなくても初めて聞いたとき、なにかが体の底から湧き上がってくるような震えに近いものを感じたのを今でも鮮明に覚えています。この曲の背景はとても有名な話だと思います。すでに病魔に侵されていたフレディには高音が出ないかもしれないと作曲したブライアン・メイは思っていましたが、それでも彼は全てを捧げて歌うと言いました。そして事実このように歌い上げました。フレディの魂の波動のような歌にはあまりにも魅せられたのでそういう意味では一番最高の曲といえると思います。

 

 

第4位.Queen「Another One Bites The Dust」

Queen – Another One Bites the Dust (Official Video)

Queen「Another One Bites The Dust」がおすすめの理由

この曲はアルバム「The Game」の収録曲です。曲としてはブラックミュージックというようなダークな印象を受けます。同じような曲調が繰り返されているのが特徴として挙げられますが、それでも最初のパートと二回目のパートのフレディの歌い方の差異によって飽きないというのが私は純粋に凄いと感じました。そしてサビも短く簡潔に整えられているような感じがより一層ダークな感じに拍車をかけていると思いました。代表曲としてはやはり「Bohemian Rhapsody」が間違いなく挙げられますが、私はそれとは全く違う種類での名曲に入るくらいに好きな曲です。

 

 

第3位.Queen「We Are The Champion」

Queen – We Are The Champions (Official Video)

Queen「We Are The Champion」がおすすめの理由

この曲はアルバム「News Of The World」の収録曲です。Queenの中でも特に認知されている曲で日本でも数多くの場所で耳にします。実際に2011年にはポップ・ミュージック史上最もキャッチ-な曲だという研究結果が出ています。私は中学生の時に聞いたときは自らを『チャンピオン』と誇示するような曲に感じたのですが、ブライアン・メイの「世界中の一人ひとりがチャンピオンなのだと歌っている」というのを見たとき確かにコーラスの部分では”We”と使っているので皆への讃歌だと認識を改めました。そしてそれからは皆が参加でき、そしてそれぞれが称えあうような素敵な曲だと思い好きになりました。

 

 

第2位.Queen「We Will Rock You」

Queen – We Will Rock You (Official Video)

Queen「We Will Rock You」がおすすめの理由

この曲はアルバム「News Of The World」の収録曲です。先述した「We Are The Champion」とセットとされている曲です。こちらも同じく様々な場で耳にする曲であり、冒頭の「ドンドンチャ」という特徴的なリズムを刻みます。ライブなどでは”We Will Rock You!”と叫ぶのが定番だったそうです。私はこの叫ぶのは「We Are The Champion」のような身分も思想もなく、混然一体になって前向きになるような素晴らしい取り組みだと思います。この曲を聞くと自分の中で負けそうな心を奮い立たせてくれるような思いになり、パワーをもらえます。

 

 

第1位.Queen「Bohemian Rhapsody」

Queen – Bohemian Rhapsody (Official Video)

Queen「Bohemian Rhapsody」がおすすめの理由

この曲はアルバム「A Night At The Opera」の収録曲です。私は初めて聞いたときその構成やアカペラのレベルからロックバンドの曲だと到底思えませんでした。また曲の内容としては少年が地獄巡りをしているのですが、歌詞の意味を正確に理解しているのは作者のフレディのみと言われています。しかし、私は人によって十人十色の解釈があっていいと思います。やはり人はいつか皆同じく天に召され、浄化されるというような無駄な差は無いようになるといったような意図を含んでると思います。曲自体もとても素晴らしいのは間違いないのですが、そのように考察する余地があるからこそ圧倒的人気を誇るのだと思います。そのような点で私はこの曲はやはり1位に持ってくるほど素晴らしい曲だと実感しています。

 

 

タイトルとURLをコピーしました